<   2016年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

死は永遠の別れなのか: 旅立つ人の最期の証言から

デイヴィッド ケスラー/東京書籍



久しぶりに、マイケルが読んだ本を紹介します。

著者は実践的な死生学の第一人者。死生学ってそんなに耳にする言葉ではないように思いますが、個人の死とその死生観についての学問で、具体的には自己の消滅としての死に向き合うことで、死までの生き方を考える学問だそうです。(⇨Wikipedia)

本書の著者プロフィールによれば、ディヴィッド・ケスラーは、師匠であり、死生学の権威であるエリザベス・キューブラー・ロスとの共著『永遠の別れ』『ライフ・レッスン』をベストセラーにし、ホスピス関連で最大のベストセラーになった『The Needs of the Dying(死にゆく人に必要なこと)』は、マザーテレサに絶賛され、エリザベス・テイラーや、アンソニー・ホプキンス、マイケル・ランドンなどと共に、MJもケスラーのクライアントだったとのこと。

ディヴィッド・ケスラーのサイト、http://grief.com の「About David」には、他にもセリーヌ・ディオンや、ダイアナ妃、またMJの葬儀のときの写真もあるのですが、これらの写真をクリックすると、有名人の死の際、よくインタヴューを受けていることがうかがえるケスラーの動画に移動します。語っている内容はよくわからないものの、「実践的」と言われる感じがわかるというか、彼は、宗教の違いを超えて、幅広く受け入れられる「死」の話ができる人なのでしょう。

で、肝心の本書なんですが、

これが、マイケルの書庫にあったかどうかは確実ではなく、また、下記で見ると同じ著者の他書に比べて評価も低いのですが、


実際にマイケルに会い、クライアントとして接していたというケスラーの単著3冊の中から選択したというのが理由で、これ以外に読んでいないので、他書との比較はできませんが、読んでみて感じたのは、想像以上に「スピリチュアル風味」がなかったこと。

医療従事者が、患者が亡くなったときに実際に見聞きした体験が淡々と語られていて、これらのエピソードをまとめた著者も、話すと「信用に傷がつきますよ」と言われたことなどを冒頭で語るなど、ディーパック・チョプラよりも普通の「医者が書いた本」という印象。

マイケルがクライアントだったのが、いつ頃のことなのかもよくわかりませんでしたが、年の離れた多くの友人だけでなく、死を目前にした子供たちとも数え切れないほど多く接してきたMJには、死とどう向き合えばいいのか悩むことが多かったことでしょう。また、死後の世界をどう考えるかは、彼の信仰を深める上でも、重要な問題だったと思います。

本書にその答えがあるとは思いませんでしたが、デスベット・ビジョンについて、医療従事者の証言だけでなく、文学作品における話題などもありました。



[PR]
by yomodalite | 2016-05-30 06:00 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(0)

(スピーチは2:40~)





[読売新聞訳に一部抜けがあったので修正しました]

2016年05月27日、オバマ大統領が広島市の平和記念公園で行った演説の全文(英語+日本語)です。



Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.


71年前の快晴の朝、空から死が降ってきて、世界は変わってしまった。閃光(せんこう)と火の塊が街を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを見せつけた。


Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.


我々はなぜこの地、広島に来たのか。それほど遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力について思いをはせるためであり、10万人を超える日本の男性、女性、子どもたち、多くの朝鮮半島出身者、捕虜になっていた米国人を含めた犠牲者を追悼するために来た。


Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.


彼らの魂は私たちに語りかけている。もっと内面を見て、我々が何者か、我々がどうあるべきかを振り返るように、と。


It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.


戦争は広島だけに特別なものではない。多くの遺跡は、人類が初期の頃から、暴力的な紛争を行っていたことを示している。私たちの遠い祖先たちは、石から作った刃物や木から作ったヤリを狩猟の道具としてだけでなく、同じ人類に対して使うことを学んだ。


On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.


どの大陸の文明の歴史も戦争で満ちあふれている。食糧の欠乏や金に飢えて行われたり、国家主義の熱や宗教的な情熱で戦争に駆り立てられたりしたこともあった。帝国が台頭し、衰退した。人々は奴隷になり、そして解放された。それぞれの節目で、多くの無辜(むこ)の人々が苦しんだが、数え切れない犠牲者の名前は、時とともに忘れられた。


The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.


広島と長崎に残酷な結末をもたらした世界大戦は、世界の中で最も裕福で力のある国々の間で争われた。こうした国々の文明は世界の偉大な都市や素晴らしい芸術を生み出した。思想家は正義と調和と真実という思想を発展させた。だが戦争は、原始の時代と同様、紛争をもたらす支配欲や征服欲から生まれてきた。古くからのこのパターンが、制約を受けることなく新たな能力によって増幅された。


In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.


ほんの数年の間に、私たちと何ら変わりない6000万人もの男女や子どもたちが、撃たれ、殴られ、行進させられ、爆撃され、捕らわれ、飢えさせられ、毒ガスで殺された。


There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.


世界中にこの戦争を記録した場所がたくさんある。慰霊碑は勇気や英雄的な物語を伝え、墓標と空っぽの収容所は、言語に絶する悪行をこだまさせる。


Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.


しかし、この空に広がったキノコ雲の姿は、我々にはっきりと人間性の中にある矛盾を想起させる。我々の考えや創造力、言語、道具を作る力といった、人類が自然とは違うことを示してくれる能力が、我々に不相応な破壊力も与えている。


How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?


物質的な進歩や社会的な向上が、こうした事実を見失わせたのか。我々はどれだけたやすく大義の為だと暴力を正当化してしまうのか?(後半部が読売訳にはなかったので、この2行は私訳)


Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.


すべての偉大な宗教は愛と平和と正義への道を約束する。それでも、どんな宗教にも、信仰ゆえに人を殺すことが許されると主張する信者がいる。


Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.


国家は、犠牲と協力のもとに国民を結束させる話をしながら勃興し、注目に値する功績を成し遂げることもあるが、これらはしばしば、自分たちと異なる人々に対する抑圧や人間性を奪うものとしても使われる。科学によって我々は、海を越えて交流し、雲の上を飛び、病気を治し、宇宙を理解することができる。しかし、こうした同じ発見が、より効率的な殺人マシンに変わってしまうこともある。


The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.


現代の戦争は、我々にこの真実を伝える。広島がこの真実を伝えている。人間社会の進歩を伴わない科学技術の発展は我々の破滅をもたらしかねない。原子の分裂に導いた科学の革命は、道徳的な革命も求めている。


That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.


それこそが我々がここに来た理由だ。我々はこの街の中心に立ち、爆弾が落ちてきた瞬間に思いをはせずにはいられない。我々は、目にしたもので混乱していた子供たちの恐怖を感じずにはいられない。


We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.


我々は静かな泣き声に耳を傾けている。我々は、あの悲惨な戦争、それ以前に起きた戦争、今後起こりうる戦争で命を落とした全ての無辜の人々に思いをはせる。


Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.


そうした苦しみを言葉で言い表すことは出来ないが、我々は、歴史を直視し、こうした苦しみが再び起きないように自問する責任を共有している。


Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination, it allows us to change.


いつの日か、証言する「ヒバクシャ」の声は失われていくことだろう。しかし、1945年8月6日のあの朝の記憶は、決して消えることはない。その記憶により、我々は現状に満足してしまうことに対して戦うことが出来る。我々の道徳的な想像力をかき立てる。変化をもたらす。


And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.


そして、その運命的な日から、我々は希望を与える選択を行ってきた。米国と日本は同盟というだけでなく、友情を築いてきた。我々は戦争で得られるものより、はるかに多くのものを勝ち取った。


The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.


欧州の国々は連合を築き、戦場を貿易と民主主義の同盟に変えた。抑圧されていた人々や国々は、解放を勝ち取った。国際社会は戦争を回避し、核兵器を制限し、減らし、廃絶する制度や条約を創設した。


Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.


依然、国家間の侵略行為やテロ行為、政治的腐敗、残虐行為や圧政はこの世界に存在しており、我々の仕事が決して終わっていないことを示している。我々は、悪を働く人間の能力をなくすことは出来ないかもしれないので、国家や同盟は自らを守る手段を持つべきだ。


Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.


だが、我々のように核の備蓄を持つ国々の間で、核兵器が完全に廃絶される世界を求め、恐怖の論理から脱却する勇気を持たなければならない。我々は、私が生きている間にこの目標を実現させることはできないかもしれない。


We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.


根気強い努力は破局の可能性を減らすことができる。我々は(核兵器の)備蓄の破棄につながる道筋を描くことが出来る。我々は、新たな拡散を止め、死をもたらす物質が狂信者の手にわたらないようにすることができる。それでも、まだ、十分ではない。私たちが住む今日のこの世界では、粗末なライフルやたる爆弾が、暴力をさらにひどい規模にしかねない。


We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.


我々は、外交を通じて紛争を防ぐため、始まってしまった紛争を終わらせるため、戦争そのものに対する考え方を変えなければならない。暴力的な競争ではなく平和的な協力によって我々の相互依存を深化させる。破壊能力ではなく、我々が築いてきたものによって我々の国を位置づける。おそらく何より、我々は人類の一員としての互いのつながりを考え直さなければならない。これが、我々の(人間としての)種をほかにないものにしている。


We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.


我々は過去の誤りを繰り返すように遺伝子に組み込まれているわけではない。我々は学ぶことができる。我々は選択することができる。我々は子供たちに異なる物語を伝えることができる。共通の人間性を語り、戦争が起きる可能性を低減し、残酷な行いを容易に受け入れないという物語だ。


We see these stories in the Hibakusha: the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.


我々はそれらの物語を「ヒバクシャ」に見ている。ある女性は原爆を落とした飛行機のパイロットを許した。彼女は本当に憎んでいるのは戦争そのものだと気づいたからだ。ある男性は、ここで犠牲となった米国人の家族を捜し出した。彼にとって、米国の犠牲も日本の犠牲も同じだと信じていたからだ。


My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."


私の国の物語は、シンプルな言葉で始まった。「全ての人間は生まれながらにして平等であり、創造主によって、生命、自由と幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている」(米独立宣言)。


Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.


その理想の実現は、米国の中でも、米国民の間でも容易だったことはない。しかし、その物語に対して正直であろうと努力する価値がある。それは、懸命に努力するための理想だ。大陸や海を越えて広がる理想だ。


The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.


全ての人に不可欠の価値だ。全ての命は貴重であるという主張だ。我々は人類という一つの家族を構成しているという根源的で不可欠な考え方だ。それが、我々が伝えなくてはならない物語だ。


That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.


これが、我々が広島を訪れる理由だ。 だから、愛する人のことを考えることができるだろう。朝に我々の子供が見せる最初の笑顔。キッチンテーブル越しの配偶者の優しいふれ合い。親からの優しい抱擁。


We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.


我々はそうしたことを考えることができ、71年前の広島で、同様の貴重な時間が営まれていたと知っている。


Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.


亡くなった人々は、私たちと同じような人々だった。ふつうの人はこうした考えが理解できると思う。彼らはもう戦争は望んでいない。科学の奇跡を、命を奪うためではなく、暮らしをよりよいものとするために使ってほしいと考えている。


When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.


国家の選択や、指導者の選択が、この単純な英知を反映した時、広島の教訓が生かされたということだ。


The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.


世界はここ(広島)で一変した。しかし今日、この街の子供たちは、平和な日々を歩むだろう。それはなんと貴重なことか。それは守るに値することで、全ての子供たちへ広げていく価値がある。


That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.


それは我々が選択できる未来だ。広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして知られなければならない。



◎日本語(読売新聞)

◎英語(日経新聞)


※日本語訳は、ハフィントンポスト、NHK、読売の3種類を見比べて選びました。読売新聞訳の抜けは、NHKにはなかったのですが、自分には書けない感じの日本語文体が参考になると思い、読売を選びました。



[PR]
by yomodalite | 2016-05-28 11:56 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)
f0134963_11124081.jpg


NHK『SONGS』のプリンス特集が、想像以上に良かった。

実質30分に満たない内容で、事前の番組表では、Let’ Go Crazy、When Doves Cry、KISS、Purple Rainというまたもや、90年以降を全無視した選曲になってて、もうベタ過ぎ・・BSの「PRINCE~創造にみちた天才の軌跡」から、『サイン・オブ・ザ・タイムス』の映像を抜いて短く編集して、PV流すだけ?と思っていたんだけど、

放送では、その3曲に「Lovesexy」ツアー(ドルトムント ヴェストファーレン・ホール)の映像が使われてて大興奮。



f0134963_11394204.jpg

Let's Go Crazy





f0134963_11420181.jpg




f0134963_11423016.jpg

When Doves Cry





以前、一度だけこの公演を放送したとか言ってたけど、もう一度全編放送して欲しいなぁ。プリンスのライブ映像って、みんなものすごく飢えてるよね。それから、ネット時代に堂々と「日本未公開」と言われてもピンとこないものの、インタヴューは、1999年の「ラリーキングショー」。



f0134963_11471331.jpg
(過酷な子供時代だったようですね。それが音楽に影響を?)



f0134963_11514035.jpg




f0134963_11521864.jpg
(自分の音楽をどう定義しますか? )




デヴュー当時からのマイケルとのライヴァル関係とか、番組の情報的なことはどうでもよかったんだけど、「Lovesexy」ツアーのプリンスが見られたのが、とにかく素敵で、、どこでもこればっかりで、そのせいで、なんだかキライになりそうだった『Purple Rain』なんだけど、欧米では、こういう慈愛に満ちた歌はあんまりなくて、やっぱり、プリンスに相応しい曲だよね。このライブで聴けて良かったなぁ。。




f0134963_11432431.jpg

Purple Rain




再放送は、通常のスケジュール通りなら、来週木曜(6月2日)22:50~ 見逃した方は要チェック!





[PR]
by yomodalite | 2016-05-27 12:07 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)
f0134963_11270699.png



映画の宣伝文には、園子温監督が本当に作りたかった初めての映画・・ なんて書いてあって、他の監督ならそんなこともあるかもしれないけど、数多くの自主映画を一般公開し、多くの斬新な意欲作でここまで成功をおさめた園監督に、そのコピーはないんじゃないかと思いつつ、いつものように、極少ない情報だけで観にいったのだけど、

映画が始まるとすぐに「撮影協力」という画面になり、そこには浪江町など、福島県のいくつかの町の名前が・・・園監督の、原発事故後の福島を描いた『希望の国』という映画も印象に残る素敵な映画だったけど、この映画にも福島が関係しているの?・・という疑問は、タイトルロールの直前になって、少しだけ理由がわかる。

モノクロ映像だけでなく、水道の蛇口などへのクロースアップを多用した映像から、大好きな『イレイザー・ヘッド』を思い出したけど、それはデヴィッド・リンチ風の美学というわけではなく、主人公の女性が暮らす昭和の雰囲気が漂う狭い部屋の実体は、最近見た『ルーム』よりも衝撃的。

上映前の劇場予告では、『エクスマキナ』が紹介されていて、そちらはまだ見ていない映画ではあるけど、日本に住む私たちにとっては、『ひそひそ星』の方を見るべきでは、と思う。

パワフルで饒舌というイメージがある園子温作品ですが、これは詩的で、とても静かでありながら、狂おしいほどの感覚を呼び覚ます映画。必見です!


f0134963_13244114.jpg




終映後、同日上映で、『園子温という生きもの』も観た。

こういったドキュメントが映画館で上映されるということからも、園子温の人気ぶりがうかがえますが、実際に、誰が撮っても面白くならないわけがないという水準はクリアしてます。『ひそひそ星』のメイキングという内容も多いのですが、映画を見る前に観ても、特にネタバレということはないので、時間が戻せるなら、『ひそひそ星』の詩的な印象をより心に留めて帰りたかった。

でも、これも「今」観ておくべき映像だったことは間違いなかったと思う。




2本の映画の上映前には、菅田将暉と池松壮亮が主演する映画『セトウツミ』の予告編を2種類観て、両方とも笑いました。今ノリに乗ってる菅田将暉ですが、会話だけで、ここまで笑わせてくれるなんて、流石、大阪出身で、ダウンタウンを「この世で一番逢いたい人」「下手したら泣く」(「ダウンタウンなう」でついに面会。本当に泣いていた)「浜田さんにツッコまれて、松本さんにボケられたら死んでもいいです」というだけあって、タイミングとか、めちゃくちゃ勉強してることがよぉーーくわかって、ますます大好きになってしまいました。




[PR]
by yomodalite | 2016-05-26 11:59 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
[2016.10.15 追記:限定ブログの閲覧希望は締め切らせていただきました]

「マイケル・ジャクソン対話集」は、

・Honoring the Child Spirit

・The Michael Jackson Tapes

の2冊に、

・Private Conversations in Neverland with MJ

・Remember the Time:Protecting MJ in His Final Days


さらに上記2冊の本加えてリニューアルします。

◎読みたいという方へ

これまでに、このブログや、「マイケル・ジャクソン対話集」のスタッフブログなどにコメントをしたことがあるという方のみの「限定公開」とさせていただきます。

ハンドルネーム(コメントのときに使用したニックネーム)とブログへの感想など、簡単なメッセージを添えて、yomodalite☆excite.co.jp (☆ → @)まで、メルアドをお知らせください。yomodalite から「閲覧者に招待されました」というメールが届きます。

閲覧には、Google アカウントが必要ですが、お知らせいただくメルアドは、gmailアドレスでなくてもかまいません。また、読者は、他の読者の情報はわかりません。読者のメルアドはブログの管理人(1名)が管理しています。メルアドを流用することは絶対にありませんが、スタッフがお知らせしたいことがある場合は、メールをお送りするようなこともあるかもしれないということをご了承ください。

◎はじめまして。という方の場合(2016.5.23以降のコメントはこちらになります)

メールで、簡単ではない自己紹介(ブログや使用しているSNSがあれば、そちらも)と、このブログへの感想をお書きいただいた上で、下記の作業のお手伝いをしてくださるという方に限らさせていただきます。

スタッフ間では、本からスキャンしたテキストを使用しています。ただ、スキャン精度が低いせいで、文字化けの頻度が高く、オリジナルの原稿に修正するのに大変手間ががかかっています。この作業を分担してください。

・英語力はまったく必要ありません。
・お送りするテキストファイルを原文と照らし合わせテキストを修正してください。
・ご応募いただいた方には、試しに文字化け原稿を数ページ分お送りしますので、携帯以外のメルアドをお知らせください。
・本はご自身でご購入ください
(本の購入はお申し出のあと、こちらからの返信後にお願いします)

☆9.26追記:募集は終了しました。

◎関連記事


[PR]
by yomodalite | 2016-05-23 07:00 | ☆マイケルジャクソン書籍

最近のプリンス記事から

f0134963_22121636.jpeg


突然の訃報から湧き出たたくさんの記事の中から・・


左頬に「SLAVE」と書かれていた頃。


初の自伝は、どこまで進んでいたのかな・・


アメリカ労働界からも追悼が・・


このときはギターじゃなくてベースだし、プリンスはMJに踊って欲しかったんだと思うんだけどなぁ(リンク先2番目の動画の話)


イヤホンで何度も聴いちゃった・・






私は松田聖子が出てくる問題で間違えちゃった(悔)


バスケが得意!


ここでも、バスケの話が・・


言われてみると・・・


プリンスがMJに送ったメッセージについて詳しく紹介されてます


当時、私がなりたいアーティストの1番もシーラEだった・・・



1990年日本公演のリハーサル





Cream、I could never take the place of your man、
Sweet Thing、Sometime in Snow April
をアンプラグドで(2004)





[PR]
by yomodalite | 2016-05-20 07:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

和訳 PRINCE “GOLD”

f0134963_22183375.jpg



1995年のアルバム「Gold Experience」の最終曲 。

何度か紹介したことがある、大好きな曲なんですけど、

いざ、訳詞を考えてみると結構悩みました。

気になる点は、遠慮なくお知らせくださいませ。



"GOLD"


There's a mountain and it's mighty high

You cannot see the top unless you fly

And there's a molehill of proven ground

There ain't nowhere to go if you hang around


そこにある山が、とてつもなく高ければ

飛ばない限り頂上は見えないし

開拓され尽くした土地にはモグラ塚がぽつんとあるだけ

同じ場所を彷徨っていたって先は見えない


Everybody wants to sell what's already been sold

Everybody wants to tell what's already been told

What's the use of money if you ain't gonna break the mold?

Even at the center of fire there is cold

All that glitters ain't gold

All that glitters ain't gold, mm


誰もが売りさばかれたものを売りたがり

誰もが語られたことを語りたがる

型を打ち破るつもりがないなら

お金にどんな意味がある?

炎の中心でさえ、冷めた部分がある

輝いているものすべてが黄金ではないんだ


There's an ocean of despair, there are people livin' there

They're unhappy and each and every day

But hell is not fashion, so what you tryin' to say?


絶望に沈んだ海があり

そこで暮らす人々がいる

彼らは毎日が不幸で

その地獄も一時的なものじゃないなら

君はなんて声をかけるんだろう?


Everybody wants to sell what's already been sold

Everybody wants to tell what's already been told

What's the use of money if you ain't gonna break the mold?

Even at the center of fire there is cold

All that glitters ain't gold, no, no

All that glitters ain't gold, no, no


誰もが売りさばかれたものを売りたがり

誰もが語られたことを語りたがる

型を打ち破るつもりがないなら

お金にどんな意味がある?

炎の中心でさえ、冷めた部分がある

キラキラしているものがみんな黄金ってわけじゃない

輝いているものすべてが黄金ってわけじゃないんだ


There's a lady, 99 years old

If she led a good life, heaven takes her soul

Now, that's a theory and if you don't wanna know

Step aside and make a way for those who want to go


99歳の女性がいる

彼女が良き人生を送ったなら

天国は彼女の魂を引き受ける

今、そんなセオリーを知りたくないというのなら

先を行きたい人のために、道を譲ってくれないか


Everybody wants to sell what's already been sold

Everybody wants to tell what's already been told

What's the use of bein' young if you ain't gonna get old?

Even at the center of fire there is cold


誰もが売りさばかれたものを売りたがり

誰もが語られたことを語りたがる

人が年をとらないとしたら

若さになんの意味がある?

炎の中心にも、冷めた部分はあるのさ


All that glitters ain't gold, no, no, no, no, no

All that glitters ain't gold, alright, all that glitters

All that glitters, all that glitters ain't gold


輝いているものすべてが黄金ってわけじゃない


Na na na, na na, na, na na, na na

(Gold, gold, gold, gold)

Na na na, na na, na, na na, na na

(Gold, gold, gold, gold)

Gold, gold, gold


All that glitters ain't gold, gold, gold

All that glitters ain't gold, gold, gold

(Na na na, na na, na, na na, na na)


キラキラしているものがみんな黄金ってわけじゃない


All that glitters ain't gold, gold, gold

(Na na na, na na, na, na na, na na)

All that glitters ain't gold, oh, oh yeah


輝いているものすべてが黄金じゃない


One, two, one, two, three, let's go


Na na na, na na, na, na na, na na

Na na na, na na, na, na na, na na

Na na na, na na, na, na na, na na


(Na na na, na na, na, na na, na na)

You are now an official member

Of the New Power Generation

Welcome to The Dawn


(ナレーション)君は新時代を生きる一員

ようこそ、この「夜明けに」


(訳:yomodalite)


コメント欄に、この和訳を修正した経緯があります。






[PR]
by yomodalite | 2016-05-18 07:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(8)

プリンスの名曲

f0134963_12075017.jpg



突然の旅立ちの前に、私が選曲した「プリンスにイマイチ慣れないMJファンにオススメの私的セレクション」はここと(→)と、ここに(→)書いたんですが、


下記は有名雑誌が選んだプリンスベスト。


( )内は、私的ベスト(38曲)とカブってる曲です。



1990年以降の曲が少ない

◎NMEが選ぶ、プリンスの究極の名曲 20曲


“I Wanna Be Your Lover”(1979年)

ディスコ黄金期が終わりに差し掛かっていた1979年にリリースされたプリンス初のヒット作・・・(リンク先参照)


“Little Red Corvette”(1982年)

実際にプリンスがこのディスコ・ファンクのアンセムの着想を得たのは、バンドメンバーだったリサ・コールマンが所有していたピンク色のエドセルの車内で眠っていた時だった。・・・(リンク先参照)


“Raspberry Beret”(1985年)

プリンスがつまらないアルバイトや女の子と納屋での愛の営みなどを題材にすることで、ただの人間として我々と交流している・・・(リンク先参照)


“Purple Rain”(1984年)

この9分間にプリンスが愛される要素はすべて濃縮されている。・・・(リンク先参照)


“Alphabet Street”(1988年)

素晴らしい理由は2つある。1つ目はリリース時に販売禁止にならなかったこと(かつて、明らかにオーラル・セックスを題材にした曲がトップ10入りしたことはない)・・・(リンク先参照)


“When Doves Cry”(1984年)

チャートに載るヒット曲を妥協なしに生み出せるポップ・アーティストとしてのプリンスの才能が詰まっている。・・・(リンク先参照)


“1999”(1982年)

恐らくプリンスの中でも出色の1曲となる“1999”は、彼の音楽的な天賦の才を網羅した曲だ。・・・(リンク先参照)


“Kiss”(1986年)

プリンスは、マザラティというファンク・バンドにこの曲を提供する前、当初アコースティックな曲として制作していた。・・・(リンク先参照)


“Sign O’ The Times”(1987年)

1987年のベスト・シングル・オブ・ザ・イヤー。音楽の境界線を押し上げたプロテスト・ソングでもあり、フェアライト製のシンセサイザーから響く最小限の電子音の向こうに激しい社会的メッセージを秘めている。・・・(リンク先参照)


“U Got The Look”(1987年)

この曲ではコーラスにシーナ・イーストンを起用している。彼女のためにプリンスはセクシーな“Sugar Walls”という曲を提供している。・・・(リンク先参照)


“Money Don’t Matter 2 Night”(1991年)

ヴォーカルは割れてしまっているが(幸運なスタジオでのアクシデントとして、プリンスは敢えてそのままにした)メッセージは明白だ。すなわち、甘い金(sweet dollar-dollar)より大切なものが人生にはある、ということ。・・・(リンク先参照)


“Diamonds and Pearls”(1991年)

目を閉じて結婚式を想像して(自分が本当にやるというんではなく)この曲をかけてみる。・・・(リンク先参照)


“Beautiful Ones”(1984年)

プリンスの最高にエモーショナルな歌の1つで、あのすべてを凌駕するアルバム『パープル・レイン』の核となる要素の一つでもある。・・・(リンク先参照)


“I Would Die 4U”(1984年)

イエスキリストについての歌なのに恋人への熱烈なラヴレターのような曲をプリンスは作り上げたが、この曲にプリンスの天才性が潜んでいるのは明白だ。必然だが、彼が「僕は女ではない。僕は男でもない。僕は君が決して理解できない何かなのさ」と歌う時、彼自身についての完璧な総括のように聞こえる。今聴くと、彼は永遠のようでもあり、そもそも最初からこの地上に属していなかったかのようにも思えてくる。


“Controversy”(1981年)

その死に至るまで、プリンスは謎めいた存在だった。しかし、1980年代のビッグネームの1人として、彼はメディアと増え続ける「道徳的多数派」からの前例のないような厳しい視線にさらされた。彼らは、プリンスの過剰にセクシャルな歌詞と、彼から感じるジェンダー基準の危うさに、アメリカの感受性が脅かされていると判断したのだ。マイケル・ジャクソンの助けを求めるサインとしての“Leave Me Alone”とは違って、プリンスのこういう「論争」に対処するやり方はただ小バカにしたように相手を見透かすだけだった。歌詞もこう始まる。「信じられないぜ/みんなが言ってること/論争ってやつ/僕が黒人か白人かだって?/僕がストレートかゲイかだって?」 そして主の祈りを唱えたあと、マントラが来る。「みんなは僕が無礼だと言う/みんなが無礼だといいと思う/黒人も白人も同じならいいなと思う/規律なんてなければいいと思う.」これは当然だが、とってもファンキーでもある。アーメン!


“Darling Nikki”(1984年)

CDを手にした時によくあるペアレンタル・アドバイザリーのステッカーをご存知だろうか? お母さんやお父さんをウンザリさせ、子供たちは一層そのアルバムが欲しくなるアレだ。このステッカーが生まれた経緯に関しては、プリンスと彼の“Darling Nikki”による影響が大きい。・・・(リンク先参照)


“I Could Never Take The Place Of Your Man”(1987年)

プリンスはいつも最善を尽くすことに正直な人だった。このギラギラのポップ・ロックの歌詞では、彼は一夜限りの情事(自分はそれに「ふさわしかった」んだと彼は強調しているが)を断っている。理由は、彼が声をかけた謎の女性が、関係のさらなる進展を求めたからだ。・・・(リンク先参照)


“Bambi”(1979年)

1979年のプリンスのセルフタイトル作からの楽曲で、若い同性愛の女性に激しく恋をし、人生は「男と一緒の方がベターだ」と説得を試みる歌だ。・・・(リンク先参照)


“The Most Beautiful Girl In The World”(1994年)

1994年の全英チャートで1位となったこのシングルよりも、スムースで巧みなR&Bジャムはない。これはプリンスの唯一のUKでのナンバー・ワン曲だ。「君こそが、神が女性を創造した理由なんだ」というような歌詞から察するに驚くに当たらないが、この曲が捧げられた女性のメイテ・ガルシアは、後に彼の妻となった。1996年のバレンタイン・デイのことだった。


“Sometimes It Snows In April”(1986年)

ブラのストラップだけでなく心の琴線をグッと引っ張るのがプリンスのお決まりのスタイルだった。1986年の“Sometimes It Snows In April”はある友人の死を歌った心を奪うバラードだ。「すべて良いことには終わりがあるんだ」とプリンスは海のように深い感情を込めて歌う。「そして愛は、終わってみて初めてそれと気付かされるんだ」と。我々も今、それがわかったよ。


(I Wanna Be Your Lover、Raspberry Beret、U Got The Look、Diamonds and Pearls、The Most Beautiful Girl In The World、Sometimes It Snows In April の6曲)




以前(2012)も紹介したけど、アンリリースド率が異常に高い

◎ガーディアンが選んだベスト20


1. Crystal Ball (unreleased, 1998)

2. Electric Intercourse (unreleased, 1983)

3. Others Here With Us (unreleased, 1985)

4. All My Dreams (unreleased,1985)

5. Wasted Kisses (New Power Soul, 1998)

6. Empty Room (C-Note, 2003)

7. Mutiny (The Family, 1985)

8. Colonized Mind (Lotusflow3r, 2009)

9. Space (Universal Love Remix, maxi-single, 1994)

10. Xenophobia (One Nite Alone…Live!, 2002)

11. Moonbeam Levels (unreleased, 1982)

12. Love (3121, 2006)

13. The War (tape-release, 1998)

14. Future Soul Song (20Ten, 2010)

15. Dance With The Devil (unreleased, 1989)

16. Billy (unreleased, 1984)

17. Can I Play With U? (unreleased, 1985)

18. Just as Long As We’re Together (For You, 1978)

19. U Will B … With Me (unreleased, 2011)

20. F.U.N.K. (internet-only, 2007)


(こちらは超マニア選曲なのでカブリ曲はゼロなんだけど、『3121』(“LOVE”)、『Lotusflow3r』(Colonized Mind)・・は、聴くたびに、どんどん好き度が増してくる曲!




☆この中ではもっとも共感というか、プリンス好き感が「わかる」

◎bounce編集長による、世代を超えて多大な影響与えた殿下の名曲10選


“Art Official Cage”

2014年作『Art Official Age』収録曲


“Cinnamon Girl”

2004年作『Musicology』収録曲


“Betcha By Golly Wow”

96年作『Emancipation』収録曲


“The Most Beautiful Girl In The World”

94年のシングル


“Sexy M.F.”

92年作『Love Symbol』収録曲


“Gett Off”

91年作『Diamonds And Pearls』収録曲


“She's Always In My Hair”

85年のシングル“Paisley Park”収録曲


“How Come U Don't Call Me Anymore”

82年のシングル“1999”収録曲。


“My Love Is Forever”

78年作『For You』収録曲


“I Wish U Heaven”

88年作『Lovesexy』収録曲


(Cinnamon Girl、The Most Beautiful Girl In The World、の2曲)



☆ベスト版だけ聴いてテキトーに選んだとしか思えないww

◎ローリング・ストーン誌「The 10 Best Prince Songs」


(Raspberry Beret、のみ)



☆フォロワーであり、親友であり、ライヴァルでもあったレニー・クラヴィッツのベスト5

◎Lenny Kravitz: My 5 Favorite Prince Songs


"Head"

"Controversy"

"Lady Cab Driver"

"Mountains" 

"Pop Life" 


(全部大好きな曲だし、有名曲ばかりなのに・・カブり曲なし!異常レベルの多作家プリンスから5曲を選曲するって辛いよね)


* * *


マイケルファンの大人女子にすすめたいプリンス・バラード曲ベストも選曲したくなってきてるんですけど、


今日のところは、2015年のアルバム「Hit N Run Phase Oneに収録された、MJのデンジャラス期の未発表曲「If You Don't Love Me」を超える?際限のない(笑)若々しさに驚いた、私が今いちばん踊ってる曲、Fallinlove2niteを!





[PR]
by yomodalite | 2016-05-17 08:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

プリンス13の名言

f0134963_10030151.jpg

mic.com13 Rare Quotes From Prince Allow the Legend to Tell His Story In Own Words」の和訳です。インタヴューの全体を読まないと、意味がわかりにくいものもありますが、リンクもあるので、プリンスインタヴューのインデックスとしてもいいかな、と。


和訳の間違いは、遠慮なくお知らせくださいね。



Source : 13 Rare Quotes From Prince Allow the Legend to Tell His Story In Own Words



1. "All people care about nowadays is getting paid, so they try to do just what the audience wants them to do. I'd rather give people what they need rather than just what they want."


「近頃の人が気にするのは、お金を手にいれることばかりだよね。それで、彼らは、聴衆が自分に望んでいることをしようとする。僕は、彼らが望んでいるものより、むしろ、彼らが必要とするものを与えたいんだ」


ー 1982 LA Times


2. "I used to tease a lot of journalists early on, because I wanted them to concentrate on the music and not so much on me coming from a broken home. ... I don't live in the past. I don't play my old records for that reason. I make a statement, then move on to the next."


僕が早くから、音楽評論家たちをたくさんからかってきたのは、離婚家庭の出身とか、そんなことばかりに注目するんじゃなくて、もっと音楽に集中して欲しかったからさ。僕は過去を生きてるわけじゃない。そんな理由で昔の曲を演奏したりしない。僕は意思表示をしたら、すぐ次の行動を起こすんだ。


ー 1985 Rolling Stone 


3. "The most important thing is to be true to yourself, but I also like danger. That's what's missing from pop music today. There's no excitement or mystery."


「いちばん重要なのは、自分自身に忠実だということ。でも、危険も好きなんだ。それは現代のポップミュージックの世界からなくなってることだね。そこには興奮も神秘もない」


ー 1982 Los Angeles Times


4. "I'm not a woman. I'm not a man. I'm something you will never understand."


「僕は女性じゃないし、男性でもない。 僕は、あなたが決して理解しないものなのさ」


"I Would Die 4 U" lyrics


5. "A strong spirit transcends rules. ... As RZA of Wu-Tang said, 'I ain't commercial, it's y'all who tell me whether I'm commercial or not.'"


「強い精神は、ルールを越える・・RZAのWu-Tangは、『俺はもうけ主義じゃない。それは、俺が売れるかどうかを教えてくれる、おまえたちのことだ』って言ってたよ」


ー as told to Barney Hoskyns in 1999, quoted in 2006 Guardian article


6. "Movies are real! Music is real! It affects people, it's real. ... The other night I went to a club and I watched a DJ control an entire room. Even politicians can't do that."


「映画も、音楽も現実なんだ。それは人々に影響を及ぼす、本当に。このあいだの夜、僕はクラブに行って、DJがすべてのフロアをコントロールするのを見たんだけど、政治家にだってそんなことはできないよ。


Notorious cover story


7. "The key to longevity is to learn every aspect of music that you can."


「長命でいるための鍵は、できる限り音楽のあらゆる面を学ぶこと」


ー The View, 2010


8. "Yeah, everybody's got a bomb, we could all die any day. But before I'll let that happen, I'll dance my life away."


「確かに、誰でも爆弾を手にいれられるし、僕たちはいつ死んだっておかしくない。それでも僕はそれが起こるまで、人生を踊って暮らすよ」


ー "1999" lyrics 


9. "There are no accidents. And if there are, it's up to us to look at them as something else. And that bravery is what creates new flowers."


「それは偶然の出来事じゃない。 それらを何か素晴らしいものとして見るのは、僕ら次第なんだ。そして、その勇気こそが、新たな花を作り上げるんだ」


ー 1991 Details interview


10. "The new pushes the old out of the way and retains what it wants to."


「新しいものは、古いものを追いやって、欲しいポジションを手に入れようとするんだよ」


ー 2011 Guardian


11. ”Don't let your children watch television until they know how to read, or else all they'll know how to do is cuss, fight and breed."


「読書をすることを憶えるまでは、子供たちにテレビを見せるべきじゃない。そうしないと、子供たちは、悪態をつく方法を憶えて、闘争を生み出すことになる」


ー 2011 Guardian


12. "Anyway, all these computers and digital gadgets are no good. They just fill your head with numbers, and that can't be good for you."


「とにかく、すべてのコンピューターやデジタル機器は良くないね。みんな数字のことで頭がいっぱいになって、良いことは何もない」


ー 2011 Guardian (元記事では、"Sexuality" lyrics とありますが・・?)


13. "When I became a symbol, all the writers were cracking funnies, but I was the one laughing. I knew I'd be here today, feeling each new album is my first."


「僕がシンボルになったとき、ライターたちは全員大笑いで、僕も笑い者にされたけど、今日ここにいることはわかってたし、各ニューアルバムの中で、僕のアルバムが最高だと感じてる」


ー Newsweek interview, 2004



f0134963_10281439.jpg


[PR]
by yomodalite | 2016-05-16 10:38 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

和訳 PRINCE “Resolution”

f0134963_15422904.jpg


今、バックヤードで、マイケルの言葉の発掘についても懸命にやってるところなんですけど、プリンスの言葉の紹介も、微力ながら、チビチビやって行きたいなぁと。


「プリンス名言Prince's Words」で、プリンスの素敵な言葉がたくさん紹介されているのですが(マイケルへの言葉も超素敵なのがいくつかあり!)、


今日は、そこでも取り上げられていたResolution」(『Planet Earth』収録)を訳してみようと思います。



Resolution

決意



Come with it

さあ、準備だよ


The main problem with war

Is that nobody ever wins

The next generation grows up

And learns how 2 do it all over again.


戦争に関して一番の問題は、勝者が誰もいないこと

そして、次の世代が成長すると、すべてが二の舞になる


No matter who started the argument

Just matters how each one ends

How many people really want resolution?


誰が議論を始めたって、その結論は同じさ

どれだけの人が本当に決意するかってことだろう?


The main problem with people

Is they never do what they say (They say)

1 minute they want peace (Want peace)

Then do everything 2 make it go away


人々にとって一番の問題は

言ってることをやろうとしないことなんだよ(みんな言うよね)

1分間、みんなで平和を望んで(平和が欲しいって)

そのあと、すべてを忘れ去ってしまう


Dropping bombs on each other

In the act of saving face

Tell me now people how is that resolution?


爆弾を落としあったくせに

面目だけの演技で

どんな決意を人々に話そうって言うんだよ?


[Chorus:]

Either U do or U don't

Either U will or U won't

Making amends (Make amends)

Is a difficult pill 2 swallow


するのか、しないのか

したいのか、したくないのか

償いをするっていうのは

飲み込みにくい錠剤みたいなものさ


What can we lose if we try?

With no water, a flower dies

With love in the lead, resolution will follow

(Ohh, Yes it will)

Resolution


やってみて失うものなんてある?

水がなかったら、花は枯れる

愛を先頭にすれば、決意はあとからついてくる

(そうさ、やってみること)

決心することなんだよ


Love is like a circle

No beginning and no end

A broken heart will mend

If U love it like Ur best friend


愛は円のように

始めも終わりもない

傷ついた心は治すことができる

君が愛を親友にするなら


Handle Ur heart with care

It's as delicate as a wing(*

When the storms come again

Pray for resolution


自分の気持ちに注意して

それは、翼のように繊細だから(*

嵐に見舞われたときは

決意を胸に祈るんだ


Either U will or U won't (Either U will or U won't)

Either U do or U don't

Will U want resolution ? (Either U do or U don't)


したいのか、したくないのか(したいのか、したくないのか)

するのか、しないのか

自分で決めたくないのか?(するのか、しないのか)


Come On everybody

All over the world (La,la,la,la,la)

All over the world (Do, do, do, do, do)

Tell me

How many people really want resolution?


世界中のみんな

教えてくれ

どれだけの人が、本当に決心してる?


(訳:yomodalite)


気になる点はいつでも遠慮なくお知らせください。






(*whim と書かれているものもあり。その場合は・・


It's as delicate as a whim

それは、気まぐれと言っていいほど繊細だから


その他、U=you, Ur=your, 2=to で訳してあります。



[PR]
by yomodalite | 2016-05-13 06:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite