タグ:タゴール ( 4 ) タグの人気記事

迷い鳥たち

ラビンドラナート タゴール/未知谷

undefined


本書は、『ギタンジャリ』と同じく、タゴール自身が英訳して出版した作品集。

1916年に、タゴールが来日し、横浜の三渓園内にあった松風閣に滞在することになったとき、部屋に案内し、障子を開けると、眼下に東京湾の真っ青な海と房総の山々が窓いっぱいに拡がり、涼しい海風とともに一羽の鳥が窓の中に飛び込んできた。タゴールはそのときの感動から、「さまよえる鳥が私の窓に来る」A stray bird comes to my window という句を作り、それがこの詩集のタイトルにもなった。初版本には、三渓園のオーナーである、原富太郎への献辞も添えられていたようです。

また、この本の詩の形式はアフォリズムというか、2〜3行ほどの短い詩で構成されているのですが、それも日本の俳句に影響を受けたものらしく、タゴールは、早くから日本に関心をもち、日本人の自然を愛する美意識を高く評価していました。

しかし、その後、彼は日本の帝国主義に失望し、来日中の講演でも批判をしたため、当時の日本政府から疎まれるようになり、日本のアジア初のノーベル賞受賞詩人に対する歓迎の熱も潮が引くように冷めていったようです。

でも、マスコミの熱狂は冷めても、本書にはいつの時代にも人の心を動かさずにはいられない「名言」のような言葉があふれていて、

1992年の「EBONY/JETインタヴュー」で、マイケルが引用していたと思われる詩も。。

本書の訳詩に、英詩も併記して、いくつかメモしておきます。

IT is the tears of the earth that keep her smiles in bloom.
大地を花ほころばせるのは、大地の涙があればこそ

IF you shed tears when you miss the sun, you also miss the stars.
太陽をみうしなって涙をながすなら、あなたは星たちをもみうしなう。

"WHAT language is thine, O sea?"
"The language of eternal question."
"What language is thy answer, O sky?
"The language of eternal silence."

「海よ、あなたの言葉はどのような言葉ですか」
「永遠の問い、という言葉です」
「空よ、あなたの答えはどのような言葉ですか」
「永遠の沈黙、という言葉です」

WHAT you are you do not see, what you see is your shadow.
あなたが何者なのか、あなたには見えない、あなたが見るのはあなたの影法師にすぎない。

MAN is a born child, his power is the power of growth.
人間は天性の子どもであるがゆえに、その持てる力とは成長する力のことなのです。

MAN does not reveal himself in his history, he struggles up through it.
人間とは、じぶんの歴史のなかにおのずと姿をあらわすというのではなく、それを通じて努力して進むことそのものなのです。

THE Perfect decks itself in beauty for the love of the Imperfect.
完全者は、不完全者への愛のために、美でもって自身を装う。

WRONG cannot afford defeat but Right can.
悪は敗北する余裕をもつことができないが、正しきことはそれができる

EVERY child comes with the message that God is not yet discouraged of man.
子どもは、どの子も、神はまだ人間に失望していないというメッセージをたずさえて生まれてくる。(*)

TO be outspoken is easy when you do not wait to speak the complete truth.
率直に話してしまうのはたやすい、あなたがほんとうの真理を語りかけたいというのでなければ。

IF you shut your door to all errors truth will be shut out.
あなたがすべての誤りにたいして扉を閉ざすならば、真理も閉め出されることになる。

THE world has kissed my soul with its pain, asking for its return in songs.
世界はそれがもつ苦痛でわたしの魂に口づけし、その返礼を歌にするようもとめた。

THE service of the fruit is precious, the service of the flower is sweet, but let my service be the service of the leaves in its shade of humble devotion.
果実の役目は貴重であり、花の役目は甘美なものであるけれど、わたしの役目は、つつましい献身で木陰をつくる、樹木の葉のようでありますように。

MEN are cruel, but Man is kind.
「人びと」は残酷だ。しかし「人」は優しい

LIFE has become richer by the love that has been lost.
人生は失われた愛によっていっそう豊かになる。

THAT love can ever lose is a fact that we cannot accept as truth.
愛が負ける、などということは事実としても、真理とみとめるわけにはいかない。

MAN'S history is waiting in patience for the triumph of the insulted man.
人間の歴史は忍耐づよく待っている、侮辱された人間が勝利するのを。

LET this be my last word, that I trust in thy love.
わたしはあなたの愛を信じます。これをわたしの最後の言葉とさせてください。

________

(*)マイケルのインタヴューでは、"When I see children, I see that God has not yet given up on man." 「子供たちを見れば、神は人間を見捨ててはいないことがわかる」ですが。。。



[PR]
by yomodalite | 2015-05-28 06:00 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(0)
本書は、こども時代のことや、母への思い、また著者がこどもの気持ちになって書かれた詩が中心に納められています。

この中から、「children OF THE WORLD」や、「こちらのメモの詩」などにインスピレーションを与えた詩を、タゴール自身の英訳詩も併記してメモしておきます。


On the seashore of endless worlds children meet. The infinite sky is motionless overhead and the restless water is boisterous. On the seashore of endless worlds the children meet with shouts and dances.

世界の海の岸辺に
子供らは集う
果てしない大空は
頭上に動かず
泡立つ碧い水は
終日踊る
ああ 浜辺に満ちる賑わいよ
子供らは集う

They build their houses with sand, and they play with empty shells. With withered leaves they weave their boats and smilingly float them on the vast deep. Children have their play on the seashore of worlds.

砂で家を建て
貝殻で遊ぶ
木の葉で
小舟を折り
碧玉色の大海に
浮かべる
世界の海の岸辺に
子供らは集う

They know not how to swim, they know not how to cast nets. Pearl-fishers dive for pearls, merchants sail in their ships, while children gather pebbles and scatter them again. They seek not for hidden treasures, they know not how to cast nets.

子供らは泳ぐ術も知らず
網を打つ術も知らない
海女は真珠を求めて潜り
商人は船を漕ぎ駆け巡っているけれど
子供らは小石を見つけては集め
積んで遊んでいる
子供らは富を求めず
網を打つ術も知らない

The sea surges up with laughter, and pale gleams the smile of the sea-beach. Death-dealing waves sing meaningless ballads to the children, even like a mother while rocking her baby's cradle. The sea plays with children, and pale gleams the smile of the sea-beach.

海は泡を立てて笑い
浜辺も笑う
逆巻く波は
揺籠をゆする母のように
優しい調べを
子供らの耳に歌う
海は子供らと共に遊び
浜辺は笑う

On the seashore of endless worlds children meet. Tempest roams in the pathless sky, ships are wrecked in the trackless water, death is abroad and children play. On the seashore of endless worlds is the great meeting of children.

世界の海の浜辺に
子供らは集う
暴風雨は空に彷徨い
船は遥かな海に沈み
死の使者が飛んでゆくけれど
子供らは遊ぶ
世界の海の岸辺に
子供らの大いなる集いがある

(神戸朋子訳)


*タゴール自身は詩にタイトルをつけていないと思いますが、一般的にこの詩は「On the Seashore」と呼ばれているようです。




[PR]
by yomodalite | 2015-04-27 21:00 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(3)
f0134963_23382678.jpg

以前に読んだ方も多いと思いますが、1992年「EBONY/JET」5月号のインタビューです。

’92年は「Dancing The Dream」が発売になった年でもあり、前回のシカゴトリビューン紙もそうですが、このあとと比較すると、ストレートに読書家という面を打ち出している感じですね。


EBONY/JET: Do you have any special feeling about this return to the continent of Africa?

今回のアフリカの大陸への復帰について、なにか特別な印象をお持ちですか?


Michael Jackson: For me, it's like the "dawn of civilization." It's the first place where society existed. It's seen a lot of love. I guess there's that connection because it is the root of all rhythm. Everything. It's home.


僕にとっては「文明の曙」といった感じかな。社会が初めて誕生した場所で、たくさんの愛があった場所。そういったことが、リズムの根元にあるんだと思う。すべてのことの、故郷というか。

EBONY/JET: You visited Africa in 1974. Can you compare and contrast the two visits?

1974年にアフリカを訪問したときと比較して、どうでしたか ?


Michael Jackson: I'm more aware of things this time: the people and how they live and their government. But for me, I'm more aware of the rhythms and the music and the people. That's what I'm really noticing more than any thing. The rhythms are incredible. You can tell especially the way the children move. Even the little babies, when they hear the drums, they start to move. The rhythm, the way it affects their soul and they start to move. The same thing that Blacks have in America.


MJ:人々についても、彼らの生活や、政府のことも、今回の方が気づいたことが多いよ。でも、僕にとっては、リズムや音楽と人々の方だね。それは、本当にどんなことよりも注目したことなんだけど、驚くようなリズムがあるんだ。子供たちの動き方は特にスゴいと言っていいね。小さな赤ちゃんでさえ、ドラムの音を聞くと動き始めるんだよ。リズムが、魂に影響して、彼らが動き始める様子は、アメリカの黒人が持ってるものと同じだね。


EBONY/JET: How does it feel to be a real king?

本物の王様になった気分はどうでしたか?


Michael Jackson: I never try to think hard about it because I don't want it to go to my head. But, it's a great honor....


そういったことについては、なるべく考えないようにしてる。そんな風に意識したくないんだ。すごく名誉なことなんだけどね。。

EBONY/JET: Speaking of music and rhythm, how did you put together the gospel songs on your last album?

音楽とリズムについてなんですが、あなたの最新アルバム(「デンジャラス」のこと)のあのゴスペルソングは、どうやってまとめられたんですか?


Michael Jackson: I wrote "Will You Be There?" at my house, "Never Land" in California.... I didn't think about it hard. That's why it's hard to take credit for the songs that I write, because I just always feel that it's done from above. I feel fortunate for being that instrument through which music flows. I'm just the source through which it comes. I can't take credit for it because it's God's work. He's just using me as the messenger....


"Will You Be There"は、家で作曲したんだ。カリフォルニアのネヴァーランドで。。一生懸命考えたというわけじゃないから、自分が作曲したことになっているのは申し訳ないんだよね。曲はいつも空から降ってくるみたいな感じだから。僕は音楽を伝えられる道具であることを幸せに思う。僕は来たものを、出しているだけ。それは、神の仕業であって、僕の手柄とは言えない。神は僕をメッセンジャーとして使っているだけ。。



EBONY/JET: What was the concept for the Dangerous album?

アルバム『デンジャラス』のコンセプトはなんですか?


Michael Jackson: I wanted to do an album that was like Tchaikovsky's Nutcracker Suite. So that in a thousand years from now, people would still be listening to it. Something that would live forever. I would like to see children and teenagers and parents and all races all over the world, hundreds and hundreds of years from now, still pulling out songs from that album and dissecting it. I want it to live.


チャイコフスキーの『くるみ割り人形』のようなアルバムにしたかったんだ。今から1000年後も、人々に聴いてもらえて、 永遠に生き続けるような。子供も、若者も、その親たち、世界中のすべての人種が、何百年もの間、ずっとそのアルバムを取り上げて、議論している様を見てみたい。作品に生き続けて欲しいんだ。



f0134963_23415764.jpg


EBONY/JET: I notice on this trip that you made a special effort to visit children.

この旅行では、子供たちを訪問するために、特別な努力をされていましたね


Michael Jackson: I love children, as you can see. And babies.


見てのとおり、子供たちや、赤ちゃんが大好きだからね。

EBONY/JET: And animals.

それと、動物たち。


Michael Jackson: Well, there's a certain sense that animals and children have that gives me a certain creative juice, a certain force that later on in adulthood is kind of lost because of the conditioning that happens in the world. A great poet said once. "When I see children, I see that God has not yet given up on man." An Indian poet from India said that, and his name is Tagore. The innocence of children represents to me the source of infinite creativity. That is the potential of every human being. But by the time you are an adult, you're conditioned; you're so conditioned by the things about you and it goes.


そう、子供たちや動物は、クリエイティブの源泉で、彼らから力をもらっていると感じるんだ。大人になると失われてしまうような力をね。偉大な詩にもあるよね。「子供たちを見れば、神は人間を見捨ててはいないことがわかる」。インドの詩人が言っているんだ。タゴールという名前のね。子供たちの無垢な心は、僕にとって、無限の想像性を意味しているけど、それはあらゆる人の可能性でもある。それなのに、大人になると、人は制約をうけ、自分の周囲や、世間のあらゆることにあわせて、それを見失ってしまう。


Love. Children are loving, they don't gossip, they don't complain, they're just open-hearted. They're ready for you. They don't judge. They don't see things by way of color. They're very child-like. That's the problem with adults they lose that child-like quality. And that's the level of inspiration that's so needed and is so important for creating and writing songs and for a sculptor, a poet or a novelist. It's that same kind of innocence, that same level of consciousness, that you create from. And kids have it. I feel it right away from animals and children and nature. Of course. And when I'm on stage. I can't perform if I don't have that kind of ping pony with the crowd. You know the kind of cause and effect action, reaction. Because I play off of them. They're really feeding me and I'm just acting from their energy.


愛だよ。子供たちは愛らしいんだよ。彼らはゴシップを言わないし、愚痴をこぼすこともないし、心を開いて、人を受け入れ、ジャッジをしないし、肌の色で物事を見ることもない。そういったことが本当に子供っぽいということで、そういった子供っぽい資質を失っていることが大人の問題なんだ。それはとても大事なインスピレーションで、曲を創るためにもっとも重要なものだよ。彫刻家や、詩人や、小説家にとってもね。


無垢であることも同じだよ、それらは同レベルの意識で、創造はそういったところから来るものなんだ。子供はそれを持っている。僕は、動物や、子供たちや、自然からそれを感じる。そして、もちろん、ステージに立っているときもね。観客からピンポンのように反応が返ってこなかったら、僕はパフォーマンスすることは出来ない。最初のアクションに対して、反応があって、その結果というようにね。僕は、みんなの反応おかげで動けるんだよ。みんな、本当に僕にエネルギーを与えてくれる。だから、僕は、まさに、みんなのエネルギーで動いているんだ。



f0134963_23431526.jpg


EBONY/JET: Where is all this heading?

それらのすべてはどこに向かっているんですか?


Michael Jackson: I really believe that God chooses people to do certain things, the way Michelangelo or Leonardo da Vinci or Mozart or Muhammad Ali or Martin Luther King is chosen. And that is their mission to do that thing. And I think that I haven't scratched the surface yet of what my real purpose is for being here. I'm committed to my art.


僕は、神が特定のことをするために人々を選んでいると信じている。ミケランジェロやレオナルド・ダヴィンチや、モーツァルトや、モハメド・アリも、キング牧師が選ばれたように。それをやることは彼らの使命なんだ。そして、僕は自分の芸術を通じて、自分がここにいる本当の目的まで、まだ足を引っかけたに過ぎない。


I believe that all art has as its ultimate goal the union between the material and the spiritual, the human and the divine. And I believe that that is the very reason for the exis-tence of art and what I do. And I feel fortunate in being that instrument through which music flows.... Deep inside I feel that this world we live in is really a big, huge, monumental symphonic orchestra.


僕は、すべての芸術には、物質と精神、人間と神聖の融合という究極のゴールがあると思っている。そして、それが、まさしく芸術が存在する理由であり、僕がするべきことだと。だから、僕は音楽を伝えられる道具であることを幸せに思う。 .... 魂の奥底で感じるんだ。僕たちが生きているこの世界は大きく、巨大な、とてつもないオーケストラなんだって。


I believe that in its primordial form all of creation is sound and that it's not just random sound, that it's music. You've heard the expression, music of the spheres? Well, that's a very literal phrase. In the Gospels, we read, "And the Lord God made man from the dust of the earth and breathed into his nostrils the breath of life and man became a living soul."


僕は、すべての創造の原始のかたちは「音」だったんじゃないかと信じてる。そして、それはランダムな音ではなく、音楽だったと。君は「天球の音楽」(*)という表現を聞いたことがある? ゴスペルでは、決まり文句のように、「そして、神は地球の塵から、人間を創り、その鼻に息を吹き込み、そして、人間は生きる魂となった」と言うよね。


That breath of life to me is the music of life and it permeates every fiber of creation. In one of the pieces of the Dangerous album, I say: "Life songs of ages, throbbing in my blood, have danced the rhythm of the tide and flood."
This is a very literal statement, because the same new miracle intervals and biological rhythms that sound out the architecture of my DNA also governs the movement of the stars.


僕にとって、生命の息吹というのは、生命の音楽であり、それは創造のすべての細胞に浸透するんだ。アルバム『デンジャラス』にある作品のひとつで(→「Planet Earth」)、僕は「僕に流れる血の中で、幾時代もの生命の歌が、寄せては返す波のようなリズムを踊る」と言ってるけど、それは、文字通りの声明なんだよ。僕のDNAから生み出される、僕の生体リズムや音階は、新たな奇跡だから、星の運行にも影響を及ぼす。


The same music governs the rhythm of the seasons, the pulse of our heartbeats, the migration of birds, the ebb and flow of ocean tides, the cycles of growth, evolution and dissolution. It's music, it's rhythm. And my goal in life is to give to the world what I was lucky to receive: the ecstasy of divine union through my music and my dance. It's like, my purpose, it's what I'm here for.


同じように音楽は、四季のリズムや、僕たちの心臓の鼓動、渡り鳥たちの移動や、潮の満ち干き、成長のサイクル、進化と崩壊といったサイクルを支配する。それが音楽であり、リズムなんだ。だから、僕のゴールは、僕が授かったものを、世界に与えること。僕の音楽とダンスによる神聖なエクスタシーをね。僕の目的はそういったことで、それが、僕がここにいる理由だと思う。



EBONY/JET: What about politics?

政治についてはどう思いますか?


Michael Jackson: I never get into politics. But I think music soothes the savage beast. If you put cells under a microscope and you put music on, you'll see them move and start to dance. It affects the soul.... I hear music in everything. [Pauses] You know, that's the most I've said in eight years. You know I don't give interviews. That because I know you, and I trust you. You're the only person I trust to give interviews to.


僕は、絶対に政治には関わらない。でも、音楽は獰猛な獣をなだめることが出来ると思う。顕微鏡の下に細胞をおいて、音楽をかければ、それが踊りだすのが見られるよ。音楽は魂に影響を及ぼすから。。あらゆるものから音楽は聴こえるんだ。(しばし沈黙)こういったことは、8年間、僕がもっとも言ってきたことだよね。僕はインタヴューを受けないことは知ってるでしょう。でも、あなたのことは知っているし、信頼してるから。あなただけだよ、信頼してインタヴューを受けられるのは。


(インタヴュー終了)



(*)「天球」とは天体がその上を運行すると考えられた地球を中心とする球体のこと。古代ギリシャより、天体の運行が音を発し、宇宙全体が和声を奏でているという発想があり、これが「天球の音楽」と呼ばれた。その響きはきわめて大きいが、つねに鳴り続けているため人間の耳には気づかれないとされる。こうした発想の根底には宇宙が数の原理に基づき、音楽はこの原理を体現するという西洋の伝統的思想がある。最初に着想したのはピタゴラスだと言われ、プラトン、プトレマイオスら、多くの思想家がこの発想を受け継ぎ、ケプラーも自身の理論を天球の音楽に結びつけた。


感情や自己の表現を音楽の本質とする見方が普及した19世紀以降、こうした音楽観は顧みられなくなっていったが、20世紀になると、シェーンベルクなどの前衛音楽家が受け継ぐことになり、1977年に打ち上げられたボイジャーには、地球を代表する音楽や、各言語でのあいさつなどが収められた黄金のレコードが積まれ、 風や犬の鳴き声を収録した「地球の音」の最初には、天球の音楽が収録された。

_______


今回のインタヴュアーの名前は確認できなかったのですが、最後に8年間と言っているのは、おそらく前回紹介した1984年のエボニーインタビューからの年数ではないかと。それと、ここで紹介されている詩が納められているタゴール詩集、ずっと探しているんですが、まだ発見できていません。ご存知の方はぜひ教えてくださいませ。


上記に関してkumaさんから教えていただきました!(感謝)


マイケルが言っている、"When I see children, I see that God has not yet given up on man." 「子供たちを見れば、神は人間を見捨ててはいないことがわかる」は、"Every child comes with the message that God is not yet discouraged of man" がよくある英訳で、


タゴール自身が英訳した詩集『迷い鳥たち(Stray Birds)』内山眞里子訳 にこの詩は納められています。


また、『タゴール詩集』山室静訳(弥生書房刊ではP78。kindle版もあり)では、


「すべての嬰児は、神がまだ人間に絶望してはいないというメッセージをたずさえて生まれて来る」として納められているようです。



[PR]
by yomodalite | 2015-04-20 06:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

タゴール詩集 ギタンジャリ―歌のささげもの

ロビンドロナト・タゴール/風媒社

undefined




去年読んだ本で、ブログに記録しておかなくちゃと思う本が溜まり過ぎていて、2015年の最初に紹介する本を何にしようか迷ったのですが、こちらは、私が思う『ギタンジャリ』のベスト翻訳本。

ディーパック・チョプラ氏が、マイケルが旅立つ2週間前の会話で、彼がタゴール詩集を読んでいたと明かしていたことで(『ギタンジャリ』かどうかはわからないのですが…)、この詩集を読んでみたという方も多いと思います。


私もそのひとりで、多くの翻訳本がある『ギタンジャリ』をすべて読み比べてみたわけではないのですが、本書は、一般的な単行本よりも一回り小さく、厚み1センチのコンパクトサイズ。タイトル部分は、銀箔押しで、ベッドサイドやお気に入りの読書スペースに置いておくのにも相応しい素敵な装幀で、平易な言葉で散文的に訳されているだけでなく、英語詩も併記されています。

本書の「はじめに」から、要約して引用します。

タゴールの詩稿は、画家のウィリアム・ローセンスタインの奔走によって詩人のイェイツや、エズラ・バウンドに見出され、英語詩集『ギタンジャリ』は、イェイツの序文とともにロンドンのインド協会から発行され、その数年後、タゴールは、アジア人として、最初のノーベル文学賞に輝く。英語版の『ギタンジャリ』は、小説家のアンドレ・ジッドによるフランス語訳をはじめ、世界各国で翻訳され、詩人の増野三良が日本語に訳した『ギタンジャリ(歌の祭贄)』が出版された翌年の1916年に、タゴールは初めての日本訪問を果たしている。タゴールは詩作のかたわら、演劇、小説、評論、作曲、教育、絵画といった分野でも活躍し、20世紀前期のヨーロッパ、アジア、南北アメリカなどの諸国を歴訪しながら東西文化の交流にひと役買った。

題名の『ギタンジャリ』は、ベンガル語で《歌のささげもの》という意味である。

収録作の多くが、作者である「わたし」から、永遠の存在である「あなた」へとささげられた歌の形式で書かれている。「あなた」が、神であるならば、これらの歌はすべて神にささげられた詩人の祈りであるといえるだろう。

英語版の『ギタンジャリ』は、1910年に上梓したベンガル語版『ギタンジャリ』から、53篇、その前後の10年ほどの期間にものした『ささげもの』「渡し舟』などの詩集から50篇、しめて103篇のベンガル語の韻文を自選し、タゴール自身の手で英語の散文に翻訳して1冊にまとめられた。

それぞれの詩に通し番号が打たれているだけで、題名はついていないが、元々バラバラに書かれた作品である。

(引用終了)

通し番号だけでは内容がわかりにくい「目次」には、詩の冒頭が日本語と英語の両方で記されていて、


f0134963_12523991.jpg

対訳もある本文は、こんな感じ。。


f0134963_12534126.jpg


横浜三渓園で撮られたというタゴールの写真に、なぜか既視感を覚えたりw、私が海外の詩を日本語にするときに思い描いている「理想」(散文的で、詩的な印象の漢字や表現をできるだけ避けたもの)に近いからでしょうか。『Dancing The Dream』に納められていたら、マイケルが書いたと思ってしまうような詩もいくつかあって、そんなことも、「ベスト翻訳本」に選んだ理由なんですが、、



f0134963_12555457.jpg


「訳者あとがき」より、要約して引用します。

タゴールは英語の独特な擬古文で『ギタンジャリ』を書いた。少年の頃から、サンスクリット語のヴェーダ文献や叙事詩、中世インドの宗教詩に親しむとともに、シェイクスピア、バイロン、ワーズワースなどの英語の詩文にも傾倒し、青春時代には《ベンガルのシェリー》という渾名がついたという逸話もある。タゴールが詩の翻訳を試みるときに、英語の擬古文を採用したのは、自然のなりゆきだったにちがいない。しかし、わたしは英語のテキストが擬古文だからといって、日頃なじみのない古雅な日本語に訳すのではなく、水のように透き通った現代語に置き換えていくことに、ひたすら心血をそそいだ。本書を訳すにあたり、先行する訳業の数々を拝読して幾重にも敬意を表したうえで、これから初めてタゴールを読もうとしているひとの心にも自然に届くような日本語をあてはめていくことを肝に銘じた。

(引用終了)


本書から一篇だけ選ぶのに、すごく迷いました。

次に訳そうと思っている『Dancing The Dream』の “WHEN babies SMILE” や“children OF THE WORLD”を思い出す詩もあったのですが、わたしは、MJがチョプラに、「タゴールの詩を読んでいる」と言ったのは、そのこと自体が、「別れの挨拶」だったように思えて、それで、そういった詩の中から選んでみました。

*  *  *

わたしは知っている、この世が見えなくなる日が訪れることを。

いのちは無言で立ち去るだろう、わたしの眼に最後のとばりを垂らして。


それでも星は夜の見張りをして、朝はいつもどおりに起床するだろう。

海の波のように時間がうねり、愉しみと苦労を打ちあげるだろう。


わたしの時間の終わりをおもうとき、時の障壁が破れて、

死の光に照らされたあなたの世界の素朴な宝のありかが見える。

そこでは身分の低い席ほど大切にされる、卑しいいのちほど大切にされる。


わたしが無駄に待ち望んだものと、わたしが手に入れたもの ーー

それらは消えるにまかせよう。

かつてわたしが拒絶して見過ごしたものだけを、いつわりなく手元に残してくれ。



I KNOW THAT the day will come when my sight of this earth shall be lost, and life will take its leave in silence, drawing the last curtain over my eyes.


Yet stars will watch at night, and morning rise as before, and hours heave like sea waves casting up pleasures and pains.


When I think of this end of my moments, the barrier of the moments breaks and I see by the light of death thy world with its careless treasures. Rare is its lowliest seat, rare is its meanest of lives.


Things that I longed for in vain and things that I got-let them pass. Let me but truly possess the things that I ever spurned and overlooked.



◎[Amazon]タゴール詩集 ギタンジャリ―歌のささげもの




[PR]
by yomodalite | 2015-01-05 13:05 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite