タグ:佐野眞一 ( 3 ) タグの人気記事

別海から来た女 ― 木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判/佐野眞一

f0134963_1259378.jpg


北原みのり氏の『毒婦。』により「木嶋佳苗」に、惹き付けられてしまったので、佐野眞一氏の「木嶋佳苗」も読まなくてはと思っていたのですが、この2冊は、やはり両方読んでおいて正解だと思いました。

(以下、太字は本書から。省略して引用しています)

第一部「別海から来た女」で、著者は、佳苗が高校時代まで住んでいた北海道「別海(べっかい)」に注目する。

東京23区の2倍の面積をもちながら、人口は1万6千人しかいない大酪農地帯で、司法書士の父をもち、クラスで唯一ピアノが弾ける佳苗は、町のエリートだった。その佳苗と彼女の母親にピアノを教え、家族ぐるみでつきあっていた医者夫婦の妻から、佳苗は、小学生時代に、貯金通帳を盗むという事件を起こしていた。

衝撃的な証言だった。家の中の小銭をくすねるくらいなら、幼さゆえの出来心で済まされる。だが貯金通帳となると、話は別である。木嶋はたぶん生得的なサイコパス(反社会的人格障害)である。木嶋の幼少期は、特別に貧しい環境にあったとも、ネグレクトや性的虐待といった激しい精神的ダメージを受けたとも思えない。

たしかに、この記述からは、生得的な「異常」という判断もやむ終えないと思う。お金や、物ではなく、小学生が「貯金通帳」に興味をもつことも、佳苗のような早熟な子供が、それを実際に換金することの困難に気づかないというのも、不思議を通り越して「不気味」すら感じた。

ただ、著者は、佳苗の母親の実家に取材し、そのインターフォン越しの声から

あくまで声の印象だけだが、憔悴している様子はなかった。むしろ声の調子は明るく、それが却って奇異だった。

という、凡庸なジャーナリストやマスコミと同様な「印象取材」や、その後も、著者は、事件に関する町の噂を聞くため、別海の飲み屋に取材し、

「木嶋佳苗のお父さんは五年ほど前に交通事故で亡くなったんだけど、交通事故に見せかけて娘の木嶋佳苗が殺したっていうのがもっぱらの噂なの。」

という証言を得るものの、その事件の取材も浅く終了してしまって、その噂が、当時の事件直後のものなのかもはっきりしない。

その他、本書には、木嶋佳苗の意味を探ろうとしているものの、全体的に薄味なものになってしまっていると感じる点が多かった。それは、この事件がインターネットの普及によって起きただけでなく、凶悪犯罪がTV報道だけで過熱していた頃とは異なり、「稀代の毒婦」から「木嶋佳苗被告は声がかわいい」「案外イケてる」 までのイメージの変遷が、取材のスピードよりも早く、

著者は、そのイメージに再度「疑惑」を呈したものの、新たに話題になった「木嶋佳苗像」を「サイコパス」と定義したのでは、著者も語っているように、

私たちはこの事件からなぜ目を離せないのか。
それはおそらく、この事件に関心をもつすべての人が、木嶋佳苗にだまされた人に、
いくらか似ている自分に無意識のうちに気がついているからである。


の答えは出ない。佐野氏は、

佳苗のシティギャルへの憧れも、その行動様式も“シティギャル”には、絶対真似できないふるまいだったことを、木嶋本人は気づいていない。

とも書いていますが、佐野氏が、うっかり露呈してしまった“シティギャル”への評価の高さに、佳苗のどこかに「いくらか似ている自分」を発見してしまう女子の多くは「苦笑」したことでしょう。

また著書は、別海での取材から2年3ヶ月後の死刑判決の直後に公表された、木嶋佳苗の手記に対して、

この手記を読んだ者の中には「勾留生活も、本があれば無聊に苦しむことはありません」といった文言や、立花隆や小倉千加子などの著者の読書遍歴をあげて「相当の教養の持ち主」と驚いた人もいたようだが、私から言わせれば、こういう連中は人間を深く洞察する観察眼が欠けている。

これだけ書き連ねながら、読む者に何の感動も与えない文章を書けることの方が、むしろ驚きだった。すべてどこかで聞いたことのある文章の切り貼り、パソコン用語でいえばコピペである。いくら読んでも、木嶋が何のためにこの手記を書いたかわからない。


と語る。私にも、佳苗の文章が、なんのために書かれているのかはわからないし、佳苗には死刑から免れたいという気持ちがないとは思えないものの、しかし、殺害しなかった被害者の証言にあるように、彼女は、睡眠剤を飲ませ、財布からお金を抜き取った相手から、逃走もせずに再度会い、また、その相手にまったく同じように睡眠剤を飲ませるなど、犯行の発覚を恐れるどころか、むしろ、犯行の意志を伝えようとしているとしか思えないような行動をとっていたり、

そもそも、彼女の事件は、お金目当てで近づいた男から離れるのに「保険金をかけずに」殺害しているという不可解さにあり、それは、彼女が、少女時代から窃盗に抵抗がなく、どれほどの嘘つきであったとしても、まったく解明できない「謎」で、

私には、そういった佳苗の不可思議さを知るうえで、彼女の手記はとても興味深く、また、その言葉遣いや、その読書遍歴にある著者の名前から、教養を感じたからでなく、本書のような「どこかで聞いたことのある文章」や結論とは違った「オリジナリティ」に、今のアラサーより若い女性に共通する男への「絶望」を感じ、文学的に興味をもったのだと思う。

木嶋佳苗にのめり込んだ、北原氏と違い、佐野氏は、彼女に騙された男たちを不甲斐ないと思う気持ちからか、佳苗を突き放そうとすることに徹していて、それは、彼女に「いくらか似ている自分」を感じてしまう、私には良い読書経験でした。

◎[Amazon]別海から来た女―木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判

でも、彼女の手記を高く評価することが「人間を深く洞察する観察眼が欠けている」との主張には、まったく同意できないので、

下記に、佐野氏が「コピペ」と評価した、佳苗の手記を再度「リンク」しておきます。

◎[死刑判決・木嶋佳苗被告の手記を読む]朝日新聞 読後雑記帳

◎参考書評「極東ブログ」



[PR]
by yomodalite | 2012-10-09 13:12 | 裁判・法律・犯罪 | Trackback | Comments(3)

あんぽん 孫正義伝/佐野眞一

あんぽん 孫正義伝

佐野 眞一/小学館



今年(2012年)の始めに出版され、大評判になった本。

図書館にも予約が一杯で、最近ようやくこの本を借りられたダーリンは、毎日すごく楽しそうに本著を読み、私にも「絶対読め」と何度も奨めてきたんですが、私はすでに両手両足どころか、猫の手まで借りても読み切れないほど、たくさん本を抱えていたので「面白そうなのはわかるけど、それどころじゃない」って思ってたんです。でも、読了後、彼が「ああ、読み終わっちゃった。。」と残念そうだったり、私と違って通常、本代にはケチな彼が「これ、買おうかなぁ」とまで言い出したので、、自分の本代には甘いものの、彼の本代にはドケチで、物が増えるのも嫌いな私は、その魂胆を阻止すべく、もうホント「しぶしぶ」って感じで読み出したのですが、、

結果から言えば、大勢の人と同じく、すごく面白かったです。

その面白さについては、素敵な書評がいっぱいあるので、、

◎[参考書評]ダイノジ大谷の「不良芸人日記」
◎[参考書評]渡辺正裕公式ブログ「逝く前のジョブズのごとく」
◎[参考書評]琥珀色の戯言
◎[参考書評]黒夜行
◎[参考書評]圭一朗日記


ものすごく個人的で、極私的な感想だけを「小声」で言いますが、
私は、これを読んでいる間、何度も、MJのことを思い出しました。(呆)

「あのスティーブ・ジョブズの人生にも負けないくらいドラマチック」

という宣伝文句も嘘ではなく、ジョブズの伝記よりも、また、ジョブズ本人よりも「似ている」と思ったりもして、、(ただ、具体的にどこがと言われるとすっごく困る…w)

孫正義や、ソフトバンクに興味がなくても、

石原慎太郎が大嫌いな人(前から嫌いだったけど、最近は殴ってやりたいとすら思う)

なら、今からでも遅くないと思います。

下記は、本書から、孫氏が12歳のときに書いた「詩」をメモしておきます。


(引用開始)


三上は(孫正義を)担任中、孫が韓国籍だとはまったく知らなかったという。

「彼自身、そんなことはひと言も言いませんでした。ただし、彼が “差別” というものについて敏感だったことは間違いありません」三上はそう言って、1冊のノートをテーブルの上に広げた。表紙には筆記体で「Masayoshi = Yasumoto」と書かれ、その下に通信ノートと記されている。日付は1970(昭和45)2月4日とあるから、孫が12歳のときである。そこに「涙」という孫の自作の詩が書き込まれていた。


君は、涙をながしたことがあるかい。

「あなたは。」「おまえは。」

涙とは、どんなに、たいせつなものかわかるかい。
それは、人間としての感情を、あらわすたいせつなものだ。

「涙。」 涙なんて、流したらはずかしいかい。

でも、みんなは、涙をながしたくてながしてはいないよ。

「じゅん白の、しんじゅ。」

それは、人間として、とうといものなのだ。

「とうとい物なんだよ」

それでも、君は、はずかしいのかい。

「苦しい時」「かなしい時」そして、「くやしい時」

君の涙は、自然と、あふれ出るものだろ。
それでも、君は、はづかしいのかい。
中には、とてもざんこくな、涙もあるのだよ。

それは、

「原ばくにひげきの苦しみを、あびせられた時の涙」
「黒人差別の、いかりの涙」
「ソンミ村の、大ぎゃくさつ」

世界中の、人々は、今も、そして、未来も泣きつづけるだろう。
こんなひげきをうったえるためにも、涙はぜったいに欠かせないものだ。
それでも君は、はづかしいのかい。

「涙とは、とうといものだぞ。」



小学6年生とは思えない大人びた詩である。この詩にもある「ソンミ村の大ぎゃくさつ」とは、ベトナム戦争中、アメリカ軍兵士が非武装のベトナム民間人を大量虐殺した事件のことである。「孫くんの当時の感性がよくわかる詩だと思います。原爆の悲劇、黒人差別、ソンミ村の虐殺まで、小学生ならではの憤りが記されています。1970年という時代の影響かもしれませんが、小学生でここまで考えられる子はそうはいなかったはずです」

三上は、孫は間違いなくクラスのリーダーだったという。「学級委員という肩書きだけでなく、ちゃんとリーダーとしての資質をもっていた。子どもの社会ではリーダーというのはたいがい敵をつくるものなんですが、孫くんには敵がいなかった。というより、孫くん自身が決して敵をつくらなかった。分け隔てなく、誰とでも付き合う子だったんです。

ちょっと勉強ができない子がいれば、彼はちゃんと寄り添って面倒を見る。決して見下すようなことはしなかった。といって、堅苦しいだけの子どもではなかった。野球をやらせれば名サードとして活躍したし、みなで遊びに行けば、誰よりもはしゃいでいた。だから、彼は「安さん、安さん」と呼ばれて頼りにされ、誰からも好かれていたんです。文字通りよく学び、よく遊ぶという子どもでした」(p73)

(引用終了)

◎[Amazon]あんぽん 孫正義伝
_______________

[内容紹介]ここに孫正義も知らない孫正義がいる。今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。ノンフィクション界の巨人・佐野眞一が、全4回の本人取材や、ルーツである朝鮮半島の現地取材によって、うさんくさく、いかがわしく、ずるがしこく……時代をひっかけ回し続ける男の正体に迫る。

“在日三世”として生をうけ、泥水をすするような「貧しさ」を体験した孫正義氏はいかにして身を起こしたのか。そして事あるごとに民族差別を受けてきたにも関わらず、なぜ国を愛するようになったのか。なぜ、東日本大震災以降、「脱原発」に固執するのか――。全ての「解」が本書で明らかになる。

[BOOKデータベース]
今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、筑豊炭田の“地の底”から始まる日本のエネルギー産業盛衰の激流に呑みこまれ、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。孫家三代海峡物語、ここに完結。  小学館 (2012/1/10)





[PR]
by yomodalite | 2012-09-18 10:44 | 報道・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

枢密院議長の日記(新書)/佐野眞一

まるで日記を書くために生まれてきたとしか思えないようなパーソナリティーが枢密院議長だったら。。。

歴史好きにはもうたまらない奇跡なんですけど、そのあまりにも判読しがたい文章は、チーム佐野にかかっても、精読出来たのは大正10.11年のたった2年分だけ!!宮中某重大事件や、日韓併合の舞台裏など興味深い事件が記されているものの、読者側の期待値にはどうしても到達しにくい性質の本です。

ただ当時の皇室、貴族社会の雰囲気を知るには良書。

__________

【要旨】これは一種の奇書である。なぜなら本書が対象にする枢密院議長・倉富勇三郎(1853〜1948)の日記を、著者も含め誰も読み通せなかったからである。明治・大正・昭和の三代の天皇に仕えた倉富の日記には、昭和天皇の婚姻をめぐって世間を騒がせた「宮中某重大事件」や白蓮騒動などを間近で見聞した記述が残され超一級史料とされているが、本にすれば50冊以上と、とてつもなく長いのである。しかも、ミミズがのたくったような字の判読は困難を極め、記述の大半は細々と、延々と、淡々とつづられた日常の些事(さじ)。死ぬほど退屈で、読む作業は〈渺茫(びょうぼう)たる砂漠のなかから、一粒の砂金を見つける作業に似ている〉のである。
 しかし、日記を〈一点一画たりとも創作のない究極のノンフィクション〉と感じた著者は、大正10年と11年を中心とした約2年分を7年かけて解読、本書にした。日記の最後は〈午後五時三十分頃、硬便中量〉だったという。記録する人間の熱意と、人間を知ろうとするノンフィクション作家の熱意がぶつかり、スパークする力作だ。 (2007年10月31日読売新聞より)  講談社 (2007/10/19)

【目次】
序章/誰も読み通せなかった日記
第1章/宮中某重大事件—怪文書をめぐる「噂の真相」
第2章/懊悩また懊悩—倉富勇三郎の修業時代
第3章/朝鮮王族の事件簿—黒衣が見た日韓併合裏面史
第4章/柳原白蓮騒動—皇族・華族のスキャンダル
第5章/日記中毒者の生活と意見—素顔の倉富勇三郎
第6章/有馬伯爵家の困った人びと—若殿様と三太夫
第7章/ロンドン海軍条約—枢密院議長の栄光と無念
終章/倉富、故郷に帰る





[PR]
by yomodalite | 2008-01-08 20:00 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite