<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

8月の果て/柳美里

8月の果て

柳 美里/新潮社




「国民保導連盟事件」や従軍慰安婦、朝鮮分断。。。著者の血のルーツの闇を描いた本作は、見た目の厚み以上にずっしりと重く、数多く挿入された韓国語に日本語ルビも、盆百の読書家には歯応えを感じる文章で、最後まで読み通すのは決して楽ではありませんが、極稀にしか出会えないレベルの文学を堪能できます。

これまで積み残してきた世代からすべてを引き受けようとする柳氏の覚悟には、本当に凄まじいものがあり、並の読書好きには、感想を述べることすら躊躇われるほど。福田氏、高橋氏の寸評に深く共感。

◎「21st Novel 読書感想記録」
_______________

[MARCデータベース]祖父はなぜ、競技も国も家族も捨てて、独り日本へ逃れたか。幻の五輪マラソンランナーだった祖父の生涯を追いながら、戦前から現代に至る朝鮮半島と日本の葛藤をえぐりだす。『朝日新聞』夕刊および『新潮』連載を単行本化。新潮社 (2004/8/10)

文学に、少しでも心を寄せる者は、この作品にたいして、目も口も閉ざせないはずです。――福田和也氏(週刊新潮「闘う時評」)

42.195キロの彼方から私を呼ぶ声。
日本統治下の朝鮮・密陽に生を受け、マラソンでの五輪出場を目指した亡き祖父・李雨哲。そのうしろ姿を追い、路上を駆けることを決意した柳美里。ふたりの息づかいが時空を越えて重なる瞬間、日本と朝鮮半島のあわいに消えた無数の魂が封印を解かれ、歴史の破れ目から白い頁に甦る。偉丈夫の雨哲と美丈夫の弟・雨根。血族をめぐる、ふたつの真実の物語が、いま日本文学を未踏の高みへ押し上げる。(文庫版上巻用)

感想か。そんな言葉、この小説にふさわしくないな。ものすごく感動したんだ。ほんとに。――高橋源一郎氏(朝日新聞書評)

読書人がこぞって絶賛! 小説家・柳美里が、もてる全てを注いだ代表作。

1940年、東京オリンピックは幻と消えた。失意の日々、肌の温みを求める女たちを捨て、雨哲は故郷を去り、一方、娘たちを夢中にする美しい容貌と、兄譲りの健脚に恵まれた弟・雨根は、いつしか左翼活動に深く傾倒した……小説家柳美里が、国・言葉・肉親、すべてを奪われた無名の人々の声に耳をすまし、自身の生につらなる日本と朝鮮半島の百年の歴史を、実存の全てを注ぎ描きあげた傑作。(文庫版下巻用)




[PR]
by yomodalite | 2008-06-25 22:54 | 文学 | Trackback | Comments(0)

隠された皇室人脈 憲法九条はクリスチャンがつくったのか!? (講談社+α新書)

園田 義明/講談社




『最新アメリカ政治地図』の園田氏の本なので期待して読みましたが、徳本栄一郎『英国機密ファイルの昭和天皇』、鬼塚英昭『天皇のロザリオ』を読んでいるものにとっては、重複内容が多く、前2著と比較すると著者の熱の低さと新書の軽さが少し残念。

表題よりも第5章の「富田メモ」と昭和天皇の真意の記述が興味深い内容でした。

__________

【MARCデータベース】八百万の神々の宿るクスノキから神格化された楠木正成に至る日本人の信仰をひもときながら、皇室にキリスト教を戦略的に接ぎ木した現実主義者としての昭和天皇像と、皇室を支え続ける隠れたクリスチャン人脈に迫る。講談社 (2008/05)

第1章/皇太子ご成婚と二人のクリスチャン
・「テニスコートの恋」の真実、皇太子妃をめぐる暗闘があった〜他
第2章/日本キリスト教人脈の源流
・吉田茂に束ねられた人脈、御前会議「機密漏洩」事件〜他
第3章/昭和天皇が選んだカトリック
・戊辰戦争は「南北朝」動乱だった、侍従・木下道雄と正田家、
・カトリックと国家神道の因縁、長崎で結ばれた皇室とバチカン〜他
第4章/戦後憲法とクエーカー人脈
・新渡戸稲造門下生の「団結」、『武士道』と象徴天皇、吉田と岸の化かしあい
・今上天皇とヴァイニング夫人、靖国神社「再国営化」論〜他
第5章/「富田メモ」と昭和天皇の真意
靖国神社と宮中の亀裂、厚生省・陸軍人脈とA級戦犯、靖国神社「非宗教団体論」〜他



[PR]
by yomodalite | 2008-06-25 14:37 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(0)

2010年南アフリカW杯が危ない! (角川SSC新書)

木崎 伸也/角川SSコミュニケーションズ




『敗因と』で、06ドイツW杯時の日本代表の真実にせまる良いお仕事をされた木崎伸也氏の最新刊。2010年W杯は、なぜ南アフリカに決まったのか。南アの治安は大丈夫なのか?ホテルは足りるのか?。W杯の観光客として注意すべきガイドブックとしても、ブラッターの戦略と先進国の南アに対しての思惑といった「サッカーと政治」に興味がある向きにも、両方答えてくれる良書。新書というパッケージによくマッチした簡潔にして濃い内容。

_____________

【BOOKデータベース】2010年のサッカーW杯は、史上初めてアフリカ大陸で行われる。開催地に選ばれたのは、南アフリカ。毎日約50件の殺人事件が起こる世界有数の犯罪都市である。他にもスタジアム建設の遅れ、インフラの不備、宿泊施設の不足…数々の問題が指摘されているこの国で、世界最大のスポーツイベントは、本当に開催できるのだろうか。そして、そんな危険地帯をW杯の開催地に選んだFIFAの真意とは。気鋭のスポーツライターが現地に飛び、徹底取材を敢行した。角川・エス・エス・コミュニケーションズ (2008/02)

【目 次】
序 章/ブラッター発言の波紋
第1章/スタジアムの完成は間に合うのか
第2章/南アフリカの治安問題は解決するのか
第3章/宿泊施設と交通手段は足りているか
第4章/なぜアフリカで開催しなければならないのか
第5章/南アフリカに協力する先進国の思惑
第6章/バファナ・バファナと南アフリカサッカー史
第7章/インターナショナル・メディアツアーへの招待
第8章/導き出された2つの結論



[PR]
by yomodalite | 2008-06-25 13:13 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

家日和/奥田英朗

家日和 (集英社文庫)

奥田英朗/集英社



EURO2008のせいで読書はしているのだけど、ブログに書く時間がない。明日の深夜からまた準決勝が始まるので今のうちにたまった分を書かなくては。。。

アマゾンレヴュー37件で星4つ半の高評価。『空中ブランコ』で直木賞受賞。巷で評判らしい奥田氏の作品を初めて読みました。こちらは「家」にまつわるストーリーを集めた短編集。

・ネットオークションにはまる専業主婦の話ー『サニーディ』
・突然の倒産により「主夫」となる36歳の男の話ー『ここが青山』
・別居により家がどんどん趣味の要塞化していく38歳の男の話ー『家においでよ』
・パソコン入力の内職をする専業主婦の妄想ー『グレープフルーツモンスター』
・夫のベンチャー起業に翻弄されるイラストレーターの妻ー『夫とカーテン』
・ロハスをめぐる妻と作家の話ー『妻と玄米ご飯』

いずれも「トレンディ」(-_-;)で「タイムリー」(^^;)なトピックによる手堅いレベルの短編ばかりで確かな実力が感じられるのだけど、そこが逆に、ちょっぴり、こそばゆ〜い感じ/(-_-)ヽ。。。次回は長編で再チャレンジします。
_____________

【MARCデータベース】ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。集英社 (2007/04)



[PR]
by yomodalite | 2008-06-25 12:51 | 文学 | Trackback | Comments(0)

溺れる人魚/島田荘司

溺れる人魚 (文春文庫)

島田 荘司/文藝春秋



『溺れる人魚』『人魚兵器』『耳の光る児』『海と毒薬』の4編の短編集。島田作品はこれまでほぼ全作読んでいましたが、2006年の本格回帰出版ラッシュ作品以降は見送っていました。

表題作以外はすべてミタライが登場するのですが、あの激しい躁鬱でユーモアたっぷりだった御手洗ではなく、歴史も最新科学も万能の学者としての登場し、ハインリッヒより頭がイイように描かれている以外に、この2人のパーソナリティーの違いはあまり見られないのは、相変わらず残念でなりません。

しかし、すべての作品が人魚の悲劇的な物語にどこか通じるものがあり、上質なミステリ短編集として洒落ている点、表題作以外は既読でしたが、再読に耐える作品であるのはやはり流石としかいいようがないです。

『溺れる人魚』
ミュンヘンオリンピックで大活躍しポルトガルの至宝と言われた美貌の水泳選手アディーノ・シルバは、先天性のニンフォマニアと診断され、ロボトミー手術されてしまう。手術後は一人で食事も排泄もできなくなり、癲癇の発作も起こすようになった。数年後、手術を担当したコスタ教授の出演番組を観た後、アディーノはピストル自殺し、そのアパートから2キロ余離れた場所でコスタ教授も射殺死体として発見される。コスタ教授宅に残された1発の弾丸は、アディーノが自殺した同じ銃から発射されたものだった。。

『人魚兵器』
フェルディナンド・ポルシェを崇拝するハインリッヒはポルシェ356でドイツを出発し、コペンハーゲンへ。有名な人魚像がなぜ災難に遭い続けるのか。「友人」のキヨシ・ミタライは私に言った。「君は『ベルリン地下協会』について聞いたころがあるかい?」
以前にキヨシがいたストックホルム大に長崎で購入したという「人魚のミイラ」が持ち込まれ鑑定を依頼された。。。2005年8月『名車交友録』所収。

『耳の光る児』
「ハインリッヒ、この『Cayenne』という車名、奇妙だと思わないか?」
「実はぼくは、中央アジアに行ってきたんだ」
彼が不思議な話を始めた。ロシアやアジア各地で耳の光る赤児が4人生まれたというのだ。紫外線を当てると、耳たぶの全体が薄ぼんやりを緑の蛍光色に光って見えるという。発現はユーラシア大陸各地に散らばっていて、母親は人種も言葉も異なるが、平凡な主婦で特殊な職業にはついていない。
ミタライは、母親たちの共通項が東方からの侵入異民であることを重要視し、東洋史にヒントが隠されていると感じ、タタルスタンやロシアの歴史資料を片端から読んだ。草原で平和な遊牧民族であったモンゴル人から、なぜ突如としてチンギスハーンによる世界最強の騎馬軍団が出現したのか、ハーン以前も以降もたった一度の奇跡はなぜ起こったのか。モンゴル帝国の西方遠征と耳の光る赤児たちとの関連とは?。。。2005年8月『名車交友録』所収。

『海と毒薬』
石岡の元に届いた一通の手紙。『異邦の騎士』に救われたと書く女性の手紙。。。元住吉「ランプハウス」。紅茶が運ばれてくると、女性はバッグから硫酸Dの小瓶を砂糖壷と並べて置いた。。。『島田荘司「異邦の扉」に還る時』
_______________

【内容「BOOK」データベース】聖アントニオの奇跡!泳ぐことさえできなくなった元天才水泳選手が自殺しその「原因」を作った医師が殺害された。しかし不可解なことに、離れた場所であったにもかかわらず、同じ時間に同じ拳銃が使われたというのだ—。 原書房 (2006/06)



[PR]
by yomodalite | 2008-06-20 00:41 | 文学 | Trackback | Comments(0)

暗闇のヒミコと

朔 立木/光文社

undefined


初めて朔立木氏の著作を読んだ。事前に検索した読書ブログでの感想は、特に高い評判を眼にしなかったが、多分法廷ミステリーなどの、出版社の宣伝と読者の期待に若干のズレがあるためと思われる。カバー扉にある著者の裁判員制度への危惧を踏まえて、裁判の実態を紹介するという試みは、娯楽作品として充分楽しめるレベルで成し遂げられている。中盤までの、美貌の容疑者がネットアイドルになっていて、ブログ等を活用した冤罪メッセージを訴えているあたりは、安易な現代性の取り込みという感があり、あまり期待できそうではなかったが、2/1を超えて裁判へと入ると、現役弁護士である著者の経験が十分活かされていて物語はリアルさを増し俄然面白くなる。決して弁護士中心ではなく、警察、検察、裁判官、記者。。。容疑者以外の「裁判」のキャスト全てがリアルに動きだし、「裁判」が実態化されていくが、これまでの冤罪をテーマにした裁判の実態という切り口ではない点が新しい。裁判員制度の予習もかねて楽しめます。

____________

【本の内容】上質な社会小説、かつ法廷ミステリーの傑作。高級養護老人施設「ロワジール奥多摩」の入所者である男女が、近くの河原から水死体となって発見された。この施設は富裕老人層だけを対象とした超高級老人ホームで、被害者は所内では公認の恋人同士だった。捜査の結果、唯一アリバイのない看護師・河本絵里が浮上、警察は半年後に彼女を逮捕するが、河本は「疑惑の女」として各メディアの注目を集め、ネット界のアイドル的存在になっていた。冤罪を叫ぶ彼女は、果たして「白」なのか「黒」なのか。『死亡推定時刻』の著者、新たな代表作。光文社 2007年12月



[PR]
by yomodalite | 2008-06-10 20:05 | 文学 | Trackback | Comments(0)

ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズム

小林 よしのり/小学館

undefined


パラオを通してみた日本統治時代、命の大切さを考える傑作マンガ『ザ・樹海』、『戦争論』以降のプチナショナリズムへの危惧から、ゴー宣『沖縄論』その後。親米ポチ(エセ右翼)への従来からの批判に加え、『沖縄論』の沖縄以外での反響の薄さなど、ゴー宣本の中では印象の薄かった本著だが、『ザ・樹海』のマンガとしてのレベルの高さ、『沖縄論』への補足も、2007年時点で力の衰えていない小林氏の凄みを感じた。これを含め07年以降のゴー宣は未読だったのですが、やはり全部読まなくては、と改めて思わされました。
_______________

【出版社/著者からの内容紹介】『わしズム』連載中の好評シリーズ単行本化
小林よしのり苦悩す——日本のナショナリズムに火をつけ戦後の言論空間に地殻変動を巻き起こした『戦争論』から9年。日本に出現したのは「危険なナショナリズム」だった。ネット右翼、ネオリベ一派の「偏狭なナショナリスト」は小林よしのりが『戦争論』によって昂揚させた「愛国心」から生まれたのか? 日本に真のナショナリズムは育ちつつあるのか? 今回はパラオ現地取材による「日本統治論」、自らの故郷・福岡から「美しい国」を描く「パトリ(故郷)とナショナリズム」、挑戦的意欲作の「国家と結婚」、など新しいテーマが満載。さらに語り下ろしと漫画による“沖縄戦スペシャル”、ギャグ漫画「ザ・樹海」なども特別収録する。小学館 (2007/6/14)

【目 次】
日本統治論①
日本統治論②
パラオ取材日記
ザ・樹海① 「ニートとフリーターと愛国オタク」
『戦争論』以後の愛国心について
ザ・樹海② 「命を大切にしない奴を嫌う奴」
真の不安、偽りの不安
パトリなきナショナリズムの危険
ザ・樹海③ 「リストラ一家」
国家にとって「結婚」とは何なのか?
特別収録/新ゴーマニズム宣言 沖縄戦編
インタヴュー『沖縄論』、その後
第1戦 ひめゆり語り部に関する試験問題
第2戦 ひめゆり学徒隊の証言を読む
第3戦 対馬丸の悲劇は日本軍が悪い?
沖縄取材日記
第4戦 同調圧力の島・沖縄
沖縄講演会『沖縄論』を語る



[PR]
by yomodalite | 2008-06-09 22:46 | 戦争・軍隊 | Trackback | Comments(0)

ムツゴロウの東京物語 (柏艪舎文芸シリーズ)

畑 正憲/柏艪舎




新聞連載の軽いエッセイなんですが、青山骨董通りに事務所があって、フレンチ、イタリアン、寿司などの美食に興味があり、サッカーファンで、20代の後半からCM制作に関わり、内外の賞を40以上も受賞しているなどウィキペディアにも記載されていない新事実や、根強いウワサだった「大麻」関連の完全否定など、動物の話以外の日常の話題に意外な一面や、今まで知らなかった畑氏の歴史が垣間みられます。
__________

【出版社/著者からの内容紹介】「産経新聞」にて好評連載中のエッセイをまとめた第一巻。動物はもちろんのこと、政治・食・芸能・スポーツと、あらゆる話題をムツゴロウさんが語り尽くします。82篇のエッセイに添えられているすべてのイラストをムツゴロウさん自らが描いているところも要注目です。
柏艪舎2008年4月
[PR]
by yomodalite | 2008-06-06 17:51 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

ウケる技術 (新潮文庫)

水野 敬也,小林 昌平,山本 周嗣/新潮社

undefined



この本と「ウケる日記」サイトのバックナンバー一気読みで、すっかり水野敬也氏のファンになりました。ほとんど興味なかったのだけど、『夢をかなえるゾウ』も読んで水野氏の成功を祝いたいようなきもちになりました。

~謎のパフォーマー水野敬也の日記より~

すごく、目が合うんです。
いつも見てるんですよ、僕のことを。
吉野家の横にいる占い師なんですけどね。
「ああ、この人占いてぇ…」
そんな目で僕を見てるんです。
占い師と目が合うたびに、ヘコむんです。占い師がモノ欲しそうな目で見てるってことは、つまり、僕が「負け」のオーラをまとっているわけじゃないですか。「こいつ、人生の方位磁針失ってるな」そう思われているわけじゃないですか。
そしたら「占いましょうか?」なんて声かけられて。でも人生ってのは自分で切り開くものだろうと。敵対心を前面に押し出し臨みました。
「実は、もうすぐ僕の本が出るんです」
「ほう…」
「う…売れますかね?」
「ちょっと見てみましょうか」
彼は変な棒をこれみよがしに鳴らした後言いました。
「意外と、売れないですよ」
さらには、
「処女作というのは、著者のこだわりが出ますよね。でも、読者は思ったよりクールですよ。」

そ、そんなことないよね、ね!

◎「ウケる日記バックナンバー」

【出版社/著者からの内容紹介】顔よりトークを、整形しよう。まわりにもいるでしょ、誰もがその存在に一目置く「ウケる人」。つかみやリアクションが「間」からしてゼツミョーで、センスや才能と片づけるしかなかったそのベシャリ。本書はそのトークを、だれもがマネできるルールとパターンに徹底分解! わかりやすく整理された6の戦略と38の技術によって、VS上司、VS得意先、VS異性、シーンを問わない、あなただけの会話の勝ちパターンを確立する。キラーコンテンツは、それぞれの「ウケる技術」が1発でわかる、洋モノ写真+日本語セリフの不思議な組み合わせ。そんでもって、ウケる技術フルスロットルで、いつものダメ会話「Before」が、いけてる会話「After」へといかにバケるか!? 大手広告代理店コピーライター、外資系証券トレーダー、謎のパフォーマー、異業種の若手3人が日常の中で練り上げた、新しいコミュニケーションの実験的教科書。ひと晩じゅう笑いまくるもよし、長年のコーチとするもよし。とにかくセンスは学習できる。生まれかわって、街へ繰り出せ!

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、今まで世の中に存在した何千何万というビジネス書、自己啓発書の類の本では、おそらく一度も体系化されることのなかったスキルの解明を試みた、まったく新しいコミュニケーションの教科書です。あらためて「ウケる」人の無数の会話を地道に整理していくと、誰でもマネすることができる有限のパターンの組み合わせに分解できることがわかってきました。現実の「ウケる人」たちは、財力や美貌といった得がたい才能ではなく、意欲と努力により上達可能なコミュニケーション能力をもって、豊富な人脈を築き、充実した人生を送っています。読者の方々も「ウケる人」の会話パターンを学ぶことによって、「笑い」を武器に人間関係を切りひらくコミュニケーターへと成長し、ビジネスや恋愛がもっとスムーズに、もっとうまくいくようになるでしょう。
オーエス出版社 (2003/7/19)

[PR]
by yomodalite | 2008-06-04 23:20 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

健康問答 本当のところはどうなのか? 本音で語る現代の「養生訓」。

五木 寛之,帯津 良一/平凡社

undefined


健康・人生に関しての著作も多い五木氏が、東大医学部出身で、代替医療界のリーダー的な帯津氏に質問するという形式で、健康・治療法に関しての様々な話題に答えてくれています。質問者のテーマへの造詣の深さと、回答者の個性が良くマッチングしていて、健康問題初心者〜マニアまで幅広く読ませる魅力あり!
_____________

【出版社/著者からの内容紹介】健康の常識には危険がいっぱい----本当は、どうなのだ!
水、牛乳、緑茶、玄米食、サプリメント、最新医薬、抗菌・防菌、気功、ヨガ、代替医療、免疫医療、ウォーキング......いったい、なにをすれば、元気で長生きできるのか。ガン治療からウツ病まで、当代随一の名医に、作家が本音で迫る。混乱する情報の中から、最良の道を選ぶには? 心と体の健康が気になる現代人必読の、平成「養生訓」。 平凡社 (2007/4/5)

[PR]
by yomodalite | 2008-06-03 11:57 | 健康・医療 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite