<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

滝山コミューン1974/原武史

極ふつうのボリュームのハードカバーですが、読了まで随分と時間がかかりました。難解な内容ではないのですが、本の性格がわかりにくく「序」での大げさ過ぎるルソーの『告白』引用後、ひたすら続くあまりにも詳細過ぎる30年以上も前の小学校時代の記述内容が、ノンフィクションとして読むにはどうにも信じがたく「資料」に対する疑問が生じ、文中に引用図書の記述はあるものの、巻末に「引用」ページがなく、著者略歴もない体裁など、やっぱり「小説」?という思いが何度も去来しながらの読書でした。

ちなみに、ウィキぺディアで、著者が1962年生まれ(年上ではあるが同世代!)、政治学者で、専攻は日本政治思想史、鉄道エッセイで知られ、現在は国際学部教授という記述を見て「?」は更に増幅しました。

読了後数日経って、結局、問題は「序」であったと思いました。この著作の資料は、ほとんど著者の「日記」であるはずですが、少年期にこれほどの詳細な日記をつけていたということを普通に説明すべきだったのに、(「序」で説明するのはそれしかないでしょ。)自らの日記の「歴史」運用への後ろめたさから、ことさら「恥ずかしい過去」や『告白』という大げさな表現ばかりが目立つことになったのでしょう。

それと、滝山コミューンの居心地の悪さから、「四谷大塚」へ逃避した著者の過去が、現在の読者にとって居心地の悪さを感じるであろうことへの著者のジレンマが交差し、私には、主題である「滝山コミューン」に入り込めませんでした。

終盤で、「少年ドラマシリーズ」のような世界という記述がありましたが、あの時代は未来への輝かしさと不安を同時に描いたものが多かった。あの頃の「未来」が無くなったひとつの原因は「四谷大塚」にあるんでしょうか。

主題というか、目のつけどころは面白かったのですが、著者の性格のねじれの方が目立ってしまって残念な結果に。

「秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記 」
http://akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/192905
「送信完了。:読書系小日記」
http://d.hatena.ne.jp/ishigame/20070610#p1
______________

【出版社/著者からの内容紹介】 「僕は感動した。子供たちの裏切られた共和国だ!!」作家・高橋源一氏

マンモス団地の小学校を舞台に静かに深く進行した戦後日本の大転換点。たった1人の少年だけが気づいた矛盾と欺瞞の事実が、30年を経て今、明かされる。著者渾身のドキュメンタリー。東京都下の団地の日常の中で、1人の少年が苦悩しつづけた、自由と民主主義のテーマ。受験勉強と「みんな平等」のディレンマの中で、学校の現場で失われていったものとは何か? そして、戦後社会の虚像が生んだ理想と現実、社会そのものの意味とは何か? 2007年、今の「日本」は、1974年の日常の中から始まった。





[PR]
by yomodalite | 2007-11-30 17:23 | 報道・ノンフィクション | Trackback(1) | Comments(2)

日本人だけが知らないアメリカ「世界支配」の終わり/カレル・ヴァン・ウォルフレン (著) 井上実 (訳)

アメリカによるジャパン・バッシングの時代に書かれた『日本権力構造の謎』以来、久しぶりにウォルフレンの本を読みました。『日本権力〜』は、力作ではありますが、日本の謎に挑んだ数々の外国人による著作同様、鮮やかな解答が得られるものではなかったし、その後の「日本」本も一部のマゾヒズム傾向の反日受けを狙ったようなタイトルに興味を抱きませんでしたが、この本は「世界」のことなので、久しぶりに読んでみました。

相変わらず「日本人だけが知らない〜」などの余計な一言や(苦笑)、身勝手な日本への期待で締めるという流れにはうんざりなんですが、第4章 貧困撲滅〜や、第6章のEUに関しては読みごたえあり。

日本が唯一成功した社会主義国家と言われていた時代には、世界はグローバリゼーションという超資本主義が蔓延し、日本は市場を開放しろと散々叩かれ、EUが社会主義に舵取りをしたころ、日本は益々アメリカに牛耳られ、逆方向へと歩み出しました。

ズレているのは承知ですが、ヨーロッパでも、米の顔色を伺うのに必死だった時代に、日本の当時のシステムを批判をしてきたウォルフレンが今さら何を?という気持ちが拭えません。ウォルフレンの略歴にはフィリピンや、東アジアでの報道により評価を得た記述がありますが、「オランダ」の政治、歴史にどうのような総括をしているのか、彼の著作を読むとその疑問が気になって仕方がありません。

___________

【書籍紹介】すでに世界はアメリカ抜きで動き始めた。日本はいつまでアメリカに縋りつくのか?アメリカの不在が露わにしつつある政治・経済の新しい現実を、綿密な取材と緻密な分析で明らかに。 徳間書店 (2007/7/20)

【目 次】
第1章 アメリカの覇権は終わった
第2章 テロリズムは脅威ではない
第3章 グローバリゼーションは崩壊した
第4章 貧困撲滅という虚構
第5章 地殻変動を起こす地球経済
第6章 新しい現実の中での欧州連合
第7章 中国は信頼できるか?
第8章 虚構にとって代わる真実





[PR]
by yomodalite | 2007-11-26 11:20 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)

永遠の仔(上下)/天童荒太

最近ケーブルTVで、TVドラマ版を観たことをきっかけに、しばらく前のベストセラー作品ですが、ようやく読書する機会に恵まれました。ドラマは非常によくできた作品でしたが、驚いたのは、セリフなども含め、小説とほとんど同じにつくられていたことでした。期待に違わぬ力作であることは間違いなく、天童氏の作品はまたいずれ読みたくなるだろうと思います。

__________

【BOOKデータベース】《上巻》再会は地獄への扉だった。十七年前、霧の霊峰で少年たちが起こした聖なる事件が、今鮮やかに蘇る—。山本周五郎賞受賞作から三年余。沈黙を破って放つ最高傑作ミステリー。
《下巻》人は救いを求めて罪を重ねる。連続殺人、放火、母の死…。無垢なる三つの魂に下された恐るべき審判は—。「救いなき現在」の生の復活を描く圧倒的迫力の2385枚。 幻冬舎 (1999/02)

【メタローグ】
幼い頃の秘密を抱えた3人の若者が再会し、悲劇が……と書くと凡百のサスペンスのようだが、張りつめた文体と複雑に入り組むプロットがただならぬ雰囲気を醸し出すこの物語に一部でも接した読者なら、「永遠の仔」が特別な小説であることに気づくはずだ。読み進むにつれて高みから眺める余裕や謎解きの興味は失せ、3人が受ける苦痛が我が身のことのように感じられてくる。救いのない苦しい世界なのに、ずっと3人と時間を共有していたいと感じる。トラウマとか、幼児虐待とか、分かりやすい言葉では片づけられない心の闇を、作家が掘り起こしたからなのだろう。(藤谷浩二)





[PR]
by yomodalite | 2007-11-24 21:11 | 文学 | Trackback | Comments(0)

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策[2]/J.J. ミアシャイマー、S. ウォルト

世界的話題書の第2弾。〈イスラエル・ロビー〉が、イスラエルの為になっていないことを、これでもかと列挙した第Ⅱ部。異論を挟む余地のない鮮やかな著作です。副島氏による本著刊行後の米国本国での反響に関する、簡潔にして的確な訳者あとがきも◎

【目 次】
第2部 ロビーの実態
第7章/イスラエル・ロビー”対パレスチナ人
第8章/イラクと中東 体制転換の夢
第9章/シリアに狙いを定める
第10章/照準の中のイラン
第11章/〈イスラエル・ロビー〉と第二次レバノン戦争
終章/何がなされるべきか

◎[Amazon]『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策2』

☆第1弾はこちら
◎『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策[1]』  
____________

泥沼のイラク戦争は、誰が始めたのか? イスラエル・パレスチナ紛争、イラク侵攻、シリアやイランとの今なお続く衝突など、米国の外交政策において重要な役割を果たしている「イスラエル・ロビー」の姿に迫る。 講談社 (2007/10/17)





[PR]
by yomodalite | 2007-11-20 22:53 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)

吾輩は天皇なりー熊沢天皇事件/藤巻一保

有名ではあるものの、詳しいことは何もわからなかった「熊沢天皇」に関して、登場の時代背景、正統の根拠、支持者の移り変わり、人柄、登場から退場まで大雑把ではあるが全容がわかる。また、著者は、天皇不要論者のようですが、その事によって記述がゆがめられている点は、あまり感じられなかった。

第1章 熊沢天皇あらわる
第2章 熊沢一族と南朝幻想
第3章 熊沢天皇擁立記
第4章 全国巡幸へ
第5章 孤独な王様
第6章 尊熟法皇、東都に死す
第7章 “天皇ごっこ”の行方

◎[参考サイト]毎日一冊!日刊新書レヴュー

____________

【日販MARC】「我は南朝の正統なる末裔なり」。そう主張して昭和天皇を訴えた男、自称天皇・熊沢寛道の生涯とは。幻想の血脈を求めつづけた怪人たちの悲喜劇を追う異色のドキュメント。

【BOOKデータベース】戦後の混乱期、南朝の末裔を自称し、「北朝方の現天皇はニセモノだ!」と訴えて時代の寵児となった人物がいた。その男の名は、熊沢寛道。南朝幻想に憑かれて奔走するも、時代の波にあえなく呑み込まれていった自称天皇とその一族たちの悲喜劇を描き、近代天皇制の陰画を鮮やかにあぶり出す。 学習研究社 (2007/09)





[PR]
by yomodalite | 2007-11-20 22:30 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(0)

モンティ・パイソン正伝/ボブ・マッケイブ

モンティ・パイソン正伝

グレアム・チャップマン,ジョン・クリーズ,テリー・ギリアム,エリック・アイドル,テリー・ジョーンズ,マイケル・ペイリン,ボブ・マッケイブ



監修は須田泰成氏で、発行人は末井昭氏。パイソンたちの幼年時代から、アスペンでの20周年の舞台「USコメディ・アーツ・フェスティバル」でのトークショー、そして、その後もいく度か再結成企画の後、グレアムは亡くなり、ジョンは映画は不可能だと感じ、マイケルはツアーを嫌がり、パイソンが完全休止したところまでを、6人のパイソンが語り尽くす。

パイソン本は、他にも何冊も読んでいますが、この本ほど彼らのパーソナリティーが伝わる本はありませんでした。特にジョンに関しては、印象が変わりました。笑える箇所はなく、ずっしり厚い450ページですが、読了後、モンティの想い出にもっと浸っていたくて寂しくなりました。
_________

【出版社/著者からの内容紹介】 伝説のコメディ・グループ、モンティ・パイソンのメンバーが、はじめて明かす「モンティ・パイソンによるモンティ・パイソンのすべて」。各自の生い立ちから学生生活、テレビ界での活躍とグループの結成秘話、パイソンズとして活動中のひみつ日記、解散後の各自の言い分から未来の予定(?)など、聞きたくないことまで含めてパイソンズ自身がこれでもかと語る。未公開のプライベート写真や図版約200点を収録した、モンティ・パイソン最新作。 白夜書房 (2005/10/14)


[PR]
by yomodalite | 2007-11-13 22:54 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

台所のおと(文庫)/幸田文

台所のおと (講談社文庫)

幸田 文/講談社

undefined



マイブームの幸田文。知ると知らないとでは、人生が変わるほどの作家です。

『台所のおと』
料理人の佐吉は、病床で聞く妻の包丁の音が、微妙に変わったことに気付いて...

『濃紺』夫を見送り今は1人住まいのきよは、土曜の午後は息子の家へ行って寛ぐのが習慣になっていた。はたちの頃に買い求めた、粋でめずらしい下駄は、30年を経て、はな緒の「紺」も落ち着いて、より深い色になっていた。来週は嫁に由来をきかせよう。

『草履』若い女のひとは、春の感じのひとも秋の感じのひともいます... 私は当分焚火のにおいを身につけている女でありたく思うのです。

『雪もち』『食欲』『祝辞』『呼ばれる』『おきみやげ』『ひとり暮し』『あとでの話』

◎[参考記事]神主さんのひとりごと
_______

【出版社/著者からの内容紹介】 女はそれぞれ音をもってるけど、いいか、角(かど)だつな。さわやかでおとなしいのがおまえの音だ。料理人の佐吉は病床で聞く妻の庖丁の音が微妙に変わったことに気付く……音に絡み合う女と男の心の綾を小気味よく描く表題作。他、『雪もち』『食欲』『祝辞』など10編。五感を鋭く研ぎ澄ませた感性が紡ぎ出す幸田文の世界。講談社 (1995/08)

庶民の哀歓を写す幸田文学の達成点。繊細な感覚と文体、清澄な名作集。

暮しのなかのなにげない音に絡みあう男と女の意気地。生きる哀しみを捉える確かな視線と透徹した感性。

すり鉢の音は、台所の音のなかではおもしろい音だった。鉢の底とふちとでは音がちがうし、すりこ木をまわす速度や、力のいれかたでもちがうし、擂るものによってもその分量によってもちがう音になる。

とろろをすればくぐもった音をだすし、味噌はしめった音、芝海老は粘った音、胡桃は油の軽くなさを音に出す。早くまわせば固い音をさせ、ゆるくまわすと響く。すりこ木をまわすという動作は単純だが、擂るものによっては腕がつかれる。

そういう時は2つ3つ、わざとふちのほうでからをまわすと、腕も休まるし、音もかわって抑揚がつく。擂る人がもしおどけるなら、拍子も調子も好きにできるところがおもしろかった。—本文より  講談社 (1995/08)
[PR]
by yomodalite | 2007-11-09 18:27 | 文学 | Trackback | Comments(2)

「彼女たち」の連合赤軍 — サブカルチャーと戦後民主主義/大塚英志

「彼女たち」の連合赤軍―サブカルチャーと戦後民主主義 (角川文庫)

大塚 英志/角川書店

undefined



永田洋子の手記とその乙女チックなイラストから、連合赤軍の女たちを政治運動や左翼的な言説から一度解放し、1970年前後の日本の消費社会の中に位置づけ直すという、大塚英志氏の目のつけどころに感心しました。この当時の政治活動者の男性と、現在のオタクとの親和性には気づいていましたが、現在のサブカルチャーの書き手による連合赤軍を論じた本はあまりないように思います。

当時の男性活動家の女性への理解の浅さというか、レイプを基本とした男女関係には、やはりという感じもありつつも驚かされましたが、その後のフェミニズム運動に一定の評価を認めつつも、女性の女性性の問題には確固とした答えを導きだせず、政治活動、少女マンガ、オウムの女性信者へと続く「彼女たち」の物語としてとらえた歴史は、少なくとも『革命的な、あまりに革命的な−「1968年の革命」史論』(絓 秀実著)が、68年の革命が若者による日本国内のサブカルチャーの一形態であったにもかかわらず、相変わらず「世界」や「政治」と勘違いしたまま、論じているようなダメオタクっぷりは見られない。
________

【Amazon.co.jp】1960年代末から1970年代初頭にかけての時期は、学園紛争が吹き荒れる一方でサブカルチャーが隆盛の兆しを見せ始めるという、今考えると非常におもしろい時代だ。終戦以降の戦後民主主義社会の見直しと、今に続く高度消費社会への準備とを、世の中全体が同時に行っていたわけで、その意味では、政治、経済面ではもちろん、社会、文化、風俗面から見ても、日本の精神史の山脈に表れた一番大きな分水嶺と言えるのではなかろうか。

連合赤軍事件が起きたのは1972年のこと。本書は、この事件の裏側に、70年代以前の時代精神と、以降の消費社会的な感性との対立があった事実を指摘した本である。山岳私刑(リンチ)の発端が女性活動家の指輪にあったこと、同じ女性が党派の首領を「かわいい」と評したエピソードの紹介など、一見何でもない発見のように見えるが、事件の担い手たちのその後を、獄中手記などを手がかりに記述する著者の詳細な分析にかかると、この事件が70年代という時代の結節点を、見事に象徴していることに思い当たるのである。

著者は「ぼくの関心は『矮小』なるものの歴史化に向けられる」と言う。「(それが)サブカルチャーとして生まれた世代の唯一の『成熟』の形ではないか」と。連赤同世代の相対的な沈黙に比し、後続世代がかくも真摯な分析を行ったことを、どう考えればよいのだろう。ちなみに著者は1957年、森恒夫は44年、永田洋子は45年の生まれなのである。(今野哲男)

【出版社/著者からの内容紹介】永田洋子はなぜ「乙女ちっく」な夢を見たのか?
獄中で乙女ちっくな絵を描いた永田洋子、森恒夫の顔を「かわいい」と言ったため殺された女性兵士。連合赤軍の悲劇をサブカルチャー論の第一人者が大胆に論じた画期的な評論集がついに文庫化!新たに重信房子論も掲載。角川書店 (文庫版2001/05)


[PR]
by yomodalite | 2007-11-09 15:51 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

経験を盗めー文化を楽しむ編 (文庫)/糸井重里

経験を盗め―文化を楽しむ編 (中公文庫)

糸井 重里/中央公論新社

undefined



多種多様な異業種の人との対談集。

以下は個人的メモ。

文藝春秋で「ベスト・オブ」シリーズや「B級グルメ」を手掛け『すきやばし次郎 旬を握る』『あらきそばの神髄』の著者がある里見真三氏は長いものが好き。

家では主食は麺、つけあわせにかんぴょうやアスパラ、そうめんかぼちゃ、漬物は名古屋の守口大根。

巷のそば屋のカレーライスだって、まずいからうまいんだから。
「まずうま」っていうジャンルが、ファミリーレストランによって、圧迫されている。

ヨーロッパの町のすごいところは、基本的に、その町で生まれた人はその町で死ぬことを前提に都市を計画している。墓地は住民サービスであるとともに、公共施設、福祉施設。

とんまつり鑑賞/「髭なで祭り」「鍋冠祭り(なべかむりまつり)」「おばさま祭り(小迫オバサマ)」「へトマト」。。。。とんまつりをやりたくないから、若者が逃げて過疎になっている?

「歌謡曲」は玉置浩二で終った?!

『源氏物語』『蜻蛉日記』『十六夜日記』『紫式部日記』『一葉日記』山田風太郎の3冊の日記、『戦中派不戦日記』『戦中派虫けら日記』『戦中派焼け跡日記』石川啄木『ローマ字日記』

春風亭昇太『花粉症の寿司屋』「力士の春』。最終目標は古典『権助魚』のような作品を書きたい。

立川志の輔『メルシー雛祭り』

ふざけた噺が好き...『あたま山』『粗忽長屋』

[目 次]
◎永久グルメの「酸いも甘いも食べ分けて」(里見真三×山口文憲×糸井重里) 1999年
◎こんなお墓に入りたい!(佐々木幹郎×長江曜子×糸井重里) 2000年
◎“珍しき”仲にも礼儀あり(オスマン・サンコン×辺真一×糸井重里) 2001年
◎男は“歴史の垢”を愛でる(出久根達郎×仲畑貴志×糸井重里) 1999年
◎お祭り進化論(みうらじゅん×森田三郎×糸井重里) 2001年
◎メロディの冒険、詞の真実(宮川泰×矢野顕子×糸井重里) 2002年
◎誰が為に日記はある(半藤一利×クリスティーナ・ラフィン×糸井重里) 2002年
◎古くて新しい花火(冴木一馬×宮川めぐみ×糸井重里) 2002年
◎ラジオへの誘い(永六輔×山田美保子×糸井重里) 2003年
◎汲めども尽きぬトイレの話(清水久男×山戸里志×糸井重里) 2004年
◎豆腐の不思議を味わう(福田浩×吉田よし子×糸井重里) 2004年
◎落語の入り口へご案内いたします(春風亭昇太×橘蓮二×糸井重里) 2004年
◎もっと楽しむ水族館(櫻井博×中村庸夫×糸井重里) 2004年
◎おしゃべり革命を起こそう(阿川佐和子×御厨貴×糸井重里) 2004年

__________

[本の内容]「お祭り」「トイレ」「おしゃべり」…その道の“権威”28人が惜しみなく差し出す「哲学」と「知恵」糸井重里鼎談集。 中公文庫 (2007/07)


[PR]
by yomodalite | 2007-11-07 22:53 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

私の「戦争論」 (ちくま文庫)/吉本隆明, 田近伸和

私の「戦争論」 (ちくま文庫)

吉本 隆明,田近 伸和/筑摩書房

undefined



全くタイムリーではありませんが、『よせやぃ。』があまり面白くなかったので、「思想界の巨人」が墜ちたのはいつだったのか知りたくなり読んでみました。

小林よしのり氏への批判は、戦争を直に知っている者として至極普通のものですが、小林氏の作品が、マンガ作品として第一級であるのに比べ、吉本氏の「戦争論」は思想書としてどうなんでしょうか? 氏には国際政治を語るような知識があるのでしょうか? ビルダーバーグ会議が何かすら知らない気がするのですが・・

いち早く進歩的左派から抜け出たことが「思想界の巨人」という称号の由来だったと思うのですが、それ以降は何があったのでしょう? 私には、未だに氏の偉大さがよくわかりません。論争というケンカが強かっただけで、本物のインテリではなかったのではという疑問すら。。。

糸井重里や副島隆彦氏が、現在でも吉本氏へ高い評価を送っていることを考えると、またチャレンジしなくてはと思いますが、とりあえずしばらくはいいかな〜。

☆その後に読んだ本で考えがかわりました....
◎日本語のゆくえ/吉本隆明
_____________

【MARCデータベース】小林よしのりの「戦争論」をはじめとして最近新たに再燃してきた「戦争」にまつわる論議を契機に、「戦後思想界の巨人」が遂に日本人と国家、個と公を解き明かす。間違いだらけの「戦争論議」を批判し、再び「戦争」を語る。

【BOOKデータベース】戦争とは何なのだろう?国家と個人とはどちらが重い?「思想界の巨人」が素朴な疑問の一つ一つに、ていねいに答えるように解り易い言葉で語った「戦争論」の決定版!自己の戦争体験を冷静に語り、今日もなお繰り返される旧来の保守派と進歩派の不毛な論議を根本からくつがえす。「戦争自体がダメだ」「エゴイズムは肯定されるべき」等々、ラジカルかつ、明解な論理が展開される。 筑摩書房 (2002/07)

[PR]
by yomodalite | 2007-11-05 23:33 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite