<   2015年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧





2015年4月30日未明、米議会で行われた安倍首相のスピーチ。


英語は、Nikkei Asian Reviewから

日本語は、NHK・NEWSWebから、それぞれコピペしました。



The following is a full text of the speech delivered by Japanese Prime Minister Shinzo Abe at a joint meeting of the U.S. Congress on Wednesday.

The speech is titled, "Toward an Alliance of Hope."

安倍総理大臣は日本時間の30日未明、アメリカ議会上下両院の合同会議で、日本の総理大臣として初めて演説しました。演説の全文です。

* * *

Mr. Speaker, Mr. Vice President, distinguished members of the Senate and the House, distinguished guests, ladies and gentlemen, Back in June, 1957, Nobusuke Kishi, my grandfather, standing right here, as Prime Minister of Japan, began his address, by saying, and I quote,

議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべての皆様、1957年6月、日本の総理大臣としてこの演台に立った私の祖父、岸信介は、次のように述べて演説を始めました。

"It is because of our strong belief in democratic principles and ideals that Japan associates her self with the free nations of the world." 58 years have passed. Today, I am honored to stand here as the first Japanese Prime Minister ever to address your joint meeting. I extend my heartfelt gratitude to you for inviting me.

「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります」。以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。

I have lots of things to tell you. But I am here with no ability, nor the intention, ... to filibuster. As I stand in front of you today, the names of your distinguished colleagues that Japan welcomed as your ambassadors come back to me: the honorable Mike Mansfield, Walter Mondale, Tom Foley, and Howard Baker. On behalf of the Japanese people, thank you so very much for sending us such shining champions of democracy. Ambassador Caroline Kennedy also embodies the tradition of American democracy. Thank you so much, Ambassador Kennedy, for all the dynamic work you have done for all of us. We all miss Senator Daniel Inouye, who symbolized the honor and achievements of Japanese-Americans.

申し上げたいことはたくさんあります。でも、「フィリバスター」をする意図、能力ともに、ありません。皆様を前にして胸中を去来しますのは、日本が大使としてお迎えした偉大な議会人のお名前です。マイク・マンスフィールド、ウォルター・モンデール、トム・フォーリー、そしてハワード・ベイカー。民主主義の輝くチャンピオンを大使として送ってくださいましたことを、日本国民を代表して、感謝申し上げます。キャロライン・ケネディ大使も、米国民主主義の伝統を体現する方です。大使の活躍に、感謝申し上げます。私ども、残念に思いますのは、ダニエル・イノウエ上院議員がこの場においでにならないことです。日系アメリカ人の栄誉とその達成を、一身に象徴された方でした。

America and I
Ladies and gentlemen, my first encounter with America goes back to my days as a student, when I spent a spell in California. A lady named Catherine Del Francia let me live in her house. She was a widow, and always spoke of her late husband saying, "You know, he was much more handsome than Gary Cooper." She meant it. She really did.

私個人とアメリカとの出会いは、カリフォルニアで過ごした学生時代にさかのぼります。家に住まわせてくれたのは、キャサリン・デル・フランシア夫人、寡婦でした。亡くした夫のことを、いつもこう言いました、「ゲイリー・クーパーより男前だったのよ」と。心から信じていたようです。

In the gallery, you see, my wife, Akie, is there. I don't dare ask what she says about me. Mrs. Del Francia's Italian cooking was simply out of this world. She was cheerful, and so kind, as to let lots and lots of people stop by at her house. They were so diverse. I was amazed and said to myself, "America is an awesome country." Later, I took a job at a steelmaker, and I was given the chance to work in New York. Here in the U.S. rank and hierarchy are neither here nor there. People advance based on merit. When you discuss things you don't pay much attention to who is junior or senior. You just choose the best idea, no matter who the idea was from. This culture intoxicated me. So much so, after I got elected as a member of the House, some of the old guard in my party would say, "hey, you're so cheeky, Abe."

ギャラリーに、私の妻、昭恵がいます。彼女が日頃、私のことをどう言っているのかはあえて聞かないことにします。デル・フランシア夫人のイタリア料理は、世界一。彼女の明るさと親切は、たくさんの人をひきつけました。その人たちがなんと多様なこと。「アメリカは、すごい国だ」。驚いたものです。のち、鉄鋼メーカーに就職した私は、ニューヨーク勤務の機会を与えられました。上下関係にとらわれない実力主義。地位や長幼の差に関わりなく意見を戦わせ、正しい見方なら躊躇なく採用する。――この文化に毒されたのか、やがて政治家になったら、先輩大物議員たちに、アベは生意気だとずいぶん言われました。

American Democracy and Japan
As for my family name, it is not "Eighb." Some Americans do call me that every now and then, but I don't take offense. That's because, ladies and gentlemen, the Japanese, ever since they started modernization, have seen the very foundation for democracy in that famous line in the Gettysburg Address.
The son of a farmer-carpenter can become the President... The fact that such a country existed woke up the Japanese of the late 19th century to democracy. For Japan, our encounter with America was also our encounter with democracy. And that was more than 150 years ago, giving us a mature history together.

私の名字ですが、「エイブ」ではありません。アメリカの方に時たまそう呼ばれると、悪い気はしません。民主主義の基礎を、日本人は、近代化を始めてこのかた、ゲティスバーグ演説の有名な一節に求めてきたからです。農民大工の息子が大統領になれる――、そういう国があることは、19世紀後半の日本を、民主主義に開眼させました。日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした。出会いは150年以上前にさかのぼり、年季を経ています。

World War II Memorial
Before coming over here, I was at the World War II Memorial. It was a place of peace and calm that struck me as a sanctuary. The air was filled with the sound of water breaking in the fountains. In one corner stands the Freedom Wall. More than 4,000 gold stars shine on the wall. I gasped with surprise to hear that each star represents the lives of 100 fallen soldiers. I believe those gold stars are a proud symbol of the sacrifices in defending freedom. But in those gold stars, we also find the pain, sorrow, and love for family of young Americans who otherwise would have lived happy lives. Pearl Harbor, Bataan Corregidor, Coral Sea.... The battles engraved at the Memorial crossed my mind, and I reflected upon the lost dreams and lost futures of those young Americans.

先刻私は、第二次大戦メモリアルを訪れました。神殿を思わせる、静謐な場所でした。耳朶を打つのは、噴水の、水の砕ける音ばかり。一角にフリーダム・ウォールというものがあって、壁面には金色の、4000個を超す星が埋め込まれている。その星の一つ、ひとつが、倒れた兵士100人分の命を表すと聞いたときに、私を戦慄が襲いました。金色(こんじき)の星は、自由を守った代償として、誇りのシンボルに違いありません。しかしそこには、さもなければ幸福な人生を送っただろうアメリカの若者の、痛み、悲しみが宿っている。家族への愛も。真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海…、メモリアルに刻まれた戦場の名が心をよぎり、私はアメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。

History is harsh. What is done cannot be undone. With deep repentance in my heart, I stood there in silent prayers for some time. My dear friends, on behalf of Japan and the Japanese people, I offer with profound respect my eternal condolences to the souls of all American people that were lost during World War II.

私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙祷を捧げました。親愛なる、友人の皆さん、日本国と、日本国民を代表し、先の戦争に斃れた米国の人々の魂に、深い一礼を捧げます。とこしえの、哀悼を捧げます。

Late Enemy, Present Friend
Ladies and gentlemen, in the gallery today is Lt. Gen. Lawrence Snowden.
Seventy years ago in February, he landed on Ioto, or the island of Iwo Jima, as a captain in command of a company. In recent years, General Snowden has often participated in the memorial services held jointly by Japan and the U.S. on Ioto. He said, and I quote, "We didn't and don't go to Iwo Jima to celebrate victory, but for the solemn purpose to pay tribute to and honor those who lost their lives on both sides."

みなさま、いまギャラリーに、ローレンス・スノーデン海兵隊中将がお座りです。70年前の2月、23歳の海兵隊大尉として中隊を率い、硫黄島に上陸した方です。近年、中将は、硫黄島で開く日米合同の慰霊祭にしばしば参加してこられました。こう、仰っています。「硫黄島には、勝利を祝うため行ったのではない、行っているのでもない。その厳かなる目的は、双方の戦死者を追悼し、栄誉を称えることだ」。

Next to General Snowden sits Diet Member Yoshitaka Shindo, who is a former member of my Cabinet. His grandfather, General Tadamichi Kuribayashi, whose valor we remember even today, was the commander of the Japanese garrison during the Battle of Iwo Jima. What should we call this, if not a miracle of history? Enemies that had fought each other so fiercely have become friends bonded in spirit. To General Snowden, I say that I pay tribute to your efforts for reconciliation. Thank you so very much.

もうおひとかた、中将の隣にいるのは、新藤義孝国会議員。かつて私の内閣で閣僚を務めた方ですが、この方のお祖父さんこそ、勇猛がいまに伝わる栗林忠道大将・硫黄島守備隊司令官でした。これを歴史の奇跡と呼ばずして、何をそう呼ぶべきでしょう。熾烈に戦い合った敵は、心の紐帯が結ぶ友になりました。スノーデン中将、和解の努力を尊く思います。本当に、ありがとうございました。

America and Post-War Japan
Post war, we started out on our path bearing in mind feelings of deep remorse over the war. Our actions brought suffering to the peoples in Asian countries. We must not avert our eyes from that. I will uphold the views expressed by the previous prime ministers in this regard. We must all the more contribute in every respect to the development of Asia. We must spare no effort in working for the peace and prosperity of the region. Reminding ourselves of all that, we have come all this way. I am proud of this path we have taken.

戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。みずからの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。これらの点についての思いは、歴代総理と全く変わるものではありません。アジアの発展にどこまでも寄与し、地域の平和と、繁栄のため、力を惜しんではならない。みずからに言い聞かせ、歩んできました。この歩みを、私は、誇りに思います。

70 years ago, Japan had been reduced to ashes. Then came each and every month from the citizens of the United States gifts to Japan like milk for our children and warm sweaters, and even goats. Yes, from America, 2,036 goats came to Japan. And it was Japan that received the biggest benefit from the very beginning by the post-war economic system that the U.S. had fostered by opening up its own market and calling for a liberal world economy.
Later on, from the 1980's, we saw the rise of the Republic of Korea, Taiwan, the ASEAN countries, and before long, China as well. This time, Japan too devotedly poured in capital and technologies to support their growths.
Meanwhile in the U.S., Japan created more employment than any other foreign nation but one, coming second only to the U.K.

焦土と化した日本に、子どもたちの飲むミルク、身につけるセーターが、毎月毎月、米国の市民から届きました。山羊も、2036頭、やってきました。米国がみずからの市場を開け放ち、世界経済に自由を求めて育てた戦後経済システムによって、最も早くから、最大の便益を得たのは、日本です。下って1980年代以降、韓国が、台湾が、ASEAN諸国が、やがて中国が勃興します。今度は日本も、資本と、技術を献身的に注ぎ、彼らの成長を支えました。一方米国で、日本は外国勢として2位、英国に次ぐ数の雇用を作り出しました。

TPP
In this way, prosperity was fostered first by the U.S., and second by Japan. And prosperity is nothing less than the seedbed for peace. Involving countries in Asia-Pacific whose backgrounds vary, the U.S. and Japan must take the lead. We must take the lead to build a market that is fair, dynamic, sustainable, and is also free from the arbitrary intentions of any nation. In the Pacific market, we cannot overlook sweat shops or burdens on the environment. Nor can we simply allow free riders on intellectual property. No. Instead, we can spread our shared values around the world and have them take root: the rule of law, democracy, and freedom.
That is exactly what the TPP is all about.

こうして米国が、次いで日本が育てたものは、繁栄です。そして繁栄こそは、平和の苗床です。日本と米国がリードし、生い立ちの異なるアジア太平洋諸国に、いかなる国の恣意的な思惑にも左右されない、フェアで、ダイナミックで、持続可能な市場をつくりあげなければなりません。太平洋の市場では、知的財産がフリーライドされてはなりません。過酷な労働や、環境への負荷も見逃すわけにはいかない。許さずしてこそ、自由、民主主義、法の支配、私たちが奉じる共通の価値を、世界に広め、根づかせていくことができます。その営為こそが、TPPにほかなりません。

Furthermore, the TPP goes far beyond just economic benefits. It is also about our security. Long-term, its strategic value is awesome. We should never forget that. The TPP covers an area that accounts for 40 per cent of the world economy, and one third of global trade. We must turn the area into a region for lasting peace and prosperity. That is for the sake of our children and our children's children. As for U.S.-Japan negotiations, the goal is near. Let us bring the TPP to a successful conclusion through our joint leadership.Reforms for a Stronger Japan

しかもTPPには、単なる経済的利益を超えた、長期的な、安全保障上の大きな意義があることを、忘れてはなりません。経済規模で、世界の4割、貿易額で、世界の3分の1を占める一円に、私たちの子や、孫のために、永続的な「平和と繁栄の地域」をつくりあげていかなければなりません。日米間の交渉は、出口がすぐそこに見えています。米国と、日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう。

As a matter of fact, I have something I can tell you now. It was about 20 years ago. The GATT negotiations for agriculture were going on. I was much younger, and like a ball of fire, and opposed to opening Japan's agricultural market. I even joined farmers' representatives in a rally in front of the Parliament. However, Japan's agriculture has gone into decline over these last 20 years. The average age of our farmers has gone up by 10 years and is now more than 66 years old. Japan's agriculture is at a crossroads. In order for it to survive, it has to change now.

実は、いまだから言えることがあります。20年以上前、GATT農業分野交渉の頃です。血気盛んな若手議員だった私は、農業の開放に反対の立場をとり、農家の代表と一緒に、国会前で抗議活動をしました。ところがこの20年、日本の農業は衰えました。農民の平均年齢は10歳上がり、いまや66歳を超えました。日本の農業は、岐路にある。生き残るには、いま、変わらなければなりません。私たちは、長年続いた農業政策の大改革に立ち向かっています。

We are bringing great reforms toward the agriculture policy that's been in place for decades. We are also bringing sweeping reforms to our agricultural cooperatives that have not changed in 60 long years. Corporate governance in Japan is now fully in line with global standards, because we made it stronger. Rock-solid regulations are being broken in such sectors as medicine and energy. And I am the spearhead. To turn around our depopulation, I am determined to do whatever it takes. We are changing some of our old habits to empower women so they can get more actively engaged in all walks of life.
In short, Japan is right in the middle of a quantum leap.

60年も変わらずにきた農業協同組合の仕組みを、抜本的に改めます。世界標準に則って、コーポレート・ガバナンスを強めました。医療・エネルギーなどの分野で、岩盤のように固い規制を、私自身が槍の穂先となりこじあけてきました。人口減少を反転させるには、何でもやるつもりです。女性に力をつけ、もっと活躍してもらうため、古くからの慣習を改めようとしています。日本はいま、「クォンタム・リープ(量子的飛躍)」のさなかにあります。

My dear members of the Congress, please do come and see the new Japan, where we have regained our spirit of reform and our sense of speed. Japan will not run away from any reforms. We keep our eyes only on the road ahead and push forward with structural reforms.

親愛なる、上院、下院議員の皆様、どうぞ、日本へ来て、改革の精神と速度を取り戻した新しい日本を見てください。日本は、どんな改革からも逃げません。ただ前だけを見て構造改革を進める。この道のほか、道なし。確信しています。

That's TINA: There Is No Alternative. And there is no doubt about it whatsoever. Post War Peace and Japan's Choice My dear colleagues, the peace and security of the post-war world was not possible without American leadership. Looking back, it makes me happy all the time that Japan of years past made the right decision. As I told you at the outset, citing my grandfather, that decision was to choose a path. That's the path for Japan to ally itself with the U.S., and to go forward as a member of the Western world. In the end, together with the U.S. and other like-minded democracies, we won the Cold War. That's the path that made Japan grow and prosper. And even today, there is no alternative.

親愛なる、同僚の皆様、戦後世界の平和と安全は、アメリカのリーダーシップなくして、ありえませんでした。省みて私が心からよかったと思うのは、かつての日本が、明確な道を選んだことです。その道こそは、冒頭、祖父のことばにあったとおり、米国と組み、西側世界の一員となる選択にほかなりませんでした。日本は、米国、そして志を共にする民主主義諸国とともに、最後には冷戦に勝利しました。この道が、日本を成長させ、繁栄させました。そして今も、この道しかありません。

The Alliance: its Mission for the Region
My dear colleagues, we support the "rebalancing" by the U.S. in order to enhance the peace and security of the Asia-Pacific region. And I will state clearly. We will support the U.S. effort first, last, and throughout. Japan has deepened its strategic relations with Australia and India. We are enhancing our cooperation across many fields with the countries of ASEAN and the Republic of Korea. Adding those partners to the central pillar that is the U.S.-Japan alliance, our region will get stable remarkably more. Now, Japan will provide up to 2.8 billion dollars in assistance to help improve U.S. bases in Guam, which will gain strategic significance even more in the future.

私たちは、アジア太平洋地域の平和と安全のため、米国の「リバランス」を支持します。徹頭徹尾支持するということを、ここに明言します。日本はオーストラリア、インドと、戦略的な関係を深めました。ASEANの国々や韓国と、多面にわたる協力を深めていきます。日米同盟を基軸とし、これらの仲間が加わると、私たちの地域は各段に安定します。日本は、将来における戦略的拠点の一つとして期待されるグアム基地整備事業に、28億ドルまで資金協力を実施します。

As regards the state of Asian waters, let me underscore here my three principles. First, states shall make their claims based on international law. Second, they shall not use force or coercion to drive their claims. And third, to settle disputes, any disputes, they shall do so by peaceful means. We must make the vast seas stretching from the Pacific to the Indian Oceans seas of peace and freedom, where all follow the rule of law. For that very reason we must fortify the U.S.-Japan alliance. That is our responsibility.
Now, let me tell you. In Japan we are working hard to enhance the legislative foundations for our security. Once in place, Japan will be much more able to provide a seamless response for all levels of crisis. These enhanced legislative foundations should make the cooperation between the U.S. military and Japan's Self Defense Forces even stronger, and the alliance still more solid, providing credible deterrence for the peace in the region. This reform is the first of its kind and a sweeping one in our post-war history. We will achieve this by this coming summer.

アジアの海について、私がいう3つの原則をここで強調させてください。第一に、国家が何か主張をするときは、国際法にもとづいてなすこと。第二に、武力や威嚇は、自己の主張のため用いないこと。そして第三に、紛争の解決は、あくまで平和的手段によること。太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければなりません。そのためにこそ、日米同盟を強くしなくてはなりません。私たちには、その責任があります。日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。実現のあかつき、日本は、危機の程度に応じ、切れ目のない対応が、はるかによくできるようになります。この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され、日米同盟は、より一層堅固になります。それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすでしょう。戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます。

Now, I have something to share with you. The day before yesterday Secretaries Kerry and Carter met our Foreign Minister Kishida and Defense Minister Nakatani for consultations. As a result, we now have a new framework. A framework to better put together the forces of the U.S. and Japan. A framework that is in line with the legislative attempts going on in Japan. That is what's necessary to build peace, more reliable peace in the region. And that is namely the new Defense Cooperation Guidelines. Yesterday, President Obama and I fully agreed on the significance of these Guidelines. Ladies and gentlemen, we agreed on a document that is historic.

ここで皆様にご報告したいことがあります。一昨日、ケリー国務長官、カーター国防長官は、私たちの岸田外務大臣、中谷防衛大臣と会って、協議をしました。いま申し上げた法整備を前提として、日米がそのもてる力をよく合わせられるようにする仕組みができました。一層確実な平和を築くのに必要な枠組みです。それこそが、日米防衛協力の新しいガイドラインにほかなりません。きのう、オバマ大統領と私は、その意義について、互いに認め合いました。皆様、私たちは、真に歴史的な文書に合意をしたのです。

Japan's New Banner
In the early 1990s, in the Persian Gulf Japan's Self-Defense Forces swept away sea mines. For 10 years in the Indian Ocean, Japanese Self-Defense Forces supported your operation to stop the flow of terrorists and arms. Meanwhile in Cambodia, the Golan Heights, Iraq, Haiti, and South Sudan, members of our Self-Defense Forces provided humanitarian support and peace keeping operations. Their number amounts to 50,000. Based on this track record, we are resolved to take yet more responsibility for the peace and stability in the world. It is for that purpose we are determined to enact all necessary bills by this coming summer. And we will do exactly that. We must make sure human security will be preserved in addition to national security. That's our belief, firm and solid. We must do our best so that every individual gets education, medical support, and an opportunity to rise to be self-reliant.

1990年代初め、日本の自衛隊は、ペルシャ湾で機雷の掃海に当たりました。後、インド洋では、テロリストや武器の流れを断つ洋上作戦を、10年にわたって支援しました。その間、5万人にのぼる自衛隊員が、人道支援や平和維持活動に従事しました。カンボジア、ゴラン高原、イラク、ハイチや南スーダンといった国や、地域においてです。これら実績をもとに、日本は、世界の平和と安定のため、これまで以上に責任を果たしていく。そう決意しています。そのために必要な法案の成立を、この夏までに、必ず実現します。国家安全保障に加え、人間の安全保障を確かにしなくてはならないというのが、日本の不動の信念です。人間一人一人に、教育の機会を保障し、医療を提供し、自立する機会を与えなければなりません。

Armed conflicts have always made women suffer the most. In our age, we must realize the kind of world where finally women are free from human rights abuses. Our servicemen and women have made substantial accomplishments. So have our aid workers who have worked so steadily. Their combined sum has given us a new self-identity. That's why we now hold up high a new banner that is "proactive contribution to peace based on the principle of international cooperation." Let me repeat. "Proactive contribution to peace based on the principle of international cooperation" should lead Japan along its road for the future. Problems we face include terrorism, infectious diseases, natural disasters and climate change. The time has come for the U.S.-Japan alliance to face up to and jointly tackle those challenges that are new. After all our alliance has lasted more than a quarter of the entire history of the United States. It is an alliance that is sturdy, bound in trust and friendship, deep between us. No new concept should ever be necessary for the alliance that connects us, the biggest and the second biggest democratic powers in the free world, in working together. Always, it is an alliance that cherishes our shared values of the rule of law, respect for human rights and freedom.

紛争下、常に傷ついたのは、女性でした。私たちの時代にこそ、女性の人権が侵されない世の中を実現しなくてはいけません。自衛隊員が積み重ねてきた実績と、援助関係者たちがたゆまず続けた努力と、その両方の蓄積は、いまや私たちに、新しい自己像を与えてくれました。いまや私たちが掲げるバナーは、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」という旗です。繰り返しましょう、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」こそは、日本の将来を導く旗印となります。テロリズム、感染症、自然災害や、気候変動――。日米同盟は、これら新たな問題に対し、ともに立ち向かう時代を迎えました。日米同盟は、米国史全体の、4分の1以上に及ぶ期間続いた堅牢さを備え、深い信頼と友情に結ばれた同盟です。自由世界第一、第二の民主主義大国を結ぶ同盟に、この先とも、新たな理由付けは全く無用です。それは常に、法の支配、人権、そして自由を尊ぶ、価値観を共にする結びつきです。

Hope for the future
When I was young in high school and listened to the radio, there was a song that flew out and shook my heart. It was a song by Carol King.

"When you're down and troubled, ...close your eyes and think of me, and I'll be there to brighten up even your darkest night."

まだ高校生だったとき、ラジオから流れてきたキャロル・キングの曲に、私は心を揺さぶられました。「落ち込んだ時、困った時、目を閉じて、私を思って。私は行く。あなたのもとに。たとえそれが、あなたにとっていちばん暗い、そんな夜でも、明るくするために」。

And that day, March 11, 2011, a big quake, a tsunami, and a nuclear accident hit the northeastern part of Japan. The darkest night fell upon Japan. But it was then we saw the U.S. armed forces rushing to Japan to the rescue at a scale never seen or heard before. Lots and lots of people from all corners of the U.S. extended the hand of assistance to the children in the disaster areas. Yes, we've got a friend in you. Together with the victims you shed tears. You gave us something, something very, very precious. That was hope, hope for the future.

2011年3月11日、日本に、いちばん暗い夜がきました。日本の東北地方を、地震と津波、原発の事故が襲ったのです。そして、そのときでした。米軍は、未曾有の規模で救難作戦を展開してくれました。本当にたくさんの米国人の皆さんが、東北の子どもたちに、支援の手を差し伸べてくれました。私たちには、トモダチがいました。被災した人々と、一緒に涙を流してくれた。そしてなにものにもかえられない、大切なものを与えてくれました。――希望、です。米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはなりません。

Ladies and gentlemen, the finest asset the U.S. has to give to the world was hope, is hope, will be, and must always be hope. Distinguished representatives of the citizens of the United States, let us call the U.S.-Japan alliance, an alliance of hope. Let the two of us, America and Japan, join our hands together and do our best to make the world a better, a much better, place to live. Alliance of hope .... Together, we can make a difference. Thank you so much.

米国国民を代表する皆様。私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかによい場所にしていこうではありませんか。希望の同盟。。一緒でなら、きっとできます。ありがとうございました。






[PR]
by yomodalite | 2015-04-30 20:10 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)
f0134963_11453889.png

白人の警官が武器を持たない黒人男性を殺したことへの抗議デモの中で、『They Don't Care about Us』が使われていることについては「こちらの記事」でも紹介しました。

マイケルの意思を継ぐ。と言われる行動にいつも一抹の違和感を感じることが多い私ですが、

抗議行動がますます盛り上がりを見せる中、下記の記事の動画には、これが「マイケルの意思を次ぐ行為」なんじゃないかと思わずにはいられなかったので。。


下記の記事にあった動画は、今は見られないようなので、「続・マイケルの意思を継ぐ行為」をごらんください。

MICHAEL JACKSON DECLARES THIS RIOT OVER
マイケル・ジャクソンは、この暴動が終わったと宣言する



[PR]
by yomodalite | 2015-04-29 11:51 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

Love Never....

f0134963_09322203.jpg

"Love Never Felt So Good" の素敵なファン動画を見つけたので、
私がお正月にモニターから撮影(笑)したファン写真と一緒に貼り付け!


f0134963_09243626.jpg









f0134963_09394398.jpg

みなさま、良いGWを!






[PR]
by yomodalite | 2015-04-28 09:43 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
本書は、こども時代のことや、母への思い、また著者がこどもの気持ちになって書かれた詩が中心に納められています。

この中から、「children OF THE WORLD」や、「こちらのメモの詩」などにインスピレーションを与えた詩を、タゴール自身の英訳詩も併記してメモしておきます。


On the seashore of endless worlds children meet. The infinite sky is motionless overhead and the restless water is boisterous. On the seashore of endless worlds the children meet with shouts and dances.

世界の海の岸辺に
子供らは集う
果てしない大空は
頭上に動かず
泡立つ碧い水は
終日踊る
ああ 浜辺に満ちる賑わいよ
子供らは集う

They build their houses with sand, and they play with empty shells. With withered leaves they weave their boats and smilingly float them on the vast deep. Children have their play on the seashore of worlds.

砂で家を建て
貝殻で遊ぶ
木の葉で
小舟を折り
碧玉色の大海に
浮かべる
世界の海の岸辺に
子供らは集う

They know not how to swim, they know not how to cast nets. Pearl-fishers dive for pearls, merchants sail in their ships, while children gather pebbles and scatter them again. They seek not for hidden treasures, they know not how to cast nets.

子供らは泳ぐ術も知らず
網を打つ術も知らない
海女は真珠を求めて潜り
商人は船を漕ぎ駆け巡っているけれど
子供らは小石を見つけては集め
積んで遊んでいる
子供らは富を求めず
網を打つ術も知らない

The sea surges up with laughter, and pale gleams the smile of the sea-beach. Death-dealing waves sing meaningless ballads to the children, even like a mother while rocking her baby's cradle. The sea plays with children, and pale gleams the smile of the sea-beach.

海は泡を立てて笑い
浜辺も笑う
逆巻く波は
揺籠をゆする母のように
優しい調べを
子供らの耳に歌う
海は子供らと共に遊び
浜辺は笑う

On the seashore of endless worlds children meet. Tempest roams in the pathless sky, ships are wrecked in the trackless water, death is abroad and children play. On the seashore of endless worlds is the great meeting of children.

世界の海の浜辺に
子供らは集う
暴風雨は空に彷徨い
船は遥かな海に沈み
死の使者が飛んでゆくけれど
子供らは遊ぶ
世界の海の岸辺に
子供らの大いなる集いがある

(神戸朋子訳)


*タゴール自身は詩にタイトルをつけていないと思いますが、一般的にこの詩は「On the Seashore」と呼ばれているようです。




[PR]
by yomodalite | 2015-04-27 21:00 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(3)
f0134963_17402568.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から

CHILD OF innocence」の和訳です。



CHILD OF innocence

無垢な子供



Child of innocence, I miss your sunny days

We joyously frolicked in extended plays

Ever since you've left the scene

The streets are lonely, dark, and mean


無垢な子供、君との晴れやかな日々が恋しい

僕たちは大喜びして戯れ、遊び続けていたけど

君がここから消えてから

通りは暗く孤独なものになってしまった


Child of innocence, return to me now

With your simple smile show them how

This world once again can respond to your glance

And heartbeats flutter to the rhythm of your dance


無垢な子供、僕のもとに戻ってきて

君の微笑みで、みんなに教えてほしい

君の瞳にふたたび世界が応じて

君のダンスで鼓動がリズムを取り始めることを


Child of innocence, your elegance, your beauty

Beckons me now beyond the call of duty

Come fly with me far and above

Over the mountains in the land of love


無垢な子供、君の優雅さ、君の美しさは

仕事以上に、今の僕を誘う

一緒にどこまでも舞い上がり

いくつもの山を越え、愛の国へと


Child of innocence, messenger of joy

You've touched my heart without a ploy

My soul is ablaze with a flagrant fire

To change this world is my deepest desire.


無垢な子供、喜びの使者

君は、策略をもたず、僕の心に触れ

僕の魂は、目に見えて大きな炎のように燃え上がる

この世界を変えたいという欲望のために


(訳:yomodalite)



f0134963_17560428.jpg
◎[AmazonDANCING THE DREAM 




[PR]
by yomodalite | 2015-04-26 21:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

お絵かき。。。

f0134963_12551332.jpg



Y:「マイケルぅーーー!

ルネサンス絵画にあるような、
黒い背景から浮かび上がる人物像みたいな絵が描きたいから、
モデルになってぇーー!」


MJ:「じゃ、着替えてくるよ」


☆続きを見る!!!
[PR]
by yomodalite | 2015-04-24 21:00 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0134963_09312573.jpg


[後半に追記あり]
1週間ぐらい前に見た、NHKのSWICHIインタヴュー「吉田鋼太郎×宮川彬良」で、『花子とアン』の嘉納伝助役が魅力的だった吉田さんと、マツケンサンバや、ヒットミュージカルの作曲家で、クラシック音楽を優しく紹介してくれるナビゲーターとしても魅力的な宮川さんの会話が、私の長年の「壁」を壊してくれるほど素敵だった。

(下記のセリフは省略・要約しています)

宮川:音楽劇「ハムレット」では、劇中歌を歌いまくってた。

吉田:歌を歌っていたというより、セリフをしゃべっていた」という感覚で覚えている。

宮川:大量のセリフがある役で、長い劇中歌のシーンを最後まで歌でやったのに、鋼太郎さんだけが、最後まで音を伸ばして、それでも「カッコよく終わりたいんじゃー!」みたいな、、「役者の歌ってこれだよね」という感じがした。

歌がすごく上手く、歌を聴いています。って感じにお客さんがなっちゃう歌い手と、芝居を見ているうちに、どんどん引き込んでくれる歌と、2種類あって、圧倒的に、吉田さんは後者。どうしてあんなにセリフが音楽的に言えるのか。オペラ歌手が音楽的にセリフが言えるのかといえば、そうはならない。吉田さんの基礎は何なんですか?

吉田:それはやっぱり「シェークスピア」かな。シェークスピアのセリフは韻文になってるから。

宮川氏:歌になっているわけだ。

吉田:日本語でもそうなってるけど、言語でも何度もやっていて、そこで「朗誦」というもの(歌うようにしゃべるということ)を叩き込まれた。イギリスでシェークスピアをやるときは、iambic pentameter(弱強五歩格。弱い音強い音を交互に5回繰り返して一行を作るシェークスピアが愛したリズム)を体得しなさいと。

宮川:なるほど。それがまさに音楽の、、、

吉田:「If music be the food of love, play on」(もし音楽が恋の糧であるなら続けてくれ)というセリフを、「If music be the food of love, play on!(セリフをリズムに乗せる実例を示される)お客さんにとって、あるリズムをもって語られるセリフは入ってきやすい。

宮川:それを聞いて、2つの質問が浮かんだ。朗誦すると蜷川幸雄さんには怒られるんじゃないかって。要するに「歌うなと、ただ言やいいんだよ!」って雰囲気が。。

吉田:ただ、シェークスピアの時は歌わなきゃいけない時もある。でも、そこにリアリティがなきゃだめ。

宮川:そこが、2つめに聞きたいところで、朗誦するときにリアリティがなくなっちゃう人が多いよね。かたや歌え、かたやリアリティって責められて、今の吉田鋼太郎の演技ができたのかな。

吉田:リアリティに関して言えば、そのことで誰かに注文付けられたとかってことはない。ただ、俳優として、ただ歌ってるだけじゃどうにも居心地が悪い。ちゃんと伝わってない、自分の気持ちが本当に出てないんじゃないかって。

宮川:両方をもっている人がいかに少ないか。。

吉田:朗誦は、諸刃の刃というところがあるね。

宮川:それを出来るようになるために、一番必要なことは何なんでしょうね?

吉田:やっぱ、人生経験。。(笑)

吉田:今まで毛嫌いしてたミュージカルを、なぜ自分がやっているんだろう。。ただやってみると、意外と楽しい、なんか楽しめてる

宮川:そうなんですよ。ミュージカルはいろんな人生引きずってきた人が集まる場所。お客さんも、作り手や演者はもっとそうですね。ミュージカル作ってる時は「集合」を感じる。才能とか、人生とか、みんなが持ち寄って、円が重なって真ん中の赤く塗るところ、あれがミュージカル。

吉田:ストリートプレイじゃないから、どうしても割愛しなきゃいけない部分がある。そこを歌で埋める。でも割愛はできない、歌にいかに説得力なり、その人の人間がでるとか、なにか重さのようなもの、リアリティがないと、、そこが難しい。

宮川:それが、吉田鋼太郎にはたっぷりある。だからミュージカルに出ていい。私が許可しましょう(笑)


*  *  *


音楽好きな私は、これまでミュージカルの歌を、純粋に音楽として素晴らしいとは、どうしても思えず、セリフを歌にしなくてはならないという切実な理由がわからなくて、マイケル関連であれこれ観るようになってからも、イマイチ、その素晴らしさがわからなかったのですが、

番組ではこのあと、昭和の時代を彩ったヒット曲の数々とともに物語が展開していく、宮川氏の代表的ミュージカル「ザ・ヒットパレード」の映像が流れ、ミュージカルというのは、人生を走馬灯のように振り返ってみることに近いのかなぁと思っているうちに、

私の中の分身Aが、マイケルが自分が創るミュージカルが「画期的」だという理由、いったい、何が「画期的」だったのかについて、これまでより具体的に想像できたような気がして、『マイケルが創りたかったミュージカル』という記事を勢いで書いたんだけど、

アップする寸前になって、私の中の分身Bが、なんだか「私の言い方じゃない」と言いだしたので、言葉遣いを変えてみようと見直しているうちに、Aは、スタイルの問題ではないのかも。と思い出す。Bは「言い方」だけ変えれば、それでいいんだけどなぁ。と思ったものの、Aは悩みだすと、とにかく長くて、そんなとき、分身Cは「MJ関連の和訳でもすれば?」というのが習慣化しているのだけど、

今日、ついに分身Mが現れて、「ミュージカル」を見に行こう。と言う。

それで、映画情報を見ていたら『イントゥ・ザ・ウッズ』というタイトルに、Aも、Bも、Cも「これだ!」という。

いわゆるディズニーミュージカルを期待しているとイマイチだとか、感想は真っ二つに割れていて、総合評価としてかなり低めに抑えられていたことが、むしろ「私に向いている」気がして、それで、4人で(?)行ってみた。

映画では、冒頭から、セリフのほとんどが歌われていて、全編通しても、90%ぐらいのセリフが歌になっていたのだけど、私にはものすごく腑に落ちたストーリーで、出演者の歌も曲も素晴らしかった。

すべての曲を創ったソンドハイムという人がめちゃくちゃ偉大な人だということもわかって、それまで気になったことがなかった監督ロブ・マーシャルのことが好きになって、

森に行って歌をうたうことが、人生でいいと、4人は納得した。

人生は「ミュージカル」で、

ハッピーエンドとは意志の問題なのだ。と

END


追記

番組で紹介されていた井上ひさし氏の言葉

むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく
ふかいことをゆかいに

そうなって初めて、世界で共通言語になる。
それが井上ひさしであり、音楽の力でもあると。。。


☆オペラの作曲について。。。

宮川:泳いでも泳いでも、海。。3時間のことを考えながら、1秒2秒のことを考える。。。たぶん、シェイクスピアの文字なんかもそうなんじゃないですか。

吉田:うんうん、そうだと思う。だから、ときどき手を抜くセリフがある。ちょっとぐらい聞こえなくてもいいや。みたいな、、

宮川:ああ、、役者としてね。。

吉田:でもね、お客さんもそうなの、そんなに聞かされてもおなかいっぱいになっちゃう。

宮川:さあ、、オードブル、、、ちょっと箸休めしたら、気が付いたら中華料理になってたよ。。北京ダック美味しかったね。。ダックといえば。鴨南蛮でしょう。。みたいな、上手に世界各国の料理をね、、だって、もう日本食だけじゃ間に合わない。3時間ずっと食べるんだから。。




[PR]
by yomodalite | 2015-04-23 09:58 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0134963_23382678.jpg

以前に読んだ方も多いと思いますが、1992年「EBONY/JET」5月号のインタビューです。

’92年は「Dancing The Dream」が発売になった年でもあり、前回のシカゴトリビューン紙もそうですが、このあとと比較すると、ストレートに読書家という面を打ち出している感じですね。


EBONY/JET: Do you have any special feeling about this return to the continent of Africa?

今回のアフリカの大陸への復帰について、なにか特別な印象をお持ちですか?


Michael Jackson: For me, it's like the "dawn of civilization." It's the first place where society existed. It's seen a lot of love. I guess there's that connection because it is the root of all rhythm. Everything. It's home.


僕にとっては「文明の曙」といった感じかな。社会が初めて誕生した場所で、たくさんの愛があった場所。そういったことが、リズムの根元にあるんだと思う。すべてのことの、故郷というか。

EBONY/JET: You visited Africa in 1974. Can you compare and contrast the two visits?

1974年にアフリカを訪問したときと比較して、どうでしたか ?


Michael Jackson: I'm more aware of things this time: the people and how they live and their government. But for me, I'm more aware of the rhythms and the music and the people. That's what I'm really noticing more than any thing. The rhythms are incredible. You can tell especially the way the children move. Even the little babies, when they hear the drums, they start to move. The rhythm, the way it affects their soul and they start to move. The same thing that Blacks have in America.


MJ:人々についても、彼らの生活や、政府のことも、今回の方が気づいたことが多いよ。でも、僕にとっては、リズムや音楽と人々の方だね。それは、本当にどんなことよりも注目したことなんだけど、驚くようなリズムがあるんだ。子供たちの動き方は特にスゴいと言っていいね。小さな赤ちゃんでさえ、ドラムの音を聞くと動き始めるんだよ。リズムが、魂に影響して、彼らが動き始める様子は、アメリカの黒人が持ってるものと同じだね。


EBONY/JET: How does it feel to be a real king?

本物の王様になった気分はどうでしたか?


Michael Jackson: I never try to think hard about it because I don't want it to go to my head. But, it's a great honor....


そういったことについては、なるべく考えないようにしてる。そんな風に意識したくないんだ。すごく名誉なことなんだけどね。。

EBONY/JET: Speaking of music and rhythm, how did you put together the gospel songs on your last album?

音楽とリズムについてなんですが、あなたの最新アルバム(「デンジャラス」のこと)のあのゴスペルソングは、どうやってまとめられたんですか?


Michael Jackson: I wrote "Will You Be There?" at my house, "Never Land" in California.... I didn't think about it hard. That's why it's hard to take credit for the songs that I write, because I just always feel that it's done from above. I feel fortunate for being that instrument through which music flows. I'm just the source through which it comes. I can't take credit for it because it's God's work. He's just using me as the messenger....


"Will You Be There"は、家で作曲したんだ。カリフォルニアのネヴァーランドで。。一生懸命考えたというわけじゃないから、自分が作曲したことになっているのは申し訳ないんだよね。曲はいつも空から降ってくるみたいな感じだから。僕は音楽を伝えられる道具であることを幸せに思う。僕は来たものを、出しているだけ。それは、神の仕業であって、僕の手柄とは言えない。神は僕をメッセンジャーとして使っているだけ。。



EBONY/JET: What was the concept for the Dangerous album?

アルバム『デンジャラス』のコンセプトはなんですか?


Michael Jackson: I wanted to do an album that was like Tchaikovsky's Nutcracker Suite. So that in a thousand years from now, people would still be listening to it. Something that would live forever. I would like to see children and teenagers and parents and all races all over the world, hundreds and hundreds of years from now, still pulling out songs from that album and dissecting it. I want it to live.


チャイコフスキーの『くるみ割り人形』のようなアルバムにしたかったんだ。今から1000年後も、人々に聴いてもらえて、 永遠に生き続けるような。子供も、若者も、その親たち、世界中のすべての人種が、何百年もの間、ずっとそのアルバムを取り上げて、議論している様を見てみたい。作品に生き続けて欲しいんだ。



f0134963_23415764.jpg


EBONY/JET: I notice on this trip that you made a special effort to visit children.

この旅行では、子供たちを訪問するために、特別な努力をされていましたね


Michael Jackson: I love children, as you can see. And babies.


見てのとおり、子供たちや、赤ちゃんが大好きだからね。

EBONY/JET: And animals.

それと、動物たち。


Michael Jackson: Well, there's a certain sense that animals and children have that gives me a certain creative juice, a certain force that later on in adulthood is kind of lost because of the conditioning that happens in the world. A great poet said once. "When I see children, I see that God has not yet given up on man." An Indian poet from India said that, and his name is Tagore. The innocence of children represents to me the source of infinite creativity. That is the potential of every human being. But by the time you are an adult, you're conditioned; you're so conditioned by the things about you and it goes.


そう、子供たちや動物は、クリエイティブの源泉で、彼らから力をもらっていると感じるんだ。大人になると失われてしまうような力をね。偉大な詩にもあるよね。「子供たちを見れば、神は人間を見捨ててはいないことがわかる」。インドの詩人が言っているんだ。タゴールという名前のね。子供たちの無垢な心は、僕にとって、無限の想像性を意味しているけど、それはあらゆる人の可能性でもある。それなのに、大人になると、人は制約をうけ、自分の周囲や、世間のあらゆることにあわせて、それを見失ってしまう。


Love. Children are loving, they don't gossip, they don't complain, they're just open-hearted. They're ready for you. They don't judge. They don't see things by way of color. They're very child-like. That's the problem with adults they lose that child-like quality. And that's the level of inspiration that's so needed and is so important for creating and writing songs and for a sculptor, a poet or a novelist. It's that same kind of innocence, that same level of consciousness, that you create from. And kids have it. I feel it right away from animals and children and nature. Of course. And when I'm on stage. I can't perform if I don't have that kind of ping pony with the crowd. You know the kind of cause and effect action, reaction. Because I play off of them. They're really feeding me and I'm just acting from their energy.


愛だよ。子供たちは愛らしいんだよ。彼らはゴシップを言わないし、愚痴をこぼすこともないし、心を開いて、人を受け入れ、ジャッジをしないし、肌の色で物事を見ることもない。そういったことが本当に子供っぽいということで、そういった子供っぽい資質を失っていることが大人の問題なんだ。それはとても大事なインスピレーションで、曲を創るためにもっとも重要なものだよ。彫刻家や、詩人や、小説家にとってもね。


無垢であることも同じだよ、それらは同レベルの意識で、創造はそういったところから来るものなんだ。子供はそれを持っている。僕は、動物や、子供たちや、自然からそれを感じる。そして、もちろん、ステージに立っているときもね。観客からピンポンのように反応が返ってこなかったら、僕はパフォーマンスすることは出来ない。最初のアクションに対して、反応があって、その結果というようにね。僕は、みんなの反応おかげで動けるんだよ。みんな、本当に僕にエネルギーを与えてくれる。だから、僕は、まさに、みんなのエネルギーで動いているんだ。



f0134963_23431526.jpg


EBONY/JET: Where is all this heading?

それらのすべてはどこに向かっているんですか?


Michael Jackson: I really believe that God chooses people to do certain things, the way Michelangelo or Leonardo da Vinci or Mozart or Muhammad Ali or Martin Luther King is chosen. And that is their mission to do that thing. And I think that I haven't scratched the surface yet of what my real purpose is for being here. I'm committed to my art.


僕は、神が特定のことをするために人々を選んでいると信じている。ミケランジェロやレオナルド・ダヴィンチや、モーツァルトや、モハメド・アリも、キング牧師が選ばれたように。それをやることは彼らの使命なんだ。そして、僕は自分の芸術を通じて、自分がここにいる本当の目的まで、まだ足を引っかけたに過ぎない。


I believe that all art has as its ultimate goal the union between the material and the spiritual, the human and the divine. And I believe that that is the very reason for the exis-tence of art and what I do. And I feel fortunate in being that instrument through which music flows.... Deep inside I feel that this world we live in is really a big, huge, monumental symphonic orchestra.


僕は、すべての芸術には、物質と精神、人間と神聖の融合という究極のゴールがあると思っている。そして、それが、まさしく芸術が存在する理由であり、僕がするべきことだと。だから、僕は音楽を伝えられる道具であることを幸せに思う。 .... 魂の奥底で感じるんだ。僕たちが生きているこの世界は大きく、巨大な、とてつもないオーケストラなんだって。


I believe that in its primordial form all of creation is sound and that it's not just random sound, that it's music. You've heard the expression, music of the spheres? Well, that's a very literal phrase. In the Gospels, we read, "And the Lord God made man from the dust of the earth and breathed into his nostrils the breath of life and man became a living soul."


僕は、すべての創造の原始のかたちは「音」だったんじゃないかと信じてる。そして、それはランダムな音ではなく、音楽だったと。君は「天球の音楽」(*)という表現を聞いたことがある? ゴスペルでは、決まり文句のように、「そして、神は地球の塵から、人間を創り、その鼻に息を吹き込み、そして、人間は生きる魂となった」と言うよね。


That breath of life to me is the music of life and it permeates every fiber of creation. In one of the pieces of the Dangerous album, I say: "Life songs of ages, throbbing in my blood, have danced the rhythm of the tide and flood."
This is a very literal statement, because the same new miracle intervals and biological rhythms that sound out the architecture of my DNA also governs the movement of the stars.


僕にとって、生命の息吹というのは、生命の音楽であり、それは創造のすべての細胞に浸透するんだ。アルバム『デンジャラス』にある作品のひとつで(→「Planet Earth」)、僕は「僕に流れる血の中で、幾時代もの生命の歌が、寄せては返す波のようなリズムを踊る」と言ってるけど、それは、文字通りの声明なんだよ。僕のDNAから生み出される、僕の生体リズムや音階は、新たな奇跡だから、星の運行にも影響を及ぼす。


The same music governs the rhythm of the seasons, the pulse of our heartbeats, the migration of birds, the ebb and flow of ocean tides, the cycles of growth, evolution and dissolution. It's music, it's rhythm. And my goal in life is to give to the world what I was lucky to receive: the ecstasy of divine union through my music and my dance. It's like, my purpose, it's what I'm here for.


同じように音楽は、四季のリズムや、僕たちの心臓の鼓動、渡り鳥たちの移動や、潮の満ち干き、成長のサイクル、進化と崩壊といったサイクルを支配する。それが音楽であり、リズムなんだ。だから、僕のゴールは、僕が授かったものを、世界に与えること。僕の音楽とダンスによる神聖なエクスタシーをね。僕の目的はそういったことで、それが、僕がここにいる理由だと思う。



EBONY/JET: What about politics?

政治についてはどう思いますか?


Michael Jackson: I never get into politics. But I think music soothes the savage beast. If you put cells under a microscope and you put music on, you'll see them move and start to dance. It affects the soul.... I hear music in everything. [Pauses] You know, that's the most I've said in eight years. You know I don't give interviews. That because I know you, and I trust you. You're the only person I trust to give interviews to.


僕は、絶対に政治には関わらない。でも、音楽は獰猛な獣をなだめることが出来ると思う。顕微鏡の下に細胞をおいて、音楽をかければ、それが踊りだすのが見られるよ。音楽は魂に影響を及ぼすから。。あらゆるものから音楽は聴こえるんだ。(しばし沈黙)こういったことは、8年間、僕がもっとも言ってきたことだよね。僕はインタヴューを受けないことは知ってるでしょう。でも、あなたのことは知っているし、信頼してるから。あなただけだよ、信頼してインタヴューを受けられるのは。


(インタヴュー終了)



(*)「天球」とは天体がその上を運行すると考えられた地球を中心とする球体のこと。古代ギリシャより、天体の運行が音を発し、宇宙全体が和声を奏でているという発想があり、これが「天球の音楽」と呼ばれた。その響きはきわめて大きいが、つねに鳴り続けているため人間の耳には気づかれないとされる。こうした発想の根底には宇宙が数の原理に基づき、音楽はこの原理を体現するという西洋の伝統的思想がある。最初に着想したのはピタゴラスだと言われ、プラトン、プトレマイオスら、多くの思想家がこの発想を受け継ぎ、ケプラーも自身の理論を天球の音楽に結びつけた。


感情や自己の表現を音楽の本質とする見方が普及した19世紀以降、こうした音楽観は顧みられなくなっていったが、20世紀になると、シェーンベルクなどの前衛音楽家が受け継ぐことになり、1977年に打ち上げられたボイジャーには、地球を代表する音楽や、各言語でのあいさつなどが収められた黄金のレコードが積まれ、 風や犬の鳴き声を収録した「地球の音」の最初には、天球の音楽が収録された。

_______


今回のインタヴュアーの名前は確認できなかったのですが、最後に8年間と言っているのは、おそらく前回紹介した1984年のエボニーインタビューからの年数ではないかと。それと、ここで紹介されている詩が納められているタゴール詩集、ずっと探しているんですが、まだ発見できていません。ご存知の方はぜひ教えてくださいませ。


上記に関してkumaさんから教えていただきました!(感謝)


マイケルが言っている、"When I see children, I see that God has not yet given up on man." 「子供たちを見れば、神は人間を見捨ててはいないことがわかる」は、"Every child comes with the message that God is not yet discouraged of man" がよくある英訳で、


タゴール自身が英訳した詩集『迷い鳥たち(Stray Birds)』内山眞里子訳 にこの詩は納められています。


また、『タゴール詩集』山室静訳(弥生書房刊ではP78。kindle版もあり)では、


「すべての嬰児は、神がまだ人間に絶望してはいないというメッセージをたずさえて生まれて来る」として納められているようです。



[PR]
by yomodalite | 2015-04-20 06:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
f0134963_21145460.jpg


予約がいっぱいで図書館では借りられないけど、買いたくはない。。みたいな本を立ち読みするために、梅田ジュンク堂に行く。

書店までの間にあった看板。。

色んな人がパチンコになってるとは思ってたけど、

f0134963_21160801.jpg
GODのパチスロってあるんだなぁ。。

ラスベガスでも、日本のパチンコと同じように、有名人のマシンがあって、

中でも「へえーー」と思ったのが、あの『エレンの部屋』のエレンのスロット。でも、オプラのマシンはなくて、そういえば、ベガスでは黒人アーティストのショーも全然みかけなかったなぁ。。なんて思いつつ、書店に到着。

がっつりと立ち読んだ本はナイショだけど、

それ以外でパラパラ見て、

あとから読むためにスマホでメモってきた本たち。。


f0134963_21215484.jpg


f0134963_21183855.jpg



f0134963_21192424.jpg



f0134963_21195839.jpg



f0134963_21203999.jpg


f0134963_21201857.jpg


f0134963_21484259.jpg

そして、今日のおやつ。。


f0134963_21260801.jpg


f0134963_21113576.jpg
Cafeゆう(梅田)





[PR]
by yomodalite | 2015-04-16 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_08383297.jpg

2ヶ月ほど前のジョセフ・ヴォーゲル氏のツイッターで、


@JoeVogel1

An incredible 1992 interview with Michael Jackson I had never seen before...


ヴォーゲル氏が、今まで見たことがないインタビューってどんなの?って思って見てみたところ、私も読んだことがなかった素晴らしい内容に驚くと同時に、シカゴトリヴューンだなんて有名紙のインタビューが、どうして今まで埋もれてたの?と疑問に思っているうちに、時間が経ってしまったのですが、


雑誌とちがって、新聞の場合、当時は、ネット上にアーカイブがあるわけではなく、手に入れられた人も、読んだ人も限られていたからかな。ということで、とりあえず納得しました。


アメリカではデンジャラスツアーが行われなかったのに、米国一流紙によるインタビューが、わざわざミュンヘンに出かけて行われていること、また、その内容は、当時出版されたばかりだった『Dancing The Dream』に焦点をあてていて、本来、それが当然ではあるものの、質問者がMJを尊敬していて、至極まっとうな質問をしていることが新鮮で、また、質問内容がこれまでと違うからなのか、マイケルが使っている言葉もいつもとは違っているように感じました。


日本語の気になる点は、遠慮なくお知らせくださいませ。


Source : http://articles.chicagotribune.com/



Out Of The Mouth Of Michael . . .

マイケルの口から出た言葉。。


August 16, 1992 / By Glenn Plaskin.


Between performances on his whirlwind European tour, Michael Jackson agreed to this rare interview with Glenn Plaskin. An emissary was sent to hand-deliver the questions to Jackson in Germany after his Munich concert, whereupon he dictated his answers, which were then transmitted to his literary agent in Washington, D.C. The answers were typed and faxed to Plaskin for publication.


あわただしいヨーロッパツアーのパフォーマンスの間、マイケル・ジャクソンはグレン・プラスキンによる、この珍しいインタヴューを受けました。 ジャクソンへの質問を手渡しするために、ミュンヘンのコンサートの後ドイツに向かい、そこで、マイケルは質問に答えてくれました。それはワシントンにいる彼の著作権代理人に送られ、タイピングされ、出版のため、プラスキンにファックスされました。


(ここからインタヴュー)


I like that you care, drawing attention in your new book ``Dancing the Dream`` to ``a child crying in Ethiopia, a sea gull struggling pathetically in an oil spill, a teen-age soldier trembling with terror. . .`` Do you think we`ve become numb to all this?


私は、あなたの新しい本「Dancing the Dream」において、あなたが、エチオピアで泣き叫ぶ子供、石油の流出で悲しそうにもがいているカモメ、テロの恐怖に震える10代の兵士などを気にかけ、描いていることを好ましく思っています。あなたは、私たちがこういったことに鈍感になってしまったと思いますか?



``No, I don`t think we have become numb to these tragedies. We are seeing a worldwide resurgence and restoration of basic human values and concern for the sacredness of all life on our planet.``


いえ、私たちがそういった悲劇に鈍感になったとは思っていません。私たちは、全世界の再建にも、基本的人権の価値や、私たちの星で生きるうえでの神聖さに対する懸念といったことにも、目をそらしてはいないと思います。



Your book is filled with an old soul`s wisdom about life. Do you think of yourself as a philosopher?


あなたの本には、人生に対する先人たちの叡智が詰まっていますね。あなた自身は、自分のことを哲学者のようだと思うことはありますか?



``I don`t think of myself as a philosopher. I think I have a purpose, as does everyone else on Earth. To find that purpose and to live to express it is to ignite the spark of divinity within us.``


自分を哲学者だとは思っていません。僕は地球上の誰もがそうであるように、自分には生まれてきた意味があると考えています。その意味を探して、それを表現して生きることが、私たちにとって神聖の光を放つことだと。



Did all the poems and essays in the book come from a daily journal?


この本の中にある詩やエッセイは、日々書きためたものですか?



``I don`t keep a journal. Ideas gestate and incubate in my mind.``


日々書きためたわけではなく、アイデアは心の中で育てて、生み出します。



You always say dreaming is so important. Have you realized all your dreams?


あなたはいつも夢見ることはとても重要だとおっしゃいますね。すべての夢が実現しましたか?



``No. I haven`t. Without dreams there is no creativity. The creative urge in us comes from discontent-a divine discontent that seeks to change, to transform, to fill the world with more magic. My priority in life is to make a difference, to tread unfamiliar, uncharted territory and to leave some trails behind.``


いえ、まだですが、夢がなくては創造はありえません。変化しようとする、私たちの創造的な衝動は、不満から来ます、神聖な不満ですね。世界をより多くの魔法で満たすこと。人生における僕のプライオリティーは、世界に変化をもたらし、見知らぬ道に足を踏み入れて、未知の領域を歩み、そこに足跡を遺すことです。



What do you like about kids and how do they revive you when you feel burdened?


子供のどんなところが好きですか、あなたが重荷を感じるようなとき、子供たちは、どうやって元気づけるのですか?



``Children are innocent and they are non-judgmental. They revive me, because they help me find my own inner child, without whom I would be lost. From children we can learn to love, to forgive, to create anew in everything and to heal the world.``


子供たちは無垢で、ジャッジをしない。彼らは僕の内側にいる子どもを見失わないように、手助けをしてくれて、僕を生き返らせてくれる。子どもたちから、私たちは、愛することや、許すこと、新たに創造し、世界を癒すことを学ぶことができます。



When you`re alone, do you feel lonely or contented?


ひとりでいるとき、あなたは孤独を感じますか?それとも満足感でしょうか?



``I know how to experience solitude. Loneliness can be a harsh experience, but solitude is love and consciousness with all of life.``


僕は、独りで過ごす方法を知っています。孤独は辛い経験にもなりますが、独りでいることで、すべての人生において、愛を意識するということもあります。



You often speak of God and spirituality, and you were reared as a Jehovah`s Witness. Do you consider yourself a religious person today?


あなたは、しばしば、神や精神性について語り、「エホバの証人」として成長しています。今のあなたは自分を宗教的な人間だとお考えですか?



``I don`t consider myself religious in the sense of subscribing to a particular dogma. I would consider myself spiritual-in that I believe there is a domain of awareness in which we can experience our universality. I read all kinds of religious literature, because I believe there is truth in all of them.``


特定の教義を信じるという意味では、信心深いとは言えませんが、僕は、この世界に共通して認識できる考え方があると信じているので、そういう点では、精神的なものを重んじて生きていると思います。僕はあらゆる種類の宗教の文献を読みます。そのどれにも、真実が含まれていると信じているからです。



In your book`s essay ``Trust,`` you write: ``We think separating ourselves from others will protect us, but that doesn`t work. It leaves us feeling alone and unloved.`` Do you feel imprisoned by your fame?


本の中のエッセイ「Trust」で、あなたは「距離さえ保っておけば、自分の身を守れるという考えは間違いで、それでは、いつまでたっても孤独で、自分が愛されていないと感じることから脱け出すことができない」と書いていますね。あなたは、名声を得たことで、監禁されているような感覚にとらわれることはないですか?



``Yes. Fame can be imprisoning. But the best part of being Michael Jackson is that I know I can interact with millions of people; and in that interaction we exchange something.``


ええ、名声によって、監禁されていくことはあります。でも、マイケル・ジャクソンであることの最もすばらしいことは、自分が何百万人とも交流できることだと思います。そして、そういった触れ合いから、私たちは大切なものを交換します。



Which is . . .


それは、、



``Love. It is exhilarating. It is magic.``


愛です。それは素晴らしく素敵な、魔法ですね。



I bet you could have been a great ballet dancer. Your mother once said you could imitate almost any dance move by the time you were 5. When you`re dancing onstage, how does it feel and how hard do you work at it?


あなたは、偉大なバレエダンサーにもなれたでしょう。あなたの母親は、あなたが5歳の頃から、どんなダンスでも真似することができたと言っていました。あなたは、ステージで踊っているとき、それをどのように感じますか?また、どれぐらい熱心に練習をしているんですか?



``I dance to express my bliss. I do not strain at practice when I`m dancing. I just feel that the dance is dancing itself through me. I`m an instrument for the expression of ecstasy.``


僕は自分の喜びを表現するために踊っています。無理に練習するようなことはしません。ダンスが僕を通して踊っているように、僕は歓喜を表現するための道具なんです。



Give us a few secrets: What do you eat, how do you exercise?


少しだけ秘密を教えてください。あなたは何を食べ、どのようなエクササイズをしていますか?



``My life is not constrained by special diets or exercise routines! I have fun with my friends or by myself. I like to see movies, read books, dance-and sometimes do nothing.``


特別な食事や、決められた運動で束縛されるようなことはないです。友人と一緒に、あるいは、ひとりで人生を楽しんでいます。映画が好きですし、読書も、ダンスも、時には、何もしないことも。



You write so much about animals. What can we all learn from them?


動物についてもたくさん書かれていますね。 私たちは、彼らから何を学ぶことができますか?



``Animals do not kill out of cruelty, greed or jealousy. And most do not kill their own kind. We are the only animals that plunder and destroy the Earth! But we are learning, and it is not too late.``


動物は残酷に殺害するとか、貪欲に嫉妬したりしませんし、ほとんどの場合、同じ種族を殺すこともないですが、私たちは地球を略奪して、破壊する唯一の動物です。でも、私たちが学べば、遅すぎるということはありません。



Speaking of animals, after the sexy, violent ``panther`` section of``Black or White`` created so much controversy, amateur psychologists speculated that you were letting off tremendous feelings of anger about . . .


動物の話といえば、『Black or White』の性的で暴力的でもあるパンサーシーンは、多くの論争を巻き起こしました。アマチュア心理学者たちは、あなたが周囲にとてつもない感情を爆発させていると推測していましたが、、



``Anger and rage are the prelude to a shift in consciousness. Unless we feel rage at some of the inequities and injustices of our society, there is no hope for transformation.``


怒りや激しさは、意識が変動する前兆です。 私たちが不正に対していくらかの怒りや、社会への不当性を感じない限り、変革への希望はありません。



Your videos are state-of-the-art, like a mini-motion picture. Would you like to make feature-length films?


あなたのビデオは、最高の技術水準をもった短編映画のようですが、長編映画を創りたいと思いますか?



``I`m going to produce and direct many feature films; movies that bring out the magic of life that entertain but also make people think.``


たくさんの長編映画を製作し、監督したいと思っています。人が楽しめるだけでなく、考えさせられるような、人生の魔法についての映画を。



In the meantime, when you`re composing songs for your next album, do the words come first or the music?


ところで、次のアルバムのために、曲を創っているとき、最初に、歌詞が浮かぶのですか?それとも、メロディですか?



``I first hear the music and feel the dance, and then the words come spontaneously.``


最初にメロディが聴こえて、それからダンスを感じて、そのあとに、自発的に言葉がやってくるという感じです。



In your essay ``On Children of the World,`` you say so many children have had their childhoods stolen from them. As a child star, did you feel that way?


『On Children of the World』というエッセイで、「大勢の子供たちは、こども時代を奪われている」と書いていますね。チャイルドスターとして、あなたもそのように感じたのですか?



``I certainly did not have a routine childhood. But the magic was always there.``


確かに、僕には普通のこども時代はありませんでした。ただ、こども時代の魔法はいつもそこにありました。



We`ve all seen Elizabeth Taylor fight so passionately for AIDS funding and compassion. What quality do you like most about her as a friend?


私たちは全員、エリザベス・テイラーが大変情熱的にエイズのための基金や、理解のために尽くしていることを知っています。友人として、あなたは彼女のどのようなところが好きですか?



``Elizabeth has passion for life. We must live with passion.``


エリザベスの生きることへの情熱ですね。私たちは情熱をもって生きるべきですね。



Having hosted Elizabeth Taylor`s wedding last October, do you dream that one day you might have a wedding of your own?


去年の10月に、エリザベス・テイラーのために結婚式を主催されましたね。あなたも、いつか結婚式をあげることを夢にみますか?



``My life is the present. And the excitement of life is to step into the unknown every morning. I look forward to the future-whatever it brings.``


人生は贈り物だと思っています。毎朝、未知の世界に踏み出すことで、人生の興奮を感じます。僕は未来がもたらす、すべてを楽しみにしています。



(June 27, 1992 ミュンヘン公演日のインタビューだとすれば。。)



◎[関連記事]和訳『Trust』

◎[関連記事]和訳『ON Children OF THE WORLD』






[PR]
by yomodalite | 2015-04-13 08:37 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite