戻り川心中/連城三紀彦

戻り川心中 (光文社文庫)

連城 三紀彦/光文社

undefined



藤の香/桔梗の宿/桐の柩/白蓮の寺/戻り川心中の5篇。

帯コピー「我が国のミステリ史上、もっとも美しくたおやかな“名花”」に偽りなし!めったにない傑作です。

★★★★★(満点)

「BLOG MYSTERY NOVELS」
http://ameblo.jp/toki-t/entry-10012949039.html
_____________

【BOOKデータベースより】大正歌壇の寵児・苑田岳葉。二度の心中未遂事件で、二人の女を死に迫いやり、その情死行を歌に遺して自害した天才歌人。岳葉が真に愛したのは?女たちを死なせてまで彼が求めたものとは?歌に秘められた男の野望と道連れにされる女の哀れを描く表題作は、日本推理作家協会賞受賞の不朽の名作。耽美と詩情—ミステリ史上に輝く、花にまつわる傑作五編。


[PR]
# by yomodalite | 2007-04-03 21:19 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite