<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

こちらにあった記事は

コメント欄を除いて

下記に移動しました。



[PR]
by yomodalite | 2014-08-30 10:33 | MJ Birthday | Trackback | Comments(13)

こちらにあった記事は

コメント欄を除いて

下記に移動しました。





[PR]
by yomodalite | 2014-08-29 00:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(9)
f0134963_19171599.jpg


"Everybody's doing a great job.
Let's continue and believe and have faith.
Give me your all, your endurance,
your patience, and your understanding.
But it's an adventure, it's a great adventure.
It's nothing to be nervous about.
They just want wonderful experiences, they want escapism.

みんな、素晴らしくやってくれてる
このまま信念をもって続けていこう
辛抱強く、理解して、全力を尽くしてほしい
これは、すばらしい冒険なんだ。びくびくすることは何もない
彼らは、ただすばらしい体験を求めてる。日常を忘れるようなね


f0134963_19201945.jpg

We wanna take them places that they've never been before.
We wanna show them talent like they've never seen before.
So give your all.
And I love you all. And we're a family.
Just know that. We're a family.

ぼくらは、彼らを未知の領域に連れて行って
出会ったことがないような才能を見せよう
君のすべてをみんなに与えるんだ
みんな愛してる。僕らはみんな家族
本当にそうだと理解して、みんなが家族だということを


f0134963_19185817.jpg

We're putting love back into the world
to remind the world that love is important.
Love is important. To love each other.
We're all one. That's the message.
And take care of the planet.
We have four years to get it right or else
it's irreversible, the damage we've done.
So we have an important message to give.
Okay? It's important.
But I thank you for your cooperation so far.
Thank you. Big thank you.

みんなに愛の大切さを思い出させて
世界に愛を取り戻すんだ
愛が重要だってこと、互いに愛しあうこと
僕らはひとつ
それを伝えよう
そして地球を大切にすること
4年間で、僕たちが犯した傷を直すんだ
僕たちは重要なメッセージを与えられている
いいね?すごく重要なことだよ
これまでのみんなの協力に感謝します
ありがとう。本当にありがとう






[PR]
by yomodalite | 2014-08-27 06:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
f0134963_22313241.jpg


☆『MJ Tapes』の翻訳について[1]のつづき。。


Y:シュムリーは、このあとの会話でも、「名声」や「物質的な成功」「愛情」「孤独」…といった、誰もが自分の人生において悩む課題について、様々な方面からMJに質問して、彼の内面を引き出しているよね。ただ、彼は、この時期のMJを低迷していたと認識して、自分との対話によって「あるべき姿」を取り戻してほしいと思っている。メディアがどう報じようと、音楽界で、MJが「低迷」していた時期なんてないことを知っているファンとしては、見当違いと感じる部分もあるけど、私が驚いたのは、人生のあらゆる問いに関して、MJがすでに多くの「答え」を持っていたことなんだよね。



C:認識の違いということで言えば、「出版の経緯」でシュムリーは「惨めなほどの孤独さについて」告白されたことにふれている。マイケルは「皆に自分を愛してもらいたかった。心の底から愛してもらいたかった。なぜなら、真に愛されたと感じたことがなかったから」と語り、シュムリーはそんなマイケルに対して、「名声が手に入っても、身近な人からの愛情は手に入っていないよね。ファンの気持ちと本当の愛情は違うよね、かわいそうに」と言いたげ。でも、このシュムリーの認識も、マイケルの現状とは違っているんじゃないかな。


だって、マイケルほど愛された人はいないのだから。ファンを別としても、マイケルに接した人はみな、彼に魅了されたと言っているし、シュムリー自身が、実際会ってみたらマイケルの人柄の魅力に惹きつけられた、と「私たちの出会い」に書いている。そのマイケルが「愛されたかった」という時の「愛されたい」は、自分の「愛されたい」とは違うのでは? マイケルが「孤独だ」という時、自分の「孤独」とは違うのでは? とシュムリーは疑問を持つべきだったと思うのだけど。



Y:MJは、自伝『ムーンウォーク』でも自分の孤独について、『僕は自分が世界で一番孤独な人間のひとりだと信じている』と語っていて、表現者として、その感覚をもっていることに、誇りを抱いているという感じだものね。


◎[関連記事]映画『ミスター・ロンリー』


それと、そんな感じで同情させるの、MJがよく使う手だよねって思った人もいると思うけどw、でもさ、シュムリーだけじゃなく、男って嫉妬深いから、名声や仕事に対して自分より上の男を目の前にすると「身近な人からの愛情は手に入っていない」なんてことをまず考えるじゃない。可哀想ぶってるなんて批判されることもあるけど、MJにしてみれば、それは男の嫉妬を和らげ、相手の懐に入る方法でもあると同時に、実際、彼はあらゆることを「愛」を中心に考えていたと思う。



C:名声-これは彼が選んで手に入れた薬物と言っていい-、そして舵のきかない人生が、彼を徹底的に打ちのめしてしまったのだ。彼の人生における最大の悲劇は、注目されることと愛情とを間違えたこと、家族より名声を、真の精神的な目標より物質的な成功を選んだことである。


これは、「MJTapes」において一貫しているシュムリーのマイケル観で、表現を変えて、繰り返し述べられているよね。でもね、『THIS IS IT』のマイケルを見れば、2009年、シュムリーと別れてから8年(ただの8年じゃない、ものすごいバッシングと好奇の目に晒される年月)経った時点でも、彼は精神的に壊れていたわけじゃないし、名声や物質的な成功に左右された破滅などしていないことがわかるよね。


これも、シュムリーが独善的であるとか、マイケルを利用しようとしたということではなく、「名声」や「愛情」や「成功」というものの意味が、両者の間で違ってたということじゃないかな。シュムリーは「名声」を得ること=「物質的な成功」、「名声」=「愛情」の代用品、そして、「物質的な成功」は「精神的な目標」に劣ると捉えているけれど、マイケルにとっては、多分そうじゃない。


マイケルにとって作品を創ることと、「名声」や「物質的な成功」は、並行してやってくるものだけれど、彼は、それ自体を目標としていないし、「物質的な成功」と「精神的な目標」を相反するものとは考えていなかった。「精神的な目標」のために「物質的な成功」を手に入れようとしてたのではないかな。



f0134963_22265333.jpg


Y:MJは、仏教でいう、上品(じょうぼん)、中品(ちゅうぼん)、下品(げぼん)のような分類で言えば、上品(じょうぼん)を目指してる。彼は、少年時代からイエスを見習いたい人として、尊敬してきたような人だから。


シュムリーは、聖書について深く研究してきた人だと思うけど、ユダヤ教では、成したことを重視する傾向があるので、精神性の高さについては厳しい見方をするみたい。でも、今はあらゆる分野で、下品(げぼん)から見ようとするね。その方が「お客さん」を多く集められるし、世の中には汚いことがいっぱいあるからね。


ケネス・アンガーの『ハリウッド・バビロン』とか、1960年代以降、MJが尊敬していたチャップリンや、J・Mバリ、ウォルト・ディズニーらを、幼児性愛や同性愛者として、徐々にその裏面を描くことが「真実」といった風潮になっていったけど、MJはその流れに逆行するかのように、彼らが成し遂げたことを讃えたでしょう。他にも『MJ Tapes』では、ハワード・ヒューズのような、MJ以前に、アメリカでもっとも「メディアの餌食」になったような人物についても「大好きだ」と答えている。そんなところからも、多くの人が選ぶ道以外を進むには、人々からの批判や疑惑を受け止めて、自分を磨いていかなくてはと、彼には最初から相当の覚悟があったように思える。


『THIS IS IT』に対して、自分が見た「真実」と違うと批判した人もいたし、殺されたのではという疑惑もあり、彼の死の真相については色々な言葉がとびかった。シュムリーも含めて、彼らの言葉には、かならず「原因」を自分以外に求め、他者の責任を「追求」するところがあるけど、MJは、あれだけ批判にあっても、誰かを批判することはめったにしなかったし、少しだけ言ってしまった場合も、後から反省したり、自分のことを振り返ってみようとしていたよね。


ファンや家族にとって、彼の死以上に悪い結果はないけど、おそらく、MJにとって一番悪い結果は「死」ではなかったんじゃないかな。


よく生きることと、どう死ぬかを考えることは、同じように大事というか、精神的なことと、物質的なこともそうだけど、一見対立していると思われていることも、実はそうではないのでは、とか。MJを見ていると、自分がどれだけ狭い見方をしているか、思い知らされることがよくある。



C:なぜ、今『MJTapes』を、しかも、シュムリーの主張まで全部紹介するのって言う人もいると思う。私も、以前はこの本を敬遠していて、日本語にしようなんて考えてもいなかった。でも、MJに対してこのようなアプローチをしてくれた本はやっぱり他にないじゃない。死後5年経って、MJに関する本がつぎつぎと出版されていても、彼の思想や精神に注目してくれた本はこれだけで、新しい世紀を向かえるこの頃、MJが何をどんな風に考え、『THIS IS IT』まで生きたのかを知りたい者としては、無視して通ることはできないと思うんだよね。



Y:シュムリーのプロローグは、マイケルの死にショックを受け、ふたりの友情が続いていた頃から自分はずっと注意していたのに、というやりきれない怒りと、またもや始まったメディアの狂騒の中での、彼へのいわれのない誤解も解きたいという思いが錯綜しているよね。


このあと公開する部分では、友情が終わった理由について語られているんだけど、シュムリーは自己弁護もあって、彼が思う「MJの黒い部分」についての話が続くでしょう? 自分との関係が終わったことと、マイケルが死に至った原因を直結させているところに疑問は多いものの、シュムリーの批判は、これまでメディアに登場したものの中では、まだ真っ当な方じゃない。



C:そうだよね。さっきも言ったけど、MJの思想や精神を紹介したいなら彼の言葉だけ取り上げて、って考える人もいるかも知れない。でもシュムリーには、ユダヤ教のラビとして、揺るがない自分の信念や、考え方の基盤があるから、話のかみあい方や、先に言葉の認識のところで述べたような、話のくいちがい方に、MJの考え方が浮き上がってくるように思う。物事を論じるときに、比較っていうのはすごく有効な方法だからね。


ただそれは、読む側にとってのこの本の価値で、マイケルがこの対談を行った意図は、また別に考えなきゃいけないよね。シュムリーと面識を持ちたいと言ったのは、マイケルの方だった。「どうして、ラビだったのだろう」とシュムリー自身もこの本の中で問いかけているけれど、マイケルは、深く考えてシュムリーを選んでいるだろうし、自分の意見に同調してくれるばかりの人物ではないということも、望んでのことじゃない?


揺るがぬ信念を持って座標軸になってくれる人物は、ユダヤ教のラビに限ったことではないかもしれない。プロテスタントの指導者でも、カソリックの指導者でも、仏教の指導者でもいいわけだけど、ユダヤ教のラビを選んだんだよね?


なぜかなぁ、と考えるとき、Black or Whiteの、“I’d rather hear both sides of the tale.”という一節を思い出す。マイケルをこれを実践していたんじゃないかなって。


何度か本を読んで「ユダヤ人とは?」って知ろうとして頓挫している私だけど(汗)、彼らがホロコーストを含む長い受難の歴史を持ち、その中で多くの優秀な人材を輩出していることはわかる。アメリカの政界や財界にも厳然とした力を持ち、ショービジネスの世界でも絶対的な力を持っているよね。それなのに、というか、そうであるがゆえに、一方ではたえず陰謀を画策しているようなイメージを持たれたり、受難の歴史にこだわりすぎる、理解の難しい人たち、と考えられることもある。


MJは、アメリカで、っていうか世界でかも知れないけど、大きな力ゆえに大きな疑念や偏見の対象にもなるユダヤ人を、話を聞くべき ’side’ だと考えたんじゃないかな。ジャクソン5時代の家庭教師がユダヤ人女性だったこともあり、彼は子供の頃からユダヤ人の歴史については関心を持っていたし、ビジネスの世界でもユダヤ人との関わりを多く持っていたわけだけれど、ここで改めて、彼らの考え方の根本であるユダヤ教について学び、自分の考え方との違いや共通点を知り、理解しようとしたんじゃない?


MJの住む世界のことを知らないシュムリーが、ラビとしての善悪の基準を前面に出して批判的なことを言うときも、彼は激高したり、無視したりするのではなく、冷静に自分の意見を述べている。MJがシュムリーとやりとりする姿勢は、「他者」というのは、非難したり追求したりして、自分が優越感を感じるために存在するんじゃなく、対話して、自分を高めていくためにあるのだ、ということを教えてくれるように思う。


MJは、自分がどんな人間か世間に知って欲しい、と言ったわけだけれど、この本でそれは成功してるんじゃないかな。彼が「愛」や「孤独」をどう考えていたかということもだけど、何より彼が「対話」と「理解」の人だということがよくわかるもの。それが翻訳したいと思った一番の理由なんだよね。だから、たとえシュムリーが私たちには不愉快に感じられることを言っていたとしても、切ってしまわずに伝えたい。



f0134963_22292917.jpg

Y:私も、ユダヤ教やキリスト教のお勉強については苦労してるんだけど、今の時点で、MJが会話の相手として、シュムリーを選んだ理由は大きく分けて2つあると思う。


ひとつは、自分の中で培われた信仰を確認するための対話者として。MJは「エホバの証人」を離れてから、宗教指導者を通して、神を学ぶということをしていないでしょう。それは、誰かが言ったことを鵜呑みにしないで、自分自身で考えるという訓練にはなっているけど、良くない点としては、自分の都合のいいように神を創造してしまうこと。新興宗教の教祖を目指すならそれでもいいし、律法を重視しないプロテスタントは解釈の違いで数多くの宗派を生んだけど、そもそも「三位一体」とか、「一神教」とはいえなくなっている部分もある。


でも、MJにとって、神がひとりだということはものすごく重要な概念なんだよね。彼は「エホバ」というユダヤ教、キリスト教、イスラム教に共通した神を信じているわけだから、それを生み出した「ユダヤ教」の指導者と対話するというのは、何かを学ぶときに、必ず「原点」から振り返ってみるという、彼が守ってきたやり方を考えれば必然だったと思う。


ユダヤ教とキリスト教の違いは、イエスがいるかどうかの違いという人もいるけど、MJにとってのイエスは、神ではなく目指すべき人間であり、ユダヤ教にとっての「救世主」は、まだ現れていないという解釈だから、シュムリーが、このあと「メシア・コンプレックス」なんて言って、MJを批判しているのも当然の流れと言えるし、彼にとっても「望むところ」だったんじゃないかな。


もうひとつは、


現在も収束する気配が見られないイスラエルとパレスチナ間の悲劇的な事態を、当時から危惧していたから。


ヴィーゼルは、2014年8月1日、米国の新聞に全面広告を出してて、


http://www.algemeiner.com/2014/08/01/elie-wiesel-condemns-hamas-for-using-children-as-human-shields-calls-on-gazans-to-reject-hamass-child-sacrifice/


記事の内容を端的に言うと、ハマスが「人間の盾」として子供たちを使っていることへの非難で、なにより悪いのはハマスだっていう主張なんだけど、記事では、シュムリーもそれに同調し、援護するかのようなコメントも紹介されてる。というか、シュムリーはこのキャンペーンを主催する立場で、見ようによってはヴィーゼルよりも過激にハマスを非難し、イスラエルの正当防衛を主張しているんだよね。


ガザで犠牲になった大勢の子供たちの写真を見せられると、シュムリーたちの言い分を支持することはむずかしいけど、パレスチナの政権は不安定で、イスラエルに行ったユダヤ人たちが、周辺国のテロに怯えるのはもっともで、それを米国に住むユダヤ人たちが援助しようとすることもよくわかる。でも、米国のユダヤ教会が、一丸となってイスラエルを支持しているわけでもないし、そもそもイスラエル建国に関しても、多くのユダヤ人が反対してた。


世界の富が、極少数の人々に集中していることも、ユダヤ人に力を持っている人が多いのも、彼らが国を超えて強力なネットワークをもっていることも事実。そんなことから、日本でも「ユダヤの陰謀」みたいなことが頻繁に話題にされ、侮蔑的な表現をカンタンにしてしまう人も多い。


でも、世界を思うがままに操る権力者の会議が、ユダヤ人を中心に行われていたとしたら、様々な国で暮らす同胞のユダヤ人を、イスラエルというひとつの国に集めて、イスラム国家を攻撃することにどんな意味があるのかな?


私が、世界を牛耳る権力者の考えを想像するのは、めちゃくちゃ無理があると思うけど、国をもたないことで差別をうけてきたと感じているユダヤ人のために「中東」の地に国を作って、そこに武器を投入して、イスラム国家を弱体化させる。っていう作戦は、世界覇権をもくろむ「ユダヤ人以外の人たち」にとっては、都合がいいんじゃない?


私たちの国でも「愛国」が敵国を意識させることとセットになっているように、戦争を起こしたがる勢力は、まず「国」を意識させたがる。それで、国をもたずに世界中にネットワークをもっているユダヤ人を嫌い、利用しているという部分もある。


第二次大戦のとき、ドイツが先に原子爆弾をもったら。という恐怖は、ユダヤ人の科学者にその研究を推進させた。でも、原爆がつかわれたのはドイツではなく、「日本」だったよね。


米ソの代理戦争のような朝鮮戦争のあと、韓国はキリスト教へと改宗し、「反日」政策を強めていった。日本も、韓国も、恨む理由があるとすれば「米国」のはずなのに。中東のテロリストと言われるような人は、欧米への憎しみを強めていて、特に「反米」意識が強いけど、彼らが「ユダヤ人」にターゲットを絞っていないのは、イスラエル=ユダヤだとは思っていないからでしょう。


MJが言っているとおり、人種や国や民族の問題じゃないんだよね。


それなのに、国や、民族や、宗教や、肌の色で、差別的をしたり、敵だと思ってしまうのは、何の罪もない、子供たちを不幸にすることで、その間違いをおかしているのが、今の「自分たち」でもあると。MJは伝えたかったんじゃないかな。


シュムリーが、イスラエルの正当防衛を主張している件だけど、彼は『MJ Tapes』の中でも、何度もエリ・ヴィーゼルの名前を口にしているよね。でも、そこはMJとの「温度差」がもっとも感じられる部分で、シュムリーがどれだけヴィーゼルのことを尊敬していたにしても、この本において必要とは思えない不自然さで、ヴィーゼルを持ち上げてるでしょう。MJとの関係や、彼をシンパに出来なかったことを、自分のコミュニティにいる人に言い訳したかったことが一番大きいのかもしれないけど、シュムリーにとって、MJの存在が、自分のメンターへの気持ちに動揺をきたすほどのインパクトを持ち始めていたようにも思えるよね。


少年時代の孤独感から、信教の道に進んだシュムリーは、マイケルが世界の子供たちの代弁者になりたいという言葉に心を動かされたと思う。でも、それは、ユダヤ民族の代弁者としてのヴィーゼルらの活動とは、どこかで衝突せざるを得ない。このあと紹介する「友情の終わり」には書かれていないことだけど、私には、ふたりの関係が終わった理由に、ヴィーゼルの存在が影響を与えなかったとは思えない。


黒人とか、ユダヤ人とか、そんなことはどうでもいい。みんな同じように神のこどもで、だからこどもの頃はそんなことを意識していなかったじゃないか、とMJはいう。でもシュムリーは、自分がユダヤ人だということから逃れることは出来ないし、君は、黒人として生まれたことから逃れられないのではないか。自分は、夫として、そして、こどもたちの父親として、彼らを育てる責任があり、ラビとして人々を導く責任もある。大人には、他にも様々な「立場」があると。


MJも、シュムリーの批判は受け止めたと思う。「ぼくはヒトラーの心だって変えることができる」と言っていたけど、それは、ヴィーゼルにも届かなかったし、彼はこの頃、はじめて自分自身のこどもを持って、本当に、他の子供を、自分の子と同じように愛せるかと、何度も自分に問い直したと思う。


私たちはユダヤ人じゃないから、彼らが経験したことを実感するのはむずかしいけど、個人としてではなく、日本人として、つまり「立場」をふまえての選択を迫られたときは、シュムリーのように行動する人が多いんじゃないかな。彼は、家族と同胞のために、正しい道を選び、正しいと思う人のために働いた。ヴィーゼルは「ノーベル平和賞受賞者」で、MJは、全メディアから批判されているポップアーティストに過ぎないって、何度も自分に言い聞かせて。


そして、多くの人は、進むべき道を決めるとき、選ばなかった道を批判して前に進む。シュムリーのこの長いプロローグも、そういうことなんじゃない。でも、MJは『THIS IS IT』まで、シュムリーよりももっと長い年月をかけて、自分が選んだ道だけを示して旅立った。


自分に出来ることは、イデオロギーで理想を実現したり、世界を変えることではなく、人の心を癒すことなんだって。。


私は、それが、彼の『THIS IS IT』だと思った。


MJは、これまでもずっとそうだったと思う。でも、、それは自分の想像をはるかに越えていたんだよね。


(一旦おしゃべり終了)


シュムリーのプロローグは、まだしばらく続きます。シュムリーは、『MJ Tapes』のときから、「どうして自分だったのだろう」と何度も問いかけていたけど、このあと、次作の『Honoring the Child Spirit』の序章を読み返すと『THIS IS IT』を見て、彼がもう一度、思い直したことも伝わるかもしれません。


彼が讃えようとしたのは、子供の精神ではなくて、MJの精神ではなかったかと。


◎『MJ Tapes』の翻訳について[3]序章を終えて…に続く





[PR]
by yomodalite | 2014-08-26 11:02 | MJ考察系 | Trackback | Comments(4)
f0134963_09504057.jpg


ここまで『MJ Tapes』を読んでいただいた方に。


未だに終わらないシュムリーの序章ですが、なぜ、今、これを紹介しようとしたのか?について、翻訳の監修者である、childspirits先生と2人でおしゃべりしてみました。


それは、5年間を振り返ることにもなり、私たちの会話は、シュムリーに負けないぐらい長くなってしまったのですが。。



yomodalite(以下Y):2009年の6月26日のことは、覚えてる?



childspirits(以下C):それはもうはっきりと覚えてる。あの朝、何気なくテレビをつけたらワイドショーで、「今朝はいった大変なニュースです。マイケル・ジャクソンが亡くなりました」って言ってるのが耳に飛び込んできて。いきなりのことで、びっくりしたけど、もっとびっくりしたのは、ニュースを聞いた瞬間、涙があふれ出したこと。


マイケル・ジャクソンのことを日頃考えていたわけでも、彼の音楽をフォローしていたわけでもない。『オフ・ザ・ウォール』で、「あのマイケルが、こんな青年になったんだ」と思い、『スリラー』に驚嘆したあとは、「すごく売れてるんだな」と横目で見ているくらいの感じ。多くの人がそうだったように、世紀が変わる頃からは、スキャンダルにまみれ、メディアに追いかけられる彼しかわからなくなった。それなのにすごく涙が出て、あとはテレビの前に座り込んで、延々と彼の死に関するニュースを見続けてた。



Y:私も、朝の情報番組だったと思う。今は、なんとなくテレビをつけることはなくなったけど(これもMJが原因)、当時はまだそういう習慣があって、家の前に救急車が停まってる映像とか、ヘリコプターとか、見てても仕方のない映像なのに、そのときだけは目が離せなくて、とにかくショックだった。自分に出来ることなんか何もない状況なのに、どうしたらいいんだろう、って動揺しただけでなく、なんだか自分のせいなんじゃないかって思ったよね。そう思ったのは、私ひとりじゃなかったと思う。芸能人が亡くなったときに、負い目を抱いた人が大勢いたという経験は、MJ以外に誰かいたかなぁ。



C:あれほど強烈に、大勢の人にそう感じさせたのはMJだけじゃない?自分の事で言うと、彼がメディアに、容姿や奇行や家族のことで面白おかしく取り上げられ、バッシングされているのを見ながら、アメリカで黒人が影響力あるポジションを手に入れることのしんどさを想像したけど、一方で、彼の側にもバッシングを誘発してしまう要素はあるんじゃないか、とも思っていた。「白人になろうとしている」みたいな解釈も、何となく受け入れていたかな。ただ、そんなふうに傍観していたことで、彼を追い詰める流れに荷担したんじゃないかって、感じた。ある種の後ろめたさ、は彼の生前から感じていたのかも知れない。2008年だったかなぁ、リーディングのクラスで、MJの記事を取り上げたことがあったのね。



Y:どんな記事?



C:簡単に言うと、「マイケル・ジャクソンは本当にもうだめなのか?」みたいな記事。彼は近年キャリアの面で目立った活躍はなく、スキャンダルばかりで知られるようになっている。しかし、彼は本来は世界最高に売れた、才能あふれるエンターティナ-のはずだ、ってね。書き手の口調はどちらかと言えばMJに好意的だったと思う。


どうしてその記事を取り上げたかっていうと、マイケル・ジャクソンといえば変な人、という刷り込みしかされていないであろう若い人に、実はすごい人、の面も知って欲しかったから。授業ではよく知られているニュースについての英文記事を読むことで、メディア・リテラシーみたいなこともやりたいと思っていたからね。


ただ、その記事の書き手がそうであったように、MJのキャリアに再びピークがやって来るとは私も考えてなかったし、彼が実はすごい人、っていう場合の「すごい」が『スリラー』であるという認識も共通していた。そして、あの日のニュースを聞いたんだよね。



Y:私はね、当日は泣いたと言うよりは、朝からテレビで彼に関する映像をいっぱい見ないではいられないほどショックを受け、それほど大きなショックを受けた自分にも驚いたりして、それで夜には、もう今後メディアを通してマイケルを見ることを止めようということと、この衝撃が何なのかについて自分だけで考えたいという、なにか「決意」のようなものを抱いちゃったんだよね。



C:MJの死亡のニュースが入った日は、まるまるテレビで報道を見っぱなしだったけど、いくら見続けても、どうして涙が出たのか、自分にとってのMJとはどういう存在だったのかわからず、自分が関心をはらっていなかった時期の彼をとにかく見てみようと思ってPCに向かった。YouTubeを使うようになったのは、2009年6月26日以降だよ(笑)。で、「彼は、こんなにずっとかっこよかったんだ」、というよりは「こういうかっこよさを持っていたんだ」ってことに呆然とした。



Y:私は「デンジャラス」からファンだったから、80年代より、90年代以降のMJをよく覚えてるのね。ビッグスターに乏しかった90年代、彼のカリスマ性は並ぶものがなかった。ただ、その頃から徐々に「等身大のスター」が求められるようになって、「天才」で「お金持ち」というイメージのMJは、時代に合わないと思われるようになっていったみたい。



C:私は、デンジャラス以降は、ほとんどフォローしてなかったから、MJがどういう存在だったかについては、今と全然違う答えを持っていた。彼はすごい才能の持ち主で輝かしいことを成し遂げたけれど、ピークは過ぎていて、マスコミのバッシングに苦しみながら、失意のうちに死んでいったみたいに考えていた。彼の悲劇の根源を、奴隷制度にはじまり公民権運動を経て半世紀が過ぎてもなお差別され続けるアメリカの黒人、っていうステレオタイプの図式に求めていたんだよね、きっと。『THIS IS IT』を見るまではね。




f0134963_20230909.jpg


Y:初日に観に行ったんだよね。どんな感じだった?



C:うん、「最後まで頑張っていた彼の姿はどんなだったんだろう」という、期待と不安とおそらくは同情の入り交じった気持ちで見に行ったんだけど、上映後は、すぐに立ち上がれないまま涙を流していた。正確に言うと、立ち上がれなくなったのは、映画を見終わったあとじゃない。映画始まってわりとすぐ。ダンサーたちがMJと同じステージに立てる喜びについて語る場面のあと、『THIS IS IT』のオープニングシーンになるでしょ。オルテガの説明と共にいろいろな映像に輝く「ライトマン」が出てきて、’piece by piece’って開いて、MJが登場する。彼が右手をスッと掲げ、Wanna Be Startin' Somethin’ が始まる。その瞬間、もう、頭からどっかーんと何かが落ちてきたようなショックを受けた。


つま先から指先まで電気が走っているような立ち姿や、サングラスからのぞく、つぃっと上がった眉、引き締まった口元の表情を見て、「この人は、世間が自分を化けもの扱いしている間も、努力を怠らず、たえず挑戦し続けていた」っていう思いが閃いた。


右手を天に突き出し、体全体から放電しているような立ち姿というのは、「スリラー」のダンスシーンにもあるよね。あの頃のMJは坂道を猛スピードで駆け登っているような状態だったけど、そのあと、『THIS IS IT』までのMJには、困難な状況が次々起こっているよね。なのに同じポーズが、「スリラー」の時よりも、エネルギーに溢れて見えた。スリラーからの四半世紀を、普通のスターとして過ごしてきたら、こんな事が起こるはずはない。あんなひどいバッシングの中で、こんな進化を遂げるのは、並大抵の精神力や思考力じゃないなって、思った。


上映後に流した涙は、「この」MJを知った感動と、いままで知らなかった、知ろうとしなかった、自分のダメさ加減への後悔によるものかと思う。それで、結局19回も『THIS IS IT』を見に行くことになったんだよね。



Y:話を聞いてると、私のあの日のことも甦ってくるなぁ。呆然とした気持ちでスクリーンを後にしたとき、またもや、「自分はこれからどうしたらいいんだろう」って感じで、ただ、もう自分を落ち着かせる目的でダーリンに電話して、「今までに感動したこととは比べようがないぐらい、人生で一番感動した」って言ったと思う。他にどんな言葉も発したくなかったから、それだけで電話を切ったのね。友だちに『THIS IS IT』すごく良かったよ。なんていう普通の会話も絶対にしたくなくて、それで、リアルフレンドには、その後もずっとマイケルのことを話さないようにしてた。


それまで、私はオリジナルアルバム全部と、ブカレストライブを持ってるぐらいのライトなファンだったけど、あの大観衆の1人になるのが嫌で、MJのライブに行きたいと思ったことがなくて、だから、初めて実物の彼に出会えたような気分だったのかもね。


映画館にいるあいだはすごく幸せを感じて、どんなに泣いても、それは「感動の涙」だったのね。でも、観終わって家に帰ってきてからも涙が止まらなくて、それは感動の涙ではなかった。私は、通勤も、子供の世話も、介護もしなくていい身分だったから、もう本当に1日中泣いてて、自分がこれほど激しく泣いている状態をどうしたらいいのか、一体インヴィンシブル以降に見てきたマイケルは何だったのか。その答えを求めて、5年も経ってしまったみたい。



f0134963_20255323.jpg

C:私の生活は、『THIS IS IT』をはさんで、「紀元前」と「紀元後」って言えるくらい変わったと思う。とにかく毎日MJのこと考えた。スペースも予算も考えずCDやDVDを買いこんだのはもちろんだけど、彼に関係する本を手当たり次第に読んだ。で、読むほどに、映画を見た時に感じた彼の思考力は、現実のものだったという気がした。



Y:私もどこが変わったとは言えないけど、読む本は確実に変わった。MJ以外の人がどんなにキレのあるダンスをしても、振り付けをこなしているように見える。でも、MJが指先を少しどこかに向けただけで、そこには「意志」があり、「意味」があるように見える。彼の精神と肉体は完璧に一致していて、『THIS IS IT』まで、なにがあっても変わらなかったことが、私にはものすごい衝撃だった。


それまで、MJのことを、そんなに知性があるとは思ってなくて、本を読むのが好きだというインタヴューを聞いていても、成功本の類いであるとか、とにかく自己啓発好きで、ポジティブ思考という印象しかなかったんだけど、誰もが彼の人生は行き詰まっていると思うような状況の中、最後まで、その肉体から精神性が感じられるというのは、彼が、本質的な「知性」をもっていることに他ならないじゃない。それは、どんな「真相」よりも私には明らかなことだと思えたのね。


知識は本から学べても知恵は経験からしか学べない、という言葉があったと思うけど、彼は熟練のパフォーマーとしての「経験」だけでなく、それを長く実践するために極限の努力もして、世界一と言われるほどの成功を手にできるほどの「知恵」もあった。MJは、学んだ知識を最大限アウトプットすることが出来たひとだよね。


それなのに、MJほど、自分を賢く見せなかったアーティストもめずらしい。だとすれば、彼が自分を賢く見せなかったことには、「なにか特別な理由」があったはずだと思ったのね。それで、彼がどんな本を読んでいたのか、ものすごく興味が湧いてきて、彼が読んだと思われる思想書や宗教に関する本も、あらためて真剣に読むようになったんだよね。


C:私も「ムーンウォーク」や彼の詩集、オックスフォードでのスピーチや、色々なインタビュー、さらに彼が残したメモを読んで、それから彼の歌の詞を読み直した。そうしてみると、間違えていたことがちょっと具体的に見えてくるようになった、自分なりに、だけど。たとえば、彼がいつも口にしていた、子供のために生きている、というような発言。それを子供好きなんだなぁとか、自分の失われた子供時代への回帰なのかなぁと捉えていたんだけど、そんなに浅薄なものではないとかね。彼は子供の世界を、自分が癒されるのに必要な場所ではなく、この世界にある病を癒すのに必要な innocence の泉だ、と真剣に考えていたんだということがね。



Y:私の場合、オックスフォード・スピーチに感動したあと、さらに衝撃を受けたのが、『MJ Tapes』だった。相変わらず、センセーショナルなことのみ紹介されて、ユダヤ教のラビが、MJを裏切って出版したみたいな扱いだったけど、彼が、90年代に「こども」について以外言いたくなかったこととか、めったにしゃべらなかったこととか、色んなことが、今までとは違って見えてきたよね。



C:確かに「こども」への思いだけではMJの全体像に迫れない気がする。というか、どうして「こども」が最優先事項なのか、が理解する必要があるよね。そういった意味で、『MJ Tapes』には、手がかりになることが多いよね。英文学の世界にグロッサリー(glossary)という言葉があって、それは作家が特別な意味を持たせて用いた語の説明を集めた特殊辞典で、有名なのは「シェイクスピア・グロッサリー」なんだけれど、『MJ Tapes』はもしかしたら、マイケル・ジャクソンという人物(書物)を理解するためのグロッサリーの役目を果たしてくれるかも。


MJとシュムリーの対談を読み込むと、ひとつの語に対して、二人の認識が微妙に食い違っていることに気づくでしょう。その差異が「マイケル・ジャクソン・グロッサリー」になり得る。言葉=思考だものね。


☆『MJ Tapes』の翻訳について[2]に続く




[PR]
by yomodalite | 2014-08-25 11:36 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)
f0134963_23405398.jpg
画像使用:速水御舟「夜桜」



[1]に引きつづき、マイケルが “ミステリアス” だと言った「桜」について、基次郎ではなく、安吾の方かもしれないので、、


* * *


桜の森の満開の下の秘密は誰にも今も分りません。あるいは「孤独」というものであったかも知れません。なぜなら、男はもはや孤独を怖れる必要がなかったのです。彼自らが孤独自体でありました。


彼は始めて四方を見廻しました。頭上に花がありました。その下にひっそりと無限の虚空がみちていました。ひそひそと花が降ります。それだけのことです。外には何の秘密もないのでした。



f0134963_23473848.jpg


ほど経て彼はただ一つのなまあたたかな何物かを感じました。そしてそれが彼自身の胸の悲しみであることに気がつきました。花と虚空の冴えた冷めたさにつつまれて、ほのあたたかいふくらみが、すこしずつ分りかけてくるのでした。

 

彼は女の顔の上の花びらをとってやろうとしました。彼の手が女の顔にとどこうとした時に、何か変ったことが起ったように思われました。すると、彼の手の下には降りつもった花びらばかりで、女の姿は掻き消えてただ幾つかの花びらになっていました。そして、その花びらを掻き分けようとした彼の手も彼の身体も延した時にはもはや消えていました。あとに花びらと、冷めたい虚空がはりつめているばかりでした。


坂口安吾『桜の森の満開の下』より抜粋


f0134963_23475423.jpg

画像使用:加山又造「夜桜」



[PR]
by yomodalite | 2014-08-23 08:55 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
f0134963_22421136.jpg
画像使用:速水御舟『炎舞』


moulinさんから教えてもらったエピソードです。。

(週刊NY生活ニュースより省略して紹介)


1995年にレコーディングでニューヨークに滞在していた時、マイケルは、連日寿司のテイクアウトを注文していた。本人が直接、車の中から電話をかけてきて「トロとサーモンと鉄火」と言うのだ。


食事が終わった頃を見計らって座敷に入ると、彼は、畳の上でリラックスした様子で、腹ばいになり、両肘を立てて顔にあて、「サクラ、サクラ」を歌っていた。

 

「サクラ~サクラ~、ヤヨイノソ~ラアハ~、ミワタスカ~ギイリィ~」


「お上手ですね」と言うと、


「日本ツアーに行った時にいろいろ童謡を覚えたんだよ」と答えた。

 

「いっぱい童謡がある中で、どうしてまたサクラなのですか」と尋ねると、


「イッツ・ベリー・ミステリアス、ユウ、ノウ?」と、マイケルは言った。




f0134963_22062501.jpg

いったいどんな樹の花でも、いわゆる真っ盛りという状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒き散らすものだ。それは、よく廻った独楽が完全な静止に澄むように、また、音楽の上手な演奏がきまってなにかの幻覚を伴うように、灼熱した生殖の幻覚させる後光のようなものだ。それは人の心を撲たずにはおかない、不思議な、生き生きとした、美しさだ。


二三日前、俺は、ここの溪へ下りて、石の上を伝い歩きしていた。水のしぶきのなかからは、あちらからもこちらからも、薄羽かげろうがアフロディットのように生まれて来て、溪の空をめがけて舞い上がってゆくのが見えた。おまえも知っているとおり、彼らはそこで美しい結婚をするのだ。


しばらく歩いていると、俺は変なものに出喰わした。それは溪の水が乾いた磧へ、小さい水溜を残している、その水のなかだった。思いがけない石油を流したような光彩が、一面に浮いているのだ。おまえはそれを何だったと思う。それは何万匹とも数の知れない、薄羽かげろうの屍体だったのだ。隙間なく水の面を被っている、彼らのかさなりあった翅が、光にちぢれて油のような光彩を流しているのだ。そこが、産卵を終わった彼らの墓場だったのだ。


俺はそれを見たとき、胸が衝かれるような気がした。墓場を発いて屍体を嗜む変質者のような残忍なよろこびを俺は味わった。


この溪間ではなにも俺をよろこばすものはない。鶯や四十雀も、白い日光をさ青に煙らせている木の若芽も、ただそれだけでは、もうろうとした心象に過ぎない。俺には惨劇が必要なんだ。その平衡があって、はじめて俺の心象は明確になって来る。俺の心は悪鬼のように憂鬱に渇いている。俺の心に憂鬱が完成するときにばかり、俺の心は和んでくる。


ああ、桜の樹の下には屍体が埋まっている!


いったいどこから浮かんで来た空想かさっぱり見当のつかない屍体が、いまはまるで桜の樹と一つになって、どんなに頭を振っても離れてゆこうとはしない。。。


梶井基次郎『桜の樹の下には』より抜粋。



[PR]
by yomodalite | 2014-08-21 08:05 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(5)

In The Cool !!!

f0134963_19010846.jpg


残暑お見舞い申し上げます!



f0134963_19021097.jpg




[PR]
by yomodalite | 2014-08-20 08:47 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(7)

こちらにあった記事は

下記に移動しました。



[PR]
by yomodalite | 2014-08-18 06:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(0)
こちらの記事は、
下記に移動しました。


[PR]
by yomodalite | 2014-08-14 06:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite