タグ:マザー・テレサ ( 4 ) タグの人気記事

死は永遠の別れなのか: 旅立つ人の最期の証言から

デイヴィッド ケスラー/東京書籍



久しぶりに、マイケルが読んだ本を紹介します。

著者は実践的な死生学の第一人者。死生学ってそんなに耳にする言葉ではないように思いますが、個人の死とその死生観についての学問で、具体的には自己の消滅としての死に向き合うことで、死までの生き方を考える学問だそうです。(⇨Wikipedia)

本書の著者プロフィールによれば、ディヴィッド・ケスラーは、師匠であり、死生学の権威であるエリザベス・キューブラー・ロスとの共著『永遠の別れ』『ライフ・レッスン』をベストセラーにし、ホスピス関連で最大のベストセラーになった『The Needs of the Dying(死にゆく人に必要なこと)』は、マザーテレサに絶賛され、エリザベス・テイラーや、アンソニー・ホプキンス、マイケル・ランドンなどと共に、MJもケスラーのクライアントだったとのこと。

ディヴィッド・ケスラーのサイト、http://grief.com の「About David」には、他にもセリーヌ・ディオンや、ダイアナ妃、またMJの葬儀のときの写真もあるのですが、これらの写真をクリックすると、有名人の死の際、よくインタヴューを受けていることがうかがえるケスラーの動画に移動します。語っている内容はよくわからないものの、「実践的」と言われる感じがわかるというか、彼は、宗教の違いを超えて、幅広く受け入れられる「死」の話ができる人なのでしょう。

で、肝心の本書なんですが、

これが、マイケルの書庫にあったかどうかは確実ではなく、また、下記で見ると同じ著者の他書に比べて評価も低いのですが、


実際にマイケルに会い、クライアントとして接していたというケスラーの単著3冊の中から選択したというのが理由で、これ以外に読んでいないので、他書との比較はできませんが、読んでみて感じたのは、想像以上に「スピリチュアル風味」がなかったこと。

医療従事者が、患者が亡くなったときに実際に見聞きした体験が淡々と語られていて、これらのエピソードをまとめた著者も、話すと「信用に傷がつきますよ」と言われたことなどを冒頭で語るなど、ディーパック・チョプラよりも普通の「医者が書いた本」という印象。

マイケルがクライアントだったのが、いつ頃のことなのかもよくわかりませんでしたが、年の離れた多くの友人だけでなく、死を目前にした子供たちとも数え切れないほど多く接してきたMJには、死とどう向き合えばいいのか悩むことが多かったことでしょう。また、死後の世界をどう考えるかは、彼の信仰を深める上でも、重要な問題だったと思います。

本書にその答えがあるとは思いませんでしたが、デスベット・ビジョンについて、医療従事者の証言だけでなく、文学作品における話題などもありました。



[PR]
by yomodalite | 2016-05-30 06:00 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(0)
f0134963_16220931.png



HIStoryツアー・オープニング映像を分解してみました。

いくつかわからない点もありますが、「正解」や、「これじゃない?」など、色々とご意見いただけると助かります!






動画は、右下「歯車」ボタンの「設定」で、速度や、画質が変えられます。ぜひ、画質は最高の「720」で、わかりにくい箇所は速度を遅くしてご覧くださいませ。



f0134963_20542763.png
1)巨大な仏像



f0134963_20544571.png
2)キング牧師



f0134963_20551933.png
3)大航海時代? メイフラワー号?




f0134963_22000685.png
f0134963_22021465.png
4)指十字? 菩薩像の指?

下品下生の指の形?(コメント欄参照)
弥勒像の指にしては、
指と指の間が輪になってない気も・・


f0134963_22055494.jpeg
(弥勒像 / 反転)

f0134963_22064651.gif
(弥勒像)





f0134963_20574819.png
5)スフィンクス



f0134963_20583085.png
6)クライスラービル(摩天楼の象徴)




f0134963_20590571.png
7)左側は、自由の女神のトーチ


f0134963_20592921.png
8)ヒストリーティーザーで使われた
ハンガリーの英雄広場の構造に似ている
左が「千年記念碑」で、右は「美術館」のような・・
実際の「英雄広場」では「現代美術館」の方?

参照記事
http://nikkidoku.exblog.jp/24787053/


f0134963_11333640.jpg
(↑↓実際の千年記念碑と現代美術館)
f0134963_11341138.jpg






f0134963_20595325.png


f0134963_21004267.png
ひと回りして、再び「英雄広場」風の場所



f0134963_21010972.png
美術館の中へ



f0134963_21104487.png
9)ヘルメス
蛇が巻き付いている杖は色々あるけど、
上部に羽がついている杖は、ケーリュケイオンと呼ばれるもので、
ギリシア神話における神々の伝令であるヘルメスの持物。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ケーリュケイオン
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘビ
https://ja.wikipedia.org/wiki/アスクレピオスの杖

ネバーランドのメインハウスの前にも
ヘルメスの彫像がありましたね。


f0134963_11534286.jpg


映像の方がトボけた顔してるのは、
ヘルメスが文化的な神というだけでなく、
トリックスターとしての一面を持っているから・・かなww
そして、ヘルメスの「眼」の中から、美術館へ


f0134963_21114793.png
モナリザ、聖母子、モンドリアン・・



f0134963_21120675.png
10)システィナ礼拝堂
礼拝堂内をゆっくりと旋回し、
右奥の窓から脱出


f0134963_21130284.png
11)煉獄のような場所?



f0134963_21134053.png
We Are The Worldの音楽
さまざまな民族の子供たちの中には少年MJの姿も



f0134963_21142487.png
12)歯車のような映像の後に「砂時計」



f0134963_22133071.png
14)??アインシュタイン??
巨大なメディアセンター
最初に回転した映像
(でも、メガネかけてるようにも・・)

下記は候補者たち

f0134963_10501622.jpg
東京裁判時の東条英機


f0134963_10324710.jpg
HIStoryの曲に名前が登場する
『ジャングルブック』で有名な
作家キプリング




f0134963_21144491.png
14)ガンジー




f0134963_21150588.png
15)モハメド・アリの試合?



f0134963_21153077.png
16)古いSF映画・・『メトロポリス』?



f0134963_21174242.png
17)アラファト
パレスチナ解放機構(PLO)を率いた指導者


f0134963_21180265.png
18)左右と上下が逆になった時計




f0134963_21182272.png
19)マザーテレサ



f0134963_21184732.png
20)ケネディ大統領夫妻




f0134963_21192209.png
21)???宇宙服を着て座っているように
見えるんだけど、後ろの「三角」が・・???



f0134963_21194672.png
22)マルコムX



f0134963_21200709.png
23)インディアンの男(Two Moons?)

参考記事
http://nikkidoku.exblog.jp/18369966/


f0134963_21203272.png
24)ネルソン・マンデラ?



f0134963_21205552.png
25)レーガン大統領


f0134963_19260214.png
f0134963_21212044.png
26)キスシーン


f0134963_10251105.jpeg

追記)エリザベス・テーラーが主演の映画『陽のあたる場所』ではないか、というタレコミ❤️がありました!

観てはいないのですが、関連写真をしつこく見たところでは、男(モンゴメリー・クリフト)が帽子をかぶっておらず、エリザベスとの顔の一致も確定までは・・という感じです。報道写真という可能性もあるのかな・・


追記)『我等の生涯の最良の年』(The Best Years of Our Lives)という映画ではないか、というタレコミ❤️をいただきました。


f0134963_16015306.jpeg


f0134963_16033075.jpg


1946年に公開された米映画で、第二次世界大戦後に市民生活に復帰した復員兵が直面する様々な社会問題を描いた作品。トーキーになってからの興行成績で『風と共に去りぬ』以来の第2位を記録したほどよく観られている作品で、アメリカ国立フィルムにも登録されています。

元海兵のホーマーは戦争で負った火傷が原因で、鉄製の義手をしている。元陸軍軍曹のアルは「豪華なアパート住まい」で快適な生活を送り、「ジャップ」という差別用語を口にする父親から日本刀をプレゼントされたロブは「日本人は家族の絆を大切にすると聞いた」と言い、放射能が広島の人々に与えた影響や、レーダーやミサイルに原子力が結びついたら悲劇になるから人類は共存すべきだと物理の先生が言っていた、と。

他にも「日本やナチスは共産主義を絶滅出来たのに我々は利用されてしまい、無駄な犠牲を払ってしまった」など、戦争が生み出すさまざまな傷を多面的に描いた名画で、キスシーンも有名らしく、内容的にもマイケルが注目しそうな映画なのですが、今のところ、この画像と同じ写真は見つけられませんでした。(https://ja.wikipedia.org/wiki/我等の生涯の最良の年)




f0134963_21221847.png
27)??? 



f0134963_21214351.png
27)???
P.T.バーナムや、史上最大のショウに関係ある?


f0134963_21291939.png
f0134963_22212491.png
28)???



f0134963_21294249.png
29)??アポロ打ち上げを見上げる人々??



f0134963_22244667.png
14)と同じ映像が再び



f0134963_21303062.png
30)???



f0134963_21305195.png
31)???
HIStory曲の登場者から考えると・・
エリザベス女王?
ローザ・パークス?


f0134963_21322051.png
32)天安門事件
中華人民共和国で学生や市民が起こしたデモを
鎮圧するために出動した戦車の前に立つ男は
マイケルのパフォーマンスにも
取り入れられました。


f0134963_09573977.jpg
(実際の写真)





f0134963_21325103.png
33)金網の向こうにいる男
このあともう一回映るんですが誰なんでしょう?
どこかの収容所でしょうか?

f0134963_16063425.jpg
f0134963_21335814.png

33)隣にいる人も含めて誰かな???



f0134963_22034923.png
34)戦争映像が続く



f0134963_22044096.png
35)戦争場面から脱出し、「マイコー!」という声
子供たちの中には、MJショートフィルムも


f0134963_21363823.png
36)イルカと共に山越える
(なんとなくシナイ山)


f0134963_21371428.png
37)コンサート会場が見えてきた



f0134963_16004956.png
f0134963_16000219.png

38)ジェットコースターのレールに変化が・・
ステージが見えてから、
レールと平行にフィルムが伸びてきている。
ショーを映画と同じものと捉えている?



f0134963_21372765.png
コンサート会場に到着


f0134963_21375641.png
MJ-2040と書かれた
ロケットからMJ登場ーーー!!!


[PR]
by yomodalite | 2016-02-17 06:00 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(7)
f0134963_15415044.jpg
[追記あり。コメント欄も参照してください]

「マザー・テレサの8か条」と同じく、ネット上でよく紹介されている言葉に、
「マザー・テレサの生活問答24か条」と言われているものがあります。

ある執筆者がスペインの家庭を訪問したときに、その家の壁に貼ってあった。
と説明されていることが多いようです。


☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2013-10-29 20:29 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(13)
f0134963_22392343.jpg

[追加修正あり。コメント欄を参照してください]

「Honoring the Child Spirit」の「あとがき」へのコメントで、「逆説の10か条」をご紹介いただきました。

確かに、マイケルにぴったり当てはまっていると思ったので、これが書かれている本を読んでみることにしました。

◎[Amazon]それでもなお、人を愛しなさい

本書の「はじめに」によれば、この10か条は、著者がハーヴァード大学2年生の19歳のときに書いた「リーダーシップのための逆説の10か条」で、高校の自治活動で活躍しているリーダーたちのために書いた『静かなる変革ー生徒会におけるダイナミックなリーダーシップ』という小雑誌の一部だったそうです。

その本は1968年に大学学生部によって出版され、1960年代後半から70年代前半にかけて、およそ3万冊が売れた。それから、1997年9月、マザー・テレサが亡くなってまもなくのこと、ルシンダ・ヴァーディが編纂した『マザー・テレサ語る』という本の最後に載っていたテレサの詩「それでも」に、フォーマットは少し変わっていたものの、自分の10か条のうち8つが使われていた。

自分が30年前に書いたものがインドにたどり着いて、マザー・テレサがその言葉の重要性を認めてくれたことに、著者は、背筋がぞくぞくした。と書いています。

それで、マザー・テレサの8か条も調べてみました。

逆説の10か条も、マザー・テレサの8か条もネット上で簡単に見つかります。とはいえ、こういった有名人のことばは、最初の言葉から微妙に省略されたり、抜粋されたりして、本来の意味とは、少し違ったものになっている場合があるということを、数年間のMJ研究においても学んでいましたし、

宗教に絡んでいる場合の翻訳は、特に怪しいことが多い。ということも、これまで読書で経験していたので、これも原本を確認してから、書いておくべきと思ったのですが、

なんだかね。。今日はそんな自分に疲れてしまって(笑)、

とりあえず、ネットに散々コピーされている「マザー・テレサの8か条」に選ばれていない「逆説の10か条」は、なにかについて、メモしておきます。


The Paradoxical Commandments
逆説の10カ条



People are illogical, unreasonable, and self-centered.
Love them anyway.
人は不合理でわからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお人を愛しなさい。



If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives.
Do good anyway.
何か良いことをすれば隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお良いことをしなさい。



If you are successful, you will win false friends and true enemies.
Succeed anyway.
成功すればうその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお成功しなさい。



The good you do today will be forgotten tomorrow.
Do good anyway.
今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお良いことをしなさい。



Honesty and frankness make you vulnerable.
Be honest and frank anyway.
正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお正直で率直なあなたでいなさい。



The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down
by the smallest men and women with the smallest minds.
Think big anyway.
最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
それでもなお大きな考えをもちなさい。



People favor underdogs but follow only top dogs.
Fight for a few underdogs anyway.
人は弱者をひいきにはするが勝者の後にしかついていかない。
それでもなお弱者のために戦いなさい。



What you spend years building may be destroyed overnight.
Build anyway.
何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお築きあげなさい。



People really need help but may attack you if you do help them.
Help people anyway.
人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお人を助けなさい


10
Give the world the best you have and you'll get kicked in the teeth.
Give the world the best you have anyway.
世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお世界のために最善を尽くしなさい




前述の「はじめに」に書かれていたように、マザー・テレサのものは8か条ではなく、"Do It Anyway"(「それでも」)という詩で、逆説の10か条と、ほとんど同じ意味の詩が8つと、最後にもう一編の詩がついています。この言葉は、カルカッタの「孤児の家」の壁に書かれているとされていますが、そちらは「8か条」として書かれているのかな?

(ネット上にある日本語の「8か条」は英文と合わないことがわかり、日本語は「私訳」に変更しました。訳文で気になる点は遠慮なくご指摘ください)


"Do It Anyway"
それでも



People are often unreasonable, irrational, and self-centered.
Forgive them anyway.
人は不合理で、わからず屋で、自己中心的です。
それでも、人を許しなさい。


 

If you are kind, people may accuse you of selfish, ulterior motives.
Be kind anyway.
あなたが親切をしたなら、
人は利己的で隠れた動機があるはずだと批難するかもしれません
それでも、親切をしなさい。




If you are successful, you will win some unfaithful friends
and some genuine enemies. Succeed anyway.
あなたが成功したなら、不実な友と本物の敵を得ることになるでしょう。
それでも、成功しなさい。




If you are honest and sincere people may deceive you.
Be honest and sincere anyway.
あなたが正直で誠実であるなら、人はあなたを騙すかもしれません。
それでも、正直で誠実であり続けなさい。




What you spend years creating, others could destroy overnight.
Create anyway.
あなたが永年創り上げたものでも、一晩のうちに壊されることがあります。
それでも、作り続けなさい。

 


If you find serenity and happiness, some may be jealous.
Be happy anyway.
あなたが、落ち着いた幸せを見つけたなら、それに嫉妬するひともいるでしょう
それでも、幸せになりなさい




The good you do today, will often be forgotten.
Do good anyway.
あなたが行なったいいことは、しばしば忘れられるでしょう
それでも、いいことをしなさい。

 


Give the best you have, and it will never be enough.
Give your best anyway.
あなたの中の最良のものを与えても、十分ということはありません。
それでも、最良のものを与えなさい




In the final analysis, it is between you and God.
It was never between you and them anyway.
最後に振り返ってみれば、あなたにもわかるでしょう
これらは、あなたと神との間のことです。
あなたと誰かの間のことでは、決してないのです。




マザー・テレサの8か条には、

最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
それでもなお大きな考えをもちなさい。

人は弱者をひいきにはするが勝者の後にしかついていかない。
それでもなお弱者のために戦いなさい。


が含まれていませんでした。実は、逆説の10か条を見たとき、
私が気になったのも、この二か条だったんです。

それは、別にケント・M・キース氏に文句があるわけではなく、ケント氏はハーヴァードを卒業して「リーダーシップ」をとるような人のために書かれていたということで納得したのですが、自分が信条にすべき文章としては、この部分が一番迷ったということです。

それで、マザー・テレサの言葉を確認したかったのですが、やっぱり、彼女の言葉にはそれはなく、彼女は「誰かのため」ではなく、「自分と神との間のこと」として書かれていたんですね。

ふぅーーー納得(笑)

[追記]と思ったのですが、そうとは言えないことが判明!
コメント欄をぜひご覧くださいませ。



自分のブログに、マザーテレサが登場するなんて、そうはないと思うので、
テレサの言葉をもう1回だけ続けます。

☆“24 questions and answers” マザー・テレサの言葉



[PR]
by yomodalite | 2013-10-28 23:09 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(13)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite