f0134963_21455953.jpg


上映会当日。急な東京行きをお安くあげたくて、高速バスで朝到着した身体には、10時チェックインや、大浴場も、岩盤浴も、案外正解だったりもして、翌日も朝からお風呂三昧を楽しんだあと、上映会場がある六本木ヒルズへ。

ようやくスクリーンで隊長に会える日なのに、長時間かけて着いた場所が池袋で、そこから銀座や新宿へ移動する間も、駅構内や自動改札の古さが気になったり、ルミネや銀座三越の天井の低さにびっくりしたり(東京の建物の天井が低いだなんて、今回初めて気づいた)、今日行く六本木も、かつての勤務地だったりして、なんだかテンションが上がりにくい心境だったのだけど、

六本木ヒルズは、完成してから14年も経っている施設ではあるけど、今も完成当時の魅力が失われることなく、いくつもの施設が複合的に合わさっていながら、それぞれレベルが高く、開放感のある構成は、今でも東京一素晴らしい商業施設だと思いました。

ここで、大阪でマイケルの上映会を主催されている、ななまるさんと、ビキちゃん(ふたりともケルTの着こなし方が上手!)、そしてchildspilitsさんとも合流して、上映会のチケットを手にすると、それまで『スリラー』じゃなくて、『ゴースト』の3Dじゃないと、なんて冷静だった私も、マイケルとスクリーンの組合せに興奮度が徐々に上がってきて、同じ思いで並んでいたキラキラした笑顔のファンの人たちのからの熱気もあって、ドキドキも収まらなくなってきて・・・

そんな4人がドキドキが抑えるのに、偶然見つけたお店は、北欧系の柄がかわいいカップが選べて、フレーバーコーヒーが楽しめるフィンランド式のお店。インスタ映えしないし、最近流行りのとは全然違う、小さくて四角いパンケーキがモチモチしていて、すごく美味しかった。

開場時間になって席に着くと、関係者席のすぐ後ろの真ん中で、イスの上には『スクリーム』の新CDがデザインされたバックが!(中は、スクリームTシャツ、タトゥシール、ゾンビお面)

それから、ケント・モリの素敵なあいさつとパフォーマンス、そして、ゾンビお面をかぶっての撮影会のあと、なんとケント・モリが私たちの席のすぐ後ろに!めったにそんなことしない私も、このときばかりは興奮してしまって手を伸ばすと、快くステキな笑顔で握手に応じてくれて、ますます感激。

ケントさんは、マイケル以上にものすごくキラキラと輝く靴を履かれていて、彼が通った道がすべてキラキラになるような感じだったんだけど、お顔の輝きは内から滲み出ちゃってる感じでした。

上映は、『ゴースト』から。

何度も見ているつもりの映像なのに、スクリーンサイズだと何もかもが違って見えるぐらい凄くて、マイケル以外の出演者や、舞台や衣装なども食い入るように見ていたのだけど、本当に全員が完璧で、たくさんの音とリズムに全身すべてがもっていかれてしまう。

そして、スリラー3D!

私自身はこれまでスリラーに感動した経験がないので、ケントさんや大勢の人がこのビデオに衝撃を受けた理由が未だによくわからなくて、スリラーとゴーストを比較すると、私の中ではいつもゴーストの圧倒的な勝利だったのだけど、今回スリラーを大きなスクリーンで観たことで、その差はかなり縮まりました。

終了間際の『キャプテンEO』の出演者の中には、時代性を感じさせるヘアスタイルの人が何人かいて、そんな中、マイケルだけが少しも古くなっていないことに驚かされたのだけど、スリラーや、ゴーストのゾンビたちは、今見てもまったく古くなっていなくて、特に、80年代のスリラーが古びていないのには本当に驚きでした。墓から蘇ったゾンビたちは、すでに朽ち果てていたから、というのが主な理由だとは思うけど、そこに、マイケルの戦略があったことも確実なんだと思う。

新しいものが大好きだったかつての私には、何度も繰り返して、何回でも見られるような芸術の凄さなんて、全然わかってなかったけど、音楽と映像の両方が、共に古びないというのは、本当にむつかしいことで、マイケル以外では、誰も為し得なかったことだと思う。

誰でも知っているような名作のミュージカルも、リメイクされることで、生き長らえているのであって、本人がそのまま、より立体化されたり、リマスター技術によって、音楽も映像も永遠に遺されていくなんて、今後もありそうにない。

ビジュアルは音楽よりも古くなりやすい。

そして、ラッセンや、ヤマガタの絵のように極端な売れ方をしたものは、消費され尽くされ、見向きもされなくなるものなのに・・。スリラーのように、これほど爆発的に売れていながら、さらに売れ続けるというのは、どういうことなのか? 

それはいまだに誰もわからない。でも、その最大の理由が「マイケル・ジャクソン」にあることだけは確かなことなのだ、と、あと100年経っても言われていそう。

上映前のドキドキは、終了後はため息へと変わって、何度深呼吸しても、やっぱりおさまらなかったけど、私たち4人と抽選にもれたため、終了後に合流した、ふうちゃんを合わせた5人は、このあと、世界中のマイケルファンに人気のイラストレーター、Hitomiさんの絵が飾られているセネガル料理のお店に移動。


正直、マイケルアートは苦手で、実物よりも何割も魅力が損なわれていることに、憤りすら感じることも少なくないのだけど、Hitomiさんの絵には、マイケルの香りが失われてなくて、TIIのオーディションでマイケルが言っていたように、美しい造花のようにはなっていない魅力がある。


f0134963_22230264.jpg



f0134963_22231366.jpg



f0134963_22232899.jpg



f0134963_22242027.jpg

Hitomiさん


Hitomiさんが私のブログを読んでいてくださったことにも感激しつつ、このあと、大阪へ帰るビキちゃんたちとはここで別れ、私とchildspilitsさんは、このあと、ジョージ・マイケルのドキュメントのために、再度ヒルズに帰った。

これを完成させてから、間もなく亡くなったというジョージ・マイケルのドキュメント映画も見たかったから。



[PR]
# by yomodalite | 2017-10-30 22:48 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite