タグ:マイケル歌詞和訳 ( 20 ) タグの人気記事

和訳 “2000Watts”

f0134963_12253356.jpg


『インヴィンシブル』からの和訳12曲目は『2000Watts』。この曲は、共作者でもあるTyrese Gibson のアイデアから作られた曲で、Tyreseの「Watts」は、彼が育ったロスアンジェルスの黒人スラム街のこと。彼は貧困にあえぐWatts地区のために、「2000Watts」というタイトルの作品を考えていたようですが、このタイトルを気に入ったマイケルは、Tyreseが設立した基金に曲の収益金を寄付し、Tyreseのアルバム「2000Watts」は、インヴィンシブルより後の2001年に発売されることになりました。


Tyreseがこのタイトルを思いついたのは、1998年に、科学者たちが増え続けるエネルギー消費の問題に取り組むため、「2000ワット社会(2000-watt society)」という政策がクローズアップされた影響もあったように思えます。


ただ、マイケルの『2000Watts』は、Watts地区とも、2000ワット社会とも関係なく、爆音好きのMJが、復帰作に込めた思いや、また、プレステVRで、マイケルが見れたらなぁと思ったファンは多いと思いますが、MJも16年前からその実現を考えていた様子なども伝わってきて、


当時は、今まで聞いたことのない低い声に戸惑い、あまり聴かなかった曲のひとつだったのですが、今聞いても新鮮で、永遠に続く彼の果てしない野望の一端が、エロとおふざけにコーティングされているところもたまらない。


ダブルミーニングな単語の羅列が基本になっているので、訳し方は色々ありそうですが・・・







2000 Watts


Intro(Teddy Riley)

You may now apply (you may now apply)

Your 3D glasses (your 3D glasses)

As we proceed (prepare for proceed)


3Dグラスを装着せよ

我々は、徐々に移行する


2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)


2000ワットへ・・・


VERSE 1

Bass note, treble, stereo control, how low you go

Just enough to make your juices flow

Press play, don’t stop, rotate, too hot

You feel I’m real

I’m everything you need, so tell me what’s the deal


低音は最高レベルに合わせた、どこまで “下” に行けるかは

君の限界次第だね

プレイボタンを押したら、そのまま回し続けて、熱くなれ

僕をリアルに感じただろう

僕は、君が欲しいものすべて

さあ、なにが欲しいのか言ってごらん


CHORUS

2000 watts, 8 ohms, 200 volts, real strong

Too much of that, fuse blown

Be careful what you say don’t overload

2000 watts, 8 ohms, 200 volts, real strong

Too much of that, fuse blown

Be careful what you say don’t overload


2000ワット、8Ω、200ボルトで、マジ強烈

スゴ過ぎてイっちゃうから

声を出し過ぎないように


VERSE 2

(3D D D D D) 3D, high speed, feedback, Dolby

Release two or three

When I reach I can go ‘til I hit my peak

Compact steelo, chico, D-Lo, highpost lady(*1)

Shorty really wanna be there for me


3D、ハイスピード、フィードバック、ドルビー

2、3曲ブッ放して、そこからさらに頂点まで突っ走る

ミニマムな生活が好きなやつも、少年や、隠れゲイや、お高くとまったレディも

すぐに僕を追いかけたくなるはず


2000 Watts, 8 ohms, 200 volts, real strong

Too much of that, fuse blown

Be careful what you say don't overload

2000 Watts, 8 ohms, 200 volts, real strong

Too much of that, fuse blown

Be careful what you say don't overload


2000ワット、8Ω、200ボルトで、マジ強烈

スゴ過ぎてイっちゃうから

声を出し過ぎないように


We now prepare to take you to the next level (yeaa)

2000 watts, 8 ohms, 200 volts (all right now)

(Are you ready?)

Voltage, high

Aaahh!


我々は、次のレベルへと突入する

2000ワット、8Ω、200ボルト

準備はいいか?

ボルテージを上げて

Aaahhーーー!


2000 watts (2000 watts) (What?!)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts) (dolby®)

3002 watts (2000 watts) (What?!)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts)

2000 watts (2000 watts) (Three dimentional)


2000ワット(何だって?!)

2000ワット(ドルビーサウンド)

2000ワット(3D)


3D, high speed (high speed)

Feedback, dolby (baby)(*2)

Release (heehee)

When I reach I can go ‘til I hit my peak(3D, 3D, 3D now)

Compact (come on)

Speed low, she flow (D-Lo)(*1)

D-Lo (D-Lo) 

High post lady (high post)

Shorty really wanna be there for me(Come on, come on, come on)


3D化に、ハイスピードで

反応して、雑音なんかかき消すよ

リリースしたら、そこから頂点まで突っ走るんだ

ぎっしり詰め込んで

スピードを落としたり、彼女に合わせて

音を低くしたりして

お高くとまったレディも

すぐに僕を追いかけたくなるはず


2000 Watts, 8 ohms, 200 volts, real strong

Too much of that, fuse blown

Be careful what you say don't overload(don't you overload)

2000 Watts, 8 ohms, 200 volts, real strong(baby, don't you overload)

Too much of that, fuse blown

Be careful what you say don't overload(don't overload)

2000 Watts, 8 ohms, 200 volts, real strong

Too much of that, fuse blown(baby)

Be careful what you say don't overload

Dance!

Don't you overload

Baby...


2000ワット、8Ω、200ボルトで、マジ強烈

スゴ過ぎてイっちゃうから

声を出し過ぎないように

そして、ダンス!

イキ過ぎには注意だよ

ベイビィ・・・


(訳:yomodalite)

_________


(*1)D-Lo / "down low" という意味と、主に黒人コミュニティで使われる俗語、クローゼットホモセクシャル(カミングアウトしていないゲイ)の男性という2つに意味で使われていると思う。それと、Compact steelo は、ステレオではなく、steelo(=スタイル)です。


(*2)ドルビーは、1965年に設立された「ドルビーラボラトリーズ」が開発した今も幅広く使用されている技術ですが、音声のノイズリダクションが基本なので、このパラグラフでは、そういった意味を加味してみました。


[PR]
by yomodalite | 2016-12-21 12:30 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “Heaven Can Wait”

f0134963_21412713.jpg


『インヴィンシブル』からの和訳11曲目。プリンスのあと、マイケルの訳詞を紹介すると、MJの言葉が軽く見えてしまわないか心配なので、ちょっぴり言い訳からw


プリンスが書く歌詞は、彼が尊敬するジョニ・ミッチェルなどと同じく、英米詩人の系譜に連なるものですが、マイケルは大変な読書家でありながら、文学的に評価されるような様々なテクニックをほとんど使っていません。


それは、プリンスが「One Song」で言っていたように「知恵の樹を選ぶ必要はない」ことをプリンス以上に理解し、知恵の樹の実(禁断の果実)を選ぶ前の人間の状態、すなわち「無垢な状態」を学ぶことの方に一生懸命だったからこそ、なんです!(鼻息w)



私は、マイケルの言葉に取り憑かれている人間のひとりですが、彼の言葉の意味を見出すための、メタファーや裏読みといったレトリック分解はまったく意味を成さない、と思っています。KING OF POPの世界は、そのような小さな世界とは無縁だと。


ジョセフ・ボーゲルは『Heven Can Wait』について、

これは、死から逃れたいという欲求についての歌だ。ついに愛と喜びを見つけた男は、それを奪われることを恐れるようになる。・・・曲の最後でマイケルは歌う。「僕たちをそっとしておいて」(しかし、興味深いことに最後の最後にはあえぐように「僕をそっとしておいて」と歌っている)。曲の後半で歌われる痛ましい感情は、真に迫っている。彼が本当に恐れているのは、死ではなく、別れ、孤独に戻ること。『Heven Can Wait』は、時間を請い求める歌ーー何の妨げもなく愛し愛される時間を求める歌なのだ。(『コンプリート・ワークス』より)

と書いていますが、私は、マイケルが別れや孤独に戻ることを、死よりも恐れていたとは思いません。彼にとって別れは、新たな出会いのためであり、また孤独について彼は、

彼女たちは、僕の孤独を分かち合いたがっているように見える。でも、僕は誰にもそんなことは望んでいない。僕は、自分が世界で一番孤独な人間のひとりだと信じている。(『ムーンウォーク』)

と答えていました。


この曲はテディ・ライリーのデモから創られているのですが、「僕たちをそっとしておいて」の最後が、BAD時代のヒット曲「Leave Me Alone」と同じく「僕をそっとしておいて」になっているのは、特にMJらしい部分だと思います。マイケルが歌うと、「ふたりきり」も、「ひとりきり」も、私も、あなたも、生きることも、死ぬことも、溶け合っていくんですよね・・。



自分の愛は惜しみなく与えた、もう神への使命を果たせたのではないかという思いと、まだ永遠の命には足らないのではないか、という不安。そして、あらたに加わった父親として、子供を育てるという役目・・私には、そんなことが交錯して感じられる曲です。






Heaven Can Wait


CHORUS

Tell the angels no, I don't wanna leave my baby alone

I don't want nobody else to hold you

that's the chance I'll take

Baby I'll stay, Heaven can wait

No, if the angels took me from this earth

I would tell them bring me back to her

it's the chance I'll take, maybe I'll stay

Heaven can wait


天使に言うよ、僕のベイビィをひとりにしたくないって

君がほかの誰かに抱かれるなんて嫌なんだ

運に賭けるしかないけど、

僕はここにとどまる、天国は待ってくれる

行けないよ、天使たちが僕をここから連れ去ったとしても

僕は、彼女の元に戻してほしいって言う

運に賭けるしかないけど、きっとここに居られるよ

天国は待ってくれる


You're beautiful, wonderful, incredible, I love you so

you're beautiful, each moment spent with you is simply wonderful

This love I have for you girl it's incredible

And I don't know what I'd do,

if I can't be with you

The world could not go on so every night I pray

If the Lord should come for me before I wake

I wouldn't wanna go if I can't see your

face, can't hold you close

What good would Heaven be

If the angels came for me I'd tell them no


君はきれいで、素晴しくて、信じられないほど、愛してる

美しい君、君と過ごした一瞬一瞬がただもう素晴しくて

僕の君への愛は桁外れだから

もし君と一緒にいられなくなったら

僕はどうしたらいいのかわからない

世界が続くのかさえも・・だから毎晩祈るんだ

もし目覚める前に、主が迎えに来たとしても

行きたくないよ

君の顔を見られず、抱きしめることもできないのなら

天国なんてどこがいいんだろう

もし、天使が来たって、僕は行かないって言うよ


CHORUS


Unthinkable

Me sitting up in the clouds and you're all alone

The time might come around

when you'd be moving on (moving on)

I'd turn it all around and try to get

back down to my baby girl

can't stand to see nobody kissing, touching her

couldn't take nobody loving you the way we were

What good would Heaven be

If the angels come for me I'd tell them no


考えられないよ

僕が雲の上にいて、君がひとりぼっちだなんて

そんなときが来るかもしれない

君が次の愛へと進んでいくなら

僕はなんとしてでも君の元へ戻ろうとするだろう

君が誰かとキスしたり、触れられているだなんて耐えられないんだ

僕らのように愛しあうなんて、誰にもできない

天国のどこがいいんだろう

天使が迎えに来たって、僕は行かないって言うよ


CHORUS


Oh no, can't be without my baby

Wont go, without her I'd go crazy

Oh no, guess Heaven will be waiting

Ooh

Oh no, can't be without my baby

Wont go, without her I'd go crazy

Oh no, guess Heaven will be waiting

Ooh


もう、君なしじゃいられない

行きたくない、君がいなかったら僕はおかしくなってしまう

いやだ、天国に行くのは、もっと後でいいから・・・


CHORUS


Just leave us alone,

Leave us alone, leave us alone

Please leave us alone

Leave me alone

Please leave me alone

I said leave me alone


僕たちにかまわないで

ふたりっきりにしておいて

僕たちだけでいたいんだ

僕にかまわないで

お願いだから、放っておいて

僕にかまわないで、って言っただろう


(訳:yomodalite)


この男性(マイケル?)は、普段から、天使と会話していて、最初、「天使に言うよ、僕のベイビィを・・」と言っているのも、彼女に直接言っているというよりは、ひとりでいるときの感情かもしれませんね。


一番最後の、I said ・・は、天使に言っているようなので、天使のお迎えというシチュエーションと通して、現世の素晴らしさを表現しているというか・・


和訳の気になる点は、いつでも遠慮なくおしらせくださいませ。


[PR]
by yomodalite | 2016-12-16 07:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “Heartbreaker”

f0134963_19520173.jpg


マイケル訳はすでにたくさんの人がされているのですが、


emoticon-0101-sadsmile.gif スムーズな日本語にするために意訳の範囲を超えている。


emoticon-0101-sadsmile.gif 誤訳を恐れて、変な日本語を繰り出すものの、結局誤訳になっている上にw、それを土台に激しく自論を展開する。


emoticon-0101-sadsmile.gif 注釈だけは一見真面に見えるけど、妙な訳し方なうえに、珍妙な解釈までついてる。


emoticon-0101-sadsmile.gif 上記のどれにも当てはまらないけど、なにも伝わってこない。など、


ホント、和訳ってむずかしいですよね!


私訳も、過去最高を目指すという高い志で取り組んではいるものの、結局、上記をバランス良く取り入れた仕上がりなのかもw


そんな反省もあって、


今回はジョセフ・ボーゲル氏の本から引用します。


歌詞には、マイケルがこれまで何度も用いてきた比喩的な技法が用いられている。「Heart Breaker」は、誘惑と、はねつけられた愛情についての歌だ。「彼女の言葉は僕の心を操る」とマイケルは歌う。これは、「Heart Break Hotel」で始まり、「Billie Jean」、「Dirty Diana」、「Dangerous」へと繋がる、マイケルにとってはこだわりのあるテーマだ。彼はある種の女性「もしくは、そういった女性の象徴するもの」に対して、不信、恐怖さえをも感じていた ―― そして、もちろん、強い魅力も。(『マイケル・ジャクソン・コンプリート・ワークス』より)


また、『マイケル・ジャクソンの思想』の安富歩氏は、


魂を食らう恐るべきハラスメントの歌であり・・ハートブレイカーは、モラルハラスメントの概念と一致している・・・タガメ女とカエル男との死の舞踏がテーマで、その過程における被害者の正確な表現によって構成されている・・・『インヴィンシブル』というアルバムは、ハートブレイカーを巡って構成されている。(『マイケル・ジャクソンの思想』より)


と言われていますが、「ハラッサー」の悪魔化は、正義やポリコレ棒を振りかざす入り口にもなりかねないので、そういった注意も必要かと。


また、私訳では、安富氏ほか多くの人が採用した英詞とは異なるものを使用しましたので(特にラップ部分)、ヒアリングに自信のある方は、そちらのチェックもよろしくお願いします。


前書きが長くなりましたが、


結局、魅惑的な音とリズムにあふれたこの曲は聴けば聴くほどハマってしまって、どんな「ハートブレイカー」だろうと、マイケルにはかなわないということを証明しているのだと思いますw






“Heartbreaker”


1st VERSE

Deceitful eyes, she’s got those come get me thighs

She only knows how low that she can go

She speaks the lines that can control my mind

Wherever she goes I know my eyes follow

She blew a kiss, I swear that it was meant

Only for me, then spoke with her body

Her only goal is just to take control

I can’t believe that I can´t tell her no


偽りの眼、彼女は太腿をあらわにして僕を釣ろうとしている(*1)

彼女ができることと言えば、そんな下劣なことだけ

僕の心を操るために言葉を並べて

僕も、彼女の姿を追ってしまう

彼女が投げキッスをすれば、僕だけのものだと思い込み

それから、彼女はカラダにものを言わせる

彼女の目的はただ僕を支配したいだけなのに

イヤだと言えない自分が信じられないよ


CHORUS

That girl I can’t take her

Should have known she was a heartbreaker

That girl I can’t take her

Should have seen right through her, she’s a heartbreaker

That girl I can’t take her

Should have seen it coming, heartbreaker

That girl I can’t take her

Should have seen right through her

She’s a heartbreaker


あの娘は僕の手に負えない

ひとの心を破壊する女だってことに気づくべきだった

あの娘は僕の手に負えない

ひとの心を破壊する女だと見抜くべきだった

あの娘は僕の手に負えない

彼女が近づいてきたときに気づくべきだった

あの娘は僕の手に負えない

彼女のことをきちんと見ていれば、

ひとの心を破壊する女だとわかったはずなのに


2nd VERSE

She plays the game with such an innocent face

That I didn’t know heartbreaking was her case

Her actions confess and put me through the test

I was surprised that I was caught inside

Now she’s thinking that I will never know

She’ll keep playing until I let her go

But I hope in time that she will finally realize

I’m onto her game and she’ll get played the same


まるで罪のない顔をして、彼女はゲームを楽しんでる

彼女の目的が、ひとを傷つけることだとは思わなかったよ

彼女は色々と仕掛けてきて、僕は試されていった

彼女の策に嵌められるなんて思いもしなかった

今でも彼女は、僕が気づいたことを知らないだろう

彼女は、僕が別れを切り出すまでこのゲームを楽しむつもり

でも、最後には彼女が気づくことを祈るよ

僕も、彼女と同じゲームをしていたんだってね


CHORUS

That girl I can’t take her

Should have known she was a heartbreaker

(stepped over the line, baby)

That girl I can’t take her

Should have seen right through her, she’s a heartbreaker

(don’t you do it to me)

That girl I can’t take her

Should have seen it coming, heartbreaker

That girl, I can’t take her

Should have seen right through her

She’s a heartbreaker 


あの娘は僕の手に負えない

ひとの心を破壊する女だってことに気づくべきだった

(やり過ぎだよ、ベイビィ)

あの娘は僕の手に負えない

ひとの心を破壊する女だと見抜くべきだった

(もうやめてくれ)

あの娘は僕の手に負えない

彼女が近づいてきたときに気づくべきだった

あの娘は僕の手に負えない

彼女のことをきちんと見ていれば、

ひとの心を破壊する女だとわかったはずなのに


BRIDGE

I never thought that I’d stop dreaming about you

Stop being without you

But everyone told me so, to stop caring about you

And start being without you

But I’ll find a way to go and start doing without you

Stop talking about you

And what will she say?

They will say I was the man that got away(*2)


君のことを思い描かなくなり、

君がいなくてもよくなるなんて思ってもみなかった

みんなに君のことを想うのをやめろと言われたんだ

君との関係を絶つべきだと

僕はなんとか君なしでやっていく方法を

見つけるつもり

君について話すこともやめるよ

そしたら彼女はなんて言うかな?

みんなは、男の方が逃げ出したって言うだろうけどね


RAP(performed by Fat)(*3)

Can’t warn her, I thought it was love but it’s a game, huh?

When you’re dealing with emotions, it’s a pain, huh?

Take caution when you’re dealing with a stranger

I can’t change her

Now, your heart burning more places than you’ll see

It won’t heal from Pepcid AC

Go hard, player, she’s a star player

I don’ need this crap, huh?

I didn’t see the heartbreaker, so come on

(take it from me)


(Fat によるラップ)

彼女に忠告なんてできないけどね

俺が愛かと思ってたのは

ゲームだったんだな

気持ちをもてあそぶなんて、イタくない?

知らない相手とつきあうときは気をつけないとな

俺には彼女は変えられない

今、おまえの胸の中は

自分が思ってる以上に焼き尽くされて

胸焼けの薬じゃ治らない(*4)

必死にやるしかないけど

彼女はスタープレイヤーだからな

俺はこんなくだらないのはやだね(*5)

心を破壊する女なんか知るか、やめとけって

俺のいうことを信用しろ(ここだけMJ


CHORUS

That girl I can’t take her

Should have known she was a heartbreaker

That girl I can’t take her

Should have seen right through her, she’s a heartbreaker

That girl I can’t take her

Should have seen it coming, heartbreaker

That girl I can’t take her

Should have seen right through her

She’s a heartbreaker


あの娘は僕の手に負えない

ひとの心を破壊する女だってことに気づくべきだった

あの娘は僕の手に負えない

ひとの心を破壊する女だと見抜くべきだった

あの娘は僕の手に負えない

彼女が近づいてきたときに気づくべきだった

あの娘は僕の手に負えない

彼女のことをきちんと見ていれば、

ひとの心を破壊する女だとわかったはずなのに


(訳:yomodalite)

__________


(*1)thoseが、deceitful eyes なのか迷うところですが、come-get-me-thighs だと解釈しました。


(*2)They will say の箇所は、She will say になっている歌詞もあります。


(*3)歌詞はこのサイトのものを採用(ラップ部分が特に異なります)

(*4)Pepcid AC/胃潰瘍・十二指腸潰瘍といった消化性潰瘍の治療に用いられる薬の名前。


(*5)こちらの動画では、

https://www.youtube.com/watch?v=bSDjcF2VLc8


最後の2行が下記になっています。


Go hard, playa, she a star player

I need Ritz cracker, I ain’t seen a heartbreaker, come on

俺に必要なのは、リッツクラッカー

ハートブレイカーなんて知るか、いいかげんにしろよ


[PR]
by yomodalite | 2016-11-26 17:29 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “Break Of Dawn”

f0134963_19513762.jpg



『Invincible』の和訳8曲目は、Break Of Dawn

ただただ、この世界に溺れていたくなる、休日にぴったりの曲。






“Break Of Dawn”

Hold my hand, feel the touch of your body cling to mine

You and me, makin' love all the way through another night

I remember you and I walking though the park at night

Kiss and touch, nothing much, let it blow just touch and go


僕の手を握って、君と僕の体が重なっていることを感じて

君と僕、ふたりでまた一晩中、愛しあってしまったね

君と公園を歩いたあの夜のことを思い出すよ

キスして触れていくうちに、抑えきれなくなって・・


Love me more, never leave me alone by house of love

People talk, people say what we have is just a game

Oh, I'll never let you go, come here girl

Just got to make sweet love 'til the break of dawn


もっと愛してほしい、この愛の巣で、僕ひとり置き去りにしないで

人々は皆、僕たちの愛をただの遊びだと言うけど

僕は、絶対に君を離さない、さあ、ここにおいで

ふたりで愛しあおう、甘く優しく、夜が明けるまでずっと


[CHORUS]

I don't want the sun to shine I wanna make love

Just this magic in your eyes and in my heart

I don't know what I'm gonna do I can't stop lovin' you

I won't stop 'til break of dawn makin' love


陽が昇らなくたっていい、ずっと愛し合っていたいから

君の瞳と僕の心にかかった魔法を

どうしたらいいのかわからないけど

君を愛さずにはいられないんだ

夜が明けるまでずっと、愛しあっていたい

Hold my hand, feel the sweat, yes you've got me nervous yet

Let me groove, let me soothe, let me take you on a cruise

There's imagination I bet you've never been there before

Have you ever wanted to dream about those places you've never known


この手を握って、汗を感じて、ねえ、君がこんなに高ぶらせているんだよ

激しくしたり、鎮めたりして、君を別世界に連れて行くから

一度も想像したこともない世界へ

そんな未知の世界を夢見たことがあるだろう?


Break of dawn, there's no sun up in the sky

Break of dawn, I can see it in your eyes

Break of dawn, girl you got to understand

It's the way that I love you, let me show you I'm your man

Break of dawn


夜が明ける、ここでは陽が昇ることはない

夜が明ける、僕に見えるのは、君の瞳の中の太陽だけ

夜が明ける、君にもわかるよね

これが、僕の愛し方、僕が君の男だってことを

夜が明けるまで

[CHORUS x 2]

Let’s not wait, the sun is out, let's get up and let's get out

It's the day, a brand new day, let's both go outside and play

Let us walk down the park, makin' love ‘til it's dark

Let me move, let me soothe, 'til the break of dawn and you know it's true, oh


陽が昇ったら、待ってないで、起き上がって出かけよう

この新しい1日を、外でも楽しまなきゃ

僕たちは公園を歩き、暗くなるまで愛しあうんだ

僕について来て、君を鎮めてあげる、夜が明けるまでずっと

そうしたら、君にも真実がわかるよ、きっと


[CHORUS x 3]


(訳:yomodalite)


[PR]
by yomodalite | 2016-11-23 07:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “The Lost Children”

f0134963_22500912.jpg


ここ数ヶ月アメリカ大統領選のことが気になって、あちこちネットを徘徊する日々だったのですが、ずっと政治運動をしてきた人々はしかたないとしても、ファンに投票を促したり、候補者を指示するだけでなく、対立候補やその支持者を愚か者とまで蔑むようなアーティストが多くて失望してしまいました。

2007年のインタビューで、ヒラリーとオバマのどちらを支持するか?と聞かれたマイケルは、

それについてはフォローしてない。僕らは人間が世界の問題が解決するということを当てにしないように育てられたんだ。人々にはそれが出来ないというのが、僕の見方でもある。

と答えました。黒人初の大統領が誕生するというときも冷静だったKINGの姿勢に、今は以前よりもずっと尊敬の念を抱きますし、彼が子供のことばかり話していたことも昔とは違った感覚でわかるようになってきた気がします。

子どものときは、誰もが、黒人や白人や日本人だなんていう区別もなく、個性のために違いを演出したり、こうでなければならないという宗教的規範や、政治的信条もなく人を見ている。でも、大人が判断していることは、それぞれ世の中が良くなるように考え出されたものであっても、それが人々を分断し、新たな争いの種になっていても、誰も自分の間違いに気づかない。

紛争地帯に住む子どもたちは、戦争によって、開発途上と言われる国で暮らす子どもたちは、貧困によって、そして、先進諸国で暮らす子どもたちは、大人たちが決めた社会のルールや規範のために、世界中の誰もが子供時代に「こども」として過ごすことが出来ず、未来を自由に描くことができなくなっている。

『Invincible』の和訳7曲目は、The Lost Children。

2001年のインタヴューで、『インヴィンシブル』の中でもっとも気に入っている曲として、「Unbreakable」「Speechless」と共に選んでいた曲です。

私たちはみんな「Lost Children」なのだと、マイケルは言っているのではないでしょうか。





The Lost Children

We pray for our fathers, pray for our mothers
Wishing our families well
We sing songs for the wishing, of those who are kissing
But not for the missing

僕たちは、父のために祈り
母のために祈り
家族が健やかであることを願う
僕らはそれを歌にし、
キスをしている人々のために捧げる
でも、見失ったもののことは・・・

So this one's for all the lost children
This one's for all the lost children
This one's for all the lost children, wishing them well
And wishing them home

だから、この歌はすべての迷い子のために
これは、すべての迷い子のための歌
この歌を、すべての失われた子供たちへ
みんなが良くなるように
そして、帰るべき場所に戻れますように

When you sit there addressing, counting your blessings
Biding your time
When you lay me down sleeping and my heart is weeping
Because I'm keeping a place

自分が恵まれていることを言い聞かせながら
いいときを待つんだ
君が僕を眠りにつかせようとしてくれるとき
僕の心は涙に濡れるよ
僕には帰る場所があるんだってね

For all the lost children
This is for all the lost children
This one's for all the lost children, wishing them well
And wishing them home

この歌を、すべての迷い子たちへ
これは、すべての迷い子のための歌
この歌を、すべての失われた子供たちへ
みんなが健やかでありますように
そして、帰るべき場所に戻れますように

Home with their fathers,
Snug close and warm, loving their mothers
I see the door simply wide open
But no one can find thee

家には父さんたちと
心地よく包みこんでくれる、愛しい母さんたち
僕にはドアが大きく開け放たれていることがわかるけど
誰もあなたを見つけられない

So pray for all the lost children
Let's pray for all the lost children
Just think of all the lost children, wishing them well
This is for all the lost children
This one's for all the lost children
Just think of all the lost children
Wishing them well, and wishing them home

だから祈るんだ、すべての迷い子のために
すべての迷い子のために祈ろう
すべての失われた子供たちのことを思って
みんなが健やかでありますように
これは、すべての迷い子のための歌
この歌を、すべての失われた子供たちへ
すべての失われた子供たちのことを思って
みんなが健やかで
そして帰るべき場所に戻れますように

(訳:yomodalite)

かなり迷った箇所があります。あとから変更することもあると思いますが、いつもどおり気になる点は遠慮なくご指摘くださいませ。


[PR]
by yomodalite | 2016-11-07 06:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “You Are My Life”

f0134963_19271117.jpg


『Invincible』の和訳、6曲目は “You Are My Life”。


マイケルは、911テロのあとに行われた2001年のOnline Audio Chatインタヴューで、今後の人生で1曲しかパフォーマンス出来ないとしたらどの曲にしますか?という質問に、


1曲には絞れないけど、Heal The World、Speechless、それからかなり迷った末に、You Are My Life を選び、


その理由として、


うん、すごくメロディックという点が大事なんだ。こういった曲から重要なメッセージを受け取るとしたら、それは、時や場所を超えて、永遠だってことでしょう。

この曲をライブで聴くことが出来なかったのは本当に残念ですが、続けてインタビュアーが、


もうひとつ質問、実はぜひ聞いてみたかったんですが、あなたも知っているように、ニューヨークや、ワシントンDCで恐ろしいテロ攻撃があって、こんなときに自分の役割をどう感じていますか?あなたはワシントンでチャリティコンサートを行いましたが、そういった場所で、音楽を通して、アーティストとして、この難しい状況の中で人々に何をするのがいいと思いますか?


と尋ねると、


自分自身ができること、自分が持っている才能や技術・・天から授かったものを与えればいいんだ。そういったときにみんなが必要としている現実逃避の感覚をもたらすために、僕たちはここにいるんだから。


君が画家なら絵を描き、彫刻家なら彫刻を作り、作家なら書くべきで、作曲家なら曲を作り、ダンサーなら踊りを捧げ、いくらかの愛と喜びとひとときの夢を与えて、あなたが心から気にかけていること、彼らのためにそこにいることを示すこと。


遠くからじゃなくて、実際に長い時間をかけてそばまで行ってそうする。僕がやってきたのはそういうことで、他の大勢の人もそんな風に気にかけて助けてきたんだ。そういうことが重要なんだよね。


と答えていました。


マイケルの愛は、欲しがるものでなく、ギブアンドテイクでもなく、ただ与えるもの。自分のことをわかってくれる特別な「君」が、いつかは現れるのではなく、与えられるものがあると気づいて、自分が愛することをしていたら、自分も愛されていたと気づくようなもの。ではないでしょうか。


アルバムでは、前回紹介した “Privacy” はこの曲のあと。こういった穏やかさと、怒りが交互に織り込まれているのも、マイケルのアルバムの特徴ですね。







“You Are My Life”


Once all alone

I was lost in a world of strangers

No one to trust

On my own, I was lonely

You suddenly appeared

It was cloudy before but now it's clear

You took away the fear

And you brought me back to the light


僕は昔ひとりぼっちだった

見知らぬ人々の世界で、自分を見失い

信じられる人など誰もいなかった

そこでは自分しかなくて、孤独だったんだ

そんな僕の前に君が突然現れて

曇っていた心が今は晴れ渡っている

君は僕の恐れを取り払って

光のもとへ連れ戻してくれたんだ


[Chorus:]

You are the sun

You make me shine

Or more like the stars

That twinkle at night

You are the moon

That glows in my heart

You're my daytime my nighttime

My world

You're my life


君は僕の太陽

君の光で僕は輝いてる

君は星のように

夜空に輝いていて

君は月のように

僕の心を照らしてくれる

君は昼も夜も

僕のすべて

君こそが僕の人生なんだ


Now I wake up everyday

With this smile upon my face

No more tears, no more pain

'cause you love me

You help me understand

That love is the answer to all that I am

And I'm a better man

Since you taught me by sharing your life


今の僕は毎朝

微笑みとともに目覚める

泣くこともなく、痛みもない

君が僕を愛してくれるから

君が気づかせてくれたんだ

愛こそが僕が求めていたすべてだってことを

僕は前よりずっと良くなれたよ

君が僕と人生を分かち合ってくれたから


[Chorus]


You gave me strength

When I wasn't strong

You gave me hope when all hope is lost

You opened my eyes when I couldn't see

Love was always here waiting for me


僕がくじけそうなとき

君は勇気を与えてくれた

僕が絶望しているときも

君は希望の光を与えてくれた

僕が光を見失っているとき

君は僕の目を見開いて教えてくれたんだ

愛が僕のそばにずっとあったことを


(訳:yomodalite )





[PR]
by yomodalite | 2016-11-02 06:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “Privacy”

f0134963_23213897.jpg



MJの歌詞和訳は、彼自身が詩を書いているものに限定して訳しているのですが(「Man In The Mirror」は例外)、アルバム『インヴィンシブル』の和訳6曲目は「Privacy」。


この曲は、人類史上最高にプライヴァシーのない人生を送ったMJが、パパラッチに追われたことによる事故で亡くなってしまったダイアナ妃の死や、自分への行き過ぎた取材への怒りから出来上がっている。


しかしその後、プライヴァシーの問題は一部のセレブだけでなく、より大勢の人へと拡大し、人々はお互いに自由を奪い合い、疑いの眼差しは一層深まっているような気がします。


HIStory以降のMJの言葉は、人々の日常にリアルに響くものが少なかった。と当時は思っていましたが、何十年経ってもテーマやそこにある感覚が古くなっていないことに、今は驚かされます。


頂点に経った後、そうなる以前の心情から詩を書き続ける人は多いですが、MJはKINGという立場にたって、永遠に意味が失われないテーマを選んでいたと思うんですよね。






"Privacy"


Ain’t the pictures enough, why do you go through so much

To get the story you need, so you can bury me

You’ve got the people confused, you tell the stories you choose

You try to get me to lose the man I really am


どうしてそんなに嗅ぎまわるんだ、写真だけじゃもの足らないっていうのか

君は必要な物語を手に入れ、それで僕を葬り去ろうとする

君は自分が選んだ物語を語って人々を混乱させる

君は本当の僕を消し去るつもりなのさ


You keep on stalking me, invading my privacy

won’t you just let me be

‘cause you cameras can’t control, the minds of those who know

That you’ll even sell your soul just to get a story sold


君は僕をつけ回し、僕のプライバシーを侵害している

僕を放っておいてくれないか

記事を売るためなら、君は魂さえも売り払う

それを知っている人の心をカメラで操ることはできない


[CHORUS]

I need my privacy, I need my privacy

So paparazzi, get away from me


僕にもプライヴァシーが必要なんだ

だから、パパラッチ、僕の前から消えてくれ


Some of you still wonder why, one of my friends had to die

To get a message across, that yet you haven’t heard

My friend was chased and confused, like many others I knew

But on that cold winter night, my pride was snatched away


君たちの中には疑問に思う人もいるだろう

なぜ僕の友人が死ななくてはならなかったのかと

それは、君たちが聞いたことのないメッセージになっただろう

僕が知る大勢の人たちと同じように

その友人は追われることで混乱した

でも、あの冬の寒い夜、僕のプライドも奪われたんだ


Now she get no second chance,

she just ridiculed and harassed

Please tell my why

Now there’s a lesson to learn,

respect’s not given, it’s earned

Stop maliciously attacking my integrity


もう彼女には次のチャンスはない

彼女はただ嘲笑され、酷く悩まされた

誰か教えてくれよ、なぜなのか

今こそ学ばなければ

敬意は与えられるものでなく自分で手に入れるものだと

僕の清廉な精神を、悪意をもって攻撃するのはやめてくれ


[CHORUS]


Now there’s a lesson to learn,

stories are twisted and turned

Stop maliciously attacking my integrity


今こそ学ぼう、物語はねじ曲げられ

変えられているということを

僕の清廉な精神を、悪意をもって攻撃するのはやめてくれ


[CHORUS x 3]


(訳:yomodalite)



[PR]
by yomodalite | 2016-10-27 07:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

和訳 “Don't Walk Away”

f0134963_19261153.jpg



『Invincible』の和訳は、MJ作詞のものに限りすべて完成させるつもりなんですが、ようやく5曲目の今回は “Don't Walk Away”。


この曲は、マイケルの多くの詩に特徴的な主語の入れ替わりもなく、シンプルに自分の感情を表現しているような・・


でも、歌詞の中で何度も「行かないで」というように、ひとつの愛に執着するような感覚は、音の方からは感じられず、発売当時はわからなかったものの、2002年のインタヴューなどで、ツアーを止めて映画に集中したいと言っていたことなど、


あとになって思うと、むしろステージを離れようとしていたマイケルが、愛するファンに、「僕から離れていかないで」と言っているように思えたり、


愛の絆や、別れることの辛さより、常に進化し続けることを自分に課していたことや、Loveという詩で「愛が飛びたいときは、自由に飛びまわらせてあげよう」と言っていた感覚など、


同じ失恋の痛みを歌っていても、「She’s Out of My Life」 の頃の絶望とはまったく違う境地に立ち、厳しさを乗り越えた優しさや、愛というつかみどころのない感情への慈しみも感じられる、


マイケルにしか歌えないような、本当に美しいラブソングだと思います。


(下記の和訳では[CHORUS 2]以降、CDとは少し異なるリスニング歌詞になっています)






Don't walk away

See I just can't find the right thing to say

I tried but all my pain gets in the way

Tell me what I have to do so you'll stay

Should I get down on my knees and pray


行かないで

こんなときどう言えばいいのか言葉がみつからないんだ

何を言おうとしても、痛みが邪魔をしてしまう

教えて欲しい、僕が何をしたら君はそばにいてくれるの?

ひざまずいて懇願すべきなんだろうか


[CHORUS 1]

And how can I stop losing you

How can I begin to say

When there's nothing left to do but walk away


どうしたら君を失わずにいられるのか

何から話せばいいのか

去って行く以外に何もできないときに


I close my eyes

Just to try and see you smile one more time

But it's been so long now all I do is cry

Can't we find some love to take this away

'Cause the pain gets stronger every day


瞳を閉じて

もう一度君が微笑む姿を思い浮かべてみる

でも、それがもうずっと前のことだと気づいて

今の僕は泣くことしかできない

この状態から抜け出せるようなわずかな愛でさえ

僕たちは見つけられないんだろうか

胸の痛みは日々募るだけ


[CHORUS 2]

How can I begin again

How am I to understand

When there's nothing left to do but walk away


どうしたら、また始められるんだろう

どうやって理解したらいいんだろう

離れていくしかないときに


See and why

All my dreams been broken

I don't know where we're going

With Everything we said and all we done now

Don't let go, I don't wanna walk away


ねえ、どうして

僕の夢はすべて壊れてしまったんだろう

これからどうなるのかもわからない

僕たちがしてきた何もかもが今はもう・・

君を行かせられない、僕はここに居たいんだ


And why

All my dreams been broken

I don't know where we're going

When everything begins to set us free

Can't you see, I don't wanna walk away


どうして

夢はすべて壊れてしまうんだろう

僕たちはどうなってしまうんだろう

ふたりを繋いでいた糸がほどけていく

わからないかな、僕はここから去りたくないんだ


If you go, I won't forget you girl

(Please, don’t go)

Can't you see that you will always be

(That you will always be)

Even though I had to let you go

(Don't you leave me, don't you leave me)

There’s nothing left to do but don't walk away


君が去ってしまっても、僕は君を忘れない

(どうか行かないで)

わからない?君はこれからもずっと

(君はこれからもずっと)

君を見送ることしかできなくても

(どうすることもできないとしても)

離れていくことしかできなくても

どうか行かないで


If you go, I won't forget you girl

(Please, Please, don’t Leave me, go away)

Can't you see, that you will always be

(Can’t you see, you and me)

Even though I had to let you go

(you will always be)

please don’t leave now, don’t you leave me

There’s nothing left to do

Don’t walk away


お願いだ、どうか僕から離れないで、行かないで

わからない?君と僕は・・


If you go, I won’t forget you girl

(oh no, oh yeah)

Can’t you see that you will always be

(baby girl, you and me, I won’t forget you, girl, I won’t forget you, girl, I won’t forget you, girl)

Even though I had to let you go

(please don’t leave now, please don’t leave now)

There’s nothing left to do

Don’t walk away


愛しい君、君と僕は・・僕は君を忘れない・・


(訳:yomodalite)


和訳の気になる点は、いつでも遠慮なくおしらせください




[PR]
by yomodalite | 2016-10-11 06:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(2)

和訳 “Invincible”

f0134963_23002808.jpg


今回は、アルバム「Invincible」のタイトルソングを和訳します。


本当はシングルだけでなく、アルバムタイトルも「Unbreakable」にしたかったという話もあったりなかったり・・・という件については、「Unbreakable」を和訳するときに持ち越すとして、


この曲も、例のごとく誰が誰に言っているのか、混乱するところがある歌詞ですよね。


アルバムタイトルでもあるので、「Invincible」は、マイケル自身のことかと思って歌詞を読むと、インヴィンシブルなのは彼女ということになっていて(she's invincible)、では、自分を無視するツンデレ女に惹かれてしまう心情を歌にしているのかと言うと、そんな恋心を歌っているようには聴こえない。


やはり、これも恋愛がらみの曲ではないのだと思います。


何をどうやっても、自分を理解せず、受け入れようとしない「彼女」は、マイケルの恋愛対象ではなく、例をあげれば、音楽評論家とか、ジャーナリスト、TVレポーターなどの存在を思い浮かべるとイメージがつかみやすいと思います。(ラップ部分では、芸術の女神という側面もありそう)


そして、そのインヴィンシブルな「彼女」以上に、なぜかw言及されている「彼」は、マイケルと比較されるような存在・・・私は、ここに「プリンス」を当てはめてみると、しっくり来るのではないかと思います。


マイケルの何世代にもわたるアーティスト生活を支えたのは、彼の並外れた歌やダンスの才能とそれにすべてを賭ける情熱、そして世界中の人々への愛・・・だけでなく、彼が世界一負けず嫌いだったからではないでしょうか。


自分なら、これまで誰も到達できなかったような世界一のエンターティナーになれる!


そう信じた彼は、実際にそれを成し遂げたあとも、未来永劫その座に君臨することを望んだという点でも、スゴいとしか言いようがないんですが、同時代的にはもっとも力強くそれを阻もうとしたのが、プリンスだということは説明するまでもないと思います。


he's buying diamonds and pearls,・・これは、プリンスのアルバムタイトルで、シングルヒットもした「Diamonds and Pearls」を思い出します。he's taking you all across the world, では、やはり、プリンスのアルバム「Around the World in a Day」のタイトルソングが浮かびます。これは、君を1日で世界一周の旅に連れて行く・・みたいな歌詞で(笑)、So many trips とか、「旅」と訳してある箇所は「ライブツアー」を思い浮かべてくださいませ。


青字のRap部分は、子分wに言わせていることなので、マイケルが言わないような言葉遣いにしてみました。


実際に、二人とも最後までお互いを意識していたことは間違いなく、プリンスにも、しばしば、マイケルを意識していると思われる曲があるんですが、マイケルも、こっそりプリンスをディスっていた(笑)と思うと、このトリッキーな曲がますます味わい深くなるのでは?







“Invincible”


[Verse 1]

well… well…

If I could tear down these walls that keep you and I apart

I know I could claim your heart and our perfect love will start

But girl you just won't approve of the things that I do

When all I do is for you but still you say it ain't cool

If there's somebody else, he can't love you like me

And he says he'll treat you well, he can't treat you like me

And he's buying diamonds and pearls, he can't do it like me

And he's taking you all across the world, he can't trick you like me


さて、さて、

君と僕を隔てるいくつもの壁を壊すことができたら、

僕は君の心を取り戻し、僕らの完全な愛が始まるだろう

でも、ガール、君は僕のすることをまったく認めようとはしない

僕のすることは全部君のためなのに、君はそんなのダメだって言う

他の誰だろうが、僕のように君を愛することはできない

彼が君にごちそうすると言ったって、僕のようにはできない

彼はダイヤモンドや真珠を買ってくれるかもしれないけど

僕のようなやり方はできない

彼は世界のどこにでも君を連れて行ってくれるかもしれないけど

僕のような芸当は出来やしないさ


[Chorus]

So why ain't you feelin' me, she's invincible

But I can do anything, she's invincible

Even when I beg and plead, she's invincible

Girl won't give in to me, she's invincible


それなのに、なぜ僕を感じない?彼女は頑固だね

僕にはどうにも出来ない 彼女は攻略できない

僕が許しを請うようにお願いしても、彼女には通じない

僕を受け入れようとはしない、彼女は鉄の女なのさ


[Verse 2]

Now many times I've told you of all the things I would do

But I can't seem to get through no matter how I try to

So tell me how does it seem that you ain't checking for me

When I know that I could be more than you could ever dream

If there's somebody else, he can't love you like me

And he says he'll treat you well, he can't treat you like me

And he's buying diamonds and pearls, he can't do it like me

And he's taking you all across the world, he can't trick you like me


君には、僕がしたいことはすべて話しただろう

でも、どうやったところで君には通じないし

君は僕が言ってることを調べてみようともしない

僕を知れば、僕が君が今まで思い描いた以上だってわかるのに

他の誰にも僕のように愛することなんてできない

彼が君にごちそうするって言ったって、僕のようにはできない

彼がダイヤモンドや真珠を買ってくれたって、僕みたいにはできない

彼が世界のどこにでも君を連れて行ったところで、僕のような芸当はできない


[Chorus]

So why ain't you feelin' me, she's invincible

But I can do anything, she's invincible

Even when I beg and plead, she's invincible

Girl won't give in to me, she's invincible


それなのに、なぜ僕を感じない?彼女は頑固だね

僕にはどうにも出来ない 彼女は攻略できない

僕が許しを請うようにお願いしても、彼女には通じない

僕を受け入れようとはしない、彼女は鉄の女なのさ


Now some way I'll have to prove all that I said I would do

Giving you everything, fulfilling your fantasy

Then maybe you'll change your mind and finally give in in time

Then I'll be showing you what other men are supposed

To do for you my baby


僕は、自分がこれからやることをなんとか証明してみせるよ

君が夢だと思っているようなことをすべて満たしてあげる

そしたら、君はようやく心変わりして負けを認めてくれるだろう

僕は、他の男がしそうなことはすべて君にみせてあげられるよ


[Rap]

Yo, mami, stop the fronting, I'm real with mine

All the things that I promised, I'll fulfill in time

Chains and the bracelet, got the realest shine

So many trips, ya'll have jetlag and still be fine

You can trip, but this money ain't long enough

He can spit, but his game ain't strong enough

Now the way you resisting, this ain't cool

It's like nothing seems to work, she's invincible


よぉ、上辺だけなんてのはナシだぜ、俺のはマジだから

約束したことはすべてやってやるよ、近いうちにね

ネックレスもブレスレットも、超輝いてるやつを手に入れたぜ

お前は、たくさん旅し過ぎて、時差ぼけしてるけど、まだ元気だろう

ただ、旅は出来ても、金は長続きしそうにないね

悪態つくことはできても、勝負強さが足らねえんだよ

おめえの反抗の仕方は、クールじゃねえな

てめえがやったことなんて無いのと同じ、彼女には通じない


[Chorus][X3]

So why ain't you feelin' me, she's invincible

But I can do anything, she's invincible

Even when I beg and plead, she's invincible

Girl won't give in to me, she's invincible


それなのに、なぜ僕を感じない?彼女は頑固だね

僕にはどうにも出来ない 彼女は攻略できない

僕が許しを請うようにお願いしても、彼女には通じない

僕を受け入れようとはしない、彼女は鉄の女なのさ


(訳:yomodalite)




☆こちらは補足記事です。

和訳 “Invincible” の補足と「Cream」と「This Is It」の類似



Prince - Diamonds and Pearls






[PR]
by yomodalite | 2016-07-19 09:23 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(2)

和訳 “Whatever Happens”

f0134963_21331765.jpg


プリンスと並行して、マイケルの訳詞をしていると、ふたりを比較して、思うことが色々とあります。

例えば、エロい内容が多い割には、アメリカ国内で、詩人としても評価されたプリンスに比べ、マイケルに対してそういった評価はあまり聞かないことについてとか・・

確かに、マイケルの詩はあまり文学的ではないというか、『Dancing The Dream』でも、わかりやすく伝えたいという以外の理由では、レトリックが使われていないし、詩の世界だけでなく、テレビに出演したときも、プリンスの方が圧倒的に気が利いたことを言っている。というか、どうして私たちのKINGはあれほどの読書家でありながら、あんなに言葉足らずなの?

と思ったことがあるのは、私だけではないですよね?(笑)

プリンスは、マイケルが憧れたジェームズ・ブラウンのようなダンスもすごく上手くて、大勢の人を躍らせることも出来た。マイケルに憧れたアッシャーや、ジャスティン・ティンバーレイクや、クリス・ブラウンも、ダンスの上手さという点では、マイケルに勝っていたかもしれない。

でも、彼らのダンスは饒舌過ぎて、だから、マイケルのダンスのような「詩」が感じられないのだと思う。

マイケルは、世界で一番多く「I Love You」と言っていたような気がするけど、彼の曲には、いわゆる「ラブソング」と言えるものが少なくて、新生マイケル・ジャクソンを決定づけた「ビリー・ジーン」からずっと、彼は愛を歌っているというよりは、むしろ、愛の消失や、本当の愛ではない、偽物の愛について歌っていることが多いんですよね。

『Whatever Happens』もそういった曲だと思います。

彼の曲の多くがそうであるように、この曲の主語もマイケルではなく、普遍的な男女関係をテーマにしていると思います。

「なにがあっても、この手を離さないで」というのは、本当は「愛の言葉」ではない。それは、ただ相手を縛っているだけ・・・

『Dancing The Dream』に納められた「love」から、私はそんな風に想像をして、ギターの音色だけで「切ない言葉」を紡いできたサンタナと、男ふたりが互いに歩んできた「荒野」から、この曲が創られたのではないかと思いました。最後のふたりの「あいさつ」は、役者がカーテンコールで出てきたような感じでしょうか。

曲の中の「男」は、マイケル自身ではないので、曲調から「僕」ではなく、「俺」にしてみました。

それでは、説明が長くなりましたが「Whatever Happens」の和訳です。



(Fan Made Video)




"Whatever Happens"

He gives another smile, tries to understand her side
To show that he cares
She can't stay in the room
She's consumed with everything that's been goin' on
She says

男は、彼女の気持ちを理解しようと、もう一度微笑みかける
大切に思っているのだと伝えるために
彼女は居たたまれず
何もかもに疲れきって、こう言う

Whatever happens, don't let go of my hand

なにがあっても、この手を離さないで

Everything will be alright, he assures her
But she doesn't hear a word that he say
Preoccupied, she's afraid
Afraid what they've been doing's not right
He doesn't know what to say, so he prays
Whatever, whatever, whatever

すべて上手くいくさ、男はそう保証するが
女は、もう男の言葉に耳を貸せない
夢中になっていたことに不安を感じ
一緒にいたことが間違っていたと悩む
男は、そんな彼女にかける言葉を失い、祈るしかない
何でも、どんなことだって(・・するよ)

Whatever happens, don't let go of my hand
Whatever happens, don't let go of my hand
Whatever happens, don't you let go of my hand

どんなことがあっても、この手を離さないで
なにがあっても、君だけは俺の手を離さないでくれ

Don't let go of my hand
Don't let go of my hand

この手を離さないで

He's working day and night, thinks he'll make her happy
Forgetting all the dreams that he had
He doesn't realize it's not the end of the world
It doesn't have to be that bad
She tried to explain, "It's you that makes me happy,"
Whatever, whatever, whatever

男は、女を幸せにしようと昼も夜も働いている
抱いていた夢もすべて忘れて
この世の終わりというわけでもないのに
男はそうしないわけにはいかない
女は男に言い聞かせる「あなたがいてくれるだけで幸せなのよ」
何でも、どんなことだって(・・するわ)

Whatever happens, don't let go of my hand
See, whatever happens, don't let go of my hand
Whatever happens, don't let go of my hand
See, whatever happens, don't let go of my hand
See, whatever happens, don't you let go of my hand

どんなことがあっても、この手を離さないで
そう、どんなことがあっても、この手を離さないで
どんなことがあっても・・・

See, don't you do it baby
I said yeah
Don't you let go baby
See, you
Don't you do it

そんなことしないだろう、ベイビィ、
そう、
俺から離れるんじゃない、ベイビィ
なぁ、
置いて行かないでくれよ

Whatever happens, just don't let go of, my hand.

何があっても、俺の手だけは離さないでくれ

[Carlos Santana:] Thank you, man!
[Michael Jackson:] Thank you, Carlos!

カルロス・サンタナ「ありがとな!」
マイケル・ジャクソン「ありがとう、カルロス!」

(訳:yomodalite)

気になる点はどんなことでも遠慮なくお知らせくださいね。



[PR]
by yomodalite | 2016-07-13 09:02 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite