タグ:原武史 ( 3 ) タグの人気記事

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論/小林よしのり

ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 (小学館文庫)

小林 よしのり/小学館




最近では『おぼっちゃまくん』をパチンコに売ったことで話題のよしりんですが、果たしてそれは、80歳でも、持病があっても入れる“外資系保険”のCMに出演するタレントと比べて、それほど批判されることなのか、どうなのか、私には判断がつきかねますが、本書で、繰り返し登場している原武史氏の『昭和天皇』への言及には溜飲が下がりました。

『滝山コミューン1974』で、小学生時の記憶と現在の視点との混在を明瞭化できなかった原氏は「事実」に対して、学者(?)が持つべき重要な資質に欠けているように思います。原氏は新聞記者出身ですが、その職業の人によく見られる傲慢さで、ジャーナリストとしてなら時代の隙間ユーズに答えられる方とは思いますけど、歴史学者として、天皇を語れるような器の方とは思いませんでした。

ところが、その後、原氏が『大正天皇』『昭和天皇』など次々に出版し、毎日出版文化賞や司馬遼太郎賞など悉く受賞していることを知って大変驚きました。

大学でと天皇を研究している人に頭がイイ人はいない。というのは、天皇に関して、数十冊ほど読んできた感想ですが(カテゴリ「天皇・皇室」に20冊ほど収納)、天皇擁護派には、小室直樹、山本七平といった碩学がおられますが、天皇批判派は、揃いも揃って戦争時代の恨みつらみを親にあたるような幼児性に、いつまで経っても気付かない情念の人ばかり。昭和天皇以上に、理系脳の人は1人もいません。

それでも戦中に生まれた世代なら、そのアノミーも致し方ないかと同情もできますが、原氏は1962年生まれにも関わらず、天皇の実像へのイメージ支配が強すぎて、事実に、勝手な感想を付け加えることに疑問を抱かないのは『滝山コミューン』と同様で、個人史の範疇なら、許せても、一国の歴史にそのような態度でいいのかと思っていました。

しかし、現在日本の学者社会は、これで権威と給金がもらえるのですから、小林氏のように、出版だけで何人ものスタッフに給料を支払って、尚かつ、その権威と闘うだけの大衆性を獲得するような内容で、出版部数をも兼ね備えなくてはならない。そんな厳しい闘いに、正義のためなら餓死せよ!というような批判をできる大人がいることが不思議です。

本書は、個人主義者であった著者が、天皇への敬意を獲得していった個人史から始まっています。現在の日本の教育では、学校で天皇について教えられることは少ないので、一家に一冊あっても良いのでは?

原氏への不自然な報償を考えると、それぐらい売れてから批判したい本です。

◎参考書籍

『滝山コミューン1974』/原武史
『昭和天皇』/原武史

小室直樹の天皇本
・『「天皇」の原理』
・『天皇恐るべし—誰も考えなかった日本の不思議』
・『昭和天皇の悲劇—日本人は何を失ったか』

山本七平の天皇本
・裕仁天皇の昭和史—平成への遺訓-そのとき、なぜそう動いたのか
・昭和天皇の研究—その実像を探る
・昭和天皇全記録
____________

【内容紹介】戦後日本人が初めて天皇を知るときが来た!「天皇は神なのか」「宮中祭祀とは何か」「戦争責任はあったのか」誤解と偏見だらけの天皇観を正し、雅子妃や皇位継承をめぐる現代皇室の問題点にも鋭く切りこむ、最高の「天皇入門書」登場。
今上天皇、美智子妃、昭和天皇をはじめ皇室の知られざる秘話の数々に、驚きと感動が止まらない。大反響のSAPIO掲載分に描き下ろし200ページ超を加え、天皇陛下ご即位20年、天皇皇后両陛下ご成婚50年の年に放つ、著者渾身のシリーズ最高傑作。小学館 (2009/6/4)

[PR]
by yomodalite | 2009-06-17 14:43 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(4)

昭和天皇(岩波新書)/原武史

昭和天皇 (岩波新書)

原 武史/岩波書店

undefined



『滝山コミューン1974』の原武史氏に、昭和天皇についての著書があることに気づいて読んでみました。

本著の前の『大正天皇』 (朝日選書) という著作も評判になっていたようですが、天皇に関して2冊も上梓されていたんですね。しかもそのままズバリのタイトル・・・

序章は「1986年の新嘗祭」。昭和天皇が出席した主な宮中祭祀が挙げられていて、現在でも一年に30回前後の宮中祭祀に天皇は出席されているが、著者は昭和天皇が最晩年まで新嘗祭にこだわり続けたところに、昭和天皇という人物を読み解くひとつの重要な鍵があると著わしている。

著者は、皇太子時代は熱心でなかった祭祀を優先するようになったのは、貞明皇后の影響と、若い頃からの生物学研究が祭祀に対する考え方を改めさせ、戦争によりその傾向を強め、戦況が悪化した45年になっても祭祀を続けたが、天皇が固執したのは「三種の神器」を死守することであって、国民の命を救うことは二の次であった。としている。

若い頃から熱心であった生物学研究を軍部から批判されていたことや、貞明皇后に関しては『英国機密ファイルの昭和天皇』より仔細な記述があり興味深かいものの、全体的に、新書のボリュームで昭和天皇を描くには無理があるのと、

天皇の熱心な祈りに対して、国民の命を救うのは二の次というような批判が幾度かされているが、「1人の命は、地球より重い」といった総理に近いというか、私には天皇の言葉である「そういう文学的な言葉のアヤについては云々」の方により誠実さを感じました。

三島由紀夫の宮中三殿見学や、いろいろ盛りだくさんな内容なんですが、ときどきとってつけたような批判が小柄で(この著者に言っても無理だけどw)、大上段に構えたタイトルにはふさわしくない。

帯コピーにある「お壕の内側」へ、著者らしい“オタク的感性”で迫ってくれた方が
書籍として価値があったと思う。
__________

【BOOKデータベース】 新嘗祭、神武天皇祭など頻繁に行われる宮中祭祀に熱心に出席「神」への祈りを重ねた昭和天皇。従来ほとんど直視されなかった聖域での儀礼とその意味に、各種史料によって光を当て、皇族間の確執をも視野に入れつつ、その生涯を描き直す。激動の戦前・戦中から戦後の最晩年まで、天皇は一体なぜ、また何を拝み続けたのか—。 岩波書店 (2008/01)

【著者略歴「BOOK著者紹介情報】
原 武史/1962年、東京に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社、東京社会部記者として昭和天皇の最晩年を取材。東京大学大学院博士課程中退。東京大学社会科学研究所助手、山梨学院大学助教授を経て、明治学院大学教授。専攻は日本政治思想史。著書に『「民都」大阪対「帝都」東京』(講談社選書メチエ、サントリー学芸賞受賞)、『大正天皇』(朝日選書、毎日出版文化賞受賞)などがある


[PR]
by yomodalite | 2008-12-13 23:30 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(0)

滝山コミューン1974/原武史

極ふつうのボリュームのハードカバーですが、読了まで随分と時間がかかりました。難解な内容ではないのですが、本の性格がわかりにくく「序」での大げさ過ぎるルソーの『告白』引用後、ひたすら続くあまりにも詳細過ぎる30年以上も前の小学校時代の記述内容が、ノンフィクションとして読むにはどうにも信じがたく「資料」に対する疑問が生じ、文中に引用図書の記述はあるものの、巻末に「引用」ページがなく、著者略歴もない体裁など、やっぱり「小説」?という思いが何度も去来しながらの読書でした。

ちなみに、ウィキぺディアで、著者が1962年生まれ(年上ではあるが同世代!)、政治学者で、専攻は日本政治思想史、鉄道エッセイで知られ、現在は国際学部教授という記述を見て「?」は更に増幅しました。

読了後数日経って、結局、問題は「序」であったと思いました。この著作の資料は、ほとんど著者の「日記」であるはずですが、少年期にこれほどの詳細な日記をつけていたということを普通に説明すべきだったのに、(「序」で説明するのはそれしかないでしょ。)自らの日記の「歴史」運用への後ろめたさから、ことさら「恥ずかしい過去」や『告白』という大げさな表現ばかりが目立つことになったのでしょう。

それと、滝山コミューンの居心地の悪さから、「四谷大塚」へ逃避した著者の過去が、現在の読者にとって居心地の悪さを感じるであろうことへの著者のジレンマが交差し、私には、主題である「滝山コミューン」に入り込めませんでした。

終盤で、「少年ドラマシリーズ」のような世界という記述がありましたが、あの時代は未来への輝かしさと不安を同時に描いたものが多かった。あの頃の「未来」が無くなったひとつの原因は「四谷大塚」にあるんでしょうか。

主題というか、目のつけどころは面白かったのですが、著者の性格のねじれの方が目立ってしまって残念な結果に。

「秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記 」
http://akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/192905
「送信完了。:読書系小日記」
http://d.hatena.ne.jp/ishigame/20070610#p1
______________

【出版社/著者からの内容紹介】 「僕は感動した。子供たちの裏切られた共和国だ!!」作家・高橋源一氏

マンモス団地の小学校を舞台に静かに深く進行した戦後日本の大転換点。たった1人の少年だけが気づいた矛盾と欺瞞の事実が、30年を経て今、明かされる。著者渾身のドキュメンタリー。東京都下の団地の日常の中で、1人の少年が苦悩しつづけた、自由と民主主義のテーマ。受験勉強と「みんな平等」のディレンマの中で、学校の現場で失われていったものとは何か? そして、戦後社会の虚像が生んだ理想と現実、社会そのものの意味とは何か? 2007年、今の「日本」は、1974年の日常の中から始まった。





[PR]
by yomodalite | 2007-11-30 17:23 | 報道・ノンフィクション | Trackback(1) | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite