タグ:南伸坊 ( 4 ) タグの人気記事

解剖学個人授業 (新潮文庫) /養老孟司、南伸坊

養老氏と言えば、「唯脳論」の人。

長い間、様々な著作や、TV番組を通じて「脳」ブームを作ってきた方って印象があるんですけど、このところ、私は、あんまり読んではいませんでした。

脳関係の本って、茂木健一郎氏のものも含めて、なんだか厭きたって気がしてたんです。養老氏も茂木氏も、著作の完成度にはこだわらないことで、過剰な出版数を維持しなくてはいけない、日本の出版社に寄与してきたとは思いますけど、読者としては「当たり」を見つけるのが、すごく難しいという部分でも、敬遠してました。

でも、茂木氏の著作で感動したことは一度もないんですけど、氏のブログはわりと面白いんですよね。

◎茂木健一郎「クオリア日記」
◎茂木健一郎「連続ツイート」

上手く説明できませんが、お二人の面白さに比べると、一般向けの書籍の乱発と、著作の完成度の低さはどうしてなんだろう、、でも、なんとなく、その原因も、お二人の仕事というか、研究に、原因があるのかな〜なんて思いつつ、めったに行かない「ブックオフ」の文庫欄で、この本を見つけました。

南伸坊氏の「個人授業」シリーズは、本書以外にも、心理療法、免疫学、生物学などがあって、他著も是非読んでみたいものばかりですが、あの、南氏が、養老氏を、わかりやすく解説してくれるなんて、、、素晴らし過ぎませんか?

で、興奮しつつ、表紙を眺めてて、ふと、思ったんですけど、養老孟司氏の専門は「解剖学」なんですね。それで、解剖なら、わかる気がするけど、「解剖学」って何なの?ってことに、初めて気がついたんです。で、そこに気づいた瞬間、ほんのちょっぴり「あっ」て声を上げそうになりました。もしかして、これが、アハ体験(笑)

さらに、冒頭を立読みしてみたら、「まえがき」に、「笑うと、頭がはたらいている気がする。笑った時に、人は何かを考えているというのが、わたしの持論です」って書いてあって、もう、欲しくてたまらなくなったので、105円と交換しました。

近年、こんなに「わらしべ長者」気分になったことは、めずらしいかも。。。

ただ、家に帰って、じっくり読んでみたら「アハ体験」かどうかは、よくわからなくなりました。

解剖なら、わかる気がするけど、「解剖学」って何なの?っていう疑問は、ことのほか、むずかしいんです。で、南氏は、そこが、むつかしいってことを、今までの誰よりも、わかりやすく、すごく丁寧に「バカの壁」を、打ち砕こうとしてくれています。

それゆえ、この本は「解剖学」を、わかりやすく説明してくれる本ではなくて「解剖学」って、こんなに、むずかしいんだってことを、丁寧に、気づかせてくれるという、南氏以外では、ありえない、希少な本になっています。

「脳」本に厭きた方へ。。。

______________

[目次]

第1講 解剖学事始
第2講 人間はなぜ解剖をするのか
第3講 落語と孔子と二宮尊徳
第4講 大腸と小腸は同じ!?
第5講 耳小骨
第6講 目玉の話
第7講 セクシイの巻
第8講 形からわかること
第9講 科学の哲学の話
第10講 無限と解剖学
第11講 脳にとって冗談とは何か?
第12講 奇抜な結論
第13講 世界1、世界2、世界3
第14講 現実とは何ぞや
第15講 忘却の彼方
復習 『対談』人体の不思議
補講 蛇の足の解剖学(養老孟司)


[BOOKデータベース]ネズミも象も耳の大きさは変わらない!?えっ、目玉に筋肉あるの?誰もが知りたい体のしくみ。でも、解剖学はそれだけでは終わらない。解剖して名前を付けるってどういうことなんだろう。ハゲおやじの「頭」と「額」の境目はどこ?器官は何のためにあるの?そもそも何かのためにあるの?落語や二宮尊徳、哲学や社会に話が飛躍して、好奇心は無限に広がる、シリーズ第3弾。

[MARCデータベース]胃がどこにあって、何の役に立っているのか、それを知るだけじゃつまらない。落語や孔子や哲学も、解剖学とは深い関係にある。解剖学の基礎から最先端までを、オモシロく、わかりやすく学ぶ授業録。 新潮社 (2001/03)





[PR]
by yomodalite | 2010-11-23 15:29 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)

『顔』『歴史上の本人』『本人の人々』/南伸坊

このタイトルを見て、これは、「マイケル・ジャクソンの顔」と関係があるかもと、すぐに思われた方、貴方は、わたしと似た人かもw。。

WC期間中、どうしようもない哀しみに襲われたら....そんな万が一の「不幸」に備えるため。そして『黄昏』を読んだあと、南氏の「顔」シリーズを読み直したくなったことと、未読だった『歴史上の本人』に登場する人物を確認しておきたい。そんな気持ちに駆られて、3冊まとめて記録。

南氏が、本人になることで、自然に考え方も似てきて「本人」を疑似体験できるという理論を、実践しているのが『本人』シリーズ。

『歴史上の本人』
こちらは、雑誌「旅」’95年〜’96年までに連載されたものをまとめたもの。

・二宮尊徳 ー 金次郎はなぜ偉い?
・金太郎 ー 金太郎とは何者か?
・仙台四郎 ー この人は誰だ?
・松尾芭蕉 ー 奥の細道の謎
・シーサー ー シーサーは何処から来たか?
・キジムナー ー キジムナーの思想
・徐福 ー 徐福の謎
・聖徳太子 ー 聖徳太子外人説
・大村益次郎 ー ヘンな顔の偉人
・大国主命 ー 亜細亜の白兎
・左甚五郎 ー 甚五郎ってどんな人だ?
・清水次郎長 ー 次郎長、どこが偉いか?
・樋口一葉 ー 誇り高き少女
・西郷隆盛 ー 大人物
・小野道風 ー 蛙を見た日
・天狗 ー 私は天狗だ
・織田信長 ー 人間信長
・運慶 ー 運慶は私だ

この中で、まったく知らなかった「仙台四郎」とは、安政元年生まれで、身体の発育は普通だが言語を理解しない。ただし、妓楼、料理屋、旅館など、客商売をする店舗に、四郎が来ると必ず客が多く来るようになるという評判から「福の神」であったらしい、人物。

また、「シーサーは何処から来たか?」の話題は、個人的に、映画「THIS IS IT」の“Smooth Criminal”SFでの、MJの顔に繋がっていると思っていたこともあってタイムリー。

シーサーは、スフィンクスでもあり、狛犬は、建築家の伊藤忠太氏の説によれば、ライオンであるとのこと。ライオンのいない中国になぜ「獅子」という字があるかといえば、インドから伝えられたからだし、スリランカの古名は、シンハラ(ライオン国)、シンガポールはライオン城の意味。タイのシンハービアーは、ライオンビール。。。

南氏が、シーサーになって、想像したことによると、

シーサーは、中国を経由する前に、直接インドや東南アジアから入ってきたのではないか?獅子→シーサーではなく、シンハー→シーサーという可能性。唐獅子に似たシーサーではなく、赤瓦にのっている稚拙な味わいのシーサーには、南洋の面影がある。バリ島のバロンや、南方から、中国を経て日本に伝わった舞楽面に共通する「顔」である。

こういった、経由は、更紗(インド)が、アオザイ(ベトナム)に影響を与え、日本で更紗を作る職人のことを「沙室師(しゃむろし)」(沙室はタイのこと)と呼ばれ、インド更紗の影響から、日本の友禅が生まれたという可能性と、似た「ルート」を感じました。

さらに、シーサーである南氏(笑)は、

そもそもライオンは、人間の顔に似ていたのだった。人間の顔の中の威厳のある顔に似ていた。だからライオンは「百獣の王」と表現され偉い人の顔にたとえられたのである。

とのことで、やっぱりね〜。(って、なにが?)

映画「THIS IS IT」の“Smooth Criminal”SFでの、MJの顔については、いずれまた。。

それと、下記の『本人の人々』では、女性のなりきり度が低いと書いてしまいましたが、こちらの「樋口一葉」は、すごくいいです!
_______________

「BOOKデータベース」歴史上に類例を見ない本人による歴史ルポ!顔面の人・南伸坊が、その屁理屈を武器に、二宮尊徳、聖徳太子、織田信長、樋口一葉、西郷隆盛、清水次郎長、大村益次郎、運慶ら、歴史上の本人になり、各地を旅した奇天烈本。JTB (1996/12)、文庫版 朝日新聞社 (2000/10)
______________________

『本人の人々』
こちらは、既読だったにもかかわらず、今回もやっぱり笑ってしまいました。2003年に出版されているので、ちょっと懐かしいような「人々」も、当然登場しているのですが、ページを開くだけで、爆笑できる確率の高さは、他の追随をまったく許さない、驚異的なレベルの高さを誇っています。

7年後の今見ても笑えるのは、養老孟司、椎名誠、日野原重明、ベッカム、田中耕一、ドン・小西、手嶋龍一、宮崎駿など「男」に関しては、ほぼ、どんな種類の男に対してもなりきり度が高く、深いところで理解されていて、それと比例し爆笑度も高いんですが、

残念ながら、中村江里子、叶美香、デヴィ夫人、引田天功、梅宮アンナ、アニータ....といった「女」となると、そのセレクト自体が、もともと「ツッコミ」どころが多い人選ということもあり、少しレベルが下がるようです。

そんな中でも、一番理解度が低いと思われる「マイケル・ジャクソン」が一番面白くないと思うのは(やってた!)、わたしがMJファンだからかもしれませんが、、

南氏がこれをやった頃(2002〜2003年)、エイブラム裁判の写真を見てたらね...ま、でも、見てたら、恐れ入って、本人になろうなんて思ってもみないとは思いますがw

そんなわけで、MJ vs.南伸坊の「顔芸」対決は、やっぱりマイケルの勝利!!

_____________

「担当編集者からのコメント」まだノーベル賞選考委員会の方々は気づいていないようですが、「顔面学」(*1)というユニークな分野を切り拓き、画期的な「本人術的理論」(*2)を提唱・実践しているのが、本書の著者・南伸坊さんです。これを広く一般の方々に伝えていこうとするのが本書の狙いですが、決してムズカシイとかヤヤコシイということはありません。ただ、笑っていただければ理解できる仕組みになっています。生きているといろんな顔の人間に出会います。気になる顔もたくさん出現してきます。また、自分にもいろんな顔があることに気づきます。世の中には似た顔の人が3人はいるというふうな伝説まであります。……で? シンボー博士は日々、考えるのです。「オモシロイ」と。本書には、まだまだバラエティ豊かな面々が登場します。どうぞ、ゆっくりとお楽しみください。

*1=顔面と脳の緊密な関係を追究しようとする学問(人は顔を見てその人の個性を読み取るが、その表情を支配するのが脳である)。
*2=外見を似せ、本人になりすますと、自然に考え方も似てきて、「本人」を擬似体験できるという理論。マガジンハウス (2003/11)

____________


『顔』
こちらは「漫画サンデー」に連載された「顔面科学」を項目別に分類し、再構成したもの
'95年出版。軽いコラムのはずなのに、本の厚みそのままのたっぷり過ぎる内容。これほど顔面に関して網羅した本は他にないかも。

「顔面によるまえがき」

「顔面コラム」/時代劇顔、人面考、若人あきら事件の教訓、この人の前世、顔面回数など。。。

「美人論」/ピカソみたいな顔、美人考、ブス考、平均の顔、普通の顔。。

「ソックリ顔面」/映画より奇なり、不謹慎顔、似てると何故オカシイか?、使用前使用後、何が似せているか、ソックリなのに。。。

「顔面分類考」/オバさん度数、やせても美人、学校顔、十二支顔、顔がコワい偉人、歴史上の同一人物、西郷隆盛の謎、なぜ宇宙人は東洋系か。。

「顔面部品考」/アイメイク考、生え際の魔術、遠山の金さん現象、眉芸、ヒゲの責任論歯できまる顔、顔の形容。。。

「顔面学概論」/顔がデカイ話、万有顔面説、公私の笑い、顔を見る脳ミソ、明治生まれの新人類、快感の表情、顔面認識のカラクリ、まとまらないまままとめ。。。

「顔面によるあとがき」
____________

「MARCデータベース」顔面的思考とは何か。そして、顔面学とは。ナゾだらけの顔面をあえて理屈の俎にして顔面の人・南伸坊が、いま世に問う珍妙の顔面学事始め。われわれは顔からどんな情報を得ているのだろうか。筑摩書房 (1995/02)

文庫版「 BOOKデータベース」ひとの顔はその人固有のものなのだろうか。古来、自分の顔を見たことのある人はひとりもいないのであるから、顔の解釈は常に他人にゆだねられている。そこで、この本があるのだ。顔の中に別の顔をすべり込ませたり、意外な人たちの類似に深い意味を見出したり、まったく顔が変るほど面白い本。筑摩書房 (1998/01)





[PR]
by yomodalite | 2010-06-09 18:34 | エッセイ | Trackback | Comments(4)

黄昏(たそがれ)/南伸坊、糸井重里

最近、世界とか、経済とか、未来とか、過去とかの難しい本も、読んではいるのだけど、今イチ、頭に入らないし、ブログに記録するのも、なんだか、すごく疲れてしまう。

でも、そんな私の隣に置いてあった、ダーリンの図書館本数冊が、めずらしく、すべて当たり率が高そうで、つい、覗き読んでしまいました。まず、最初に手に取ったのは、本当に長年ずっとステキなお仕事をされている、ビッグネームお2人による、対談本。

面白いのは、もう当然なんですけど、その面白さが、想像以上で、涙が出るほど笑った回数すら、数えきれないほど。

本書の内容は、1日140万ヒットの超人気サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載されていたコンテンツに、書き下ろしを加えて書籍化されたもので、発行は東京糸井重里事務所。

読書好きとしては、グーグルのブック検索とか、iPad発売とか、プラットフォームレイヤーによる、コンテンツの搾取の問題なども、いろいろ考えるところですけど、そんなところも、いち早く成功モデルを造り上げ、尚かつ「黄昏」どきを、これほどまでに楽しむ姿勢をも見せてくれるとは、ホント素敵過ぎる!それと、嬉しいのは、やっぱり糸井氏は、全然お酒を飲んでいないらしく「もう、のびのびと飲まない。童心に戻って飲まない」という発言も力強い限り。

お二人の領域に、少しでも近づくために、今日決心したことは、やっぱり、もっと落語を聴くこと。今まで、ちょっと人気落語家に絞り過ぎていたかも。そんなチケットが取れない人だけでなく、もっともっと回数多く、どっぷり浸かっていこう。

糸井:「そりゃ、『寝床』だね」なんつって。
南:うん、うん。
糸井:つまり、落語って、オレたちにとって、ギリシャ神話みたいなもんなんだよ。
一同:(笑)

本当に、落語を「神話」のように、引用理解できる社会に、もっとなればいいなぁ。

それと、なんだか、最近めまいが酷いと思っていたんだけど、その原因も本書でわかりました。

「激しくうなづく人は、めまいになりやすい」らしいのですが、これを、自分に当てはめると、たぶん、マラカスの降り過ぎと、エアギターの弾き過ぎ、要するに、年の割には、踊り過ぎだったことが原因だったのかも(笑)

でも、楽しいダイエットと、楽しい肩こり解消になっているから、まあ、いいか。
黄昏どきには、きっと「めまい」も悪くない。。

★★★★★(満点。赤瀬川源平氏による、あとがきもあって、カラーページも多数、面白くて、ボリュームたっぷりで、たったの1470円。これを図書館で借りてしまうなんて、バチがあたりそう。なにか、お布施を考えなくては。)

________________

[内容紹介]南伸坊と糸井重里が、鎌倉、日光あたりを小旅行。

旅のおともは、めくるめく会話、雑談、冗談、比喩。人生の話からタコの話、嫁の話から天狗の話まで、ヒマをつぶすために交わされた巧みなことばたちは、ちょっとした芸として老若男女に歓迎されています。

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」でじわじわ大反響を読んだ読み物が、語りおろしをたっぷり収録して書籍化されました。たっぷりの写真と、赤瀬川原平さんのあとがきを添えて発売です。

ウェブで公開された「鎌倉編」と「日光・東北編」に未公開の回を加えて完全収録されたこの本にはさらに、語りおろしとなる「東京編」を収録しています。

全400ページ、しかも二段組みというまさかの大ボリュームで愉快な雑談がいつまでも続く、厚くて軽い本です。

また、あとがきには、赤瀬川原平さんの特別エッセイ「黄昏いろいろ」を掲載。南伸坊と糸井重里がそれぞれに宛てた直筆メッセージも収録しています。
東京糸井重里事務所 (2009/10/7)




[PR]
by yomodalite | 2010-05-30 18:41 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

モンガイカンの美術館(朝日文庫)/南伸坊

モンガイカンの美術館 (朝日文庫)

南 伸坊/朝日新聞社



久しぶりに行った実家にあった本。「お父さん、こんな本読んでいたんだぁ」と、娘気分でパラパラとページをめくっていたんですが、ぐんぐん惹き込まれて、3センチ近くある分厚い文庫ですが、あっという間に読了してしました。

本書は1978〜1982年に雑誌「みづゑ」に連載。初版は1983年。エッセイストとしてもイラストレイターとしても著名な氏のキャリアの最初期のものですが、内容に古びたところは全然なく、ゲージュツ好きな人から、そうでもない人まで、今後の美術鑑賞に役立ちそう。ブックオフなどで見つけたら、購入されるとお得な一冊だと思います。(写真の下半分のモナリザは帯で、取ると白地に文字だけのカバーです)

図版が多いところも本書の魅力のひとつなんですが、その図版の多さがネックで、なかなか文庫化できなかったと、あとがきに書かれています。雑誌掲載のときは、宣伝になるので「快く」図版の貸与が行なわれるのに、単行本となると「話が違う」ということのようです。

図版の貸与の権利は、その作品を購入した美術館にあるんでしょうか。単行本、文庫と、その度に、その権利を主張する、ということのようですね。

アーティストには色々な人がいて、様々なアートがありますが、どんな「権利」でも、それを握っているのは、同じ人たちというか、本当に、うんざりする話です。

「私がこの本で、始終一つ覚えのように言ってたのは、オレはどこかのエライさんのいいなりに何かを見たり考えたりはヤダ、ヘタでもクソでも、自分で見たり考えたりしたい。ということでした」

美術展の入口近くにある、あいさつとか、解説を混雑して並んでみるより、自分で考えてみた方が、やっぱり楽しいと思います。
_______________

【BOOKデータベース】「自分にとって面白いモノとは?」という観点に立って、門外漢の立場から「ゲージュツ」の「ゲージュツ」たるゆえんを、「南伸坊コトバ」で説く異色の美術エッセイ。古今東西の名画・名作から、著者の手による名作まで図版多数収録。冗談かと思うと哲学、哲学かと思うと冗談の不思議な一冊。朝日新聞社 (1997/04)



[PR]
by yomodalite | 2009-10-27 13:20 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite