<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

豊崎の絵本カフェ

f0134963_943556.jpg

先週のこと。英語の詩とか、エマソンとか、読んでいたら、無性にパンケーキが食べたくなってきた。

大阪は「こなもんの街」で有名だけど、お好み焼きや、うどんだけでなく、イタリアンパスタも、釜焼きピッツァの店もすごく多いし、パン屋も東京よりも多いような気がするだけでなく、カフェメニューに「パンケーキ」や「フレンチトースト」がある割合も高い感じがして、

大阪に来てから「パンケーキ」の誘惑がスゴい。

でも、ずっとガマンしてたの。

だって、引越し作業のストレス ー 食い倒れの街の誘惑 ー 難読本の増量… と、もうなにもかもが体重増加を招いていて、歯止めが利かない状況なんだもん。。

それなのに、どなたかの影響もあって... w、

もう、今日こそは、前を通り過ぎるたびに後ろ髪を引かれる思いだった、北区にはやたらとある長屋カフェの中でも、パンケーキが有名なお店に行かざるを得ない!絶対に行く!と、何度なだめても「中の子」が言うことをきかない。

それで、しかたなく、家を出て「浮田」に行こうとしたんだけど、暑さのせいで足が鈍ったせいなのか、「豊崎」で、周辺の自転車ウォッチングをしたり(大阪のチャリのカワイさは異常!)、


f0134963_9453442.jpg



f0134963_10291552.jpg

オシャレ過ぎるハンチング帽専門店を冷やかして、パンケーキへの思いをクールダウンさせたりして、



f0134963_9483180.jpg
◎帽子屋Bar Coppoletta


そのすぐ近くにあった「絵本カフェ」に入ってみることにした。

週末にはここを目指して来る客で行列もできているらしいのだけど、この日は、平日の午後で楽に入れそうだったし、

スイートなものを食べるんじゃなくて、
スイートなものを見る方がいいんじゃないかって思ったのね!


f0134963_10245385.jpg
◎絵本と珈琲 ペンネンネネム(この日入ったのは「green」)



f0134963_9503277.jpg

私が座った場所は「幸運のジョージ席」と名付けられていて、



f0134963_10144742.jpg



f0134963_9512532.jpg

ところ狭しと「おさるのジョージ(Curious George)」がいる席で、



f0134963_952461.jpg

絵本だけでなく、グッズも数多く並べられてる。



f0134963_9542443.jpg
ジャック・ジョンソン「Curious George」のアルバム出してたのね。



わたしはこの絵本も、キャラにも、特別な愛情はないので、そういえば、ブッシュの嫁が日本に来たときにこの本を朗読して、夫に似ているから好きなのかしら。と思ったけど、彼女の表情はあきらかに「イエローモンキー」にはこの本がぴったりだわ。という感じだった。こととか、

さっぱりカワイくないことを思い出したりなんかしてたんだけど、、

そんな、わたしを、何匹ものジョージ君が見つめてきて、、

こんなことまで言う!


f0134963_9554985.jpg

ったく!もうっーーー 頼んじゃったよ。

ぐっすん。。


f0134963_9563346.jpg
ぐりぐらホットケーキ(ドリンク付き 850円)


f0134963_1051995.jpg

ホットケーキだから、厚み3センチぐらいで、生クリームと蜂蜜とバター添え


ふぅーーーー♪



f0134963_1065820.jpg



f0134963_10112065.jpg



f0134963_1075437.jpg

ピーターラビットのコーナーには、本物のウサギも。。



f0134963_10212833.jpg

トイレ。。。


f0134963_10264311.jpg

ジャック・ジョンソンのは「Curious George」の映画のサントラだったみたい


Jack Johnson - Upside Down



[PR]
by yomodalite | 2013-07-30 08:51 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

MJマッシュアップ![ヒョウ柄兄貴編]

f0134963_9262876.jpg


ブログ主は、大阪に行ってまもなく、突如として “ヒョウ柄愛” に目覚める・・・

はずだったのだが、、大阪の街では、思いのほか「ヒョウ柄」に出会うことはなかった。

あの「ヒョウ柄兄さん」のようなひとには、どこに行けば会えるのだろう。

途方に暮れ、暑さに萎れ、

そして、古典にも、英語にも、エマソンにも疲れた。。。

そんなわけでww

これといってなんの趣向もないんだけど(汗)、


と、とにかく、フレディー兄さんとの共演から行っちゃうよ。

Here We 郷ぅーーー!!!




Queen & MJ(I Want To Break Free + Black Or White)





もう1曲クイーンで!

Queen & MJ(2Bad + Another One Bites + Dirty Diana)





MJマッシュアップ界でたぶん一番人気の “Beat It” をガール達と!

Rihanna,J-Lo,Owl City,Carly Rae Jepsen & MJ(Beat It)





リアーナ単独で!

Rihanna & MJ(PLEASE DON'T STOP + BILLIE JEAN)





f0134963_1975815.jpg



Green Day & MJ(Boulevard Of Broken Dreams + Smooth Criminal )






Calvin Harris, Ellie Goulding & MJ(I Need Your Love + Remember the Time)






Toni Braxton & MJ(He wasn't man enough + You rock my World)





懐かし系!

Genesis & MJ(Land of Confusion + Beat It)





最後も大人系で!

ELO & Supremes & MJ




f0134963_2156202.jpg

♡おまけ♡

ブルーノ・マーズって、
なんかジャクソンファミリーぽいし、
作曲能力も、歌もハンパなくいいのに、
モノマネもウマ過ぎぃーー!

最初がグリーンディ、エアロスミス、そしてなぜか、ケイティ・ペリー、
ジャスティン・ビーバー、ルイ・アームストロング、そして最後に
渾身のマイケル・ジャクソンやりますっ!

(もしかして、彼もすべてのエンターティナーの上を行くとかっていう
マニフェスト書いてたりして。。。ww)

Bruno Mars SNL FULL Pandora Parody Sketch!





f0134963_2102424.jpg


ヒョウ柄兄さん!これ、ハンドルポストと、チェーンと、泥よけのところと、
タイヤも「ゴールド」だったら買ってもいい??


f0134963_22455334.jpg

ヒョウ柄兄さん「ゴォールドならね・・・」

[PR]
by yomodalite | 2013-07-28 11:17 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)

Summer Greetings

f0134963_21554547.jpg



More! More!!
[PR]
by yomodalite | 2013-07-25 08:33 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

大阪城に行ってきた

f0134963_1432548.jpg


大阪探索への道のりは、まだまだ第一ステージもクリア出来ていないというか、メインキャラすら把握できていない状態なのだけど、、確実に外せない「ビッグ・ワン」を攻略すべく、大阪城に行ってみた。

大阪では、とかく「キタとミナミ」という話をする。

わたしが今住んでいるのは「キタ」で、隊長と似ているセンスの方々が多いのが「ミナミ」w。

◎[関連記事]マイケル・ジャクソンの顔について(15) “MJファッション”


スーツだけじゃなくて、こーゆーのとか...

f0134963_051887.jpg

これも、なんとなく「ミナミ」...


f0134963_0512832.jpg

で、たぶん、こんな感じのが「キタ」のセルフイメージかな。。


f0134963_21131554.jpg



キタでは、大阪のイメージが「ミナミ」に集中していることにうんざりしている人が多いようで、「ミナミ」のことを悪くいう(ネタにするという意味)のは、天気の話ぐらい一般的で、、

まだ物件探しをしている頃、わたしは「梅田」(キタ)の近くではなく、「難波」(ミナミ)に住もうとしてたんだけど、不動産屋だけでなく、ちょい乗りしたタクシーの運転手さんまで絶対にやめた方がいいと言う。

でも、物件を案内してくれた不動産屋の若い女子の、若干重めのつけまつげに込められた気合いに “微かな匂い”を感じた私は、その彼女が住んでいる場所も聞いてみたところ、案の定、今も「アメ村」(ミナミ)の中に住み、道頓堀川が「キレイになった」ことを嘆くような、生粋のミナミっ娘!



f0134963_14344466.jpg

いくら、家のダーリンが渋谷生まれの渋谷育ちというシティボーイ(笑)で、上品なビジネスマン(笑)だからって、うっかり私まで上品な奥様(笑)だなんて舐められてはw、私のプライドが許さないっ!と、つい発奮しw、

東京のデンジャラス地帯に住んでみたときの経験をちょっぴり「大盛り」で語ったりなんかして、本当にアブナいゾーンについて、いろいろ根掘り葉掘りと聞いてみたところ、確実に「イケる」と踏んだ私は、すっかり「ミナミ」にノリノリだったのだけど、


f0134963_14363153.jpg

残念ながら、お目当ての物件は一足違いで決まってしまい、不動産探しに2日しかなかった私は、「ミナミ」を諦め、「キタ」に住むことになったのだ。でも、実際に住んでみたら「キタとミナミ」は、想像していたよりもずっと近距離で、

この縦のラインと、大阪城の関係がどうなっているのか?ということに興味津々なのね。


f0134963_14405395.jpg

それで、その日の用事もすませ、なんとなくドライブしてるときの「大阪城行ってみる?」というダーリンの一言に、つい同意してしまったのだ。だって、7月に自転車で、街をウロウロするの、しんどいじゃんw

でも冷静に考えれば、大阪住民なのに、7月の夏休み中に大阪城見物するなんて、なんか冴えないんだけど、車で行く方が、チャリよりマシだなぁなんて。。うっかり思ってしまって、

それというのも、、大阪転勤が決まってから「この写真」をよく見ていて、


f0134963_14413183.jpg

なんだか妙に行きたくなってたのね。(趣旨ちゃうやん!)


f0134963_14415186.jpg


で、行ってみて、あらためて気づいたんだけど、ホントにもう「大阪城」について、何ひとつ知らなくて、、


f0134963_14423021.jpg


天守閣に虎が!とか、こんなに金飾りが派手だったの!とか驚いちゃって、MJが行った、このお城、大阪城じゃなかったのかなぁ。。とも思ったんだけど、



f0134963_14442387.jpg


やっぱ、、大阪城でいいんだよね?

外堀のあたりは、皇居の近くとほとんど同じような雰囲気で、なんだか、千鳥ヶ淵を思い出したりしてたんだけど、天守閣に虎の飾りとか、、やっぱり「大阪は違う」「面白い!」と思ってしまいました。

ただ、お城の周辺をほんの少しウロウロしただけで疲れてしまって、天守閣内部に入ったりとかは全然してなくて、周辺はすごく賑わっていて、大勢人がいたんだけど、関西弁はまったく聞こえてこなくて、ほとんどアジアの言葉ばかりでした。。


[PR]
by yomodalite | 2013-07-24 09:58 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

21歳のマニフェスト

f0134963_15284283.jpg


今年(2013年)の5月、CBSのTV番組 “60 Minutes”で、MJの私物が保管されている倉庫をレポートしたときに紹介された手書きの「マニフェスト」。

1979年のツアー(The Jacksons Destiny Tour)の日程表の裏に書かれたもので、彼の21歳のときの「宣言」のようですが、一番上の「This was written before thriller years ago」は、スリラーがヒットする前に書いたメモに、後になって付け加えたものと思われます。

MJ's "manifesto," penned in 1979

MJ will be my new name. No more Michael Jackson. I want a whole new character, a whole new look. I should be a tottally(*)different person. People should never think of me as the kid who sang "ABC" "I Want You Back."

MJがぼくの新しい名前になる。もうマイケル・ジャクソンじゃない。完璧に新しいキャラクターと外観を求めて、完全に違った人間になるべきだ。人々がぼくのことを『ABC』や『I Want You Back』を歌っていた子供だと考えないように。

I should be a new, incredible actor/singer/dancer that will shock the world.

ぼくは新しくなって、驚異的なレベルの俳優や歌手やダンサーになり、世界に衝撃を与える。

I will do no interviews. I will be magic. I will be a perfectionist, a researcher, a trainer,a masterer. (*)I will be better than every great actor roped into one.

ぼくはインタヴューなんてやらない。ぼくはマジックになる。完璧主義者として、研究し、訓練を積み、プロフェッショナル達の上に君臨するような人になる。ぼくは、偉大な俳優と言われた人たちの誰よりもさらに上を行く。

I must have the most incredible training system. to dig and dig and dig until I find

最上級の驚異的なトレーニングシステムを確立し、探求に探求を重ねてそれを見つけなければならない。

I will study and look back on the whole world of entertainment and perfect it. Take it steps further from where the greats left off.

ぼくは世界中のあらゆるエンターテイメントを調べて勉強し、それを完璧なものにして、偉大な人たちが遺した段階から、もっとずっと遠くまでステップアップするんだ。

source : http://www.cbsnews.com/

(*)tottally:totallyで訳してあります。

(*)masterer
http://en.wiktionary.org/wiki/masterer
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=masterer


f0134963_19235133.jpg

f0134963_19242867.jpg

MJの最後の家にあったミラーには、
"Train, perfection March April Full out May" と書かれていた。


◎[参考記事]このマニフェストと番組への優れた考察 ALLFORLOVEBLOG


[PR]
by yomodalite | 2013-07-22 08:37 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

William Blake “A Divine Image”(『無垢の経験の歌』)

f0134963_23184453.jpg

『無垢の経験の歌』(Songs of Innocence and of Experience)の「人の姿(The Human Abstract)と「神の姿(The Divine Image)」の翻訳を見てくださった、みっちさんが、

◎人の姿(The Human Abstract)
◎神の姿(The Divine Image)

ご自身でも、この詩を訳してくださっただけでなく、

http://mitchhaga.exblog.jp/20522889

なんと「The Divine Image」だけでなく、「A Divine Image」もある。

と教えてくださいました!

みっちさんによれば『無垢の経験の歌』の中でも、「A Divine Image」という詩が納められた版は極一部らしく、未完成なのかもしれませんし、由来についてもよくわからないのですが、

ブレイクらしい巧緻が感じられるというか、「The Divine Image」よりも皮肉めいていて、また、この詩での人類のイメージは、有名な「虎(Tyger)」という詩と比較できる点も興味深くて、

◎William Blake “The Tyger” Thriller 25 The Book

またまた、うっかり訳してしまいました。


A Divine Image
神聖についての断片

Cruelty has a human heart,
And Jealousy a human face;
Terror the human form divine,
And secrecy the human dress.

人の心臓には、残虐があり
人の顔には、嫉妬がにじむ
人が神聖を形づくると、恐怖を必要とし
だから、
人の衣装は、秘密で整えられている

The human dress is forged iron,
The human form a fiery forge,
The human face a furnace seal'd,
The human heart its hungry gorge.

人の衣装は、鍛えられた鉄により
人の形は、鉄工所の火から
人の顔は、溶鉱炉ではりつけられ
人の心臓は、飢えた胃袋で造られたのだ

(訳:yomodalite)

なぜ、人の心には「残酷」なところがあるのか、、

この詩の「Divine Image」とは “God's Creation” のことではなく “Human made” の「Divine Image」(宗教業界とそれを信じる人々の合作)とは、こういうものである。ということではないでしょうか。


[PR]
by yomodalite | 2013-07-21 10:36 | 文学 | Trackback | Comments(2)

対訳 ブレイク詩集が疑問だったので自分で訳してみる[2]

f0134963_12293570.jpg


[1]の続き


下記は『無垢の経験の歌』の「無垢の歌」から、[1]で紹介した「人の姿(The Human Abstract)」に対比する

「神の姿(The Divine Image)」という詩です。

英文は、対訳ブレイク詩集(岩波文庫)から書き起しましたが、日本語訳は「私訳」なのでご注意くださいませ。

The Divine Image
神の姿


To Mercy Pity Peace and Love,
All pray in their distress :
And to these virtues of delight
Return their thankfulness.

憐れみ、同情、平和や、愛、
そういった苦悩から人は祈り
そして、それらの美徳の喜びに
人は感謝のきもちを返す

For Mercy Pity Peace and Love,
ls God our father dear :
And Mercy Pity Peace and Love,
ls Man his child and care.

憐れみや、同情、平和や、愛は、
親愛なる父である神からのもので
憐れみや、同情、平和や、愛によって
父の子である人間は受けとめられる

For Mercy has a human heart
Pity, a human face :
And Love, the human form divine,
And Peace, the human dress.

憐れみは、人の心臓であり
同情とは、人の顔
そして愛は、人の神聖をあらわし
平和は、人の衣装である

Then every man of every dime,
That prays in his distress,
Prays to the human form divine
Love Mercy Pity Peace.

誰もがあらゆる場所で
苦しいときに祈りを捧げている姿が
ひとの神聖であり
愛や、憐れみ、同情や、平和でもある

And all must love the human form,
In heathen, Turk or Jew.
Where Mercy, Love&Pity dwell,
There God is dwelling too.

だから、すべての人の姿を愛さなくてはならない
異教徒も、トルコ人も、ユダヤ人も
憐れみや、愛や、同情があるところには
神もまた住んでおられるのだ

(訳:yomodalite)

☆William Blake “A Divine Image”(『無垢の経験の歌』)に続く


[PR]
by yomodalite | 2013-07-19 09:11 | 文学 | Trackback | Comments(16)

対訳 ブレイク詩集が疑問だったので自分で訳してみる[1]

対訳 ブレイク詩集―イギリス詩人選〈4〉 (岩波文庫)

ウィリアム ブレイク/岩波書店

undefined



海外の古典と言われる詩を読むのはずっと苦手でした。なんか自然を讃美して、「おお」とか、「ああ」とかばっかり言ってて、神のこともピンとこないし、、

でも、MJのことを考えているうちに、Godのことを、聖書の教えではなく、独自に突き詰めていった人たちの系譜が見えてきて、それで彼らとの距離が少し近くなったような気がして、、

今、ブレイクきたーーー(・∀・)って感じなんですよねっ。

こちらの文庫には『無垢の経験の歌』『天国と地獄の結婚』『セルの書』『アルビヨンの娘たちの幻覚』『詩的素描』『ピカリング稿本』から抜粋した詩が、対訳で収められ、巻末には20ページほどの「ブレイク略伝」もあり、ブレイク入門にはちょうどイイ感じ(なんですが、、)

『ピカリング稿本』のピカリングって何?って思ってたんですけど、こちらの略伝によれば、これは1801年から1805年にかけて執筆され、1807年までにノートに清書されて残されていたもので、ピカリングとは、そのノートの所有者の名前だそうです。


下記は『無垢の経験の歌』の「経験の歌」にある「人の姿」という詩です。

英文は、本書から書き起しましたが、
日本語訳は「私訳」なのでご注意くださいませ。


The Human Abstract
人の姿



Pity would be no more,
If we did not make somebody Poor :
And Mercy no more could be,
If all were as happy as we :

我々は誰か貧しい人を作らなければ
憐れむということもなく
すべての人が我々のように幸せなら
慈悲の心というものもない

And mutual fear brings peace :
Till the selfish loves increase.

そして、互いを恐れることで平和を維持し
自己愛や利己的な愛は増していく

Then Cruelty knits a snare,
And spreads his baits with care.

冷酷な心は罠をしかけ
注意深く餌を与え世話をしていく

He sits down with holy fears,
And waters the ground with tears :
Then Humility takes its root
underneath his foot.

男は神聖な恐れから腰を下ろし
涙で地面に水をやる
すると、彼の足元からは
謙遜が根づく

Soon spreads the dismal shade
Of Mystery over his head;
And the Catterpiller and Fly,
Feed on the Mystery.

やがて宇宙の謎の荒涼とした闇は
彼の頭上に広がり
そして、毛虫や蠅は
その謎の餌となる

And it bears the fruit of Deceit,
Ruddy and sweet to eat :
And the Raven his nest has made
In its thickest shade.

そしてそれは赤くて口に甘い
虚実の実を結び
そしてそのもっとも深い茂みの中に
大きなカラスが巣をつくる

The Gods of the earth and sea,
Sought thro’ Nature to find this Tree,
But their search was all in vain :

陸と海の神々は
自然の中から、その木を見つけようとしたが
すべて無駄だった

There grows one in the Human Brain.

それらは人間の脳の中に生えているのだ

(訳:yomodalite)


f0134963_1535830.jpg

[PR]
by yomodalite | 2013-07-18 09:49 | マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(3)

7月のきもの(披露宴に出席した)

f0134963_16302176.jpg


大阪に来てから、初めてのきもの。といっても、大阪で着たのではなくて、いとこの披露宴で久しぶりに東京に帰ったときのこと。披露宴用だし、着物と着付け一式を持っていくのも大変だし、普段用の着物しか持っていないので、こちらは、人形町の「らくや」さんでレンタルしたもの。

◎衣装らくや(訪問着)

披露宴では、ガンガンと冷房が効いている会場内で着付けすればいいので、特に夏用を着ることはないのだけど、、わたしは夏の着物が大好きなので、絽の訪問着を借りて、


f0134963_16324797.jpg


ふだんの夏の装いでは、絶対にやらない刺繍半襟をつけてもらいました。

夏物じゃない方がお値段も安いんだけど、やっぱり快適だったと思う。。



f0134963_1715489.jpg


バッグ以外は、すべてレンタル。

久しぶりの東京なので、つい浅草にも行ってしまって、うっかり「文扇堂」で塗りの扇子も買ってしまう。。



f0134963_16442262.jpg


大阪に着いたら、たった2日で蝉の声が大きくなっていました。。


[PR]
by yomodalite | 2013-07-17 08:37 | きもの | Trackback | Comments(7)

Poem by Michael Jackson found under a table Neverland

f0134963_16474920.jpg

ネヴァーランドにあったテーブルの下に書かれていた言葉です。


☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2013-07-15 09:26 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite