タグ:堀江貴文 ( 5 ) タグの人気記事

0311再起動 ー 君たちに東日本大震災後の世界を託す/堀江貴文

やっぱり、ホリエモンの本は面白い。

今回はじめて「タカポン」と呼んでみようかなぁと思ったけど、最終章で2013年には「ニューホリエモン」をお見せしたいと堀江氏が語っていたので、やっぱりホリエモンで。

現在長野刑務所で服役中の堀江氏は、元々精力的に出版活動されていた方ですが、2011年は、6月20日に収監されるまでに、本書を含めて下記の10冊を出版されていて、

◎成金/画:佐藤秀峰(2011/2/16)
◎儲けたいなら科学なんじゃないの?/成毛 眞 共著(2011/3/18)
◎ホリエモンの宇宙論/堀江 貴文(2011/4/19)
◎わたしの3.11ーあの日から始まる今日/茂木 健一郎、山田スイッチ他(2011/5/20)
◎収監 僕が変えたかった近未来(2011/6/7)
◎嫌われ者の流儀/茂木 健一郎共著(2011/6/14)
◎お金はいつも正しい(2011/6/21)
◎再起動 ー 君たちに東日本大震災後の世界を託す(2011/6/25)
◎田原総一朗責任編集 ホリエモンの最後の言葉(2011/7/25)
◎だからテレビに嫌われる/上杉 隆共著(2011/9/16)

わたしは『成金』『わたしの3.11』『嫌われ者の流儀』に続いて本書を読みました。

第1章・第2章 ドキュメント3.11

震災当時の怒濤のツイッターを、ドキュメントとして振り返る内容。わたしが、震災直後に、ホリエモンのツイートを見たのは、とにかく死ぬことが怖いと言っていたほりえもんが、同じ東京都民としてどんな行動を取るかに興味があったからです。でも予想に反し、彼は「東京は絶対にだいじょうぶ」と言い切り、

大量フォロワーをもつ社会的責任として、膨大な量の安否確認ツイートを繰り返し、義援金の窓口を設定し、また情報ボランティアだけでなく、被災地に直接出向くなど、驚くほどの行動力を発揮されていました。

なにをすればいいのかも、状況への判断も難しかった、あの頃のホリエモンの行動は、非常に迅速でありながら、適確だったと今から考えても思う。わたしは、以前からボランティア基金の使われ方に興味があったので、多くのブログが採用していた基金のバナーや、日赤には疑問があったけど、

具体的に、震災直後に確実に必要とされるお金をどうすればいいかについては、まったく考えておらず、堀江氏の行動から、本当にいざという時の行動力は、日頃から蓄えられるものだということに、あらためて気づかされました。

第3章 シュミレーション「東北独立特区」

震災後の日本がこれからどうすればいいのか。これからそれを向き合わなくてはいけないと思うことで、結果フリーズしてしまう。そんな震災鬱から抜出すには、どうすればいいのか。その答えはイメージすることに尽きると堀江氏は言い、具体的なヴィジョンが紹介されている。

そのイメージとは、1人のジャーナリストが「生まれ変わった新しい東北」をルポルタージュしているという設定で、テーマは「出所後、私が住んでみたい東北」。

第4章 東北から日本の未来を拓こう

原発エンジニアの海外流出を防くことから、産業再生による復興プランが非現実的であること、東北から新しいジャパンモデルを発信するために重要なこと、集合知による逆転の発想について。

第5章 新国家計画

東北復興について考えているとき、堀江氏の頭を占めていた、国家とは何か。どうあるべきかについて。現在の日本の問題点を鋭く指摘する内容。

さいごに

2011年5月28日、六本木ヒルズで書かれた文章。2013年、みんなにニューホリエモンを見せられることを楽しみにし、みんなも、みごとに日本を再起動したことを、自分に見せて欲しいと書かれています。

特別対談 2010年10月9日に行われた瀬戸内寂聴との対談

わたしはこの対談で、堀江氏が東大で宗教学を専攻されていたことを初めて知りました。寂聴氏は、死が怖いという堀江氏に、遠藤周作氏の話や、自身の様々な説教体験を語りますが、意外にも堀江氏が非常に宗教的であったことに気づかされ、氏のこれまでのイメージとは異なる、古典的人物像が浮かび上がります。


震災直後の氏のツイートを目撃し、すでにライブドア裁判に疑問を持っている人にとっても、本書の内容は、あらためて読む価値のある内容。氏の発想には、議論を呼び起こす力があり、有意義な反論や、質問を投げかけたくなる魅力が詰まっている。

単行本の厚み(12ミリぐらい)以上の内容の充実は、ホリエモンの深さから来ていると思いました。


☆☆☆☆☆(満点)
__________

[内容紹介]東日本大震災後、東北そして日本はどう進むべきか。その道筋を照らすのはこの国で暮らすみんなの集合知。本書は「ソーシャルメディア」「経済」「心」の3テーマを軸に、ポスト3・11の希望あふれる未来像を提示するロードマップだ。著者の独創的な東北独立特区シミュレーションは必読。瀬戸内寂聴さんとの特別対談も収録。ホリエモン渾身の書下ろしラストメッセージ。新生ニッポンの主役は君だ! 
徳間書店 (2011/6/25)





[PR]
by yomodalite | 2011-10-02 11:55 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

嫌われ者の流儀/堀江貴文 × 茂木健一郎

堀江氏の本はいつも面白い。と言っても、やたらと本が多いので、堀江タグにある本以外では『そこまで言うか!』(勝間和代 × 堀江貴文 × 西村博之)と、『成金』ぐらいしか読んでいませんが、

『成金』は、マンガのように面白かったし、『そこまで言うか!』は、カツマー本(1冊も読んでない)ではわからなかった勝間和代について知ることができ、いずれの本も疲れないし、元気が出るか出ないかと言えば「出る」寄りで楽しめました。

多分、それは、これらの本が「大衆」に向けられて書かれているからだと思うんです。

すごく頭のイイ人が「大衆」に向けて書いているという本は、昔から少ないので貴重なんですが、特に最近はこれとはまったく似て非なる「B層」向けが多いので、よけいに貴重なんですよね。

「B層」向けの本を書いてしまう人と言うのは、セレブだとかエリートだと思っている自分の周囲が、自分と同じ程度なので「頭がいい」ということが実際どういうことなのかわからなくなっているのだけど、自分の偏差値から、世の中は自分より「頭が悪いひと」がほとんどだと思っている。

それなのに、自分より上位成績者にだけ(主に東大生)、偏差値だけで頭の良さは計れないという怨念をもっていて、全然頭がよくないのに「知ったかぶり」が常態化しているせいか、他人のミス(漢字を間違えたなど)を見つけると、鬼の首をとったかのごとく責めてみたり、

自分は、絶対に大衆ではないと思っているので、大衆は、自分のように高級レストランで食事しないと思っていたり、1000円でヘアカットしなくては大衆ではないとか、大衆は「どじょう」のようなものだと思っていたりするので、

大衆としては、毎日、疲れることばかりなんですが、、

ほりえもんも、もぎけんも、本当に頭がいいので、知らないことは「知らない」と言えたり、議論をすれば、必ず「決着」がつくという、判断のものさしがあるので、仮に、間違っていたり、また意見が違っていることがあっても、話し合いをすれば、よりよい意見がまとまったり、より深くなったりということが期待できるので、疲れないんですよね。

亀井静香とほりえもんが、両方、議員になってくれてたら良かったのに、、
こんな方が「収監」されてしまうとは、、

茂木氏が、収監が決まってしまったほりえもんに対し、ザッカーバーグ(フェイスブック創始者)と比べて、自分の運命が不当だと思わないか?と言うと、ほりえもんは、

「まあ、でもザッカーバーグよりいい女と付き合っていると思いますけど(笑)」と答えたり、

オスカー・ワイルドの『獄中記』読んだことある?には、ほりえもんは「読んだことない」と答えていて、茂木氏がすごくいいから、ぜひ読んで、ほりえもんにも『獄中記』を書いてほしいと言うお願いに「読みます。今書名をメモしました」と書かれていました。

この本は、わたしも少し前から読んでいたんですが、すごく興味深い本なんですよね!

2年6ヶ月の懲役は本当に長過ぎて、気の毒でならないんですが、ほりえもんが出所後の目標を明るく書かれていたり、氏の『獄中記』も読めるかもしれないということなど、やはり、こちらの方が救われた気がしました。





[PR]
by yomodalite | 2011-09-11 22:00 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(3)

わたしの3・11ーあの日から始まる今日/茂木健一郎(編)

ダーリンの図書館本。2011年3月11日から約2ヵ月後に出版されたもの。あの日の当日からのことが、様々な肩書きのひとにより語られている。

「刊行にあたって」編者・茂木健一郎による「連帯の時」という文章。

(以下、冒頭部分のみ引用)

誰の人生にも「その瞬間にどこで何をしていたか」鮮明に記憶される大事件がある。それが、自然の猛威がもたらした災害である場合には、多くの人の脳裏に、共通の体験として強烈に刻み込まれる。

私たちは困難を分かち合い、そして互いに手を差し伸べる。それが、私たちをつないでくれる。困難を前に、明るく未来に向き合う力を与えてくれる。(引用終了)


このあと、茂木氏の3・11の様子が語られ、今こそ「連帯」する時だと言う。

たぶん、今生きている多くの日本人にとって、3・11は記憶にのこる大事件だと思う。でも、3・11当日にそう感じたのは、日本に住む1/4ぐらいではないだろうか。わたしには東京のことしかわからないけど、東京でも、本当に地震の恐怖を味わったのは「都心で高層階」に住んでいるか、働いている人が多いと思う。わたしと同じ区で1〜3階にいた人や、山の手に住む友人たちは、同じ地震を味わったとは思えないほど感覚が違っていた。

本書の中で、3・11のとき、被災地にいたのは、サンドウィッチマンの2人だけで、それ以外のひとは、ほとんど東京でその日を経験している。

本書が創られていた頃は、TV局や、新聞社のビル、マスコミ関係者の多くが住む、都心の高層マンションも、何度も余震を受けていて、しばらくの間は、自分たちも「被災者」の一員のような気分でいたけど、その後、被災地との「差」は激しくなるばかりだと思う。

3・11に対しても、それを「津波」でイメージできる人は確実に減少しているでしょう。ここ最近めっきり減った余震で「地震」のイメージすら少なくなっているはず。。。そもそも、日本全体が最大のショックを受けたのは、3・11ではなく、あの原爆と同じような爆発を見た日ではないかと思う。

福島に住む、知りあいの家は3・11から傾き、今もそのままで、9月4日現在も「余震」がすごく多いという。傾いた家での暮らしは、それだけで身体への悪影響が大きいけど、それ以外に、どれほど多くの「苦痛」があることか。。

「連帯」という言葉に、今どんな力があるのか、わたしにはわからない。本書の中で浅野智哉氏は、「希望でひとつになってはいけない」と言い、私たちにできることは何もない。それは曲げようのない真実だけど、本当はできることが何もないのではなく、できることが、あまりにも小さいだけなのだ。と言う。

わたしも、できることがあまりにも小さいという認識は正しいと思う。

ある文化人のひとが、震災直後に、寄付金に関してツイートしていた。とにかく「現金」が必要だと真摯に訴える内容で、キレイごとだとは思わなかった。でも、その寄付金の送り先を「日赤」1本と言い切られたときは、驚きと同時にショックだった。

とにかく「現金」が必要なひとへの、基金のまとめ先として、そこが適当な送り先でないことは、わたしよりも、ずっと年上で、もっと社会に通じていて、尊敬すべき文化人も知らないようだった。(そう思うのはわたしだけでしょうか。知らないなどと言うのは失礼で、やはりあの方法がベターなんでしょうか。これに限らず、正しいことの判断に時間がかかることが多過ぎてよくわからないことばかりです)

最近読んだ『追悼』という本の中で、著者の山口瞳氏は、日本シリーズで優勝した巨人軍の祝賀パレードについて、

「昭和天皇の崩御、美空ひばりさんの逝去、幼女誘拐殺人事件の犯人逮捕、平成元年は暗い年で終わるのかと思っていたら、最後にきて巨人軍が天の岩戸を開いて、日本国中がパッと明るくなった」

と言ったTVアナウンサーについて、それでは、近鉄が勝ったら日本国中が暗くなるのか。いや、そもそも、パ・リーグのチームは巨人に勝ってはいけないのか。その前に、セ・リーグはでは巨人軍様以外のチームが優勝してはいけないのか。


と書かれていた。巨人というチームに、これほどの人気と神通力があった時代も遠くなったけど、そういえば「日赤1本で」と言った文化人のひとも、熱狂的な巨人ファンで、巨人の時代のひとだったことを、この文章を読んで思い出した。

まとまって見えるような「イベント」も「言葉」も「お金」も、それを、ひとりひとりに届けることは難しい。

本書の第一部は「命のプリンシプル」というタイトルで、最後に茂木氏により同タイトルの文章がある。(以下抜粋して引用)

生きるということは、つまり、簡単には見通せない未来に向き合うこと。生きる上では、どうなるかわからないという「不確実性」が避けられない。規則やルールは頼りにならない。信じるに足るのは、自分自身の中にある「プリンシプル」。そんな当たり前の事実を私たちはこの震災で学んだのではないか。(中略) 震災以来、生活は一変した。しかし、本当に生まれ変わったのは、私たちの「心」ではないか。幼虫がサナギになり、蝶になる。「プリンシプル」だけが、命をつないでいく。(引用終了)

私たちは、生まれ変わったのだろうか。住民が消えたといわれた赤坂でも、消えたのは「タワーマンション」の住人だけだったし(と言っても、タワマン以外の住人はすごく少ないのだけど)、一旦消えたあと、今どうなったのかは知らない。東京の「村」は、ああいった場所だけなので、そこは、東京の今後を知るためには興味深いのだけど、どーでもいいと思う。だって、わたしは「そこ」の住人じゃない。(でも、税金がどのように使われるかとか、どう使われているかとか....やっぱり全然興味がないわけじゃない)

千代田区や、港区も、中央区も、あの地震のあとは、都心暮らしのトレンドは変わったに違いないと思うけど、相変わらず、本ばかり読んでいるせいか、さっぱりわからない。中央区の有名なタワーマンション近くのスーパーの品揃えも、そこで売られている品の産地も、訪れるひとの顔ぶれも、もう震災以前と全然変わらないように見える。でも、所詮わたしが行くようなところだから「セレブ用」ではないからかな。港区や中央区のタワマンの上階に住む人々は、元々近所の「スーパー」になんか行かない。

第二部は「その時」に備えて。以下は茂木氏の同タイトルの文章(抜粋して引用)

1995年の阪神・淡路大震災の時には、本当に心を痛めた。多くの人が、寄付をしたり、ボランティアを活動をしたり、できる限りのことをした。東京にもやがて「その時」が来るかもしれないという思いが強くなった。(中略)もし、東京直下もしくは近辺で、大規模な地震があったら。私たちには、どんな試練が降り掛かってくるのだろうか(引用終了)

なんだか、東京在住者として申し訳なるぐらい、本書は「東京本」で、連帯するとは、そういうことだったのかと思ったりもする。(でも、東京の一極集中を批判する他府県のひとの意見に共感したことは一度もない)

日本が地震国だということは、世界でもよく知られているし「TUNAMI」も世界語になっている。わたしたちは、わたしたちがいくら備えていても、ほんの2、3人のひとの意見で、甚大な被害がもたらされることが多いような気がする。それは、3・11にも言えることで、津波にも、地震も、人災ではないけど、その被害を拡大させた「責任」があるひとは確実にいると思う。

わたしが生きてきた時代を通して、これまで何度も「戦争責任」という言葉を聞いたけど、わたしは、真珠湾攻撃の事前連絡を怠ったひと、特攻隊の作戦を考えた人、敗戦が濃厚になったあとも、その命令を出し続けた人、初めから、最後まで、国民に正しい報道をしなかったひとが「一番悪い」と思うけど、それらのひとは、責任をとらなかっただけでなく、戦後、平然と変化し、責任を他に押し付け、今の日本にも多大な影響を与え続けてきたと思う。

やっぱり、わたしにとっての3・11は「東電原発事故」で、あの事故の被害に対して、一番大きな「責任」があるのは何で、誰なのかについて、ずっと考えている。それがわかったからといって、大勢のひとに、何もいいことはないかもしれないし、わたしがわかったと思うことも、正しいのかどうかもわからないし、わたしも、彼らを心の中で呪うことしか出来ないと思う。

それでも、誰が一番責任があって、何が一番憎むべきことなのかは、わたし自身の「プリンシパル」にすごく関係があると思うので、これからも考え続けると思う。

連帯することには「正論」の熟成が必要なのではないかと思う。また正論というのは「コンセンサス」のことではないだろうか。でも、でもそれは、人々が参加する前に、創り上げられてしまって「世論」といった形で流布されることばかり。そことは別だと思える「コンセンサス」も、実際は体よく利用されていると思えることも多い。

情報でなく、歴史を知らないと先は見えないと思って「本を読もう」と思っているのだけど、それすら意外とむつかしいと思う今日この頃。。

<コンセンサス>ではなく<空気>に支配されてきた、日本の原発推進派と脱原発教信者たち(1)
<コンセンサス>ではなく<空気>に支配されてきた、日本の原発推進派と脱原発教信者たち(2)


◎わたしの3・11ーあの日から始まる今日(アマゾン)

第一部「命のプリンシプル」
「連帯の時」茂木健一郎
「記憶は伝播しづらいものだから」堀江貴文(実業家)
「報道と現実の間で」石井光太(ノンフィクション作家)
「求めない」サンドウィッチマン・伊達みきお(お笑い芸人)
「模索する日々」サンドウィッチマン・富澤たけし(お笑い芸人)
「枝野さんといちご」山田スイッチ(コラムニスト)
「一行書いては消した」加藤千恵(歌人)
「ならば、問いたい」竹内薫(サイエンス作家)
「命のプリンシプル」茂木健一郎

第二部「その時」に備えて
「アジアのショッピングモールで」渡辺浩弐(作家、マンが、ゲームの原作)
「心性に根ざす日常」浅野智哉(フリーライター)
「私はどれほど無自覚だっただろう」雨宮処凛(作家、反貧困ネットワーク副代表)
「何事にも終わりはない」村治佳織(ギタリスト)
「神戸が育んだもの」京田光広(NHKプロデューサー、ディレクター)
「『津波の痕跡』を記録する」渡辺満久(東洋大学社会学部教授、理学博士)
「私はもうしばらくこの仕事を続けるつもりだ 」上杉隆(フリージャーナリスト)
「レッツゴー、いいことあるさ」高橋源一郎(作家)
「その時」に備えて 茂木健一郎
______________

[内容紹介]「3月11日あの日、何をしていたか。そして今、何ができるか」。脳科学者の編者を筆頭に、16人の著者が綴る「東日本大震災復興」への渾身メッセージ。未来へ語り継ぐ“ぼくらの実録”として、必読の書!〈本書の印税と売り上げの一部は毎日新聞東京社会事業団を通じて「東日本大震災」支援のために寄付させていただきます。〉毎日新聞社 (2011/5/20)




[PR]
by yomodalite | 2011-09-05 11:59 | 311関連 | Trackback | Comments(0)

ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」/堀江貴文、西村博之

ひろゆき氏の本は3冊目、ほりえもんの本は、これで2冊目になりますが、お二人の本はいずれも聞き書きであると思われるので、2人が対談すれば一石二鳥というか、まぁそんな感じでしょうか。

12時間という時間の割には、充分興味深い内容で、内容は、“IT”に関しては比較的短く1章があるだけで、あとは社会批評。

全体を通して、ひろゆき氏が聞き手になり、ほりえもんにしゃべらせていることにより、ほりえもんの単独の本にみられる露悪趣味や、悪人ぶりが抑えられていて、彼の本質がより表現されている印象で、名言も多数。例えば、

テレビ局員というのが共産党の幹部みたいなもんなの。(中略)自分たちが高給を得ながら、貧しい人の代弁をしているように思わせる。

メディアにしてみれば、ネットを使わないで『ジャパネットたかた』とかで買い物して「得した」と思っているようなバカなお客さんを囲んでおいたほうが、利益率が高いという発想になって、囲い込みをずっとし続けるんですよ。

出版社はマスメディアじゃなくなるのが正解だって。


などなど、共感する発言が多くて書ききれないぐらい。
両氏とも、来年も年1〜2冊は読みたい方です。

★★★★

第1章 格差社会
第2章 政治・裁判・税金
第3章 メディア
第4章 教育
第5章 IT
第6章 食とオンナとオシャレとお金
_________________

【BOOKデータベース】元ライブドア社長のホリエモンと、元2ちゃんねる管理人のひろゆき、“時代の寵児”ふたりが、格差社会・政治・裁判・メディア・お金・IT・教育からAV・風俗までニッポンの“ヘン”を語り尽くす!おかしいのはオレたちなのか?ニッポンか。





[PR]
by yomodalite | 2009-12-11 14:36 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

徹底抗戦/堀江貴文

読みたい本が手に入らない。そんな活字ギレ症状から、こんな本も。

読書前から、堀江氏は本当に気の毒だと思っていましたし、日本の司法の怖さは、刑事事件での数々の冤罪疑惑、鈴木宗男、佐藤優両氏の逮捕長期勾留、植草一秀の痴漢逮捕、小沢秘書の逮捕。。などから痛感し、最近特に司法権の乱用が目立っていると感じていました。

本書で堀江氏が主張しているように、宮内氏主導の犯罪を社長である堀江氏になすりつけることも、検察の筋書き通りなら、宮内元副社長の横領容疑を起訴しない、というやり方に「徹底抗戦」するのは困難を極めるでしょう。

司法の主人が日本国民ではないということの実例は古くは「ロッキード事件」が思い出されますが、ロッキード事件の不可思議さに気付かされたのは、事件後かなりの時間が必要でしたが、最近では、一時集中的に報道するものの、司法の正しさが信じられている期間は短く、一年後には逮捕容疑者による出版本が売れて容疑者への支持が集まる、ということも、もう慣例になっているような気がしますが、片棒を担いで一斉報道したマスコミも、一向に反省もしなければ、検察批判をすることもありませんね。

検察の横暴は重要な問題ですけど、ホリエモンのこの本は、「国策捜査」の名を知らしめた『国家の罠』のようなパワーを秘めた著作とは異なり、堀江氏が自ら分析したように、

「露悪趣味があるから、言葉を省略し過ぎるし、同時に自分が善玉に見られることのむず痒さがあって、ぶっきらぼうに思われる発言をたくさんした。その結果、モラルのない人間の代表と見られるようになった」

という逮捕前までのホリエモン節とあまり変わらない、ITにも、金融にもまったく興味がない“ヤンキー”にすら、届く可能性のある軽い本。本当にお気の毒な境遇にあることは間違いないのですけど、あまり同情も、支持する気持ちも湧いてこないのは、人徳でしょうか。

ただ、この人は服役中に読書三昧の生活をおくるうちに、ものすごく化けて帰ってきそうだな〜という期待は少ししてます。(無責任すぎるんとちゃう?自分)

★★★(ガンバレ!ほりえもん。君はまだ若い)

_____________

【内容紹介】2年前に“国策捜査”で逮捕・起訴され、現在、最高裁に上告中の元ライブドア社長・堀江貴文氏。
数年前、日本を騒がせた「ホリエモン旋風」と「ライブドア事件」について、マスコミ報道は山のようにあったが、堀江氏から見えていた風景はまったく違うものだった。それを自ら書き下ろすことで、「ホリエモンとライブドアの真実」を明らかにし、堀江氏逮捕がいかにおかしな、検察の暴走・横暴によるものだったかを明らかにする。

近鉄買収、ニッポン放送・フジサンケイグループ買収、総選挙出馬、国策捜査・逮捕、仲間たちの裏切り、拘置所での暮らし、裁判、有罪判決、そしてこれからの夢…。特に堀江氏が東京地検特捜部に逮捕され有罪判決を受けた点は、今の検察・裁判所がいかに腐った危うい組織であるかを浮かび上がらせる。と同時に、生意気でふてぶてしい青年という印象だった堀江氏が、実はけっこう真っ直ぐでエネルギー溢れてていいヤツだったとか、ライブドア事件は山のように報道されたが、実はその真相は全然伝わっていなかったということもわかる。 集英社 (2009/3/5)





[PR]
by yomodalite | 2009-06-26 15:44 | 裁判・法律・犯罪 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite