タグ:カフェ・レストラン ( 15 ) タグの人気記事

大阪のカフェと松井五郎

f0134963_18082726.jpg


週末にランチしたカフェ「ンケリコ」
店名はスペイン語の「Mmm Que Rico」で「ん~美味しい」という意味らしい。



f0134963_18095599.jpg


夜はバーにもなる、このお店の「食」は作っている人の顔が見えるというか、見たくなる感じの「美味しいもの」がたくさんあって、流れている音楽もステキ!


f0134963_18110121.jpg


ちなみに、この日かかったマイケルの曲は「Girl You're So Together」で、






その何曲かあとにかかったのは、マーヴィン・ゲイの「Feel All My Love Inside」。




この曲が収録されてる『I Want You』はMGのアルバムの中でも特にヘビロテ


カフェでは、ランチの後、タルトタタンまで頂いて本を読む暇がなかったんだけど、帰宅後、ずっとページを開くことがなかった詩集を読みたくなって・・・


f0134963_18125822.jpg


これは、安全地帯の『悲しみにさよなら』や、郷ひろみの『逢いたくてしかたない』とか、坂本冬美の『また君に恋してる』などなど、ヒットするだけでなく長く愛される名曲の作詞家として有名な松井五郎氏の限定千部の詩集『august』。

名曲の歌詞とは、また少し違うステキな詩が納められているんだけど、保存状態が良くなかったせいか、ページをめくっていると、全部バラバラとほどけてしまいそう・・・

Goro Matsui library というシリーズで出版されてるのも読んでみようかな。
ンケリコは以前、別のお店で紹介した中津商店街の入り口にあるお店で、


中津商店街は、数年前よりは少し明るくなって、新しいお店もちょっぴり増えたみたい。この日は、こちらのお店でパンも買いました!(この商店街に来たらまたリピートしそう)


[PR]
by yomodalite | 2017-03-14 07:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

お正月の東京2日目(今年もよろしく)

f0134963_20045881.jpg



大阪に引っ越してから、借家になってる自宅に行ってなかったんだけど、4年も経つと懐かしい気持ちも芽生えてきて、今年は近所の神社で初詣をすることに。



f0134963_23584737.jpg


久しぶりに自宅周辺を歩いて、近隣に建築中の建物をチェックしたりした後は、中央大橋を渡って、月島方面へ。


f0134963_20101155.jpg



天気も良く暖かい日だったので、この日のランチは、ナチュラルローソンで買ったおにぎりとお茶を、隅田川沿いのお気に入りの場所で。



f0134963_20133584.jpg


相変わらず、この場所で釣りをする人がいることに安心して(ここでは貝もとれるらしいw)







f0134963_20202613.jpg




f0134963_20243852.jpg


元祖や本家を名乗る「つくだに」屋さんの前を通って、佃大橋から、明石町へ。


f0134963_20272664.jpg



f0134963_20414370.jpg


聖路加大学(旧聖路加病院)に、





さらに、立派な新校舎が出来てたけど、



f0134963_20442163.jpg


築地木村屋とか、


f0134963_20463303.jpg


絶対になくなって欲しくない鶏肉屋さんや、


f0134963_20480336.jpg


コロッケ屋さんが安泰だったことに安心してぐんぐん歩いていたら、


f0134963_20482793.jpg


初売りでいつも以上に人出の多い銀座に到着。



f0134963_21235103.jpg


ここは、カフェ事情が厳しい銀座のど真ん中で、無理なく入れることが多い穴場カフェ



f0134963_21242177.jpg


ティファニーの真向かいにあるダンヒルの3階



f0134963_21261813.jpg


ケーキセット・ドリンク付き1900円
(私はコーヒーだけでいいって言ったのにダーリンがぁw



f0134963_21292295.jpg


入り口近くのテーブルからは、銀座の街が良く見えます。



f0134963_22093602.jpg


お店を出たところでタクシーに乗って東京駅へ


f0134963_22104983.jpg


タクシーの窓から


f0134963_22112473.jpg


銀座周辺の街並みは、やっぱり御堂筋よりキレイ・・・





ちょっぴり名残惜しい気持ちもあるけど、この美しさは世界企業が集まっている街に共通したもので、東京やそこに住む人々の感性ってわけじゃないところが寂しいような・・


f0134963_22120119.jpg


旅行中、新しく買った本も何冊か持って行ったのに、Kindleで買い直した『ヒップホップジェネレーション』から離れられなくて、再読にも関わらず夢中になって読んでいました。

ヒップホップという音楽に興味があるというよりは、オバマ政権でこれまで以上に黒人への人種差別が浮き彫りになったり、トランプが大統領になったり・・そんなことが巷のアメリカ政治本にはない視点で書かれていることが興味深くて。

ヒップホップ関係は他にも何本かDVDを見たり、用語を調べたりするのにもすごく時間がかかっているんだけど、そんなこともこんなことも結局はマイケル・ジャクソンという人のせいでw

未だに終わってない和訳だけでなく、
他にもいくつか残ってる宿題も、
今年こそは・・という思いを込めて、

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくーーーー!!!

大晦日や年明け早々、
古い記事にコメントをくださった方、
今年一年の励みになります。
ありがとうございました。

[PR]
by yomodalite | 2017-01-03 22:50 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

身も心も寒い・・・

f0134963_18111635.jpg



ちっとも秋晴れしなかったくせに、

もう冬だなんて・・

なんだか納得できない毎日なんですけど

みなさまお元気でしょうか。

私は、気力も、記憶力も、貯金も

もうなにもかも増えそうにない中、

食欲と体重だけがしぶとくふんばってる感じです。


f0134963_18145100.jpg

大阪・福島の「そば切りからに」
しょうが天



f0134963_18165012.jpg

子持ちこんにゃく



f0134963_18184186.jpg

おろし蕎麦(粗挽き)大盛り
細引きはもっと細くて白くてそっちも美味。




f0134963_18202723.jpg

大阪生活も3年目に突入し、
もはや確信を持って言うけど、
お蕎麦も大阪の方が美味しい店が多い。



f0134963_18221450.jpg

でもって、値段も安いし、お店も素敵。

ああーーーーー、
大阪にはTPP来なければいいのに。





色々と寒いことが多いと、
ちょっぴりMJから離れることもあるんだけど
この「Butterflies」は今の気分かも・・


ガガのことは好きだったけど
大統領選の応援で
MJの衣装を着るのは
止めてほしかった。
ヒラリーを応援するのが
子どものためだなんてMJは言わない。
(もちろんその逆も)



[PR]
by yomodalite | 2016-11-09 07:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

夏の思い出「富山」

f0134963_21452400.jpg


富山には親戚の用事がメインだったので、
観光らしきことは何もしてないのだけど、
世界一美しいスターバックスが
富山にあると聞いて行ってみました。


f0134963_21460914.jpg


店内のインテリアとか、
建物の外観的には特別感はさほどないんだけど、


f0134963_21465909.jpg


建ってる場所が私が大好きな川べりで
水辺感が素敵!


f0134963_21474863.jpg


運転で疲れてるダーリンが
カフェでまったりしてる間、


f0134963_21484136.jpg


私は周辺を歩き回って、



f0134963_21492059.jpg


あちこちにある噴水や滝を見て涼を・・


f0134963_21493403.jpg


というわけにはいかなくて滝汗状態でしたが
気持ちのいい場所であることは
間違いなかったです。


f0134963_21505995.jpg


日が高い時間だったので、
スクリーンが降りてるけど
店内の壁はすべてガラス張り


f0134963_21555249.jpg

http://www.kansui-park.jp

[参考記事〕
夜景が凄い
富山へ来たら駅から徒歩10分の
環水公園に立ち寄ろう




[PR]
by yomodalite | 2016-09-08 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

夏の思い出「金沢」

f0134963_20122269.jpg

今年の夏は親戚の用事もあり、お盆過ぎに車で金沢・富山の北陸旅行へ。
とりあえず、世界で一番美しい駅のひとつにも選ばれた「金沢駅」へ行ってみる。


f0134963_20130404.jpg


f0134963_20133898.jpg


f0134963_20140683.jpg


f0134963_20141904.jpg


f0134963_17053909.jpg
http://find-travel.jp/article/7185

そのあと、以前完成して間もない頃に
急ぎで見に行ったことがあった
21世紀美術館をゆっくりまわろう・・
ぐらいのユルーーいプランだったのだけど、
平日の火曜日だったにも関わらず、
有料会場はチケットを買うための行列だけで
目眩がするような状況で、


f0134963_20154804.jpg
http://www.kanazawa21.jp

無料スペースを足早に巡って、兼六園へ。


f0134963_20191691.jpg


f0134963_20192906.jpg


f0134963_20224950.jpg


f0134963_20232592.jpg


f0134963_20240098.jpg


f0134963_22374692.jpg



f0134963_20255164.jpg


f0134963_20261830.jpg


f0134963_20263396.jpg
内橋亭のお抹茶は、日持ちのするお土産のようなお菓子付きw



あまりにも有名な観光スポットだけど、
やっぱり素敵。
特に巨木の多さには目を惹かれました。


兼六園を出て、周辺の文化施設へ。
まずは、赤レンガの外観に惹かれて県立歴史博物館。


f0134963_21092549.jpg


f0134963_21094479.jpg


建物と建物の間に設けられた無料の休憩所は、
入り口にコーヒーマシンや軽食の自動販売機があって
Wi-Fiも使える。
ここより居心地のいいカフェを見つけるのが難しいぐらい
休憩にぴったりな場所。
http://ishikawa-rekihaku.jp/about/index.html


すっかり涼んだあと、
ここにはチケット入場せずに、県立伝統産業工芸館に移動。


f0134963_21115433.jpg

静謐な建物内に展示されていたのは、
ありがちな武具や装具ではなく、
細やかで希少な美しさに溢れた品々ではあったのだけど、
展示品の少なさには不満を覚える人もいるかも・・


f0134963_21131480.jpg
石川県立能楽堂


f0134963_21140730.jpg
金沢の日光とも言われる尾崎神社


兼六園周辺にたくさんある文化施設を横目でみながら
ホテルで借りたレンタル自転車で
長町武家屋敷通りへ。


f0134963_21164795.jpg
土壁が綺麗な路地


f0134963_21172908.jpg


f0134963_21175848.jpg


f0134963_21181113.jpg


f0134963_21185204.jpg
ギャラリー三田



道中の福井で見た海もすごくきれいだったり・・・

f0134963_21195637.jpg

自転車で金沢の街を走っていたら、
ダーリンの退職後は東京の家を貸して、
地方に数年づつ住むのもいいなぁなんて
ちょっぴり思ったりして・・


今回宿泊したのは「ホテルパシフィック金沢」
http://hotel-pacific.jp

エレガントな熟女にはオススメしないけど、
リーズナブルで
若いスタッフが頑張ってる感じが良かったかも。

f0134963_21220610.jpg
ここのホテルのレンタル自転車



[PR]
by yomodalite | 2016-09-07 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

大阪のカフェと又吉直樹「深い珈琲エッセイ」

f0134963_22550160.jpg



趣味が読書だというと、「なんのために本を読むのか?」と聞かれて困ることがある。面白いから読むのである。無理やり知性とむすびつける必要などない。だけど、それでは納得してくれないことがある。




f0134963_22555728.jpg



あえて、理由を述べるなら、誰かが真剣に考えたことを知ることができるという大きな利点がある。先人達が人生をかけて得た、知識や技術や経験を知ることができるという大きな利点がある。





f0134963_22563891.jpg



僕達は読書によって、世界の歴史を続きから始めることができる。文化を継承し、次に繋げることができるのである。珈琲だってそうだ。




f0134963_22573223.jpg



たとえば、僕一人で珈琲の木を育て、種子を取り出し、美味しい珈琲を作るところまで到達するには百年かけても不可能だろう。




f0134963_22581276.jpg



受け継がれてきた歴史があるからこそ、僕は美味しい珈琲を飲むことができるのだ。読書を珈琲は相性が良い。好きな小説を読みながら、珈琲を飲む時、僕が孤独を感じないのはそのような理由からかもしれない。「珈琲をお代わりする時、物語は佳境に入る」(又吉直樹「深い珈琲エッセイ」より)





f0134963_23074765.jpg
中崎町「うてな喫茶店」




[PR]
by yomodalite | 2015-11-01 23:04 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

大阪に来て2年が経った..(大阪市住民投票)

f0134963_16290336.jpg

東京での20余年間だけで、10回も引っ越ししている私だけど、転勤という会社都合で移動させられるという経験は初めてのことで、最初は理不尽な思いもあったのだ。

会社が契約している引っ越し業者は、私に対してお客さんという意識がなく、リーダーの男性はスタッフを軍隊のように厳しく統率していて、何日も準備に追われて引っ越し当日を迎えた私の心は、何度も逆なでされるような思いを味わったのだけど、大阪に到着して荷物を運び入れてくれた業者さんの態度は、まるで違っていた。
リーダーの男性は、集団の中でいちばん優しい人が選ばれたのかと思うような人で、要領の悪いスタッフによるミスを事前に防ぐために段取りを考えるなど、予想外のトラブルが多くあったにも関わらず、一度も怒ることなく、すべての荷物を運び入れたあと、ひとりだけ残って、アンティーク家具の扉の調整に時間をかけてくれたり、本当に最後まで細かい点にも気を使ってくれて、とても優しかった。

大阪が優しい街だという印象はその日以来、今日まで変っていない。

東京は、自分に厳しく、人にも厳しい。
大阪は、人に優しく、自分にも甘い。ような気がする。

その印象は、ずっと東京都心で暮らしてきた渋谷生まれで渋谷育ちのダーリンも同じで、彼も来てすぐに大阪が好きになって、今は、私としゃべるときでさえ大阪弁で、すっかり大阪のオッサンと化している。



f0134963_16321177.jpg


私たちふたりは、引っ越す前は東京中央区に住んでいて、今は、大阪北区に住んでいる。それで、丸の内〜銀座〜月島〜豊洲あたりとは、かなり具体的に比較していると思うけど、大阪の街は、東京よりも美しい魅力に溢れているように見える。なにを美しく感じるかは人それぞれではあるけど、忙しく造った家賃が高いだけのマンションとか、サラ金とか、連れ込まれて高額商品を買わされそうな店ばかり、、といった雑居ビルが少ないうえに、凝った造りのレトロビルが現在も有効に使われていて、新宿や渋谷の駅前の感じとは比較にならないぐらい、大阪の中心部は落ち着いた雰囲気がある。

ダーリンは、同じ会社の東京本社と大阪支部なので、給料にはほとんど変化がないけど、会社のビルは大阪の方がキレイで、場所も便利なところにある。私たちは東京の家を貸し、大阪で家を借りているので、収支的にはプラスになっているうえに、大阪の方が物価が安く、味もサービスも年々低下していると感じていた東京と比べて、個性豊かな美味しい食べ物屋さんもいっぱいあって、不満を感じることがない。

そんなわけで、

私たちは、大阪のどこに問題があるのか、まだわからない状態なのだけど、

ダーリンは、♪自分のこーとーやから自分で決めなアカン〜♫っていう住民投票のテーマソングを口ずさみつつ、ふたりは投票に行き、賛成と反対に1票づつ入れた。


《投票に行こう!イベントの動画》
MJ&ダイアナの『Ease On Down』で
ダンスしている人たちもすごく素敵だけど、
6:40〜で寺前未来さんが歌っている
「投票ソング」が、結構いい曲で
大阪の街ではよく流れていた。
9:17〜から始まる曲も
私が感じている大阪感が満載で素敵な曲!





少女時代を過ごした名古屋では、このまま名古屋にいるか、大阪に行くか、東京に行くか、という3つの選択があって、私はそのとき東京に行って良かったと今でも思ってるけど、再婚して、仕事をやめて、老眼鏡が必要な年齢になって、大阪に来ることができたこともすごく良かったと思う。

かつての東京には、アメリカもイギリスもフランスもイタリアもロシアもフランスもインドも中国もあったように感じたんだけど、今、入ってくるのはアメリカの極一部だけで、それで、日本がつまらなくなったように思えてならなかったんだけど、日本の中で、ほんの数時間離れただけで、こんなに感覚が違っているなんて思ってもみなかった。

東京と大阪が違っているとは思っていたけど、
こんな風に違っているとは、想像していなかったんだよね。

投票を済ませ、ブラブラ歩いていたら、最近できたばかりの、倉庫っぽい建物を利用して、たくさんのレコードと、立派なスピーカーがあって、スペシャルなコーヒーだけでなく、日曜の昼間に、とっても美味しいオリジナルカクテルまで出してくれるカフェを発見。


f0134963_18042416.jpg


「“都” になったら、大阪駅から10分ぐらいの場所に、個人でこーゆーお店は創れなくなるんじゃないかなぁ・・」という私。

アルコールが入ったこともあり、東京にいたとき、若い女性を連れたタレント時代の橋本市長が、麻布の焼き鳥屋で隣に座ったときのこととか、仕事仲間の妹が、ヅラウォッチャー(ヅラをかぶってる人を発見するのが何よりも好き)で、念願かなってw、カツラメーカーの社員と合コンしたときに聞いた話とか、

橋本市長の話になると、必ず持ち出して何度でも繰り返して話しているうちに、原型すらわからなくなってきているネタを、さらに盛って話そうとするダーリン。。

だから、、あれはキャバ嬢じゃなくて、あの番組のアシスタントだったってば、、つうか、実際に隣に座ってたのは、私なんですけどぉ、とかなんとか、その話を「原型」に戻そうとするうちに、頭が「焼き鳥」のことでいっぱいになる私、、、

大阪住民投票の日は、そんな感じで暮れていったのだった。




《寺前未来さんの歌の歌詞》


世界中のできごとに心を揺らして、

やさしいあなたは笑ったり泣いたり忙しい。

それならば、その前に、大好きな人の住むこの街を大切に、

もういちど見つめよう。

自分の街のことやから、自分で決めなあかん。

自分の街のことやからね、自分で決めなあかん。

だいじょうぶ、だいじょうぶ、とってもシンプルなの。

幸せの形は、あなたの中にある。


自分の街のことやから、自分で決めたいの。

自分の街のことやからねぇ、、ららら・・・




[PR]
by yomodalite | 2015-05-19 17:40 | 日常と写真 | Trackback | Comments(8)

大阪レトロ建築探訪「山内ビル」里山カフェ(2014.2.20)

f0134963_00271409.jpg

淀屋橋から1筋違いの「肥後橋」のほとりにある山内ビルは、
昭和30年に法律特許事務所として建てられたもので、
1階には大人気のオーガニックレストラン「里山カフェ」があります。



f0134963_00290922.jpg


f0134963_00294217.jpg

私が行ったのは平日の4時頃だったのですが、そんな時間でも食事客が絶えなくて
しかも、ヘルシーとか、オーガニックなどのキーワードに弱い女性客だけでなく、
男性客も目立っていたので、日常のお食事処として常連客も多いのかも。



f0134963_00304397.jpg

魅惑的なランチメニューに心惹かれつつも
シフォンケーキとカフェオレを注文。


f0134963_00360695.jpg

「ジンジャーハニー・シフォン」という名前だったかな。

縞模様に見えるところに、シフォンがしっとりするぐらい蜂蜜がかかってるんだけど、
甘過ぎなくて、ジンジャーも調度いい感じで、美味しいっ!



f0134963_00381823.jpg

でね、、

飲食店の店内写真を撮るときは
人が写らないよう遠慮がちにしてるつもりだったんだけど、
この日は、うっかりしてて、この奥の席にいた素敵な紳士に

「おらぁ、写真撮るなやぁ」みたいな感じで叱られてしまいました。

席を立って近くに来られて叱られたので、一瞬怖かったものの
なんか「カッコイイ」んだなぁ。

どうしてカッコイイと思ったのか

ものすごく説明しづらいんだけど。。


f0134963_00454405.jpg

こちらは、お店を出たあと最初に目に入った自転車。

赤と黄色の配色バランスが絶妙。
サドルカバーのタータンチェックも素敵だけど
このボディの配色でハンドルグリップに
グレーを選ぶとはーー!(感歎)


f0134963_01114344.jpg

一見クドいと思える「てんとう虫」のベルもすごく似合ってる!



[PR]
by yomodalite | 2014-02-25 08:19 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

カフェでkindleを読みつつ、読んだ本のことを考える…

f0134963_23112554.jpg


東京の街中では、大手カフェチェーンが席巻しまくっていたせいなのか、大阪では、個人オーナーの個性が光るお店が目につくことが多い。

カンテ・グランデは、近所を散歩中にみつけたお店で、お店全体をグリーンが駆逐しているような佇まいが素敵。

上の写真からはそんな風に見えないと思うけど、この建物の上の方は普通のマンションになっていて、


f0134963_23122620.jpg

お店はマンションの1階ではなく「地下」なのね。

この構造から、このカフェのオーナーがマンションも建てたのでは?という気がするのだけど、どーなんでしょう? こちらは、ウルフルズのメンバー3人がバイトしてたなどの逸話もある昔からの有名店らしく、現在はグラン・フロントを始め、各所に支店もあるようです。

◎カンテ・グランデ

そんなカフェで、ジンジャー・チャイを飲みながら、iphoneで、内田樹の『寝ながら学べる構造主義』を座って読む。なんで、この本を読むことになったかといえば、

ダーリンが、図書館で予約していた、釈徹宗と内田樹の共著『聖地巡礼』と、中沢新一と内田樹の共著『日本の文脈』が、2冊同時に来てしまって、大阪に漂う霊性について、先に答えを知りたくないと思い『大阪アースダイバー』も読まずにガマンしていた私も、ついつい、こちらは「ちら読み」してしまい、

そのせいで『寝ながら学べる構造主義』が読みたくなった。。


f0134963_0554945.jpg

知的探求は(それが本質的なものであろうとするならば)、つねに「私は何を知っているか」ではなく、「私は何を知らないか」を起点に開始されます。(『寝ながら学べる構造主義』のまえがきより)


ここは、霊性が高いという情報は、自分の身体で感じたいんだけど、私が霊性を感じているポイントとポイントを繋ぐ構造についての、方法論… と思ったら、ああ、自分は「構造主義」を知らないんだと、初めて「知らない」ことに気づいたからだと思う。


f0134963_23143875.jpg

このお店の隣には富島神社という神社もあって、お店に入る前にそちらにも寄った。

門前や、本堂の前だけでなく「先代」もいて、狛犬自体は、たぶん「岡崎型」と言われるよくいるタイプではあるのだけど、お稲荷さんの狐や、カエルまで、ここには動物の像がたくさんある。



f0134963_23182310.jpg



f0134963_23184472.jpg


動物とか、生物がそんなに好きとはいえないけど、生物をかたどった像のようなものを見るのは飽きない。内田氏は、上町台地や、梅田駅周辺は、土地が持っている霊力を侮った罰だと言っておられるのだけど、私はその感覚には疑いを抱く。



f0134963_0561699.jpg


そういえば、『聖地巡礼』の中に「聖地はスラム化する」という大瀧詠一氏の言葉が紹介されていて、聖地は必ず俗化する宿命にある。と。

キレイになった大阪駅やグランフロントからほど近い場所の混沌は、今の六本木や原宿の裏道にある感覚とは違っていて(かつてあった雰囲気とも少し違うような)、私には、そのどちらもすごく好ましく感じられる。

「聖地」ではない神社には動物が多くて、それは、やっぱり「人」にもいいのだと思う。



[PR]
by yomodalite | 2013-11-22 09:32 | 日常と写真 | Trackback | Comments(3)

闇の中のエルドラド(2013.10)

f0134963_2121291.jpg

以前紹介した「シカク」がある中津商店街も暗かったですが、
今回はあの商店街よりも、さらなる「闇」を。



f0134963_20402314.jpg

昼間に撮った写真なんだけど、実際これぐらい暗い。。



f0134963_20415294.jpg

ここは「地下」ではなく、窓から差し込む陽の光は明るいのだけど、


f0134963_20423196.jpg

どんな昼間でもすごく暗い駐車場なのだ。


f0134963_2125273.jpg

借りたい方はこちらにどうぞ(笑)


f0134963_21272071.jpg

「必ず鍵をして下さい」って、車の鍵じゃなくて、この鉄扉のことかなw


f0134963_20434342.jpg

ここは、民間の「貸しガレージ」だったかな。



f0134963_2045482.jpg

ここは、全国のマニアから「高架下のエルドラド」と称される、中津高架下。


f0134963_20522881.jpg

夜中に1軒だけ開いてる怪しげなバーみたいなんだけど、


f0134963_2054575.jpg


日替わりパスタや、野菜たっぷりハンバーグなどが人気で、
「ご一緒に、ヘアカットもいかがですか?」と
薦められたりもするカフェのランチタイム。
(嘘。でも2階は美容室なの)



f0134963_21284238.jpg

ヴィンテージ自転車とか、、、



f0134963_21291262.jpg

素敵なものがワンサカ置いてある、



f0134963_213138100.jpg

雑貨屋さんもあって、



f0134963_21333211.jpg

駐輪場も完備!


f0134963_21342045.jpg

これは、大竹伸郎の作品ではなく、
中津「家プロジェクトw」でもない
(と思うけど、どう見てもアート!)



f0134963_21534054.jpg

遠くの出口に明るく見えるのは、、



f0134963_21591576.jpg

ピエロ・ハーバーというお店で、



f0134963_2211642.jpg

お店の前の周囲には、チャップリンの壁画もあります。



f0134963_2232297.jpg

この突き当たりを曲がると、謎の気体がシューシューと漏れ出ていて、



f0134963_224091.jpg

にっこりしてる△マークは、中津のゆるキャラ「ナゼ君」です(嘘w)




[PR]
by yomodalite | 2013-10-19 23:05 | 日常と写真 | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite