タグ:ウィリアム・ブレイク ( 8 ) タグの人気記事

宇宙のデザイン原理ーパリティ・ゲージ・クォーク/アンソニー・ジー(著)

2ヶ月ほど前に、60年代の映画『アラバマ物語』をDVDで見直したんですが、再発版には、出演者だけではなく、当時のアラバマ住民が、南部の歴史やその頃の生活について語っている90分のメイキング・ドキュメンタリが収録されていて、そのタイトルが『Fearful Symmetry』。

オープニングで、ブレイクの『Tyger』が引用され、詩の中の “Fearful Symmetry” が拡大されて、タイトルバックになるのですが、当時の激しい人種差別や、村民同士の対立、そういった白人の世界と黒人の世界を『Fearful Symmetry』と名付けるセンスがよくわかりませんでした。


それで、尊敬するF先生にメールで質問したところ、ドキュメンタリ作者の意図はわからないものの、シンメトリと神のクリエイションの関連を考える良い糧になるでしょう。と、物理の世界におけるポピュラーな評論書である、本書を紹介していただきました。(原題:Fearful Symmetry:The Search for Beauty in Modern Physics, New York, 1986)

対称性は、物理の世界ではたいへん重要な事柄のようですが、南部陽一郎氏らがノーベル物理学賞を受賞された「自発的な対称性の破れ(Spontaneous Symmerty Breaking)」のように、自明だった対称性が仮定にすぎない。。。というようなことが、アインシュタインや、マイケルのGODへの想いを覆すものなのかどうか。

神の方程式は本当に美しいのか?ということ。

パリティも、ゲージも、クォークについても、基礎的な物理学や、宇宙についてのことも、これまでにも何度も挫折していて、こちらの本も、著者が優しく書いてくれていることはひしひしと伝わるものの、理解するまでには至っていないんですが、私が知りたいと思っていたことを書いてくれている本には違いないので、

いつかきっと。という想いをこめて、

相対論から、80年代初頭までの物理理論の展開をシンメトリーの視点から描いた本書のことを、

少しだけメモしておきます。


(引用開始)

物理学が進歩していくにつれ重要になってきたのは、美を感じ取る力である。究極のデザイナーの心を読みとるために、物理学者たちは対称性と美から成り立っているものへと、その関心をむけることになったのである。夜のしじまの中で、まだ夢みられたこともないような対称性について、語りかけてくる声に耳を傾けているのである。

かつて、アルバート・アインシュタインは次のように語った。

「私は、この世界を神がどう創ったか、それを知りたいのだ。したがって、あれやこれやの現象や、あれやこれらの要素のつながりには関心がない。私は神の考えを知りたいのであって、その他のことはとるに足らないことなのだ。」

確かに、物理学の方程式の中には醜いものもあるが、われわれにしてみれば、そんなものは書き留めるのはおろか、それを見ることさえ我慢ならないのであって、かの創造主がこの宇宙をデザインするにあたって、美しい方程式だけを用いたのは疑いないことだと、そう確信しているのだ。事実、この自然を記述しているという2つの方程式が与えられて、その間で選択を迫られるとき、われわれが選ぶのはいつも、われわれの美意識に訴える方の式である。「まず、美しさに気を配ろう、真理はあとからついてくる!」


物理学者のひとりとして、私はアインシュタインの言わんとしたそのことに、大きな魅力を感じる。もちろん今日、物理学者の圧倒的多数は、個々の特定の現象を説明することに力を注いでいる。しかし一方には、少数ではあるが、アインシュタインの知的末梢たちもいるのであり、しかも彼らはいまや、以前にも増して野心に満ちあふれている。つまり、自然界の基本デザインを求めて闇夜の森に入り込み、しかも、その限りない自信の中で、すでにそれを垣間みたと主張するまでに至っているのだ。

そうした彼らの研究を導いている基本原理は2つある。すなわち、対称性とくりこみ可能性である。くりこみ可能性というのは、異なる特徴的長さをもった物理過程どうしが互いにどう関係するのかに関わることで、これについても本書ではふれるつもりである。しかし、本書での私の関心はむしろ、基礎物理学者たちがこの自然を眺めるときの、統一的な美の視点としての対称性のほうにある。

(引用終了)







[PR]
by yomodalite | 2014-10-29 22:41 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(6)

William Blake “A Divine Image”(『無垢の経験の歌』)

f0134963_23184453.jpg

『無垢の経験の歌』(Songs of Innocence and of Experience)の「人の姿(The Human Abstract)と「神の姿(The Divine Image)」の翻訳を見てくださった、みっちさんが、

◎人の姿(The Human Abstract)
◎神の姿(The Divine Image)

ご自身でも、この詩を訳してくださっただけでなく、

http://mitchhaga.exblog.jp/20522889

なんと「The Divine Image」だけでなく、「A Divine Image」もある。

と教えてくださいました!

みっちさんによれば『無垢の経験の歌』の中でも、「A Divine Image」という詩が納められた版は極一部らしく、未完成なのかもしれませんし、由来についてもよくわからないのですが、

ブレイクらしい巧緻が感じられるというか、「The Divine Image」よりも皮肉めいていて、また、この詩での人類のイメージは、有名な「虎(Tyger)」という詩と比較できる点も興味深くて、

◎William Blake “The Tyger” Thriller 25 The Book

またまた、うっかり訳してしまいました。


A Divine Image
神聖についての断片

Cruelty has a human heart,
And Jealousy a human face;
Terror the human form divine,
And secrecy the human dress.

人の心臓には、残虐があり
人の顔には、嫉妬がにじむ
人が神聖を形づくると、恐怖を必要とし
だから、
人の衣装は、秘密で整えられている

The human dress is forged iron,
The human form a fiery forge,
The human face a furnace seal'd,
The human heart its hungry gorge.

人の衣装は、鍛えられた鉄により
人の形は、鉄工所の火から
人の顔は、溶鉱炉ではりつけられ
人の心臓は、飢えた胃袋で造られたのだ

(訳:yomodalite)

なぜ、人の心には「残酷」なところがあるのか、、

この詩の「Divine Image」とは “God's Creation” のことではなく “Human made” の「Divine Image」(宗教業界とそれを信じる人々の合作)とは、こういうものである。ということではないでしょうか。


[PR]
by yomodalite | 2013-07-21 10:36 | 文学 | Trackback | Comments(2)

対訳 ブレイク詩集が疑問だったので自分で訳してみる[2]

f0134963_12293570.jpg


[1]の続き


下記は『無垢の経験の歌』の「無垢の歌」から、[1]で紹介した「人の姿(The Human Abstract)」に対比する

「神の姿(The Divine Image)」という詩です。

英文は、対訳ブレイク詩集(岩波文庫)から書き起しましたが、日本語訳は「私訳」なのでご注意くださいませ。

The Divine Image
神の姿


To Mercy Pity Peace and Love,
All pray in their distress :
And to these virtues of delight
Return their thankfulness.

憐れみ、同情、平和や、愛、
そういった苦悩から人は祈り
そして、それらの美徳の喜びに
人は感謝のきもちを返す

For Mercy Pity Peace and Love,
ls God our father dear :
And Mercy Pity Peace and Love,
ls Man his child and care.

憐れみや、同情、平和や、愛は、
親愛なる父である神からのもので
憐れみや、同情、平和や、愛によって
父の子である人間は受けとめられる

For Mercy has a human heart
Pity, a human face :
And Love, the human form divine,
And Peace, the human dress.

憐れみは、人の心臓であり
同情とは、人の顔
そして愛は、人の神聖をあらわし
平和は、人の衣装である

Then every man of every dime,
That prays in his distress,
Prays to the human form divine
Love Mercy Pity Peace.

誰もがあらゆる場所で
苦しいときに祈りを捧げている姿が
ひとの神聖であり
愛や、憐れみ、同情や、平和でもある

And all must love the human form,
In heathen, Turk or Jew.
Where Mercy, Love&Pity dwell,
There God is dwelling too.

だから、すべての人の姿を愛さなくてはならない
異教徒も、トルコ人も、ユダヤ人も
憐れみや、愛や、同情があるところには
神もまた住んでおられるのだ

(訳:yomodalite)

☆William Blake “A Divine Image”(『無垢の経験の歌』)に続く


[PR]
by yomodalite | 2013-07-19 09:11 | 文学 | Trackback | Comments(16)

対訳 ブレイク詩集が疑問だったので自分で訳してみる[1]

対訳 ブレイク詩集―イギリス詩人選〈4〉 (岩波文庫)

ウィリアム ブレイク/岩波書店

undefined



海外の古典と言われる詩を読むのはずっと苦手でした。なんか自然を讃美して、「おお」とか、「ああ」とかばっかり言ってて、神のこともピンとこないし、、

でも、MJのことを考えているうちに、Godのことを、聖書の教えではなく、独自に突き詰めていった人たちの系譜が見えてきて、それで彼らとの距離が少し近くなったような気がして、、

今、ブレイクきたーーー(・∀・)って感じなんですよねっ。

こちらの文庫には『無垢の経験の歌』『天国と地獄の結婚』『セルの書』『アルビヨンの娘たちの幻覚』『詩的素描』『ピカリング稿本』から抜粋した詩が、対訳で収められ、巻末には20ページほどの「ブレイク略伝」もあり、ブレイク入門にはちょうどイイ感じ(なんですが、、)

『ピカリング稿本』のピカリングって何?って思ってたんですけど、こちらの略伝によれば、これは1801年から1805年にかけて執筆され、1807年までにノートに清書されて残されていたもので、ピカリングとは、そのノートの所有者の名前だそうです。


下記は『無垢の経験の歌』の「経験の歌」にある「人の姿」という詩です。

英文は、本書から書き起しましたが、
日本語訳は「私訳」なのでご注意くださいませ。


The Human Abstract
人の姿



Pity would be no more,
If we did not make somebody Poor :
And Mercy no more could be,
If all were as happy as we :

我々は誰か貧しい人を作らなければ
憐れむということもなく
すべての人が我々のように幸せなら
慈悲の心というものもない

And mutual fear brings peace :
Till the selfish loves increase.

そして、互いを恐れることで平和を維持し
自己愛や利己的な愛は増していく

Then Cruelty knits a snare,
And spreads his baits with care.

冷酷な心は罠をしかけ
注意深く餌を与え世話をしていく

He sits down with holy fears,
And waters the ground with tears :
Then Humility takes its root
underneath his foot.

男は神聖な恐れから腰を下ろし
涙で地面に水をやる
すると、彼の足元からは
謙遜が根づく

Soon spreads the dismal shade
Of Mystery over his head;
And the Catterpiller and Fly,
Feed on the Mystery.

やがて宇宙の謎の荒涼とした闇は
彼の頭上に広がり
そして、毛虫や蠅は
その謎の餌となる

And it bears the fruit of Deceit,
Ruddy and sweet to eat :
And the Raven his nest has made
In its thickest shade.

そしてそれは赤くて口に甘い
虚実の実を結び
そしてそのもっとも深い茂みの中に
大きなカラスが巣をつくる

The Gods of the earth and sea,
Sought thro’ Nature to find this Tree,
But their search was all in vain :

陸と海の神々は
自然の中から、その木を見つけようとしたが
すべて無駄だった

There grows one in the Human Brain.

それらは人間の脳の中に生えているのだ

(訳:yomodalite)


f0134963_1535830.jpg

[PR]
by yomodalite | 2013-07-18 09:49 | マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(3)

William Blake “Auguries of Innocence” 無垢の予兆(2)

f0134963_14482392.jpg


☆William Blake “Auguries of Innocence”(1)の続き


Tools were made and born were hands,
Every farmer understands.
Every tear from every eye
Becomes a babe in eternity;

人の手からは、道具が生まれることを
すべての農夫が知っている
すべての涙がその眼で作られていることも
赤子のときから変わらない

This is caught by females bright,
And return'd to its own delight.
The bleat, the bark, bellow, and roar,
Are waves that beat on heaven's shore.

それは聡明な女性たちに受け止められて
彼女たちもまたそれを繰り返す
泣き、怒鳴り、呻き、そして、わめく
天国の岸に打ち寄せる波のように

The babe that weeps the rod beneath
Writes revenge in realms of death.
The beggar's rags, fluttering in air,
Does to rags the heavens tear.

鞭を怖れて泣く赤子は
死に際に復讐を心に刻み
乞食が纏うボロ布は風の中ではためいて
天の涙をぬぐう

The soldier, arm'd with sword and gun,
Palsied strikes the summer's sun.
The poor man's farthing is worth more
Than all the gold on Afric's shore.

兵士は剣と銃で武装し
夏の太陽は小刻みなビートを刻む
貧乏な男の古い銅貨は、
アフリカの海岸から運ばれた金よりも価値がある

One mite wrung from the lab'rer's hands
Shall buy and sell the miser's lands;
Or, if protected from on high,
Does that whole nation sell and buy.

労働者の手から絞りだしたような僅かな金なら
安い土地を売買することができ
上流社会から保護されていれば
国家全体をも売り買いできる

He who mocks the infant's faith
Shall be mock'd in age and death.
He who shall teach the child to doubt
The rotting grave shall ne'er get out.

幼児の信仰を侮る者は
加齢にも死にも玩ばれ
こどもに疑うことを教える者は
朽ち果てた墓から出ることは出来ない

He who respects the infant's faith
Triumphs over hell and death.
The child's toys and the old man's reasons
Are the fruits of the two seasons.

幼児の信仰を尊ぶ者は、
地獄にも死にも勝利し
子供のおもちゃと老人にとっての動機は、
2つの季節に実る果実である

The questioner, who sits so sly,
Shall never know how to reply.
He who replies to words of doubt
Doth put the light of knowledge out.

座ったままで質問ばかりする者は
どんな答えも知ることはなく
疑問に答える者は
知識に光を射すことが出来る

The strongest poison ever known
Came from Caesar's laurel crown.(*)
Nought can deform the human race
Like to the armour's iron brace.

これまでに知られている最強の毒とは、
シーザーの月桂冠によるもの
人類が無から創られたのなら
鉄の鎧のような骨組みになるだろう

When gold and gems adorn the plow,
Peaceful arts shall envy bow.
A riddle, or the cricket's cry,
Is to doubt a fit reply.

金や宝石が鋤を飾るとき
平和の印はリボンを羨ましく思い
謎や、コオロギの鳴き声は
適当な答えを疑う

The emmet's inch and eagle's mile
Make lame philosophy to smile.
He who doubts from what he sees
Will ne'er believe, do what you please.

アリのインチや、鷲のマイルという単位は
微笑むためには不十分な思想で
自分が見たものを疑う人間は
神を信じることも、人を喜ばすこともない

If the sun and moon should doubt,
They'd immediately go out.
To be in a passion you good may do,
But no good if a passion is in you.

もしも太陽や月を疑うなら、
それらはただちに消え去り
あなたが人にしてあげることに情熱があるなら、何をやっても良いが
自分にだけ情熱があるのなら、何をやっても良くないだろう

The whore and gambler, by the state
Licensed, build that nation's fate.
The harlot's cry from street to street
Shall weave old England's winding-sheet.

娼婦と賭博師が免許を受け取り
国の運命が決められる
通りから通りに響く売春婦の叫びは
古き英国の屍体を包む布を織る

The winner's shout, the loser's curse,
Dance before dead England's hearse.
Every night and every morn
Some to misery are born,

勝者は叫び、敗者は罵り
死せる英国の葬儀車の前で踊る
ありとあらゆる朝と夜に
不幸は生まれ

Every morn and every night
Some are born to sweet delight.
Some are born to sweet delight,
Some are born to endless night.

ありとあらゆる朝と夜に、
甘く美しい喜びが生まれ
甘く美しい喜びは
終わりなき夜に生まれる

We are led to believe a lie
When we see not thro' the eye,
Which was born in a night to perish in a night,
When the soul slept in beams of light.

我々が自分の目を通して見なければ
我々は嘘を信じるように導かれる
魂が光の中にありながら眠っているなら
嘘は夜に生まれて、夜に滅びる

God appears, and God is light,
To those poor souls who dwell in night;
But does a human form display
To those who dwell in realms of day.

夜に住む貧しき魂には
神は光となって現れる
だが、その日1日を生きる者にとっては
それは人の姿そのものなのだ

(訳:yomodalite)


(*)シーザーの月桂冠(Caesar's laurel crown)/シーザーが、共和制ローマの終身独裁官に就任したこと(月桂冠はその証)が、その後の暗殺に繋がったことから。という意味だと思います。

☆ ☆ ☆

ちょっぴりわかった。と思ったのは、

Innocence(無垢)とは、神が創ったままの世界だということ。

最後まで読んで、その思いはさらに強くなりました。




[PR]
by yomodalite | 2013-07-07 11:52 | 文学 | Trackback | Comments(2)

William Blake “Auguries of Innocence” 無垢の予兆(1)

f0134963_10481825.jpg

[内容を修正しました]

これまで現代においても、欧米でブレイクが愛されていて、頻繁に引用されている理由がよくわからなかったのですが、マイケルと神について考えているうちに、Innocence(無垢)がすごく気になってきて、、ようやく少しはわかってきたような気がしたので訳してみることにしました。

ところが、、

最初にアップしたものは、この詩の半分程度で、まだまだ長い続きがあることを、こちらの「とてもとても素敵なブログ」の方に教えていただきました。(コメント欄参照)

それで漏れていた2行を足し、パラグラフの区切りは、私には判断できないので、
すべて4行で統一し、後半部分を追加したものを再度アップします。

前半だけで、多少わかったような気になっていた私ですが、後半部分を読んで、さらに理解が深まったように感じました。勘違いの可能性は多分にありますが、MJについて4年間毎日考え、泣きながら古典を読んでいるうちに、

教会の教えとは異なる神を理解しようとする、アーティスト達の永い伝統が多少は感じられるようになった気がして....

ウィリアム・ブレイクの「Auguries of Innocence」は『無垢の予兆』として多くの和訳がありますが、私訳では「無垢の気配」にしました。

また、自分が解釈した意味を強調して訳してある部分や、
あまり自信がもてない箇所もありますので、

日本語部分には充分ご注意のうえ、
気になる点は遠慮なくご指摘くださいませ。



下記は、前半部分です。


Auguries of Innocence
William Blake

無垢の気配

To see a World in a grain of sand,
And a Heaven in a wild flower,
Hold Infinity in the palm of your hand,
And Eternity in an hour.

一粒の砂には世界があり
野に咲く花には天国があり
きみの手は無限をつかみ
永遠のひとときを得る

A robin redbreast in a cage
Puts all Heaven in a rage.
A dove-house fill'd with doves and pigeons
Shudders Hell thro' all its regions.

籠の中の1羽のコマドリは
天上の怒りを
せまい鳩舎に押込められた鳩たちは
地獄の震えを

A dog starv'd at his master's gate
Predicts the ruin of the State.
A horse misus'd upon the road
Calls to Heaven for human blood.

一匹の犬が天国の門の前で飢えるなら
それはひとつの地域が滅びる前兆
一頭の馬が路上で酷使されているなら
人の血も流させよと天から命令がくだる

Each outcry of the hunted hare
A fibre from the brain does tear.
A skylark wounded in the wing,
A cherubim does cease to sing.

撃たれたウサギが一匹ずつ抗議の声をあげれば
脳髄の神経の1本1本が引き裂かれ
1羽のひばりが翼を傷つけられたなら
1人の智天使が歌うのをやめる

The game-cock clipt and arm'd for fight
Does the rising sun affright.
Every wolf's and lion's howl
Raises from Hell a Human soul.

闘鶏が戦いに備えて武装すれば

昇る太陽さえも脅かし

狼やライオンが吠えるたび

地獄にいる人々の魂は呼び覚まされる


The wild deer, wandering here and there,
Keeps the Human soul from care.
The lamb misus'd breeds public strife,
And yet forgives the butcher's knife.

野鹿はあちこち彷徨いながら
人の心を癒し
子羊は不法な競りにかけられても
肉屋のナイフを許す

The bat that flits at close of eve
Has left the brain that won't believe.
The owl that calls upon the night
Speaks the unbeliever's fright.

前夜に飛び回ったコウモリは
不信心な考えをもたらし
夜に訪れたフクロウは
無神論者の恐怖を語る

He who shall hurt the little wren
Shall never be belov'd by men.
He who the ox to wrath has mov'd
Shall never be by woman lov'd.

小さな鳥(ミソサザイ)を傷つける者は
決して男たちに愛されず
怒る雄牛を連れて行く者は
決して女に愛されない

The wanton boy that kills the fly
Shall feel the spider's enmity.
He who torments the chafer's sprite
Weaves a bower in endless night.

理由なきハエ殺しの少年は
蜘蛛の敵意を感じ
黄金虫の妖精をいじめる者は
独居で終わりなき夜を過ごす

The caterpillar on the leaf
Repeats to thee thy mother's grief.
Kill not the moth nor butterfly,
For the Last Judgement draweth nigh.

葉の上の毛虫は
汝の母の哀しみを繰り返し
最後の審判が近づいているから
蛾も蝶も殺すなという

He who shall train the horse to war
Shall never pass the polar bar.
The beggar's dog and widow's cat,
Feed them, and thou wilt grow fat.

戦争のために馬を訓練する者は
最終法廷(最後の審判)を通過することができず
落ちぶれた犬や未亡人の猫も
餌を与えれば太ることができる

The gnat that sings his summer's song
Poison gets from Slander's tongue.
The poison of the snake and newt
Is the sweat of Envy's foot.

夏の歌をうたうブヨは
毒から中傷を吸い取り
蛇やイモリの毒は
羨望からにじむ足の汗

The poison of the honey-bee
Is the artist's jealousy.
The prince's robes and beggar's rags
Are toadstools on the miser's bags.

ミツバチの毒は
芸術家の嫉妬で
王子のマントも乞食のぼろ着も
守銭奴のバッグに生えた毒キノコ

A truth that's told with bad intent
Beats all the lies you can invent.
It is right it should be so;
Man was made for joy and woe;

真実も悪意をもって語られれば
でっちあげよりも嘘になる
人がつくり出す喜びも苦しみも
正しくそれとおなじこと

And when this we rightly know,
Thro' the world we safely go.
Joy and woe are woven fine,
A clothing for the soul divine;

そして、このことを正しく知れば
わたしたちの世界は、安らかに進んでいき
喜びと苦しみは織物のように編まれ
神聖な魂の着物となる

Under every grief and pine
Runs a joy with silken twine.
The babe is more than swaddling bands;(*)
Throughout all these human lands;

深い苦しみと狂おしい思いの中には
喜びが柔絹のように編み込まれ
人が住む世界はどこまでもずっと
赤子が生まれたときにきつく巻かれた布以上のもの

_________




[PR]
by yomodalite | 2013-07-07 11:51 | 文学 | Trackback | Comments(7)

無垢の予兆/パティ・スミス詩集

f0134963_18371791.jpg
最近、10年ぶりに来日公演も行なったパティ・スミス。私も久しぶりに彼女の音楽を聴いたり、本を読んだりしてます。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2013-02-12 07:39 | 文学 | Trackback | Comments(0)

William Blake “The Tyger” Thriller 25 The Book

f0134963_756411.jpg

MJといえば、私は「ライオン」のことばかり気にしていたのですが、「Thriller 25 The Book」では、ウィリアム・ブレイクの “The Tyger”という詩が引用されています。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2013-01-25 08:53 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite