タグ:きもの資料 ( 16 ) タグの人気記事

文士のきもの/近藤富枝

文士のきもの

近藤 富枝/河出書房新社




普段、きものを着ていると言うと「昔、お茶を習っていたときはよく着たのだけど...」とか、着ていく場所がないと言われる方が多いのですけど、わたしは、そういう「場所」には、着て行きたくないんです。だって、楽しくないうえに、お金がかかるし、、、

きものを着ることは、わたしの中では、十代の女の子が「ロリータファッション」を着ることと、近いような気がしていて、常にマナーが存在している集まりとか、きものでお出かけする人が非常に多いイベントとかには、なるべく近寄らず、ちょっぴり「異界」を楽しめるような「場」に着ていくことが多いんですね。

残念ながら、日本で一番、きもの人口が多い場所から遠くないところに住んでいるので、周囲から、あまり奇異な目では見られることもない(?)のは、忸怩たるものがあるんですが、気分は、あくまで「コスプレ」なので、どこに着ていっても恥ずかしくないとか、知的な装いなんて「冗談じゃない」というか(笑)「知的に見える」なんて「アホか!」と(笑)つい思ってしまいます。

どうやら、そういった恥ずかしくない装いというのは、なんとなく「武家の奥方」気分のようなんですが、昭和前期から中期にかけて、再発見された「武士」の、更にその「妻」の装いなんて、どんなものなのか、わたしには、全然想像つかないですし、現在行われているような「お茶会」も、千利休と、何の関係があるのかもまったくわかりません。

また、幸田文氏の“きもの”の話も大好きなんですが、幸田氏のおしゃれは「地味は粋の通り抜け」を極意とするもの。「粋」が死に絶えた時代に、そこを通り抜けるなんていうのも、やっぱり、わたしにはわからない。読書傾向からも想像がつくように、超雑食系なので、テーマを絞り込んだり、ひとつの世界を追求するのも苦手なんです。

本書「文士のきもの」には、幸田文氏だけでなく、明治・大正生まれの作家たち自身と、その作品の中の、きものに関する文章が、たくさん集められていて、著者は、明治・大正の文学の研究者にして、きものに関する多数のエッセイで知られる近藤富枝氏。

作家のことを、文士という言い方も、すっかり聞かなくなりましたが、現在の“武家の奥方スタイル”が、怪しげであることとは異なり、“文士”は、きもので暮らしながら、きものが生きていた時代を描いていて、そんな、かろうじて平成の世と繋がりを感じることが出来る歴史と、文化・風俗に触れられる、文学作品が多数引用されています。

・樋口一葉  一節流れるきものへの執着
・田村俊子  妖しさと華麗さと
・永井荷風  “時世粧”の女たち
・谷崎潤一郎  王朝のみやびを求めて
・舟橋聖一  唯美と官能
・立原正秋  紬の強さ、愛の強さ
・川端康成 「あわれな日本の美しさ」
・久保田万太郎  下町の前掛党
・宇野千代  男も大切、きものも大切
・宇野浩二、近松秋江  作家とモデル
・長谷川時雨  きものに託した女の運命
・岡本かの子  きものは人を表す
・夏目漱石  文豪の意外な姿
・幸田文  血縁のなせる業
・尾崎紅葉  装い変われば女も変わる
・円地文子  さりげなく、やさしく
・吉屋信子  すがすがしき少女
・中里恒子  誰に見せる為でもなく

樋口一葉は明治5年生まれ。この頃、鹿鳴館や洋装趣味が始まり、混在文化が生まれた時代ではあるものの、一般には、江戸時代そのままのきもの姿に変わりなく、縞、格子、絣の地味な着物に、襟には普段は黒繻子をかけている。

『十三夜』『たけくらべ』『わかれ道』など、作品の中のきものの描写も興味深いのだけど、一葉自身のきもの写真が面白い。歌塾“萩の舎”の記念写真では、この頃の若い娘の正装は、薄い色の振袖が多いのだけど、裾にも袖にも、華やかな柄はなく、3枚重ね、襟は白襟でなく、刺繍たっぷりの半襟が多く見られる。また、もう成人しているにも関わらず、肩の部分で縫い縮めているところや、まだ、裾が長い時代なので、開いて見せる部分の色の重ね方とか、きものと「正座」がイコールでない時代の座り姿なども興味深い。

この頃の半襟は、襦袢に縫付けておらず、女学生達は、学校の前で刺繍半襟を取って、白襟にしたり、スカーフのように扱っていたようですね。確かに縫付ける手間のせいで、もう白でいいか。ってなっちゃいますからね。

また、一葉以来の大器の女流作家と言われた、田村俊子は『あきらめ』で、当時の女子大生のきものを描いています。この頃の女子大生の袴は、オリーブ色、紫色、海老茶、緑色と色も様々。女性同士の恋愛が盛んだったこの時代には、裾にだけ模様があしらわれたマントに、靴、胸にはネックレス、金のブレスレットに、赤の長襦袢で颯爽と通学する者も少なくなかった。

他にも、紹介されている作品には、女優、芸者、婦人雑誌の女記者、料亭の女将など、様々な階層・職業の“きもの”が存在していて、ますます、コスプレ気分に火がつきそう。

歴史と文学の香り一杯で、女子のオシャレ心をも、刺激するお得な1冊。是非!


[PR]
by yomodalite | 2010-06-29 13:37 | きもの | Trackback | Comments(9)

浮世絵に見る江戸の暮らし (ふくろうの本)

橋本 澄子(編集),高橋 雅夫(編集)/河出書房新社




B5の天地を短くしたぐらいのサイズで、厚さ12ミリ程。カラー図版は巻頭の8ページだけですが、全ページにモノクロとはいえ大きな図版がたっぷりで見どころも読みどころも満載。1600円は超お買い得と言えそうです。

1988年初版にして、未だに大手書店サイトで販売されているのも驚き。


f0134963_12363021.jpg

内容は、下記の11項目。それぞれ10〜23点ほどの浮世絵とともに解説されています。

・江戸風俗と浮世絵(高橋雅夫)
・芝居と相撲(諏訪春雄)
・祭と市(山口桂三郎)
・お参りと物見遊山(佐藤要人)
・遊里(林 美一)
・士農工商(林 美一)
・食べもの(平野雅章)
・美人(佐藤要人)
・服飾(橋本澄子)
・髪形(橋本澄子)
・化粧(高橋雅夫)


最初の章「江戸風俗と浮世絵」には、浮世絵は現在美術史という側面からの研究派は進んでいるものの、本来の風俗画としての研究はあまり進んでいない。という実情から、絵画作品としてのフィクションや約束事をふまえ、その資料価値を取捨選択し、整理することの難しさを説いている。


f0134963_12393741.jpg


その例として挙げられているのが、「二十歳以上、三十歳以下の既婚夫人は必ず眉を剃っているにもかかわらず、浮世絵には眉を描いている」という。これに対して、はっきりとお歯黒をつけ、乳飲み子を抱えた母親の眉の剃りあとを「黄つぶし」にして、魅力を表現した歌麿の『名所風景美人十二相』を稀有な例として紹介している。

江戸の末期、天保十一年、大阪から江戸に出てきた喜多川守貞は深川に移住し、上方と江戸の風俗のあまりのちがいに興味を持ち、克明に記録した『守貞漫稿』とよばれている全33巻の大書の中で、当時の浮世絵に対して後世の誤解を招くのではないかとしきりに心配しているらしい。

藤原千恵子氏には『図説浮世絵に見る江戸の歳時記』や『浮世絵に見る江戸の一日』など同類の本も多いようです。


紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4309221491.html
______________

【BOOKデータベース】浮世絵を読みとく。江戸の風俗と生活。河出書房新社 (1988/07)



[PR]
by yomodalite | 2009-05-26 13:49 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

図説 着物柄にみる戦争

乾 淑子/インパクト出版会




実際に着物として着付けたものを期待していたのですが、ハギレによる柄図鑑がほとんどで、当時の着こなしがわかる写真や、コーディネート写真が1枚もないのは至極残念。

国威発揚というよりも、現代のアニメのヒーローなどと同じように、航空機や戦艦や兵隊が描かれていて、いわゆる吉祥柄として流行していた模様。戦争柄は男児のきものと男性の襦袢が主ですが、女性用の襦袢も多くあり、これは花柳界の女性が主に着用していたということで納得。

これらの着物が流行っていたのは日清、日露戦争を経験した明治から昭和20年代まで。近代日本史に興味のある方へ。

_____________

【BOOKデータベース】兵器や兵隊などを図柄に、日清日露・十五年戦争下で生まれた「戦争柄」165点を体系化し、カラー図版とともに解説。 インパクト出版会 (2007/07)



[PR]
by yomodalite | 2009-05-22 14:02 | 戦争・軍隊 | Trackback | Comments(0)

江戸小紋柄図鑑―染の里二葉苑

スタジオタッククリエイティブ



「江戸更紗柄図鑑」と同時出版された「江戸小紋」の図鑑。鮫、行儀、角通し。。。馴染みの江戸小紋以外に、まだまだこんなにも種類があったことに驚きます。

着物だけでなく、襦袢にぴったりな江戸小紋ですけど、今お店で扱っている襦袢は変に個性的な柄で地味な色あいばかりなうえに、お高いものばかり。地味な色の着物には、キレイな色の襦袢を合わせたいのに。

縞小紋とか、変わり献上、変わり網代、紗綾形、市松、分銅つなぎ、唐花菱、麻の葉に小花、松葉に梅、竹縞、、、の柄で綺麗な日本色の襦袢を2万円以下の既成品で作って下さるお店はないものでしょうか。

こちらのサイトでも小紋柄が見られます。
____________

【内容紹介】武士に好んで使われた格式のある文様から、江戸の庶民に愛された遊び心のあるユニークな文様まで、多くの粋な柄が存在する江戸小紋。長い歴史を持つ染色工房、二葉苑に引き継がれてきた江戸小紋の柄を200柄以上紹介します。スタジオタッククリエイティブ (2009/01)



[PR]
by yomodalite | 2009-05-19 17:28 | きもの | Trackback | Comments(0)

江戸更紗柄図鑑―染の里二葉苑

スタジオタッククリエイティブ




着物の日常を考えると、木綿着物の可能性をもっと追求したい今日この頃なんですけど、どうして縞、格子、絣柄ばっかりなんでしょうか。(しかも、その割にはいい縞も格子も少ない)

そりゃ縞は大好きですよ。でもどうして「更紗」の反物がないんでしょう?着物地だけでなく裏にも更紗を使いたいですよね。襦袢、羽裏、裾回し、現在の紬着物のモードにピッタリ合うし江戸時代も流行っていました。それなのに・・

そんな不満を抱きつつ、オールカラー150ページの本書の江戸更紗を羨望の眼差しで眺めようと思っていたのですけど、やはり観るだけでは至福というわけにはいかない。

『色っぽいキモノ』の井嶋ナギ氏が執筆しておられて、資料にはなりますが。。。

それにしても「二葉苑」が、反物も着物も扱わないで、雑貨(バレッタ、指輪、ペンダント、財布など)のみ販売しているなんて本当にがっかりですね。

「ユザワヤ」が未だにハイビスカス柄やクルマ柄の生地を堂々と銀座で販売しているのを目撃したのに次ぐがっかり感でしょうか。

「岡重」 ← 以前襦袢の生地を探し求めていたときには、こちらの会社にもがっかり致しました。

染と織の現場は、直接きもの女子にお売りになればいいのに。
_________

【内容紹介】江戸更紗はエキゾティックな模様と、江戸の染色独自の渋い色で日本で発展した更紗です。長い歴史を持つ染色工房、二葉苑に引き継がれてきた華やかで美しい更紗模様をカラーで紹介します。スタジオタッククリエイティブ (2009/01)



[PR]
by yomodalite | 2009-05-19 14:09 | きもの | Trackback | Comments(0)

江戸女の色と恋―若衆好み (学研グラフィックブックス)

田中 優子,白倉 敬彦/学習研究社




昨年のボストン美術館 浮世絵名品展」以来、浮世絵から探る江戸の実態から、興味が薄れることがないのですけど、中でも着物好きとしては、江戸のファッションの性倒錯ぶりには目を見張るものがありました。

春信の浮世絵に描かれた美少年は何者?、芸者がファッションも立ち居振る舞いも強い影響を受けた影間とは? などなど。。。

本書は、何故江戸ではこれほど「若衆」が人気があったのか?という疑問に答えてくれそうな期待で読みました。

図版たっぷりで1800円という安価なお値段。内容は想像以上に過激な春画ばかりなのですが、著者は田中優子氏と白倉敬彦氏という江戸風俗最強のコンビなので、厚さ10ミリ程度でも読みどころも見どころも満載。

「若衆」に関しては、あくまで江戸の女の感覚が中心なので、「粋」と共通感覚である男性中心美学の話がないのは、残念ですが、「若衆」を好んだ半分は、女であったという点は盲点でした。15、6歳の男子が振袖を着ているなど、今の感覚からすると驚きではあるのだけど、ファッションに男女の区別がなくなったのは、現在も同じこと。平和を貪った江戸の世は、思いのほか現代日本と似ているという感は益々深まった。
_____________

【MARCデータベース】美少年はなぜ江戸の女性たちを熱狂させたのか。女装した少年を抱く男装した女性、積極的な求愛。しかし江戸の女性たちが本当に若衆に求めたものは何だったのか? 江戸の女性の性愛を若衆を軸として読み解く。 学習研究社 (2003/03)



[PR]
by yomodalite | 2009-05-02 00:13 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)
f0134963_18413885.jpg

日活時代の清順の映画で、あまり注目されていない作品を記録しておきたいという動機で観たのですけど、芸者万竜役の久保菜穂子さんに魅了されました。



f0134963_18462348.jpg


これまで壇ふみ系統のお顔だなぁと思っていたぐらいでまったくノーマークだったのですけど、この映画での芸者っぷりはお見事!静止写真では上品過ぎる感じに見えますけど、馬賊芸者の万竜姐さん、動いているときはかなりやんちゃで啖呵の粋の良さも抜群なので、是非映画でご確認くださいませ。



f0134963_18493931.jpg



ウィキペディアによると1958年の『女王蜂』『女王蜂の怒り』での演技、日本映画随一と言われたスタイルの良さで、その後の女性任侠映画に大きな影響を与えたとあります。江波杏子の女賭博師シリーズが1966年〜、藤純子(現・冨司純子)の緋牡丹博徒シリーズは1968年〜なので、元祖「姐さん」といってもイイかも。



f0134963_1854523.jpg


『女王蜂』主演以前は、剣道場主の娘として育ち清純な色気、スタイルの良さで洋装姿が抜群であった。そうで、八頭身だけでなく、姿勢の良さと行儀を兼ね備えていたところが、あの着物姿の美しさだったのかなぁと納得。



f0134963_185686.jpg


江波杏子や藤純子の姉御も素敵なのですけど、久保菜穂子さんの魅力は江戸芸者の雰囲気を色濃く残しつつ、スタイルの良さが際だっているところ。地味な色合いの江戸小紋ずくしの衣装にほんの少しだけ見える襦袢の赤の美しさといったら。。。昔のきもの見たさに古い日本映画を観まくっているのだけど、まさかこの時代の清順映画でこんな正統派の芸者に出会えるとは!



f0134963_19658100.jpg


「斜め太鼓」のお手本!この映画は、いわゆる清順ぽい「絵」がない、普通の日活映画なんですけど、唯一、川地民夫が演じている、普段は賭場の壺ふりなのに、殺し屋のときだけ「怪人20面相」のような洋装という点だけが「変」でした。

________________

監督:鈴木清順/脚本:阿部桂一 木村威夫/美術:木村威夫
出演:小林旭(尾形)/川地民夫(吉村)/松原智恵子(おしげ)/久保菜穂子(万竜)
1964年作品



[PR]
by yomodalite | 2009-02-04 19:10 | 美男・美女 | Trackback | Comments(0)
f0134963_20333533.jpg


江崎英子さん(改名:江崎由梨)と、山口いづみさんの『大江戸捜査網』が終わってしまいました!

f0134963_20521272.jpg

終盤は着物が使い回しになってきたのであまり観ていなかったのだけど、
気がついたら土田早苗さんと、志保美悦子さんに(涙)。


隠密同心のメンバーが変わるときを一度も観たことがないので、お二人の最後は見届けようと思っていたのに。。。残念です。

志保美悦子さんは、女性アクションスターとして類いまれな魅力をもった人だと思いますけど、時代劇は着物への興味以外ないので、今後のシリーズは観る予定なし。

で、お吉と、お紺がいなくなるとほぼ同時に始まったのが『必殺仕事人Ⅳ』。


f0134963_20545683.jpg

このシリーズは1983年〜1984年製作なので、時代劇衰退期ギリギリですが、必殺シリーズとしては屈指の人気キャストでの2作目(Ⅲと同キャスト)。必殺Ⅲを観始めたときは、おりく(山田五十鈴)が出演していなかったときだったので、今回は特におりくさんに注目していました。

f0134963_20553069.jpg


着物への興味をもったきっかけは、20代の頃に観に行った『日本のおしゃれ展』ですが、日常的に着始めたのはアラフォーになってから。その頃、着物なら老後までおしゃれを楽しめそうだと思った私が学習心いっぱいで観て、考えを改めるべきか迷ったのは、NHK製作の杉村春子さんの着物への想いを特集した番組でした。

f0134963_2056041.jpg

杉村さんが、人形師のホリヒロシ氏にプレゼントした着物、愛蔵品の数々や歌舞伎の女形から学んだ身のこなし方や、着物の着方。。。それらは、驚いたことに、いずれもさっぱり美しくなかった。

特に首が短いことを気にして、衿を横に広目に開けた着方をされているのだけど、これが老化を一番感じさせる首元の皺を目立たせていて、おしゃれなスカーフ使いで、女優然としたスマートさを感じさせた洋装のときと違い、

とにかく老けて見えて、本当に一気に着物熱を覚めさせるほどの洋服有利な結果を見せつけられてショックでした。

で、それ以来、どうも着物の首元が気になって仕方がないんですね。

f0134963_21115192.jpg

で、山田五十鈴さん。


f0134963_21153982.jpg

色半襟の色が、江戸好みの渋い色あいが多くて、それも着物に合わせていつも替えておられます。御納戸、錆浅葱、紺青、紺桔梗、、、こんな色あいの無地の半襟を東京の呉服屋さんは揃えておいて欲しいですね。

生地屋さんで探しても、普通の木綿地でもなかなかないんですよね。

今でも着物世界では「粋ですね〜!」という言葉はよく耳にするんですけど、着物友だちどうしか呉服店の社交辞令にしかすぎなくて、
本当に「粋」な格好なんて見たことない。


f0134963_21291392.jpg


今の江戸の呉服屋で「粋」なものを探すのは一万円札を拾うよりむつかしいくらい。

粋な着こなしを求めて時代劇や昔の邦画を観ていたのですけど、連続時代劇の主役としては、山田五十鈴さん以上の方はいらっしゃらないのでは? 

縞のバリエーション、江戸好みの配色、大胆でシンプルな柄。。。


f0134963_21343542.jpg

おりくさんは、老後までおしゃれにきものを着ていきたいなぁと思う理想形だなぁ。


f0134963_18284811.jpg
f0134963_18291629.jpg
f0134963_18322583.jpg
f0134963_18341129.jpg
f0134963_18351890.jpg
f0134963_18363189.jpg




[PR]
by yomodalite | 2008-12-19 20:49 | きもの | Trackback | Comments(0)

残されたる江戸 (中公文庫)

柴田 流星/中央公論社




次回、田中優子氏の著作で一応「辰巳芸者」の件は終了の予定ですが、この本も江戸の芸者のことが気になって読んでみた本です。

1990年の中公文庫ですが、初版は明治44年、失われてしまった江戸を愛惜を込めて描いた柴田流星は作家で翻訳家でもあったらしいのですが、これが90年に文庫で復刊されたのは、たぶん挿絵を書いた竹下夢二によるところが大きいでしょう。

夢二は当時、江戸川に住んでいたらしく、この本の出版後、銚子にお島を訪ね「宵待草」が生まれたらしい。この挿絵は、明治42年に出版物が次々とヒットして、夢二全盛の兆しが見えていた時代なんですが、残念ながら、この本の「江戸川朝歌」という変名での仕事は、夢二の大正ロマンのスタイルとは異なっていて、気軽にペン?1本で書かれたもの。

とりあえず、芸者に関しての箇所のみ少し書き出してみます。

為永春水の作に次の如く書いてある。
「・・・・・上田太織の鼠の棒縞、黒の小柳に紫の山繭縞の縮緬を鯨帯とし、下着は、お納戸の中形縮緬、お高祖頭巾を手に持ちて乱れし鬢の島田髷・・・・・」

また、ソレシャ社会の驕奢を穿って、同じ人がこうも書いている。

「・・・・・極上誂織の白七子をお納戸の紋付に染め、江戸褄模様に翻れ梅、紅白の上絵彩色銀糸にて松葉を散らしに縫わせ・・・・英泉の筆意を頼み、下着は縮緬鼠のさや形、帯は花色勝山に色糸を以て阿蘭陀模様を堅縞の如く縫わせたらば類なくてよかろうか。黒の呉絽服に雨竜の飛び飛杉を菅ぬいにさせたらば如何だろう。


為永春水(1790〜1844年)は江戸後期の戯作者で、1842年に風紀を乱したとして「手鎖の刑」に処されているので、この描写は江戸の最後期の辰巳芸者の驕奢ぶりを表現していると思われます。

尚、本著は下記のサイトで読めます。↓

残されたる江戸/柴田流星
http://www.aozora.gr.jp/cards/000342/files/2391_18586.html
______________

【BOOKデータベース】夏祭り、風鈴と釣忍、薮入と閻魔、渡し舟、五月場所、苗売り、菊と紅葉、丑べに、筍めし、八百善料理、歳の市、浅草趣味、常磐津、清元、歌沢、江戸ッ児の教育などなど—。江戸の名所名物、年中行事、物売り、気質など、失われゆく江戸を明治人が愛惜をこめて綴る。明治という、江戸の面影が未だ色濃く残されている時代に纒められた資料生ゆたかな、明治版“江戸案内”。竹久夢二挿画十五葉入り。中央公論社 (1990/06)




[PR]
by yomodalite | 2008-11-13 22:09 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

図説 着物の歴史 (ふくろうの本/日本の文化)

橋本 澄子(編集)/河出書房新社



今年の夏のサントリー美術館での「小袖ー江戸のオートクチュール」展は、着物着用者に入場割引があったこともあり、老若男女さまざまなキモノ愛好者と、美しい小袖の展示が見られ、とても楽しいイベントでした。

「小袖ー江戸のオートクチュール」展

会場で売られていたカタログも何度眺めても飽きない美しさですし、

・江戸初期では、女子は立て膝が普通であったこと、江戸後期の方が初期より身幅がせまくなり、丈は長くなり、帯が幅広になったこと。

・歌川国貞の1853年頃の絵から、裕福な夫人と娘は染めの小紋に丸帯だが、使用人や売り子は紬か木綿というように、絹の着物が一般庶民のものではなくなったこと。また襟が大きく開いている着付けもオシャレができる裕福な階級の人にみられたもの。(ただし足袋は全員履いていない)

・慶応2年(1866)の勝海舟の娘の裾は長いが、明治24年(1891)の勝家の家族写真(正装)では、妻(60代以上に見える)は黒の紋羽織、長女次女は無地で裾が短い現在とほぼ同じような着物、三女のみ少し長めの裾を開けているが、襟は全員広く開いている。


などということもわかりましたが、小袖から今の着物の袖になったのはいつ頃か?という疑問の答えはありませんでした。

本著は、厚さ8ミリ程のソフトカバーなんですが、半分以上のページにカラー写真が掲載され、それ以外のページもほぼオールページ図版入りで1800円。お買い得だと思います。

・桃山から江戸初期
・江戸中期
・幕末から明治

までをカラー写真満載で見せ、残り2/1を、古墳時代からの「装いの歴史」としてまとめているのも、興味を惹きやすく面白い。ほとんどの文章を書いている橋本澄子氏は、東京国立博物館染織室長〜東京国立博物館名誉館員にして、青梅の櫛かんざし美術館の顧問もされていて内容が深いうえに読みやすい文章で流石です。ただ小袖から現在の着物への流れについてはやっぱりよくわからなかった。見落としているのかな〜

Les Livres

モードの世紀
____________

【MARCデータベース】着物の歴史をさかのぼると、小袖という衣裳にいきつく。小袖から着物への装いの美を、名品の写真とともにたどる。装いの歴史、色と文様、近世服飾品の素材と技法ほかも収録。 河出書房新社 (2005/8/20)



[PR]
by yomodalite | 2008-11-09 00:07 | きもの | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite