タグ:南條竹則 ( 2 ) タグの人気記事

聖書って難しいとあらためて思う今日この頃。MJの悲劇に関しても、メディアの問題もあるけど、宗教観の問題もかなりあるんじゃないかと。。。イエスの事を金髪、碧眼だと思っている西欧人は多いですし、彼が、神のことや、イエスについて語っている感じは日本人の感じ方とは、また別の感じがあるというか...

で、今頃になってルターの宗教改革とか、魔女狩りが気になったり....現在のようなマスコミという存在がなかったとしても、そういう集団ヒステリーの土壌が....とか、ぼんやり考えてはみるものの、よくはわかりません(苦笑)

で、悪魔のことも、やっぱりよくわからない。悪魔も、地獄も、日本では、なんだか、適当に輸入してますけど、本場は、そうではないというか、日本では、水木しげるの妖怪辞典に仏教界や、神道界が、反応するなんてことないですけど、あちらは、そうは行かないみたいです。

「聖書」は、とてつもなく重いというか、日本仏教も、神道も「聖書」がなくて、ホント良かったねーーと感じ。

わたしは、水木しげるの『妖怪辞典』も『墓場の鬼太郎』も読んでいませんが、水木氏は「自分の生き方の基本はゲーテ」と語っておられるようなので、もしかしたら、あれも、欧米の「悪魔辞典」の日本置き換えの可能性もあるのでしょうか?(『悪魔くん』というマンガもあるみたいだし...)

で、本書なんですが、デーモンとサタンは、どう違うの?という疑問に、日本で、もっともわかりやすく、答えてくれた傑作マンガ『デビルマン』から「悪魔」を探ったいう謳い文句で、著者は以前にも『悪魔生誕ーデビルマンの悪魔学』(未読)という著書を、共同編集により出版されているようなので、これは、もしかしたら、かなり、こなれた感じで説明いただけるのではないかと期待したんですが、残念ながら、そうではありません。

『デビルマン』や『魔王ダンテ』のマンガ掲載も多く、第一章は、『デビルマン』のデーモン族について、なぜ『デビルマン』は「デーモンマン」ではないのか?という疑問から始まり、期待が高まるのですが、この、冒頭での、デーモン、デビル、サタンの違いについての説明から、もう、いきなり学術的で、この先の話も『デビルマン』を読み解くといった内容では全然なくて、「悪魔」に、深い興味がある人にしか読めない、極めて学術的なもの。わたしのように、出来るだけ簡単に、かいつまんで説明して欲しい♡と思う人には、まったくお奨めできません。

キリスト教が、ユダヤ教、グノーシス主義と拮抗していた時代のこと、そこから、なにが異端と見なされていくかなど、すごく興味深いテーマが扱われているものの、この「入門書」を読む前に読むべき「入門書」が、何冊か必要と思われ、この内容で『デビルマン』を副題に出したのは、良質なツリと言えないかも。

目次に注目すると、すごく期待できるレファ本なんですが、本書の引用・参考文献の中から、3冊ほど読む方が、わかりやすい気がしなくもない(笑)。でも、第5章の「堕ちた神々の系統」、第6章の「悪魔の分類学」とか、第7章の「文学における悪魔」、付録の「ソロモンの遺訓」要約とかは、やっぱり感謝すべき内容。図書館で借りて、ざっくり読んでわかる内容ではないものの、購入して、ゆっくり考えながら読むには良い内容かなぁ。

[目 次]
序 — 悪魔との出会い
第一章 悪魔の正体
デーモンとデビル
デーモン=神霊
デビル=中傷者=悪魔
《サタン=敵対者》と《サタナス=悪魔》
第二章 悪魔の輪郭
悪魔ベリアル
アスモデウス
追放された天使
サタナエル
悪霊マステマ
堕天使とネフィリム(巨人)たち
さまざまな悪魔が登場する「ソロモンの遺訓」
第三章 新約聖書の悪魔像 —《誘惑者》とルキフェルの誕生
新約聖書の堕天使
悪霊の頭
誘惑者としての悪魔像
この世の支配者
マナセ王を惑わした悪魔
地獄の王ではなかったサタン—キリストの冥府下り
ルキフェルの誕生—美しい悪魔—
第四章 諸宗教の悪魔
グノーシス派の悪魔観
マニ教の悪霊
イスラム教の悪魔、魔物
ゾロアスター教の悪魔 
第五章 流刑の神々
悪魔にされた異教の神々
堕ちた神々の系統
異形の悪魔と異形の神々
前人類の物語
第六章 魔女狩りと悪魔学
悪魔との契約
魔女のしわざ
空中飛行とサバト
黒ミサ
魔女狩り
悪魔学の勃興
悪魔の分類学
悪魔の名前
第七章 文学における悪魔
『神曲』の悪魔 ルキフェル
ファウスト伝説と文学
マーローの『フォースタス博士』
ゲーテの劇詩『ファウスト』
異色の魔術師『マンフレッド』
レールモントフの『悪魔』
恋する悪魔
反逆者(=英雄)としての悪魔
創造者への怒り—永井豪の『魔王ダンテ』と『デビルマン』
付録「ソロモンの遺訓」要約
引用・参考文献一覧





[PR]
by yomodalite | 2010-07-10 21:07 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

満漢全席/南條竹則

満漢全席―中華料理小説 (集英社文庫)

南條 竹則/集英社

undefined



英国文学翻訳者という経歴が禍いしてか、文章のシズル感に乏しいのですけど「満漢全席」の資料としては貴重。

下記は、そのメニューの内容

◎『○宋宮廷御宴/満漢全席・菜単』
綉花高装四果塁・僊乾果子叉袋児・雕花蜜煎一行・雕切果蔬造形・一品焼?奉献・悦目精美賞点(祭壇に並べられていた、スイカの種、落花生、カシューナッツ、杏仁、味付けされた杏子や棗、オリーブ、やまもも、らしい)

◎「迎賓四抓果」
・砂糖黍、梨、バナナ、林檎、金橘、ライチ、龍眼〜釈迦頭(松毬か仏様の頭のような鱗状のまる丸い果実で、中にドロッとした甘い濃厚な味の果肉。燕の窩入りシロップをかけてもらえる。蟹や海老の入った小ロンポウ。各種蒸餃子
◎「猫耳朶」(薄味のスープに米粒ほどのニョッキに似たもの)
◎「桂花鮮栗羹」(金木犀の香りをつけた栗の汁粉)
◎「珍珠火鍋」(しゃぶしゃぶ)

(薄青い南宋風の砕磁器に盛られた大皿料理)
◎「望海相邀 ぼうかいそうよう」(フカヒレ、海鼠、鮑、海老、貝柱、魚の浮袋などの他に厚さ2センチ程の雑煮の餅のようなもの<沙魚という魚の皮>
◎「蟹醸橙」(オレンジをくりぬいて蟹の卵と肉を詰め、酒と黒酢の上に置いて蒸し上げたもの)
◎「魚脳羹」(淡水魚の脳みそのあつもの)
◎「鮮蝦駝蹄膾」(駱駝の足の煮込みに、大ぶりの川海老のむき身が添えてある。動物園の檻の前に立ったときの臭気で、皆一口以上食べられない)
◎「炙小骨頭」(スペアリブ)
◎「東坡鹿肉」(鹿の胸肉を甘辛く煮込んだ)「東坡鳩膾」(同じく鳩を使用)
◎「武林○鴨」(家鴨の煮物)
◎「決明兜子」(すきとおった片栗の衣の中に、海老と魚片、金華火腿、香菜などが包まれている)
◎「牛尾狸」(蟹の卵入りあつものと、しょうゆで煮込んだ骨付き肉と包子)
(ここで午後2時半〜5時まで休憩)

卓上には、はみうり、オレンジ、スターフルーツ、文旦などの水菓子が並べられている。

◎「雪花蛤士蟆」(くず湯のような点心)
◎鶴と松を象った冷盆(卵の白身、家鴨の肉とキュウリ、小海老、トマト、ブロッコリー、薫製魚、白菜の酢漬け、豆いも、卵巻き、家鴨の舌などの8種のおつまみ

晩の部の献立/2コース
<豪門八大菜>
◎踏雪探梅(熊の手。豚足のよりも歯ごたえがあり、野獣の匂いがする)
◎曲院風荷(フカヒレの姿煮)
◎阮○環碧(駱駝のこぶとスッポンの脚)
◎白玉蔵珍(三角形の薄片状の豆腐。表面に香菜、蟹の卵がのせてある)
◎鹿鳴幽谷(鹿の尾と家鴨の舌の醤油煮込みを水墨画のように盛りつけてある)
◎玉龍行空(桂魚のクリームソース和え)
◎亀鶴同春(十年生きた泥亀と山鳥のスープ。薬膳風)

中休み(点心・江南春色/粉でこしらえた餅で白鳥が創られている)

<後半のコース>
◎「海底潜龍」(もずくのような髪菜)
◎「明月相照」(燕の窩のスープ)
◎「麒麟送子」(四不像の鼻の周囲に白い魚団子が並んでいる)
◎「青竹水暖」(竹の蒸したのを青竹の形に並べて竹の節にあたる部分に金華火腿がはさんである)
◎「春江水暖」(皿に薄紫の寒天を敷き、その上に水辺の葦のごとくならべてあるのは、へちまをくりぬいて筒状にし、飛龍鳥の肉を詰めて蒸したもの)
◎2点の点心「彩蝶恋花」「菊黄蟹肥」(蟹肉をつかった点心。極旨らしい)
◎「芙蓉出水」(白身魚のスープ)
◎「○人指路」(鹿のペニスに当帰、霊芝、人参などが入っている薬膳スープ)

宴は、夜の11時頃終了した模様。
____________

[BOOKデータベース]変調社主催の文学賞賞金500万円をあてに、究極の中華料理ツアーを企画する南蝶氏だがム豪華絢爛、抱腹絶倒の世界が織り成す「東瀛の客」、麺なしでは生きられないメンクイの丘君が、美女にゆかりの麺の霊に取り憑かれる「麺妖」、豚足の食べっぷりを白髯の老人に見込まれたなんでふ氏が遭遇する奇妙な世界「猪脚精」、他に「華夏第一楼」「老酒の瓶」「餃子地獄」「画中餅」など、いずれも現実と幻想の世界があやしく交錯する、食通と呑んべえ必読の中華料理小説。
※第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞作家が描く傑作中華料理小説。全7編

[著者紹介]
南條竹則/東大大学院修士課程を修了。電気通信大学、学習院大学で教鞭と執るかたわら、英国幻想小説を中心に精力的な翻訳活動を続けている。平成5年日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。賞金で「酒仙」ツアーを催し、杭州で幻の宮廷料理「満漢全席」の大宴を開き、本書を執筆する。
主な翻訳書/アーサー・マッケン「輝く金字塔」、共訳書にマリオ・ブラーツ「肉体と死と悪魔」「イギリス幻想小説傑作集」など。

[PR]
by yomodalite | 2007-03-28 16:26 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite