タグ:オカルト・超能力・UFO ( 2 ) タグの人気記事

職業欄はエスパー (角川文庫)

森 達也/角川書店




著者は「信じるか、信じないか」というベクトルで論じることを避け、取材者の超常的な能力を描くことで、結果として、超能力者として生きる困難、異端者としての姿を浮かび上がらせた。

【BOOKデータベース】スプーン曲げの清田益章、UFOを呼ぶ秋山真人、ダウジングの堤裕司。かつては一世を風靡し、「超能力者であること」を職業に選んだ彼らは今、どんな日常を送っているのだろう。三人に興味を抱いて、八年間にわたって取材を続けた著者が数々の不可思議な現象をまのあたりにしながら、「超能力」という迷宮にさまよい、彼らの孤独をすくいとろうとした異色の超現実ノンフィクション。


[PR]
by yomodalite | 2007-03-31 12:27 | 報道・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

人類はなぜUFOと遭遇するのか (文春文庫)

カーティス・ピーブルズ/文藝春秋

undefined



著者は、半世紀に及ぶアメリカUFO史を、ひたすら懐疑的に検証し、それらが現代人のさまざまな願望や妄想や愚かしさが生み出した『現代の神話』にすぎないとする。

徹底的に「懐疑主義者」である著者、そして訳者は、と学会の皆神氏。
______________

【出版社/著者からの内容紹介】瀬名秀明「本書は掛け値なしの傑作である!」1947年以来のUFO事件について記述し、考察を加えた年代記。米国スミソニアン協会刊行の、現在望みうる最高レベルのUFO本。ダイヤモンド社 (1999/05)、文春文庫 (2002/07)
[PR]
by yomodalite | 2007-03-27 13:42 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite