裁判のカラクリ

山口 宏,副島 隆彦/講談社

undefined



著者の山口氏は言う。齢45歳を過ぎて私はいま、ようやく左翼になろうとしている。70年代の学園紛争にも興味なく、政治に知らんぷりしたまま青年期を過ごした自分がこの年になって、体制批判をすることになるとは!

という嘆きがわかる人にオススメの書。

共著となっているが、全体を通して一人称で書かれていて、副島氏の文章はあとがきのみ。ただ、副島氏によると3割ぐらいが氏の文章らしい。

裁判・法律に詳しくない一般人が読んでわかりやすくためになる本。同じ共著の『裁判の秘密』続編。

【目 次】
第一章/弁護士とは何者か(一見さんはお断り〜)
第二章/裁判所が争いをつくる(常識と乖離した「雲助」判決文〜)
第三章/貸した金は返ってこないと思え(厚顔無恥な銀行経営者、中坊公平は正義の味方か?〜)
第四章/判決は先に決まっている(刑事訴訟法を駆使したオウム裁判〜)
第五章/検察の起訴は勝手気ままなもの(警察、検察は保護産業〜)
第六章/男にとって地獄の離婚裁判(離婚裁判では男女不平等がまかり通る、裁判官は美人に弱い?)
第七章/人権が通れば道理が引っ込む(国民的論議となった司法改革〜)
あとがき〜誰も書かない日本の裁判の裏側の真実/副島隆彦

____________

【BOOKデータベース】誰もが腹を立てる、裁判と日々向き合う辣腕弁護士が、生の現場から日本の法律社会の実態を暴いた、「弁護士版ナニワ金融道」—おもしろさ抜群!裁判の非常識。


[PR]
# by yomodalite | 2007-03-28 13:55 | 裁判・法律・犯罪 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite