<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

マイケル・ジャクソンの顔について(25)幻のSF「Unbreakable」3

f0134963_2144196.jpg



わたしは、MJが1ミリ間違っているように見えるときは、こっちは1メートルぐらい間違ってる可能性の方が高いんじゃないかと、よく思うんです。。。

(7)まで戻って見てくださっている方が多くて、申し訳なく思ったり、ここまで書いたことも、反省点ばかりが気になってきましたが、(21)から、わたしが最も言いたいのは、この時期のSONYとの確執も、彼自身の不可解さも、決して残念なことではなかったということなので、

夜露死苦っ!!! (by : 夜喪堕璃手)


下記は(21)〜(24)をまとめて、少し表現を代えて、加筆したようなものです。

Invincible期のMJの活動には、ソニーウォーズに絡んだ説明をされることが多く、2010年に発売になった、DVD『VISION』完全生産限定盤の“You Rock My World”の項で、解説の西寺郷太氏は、

この時の確執は彼の音楽人生において損失だった。と僕は思う。

と、記されていて、西寺氏のことは、MJのことを、膨大な知識としてでなく、血肉として理解されていて、とてもとても尊敬していますし、

アルバムに収録されなかった、素晴らしい曲をいっぱい知っている1ファンとしても、ここからアルバムが創られなかったことは、ずっと残念だったと思ってきたんですが、

Invincible期から『THIS IS IT』までのMJを、特に「顔」を中心に見ていくうちに、この時期から、彼はアルバムを創れなかったり、パフォーマンスが出来なかったのではなく、それをしなかったことに意味があったんじゃないかと思うようになりました。

この時期のMJが不可解に見えるのは『Invincible』の音楽の圧倒的な完成度に比べると、彼のヴィジョンの方には、少しだけ混乱があって、

その混乱を「You Rock My World のあの顔」ではなく、

ソニーウォーズの原因にもなったと言われる、"Unbreakable" のSFが創れなかったという情報から考え直しました。

一部の情報では、SF"Unbreakable"は、第3段シングルとして、その時点まで、SF化計画があったように感じられますが、

わたしは、“You Rock My World”のSF決定の段階で、それは破棄されていたと思っています。(今後の展開で、さらに説明する予定)

◎業界全体で、音楽アルバムの商品価値の下落が、一層進んだこと。
◎シングル発売〜SFでアルバムを売るというビジネスモデルが崩壊したこと。

この2つは『Invincible』制作中に、MJも感じていたことだと思いますし『Invincible』を完成後は、今後、アルバムを継続して創って行くことより、もっと違うことの方に、興味があったと思います。


Do you feel like your most creative period is yet to come?
Q : あなたの創作のピークはもう過ぎたと感じますか?


I think the best work is coming, but I'd like to go into other areas, not keep doing album after pop album.
MJ:最高の仕事は出来たと思う。アルバムを作り続けるより、もっと他の領域に足を踏み入れたい。(TV GUIDE Interview 1999より)


そのひとつは、幼いころからの「影像」への深い興味で、『Invincible』の完成度に、相応しい影像を創ることは、アーティストとして、確実に挑戦したいことだったと思うのですが、それは『Invincible』の音楽ほど、完璧には出来なかった。

なぜなら、

MJが映像化したかったのは、"Unbreakable" の音楽PVではなくて、「アンブレイカブルな男」そのものだからです。



f0134963_21464359.jpg


MJは、ずっと「映像化」を考えてきていますが、

ダンサーとしてだけでなく、様々な、エンターティナーやミュージシャン、SONYの盛田会長などのビジネスマン、キング牧師や、ネルソン・マンデラ....ミケランジェロのような歴史に遺る芸術家や、イエスすらも、目標として、人生を歩んできたMJにとって、

“Invincible”(無敵)で、“Unbreakable”(不死身)と言える「ストーリー」を、構築するのは、彼がどんなに天才であっても、というか、天才であるからこそ「不可能」というジレンマに陥るようなものだったのではないでしょうか。

西寺郷太氏の『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』の第6章《摩擦 ソニー、モトーラとの諍い》には、

創業者の盛田昭夫会長を尊敬していたMJにとって、「これは、自分が愛したソニーではない」という気持ちが強かったのかもしれません。

という記述がありますが、

MJが、これまでの天才アーティストと違うのは、多くのアーティストや、そのファンも信じてきた「一番売れるものが、一番良いわけがない」ということを覆したところです。

この時代までの、SONYとMJは、レコード会社とCDを売るだけのアーティストではなく、一番良いものが一番売れるという「思想」を共有していましたが、

これは、SONYという個別の会社や、モトーラ個人に起こったことではなく、あの頃、世界中で、モノを作って売る時代が終わり、

ビジネスの最前線にいた、モトーラのような人物はもとより、アメリカでも、日本でも、雪崩を打つように時代は変わりました。

マライアへの友人としての正義感も、様々な圧力も不満も、間違いなくあったと思いますが、この頃のMJは、その程度の幼い正義感や、我がままで、SONYに抗議したのではないと思います。

90年代のMJは、メディアだけでなく、そういった時代からこぼれ落ちた人たちからのMJ批判も始まっていて、お金持ちMJの戦いは一般の共感を得られるものではありませんでしたし、社会的な行動として評価されることもありませんでしたが。。。

MJは、一貫して政治的な発言には慎重でしたが、その理由には、幼い頃から尊敬していたミケランジェロが政治活動から身を引いて、偉大な芸術家となったことをよく学んでいたことによるもので、音楽業界の最前線で長くトップであり続けた彼に、政治的センスがなかったと言うことは、ありえないと思っています。

振り返って見ると、MJはどの時代も、本当に厳しい道を歩んできたと思いますが、あの頃、彼が、本当にここまで「タフな男」だったことに、MJ以外は、誰も気がついていなかったし、彼自身も、そのことを「映画化」することはできなかった。

完璧なアルバムを何枚も創った後に『Invincible』では、そこから、更なる円熟と、未来をも見据えるという理想を、音造りでは形にすることが出来て、本当に、自分が「無敵」だということに確信がもてたけど、

MJの、MJによる、“Invincible”(無敵)で、“Unbreakable”(不死身)な男の映画化は難しいということに、彼は『Invincible』制作中、何度も考えて、気づいたんだと思います。

数多くの撮影や、SFでも様々な顔を見せてきたにも関わらず、作品(アルバム)の顔(ジャケット)には、あまりこだわっていないのも、

ミケランジェロが自画像を1枚も遺さなかったことと同じように、MJも「自画像」には、慎重だったからではないでしょうか



f0134963_2158736.jpg


今までのマイケルのショートフィルムを少しずつ混ぜたようなストーリーや台詞、踊り、イメージが展開されてゆくこの作品を初めて見た時、謎だらけだったので、勝手に『インヴィンシブル』から今後シングルカットされるショートフィルムで、どんどんここで暗示させた物語が進行していくのかな?」と予想していたのだが・・・。(DVD『VISION』完全生産限定盤“You Rock My World”の解説より)

連作というのは、流石、西寺さん!!! このSFで、最初に疑問だったのは、曲の内容と、SFの内容があっていないことだったんですが、連作なら、ありえるかもしれません。

元々、彼は、音楽PV以上の映像作品を創りたかったのですから、そういったアイデアは、構想としてあったように思います。

でも、

完成した“You Rock My World”の構成からは、ここから連作というのは、考えにくくて、納得できるようなSFを創るための予算も時間も「1作」だと悟ったMJが、ギリギリ妥協して創った「集大成」だから、曲のテーマに合っていなくて、2作目のシングルが、“Cry”に決定したときよりずっと前に、そのアイデアは終わっている可能性の方が高いように思えるんですね。

“Cry”のあと、リリースはされなかったものの、ラジオオンエアに選ばれた“Butterflies”など、MJは、このアルバムに関して、インタヴューで語っていた、気に入っている曲と、シングルカットされた曲が、悉く違っていますが、

"Unbreakable", "Speechless", "Lost Children"

それは、彼のヒット感覚が狂っていたのではなく、逆に、市場感覚も、レコード会社の思惑も、はっきりとわかっているからなんだと思うんです。(実際売れる曲を創っているわけですから)

深読みするならば、この曲でマイケルは、これまで自分が歩んできた歴史を振り返ってゆくが、争っている間にアクシデントからそのすべてに火が放たれてしまう。彼は親友と愛する女性だけを連れて、また別のステージへと進んでゆく・・・。(DVD『VISION』完全生産限定盤“You Rock My World”の解説より)

MJは、もう「一番良いものが、一番売れる」という偉業は、何度も達成していて、モノ造りの精神を忘れてしまったレコード会社に、これ以上所属する意味もなく、冒頭に3曲、挑戦的な曲を配し、SONYにも抗議することで「次のステージ」を考えていて、

『Invincible』制作中に、今後のアルバム発売や、芸能活動への支障も、経済的不安も、確実に計算して、「別のステージ」に移ったのではないかと、

『Invincible』を、何度も聴いていると、そう思えてなりません。

『Invincible』というタイトルも、“Unbreakable”のショートフィルムを創りたいと、何度も語ったことも、彼の「メッセージ」で、

それは、その言葉の意味と、その音楽が、これまでにない曲だという、2つの意味の「メッセージ」だったんじゃないかと思うのですが、、、

☆マイケル・ジャクソンの顔について(26)につづく

[PR]
by yomodalite | 2011-05-30 22:24 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(0)

マイケル・ジャクソンの顔について(24)幻のSF「Unbreakable」2

f0134963_14442684.jpg

マイケル・ジャクソンの顔について(23)のつづき


マイケル・ジャクソンの顔について、特に謎の多い、“You Rock My World”のことを、ずっと考え続けているのですが、今回から、ようやく、ほんの少しだけ、その謎に迫るつもりです。

でも、これは、わたしが、ただただ一生懸命考えて、自分にとって、できるだけ矛盾の少ない結論に導いているものなので、「真実」を求める方は、充分ご注意のうえお読みくださいませ。


マイケル・ジャクソンの顔について(23)では、当時のMJには、“Unbreakable”のSFを制作する気はなかったかのような「結論」に導いてしまいましたが、

今回は、やっぱり、どうしても創りたいと思っていた“Unbreakable” のSFとは、どんなものだったのかについて、ちょっぴり考えたいと思います。


f0134963_20494378.jpg

◎Legend of MoonWalker

上記の「REPORT-2」〜アルバム「INVINCIBLE」〜「Unbreakable」から、当時の記事を、下記に抜粋。

【2001年】
10月26日に行なわれたチャットの中で、マイケルは自分自身に最も近い曲を訊かれ、「"Unbreakable"。 だって、僕はずっとそうだったんだ。 誰も僕を止められやしない。 僕たちは、皆が驚くするようなシングルを出すよ」また、ニューアルバムの中で気に入っている曲の1つとして "Unbreakable" を挙げた。

アメリカ版 『TV Guide』 誌('01年11月5日号)のインタビューでも、"Unbreakable" に込めたメッセージを訊かれたマイケルはこう答えた。「何に対しても屈服しやしない。 僕は、あらゆる全てを乗り越えてきたんだ。 何をもってしても僕を傷つけたり倒したりなど出来やしない。 また立ち上がるのだから。」


サードシングル "Unbreakable" のショートフィルムは既に8月から撮影を開始している。2002年初頭に公開予定。

マイケルは、このフィルムで世界中にショックを与えたいと考えているそう。ジョージ・ルーカスの 『インダストリアル・ライト&マジック・スタジオ』が撮影場所に使われている。

3月19日時点で、 "Unbreakable" のショートフィルム撮影は4月に開始されると見込まれる。デヴィッド・メイヤーズ監督によるそれまでの概念をマイケルが破棄。新たに『ラッシュアワー』 のブレット・ラトナー監督を迎え、クリス・タッカーを含めた新しいプロジェクトは、マイケルによって構築されていく予定。


3月23日 Lounch.comが、 "Unbreakable" のショートフィルム撮影は4月下旬に開始されると報じる。


3月26日 今週マイケルは、クリス・タッカーとメル・ギブソンを迎える "Unbreakable" ショートフィルム撮影のための準備を開始。 撮影はまもなくスタートの予定。

3月いっぱいでソニーミュージックは、唐突に 『INVINCIBLE』 に係るプロモーションの一切を中止。

のちに伝わった話によると、マイケルはこの "Unbreakable" を、20分間のショートフィルムとともに1stシングルに据えたい意向だったとのこと。



f0134963_14462859.jpg


これを読むと、“You Rock My World”のSFが披露されてから、大分経った後にも、 "Unbreakable" のSF計画が続いていたようなのですが、わたしは、その部分は、事実として少し疑問を感じているので、下記は、これらの情報を、軽視した考察になっています。

当時の音楽市場は「スリラー」の頃とは違い、シングルはすでに「商品」ではなく、オンエア用のプロモにしかなっていない時代です。長期間の制作期間で使った費用に加え、ここでも莫大な予算が“You Rock My World”のSFに投入されていますが、当時の評価は、その作品の完成度にも、予算にも見合うものでなく、2作目のSF、“Cry”には、MJ出演もなく、あまり手をかけた様子もありません。

1作目の成果から考えて、3作目のSF制作が、相当困難であることは、1作目に“You Rock My World”が選ばれた時点で、想像できたことですし、

『INVINCIBLE』で、彼が納得できるような予算によるSFは“You Rock My World”しか創れないということも、これを1作目に選んだ時点で、やはり想像できたことのように思えるんですね。



f0134963_20513666.jpg


『INVINCIBLE』は、業界的にも、MJの復活が注目されていましたし、彼にとって、"Unbreakable" こそ、もっとも強く主張したい「テーマ」だったでしょう。

MJの全SF中、まさにショートフィルムと言える、ストーリー性が感じられる作品として、下記が挙げられると思います。(洩れてる作品が会ったら、ご指摘くださいね♡)

◎Billie Jean
◎Beat It
◎Thriller(Long)
◎Bad(Long)
◎The Way You Make Me Feel(Long)
◎Smooth Criminal(Long)
◎Remember the Time
◎Black Or White(Long)
◎Who Is It
◎Scream
◎You Are Not Alone
◎Ghosts(Long)
◎You Rock My World(Long)
◎Say Say Say


☆MJショートフィルム全動画



f0134963_2111721.jpg


Billie Jean ー 絶対に女に騙されることなく道を貫くこと
Beat It ー 強さとは腕力だけではないこと
Thriller ー モンスター級の存在感
Bad ー ダンサーが軟弱ではなく、本当は強い男であること
The Way You Make Me Feel ー ダンサーが軟弱ではなく、モテる男であること
Smooth Criminal ー 賢い男がセクシーであること
Black Or White ー どんな枠組みにも納まらず、何も怖れることなどないという宣言
Ghosts ー 自分に嫉妬を抱く男たちへの更なる挑戦....

その中でも、ダンスに力を入れたSFは、すべて「一番強い男とは何か」がテーマになっていないでしょうか。

f0134963_1452129.jpg


MJは、SFだけでなく、ステージや、ダンスでも、作品によって、本当に様々な面を見せてくれていますが「役柄」としてみると、

「Thriller」「Ghosts」の、モンスター役、「Smooth Criminal」「You Rock My World」のギャング役は、それぞれ2回挑戦していて、

SFではありませんが、“Dagerous”のダンス・パフォーマンスも「ギャング」を思わせるものですし「THIS IS IT」のショーでは、新たに創られた「Smooth Criminal」のSF、「Thriller」にも「Ghosts」のイメージを付け加えたような演出がなされ「モンスター」と「ギャング」は、彼の最後まで重要な「テーマ」だったと思われます。

◎“Unbreakable” 訳詞(マイケルの遺した言葉)

“Unbreakable” のSFについては、あまり情報は得ていませんが、歌詞の内容からも、やっぱり「ギャング」がテーマだった可能性が高いんじゃないでしょうか。

☆マイケル・ジャクソンの顔について(25)につづく


[PR]
by yomodalite | 2011-05-28 15:05 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(6)

マイケル・ジャクソンの顔について(23)ソニーウォーズの別の意味

f0134963_114287.jpg


わたしは「真相」というのは、週刊誌が扱える「ストーリー」で、よく出来た本というのは、いくつかの「真実」が含まれる「ストーリー」だと思っています。(それが、どんなに身近に寄り添っていた人物が書いていたとしても・・・)

ミケランジェロや、彼が目指していた永遠の命をもった芸術は、何度も人を探求させるような「謎」に満ちていますが、その「謎」を埋め込んだアーティストが、本当に何をしたかについては特にそうだと思います。

でも、その秘密の「壁」を少しでも削りたい欲望から逃れることができない。

だって、、「愛する」って、どーすればいいのかわからないからww

では、

彼が必要とした「ストーリー」を、自ら仕掛けた件について。

通称「ソニーウォーズ」と言われる、MJのSONYへの抗議。

◎ソニーウォーズ(ウィキペディア)

わたしは「ソニーウォーズ」について、当時は、あまり共感できませんでしたし、それ以降、さまざまな「陰謀」にまつわる情報を得てきている今でも、やっぱりよくわかりません。

ちなみに、同じくSONYのビッグアーティストだったジョージ・マイケルも、1993年頃にSONYを契約無効を訴えています。

◎ジョージ・マイケル(ウィキペディア)

こちらは大体理解できます。ジョージ・マイケルに限らず、多くのアーティストは、自分で創ったレコードを、自分で売らなくてはならず、レコード会社は何もしないで搾取しているだけ。と感じるようなんですね。

ただ、マイケルの場合は、不満も圧力もあったとは思いますが、他と比較すれば、相当特別待遇というか、会社がこれまでしてきたMJへの巨額な投資の方が「異常」に思えました。


f0134963_16341167.jpg

◎[参考記事](当時のわたしの感覚に近いもの)

ソニー内の政治抗争の詳細はわかりませんが、納得できるのは、

95年まで、マイケルに投資していたのは、全米ソニーの代表者で、世界のソニーグループの売り上げ(年間8兆円)の半分に責任を持つ人物だった。

マイケルへの投資が、思うように成果をあげなくても小さい話であり、むしろアイコンとしてマイケルに接していた。ところが、96年以降は、マイケルは、あくまでもソニーの音楽部門のトップと話しをすることになった。

だから、トミー・モトーラは予算を出し渋り、マイケルが持っている音楽資産を取ろうとし、よほど成功確率がないと、ミュージックビデオにしても、巨額の投資はできなかった。

という部分です。それでも、やっぱり、ウィキペディアにもある、

会社を抗議したMJが、社長を辞任に追いやり、主張が全面的に認められ、合意に至った。

という理由はよくわかりません。

上記のサイトにもあるように、当時、一応大人だったファンは、MJのこの行動には、そんなに共感できませんでした。

わたしも、当時は理解できなかったんですが、でも今は、はっきりと「匂う」んですね。

MJの方が....


f0134963_11103169.jpg

モトーラへの激しい個人攻撃など、政治抗争部分はわかりませんが、このときの「人種差別」攻撃は、MJが「They Don't Care About Us」のときに受けたものにちょっぴり近い「手口」というか...また合意に至った「詳細」もわからないんですが、


(注:MJの抗議が、ADLに近い手口というのは、明らかに言い過ぎで、誤解を招く言い方だと思いますが、ここでは、MJらしくないなぁぐらいの意味でご理解ください。また、このあとのSONYへの抗議内容も、ハーレムでのスピーチにも、すぐ触れる予定だったので、あえて、このような書き方をしましたが、予想外に長くなってしまって、弁解が遅くなっている段階である。ということも、重ねてご理解くださいませ)


ざっくり考えて、MJとSONYが、お互い持っているものを突き合わせて「帳尻」があったということでしょう?

これは、SONY側がこれ以上損失は出せないという判断であっても、これまでのアーティストと会社との力関係からすれば、充分「勝利」ではないでしょうか。

『HIStory』で、巨額のSFを制作し、期待どおりの売上げを上げられなかったと言われ、5年もの歳月をかけて制作された『Invincible』でも、30億円という巨額の費用をかけ、またしても、長尺ビデオを制作したにも関わらず......

果たして、これで本当に、MJが「陰謀」にあったと言えるんでしょうか?

確かに、合意は握手ではなく「匕首」を突きつけ合っているのかもしれませんが、でも、結局モトーラは辞任しました。

この後、MJはアルバムも出せず、様々な形で活動を邪魔されたとも言われていますが、

わたしには、

MJはその後、結局、破産もしなかったし、ツアーにも行かなくて済んだだけでなく、ファンには、アルバムを創らないことを、SONYのせいにすることが出来た。

というように見えるだけでなく、

今後の「ゲーム」のために、様々な「布石」を打った形跡が感じられるんです。

あの頃は、すでに、CDが売れるような時代ではなく『Invincible』が、前作を下回る売上げであることも、これまでのようなSFを、何本も制作することが無理であることは、MJにも想像できたはずですし、また、これまでの「スタジオアルバム」に満足してなかったら、SONYへの抗議はできなかったと思います。

MJが、スティービー・ワンダーぐらいの天才だったら『Invincible』と『THIS IS IT』までに、少なくとも2枚はアルバムを出せたはずですが、

業界トップの契約金で知られ、時代から逆行する巨額なプロモ費用を必要とし、売れなかったら、社長に抗議までするアーティストに「移籍」は無理でしょう。

『Invincible』以降、彼が表現したかったことは、もうSFでは出来なかった。

彼はもうエンターティナーとしての賞賛には飽きていたんじゃないでしょうか

◎[関連記事]MJ's Speech「Against Racism」


[PR]
by yomodalite | 2011-05-26 11:49 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(4)

マイケル・ジャクソンの顔について(22)幻のSF「Unbreakable」1

f0134963_2231731.jpg


☆(21)のつづき

『Invincible』発売当時、わたしは、このアルバムがそんなに好きではありませんでしたし、大勢のひとがこのアルバムに抱いた第一印象も、今までより少し「取っつきにくい」というものではなかったでしょうか。

◎ Unbreakable

この冒頭の変態リズム3連発といい、シングル曲がようやく6曲目に登場するという、MJのこれまでのアルバムでも、他のヒット・セオリーからも逸脱したような構成がその主な原因だったと思えるのですが、

その理由は、これらの歌のメッセージにあるのではないでしょうか。


f0134963_22345287.jpg


さて、僕にはどうにもわからないんだが、どうして君は
僕を何かで脅かせるなんて思っているいるんだい?
どうしてわからないかな。
僕を傷つけるなんて絶対にできない。
そんなことはさせないからさ。
僕は君の手には負えないよ、ベイビー。
君が僕を破壊するなんて絶対に不可能。
だって僕は不死身なのさ。
(「Unbreakable」(マイケルの遺した言葉)より)

アルバムのタイトルが「Invincible」(無敵)で、1曲目でさらに“Unbreakable”(不死身)とか、今までだって「BAD」(ワル!)とか、「Dangerous」(ヤバい!)とか、意外と「ヤンキー」との親和性を感じなくもないんですが、でも、ヤンキーが「唯我独尊」を勘違いしているのとは逆に、彼は、もっと高次元なレベルで、そう言っているんですよね。

彼女の策に嵌められるなんて思いもしなかった
今でも彼女は僕が気づいたことを知らないだろう
彼女は、僕が別れを切り出すまでこのゲームを楽しむつもり
それでも、最後に彼女が気づくことを祈るよ
僕も、彼女と同じゲームをしていたことをね
(「Heartbreaker」より)

「Heartbreaker」は、手に負えない彼女のことを歌っていますが、結局は...というパターンですね。


君には、僕がしたいことはすべて話しただろう
でも、どうやったところで君には通じないし
君は僕が言ってることを調べてみようともしない
僕を知れば、僕が君が今まで思い描いた以上だってわかるのに
他の誰にも僕のように愛することなんてできない
彼が君にごちそうするって言ったって
僕のようにはできない
彼がダイヤモンドや真珠を買ってくれたって
僕みたいにはできない
彼が世界のどこにでも君を連れて行ったところで
僕のような芸当はできない

(「Invincible」より)


この曲も、なかなか自分になびかない女をテーマにしながらも、そういう女の魅力を語っているわけではなくて、自らの強さの方に力点があると思います。


これらの歌詞の世界は、彼の代表的なパフォーマンスである「Billie Jean」と「Dangerous」でも同様なんですが「危険な女」を歌っているようで、その女に絶対に騙されない、本当に「ヤバい男」を表現しているようです。

これまでも、何度も繰り返してきた、これらのテーマを『Invincible』では、今までのような「ヒット曲」とは異なり、なにか「得体の知れない」感じを残して、3曲連続で、冒頭に叩き込んだのは、彼の中で「ワル!」や「ヤバい男」以上に、このテーマへの思いが強くなっているからだと思うんです。


f0134963_2241322.jpg


MJは、特に聴いて欲しい曲として、何度も「Unbreakable」を挙げていて、この曲をシングルにしたかったことが伝わっていましたが、率直に言って、「Unbreakable」が、「You Rock My Would」より、売れるとは思えませんし、この曲はラジオ局でヘビロテされるタイプの曲ではないと思うんですよね。

MJは、終世No.1セールスにこだわったアーティストだと思うんですが、どうして、それほど売れそうにない「Unbreakable」を、シングルカットしたかったんでしょうか?

ストーリーを話して聞かせることができる人間になりたいと、僕はずっと思ってきました.....そうしたことのできる人間になりたいと、ずっと思っていたんです。ーー自著『ムーンウォーク』冒頭より

彼が、今までの「天才」とは比較にならないほど、多くの才能に恵まれていることは、大勢の人に理解されていることですが、そうであるにもかかわらず、彼の世間的なイメージは、これまでの天才のイメージに沿った、必ずしも「オリジナル」なものではなかったと思います。

チャイルドスター、父親の虐待、家族との確執、子供時代への固着と幼児性愛や同性愛、特異な趣味による膨大なコレクション、奇矯な行動.....

それらは、これまでの天才にもありがちな「イメージ」であって、何人もの天才を世に送り出したモータウン創始者ベリー・ゴーディーにして、1時代に1人に現われる程度のスターではなく、この世に1人しか存在し得ない唯一のアーティストと言わしめた、マイケル・ジャクソンという天才固有の「ストーリー」ではありませんでした。

わたしは、彼が旅立ってから、彼の人生のすべてを知りたくなって、毎日探求の日々を送り、ようやく、生前彼が纏っていたイメージとは異なる、本当に独自な「マイケル・ジャクソン・ストーリー」が見えて来たんですが、

彼は、自分の「ストーリー」を、ずっと、慎重に考えて続けてきたと思うんですね。

『ムーン・ウォーカー』のように、子供たちの優しいお兄さんでありながら、妖しげな酒場に行き、犯罪に巻き込まれ、子供を助けて、ロボットに変身(!)しつつも、なぜか、その後セクシーなロックスターになってしまうような、文学的深みに乏しく、荒唐無稽な「超人」ストーリーの、どこが「慎重」なの?と思うかもしれませんが、、、

彼が、『ムーン・ウォーカー』のあと、結局「映画」を創れなかったのは、そのときの興行的失敗や、その後の逆風ではなく、やっぱり「マイケル・ジャクソン・ストーリー」に慎重だったからだと、わたしは、考えるようになっているんですが、

『Invincible』で、ついに、その「ストーリー」を、彼は、発見したんだと思います。

自分の「ストーリー」として相応しいのは、“Unbreakable”で、“Invincible”だと、確信したんじゃないかと。。。

“Unbreakable”には、ショートフィルム制作も予定されていたと言われています。

では、結局、創られることのなかった“Unbreakable”の、ショートフィルムとは、どんなものだったんでしょうか?

わたしは、“Unbreakable” のSFが、どんなものであったのかについて、監督として名前が挙がっていたデヴィッド・メイヤーズや、ブレット・ラトナーが語っているのを聞いたことがないのですが、(もし、ご存知の方は、ぜひ、教えてくださいませ♡)

このSFが創られなかったことと、このアルバムのプロモをSONYが充分に行わなかったことが、MJのSONYへの抗議の始まりだったと言われていますが、その件については次回。

☆マイケル・ジャクソンの顔について(23)につづく

[PR]
by yomodalite | 2011-05-24 23:01 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(0)

マイケル・ジャクソンの顔について(21)Invincibleアルバムジャケット

f0134963_23133657.jpg



☆ [2012.4.12追記]こちらの補足を記事を書きました

(反省・まとめ・今後の課題 ②)のつづき

謎の多いInvincible期ですが、「ソニー・ウォーズは本当は何だったのか」という点について、少し考えてみたいと思っていることと、(6)で結論づけたかったことについて、もう一度チャレンジしてみたいと思います。

まずは、アルバムのカバーフォトから。

◎Nancy Donald(art direction)
◎Steven Hankinson(cover design)

アルバム発売は2001年。アートディレクションをしている、Nancy Donaldは、1970年ごろから、様々なアーティストを手がけ、Boz Scaggs、Barbra Streisand、Celine Dion、Journey、Air Supply、REO Speedwagon、Toto、Bob Dylan、Herbie Hancock、Earth, Wind & Fire、Dolly Parton.....など、ジャンルの壁を越えたメガヒットアルバム請負人。MJのアルバムも“Off the Wall”からすべて、彼女によるもので、デザイナーの、Steven Hankinson(Arnell Group)も、“Invincible”、“Off the Wall”、“Blood on the Dance Floor”の3作に参加。

Nancy Donaldのことはまったく知りませんが、これらのヒットアルバムのカバーをざっと見る限りでは、ジャケ買い心を刺激しない作家性の無さが出来るだけ多くの人々に売りたいレコード会社に支持されている「作風」のように見えます。

MJは、その生涯に多くの「フォトセッション」を楽しんでいますし、画家に自分を描かせることも好きでしたが、不思議と、魂のすべてを注ぎ込んだアルバムの「表紙」にはあまりこだわっていないようで、特に『THRILLER』や『BAD』のカバーは、影像で見る、彼のカリスマ性と比べるとあまりにも平凡なものでした。

『Dangerous』や、『HIStory』になると、『THRILLER』や『BAD』のような味気なさはなくなり、コンセプトをはっきりと打ち出した、マイケルらしいものになりましたが、それまでの集大成とも言える『HIStory』から6年、今までで一番永く待たされたアルバム『Invincible』のジャケット一杯にアップになっている顔に、

「誰?」って言いたくなったのは、わたしだけではないでしょう?


f0134963_2316272.jpg


カバー写真は中面のこの写真と同じく、Albert Watson(ウェブサイト)。Albert Watsonは、多くのアーティストと仕事をしている一流写真家で、彼の写真を表紙にするなら、このカバーのような感じじゃなくて、


f0134963_2321994.jpg
▲Keith Richards(photo : Albert Watson)



f0134963_2322970.jpg
▲David Bowie (photo : Albert Watson)


こんな感じで、MJのアルバム写真が欲しかったところなんですが、


f0134963_2324536.jpg

『インヴィンシブル』ジャケットの「加工」前の写真はこれ。この写真が「オリジナル」だとすれば、顔の輪郭、背景をフラットにしているなどの撮り方を見る限り、アートディレクターからの強い指示で撮影されているように見えます。この写真はジャケット用に撮影されたものであることは明らかなので、ディレクション段階で、写真に詳しいMJなら、出来上がりも容易に想像できるので、MJも納得していたのだと思います。

顔アップのデザイン・コンセプトはよくあるものですが、写真を加工した「意図」には、MJのイメージに対して、リアルな人間性や年齢を感じさせたくなく、彼のイメージを固定化したいという販売サイドの意向が反映されているのではないでしょうか。(Nancy Donaldの談話は見つからず、これは元同業者である、わたしの憶測です)

年齢を感じさせたくなく、イメージを一定に保ちたいというのはアーティスト本人の願望であることが多いですが、MJには「年をとりたくない」という願望はあったと思いますが、彼は年齢の積み重ねや、ファッションの変化以上に、毎回驚くべき変化を遂げて来ていましたし、『Invincible』の中面での写真や、同時期のArno Baniのフォトセッションでも、これまでにないイメージを創ろうとしていました。


f0134963_23304881.jpg



f0134963_23313872.jpg



f0134963_2332236.jpg
▲photo : Albert Watson


f0134963_23335431.jpg
▲photo : Arno Bani



『Invincible』を聴き込んだ現在では、こういった写真がこのアルバムの音に相応しいことがわかるのですが、当時、印象に残ったのは、サイン会や、You Rock My Wouldの映像だったので、

アルバムの表紙の方の顔は、その頃のMJの人間離れした容貌を、必死にカモフラージュしているようにしか見えませんでした。

下記は、今見ると『Invincible』の内容に対して、ものすごく違和感を感じる、当時の日本での広告



[PR]
by yomodalite | 2011-05-22 23:48 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(6)

マイケル・ジャクソンの顔について(反省・まとめ・今後の課題②)

f0134963_20341139.jpg
マイケル・ジャクソンの顔について(20)のつづき

「マイケル・ジャクソンの顔について」を(20)まで読んでいただいた、みなさまへ。

MJの整形に関して間違った見解をしている「知能にも性格にも問題ない人に優しく説明してあげよう!」という「目標」ですが、

こちらでもでも、繰り返し書いたように、醜形恐怖、幼少時のトラウマ、整形マニアに関しての結論は変わっていませんし、この3点に関して、新たに言葉で説明できることはないと思います。

(1)の、最初の写真のように、最終的にあの程度の変化なら、彼が何回、形成外科に通ったとしても、それは「通常メンテ」であって、

このページの「Compare Michael's face」に並べられている横顔写真でも、やっぱりデザインは変わっていないので、彼が「整形中毒」というような状態でなかったことは間違いないと言えるはずです。

でも、この3点に納得しても、やっぱり彼の「鼻」が気に入らないひとは大勢いますよね。

わたしの印象では、特に男性に多いような・・残念なことですが、いろいろ面倒なので、ひとまずなにか別の話で盛上がっておきましょう。男の嫉妬ほど手に負えないものはないですしw、MJの鼻がわからないひとは、ピカソの絵だってわからないし、ミケランジェロにも興味がない「アート音痴」に決まってます。

でも、所詮「顔のこと」とか思われるのもやっぱムカつくので(笑)、

今後は、平凡な男にもわかる「KING OF POPへの道」を、こっそり副題にするという、新たな「野望」を追加して、MJの整形が果たした「大きな意味」も考えて行きたいと思います。

また、インヴィンシブル期の短期間の造形的変化についてですが、

◎病気によるもの
◎あえて醜く整形している
◎事故やケガによる

以外に、実は、これが一番有力な「理由」だと思っているのですが、、

「手術の経年劣化」を追加したいと思います。

あのとき(サイン会とか30th)劇的な変化に見えた、彼の顔も、やっぱり、今くらべてみると不思議と造形的変化ではなく、表情の変化だったように見えるのは、不思議なんですが、


f0134963_20555212.jpg

▲Virgin Megastore Signing, 2001


f0134963_20561124.jpg
▲gala dinner in a Dubai hotel on November 14, 2005


でも、やっぱり、あのときは、それまでより、鼻が上向きだったとは思うんです。

その理由を、最終的なデザイン変化がないことと、短期間で徐々に戻ったことを、合理的に判断すれば、新たな手術で変化させるのは、往復作業になるので「劣化」という可能性の方が高いように思うんですね。

「劣化」というのが、どーゆー意味かについては、このあたりのページ(http://www.veriteclinic.jp/takumi/trouble.html)を軽〜く参照してください。(鼻の下が伸びてみえるのも、鼻が上向きに力がかかるせいだと思います)

今でも「L」は10年程度と言われていることから考えると、時期的にも合致しますし、彼が実行した時期を考えると、当時の最高技術の素晴らしさと同時に、彼の場合はもともと鼻梁の幅が太く、組織除去も、移植も大きかったはずなので、その分、経年後の「修正」もかなり困難だったのではないかと思われます。

また、同時期に実行した姉は、MJほど「高さ」の要求がないので「上向き」になってないんだと思われるのですが、執刀医の「呼吸」のために、再手術したというコメントも、横に長い黒人の楕円形の鼻の穴が、横幅を削ったことで小さくなってしまうなど、呼吸への歌手の繊細な感受性として、気になったことが、見た目だけでなく、デザイン上にも影響しているかもしれません。(←言ってる意味伝わってるかなぁ)

わたしは、当初、MJの鼻のデザインへのこだわりは「美的」なものだと思っていて、細さと、上へのカーブが年々増して行った真意がわからなかったのですが、

もしかしたら、MJは、そこはそんなにこだわったわけではなくて、単に「たこちゅう♡」のやりすぎで、さらに「劣化」を招いたのかもしれません。

(その反省からか、この頃から、“たこちゅう♡”止めてるよねww)

とにかく、理由に関しては、今回挙げた「劣化原因説」を、今のところ、わたしは一番支持していますが、MJのような超天才を普通に考えては、いけない気もしますし、

また、その理由なら、新アルバムのプロモ時期を避けることも出来たはずなので、積極的に映画に出ようとしたことなども含めて、むしろ「そのまま」にした心情や、表情の変化が意味するところの方が疑問なんですよね。

というような「野望」と「疑問」をかかえつつ、

再度「Invincible」期を見て行きたいと思います!!!

ラブリーな“たこちゅう♡”追加しとくね


f0134963_21404995.jpg




f0134963_21411224.jpg

すごくラブリーなんだけど、彼の鼻にとっては、負荷のかけ過ぎだったかも。。。

☆マイケル・ジャクソンの顔について(21)につづく




[PR]
by yomodalite | 2011-05-19 21:19 | マイケルの顔について | Trackback | Comments(4)

Twitter 2011.5.11〜5.16[2]

f0134963_13103723.jpg
ジュリアン・アサンジ。ハッカーでイケメンとか、ホント勘弁して欲しいww





bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
米のパキスタン政策。米がパキを重視する理由。(1)アフガニスタンと国境を接しタリバン勢力のコントロールにISIを活用。冷戦期からのCIAとの腐れ縁 (2)パキが数百の核弾頭を持つ核武装国でありインドとの地域大戦を仕掛けとして利用しつつも実戦は防ぐ必要。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
エージェントとしてのパキスタンの戦略。(1)エージェンシースラックを利用し米国としてカネを引き出す(2)米国CIAと共犯関係にあることで秘密を共有し時々脅かす 仮に米国がパキ重視の戦略をやめる時パキは中国に対して同じ提案を持ちかけるはず。中国は海への出口を得ることとの利害得失考慮

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
米がインドを重視する理由(1)パキと同じく核大国(2)地域覇権国・中国へのかませ犬(※エージェントのインドはその役割を演じたふりをする戦略)(3)イン・パ紛争を引き起こさないように監視。起こしたときは外交的に介入し中国に出番を与えない。

ma_nosuke ま のすけ
米がインドを重視する理由(4)米国 IT 業界 の実働的担い手(5)鉄鋼の世界シェア も是非、付加。 RT @bilderberg54 

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
インドにとっての合理性(1)近隣の核大国パキスタンとの戦争は避けないと。そのために米国は「心の友」(2)中国の勢力圏拡大は警戒。同時に中国とも仲良くしないと「陸の経済」には参加できないとも理解(3)米中に対しては二枚舌外交。米中のほどどほどの競争関係を期待する。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
日本が取るべき合理的戦略(1)米国とは仲良く中国とは喧嘩せず(高坂正堯)路線(2)嘉手納基地・横須賀・横田基地は最後のカードに取っておく(※逆を言えば普天間など米国の重要性低い)(3)海兵隊のグアム移転は10年単位で考え嘉手納統合など沖縄本島内基地間移転を推進する

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
米中時代における日本の立ち位置(1)どうせ日本は属国であると割り切る(2)米国のプレゼンスは活用するが安全保障政策・エネルギー政策でロシアや豪州に接近する。(3)中国怖い病は相手にしない。日米軍部の予算ほしさの宣伝だから(4)メタンハイドレートの開発を模索するなどガス重視政策へ

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
まあ要するに嘉手納統合案は日米のジャパン・ハンドラーズの官僚やシンクタンク関係者、およびゼネコンにとってお金にならない案だったから潰されたってことだな。普通考えれば嘉手納土地余っているんじゃないかという発想に。しかしそれではグアムの開発が。しかし今や米国は自国負担分も払えないと。



f0134963_1316196.jpg
ogugeo Oguchi T/小口 高
原発の稼働に都合が良い見解を出す「活断層研究者」の意見だけが取り上げられ,活断層を科学的に研究している地形学者の成果が無視されてきた状況をわかりやすく述べた2008年の記事。後者のグループに大学院の先輩がいて,何度か怒りを耳にした。
http://is.gd/GrSLNr

◎ロイター特別リポート:世界の原発ビジネス「フクシマ」が新たな商機に

Y_Kaneko 金子洋一・民主党参議院議員(神奈川選出)
まったくおっしゃるとおり、理に合いません。役人のいうことはめちゃくちゃです。 RT @south_mall: 東電の処理について、投資家のカットゼロで負担は全て利用者(電気料金値上げ)国民(増税)に転嫁するスキームがほぼ最終決定とか。これは変だと思います。

Y_Kaneko 金子洋一・民主党参議院議員(神奈川選出)
『西岡議長、異例の反増税議連発足へ』もちろん私も呼びかけています。「議連が発表する声明では 政府は増税せずに震災国債を発行し、日銀が全額買いオペレーションすることや、日銀が「安定物価目標政策」を導入することを求める方針だ」
http://j.mp/k0eurb

veneziakazu 今村和宏
当事者情報。「脱原発・東電株主運動」すごい内容。こうしたことが幅広い議論の俎上に乗るべき。http://p.tl/atgF  提言項目2はちょっときつすぎかもしれないが。

smith796000 上念 司
この後予想される展開に備えましょう「増税こそ責任ある政治(=国民を苦しめるのが政治家の責任)」みたいな恐ろしい論調でマスコミがキャンペーン始めそうです。すでに”御用一般人”からそういったTweetが出始めてる。騙されるな! #defle #seiji #keizai

rawota 山本剛志(らをた)
アーサービナード「原発賠償のスキームは、二重三重に国民から金をすくい取る仕組みではないのか。日本の電力会社は”専売公社”で選べない。”原発の電気は使いたくない”と選べる国もある。民間企業のふりをした東電に遠慮することなく、国有化して資産売却すべき」 #sokotoko


f0134963_13172242.jpg

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
本日の東京ビルダーバーグ会議で出た話としては、今回の原子力災害は海外の機関、企業などにとっては実験データの採集であるということ。これは私見だが計画停電からレベル7への急速な意図的な引き上げまで日本国民を実験素材にしたアメリカや国際機関の社会心理学の実験であると断言できると思う。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
S先生から連絡あり「政権交代から今回の原発震災までの日本の政治家・官僚の失態、それを逆手とる米戦略についてのまとめ」を「ジャパン・ハンドラーズ2」として緊急に出版すべきだと。題名は『日本再占領計画 Nuclear Crisis and Re : Occupied Japan』

yomodalite : S先生====!!!!

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
Reoccupied Japanは、律令官僚と小沢一郎の戦いの推移とそのうまくいかなかった点などについても触れることになる。これは2月に行った講演の内容をそのまま使う。メア事件、普天間移設問題その他の去年のツイッターの書き込みを全面的に利用することになる

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
TPP、前原辞任、仙谷由人の裏側とシリウス(クリーンな政治家集団)の小沢一郎への憎しみについて、日本国内の政治勢力分析も当然やらなければならないし、ウォルフレンの小沢論やマコーミックの属国日本論、通産省と日本の奇跡ならぬ経産省と日本の悲劇についても。原発論と合わせてやる。



f0134963_13181221.jpg

madmanjapman マッドマン
テレビに出る御用学者は単なる役者。与えられた脚本通りにフィクションを演じる。武田邦彦氏の知人の学者は妻に「今晩嘘つくよー」と言って家を出る。難しい話が出てきたら要注意。嘘が始まる合図だ。( #iwakamiyasumi2 live)  ustre.am/pPQY

sensouhantai 明月社・山岸飛鳥
武田邦彦氏も言っているが、そろそろ日本人はCO2催眠術から醒めなくてはいけない。温暖化対策予算の大半が原発予算だったこと。温暖化によってCO2が増えているという事実。目を見開いて集団催眠から抜け出せ。 そうでないと、これから始まる原発鬼たちの「温暖化」大攻勢に寄り切られる。

livelylifeline 森山 凛
南相馬市の桜井市長が権力によって給料が差し押さえられている様です http://goo.gl/Ez8Zs 震災復興のため 必死に行動している桜井南相馬市長。有名なSOSビデオは全世界で40万人以上が視聴しました。 その桜井市長。権力によって給料が差し押さえられています

tokudasu 徳さん
BSフジプライムニュースで、中曽根大勲位が出ています。「昭和29年にハーバードの夏季セミナーに出た時にアイゼンハワーが核の平和利用を宣言した時にこれはたいへんだと思い。日本も取り組まなければいけないと思った」米国の指示とは言いません。

tokudasu 徳さん
中曽根。「正力さんの動きは別の動きですね。我々は昭和29年から言いだした。彼は科学技術庁長官になってから、我々の真似をして言い始めたんですよね」ってだから、アメリカの指示だってCIAの公文書に出ているんですけど。 #bsfuji #primenews

madmanjapman マッドマン
中曽根は嘘言ってる。46年に広島の投下を見て世界は核戦争の時代になると直感し右翼として日本人核武装化を元軍人として唱え青年将校政治家になった。 政治家としてこの姿勢は一環。エネルギーなど興味無く科学長官になったのも兵器としての宇宙開発に興味が。初代ネオコンだ。



f0134963_13232319.jpg


bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
仮説:01年8月にサウジのトルキ・ファイル諜報長官が解任されている。サウジアラビアとビンラディンは直接内通し、パキスタンと米国も直接交流がある。しかしビンラディンと米国はそれほどの強いパイプはない。冷戦期にムジャヒディンを支援したときティム・オスマンとの接触はあったが。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
仮説:サウジアラビアというのはイスラム急進派の象徴であるビンラディンを世界中に泳がせることでサウジ王室の安泰を願ったということではないか。ビンラディンが関与してないとすると911主犯は一体誰か。実行犯とされたものたちはサウジ国民が多かった。ハリド・シェイク・モハメドが主犯か。

prometheus2054 prometheus
東電は原発賠償法で免責になるが、菅政権は免責せず責任を認めさせようとしているが、これに圧力を掛け免責させうようと米国が動いているようだ。ネバダブログより http://p.tl/8exd GEのマークⅠが欠陥製品だと世界中にバレるから米国も必死で圧力掛けているな

TAKESHI_ONO 小野健志
東電はそして越後屋になった。旧通産省も同類。。RT @EscKaminosekiNP GE点検官の内部告発 - '89 福島1号機で機器が180度反対に取り付けられていた http://bit.ly/k3Vmd7 東電が圧力で事実もみ消し #fukunp #genpatsu

madmanjapman マッドマン
基地と原発の位置を見ると当然の推測ですよ。鳩山辞任の真実もそのあたりか? 中曽根も妖しい。 RT @todorinbymiya: @madmanjapman @takanojyou 割り込んでごめん。私は反対にアメリカの核弾頭を炉心に作り替えて使ってるんじゃないかと思うんだけど



f0134963_13242516.jpg
gloomynews deepthroat
フェースブック社が、グーグル社の印象悪化を狙い、PR業界トップのバーソン・マーステラ社と契約して秘密の囁き中傷活動を行っていた事実が発覚。
http://ow.ly/4TuTL

yomodalite : [妄想]SONYの情報流出は、マイクロソフトの仕業!

nhk_kabun NHK科学文化部
【被災地 住まいの考え方に地域差】被災地で専門家が行ったアンケート調査で三陸沿岸の街では「自宅があった地区に戻りたい」と考える人が多かったのに対し、平野部の街では「ほかの地区に移り住みたい」と考える人が多くなっています(5/13)
http://nhk.jp/N3vf6eds

magosaki_ukeru 孫崎 享(連続ツイート)
領土とEU(授業。学生twitter要請)、第2次大戦で独はアルザス・ロレーヌ地方(九州の7割位の土地)を仏にとられ、多数を占めていた独語圏の人に対し、仏化政策が強引に推進される。ソ連はポーランドの東部地域を自国領に。その分、「ポ」の領土が西にずらされ、独との国境がオーデル・ナイセ線に。この線より東側居住の独人は追放。

独失った地は九州、四国、中国より大。厳しい状況の下、独の選択は?。臥薪嘗胆、領土奪回を国家目標としたか。アデナウアー首相は「新しい独人は断固たる欧州人たるべき。そうすることによってのみ、独の平和が保証される」を選択。

仏呼応。国際社会も呼応。長年独仏間の戦争の火種であったルール地方の石炭は欧州石炭鉄鋼共同体の管理に。そして今日のEUに発展。ではこのEUの経験は東アジアに生かせるか。(学生の問:欧州にはキリスト教、ローマ法等の共通の基盤がある)答:独仏は共通の基盤存在するも、第一次大戦、第2次大戦を戦う。

第2次大戦後、重要なことは独仏は「憎しみ会い」を越え、「二度と戦争をしない」という意志で協力の基盤を形成。それはアジアにも該当。(学生の問;欧州は経済発展が均質化。アジア多様)欧州も多様。キプロスの様な国から独仏の様な大国。

小国ほど共同体に魅力。もし共通の組織が出来なければ、全ては力関係で決定。発言権無し。国際的機関を作成することにより力の弱い者も一定の発言権。東アジアの域内貿易比重は、実はEU内を越えており、経済的協力の土壌は整っている。東アジア共同体真剣に考える時。


f0134963_1335742.jpg


junsaito0529 斉藤 淳
原発立地政策は、知事によって影響受けるかなぁ。三重県の北川元知事の時代を少し調べるか。芦浜原発止まったのは、地元の反対が強かっただけなのかどうなのか。

Kelangdbn Spica
どんどん忘れて良いでしょう。いわゆる「柔軟さ」とは初心に囚われないこと。「初め」って一番何も知らない状態。情報を得た「その後」の判断が劣後する理由は無い。RT @komure: 初心忘れるべからず

gpjSato 佐藤潤一
漁師がなぜグリーンピースに放射能調査サンプルを提供したか。必読。「海洋調査で出会った漁業関係者の方々の声」http://ow.ly/4TKwk  

naoshiy 山脇直司
昨日13日の朝日朝刊にウルリッヒ・ベックのインタビュー記事が載りました。朝日のサイトには見当たらないので、それを紹介したある方のブログを再紹介いたします。http://nekodayo.livedoor.biz/archives/1537440.html

nhk_kabun NHK科学文化部
【ボラ市民ウェブ】被災地でボランティア活動を希望する人たちに参考となる情報が盛りだくさんです http://bit.ly/ep3rjU



f0134963_13355295.jpg


iwakamiyasumi 岩上安身
驚くべきこと。RT @Senjyo2010 @iwakamiyasumi 衝撃告発なのでお伝えします 浜岡原発元設計士「耐震強度データに偽装があった」と告発
http://news.livedoor.com/topics/detail/5555603/

HEAT2009 HEAT
青山の“暴露”から1週間が経つが、「浜岡原発停止は米国の圧力」という“爆弾発言”がどこからも検証されないのはどういうことだろう。反論もフォローもない。青山発言は極めて重要な内容だと思ってる。青山は先日、国会にも呼ばれていたが、この件については質問もなかったため、全く触れなかった。

HEAT2009 HEAT
「浜岡停止は米国の圧力」がほんとかどうかは、浜岡原発が数年後に再び稼動するかどうかで判断できそう。米国に従ったのであれば、浜岡は再稼動せず廃炉へと向かう可能性が高いからね。それにしても、青山の暴露などまるでなかったかのように浜岡停止は菅総理の大英断として語られる論調に凄い違和感。

HEAT2009 HEAT
報道2001で細野補佐官は、総理から「4月の頭に浜岡について調べるよう指示された」と述べた。この発言で思い出すのは青山繁晴が“暴露”した浜岡原発停止は米国の圧力。青山がいうには「(米国からの圧力は)水面下で4月のはじめから」始まっていた。総理が出した細野への指示と時期が一致する。



f0134963_13363677.jpg


◎IMF専務理事を逮捕 ホテル従業員に性的暴行容疑

junsaito0529 斉藤 淳
IMFの専務理事って、一番エライ人じゃないか。

junsaito0529 斉藤 淳
完全な憶測: フランス大統領選絡みとか。(憶測だと断れば、憶測呟く自由ぐらいはあるよね?)

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
IMFストロスカーン専務理事を逮捕、ホテル従業員に性的暴行容疑 国際ニュース : AFPBB News: http://bit.ly/mQvA5o これはすごい。多分、サルコジの放った女性工作員かとwwww。ストロスカーンはサルコジの有力対抗馬として次期大統領選挙出馬見通しだった

hwata007 Hiroyuki Watanabe
米ドラマ Alias(シドニーブリストウ)の世界・・・ RT @bilderberg54: IMFストロスカーン専務理事を逮捕、ホテル従業員に性的暴行容疑 国際ニュース : AFPBB News: http://bit.ly/mQvA5o 多分、サルコジの放った女性工作員か・・・

madmanjapman マッドマン
脚本家は政治界で訓練してからドラマや映画のカネのいい仕事へ進出して成功するのが王道なんだよ。ドラマの方が脚本が優れているわけよ。RT @bilderberg54: RT @hwata007: 米ドラマ Alias(シドニーブリストウ)の世界・・・ RT...

madmanjapman マッドマン
否、これは世界合作では?IMF理事の暗殺など国際金融の背後であり、日本だけの陰謀じゃない。RT @hidetaro_tosj: 全くご心配には及びません。米国大統領が会うのを拒否った人ですから。その言葉を信用する国家など地球上にはありませんからwRT...

DukeLegolas 椎葉 大輔
フランス人はすべからく変態なので陰謀ではないかとw変態だが表に出さない日本人とは対照的w。これでギリシャ危機への対処を誤ったら目も当てられませんね。@junsaito0529 いや、変な名前からして陰謀だよねwQT @hoso9999やはりそうなんですか。(((;゚Д゚)))))

HarryFurumura 古村治彦
普天間基地問題は海兵隊のグアム移転と嘉手納統合をアメリカ側は目論んでいるのだろう。嘉手納の機能強化と半永久的な確保ができればアメリカとしては御の字だ。嘉手納統合にはアメリカ空軍が反対しているという。結局、アメリカ側の問題に日本が振り回され、政権が吹っ飛ばされたということだ。

◎海外で、東京電力の対応が物笑いの種になってます

◎竹熊健太郎氏による「言霊信仰と原発推進」についての考察




[PR]
by yomodalite | 2011-05-17 13:39 | 311関連 | Trackback | Comments(0)

Twitter 2011.5.11〜5.16[1]

f0134963_8573685.jpg
http://www.boston.com/bigpicture/2011/05/osama_bin_laden_killed.html)



[妄想]あくまでも見た目だけだけど、、、オサマは、知的で優しそうで、ジェームズ・イングラムよりも、遥かに甘い声と強烈なカリスマ性で、マーヴィン・ゲイよりセクシーだった気がする。Q・ジョーンズがプロデュースしてたらなぁ。。

◎James Ingram - Let me love you this way

下記は、2011.5.11〜5.16のツイッターからのメモです。

◎理論物理計算が示す福島原発事故の真相
[主要結論]1.大気への放出量は海域への放出量の1000倍 2.現在の大気への放出レベルが100日続いても全放出量はチェルノビルの 1/1000. 3.緊急エンジンは事故直後一旦作動し原子炉を冷却した。 4.これは津波による事故ではない。

[反響]1. 記者発表1時間半のVideoを 西村肇のホームページ(http://jimnishimura.jp/)で公開したが 1ヶ月で約1万人が見た。 2.政府は事故による放射性物質の排出量をチェルノビルの1/10と発表 3.津波による緊急エンジンの浸水が事故原因と発表 〔今回発表の目的〕 前回は3月11日の事故後、2週間で書き上げたもので使えたデータは3月2 3日まで、今回はその後の1ヶ月のデータを入れて再検討・再確認した。

◎続・理論物理計算が示す福島原発事故の真相
[結論]1.前後で海域への放出量は最終のデータ(3月21日)だけをもとにしたが 、その後の1ヶ月は海域への放出が異常に大きかった。 2.それでも大気への放出量の1/10 3.したがってチェルノビルの1/1000以下の結論変わりなし 4.原子炉水位データの再検討の結果、緊急エンジンが作動していた時間を確 定できた。

[事故を拡大した責任]物理学的研究の結果、不明だった地震直後の原子炉内の様子が鮮明に浮 かび上がった。そこで著者が全権をまかされたらどういう判断をし、何を実行 したかを明確に述べた。事故拡大の責任はそのような全権と責任の取り方を認 めない組織のあり方にある。つまり組織災である。(http://jimnishimura.jp/compre/pressrelease110512/pressrelease110512_2.htm)

yomodalite : 記者クラブがつまらないのは、昔からだけど、フリージャーナリストの人たちの取材もパターン化。小出氏の話ばっかり聞き過ぎ。

konotarogomame 河野太郎
ブログ更新:政府与党案をぶっつぶせ http://bit.ly/ii8y74

konotarogomame 河野太郎
ブログ更新:誰がウソをつかせたのか http://bit.ly/lIEtXp

iidatetsunari 飯田哲也 tetsu iida@ISEP
河野太郎さん(@konotarogomame)「政府与党案をぶっつぶせ」その通り!「政府与党は、国民負担を増やして東電を救済しようとしている」その通り!「経営陣は総退陣。株式は100%減資。金融機関の責任を問う。」その通り!
http://bit.ly/mTmQsB

iidatetsunari 飯田哲也 tetsu iida@ISEP
東電を公的管理 原発賠償、負担に上限設けず (日経5/11) 「公的管理」って東電を100年固定するゾンビスキームでしょ(10兆円÷1千億円)。電気料金は16%上げ=2万6千円/世帯・年もの負担増。こんな無茶、通らないでしょ
http://s.nikkei.com/kuvOt2

maruco2271 まるこ
「お日様や風の気まぐれに電力を頼ることはできない。今のところガスコンバインドサイクルのほうが効率的で環境を破壊しない」広瀬隆国会勉強会ビデオ http://j.mp/jTlF40 「節電や自然エネルギーといった叙情的議論は不要」

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
広瀬隆「放射性廃棄物は地底処理ではなく地上処理が当然だ」なるほど。見える化ですね

mikiki19 みきき
福島第一原発3号機設計者 上原春男氏本人が 原発即廃炉を叫んでいます。
http://www.ustream.tv/recorded/13809646
http://www.ustream.tv/recorded/13809885

HEAT2009 HEAT
つまり、アレヴァからいくらの請求書がくることになるのか、よくわからないのだ。40兆円以上かかるのか、あるいは半値の20兆円なのか、はたまた破格の安値でやってくれるのか。この汚染水処理費用を抜きに廃炉にいくらとか国民負担がいくらとかいってもねえ…。具体的な金額を早く出してほしい。

mizutani_nara 水谷 祐一
これは拡散推奨でしょう。非常にやばい。 RT @maruco2271: 『捜査機関が令状なしでプロバイダーに特定の人の通信履歴の保存を要請できる。実質的に強制捜査と同じ効力を持つ。狙った人物のまわりにいる人まで対象にすることができる』
http://bit.ly/hJjIb1

madmanjapman マッドマン
朝日新聞大本営「電気が足りなくなります、原発推進!」は80年前に「資源が不足です。中国を侵略しよう!」のプロパガンダと同じ手口。 ( #iwakamiyasumi2 live)
http://ustre.am/pPQY

madmanjapman マッドマン
外国人が暑くない夏の日に「冷房を切ってください」とお願いすると「規則ですから」と事業者に断られるのを日本の規則好きと説明されてきたが、実は料金体系のせいだったんだ。 ( #iwakamiyasumi2 live) http://ustre.am/pPQY

makiko_iizuka Makiko Iizuka(飯塚真紀子)
混乱している方が多いように思いますが、3号機で核爆発が起きたと主張しているのはバズビー博士であって、ガンダーセン氏は核爆発が起きたとは考えておらず、3号機では”即発が和らげられた臨界”(prompt moderated criticality)が起きたと見ています。ご注意を。

nhk_kabun NHK科学文化部
関連)大震災のあと、いまも避難所で生活している人は岩手・宮城・福島の3県を中心に11万5000人余りに上ります。原発事故で福島県から県外に避難した人は埼玉県で4544人新潟県で4322人、群馬県で2569人、などとなっています(5/11) 

tanakaryusaku 田中龍作
原発事故・情報隠しの元祖張本人が報道機関に“天下る”。日本マスコミの実態と言えばそれまでだが、今回の原発事故のひとつの背景だ。東電の度重なる「小事故」を当たり前に批判していれば今回の大事故は起きなかっただろう・・・
http://tanakaryusaku.jp

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
時事ドットコム:「菅降ろし」は不可能=亀井氏: http://bit.ly/mpgTG2 亀井氏は「菅が駄目だと言っても、その後をできる人物がいてはじめて、政権交代をやっていい。後もわからない状況で降ろせばいいというのは、政治家が言うことではない」と強調した。

yomodalite : 同感。。。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
小沢・渡部氏の合同誕生会が復活?前原氏も呼び掛け:日本経済新聞: http://s.nikkei.com/iGfRaz  渡部と前原が小沢おだて作戦で意中の後継者でも認めさせるつもりか。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
「被災3県の民主の会 呼びかけは小沢氏」 News i - TBSの動画ニュースサイト: http://bit.ly/k1BOe4 via @addthis 復興院総裁という線で渡部恒三とかは花を持たせたいようだなあ。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
小沢さんは国会議員として最も被害がひどかった岩手県の代表なのだから震災議連の中核になる資格が十分にある。渡部恒三としては小沢に反菅の姿勢を見せてくれるなというのが狙い。首に鈴をつけてポスト菅について小沢に「うん、わかった」と言わせればいいわけだ。やはりそうなると細野あたりか。

yomodalite : 細野氏ががんばって、このまま菅で行くことに、小沢氏は納得してると思う。たぶん

47news 47NEWS
東電の送電網売却も議論対象 細野補佐官 http://bit.ly/iR9oC0

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
東電をリストラし送電網を売り払い、地域独占の九電力体制のメスをいれて、原発に頼らない電力大革命を起こせ!浜岡原発停止は目くらましに過ぎない | 渡辺喜美レポート | 現代ビジネス:http://bit.ly/j3p0SJ  via @addthis

madmanjapman マッドマン
今春も留年なう日本。RT @bilderberg54: 親小沢でも脱小沢でも反小沢でもなく「卒小沢」。実は小沢さんもこれを望んでいるような気がしてならない。だから「今自分でできることをかんがえろ」と小沢さんは言うのではないか。

yomodalite : わたしたちは留年で仕方ないけど、あの検察ですら、3度も起訴を断念したのも関わらず、このドサクサの中で、小沢氏「有罪」の流れが出来つつあるんじゃない?

dencochan_bot でんこちゃん
BBCがずっと提唱してるけど地球はいま寒冷期に入ってるのね。だからもっとCO2を排出しなきゃね!といってもCO2なんて地球の大気成分の割合からしたら0.05%しかないから全く意味ないってことね?あれ?CO2の地球温暖化説ってはなしはなんだったのかしら?

Reuters_co_jp ロイター.co.jp
ロシア、年内に北方領土の軍備強化開始─軍幹部=報道 http://bit.ly/ixdDkT

workspoint 石塚哲也
今日の東京新聞朝刊によると広野火力発電所が7月中旬にも全面復旧するので夏の電力需要は問題ないどころか余る位だそう。東電は意図的にこれを隠していた模様。中電も浜岡から融通しなくなるからやばいと脅したり、政府も夏の節電キャンペーンをやったり危機を不当に煽っていると。(続

workspoint 石塚哲也
続)同紙ではNPO法人「環境エネルギー政策研究所」の推計によれば、浜岡原発だけでなく全ての原発を停止しても電力不足は生じない。原発が半分近くを占める関電でさえも揚水発電の活用、自家発電からの電力買い上げなどの節電策を採用で「問題ない需給レベル」と。電力会社と経産省がグルと。

gloomynews deepthroat
神奈川新聞:東日本大震災:300人登録の個人医療ボランティア、チーム優先などで派遣ゼロ http://goo.gl/78XFN 「個人の医療ボランティアが全国で約300人登録されているにもかかわらず、これまで一人も現地入りを果たせていない」

madmanjapman マッドマン
高橋洋一の数字とはかなり一致してない? 聞いてみようか。RT “@tkm_bbe: 本当なのかなRT @madmanjapman RT @tosukana: た@madmanjapman 【拡散願:実は日本に借金はゼロ】財務省も認める事実!日本は借金と貸金の差

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
時事ドットコム:米有力議員、普天間の嘉手納統合提言=現行計画「非現実的で実行不能」: http://bit.ly/l9IlxD via @addthis
f0134963_945295.jpg
People burn a photograph of Osama bin Laden as they celebrate his death in Ahmedabad, India May 2. (Stringer/Reuters) #



bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
ウィキリークスの米公電情報 外相、グアム移転費「虚偽なら問題」も+(2/2ページ) - MSN産経ニュース: http://bit.ly/jeGNf6日本政府は米政府に抗議はしていないが、外務官僚たちからは「米側と本音の外交ができにくくなる」との声が広がっている。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
米有力議員ら 移設案見直しを NHKニュース: http://bit.ly/lUIL33 via @addthis はじめからこの嘉手納統合案でやればよかったんだ。できないとか言っていた人たちは大いに反省すべき。

sumichi_tushin すみっち
「政府は米側が戦略上沖縄を手放さないかのように見せかけてきた。その虚構の中で沖縄基地は漂流し、日米関係は何年も同じところを足踏みしている。このままでは健全な日米関係は築けない」沖縄タイムス社説4月12日[返還合意15年]ちゃんと議論し直そう okinawatimes.co.jp/article/2011-0…

ynabe39 渡邊芳之
Aさんが言った「とくに間違っていないこと」をRTした人に対して「いつも間違ったことをいうAさんのつぶやきをRTするとはなにごとか」と苦情を言う人は,自分以外の人も全員「情報の正誤を属人的に判断している」と決めつけている。

ynabe39 渡邊芳之
典型的なのがトートロジーです。トートロジーは常に正しい。 RT @junsaito0529: 「いつも合っている理論」=「何も説明しない理論」

hirosetetsuo 廣瀬哲雄
仮説:さすがGE。2002年の東電原子炉運転全面停止停止の時、東電官僚の弱みにつけ込んで、設計上の欠陥を、東電の保守が悪いような印象を植え付けた。あのとき、「GE無責任的な印象」という貯金をし、今回の東電原発事故でそれを使った。原子炉事故は原子炉の欠陥なのにね。GEしてやったり。

hirosetetsuo 廣瀬哲雄
東電福一2002年の運転停止。GE技術者の告発を見る。東電が律令官僚的に「事故隠し」をGEに要請、GEがそれに応じたと言う構図。なるほどな、GEは、将来、自分たちの設計した原子炉の欠陥による事故を、東電の保守点検が悪く、東電の「事故隠し」のせいだと、責任転嫁しようとしてたんだな。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
みんなが知らない事実=裁判で偽証しても、偽証罪で立件できない・・・: http://bit.ly/miSIEf 特に検察側の証言を刑事の偽証罪に問うことは、検察が告訴しない限りそれまでですから、”検察側証人はガセ証言でも言いたい放題で許される”というおそろしい抜け穴が存在している

yomodalite : だから、、小沢さんは「有罪」させられちゃう。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
メア氏、官邸に現れる 約1時間訪問も「プライベート」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース: http://bit.ly/m2DGZA 日本の課長級に当たる日本部長が単独で官邸を訪れることはまれ。一時、日米関係を揺るがしたメア氏の登場に、官邸内の報道陣は一時騒然とした。

theokinawatimes 沖縄タイムス
【記事更新!】メア氏、民間会社で核燃料問題を担当
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-05-12_17704/

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
「ゆすりとたかりの名人」のケビン・メアさんが、官邸訪問。自らが関わるコンサル事務所で担当する使用済み核燃料処理のビジネス関連で前田匡史・仙谷顧問と会談し、同時に普天間移設でも米議会方針への対応を協議したか。普天間は議会の予算マターとなりジャパンハンドのマフィアの介入はもう無理か。

HarryFurumura 古村治彦
沖縄タイムスの記事。ケビン・メア氏がリチャード・ローレスのコンサル会社に所属。使用済み核燃料再処理担当の上級顧問とのこと。早速日本に来て首相官邸を訪れる。「民間人だから」とメア氏の言。首相官邸を訪れるのはただの民間人では難しいですよね→ http://bit.ly/ivMwnF

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
New Magellan Resources: http://bit.ly/knP5xr 多分、メアさんが前田匡史に会っていたのは、モンゴルの核廃棄物処理場の件だろうなあ。この会社はNMVのアフィリエイトだがモンゴルだのウランだのの名前が出てくるから。多分ここの会社の代理人か。

gloomynews deepthroat
読売:国会議員はまとまって来て…被災地から不満 http://goo.gl/yK9PW 「大勢視察に来て要請を聞いてくれるが、その後、各省庁の担当者に確認すると全く進んでいない事例が多い」(岩手県幹部)

gloomynews deepthroat
読売:東電の尾瀬売却が浮上、群馬知事「絶対に阻止」 http://goo.gl/YZSeE

madmanjapman マッドマン
必読。日独伊の枢軸国が戦後世界体制であることを理解すべき。中曽根康弘は若い頃から核兵器を日本が持つのが夢だったはず。RT @bilderberg54: 知らないのは日本人だけ?世界の原発保有国の語られざる本音  JBpress(日本ビジネスプレス):...

◎知らないのは日本人だけ?世界の原発保有国の語られざる本音ーJBpress(日本ビジネスプレス)

yomodalite : で、結局、GE社製を購入しなくちゃいけなかったりして、本末転倒なことに....

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
Bチームホームページ 情報公開-: http://bit.ly/isKuAw  via @addthis 要するにチームBのプランは外資に依存しないやり方ということであり国内技術陣の叡智を結集して官邸に働きかけようという物。

☆Twitter 2011.5.11〜5.16[2]につづく




[PR]
by yomodalite | 2011-05-17 09:07 | 311関連 | Trackback | Comments(0)

春狂い/宮木あや子

春狂い (幻冬舎文庫)

宮木 あや子/幻冬舎




そろそろ、エロい本が読みたくなってきた・・・

宮木あや子氏の本は、前回の『白蝶花』に続いて、3冊目。

「壱」
薄紅色、硬質で冷たい風、寒さに頬を染めた明朗な女生徒。穏やかに流れる時の中で、世界はとてつもなく美しい。
...... 今なら、死ねる。

Aはヘリンボーンのジャケットのポケットに右手を突っ込み、もう長いあいだ中に仕舞われっぱなしの剃刀の鞘を外した。剥き出しになった刃の先端を人差し指でなぞり、指先の皮を裂く鋭さに戸惑いつつもそれを取出そうとする。
ーー願わくは花のもとにて春死なん

「弐」
売春という言葉は誰が考えたのか、とても綺麗な言葉だと思う。
春になると変な人が出てくるから気をつけるのよ、と母親に小さい頃言われた。変な人は幸せなのだと思う。春が来たからきっと嬉しいのだ。冬は寒くて寂しい。寒さに耐えられずに死んでしまう人さえいる。

春の夜は月の光を受けて、桜が白くぼんやりとした光を湛える。冬の凍った雪が放つ光の鋭さとは違って、桜が放つのは精液のように生暖かい光だ。桜の花びらに満たされた道は、寝転んだらさぞ幸せな気分になれそうで、小さなころからその衝動としょっちゅう闘っていた。

春画とか、売春とか、性風俗的なものを表すことには大体春の字が用いられている。春になると幸せな人が増えるから、性風俗も春の字を用いて幸せを表しているのだろうか。

そうしたら、夏には何を売ればいいのだろう。

「参」
静寂に殺されそうな夕刻だった。生暖かな風がそのままゾル化した大気は、その中で一晩を過ごしたら翌日の昼ごろにはびっしりと黴の生えた変死体で発見されそうな、重い湿気を含んでいる。

世界を覆う空は、分厚い雲が湧き立つように形を変えている灰色。分け入ってどこまで進んでも、その果てに青い空は見えそうにない。この曇天の下で、現実と黄泉との境目は、時折異様なくらい明るく囀る場違いな小鳥の鳴き声だけだった。

未だ新芽の気配のない、枯れ果てた桜並木のした、唇の赤い少女がひとり歩いていた。静寂の中に小さな足音が吸い込まれる。セーラー服の緑のリボンが不自然に風景の中に浮き立って見えた。二本の三つ編みにした長く茶色の髪の毛は、いかがわしく乱れている。少女は、自分の足音を自分の耳で日常のように聞いていることが不思議でならなかった。

「四」
人と違うと思いたくなかったけれど、私はたぶん生まれたときから人と違うさだめを、身体のあちこちに疱疹のように内包していたのだと思う。母は一般的に見て普通だった。父も同様に普通だった、けれど、私は違った。人と違う種は、いったいどこから入り込んだのだろう。私は風呂に入るたび、臍の穴を見つめたのだった。小さい暗い洞の向こうには、何か得体の知れないものが蠢いているような気がした。

「伍」
桜の木がその伸びやかな腕に鮮やかな緑をいっそう輝かせる夏の初め、美しい少女が両親を失った。電話で連絡を受けた少女は、十六歳になったばかりであった。

「六」
黒い波打ち際、月明かりの下、茶色い髪をなびかせ、少女が現実に背を向けて立っている。人の姿をした氷の杭に見えた。冷たい浜に打込まれ、髪の毛一本の先まで、この世に存在する全ての優しく柔らかなものを拒否する....


「官能ミステリ」と、出版社の宣伝文句にはあるのだけど、残念ながら、本書はまったく「官能的」ではないと思う。また、この作品の、性の痛ましさや、残虐性を、甘受できる人は、男女ともに少ないと思うし、被虐をテーマにした「官能小説」の創りとも異なるものの、

主人公が異なる、6つの短編が重なり合い、読み進めるうちに、浮かび上がる「謎解き」があり「ミステリ」としての魅力はあります。

ほとんどの男女にとって「エロ」の期待は、裏切られ、性愛描写も少ないのですが、上記で抜粋したような文章のどこかに、魅力を感じられる人で、安定した精神状態なら....別のどこかが刺激されるかも。。

わたしは、笑いも取入れた『野良女』など、宮木氏の作品を、もっと読んでみたいという気持ちは、ますます高まりました。
______________

[内容紹介]桜の園を生きるには、少女はあまりに美しすぎた。
『花宵道中』の宮木あや子が描く、美しく残酷な10代の性と愛、そして、希望――

生まれもって人を狂わすほどの美しさを内包した少女。その美しさゆえ、あらゆる男から欲望の眼差しを浴びせられ続けていた。そんな少女が17歳になった時、桜咲き誇る女子校で出会った一人の男。その男は、少女が唯一愛した少年を辱め死に追いやった男――少年の実の兄だった・・・。愛、欲望、孤独に狂うものたちが、少女の美しい躯と脆い心をズタズタに切り裂いてゆく。やがて、少女が選んだ未来とは?桜咲き誇る女子校を舞台に、一人の美少女が、17歳という短い人生で、男や大人に対する憎しみ、同性への失望の中、真実の愛と自身の居場所をもがき探そうとする、少女の静かなる情念と熱狂溢れる著者初にして衝撃の現代美少女官能ミステリー! 幻冬舎 (2010/5/11)

[PR]
by yomodalite | 2011-05-15 10:54 | 文学 | Trackback | Comments(0)

5月のきもの

f0134963_16464642.jpg


「5月のきもの」ってタイトルですけど、4月後半から着てたもの。5月は気温によって、袷も単衣も夏帯も使えるので(衣替え時期とか無視!)コーデの幅は広いですよね。



f0134963_16534647.jpg


わたしがちょこっと着物生活をしているのは、なるべくファッションにお金を使いたくないからと、日本の文化に触れたいからなので、


f0134963_16542560.jpg


今、東京で、“藤”の帯は、少し遅いんじゃない?なんていう人とは「遊ばない」から、
いいの。。。


f0134963_16595112.jpg

牡丹も、真夏以外は「よし!」ってことにしてます。


[PR]
by yomodalite | 2011-05-11 17:10 | きもの | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite