めったにない傑作。ミステリーの枠を遥かに超えた水準の本格小説

日本のドストエフスキーという形容に偽りなく、最重量級の上下刊ですが、読了後も物語から離れがたい程でした。

著者は、3年半に渡り、グリコ森永事件の犯人逮捕の誤報を出した毎日新聞を取材したらしいですが、実際の事件の真相に迫ったかどうかは、もはや関係ないでしょう。

_____________

【MARCデータベース】「要求は20億。人質は350万klのビールだ。金が支払われない場合、人質は死ぬ。話は以上だ。」 一兆円企業・日之出麦酒を狙った未曽有の企業テロはなぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描く。
[PR]
# by yomodalite | 2007-03-14 15:13 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite