タグ:パンケーキ ( 3 ) タグの人気記事

f0134963_19403995.jpg



このところ、チョコ一粒ではどうにもならなくて、がっつりスイーツを食べに行くことで頭がいっぱい、もうマジそれ以外考えたくないような日を3日ほど過ごして、ようやく事前予約というか、注文してから30分待たなくちゃならない、パンケーキを食べにいくことに。

パンケーキの有名店って、ハワイとかアメリカ以外では、大阪発祥の店が多いので、大阪駅が最寄駅という我が家の近くには、選びきれないほど美味しそうなお店がいっぱいあるんだけど、ホイップクリームや、フルーツが多すぎない方が・・・

というチョイスで今日選んだのは、全国に支店があるこちらのプレミアム・パンケーキ!

このふわふわを3段重ねにしたやつを崩さないように、店員さんがおそるおそるという感じでもってきてくれる様子に、別に上に重ねなくても・・って思ってしまうんだけど、そうなると、同じく大阪発祥の有名店で全国展開している「幸せのパンケーキ」と見た目変わらなくなっちゃうからなのかな・・・

メイプル全部かけの方が、SNS映えはすると思うけど、最後まで飽きずにいただくには、バターも、メイプルシロップもお好みでチビづけしていく方がいいかも。パンケーキって、そのボリュームに引いちゃうことも多いんだけど、ここは、ホイップクリームの量が多くないせいか、ひとりでも行けちゃうね。

で、そんなふわふわパンケーキを食しながら(という体で)、最近読んだ本を。

未だに『1Q84』が読み終わっていないこともあって(現在最終6巻の前半)、なるべく小説には手を出さないようにしてはいるんだけど、つい読みたくなってしまったのがこちら。


夫のちんぽが入らない

こだま / 扶桑社




強烈なタイトルの印象からは、あざとさも見え隠れしているような気もしたり、現在は顔出しもしておられる、まんしゅうきつこさん(美人)が書かれていたものとか、誇張された自虐や、コンプレックスをネタにして書かれた面白い文章なのかな、と思っていたんですが・・・

ちょっと違ってました。

想像していたより、笑える箇所は少なくて、著者も、その夫も、共に「教師」で、著者の書かずにはいられなかった気持ちと、身バレしたくない気持ちの両方が錯綜している感じが「リアル」で、

なんでも自分のせいにしてしまう著者に、入れられない「夫」の愛撫が足らないだけなんじゃないか、と言いたくなって、やきもきしているうちに、徐々に著者は「入らなくていいじゃん」と思うようになり・・・

確かに、夫婦は、性生活より「家族感」の方が大事だし・・兄弟とか、家族なんていう方がむしろ幸せだよね・・なんて思っていたのに、なぜか、その後も不幸はより深刻になっていって・・・

自虐ネタを軽々と飛び越えて行ってしまうのは、著者の律儀な性格と、著者と同じぐらい不器用な「夫」とのコラボレーションの相乗効果も功を奏しているようで、読者として、なかなかに心が重くなるという「体験」を味わわせていただきました。

読書って、山登りのような危険はないかもしれないけど、快適な空間の中で行われる「冒険」だから、いいことばかりじゃないのも醍醐味であり、平穏無事な生活が「幸福」とも言えない。

183レビューの大反響本なので、ここに書くのは止めようかとも思ってたんだけど、ここ数ヶ月で読んだ本の中で、やっぱり一番印象的だったので。

[PR]
by yomodalite | 2017-05-20 07:00 | 文学 | Trackback | Comments(0)
f0134963_15435189.jpg


今日こそは、浮田に行ってパンケーキを食す!

前回は決心がつかずにグダグダしていたけど、今日は朝から「中の子たち」がそうしよう!そうするべきだと何人も言ってくるので、わたしもあっさりと同意することにした。8月の大阪の快晴は、外出を止まらせる力にあふれていたけど、

あっつあつで、バターとろりのパンケーキを食べに行くのだ。絶対に!



f0134963_9494940.jpg


握りしめたこぶしから100円を自販機に入れ「つぶみ白ぶどう」を買って、ごくりと飲み干す。レヴューの「ウメーっ」に300%ぐらい賛同するし、「ざく切りパイン」も悪くない。彼らは本当に「はてしなく自然飲料を追求」しているのだろうか…気持ちの読めない「ふざけたパッケージ」からは、その真偽を読み取ることは不可能だけど、

2013年の夏の大阪では「サンガリア」に勝るものなどいないし、大阪のチャリンコがカワイイということも確かなのだ。



《家から浮田までの道のりで出会った子たち》


白いタイヤが流行ってるみたい。。


f0134963_15504013.jpg


白いサドルも流行ってるみたい。。

f0134963_1053648.jpg

f0134963_105522.jpg


タイヤの色の種類もすごく豊富で、



f0134963_1064913.jpg


これ、シートポスト(サドル下の棒)がデザインされてる!
しかも、ヴィクトリーツアーのパンツみたいになってるぅーー!と驚いたんですけど

f0134963_107365.jpg

めずらしくない??


f0134963_10372169.jpg

前後でタイヤの色が違うパターンもすごく多くて



f0134963_10481285.jpg

ホイールの色や、その他の部分の「色替え」もすっごく多くて


f0134963_10454952.jpg

f0134963_104752.jpg



f0134963_10471678.jpg



f0134963_1047357.jpg

チェーンの色柄もすごく多いし


f0134963_10554493.jpg

これは赤が目立ってるけど、白い車体でサドルもタイヤも「白」にするのも流行ってて


f0134963_1048325.jpg

カラフルなチェーンを複数つけるのも一般的で、



f0134963_10561071.jpg

カラーに関して、めちゃくちゃカスタマイズできるみたい。



f0134963_1191771.jpg


本日は、ゴールドタイヤにゴールドホイールの
わたしのお気に入りには会えなかったけど、、


目的地に到着



f0134963_11121656.jpg
◎長屋カフェ juen



f0134963_11124666.jpg



《お目当てのもの》
f0134963_11183835.jpg

パンケーキめぐりは素人なんだけど、、
ここのは「塩加減」がいいの。
岩塩なのかな、、
ほんのすこし塩のつぶ感があって甘さと絶妙にマッチ!
フルーツ系だけでなくお食事系パンケーキメニューも豊富。


f0134963_1120332.jpg

トイレの中...


f0134963_11205077.jpg



f0134963_11452940.jpg

サンドウィッチも多いので、次は「お食事」で行こうかな。。






この子は「大阪の子」じゃないけど...w

f0134963_17142764.jpg


[PR]
by yomodalite | 2013-08-11 10:55 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

豊崎の絵本カフェ

f0134963_943556.jpg

先週のこと。英語の詩とか、エマソンとか、読んでいたら、無性にパンケーキが食べたくなってきた。

大阪は「こなもんの街」で有名だけど、お好み焼きや、うどんだけでなく、イタリアンパスタも、釜焼きピッツァの店もすごく多いし、パン屋も東京よりも多いような気がするだけでなく、カフェメニューに「パンケーキ」や「フレンチトースト」がある割合も高い感じがして、

大阪に来てから「パンケーキ」の誘惑がスゴい。

でも、ずっとガマンしてたの。

だって、引越し作業のストレス ー 食い倒れの街の誘惑 ー 難読本の増量… と、もうなにもかもが体重増加を招いていて、歯止めが利かない状況なんだもん。。

それなのに、どなたかの影響もあって... w、

もう、今日こそは、前を通り過ぎるたびに後ろ髪を引かれる思いだった、北区にはやたらとある長屋カフェの中でも、パンケーキが有名なお店に行かざるを得ない!絶対に行く!と、何度なだめても「中の子」が言うことをきかない。

それで、しかたなく、家を出て「浮田」に行こうとしたんだけど、暑さのせいで足が鈍ったせいなのか、「豊崎」で、周辺の自転車ウォッチングをしたり(大阪のチャリのカワイさは異常!)、


f0134963_9453442.jpg



f0134963_10291552.jpg

オシャレ過ぎるハンチング帽専門店を冷やかして、パンケーキへの思いをクールダウンさせたりして、



f0134963_9483180.jpg
◎帽子屋Bar Coppoletta


そのすぐ近くにあった「絵本カフェ」に入ってみることにした。

週末にはここを目指して来る客で行列もできているらしいのだけど、この日は、平日の午後で楽に入れそうだったし、

スイートなものを食べるんじゃなくて、
スイートなものを見る方がいいんじゃないかって思ったのね!


f0134963_10245385.jpg
◎絵本と珈琲 ペンネンネネム(この日入ったのは「green」)



f0134963_9503277.jpg

私が座った場所は「幸運のジョージ席」と名付けられていて、



f0134963_10144742.jpg



f0134963_9512532.jpg

ところ狭しと「おさるのジョージ(Curious George)」がいる席で、



f0134963_952461.jpg

絵本だけでなく、グッズも数多く並べられてる。



f0134963_9542443.jpg
ジャック・ジョンソン「Curious George」のアルバム出してたのね。



わたしはこの絵本も、キャラにも、特別な愛情はないので、そういえば、ブッシュの嫁が日本に来たときにこの本を朗読して、夫に似ているから好きなのかしら。と思ったけど、彼女の表情はあきらかに「イエローモンキー」にはこの本がぴったりだわ。という感じだった。こととか、

さっぱりカワイくないことを思い出したりなんかしてたんだけど、、

そんな、わたしを、何匹ものジョージ君が見つめてきて、、

こんなことまで言う!


f0134963_9554985.jpg

ったく!もうっーーー 頼んじゃったよ。

ぐっすん。。


f0134963_9563346.jpg
ぐりぐらホットケーキ(ドリンク付き 850円)


f0134963_1051995.jpg

ホットケーキだから、厚み3センチぐらいで、生クリームと蜂蜜とバター添え


ふぅーーーー♪



f0134963_1065820.jpg



f0134963_10112065.jpg



f0134963_1075437.jpg

ピーターラビットのコーナーには、本物のウサギも。。



f0134963_10212833.jpg

トイレ。。。


f0134963_10264311.jpg

ジャック・ジョンソンのは「Curious George」の映画のサントラだったみたい


Jack Johnson - Upside Down



[PR]
by yomodalite | 2013-07-30 08:51 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite