タグ:中村うさぎ ( 6 ) タグの人気記事

女と母性とチョコレート

f0134963_11511835.jpg


その日、告白した何人かの男の思い出が遠くになるにつれて、バレンタイン・チョコの甘さは忘れられなくなる・・・ような気がする今日この頃。

トリュフは半分に切って頂くので、大抵の場合は、ダーリンと半分こにするんだけど、購入後2時間以内にお召し上がりください。なんて書いてあったり、せっかく食後に薦めたのに、みかんの方がいいとか言われた場合は、翌朝、ひとり占めしてもいいルールになってて、今季のバレンタインチョコの中で、いち早く独占してしまったのが、

京都 牟尼庵のシャンパントリュフ(1個売り)

このトリュフは現場で作られていて、賞味期限は購入後2時間!
というわけで、撮影する間も無く、お口に直行しちゃったんだけど、1個525円もするのに、お口の中で、すぐに溶けちゃう感じで・・・あーーリピート買いしたい。

そして、そんなチョコタイムに読んでいたのは、中村うさぎさんの『壊れたおねえさんは好きですか?』

壊れたおねえさんは、好きですか? (文春文庫)

中村 うさぎ/文藝春秋

undefined


男の堕落とは、父性の喪失である。・・・そして、この「堕落した父性」こそが、世でオヤジと呼ばれ蔑まれる男たちの特徴なのだ。では女の堕落とは何か。男の堕落が「父性の喪失」なら、女の堕落は、「母性の喪失」なのか。いや、私はそうは思わない。・・・過保護も、子供を傷つける虐待も、根っこの部分は同じである。それは、母性の喪失ではなく、「母性の濫用」なのだ。

男が父性を喪失する一方で、女が母性を過剰に濫用するのは、男にとって父性が自分のアイデンティティと折り合いがつきにくいモノであるのに対して、女にとっての母性は大いに居心地のいいアイデンティティだからである。

「父性」とは、男が生まれつき備えている属性ではなく、何かに打ち勝って獲得するもの。だからこそ、それは子供にルールや行動規範といった「社会的」な役割を教える存在となる。他方「母性」とは、多分に生得的な属性であり、それゆえ、子供に情愛や信頼といった「非言語的・観念的」な価値観を授ける。

何とも戦わず何にも打ち勝ってこなかった男は「父性」を持たずに年を取り、単なるオヤジに成り下がる。そして、女たちは、これまた「自己抑制」とか「客観的視座」といった社会的作法を父親から授けられないまま成長するものだから、自分の「母性」のコントロールが利かず、我欲も母性も一緒くたにして子供を支配し、夫である「父性」なき男(それは単なるガキである)まで、母性で抑圧し、結果的にあらゆる男たちを去勢する恐るべき存在となるのである。・・・

・・・なぜ、恋をすると「母性」が暴走するのか。それは恋愛というものがそもそも独占欲に基づいた感情であり、ほとんどの場合、我々が「愛」だと思っているモノは単なる「執着」に過ぎないからだ。・・・特に女の場合、恋を通して自己確認しょうとする傾向が非常に強いため、「相手への愛」はいともたやすく「我への執念」に変質し、相手も自分もヘトヘトになるくらい追い詰めるのである。

非言語的無意識の混沌の中では、母親は常に子供と一体であり、その一体感ゆえの愛着を「母性愛」と感じている。すなわち、母性とは、他者を自分と一体化させようとする恐るべき願望であり、「我への執着」に他ならないのである。(引用終了)

ふぅーーー、
女性の権利とか言ってる人たちに際限がないのは、そーゆーことなのかぁ。。

ところで、こちらは牟尼庵の「ティーセット」
ここの抹茶チョコは、私が食べた中ではNo.1の抹茶チョコかも!


[PR]
by yomodalite | 2017-02-07 11:58 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

狂人失格/中村うさぎ

狂人失格 (本人本)

中村うさぎ/太田出版

undefined



久しぶりに小説を読みました。

中村うさぎさんの「小説」も、初めて読んだのかもしれません。もっとも、これが「小説」なのかどうかは微妙なのですが・・・海外の古典とか、若干のお勉強気分以外で、小説を読むことが、めっきり少なくなっていたのだけど、数日前に、この小説に、裁判で名誉毀損の判決がおりたというニュースを聞いて、すごく読みたくなった。そーゆー人は多かったようで、しばらくの間、Amazonでも楽天でも、入荷待ち状態だったのだけど、

私は、その「宣伝」には、積極的に乗りたいというか、この本には、お金を払っておきたいと思いました。厳しい道を歩まれているなぁと思って。。

文章を書くという表現のキツさについては、うさぎさんだけに限らず、感じることが多いのだけど、現代の、日本の、女の、「文学作品」というものが、多少なりとも「古典」のスタイルを受け継いでいて、本当に可能なのか?という点において、中村うさぎさんほど、嘘がつけないひとはいないんじゃないかと思う。

以前、ユーミンと中村うさぎ氏のトークショーのような番組を見たとき、

ふたりがお互いに共感しているのは、自分に対しての客観性というか、自己評価への厳しさだと感じたのだけど、それでも、永年高いクオリティの作品を創り続け、自他ともに認める天才アーティストであるユーミンですら、うさぎさんには一目置いていて、

うさぎさんは、ユーミンの才能に嫉妬しつつも、今、現在において、自分の方が厳しい道を歩んでいて、自分の方が、自分に嘘をついていない。と自負していて、ユーミンもそれを認めざるをえない。

ユーミンにとっての音楽は、どんなに制作に苦しいことがあっても作品という「喜び」がある。それに比べると、中村うさぎさんにとっての文章は「身を削る」ことばかりのような、、なんとなく、そんなことを感じた番組でした。

◎ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<1>
◎ユーミンのSUPER WOMAN 「中村うさぎとめぐる東京の夜」<2>

小説のモデルから、名誉毀損で訴えられた作品としては、ずっと以前に読んだ『石に泳ぐ魚』のことも思い出しました。

その作品も、訴えたモデルの人以上に、著者が身を削って書かれたと感じられる美しい作品だったけど、柳氏の作品は「文学という神」に捧げられていたと思う。

でも、中村うさぎさんは、文学の神ではない、自分の内なる神に対して戦っていて、それは、すぐに癒しを求めようとして、カンタンに浄化されることを望む、わたしたちには一番理解したくない毒を孕んでいて「作品」という昇華をも拒んでいるように思える。

名誉毀損で訴えたひとのことを、これを読むまで知りませんでしたが、彼女は自身のブログで、何度も顔出ししたうえに、自分がモデルであることも公言し、自費出版した自著の宣伝もしている。賠償額はそのことを考慮したうえでの決定らしい。

私には、この本は、最初からこのような結果を予想し、モデルである彼女に、うさぎさんが多少でも期待していたとは1ミリも思わないので、陳腐な内容も、小説とは言えないような文体にも、筋の通った「地獄巡り」を感じました。

☆カンタンに癒されたり、魂が浄化されたくない人に!
◎Amazon『狂人失格』


[PR]
by yomodalite | 2013-06-19 09:10 | 文学 | Trackback | Comments(4)

聖書を語る (文春文庫)

佐藤 優,中村 うさぎ/文藝春秋



同じ事実からでも、見る人によっては、まったく違って見えるということ。

今行われている、いくつかの裁判の感想を聞いていると、他人が自分と違うということを意識するようになってから、もう何年経っているのかわからないぐらいなのに、未だに驚いてしまいます。たぶん、わたしは、同じ事実でも見るひとによって違う。ということと、それを、とりあえず「驚く」という感情でまとめる。だけで、何十年も費やして、何冊読んだかわからないぐらい、いっぱい本を読んでると思う。

それでも、大勢のひとが引用している古典といわれるような本でも、読んでいない本がいっぱいあって、幸せだなぁと思う。ときどき、真実に絶望しそうになるのは、それを真実だと思うひとが浅いだけで、本当の真実はもっと「豊潤」なのだ。

面白いと思えない本でも、つまらないと思える映画でも、「報道」と言う名のゴミや、ウルサいだけの「取材」とか、暇つぶしにしてはまったく気が利かないTVの「おしゃべり」を聞いているよりは、遥かにマシだと思う。

だって、その方が、少しは気が利く「おしゃべり」が出来るようになるでしょう?

本書は、佐藤優、中村うさぎという、これまでに、たくさん本を売ってきた方による「対談集」。面白いおしゃべりの見本のような本で、読んでいると、参加したくなるし、こんな「芸」を身につけられたらいいなぁと思う。

佐藤優と、中村うさぎが対話するのも、聖書について語るのも意外な印象ですが、おふたりは共にキリスト教に縁が深い方なんですね。佐藤氏の信仰は有名ですが、中村うさぎさんに対して、佐藤氏はこう述べています。

うさぎさんの作品を読むうちに、この人はキリスト教、それもピューリタニズム(清い生活を重視するプロテスタンティズムの一潮流)の影響を強く受けていると直感した(この直感は正しかった)。それは、うさぎさんが遍歴したブランド品漁り、美容整形、ホストクラブ通い、デリヘル嬢体験などのすべてが、ピューリタニズムの倫理で厳しく禁止されている事柄だからだ。(中略)

人間としての存在基盤が根底から崩されてしまう危険性があるので、キリスト教がこれらからの誘惑からの人間を遠ざけようとする。しかし、うさぎさんはどのような経験をしても崩れない。

私の見立てでは、さまざまな経験を通じて、うさぎさんは人間の内側と外側を区別する輪郭を確認しようとしているのだ。この輪郭において、人間は神に触れることができるのである。


そんな風には思っていなかったけど、言われてみると、もうそうとしか思えなくなるぐらい、鮮やかな「中村うさぎ」評ですが、当然のごとく、うさぎさんは激しく否定されていますww

でも、実際、うさぎさんは、中学、高校とキリスト教系の女子校出身で、文学者だから、聖書への基礎理解はもちろん、売れっ子作家として、読者を意識した、絶妙なツッコミ、疑問、問題提起と、様々な武器を駆使して、聖書がよくわからない、わたしたちに語ってくれています。

震災を報道で知ることがすっかり嫌になり、「震災後の日本」というテーマで、本書を選んだんですが、

第一章「聖書」を語るは、見出しにもあるように文学部出身のうさぎさんと、神学部出身の佐藤氏、ともに同志社でほぼ同年代を過ごされた2人による「異種格闘技」で、

第二章「春樹とサリンジャー」は、村上氏の『1Q84』と、サリンジャーは『フラニーとゾーイ』を中心に『新世紀エヴァンゲリオン』を比較してとか、

もう、すっかり震災のことを忘れさせてくれるほどの面白い内容。(本書のほぼ半分を締める)

第三章からが、震災が契機になっていて、

《Ⅰ》「地震と原発」を読む ー チェルノブイリ、そして福島
《Ⅱ》「地震と原発」を読む ー 日本人を繋ぐものは?

《Ⅰ》佐藤氏は、チェルノブイリ原発事故のとき、外務省の職員として、あの当時の政治家の動きや発言をよく覚えていて、今回の地震に対して、非常に既視感があると言い、うさぎさんは、文学者として、都知事・石原慎太郎の発言に注目する....

《Ⅱ》うさぎさんが問いかける ー 宗教が日本人を繋ぐことが出来ると思いますか、これからの日本を? 佐藤優が震災直後に書いた「翼賛のすすめ」に対して疑問を投げかけ、佐藤氏は「共同主観性」を提示する。「翼賛のすすめ」とは真逆ともいえる、菅直人への主観や、意外ともいえる前原誠司への見方...「スピリチュアルと伝統芸能」「私の喪失」と「私の発見」....

真摯で、頭の回転が速いおふたりの会話が、本になることで、より一層濃縮されて「面白い会話」に、読者を最後まで飽きさせません。

以下は、うさぎさんの「エピローグ」から

人間は「個」であると同時に「全体」である。「個」を失っては生きていけないし「個」であり続けるだけでも生きていけない。

だが、他者と繋がって集合体になろうとすると、必ず「個」と「個」のぶつかり合いが生じて、そこに苦しみや絶望が生まれる仕組みになっている。それでもやはり、心のどこかで「繋がり」を希求する想いは断ち難く、傷だらけになりながらも他者を求め、拒絶されては煩悶する。(中略)

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を例にひくまでもなく、この「私はどうやって他者と繋がれるのか?」という問いは、現代人が等しく抱えているテーマであろう。そして、そのひとつの解として、先ほど述べた「何か=サムシング」について考えるのは無駄ではあるまい。そう、それは佐藤氏が対談中に述べている「モナドとモナドを繋ぐ糸の先にあるもの」だ。

震災後の我々を繋ぐ細く頼りない糸の先には、はたして何があるのか? この本を読んだ後、あなたも一緒に考えてください。  2011年6月 中村うさぎ


(うさぎさんの「エピローグ」は、あえて、うさぎさんぽくないような文章部分をチョイスしてみましたが、本文の口調はいつもどうり)

うさぎさんは、今後も対談を続けて、今度は「創世記」を読みましょうと提案されたようです。また、第一章で、佐藤氏は新約聖書の「使徒言行録」を読みましょうと誘われています。どちらにしても、すごくワクワクしますっ!!!!

◎『聖書を語る』(アマゾン)
◎「読書メーター」
____________

[BOOKデータベース]クロノスとカイロス、キリスト教は元本保証型ファンド、「新世紀エヴァンゲリオン」の最終結論、『1Q84』は男のハーレクイン、日本は近代以前かポスト近代か、宗教に何が出来るのか…。共にキリスト教徒の二人が火花を散らす異色対談。文藝春秋 (2011/07)


[PR]
by yomodalite | 2011-10-07 12:48 | 文学 | Trackback | Comments(3)
こちらは、作家の手紙を紹介した本ではなくて「手紙」という形式でのアンソロジー。36人の作家による、個性全開の手紙文が楽しめます。

テーマは「別離」「恋」「断り」「ファンレター」など、実際に役立ちそうなものから、役立ちそうにないと思われて、意外に「使えそう」なものから、絶対に使えないけど、面白いものまで、さまざまで、ひとことで言えば、本書は「とても素敵な本」です。

最近、古典ばかり読んでいるせいか(古典の感想ってブログに書けないね)、参加されている作家の方には、私にとってなじみのない方も大勢いましたし、一般的にも知名度に差があるラインナップになっていると思うのですが、

本書での内容の面白さは、知名度に比例しないというか、むしろ、そういった知らない作家さんの個性を、本書で知ることが出来ることも、楽しみのひとつだと思いました。

きっと読みたくなる36人の「作家の手紙」は、以下。



「別離の手紙」
◎去って行った恋人に贈る手紙/小池真理子
◎人間でないことがばれて出て行く女の置き手紙/峰飼 耳

「恋の手紙」

◎ある女子より。牛乳配達のお兄さんへ。/中村 航
◎タイプだと思った相手に交際を申し込む手紙/中村うさぎ
◎霧の流れる何処かの都市(きみ)へ/菊池秀行

「断りの手紙」
◎一方的に自作小説を送りつけてきたファンへの手紙/奥田英朗
◎相手の妻が読むことを想定して、
同窓会で再開した初恋の男からの誘いを断る手紙/新津きよみ
◎読者からの交際を申し込まれたが、事情があり、それを断る手紙/盛田隆二
◎申し込まれた借金を断る手紙/楡 周平

「ファンレター」
◎永遠なるエヴァ・バルトークさま/逢坂 剛
◎エイリアンさまへの手紙/五條 瑛
◎真偽は定かではないが、巨人軍監督就任を打診されているという
噂の原辰徳氏への手紙/日向 蓬

「苦情の手紙」
◎隣家の庭から張り出した小枝の苦情をいう手紙/森 絵都
◎中元に近江牛の味噌漬けを届けてくれる、亡父の友人に、
それが毎年腐っているのだと思いきって教える手紙/姫野カオルコ

◎マンションの管理人が住民に騒音を注意する手紙/酒井順子

「催促の手紙」

◎友人に貸した一万円を返してもらうための手紙/有栖川有栖

「お詫びの手紙」

◎隣の人にピアノの音がうるさいと言われた時のお詫びの手紙/近藤史恵


「頼みごとの手紙」
◎親しくしていただいている(と自分が思っている)編集者に宛てた、
借金申し込みの手紙/角田光代
◎現住所もわからない漫画家の元妻へ、
「子供に会わせてほしい」と伝える手紙/枡野浩一

「励ましの手紙」
◎デビュー前夜の自分へ送る手紙/伊藤たかみ
◎リストラされた友人を励ます手紙/大島真寿美

「案内の手紙」
性転換手術を受けたいあなたへ/モモコ(訳:池上永一)

「古い知人への手紙」
◎友人に離婚を知らせる手紙/佐藤正午
◎三十数年前、コーヒー屋を開くと言った先輩への手紙/又吉栄喜
◎本屋でオレの本を見つけて、「もしかして?」というメールを送ってきた、
二十三年前の高校の部活の後輩への返事/素樹文生
◎旅立つ前に久しぶりにばったり会った昔の彼女への手紙/西田俊也
◎植物転換手術を受けることを決めた元彼女へ、
思いとどまるように説得する手紙/星野智幸

「哀悼の手紙」
◎亡き友への手紙/北方健三
◎亡き兄を送る手紙/歌野晶午
◎遠い日に逝った祖父へ/野中 柊
◎天国の兄貴へ/江上 剛
◎若かりし日は男前だったじいちゃんへの手紙/古処誠二
◎亡き父への手紙/小林紀晴

「大きなあなたへの手紙」
◎Hydrodamalis gigas とPinguinus imapennis
巨大人魚と太っちょバードへ/川端裕人

「未来への手紙」
◎卒園する息子へ/松久淳
◎十三歳になった未来の孫へ、日記とともに託す手紙/豊島ミホ

◎読書メーター
◎『作家の手紙』角川文庫(アマゾン)
________________

[BOOKデータベース]催促、苦情、お願いごと。とかく手紙は、書きにくい。言いにくいことをうまく伝える方法は?後腐れないような言い回しは?目上の人に失礼のない書き方は?誘いや借金のお願いをやんわりと断ったり、落ち込んだ友人を励ましたり、亡くなった人を思い起こしたり。思いの丈を文字にのせて、伝えよう。36人の作家がオリジナリティ溢れる短い手紙文を執筆。文章と創作のプロに学ぶ、手紙の見本帳。
角川書店 単行本 (2007/2/28) 文庫(2010/11/25)





[PR]
by yomodalite | 2011-09-28 10:20 | 文学 | Trackback | Comments(0)

ひとりごと(2011.8.9)

f0134963_1085489.jpg


Rockstarbot ロックスターbot
60年代には『30代以上の連中を信じるな」と言われたけど、今なら『30代以下の人間を信じるな』と言いたい(ボブ・ディラン)http://goo.gl/Evz72


確かに、30歳を過ぎてからの自分のことを考えると、20代の頃の自分なんて、何ひとつ信用できないけど、ボブ・ディランのことも未だによく知らないし、

年をとっても、わからないことがちっとも減らないってことだけは、40過ぎてからよくわかったかも。

昨日からの猛暑に、今日は朝から躊躇なくエアコンを入れたせいか、

今日こそは、LOTTEのマカデミアチョコ(左)と、明治のマカデミアチョコ(右)のどちらが美味しいのかについて、決着つけてやる!って思ったんだけど、、、



意外とわかんないね。。



LOTTEと明治のチョコの味の差ぐらいわかると思ってたのに、、、



暑さのせいでしょうか。


☆最近の「おめざ」。意外と中田ヤスタカものにヨワいのだ♡
◎きゃりーぱみゅぱみゅ - PONPONPON

☆HKB48の第1弾シングルも、中田ヤスタカ・プロデュースがいいな♡
◎日刊サイゾー「中村うさぎと美保純が...」


なんか、エアコンあんまり効かないなぁ。。


☆ちょっと前からお気に入りだったこの曲をプレイしているのは、夙川BOYS(しゅくがわボーイズ)ではなくて、N'夙川BOYS(ンしゅくがわボーイズ)!
◎N'夙川BOYS - プラネットマジック


今日、わたしがわかりそうなことなんて、もうそれだけだったりして。。。






[PR]
by yomodalite | 2011-08-09 10:33 | 日常と写真 | Trackback | Comments(3)

美人になりたい―うさぎ的整形日記

中村 うさぎ/小学館




しばらく中村うさぎ氏の本を読んでいないことに気付き、何を読もうかな〜と物色していたら、本書を読んでいないことを思い出しました。

2003年の出版。もう6年も経っているので最新整形事情とはだいぶ隔たりがあるだろうし、今更感はあったのですが、やはり、中村氏が「美容整形」をどのように扱ったのかは読んでおかなくては、と思った次第。

ページをめくるとすぐ、2002年から始まったビフォーアフターの写真が目に飛び込んできます。あの中村うさぎが奥菜恵に!という衝撃写真も含めて、アフターの有利があまりにも明確な写真の羅列は、女子ならば誰でも大きく心を動かされるでしょう。

ただ、あの手術がどれほど痛くて、どのくらいのダウンタイムが必要かなどの美容整形情報がわかる部分もありますが、むしろ興味深かったのは、3人の対談者(大高博幸、高梨真教、春日武彦)と、インタビュアーで企画編集の深澤真紀氏との会話から、中村氏の内面に深く迫っている点。

やはり、この人はただ者ではないということに改めて気付きました。

この後の『私という病』など、他の評判の名著も早く読まなくては。。

____________

[出版社 / 著者からの内容紹介]自分の丸顔が大嫌いだった中村うさぎが、ボトックス、ヒアルロン酸を打つプチ整形に始まり、メスを入れるリフトアップ整形手術にまでチャレンジした。その過程をゆれる心理状態の中で赤裸々に綴った整形日記を初公開。ビューティーエキスパートの大高博幸氏、整形を担当したタカナシクリニックの高梨真教氏、精神科医で『顔面考』著者の春日武彦氏らと、美や顔についてじっくり語り合う対談も収録。また、ブランド・ホスト・整形と進んできた自らの人生をも振り返る。いま、中高生から五十代まで幅広い女性の関心と疑問が集まるプチ整形。「やってみたいけど、どうなるの? 顔は、ココロは??」という読者にとって、ここまで正直かつ真面目かつ面白い“整形ドキュメント本”はこれまでも、これからも出ることはないだろう。 小学館 (2003/03)

[PR]
by yomodalite | 2009-08-11 12:28 | 報道・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite