石の扉 ー フリーメーソンで読み解く歴史/加治将一

石の扉―フリーメーソンで読み解く世界 (新潮文庫)

加治 将一/新潮社

undefined



竜馬とグラバーとの関係など、手堅くわかりやすくまとめられていて、司馬遼太郎氏による竜馬や、維新ファンにとっては、真実の竜馬を知るきっかけになりそうな本かも。
________

【BOOKデータベース】坂本龍馬の背後にはある秘密結社があった。一介の脱藩浪人の事績としてはあまりにも不自然な船中八策、薩長同盟、大政奉還。ある英国人との関わりから維新史を解き明かし、またピラミッド、十字軍、米国建国等々の謎もこの結社の暗躍を軸に読み解く。国内外の会員たちへの直接取材と綿密な調査によって最大最古の秘密結社フリーメーソンの真実に迫る衝撃のノンフィクション。

【著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より】
加治 将一/1948(昭和23)年札幌市生まれ。’78年より15年間、ロサンゼルスで不動産関係の業務に従事。帰国後、執筆開始。
[PR]
# by yomodalite | 2007-03-23 19:17 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite