タグ:べガス旅行記 ( 8 ) タグの人気記事

Summerlin(べガス旅行記)

f0134963_15424959.jpg

『ONE』を観るという目的を果たし、ここまでの疲れもあって、すっかりお寝坊した翌日、べガスに来る前はショーを観る以外の時間は、ストリップのホテル巡りをしようって思ってたんだけど、

◎[Wikipedia]ラスベガス・ストリップ

いくつかのホテルを見て回ったら、ストリップの外に行ってみたくなって、でも、グランド・キャニオンとか、ネバダの大自然を体験するには時間が足りないし、レンタカーでドライブするのもいいなって思ったんだけど、数時間で2、3万とか高すぎるしぃ、

それで、立ち寄ったAriaホテルのコンシェルジュに「タクシーで簡単に行ける距離で、ストリップの外に行ってみたいんだけど、どこがいい?」って聞いたら、「Summerlin(サマーリン)なら、レストランやショッピングも出来ておすすめですよ」って言われて、出かけてみた。


f0134963_15432852.jpg


f0134963_15482544.jpg



f0134963_21340695.jpg




f0134963_21345146.jpg



f0134963_21363092.jpg



f0134963_15514691.jpg
(この住宅エリアに入っていった「Jetta」
ウィンドウから、ちらりと見えた横顔で
久しぶりに「ヤンエグ」という言葉を思い出した)




f0134963_15552317.jpg


「Paforminng Arts Center」と書かれた看板に引寄せられて歩いて行ったら、モーガン・フリーマンをひと回り大きくしたような警備員に声をかけられた。



f0134963_15565472.jpg


kumaさんが、とっさの機転で「バス乗り場を探しているんですが、、」と質問したら、「それなら、この図書館の人に調べてもらえばいい」と、ダンススクールを見学しようと思っていたのに、隣接していた図書館へと導かれた。



f0134963_15594691.jpg

(こっそりスマホで撮った図書館内)


f0134963_16013614.jpg
ヤング向けのコーナー)


f0134963_16025045.jpg
(日本語の絵本も。。)



本気で、バスに乗ってみたくなったkumaさんが、ストリップ行きのバスについて、図書館中の人に聞きまくっている間、ひとりでブラブラしていたら、図書館の至るところに、ハワード・ヒューズの写真が飾られていることに気づいた。



f0134963_16214395.jpg



MJのヒューズ大好き発言から(「MJ Tapes 第3章 “神秘性を操るということ”」)、彼に興味を持ち、調べはじめたのは、今から1年ほど前。ヒューズが、今のべガスの繁栄に大きく関わったことは知っていたものの、今回の旅行で、その痕跡を感じられるとは思ってもみなかったんですが、



f0134963_16221888.jpg


私が興奮していることがわかると、モーガン(さっきの警備員さんね)は、写真1枚1枚を解説せずにはいれらない様子で、ヒューズに会ったことがある。ものすごく背が高くて、、2度目にあったときは、映画のロケで、、とかなんとか、落ち着いた口調ながらも(本当にモーガン・フリーマンみたいな感じ)、しゃべりたくて仕方がないという感じて、語りだしたのだけど、私のヒアリング能力では、2、3割しかわからない。

しばらくして、映画『アビエイター』をどう思いましたか?と聞いたら、「その映画のことはよく知らない。でも、彼の真実はここにある」みたいな感じで、さらに展示写真の説明が続いた。



f0134963_20004938.jpg


帰国してから、調べてみたら、サマーリンは、住民の平均年収が1500万円以上の、ネバダ州でもっとも裕福なコミュニティで、お金で買える「アメリカ最高の場所」などと言われているらしい。ヒューズ・コーポレーションが街の開発をしていて、Summerlinという街の名も、ヒューズのおばあちゃんの名前から名づけられていた。



f0134963_20043780.jpg
(この図書館はヒューズの寄付によって出来たみたい)


バスが来るのを待っていると、『O』の開演に間に合わなくなりそうということが分かってきて、今度はタクシーを呼ぶのに四苦八苦していたら、子供のぬり絵のように青一色だった空が暮れてきた。


f0134963_20132579.jpg


モーガンは、人生の何もかもを知っているのに、それを人に伝える機会に恵まれていないせいなのか、旅人の私たちに、バスについても、ヒューズについても、電話をかけるときも、すごく親切にしてくれた。

夕陽をバックに彼の写真が撮りたくなって、お願いしてみたけど、「私は警備会社の人間ですから。。」と断られたことが、唯一残念だった。


(べガス旅行期はこれで終了)

後日追記:MJのラスベガスの家もサマーリンでした!


[PR]
by yomodalite | 2015-03-15 20:59 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

図書館にも行ったのだ。。(べガス旅行記)

f0134963_19253912.jpg



ラスベガスでは、図書館にも行ったのだ。

本がない生活なんて1日だって耐えられない。。



f0134963_19520255.jpg
Summerlin Libraryの中から




なんてことは全然なかったんだけど、

たまたま、偶然にも図書館に来てしまって、、

それで、

私は、ただ、美しい夕陽を見て、

「神様、世界を美しくしてくれてありがとうございます」

って祈ってたんだけどw、

(『Honoring the Child Spirit』より)


f0134963_19531348.jpg




隣で、kumaさんは必死の形相で公衆電話を使ってて、

というのも、

スマホを海外でも使えるようにしてあったはずなんだけど、

なぜか繋がらなかったり、

その電話番号ではダメとか言われてて、、

っていう話を聞きたい人は

いないと思うけど、、続きますっ!




[PR]
by yomodalite | 2015-03-14 18:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

シルク・ド・ソレイユ『O』(べガス旅行記)

f0134963_13264229.jpg


べガスまで行くんだったら、シルクの他の舞台も観たい。となると、やっぱり1998年初演からずっと高い人気を誇っている『O(オー)』は外せませんよね!

◎[参考記事]ラスベガス一の人気、O(オー)


でも、1列違っただけでチケット代が跳ね上がったりするし、日本から初めて観るショーの席を予約するのも迷いますよね。私たちが観た、正面の前から3番目の席を選ぶときも、ステージに近すぎて、首が疲れないかとか、日本で演劇(シルクではない)を間近に見たとき、彼らの濃いメイクが気になったこともあって、パフォーマーに近すぎることで興ざめしてしまう恐れや、情報によれば、水がかかることもあるということで、少し心配していたんだけど、




f0134963_13242515.jpg



結果的には、ステージが低いので、首が疲れることもなく、ものすごく細かいミストをほんの少しだけ感じただけで、むしろ、水のゆらめきや煌めきも見えて大正解!



f0134963_13574658.jpg


『ONE』でも体験したように、キャスト全員の表情がわかる楽しさから、あと1列だって、後ろには行きたくないぐらいでした。



f0134963_13253542.jpg
ステージまでの距離は『ONE』もこれぐらい近い。



このブログを見てくださっている方は『ONE』目当てでべガスに行かれると思いますが、それでも、ショーを2回楽しむとしたら『ONE』2回じゃなく『ONE』+『O』をおすすめしたいかも。




f0134963_13284539.jpg



ちなみに、1日で2回のショーを楽しむ場合、19:30開演の『O』終了後、全速力で、タクシー乗り場まで行ったら、21:30開演の『ONE』のキャストが登場するギリギリ前に間に合いました。ホテル前に来ているドライバーならわかると思いますが、マンダレイ・ベイの正面でなく、シアターに近い入口に行ってもらいましょう。




f0134963_16325626.jpg
f0134963_13302909.jpg
カジノで賑わう通路を、脇目も振らず一目散に駆け抜ける



シルクのショーは、開演前も色々と楽しませてくれるので、早めに着席して待っていた方が楽しいですが、、そういった部分でも、どちらかと言えば『ONE』に駆けつけた方がいいかも。。(『O』の方がより早い予約が必要みたい)




f0134963_13342578.jpg
「Café Bellagio」
(いわゆるアメリカンサンドを頼んだら、意外とレベルが高かった。
写真はセットのパンだけど)







『O』シアターがあるベラージオと言えば「噴水ショー」も有名で、私たちも観る気満々で、2度もベラージオに足を運んだのに、ショーの時間と重なってるせいもあるけど、なぜか1度も観られなかった(謎)





f0134963_16134610.jpg


ロスのシェラトンもそうだったけど、ベラージオでも、目立つ場所にすでに期間が終わっているはずの「春節」にちなんだ飾付けがされていました。と言っても、東京や大阪のように中国の方が多い印象はなくて、カジノやショーでもあまり見かけなかったんだけどね(春節が終わっていたからかな)。





[PR]
by yomodalite | 2015-03-13 19:13 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

タクシードライバーの思い出(べガス旅行記)

f0134963_10384895.jpg


『ONE』を観た翌日のこと。

とある場所にタクシーで出かけた私たちは、帰りのタクシーを呼ぶことがなかなかできなくて、観光客は誰も行かないような場所で、『O(オー)』の開演時間に間に合わなかったらどうしよう。。と焦りと不安ですったもんだした末に、ようやくホテルへの電話で、タクシーを呼ぶことが出来た。


☆More!!!
[PR]
by yomodalite | 2015-03-12 15:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

『ONE』を見終わって。。

f0134963_19444052.jpg



今回のべガス旅行は、kumaさんとの旅行だったのですが、元々ロス&べガスでツアーを組んでいたものの「のっぴきならない事情」により、旅行日の5日前に一旦キャンセルになり、その翌々日、べガス行きだけはなんとか遂行できることになったという、スタート時から、アクロバティックな展開で、


☆More!!!
[PR]
by yomodalite | 2015-03-12 00:44 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(4)

続・ラスベガス『ONE』に行ってきました!

f0134963_21094336.jpg


[写真追加しました!]
いくつかのホテルは、トラムと呼ばれる専用モノレールで繋がっていて、
こちらは、エクスカリバーからマンダレイまでのトラム。


☆More!!!
[PR]
by yomodalite | 2015-03-10 22:22 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

『ONE』が始まるまで。。

f0134963_00245349.jpg


ラスベガスで唯一やったギャンブル!



☆More
[PR]
by yomodalite | 2015-03-10 01:51 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

ラスベガス『ONE』に行ってきました!

f0134963_02320321.jpg


2夜で2回鑑賞。
初日がF席(前から6番目)で、翌日が2階のL席(12列目)。


☆More!!!
[PR]
by yomodalite | 2015-03-09 02:45 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite