カテゴリ:☆Dancing the Dream( 47 )

f0134963_22445572.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した
『Dancing the Dream』から、「PLANET earth」の和訳です。
MJ自身の朗読を聴きながら、読んでみてください。





PLANET earth

Planet Earth, my home, my place

A capricious anomaly in the sea of space

Planet Earth, are you just

Floating by, a cloud of dust

A minor globe, about to bust

A piece of metal bound to rust

A speck of matter in a mindless void

A lonely spaceship, a large asteroid


惑星地球、僕の家、僕の居場所
果てしない海原の気まぐれな変わり者
惑星地球、あなたは宇宙に漂う塵なのか
壊れそうに、ちっぽけな球体なのか
錆ついていく金属のかけらなのか
虚空に浮かぶ物質のひとつなのか
ひとりぼっちの宇宙船で、ただの大きな小惑星なのか

Cold as a rock without a hue

Held together with a bit of glue

Something tells me this isn't true

You are my sweetheart, soft and blue

Do you care, have you a part

In the deepest emotions of my own heart

Tender with breezes, caressing and whole

Alive with music, haunting my soul.


岩のように冷たく色合いもなく
糊で固められているだけなのか
でも、なにかが、そうではないと言う
あなたは、やさしく青い、僕の愛しいひと
そよ風のように、すべてを愛撫し、
音楽と共に生きる私の魂に寄り添い
僕の心の最も深い感情を
自分のことのように気遣ってくれているのでは?

In my veins I've felt the mystery

Of corridors of time, books of history

Life songs of ages throbbing in my blood

Have danced the rhythm of the tide and flood

Your misty clouds, your electric storm

Were turbulent tempests in my own form

I've licked the salt, the bitter, the sweet

Of every encounter, of passion, of heat

Your riotous color, your fragrance, your taste

Have thrilled my senses beyond all haste

In your beauty I've known the how

Of timeless bliss, this moment of now.


僕の血潮に感じる神秘
時の回廊、歴史を紡いできた書物
僕に流れる血の中で、幾時代もの生命の歌は
寄せては返す波のようなリズムを踊る
あなたを覆う謎めいた雲や、嵐の中の雷は
僕の中で荒れ狂う嵐となり
僕は、しょっぱさも、苦さも、甘さも味わった
あなたの色、あなたの香り、あなたの味に
僕は出会うたびに、情熱を感じ、熱くなり
どんな状況であっても、僕のすべての感覚を刺激する
果てしない喜びと、今という、この瞬間を
僕は、あなたの美しさから知った

Planet Earth, gentle and blue

Floating by, a cloud of dust

A minor globe, about to bust

A piece of metal bound to rust

A speck of matter in a mindless void

A lonely spaceship, a large asteroid


惑星地球、優しく青い星
あなたは宇宙に漂う塵なのか
壊れそうに、ちっぽけな球体で
錆ついていく金属のかけらで
虚空に浮かぶ物質でしかなく
ひとりぼっちの宇宙船で、ただの大きな小惑星なのか?

Cold as a rock without a hue

Held together with a bit of glue

Something tells me this isn't true

You are my sweetheart, gentle and blue

Do you care, have you a part

In the deepest emotions of my own heart

Tender with breezes, caressing and whole

Alive with music, haunting my soul.


色のない冷たい岩の固まりで
糊で固められているだけ
でも、なにかが、僕にそうではないと言う
あなたは、優しくて青い、僕の愛しいひと
そよ風のように、すべてを愛撫し、
音楽と共に生きる私の魂に寄り添って
僕の心の最も深い感情を
自分のことのように気遣ってくれているのでは?

Planet Earth, gentle and blue

With all my heart, I love you.


惑星地球、優しく青く
ぼくは、こころのすべてをかけて、あなたを愛している

(訳:yomodalite)


◎[AmazonDANCING THE DREAM 



[PR]
by yomodalite | 2014-12-27 00:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(2)
f0134963_09534395.jpg

これは、マイケル・ジャクソンが1992年に出版した
『Dancing the Dream』の冒頭の詩です。

『Dancing the Dream』は、元々、ツアー用のブックレットの企画が発展して、出版されることになったようで、この詩は、デンジャラスツアーのパンフレットにも掲載されていたようです。

自分で訳すときは、以前出版された和訳とは、少し異なる感じにしたいと思っていて、あまり代りばえしなさそうなものを後まわしにしてたんですが、ただ、そう思っていた詩でも、訳し終わる頃には、いつも、驚かされるというか、「ああ、そういう詩だったのか」と、新たに発見した気分になることも毎回で、やっぱり、本の順番どおりに訳すべきだったと後悔しているところなんですが、

完訳後に、収録順の番号に直そうと思います。

気になる点や間違いは、
いつでも遠慮なくご指摘くださいませ。


dancing the dream

Consciousness expresses itself through creation. This world we live in is the dance of the creator. Dancers come and go in the twinkling of an eye but the dance lives on. On many an occasion when I'm dancing, I've felt touched by something sacred. In those moments, I've felt my spirit soar and become one with everything that exists. I become the stars and the moon. I become the lover and the beloved. I become the victor and the vanquished. I become the master and the slave. I become the singer and the song. I become the knower and the known. I keep on dancing and then, it is the eternal dance of creation. The creator and creation merge into one wholeness of joy.

I keep on dancing . . . . . . . and dancing, until there is only . . . . . . the dance.

— Michael Jackson


夢を踊る


意識は、創作を通じて、表現される。

僕たちが住むこの世界で、クリエイター達はダンスする。

ダンサー達は、瞬く間に入れ替わっていくけど、ダンスは生き続ける

踊っているとき、僕はなにか聖なるものに触れることがよくある。

そんなとき、僕の精神は高く舞い上がり、この世界のあらゆるものになる

僕は星や、月になり、愛し、愛される者になり

勝者となり、敗者にもなり、主人となり、奴隷となる

歌を歌い、歌そのものにもなり、知る人となり、知られる人となる

僕は踊り続ける。それは、尽きることのない創造のダンス

クリエイターと、その作品はひとつになって、完全な喜びとなる


僕は、踊り続けて …… ただ、ダンスだけが遺るまで …… 踊るんだ


― マイケル・ジャクソン


(訳:yomodalite





[PR]
by yomodalite | 2014-12-23 21:37 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_10440910.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に
収められた「magical CHILD - Part2」の和訳です。
Part 2 は、先に訳した Part 1 の続きと考えていいと思うのですが、
おそらく、これまで訳した中で、もっとも時間がかかってしまいました。

とは言え、それで完成後が高くなっているわけではないので、
いつものように、
気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。


magical CHILD(part 2)


Magical child once felt a twinge
A faint recollection, a memory unhinged
In the colors, the forms, the hue
There seemed a mystery with a subtle clue
Behind the wind, the storm,the gale
Within the shroud, beyond the veil
Hidden from view in a wondrous pattern
There seemed a force that he could not fathom
Its music and cadence were playful and sweet
He danced in bliss to its throbbing beat
He did not mind either cold or heat
On the mountain high was his royal seat

奇跡の力をもつこどもは、あるとき心がうずくのを感じた
思い出は薄れ、記憶は細切れになっていたが
色彩や、形や、色合いのなかに、かすかな手がかりがあり
風の向こう側や、嵐のベールに
なにか驚くようなものが隠されていて
彼にはわからない力がそこにあった
その音楽とリズムは陽気で優しく
彼は喜びのなかで踊り、鼓動に身をまかせ
暑さも寒さも気にすることなく
山の頂上は、彼の特等席だった

Strangers came and scorned his joy
With ridicule and banter they tried to destroy
What in their minds was a skillful play
With cruel darts they tried to plunder
To suffocate and strangle his innocent wonder
Fighting hard, despite their blunder
Again and again to steal his thunder
Despite their attacks, they could not break
With all their barbs they could not take
God's gift of love, which they could not fake
Not knowing his strength or what he sought to seek
They complained aloud and called him a freak

見知らぬ人々は、彼の喜びを嘲り
冷やかしや、からかいの言葉で、それを壊そうとした
彼らは精神を巧みに操り
冷酷な矢を放ち、少年の息の根を止めようとした
何度失敗しても、攻撃の手を緩めることなかったが
そのこどもの力を止めることはできず
あらゆる棘のある言葉を投げつけても
彼らには、神から与えられた恵みを模造することはできず
少年の強さも、彼がなにを求めているのかもわからず
声を荒げて批判し、変人呼ばわりした

But the mysterious force just kept its hold
Magical child grew brave and bold
Diving deep into his soul
In exquisite ecstasy he discovered his role
In his Self was infinite scope
This mysterious force was mankind's hope
Piercing through that mask of Being
In that silence beyond all seeing
Was a field with a different story
A field of power, of awesome glory
With other children, if unfurled
Its tidal wave would change the world

それでも、少年の不思議な力はそのままで
彼は勇敢で大胆な大人に成長し
魂の奥深くにある、このうえない絶頂において
自分の役割を発見した
彼の内にある果てしない世界と
その不思議な力は、人類の希望だった
それまでの仮面を突き破り
沈黙の向こう側を見通した先には
壮大な栄光と、力に満ちあふれた場所があり
こことは別の物語を
他のこどもたちと、繰り広げられるなら
その流れは、世界をも変える

Magical child was ready to bow
Sow the seed, pick up the plough
With effortless ease, without a sigh
Without a tear, without a cry
With silent perfection
Under God's direction
To sing together as one race
Stem the tide, transform this place

奇跡の力をもつこどもは、身をかがめ
種をまき、鋤を手にし
楽々と、ため息もつかず
涙を見せることも、泣き言を言うこともなく
静かに、やり遂げる
神が命じるように
ひとつの種として、ともに歌い
流れに逆らって、この世界を変えよう

Magical children, don't worry how
Don't delay, this moment's now.

奇跡の力をもつこどもたちよ、どうするかは問題じゃない
急いで、今がそのときなんだ

(訳:yomodalite)



[PR]
by yomodalite | 2014-12-12 00:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(2)
f0134963_10020430.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「MAGICAL child」の和訳です。

「MAGICAL child」には、Part1 と Part2 があり、

下記は「Part1」の方です。


気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



MAGICAL child (part1)


Once there was a child and he was free

Deep inside, he felt the laughter

The mirth and play of nature's glee

He was not troubled by thoughts of hereafter

Beauty, love was all he'd see


かつてそこにいたこどもは自由だった

心の奥から、笑いを感じ

輝く自然の中で、楽しく遊び

将来のことで悩むこともなく

美しさと愛は、彼が知るすべてだった


He knew his power was the power of God

He was so sure, they considered him odd

This power of innocence, of compassion, of light

Threatened by priests and created a fright

In endless ways they sought to dismantle

This mysterious force which they could not handle


彼は自分の力は神の力だと信じていたので、

人は彼を変わり者だと思った

その力は、無垢で、憐れみ深く、叡智にあふれ

聖職者たちは脅かされて、恐怖を抱き

その不思議な力を解明し、

自分たちのものにしようとした


In endless ways they tried to destroy

His simple trust, his boundless joy

His invincible armor was a shield of bliss

Nothing could touch it, no venom, no hiss


彼の信念も、限りない喜びも

人々は絶え間なく破壊しようとした

このうえない喜びは、無敵の甲冑となって

悪意も、非難も、彼を傷つけることはできず


The child remained in a state of grace

He wasn't confined in time or place

In Technicolor dreams, he frolicked and played

While acting his part, in Eternity he stayed


そのこどもは、神の寵愛を受けて

時にも、空間にも、縛られることなく

極彩色の夢の中で、戯れながら遊んだ

永遠の世界で、与えられた役を演じながら


Soothsayers came and fortunes were told

Some were vehement, others were bold

In denouncing this child, this perplexing creature

With the rest of the world he shared no feature

Is he real? He is so strange

His unpredictable nature knows no range

He puzzles us so, is he straight?

What's his destiny? What's his fate?


占い師たちがやってきて、運命を告げる

ある者は熱っぽく、ある者はふてぶてしく

面倒な生き物のように、そのこどもを非難した

この世界には、彼のような人間はいない

彼の力は本物なんだろうか? 

なにもかもが奇妙で、予想もできないぐらい

私たちを当惑させて、彼は正気なんだろうか?

彼の運命は? どんな運命を背負っているのか?


And while they whispered and conspired

Through endless rumors to get him tired

To kill his wonder, trample him near

Burn his courage, fuel his fear

The child remained just simple, sincere


人々はひそひそと共謀して非難をくりかえし

それは果てしない噂となって、彼を疲れさせ

魔法のような力は封殺され、人格を踏みにじられ

勇気は焼き捨てられ、恐怖にかられたが

そのこどもは単純そのもので、正直だった


All he wanted was the mountain high

Color the clouds, paint the sky

Beyond these boundaries, he wanted to fly

In nature's scheme, never to die


彼が望んだのは、山の頂上で

雲に色を塗り、空に絵を描き

あらゆる境界を越えて、飛んでいくこと

自然の法則の中で、死なないように


Don't stop this child, he's the father of man

Don't cross his way, he's part of the plan

I am that Child, but so are you

You've just forgotten, just lose the clue


そのこどもを止めないで 彼は人類の父

彼の行く道を遮らないで それは彼に与えられた役目

僕はその「こども」であり、君もそうなんだ

ただ、君は忘れてしまっているんだ、その手がかりさえも


Inside your heart sits a Seer

Between his thoughts, he can hear

A melody so simple, but wondrously clear

The music of life, so precious, so dear


人の心の中には預言者がいて

君が思考するあいだ、

シンプルで、素晴らしく澄んだメロディをもつ

とても大切で、貴重な人生の音楽を

君は聴くことができる


If you could for one moment know

This spark of creation, this exquisite glow

You would come and dance with me

Kindle this fire so we could see

All the children of the Earth

Weave their magic and give new birth

To a world of freedom with no pain

A world of joy, much more sane


もし、君がほんの一瞬でも

この創造の火花や、優雅な輝きを知るなら

ここに来て、僕と踊ろう

僕たちに見えたように、その火をともして

地球に住むすべてのこどもたちに

そういった魔法を創り上げ、新たな命を与えるんだ

苦しみのない、自由な世界のために

喜びあふれる 健全な世界に


Deep inside, you know it's true

Just find that child, it's hiding in you.


心の底では 君はそれが真実だと知っているだろう

君は、君の中に隠れている、そのこどもを見つければいいだけなんだ


(訳:yomodalite)


f0134963_10035742.jpg



[PR]
by yomodalite | 2014-11-20 20:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_00413578.jpg

マイケルが1992年に出版した『Dancing the Dream』の詩の翻訳をはじめてから、大分経っているのですが、まだまだ残っているものが多くて、ため息が出てしまいます。

もうずっと前に、この本の和訳本を見たとき、私はそこに納められた、澄んだ空気感のある美しい写真には魅せられたものの、「素晴らしい教えが紹介されている小冊子」のような絵や、そういった冊子をくださる方が好きそうな言葉にあふれているように感じ、特に「child」という言葉の多さにはちょっぴり辟易しました。

詩を読むまでもなく、当時、マイケルは口を開けば「こども」のことばかり言っていて、20代、30代の私には、それがとてもしんどかった。私は自分のことで精一杯だったし、マイケルの幼少時は、自分よりも明らかに幸せそうで、彼の言葉は、彼の音楽に比べて、純粋なのかもしれないけど、陳腐に思えたんですね。当時は。。

それが、そうではなかったと思いはじめたのは、彼の人生の最後を見てからです。

それまで敬遠していた詩の中から、自分に理解しやすいものから、翻訳を始めてみると、今まで見えていなかったことにたくさん気づいて、マイケルが大事にしていた「こどもっぽさ」の意味に驚きました。彼の「child」に抵抗がなくなったのは、自分が大人になったことも大きいのかもしれませんが、それ以上に、自分が、どれだけ「こども」で、マイケルがいかに「大人」だったかに気づいて愕然としたんですね。

マイケルの詩に限らず、英語詩の訳は、英語力だけでなく、日本語にするのは、むずかしく、ほとんど英語力のない私が言うのはおこがましいのですが、私が訳詩をするとき、気をつけているのは、英語詩には、日本人の自然な感覚にはない概念が大きく関わっています。

簡単に言えば、それは「God」と「神」の違いです。

日本で「神」と言うと、自然から感じられる「神秘的な雰囲気」をイメージします。私たちは、何年も時を経た樹木に畏敬を抱き、湧き出る水に恵みを感じて、それらに感謝したくなり、心が浄化されるように感じます。

これは、私たちの「内なる感覚」だと思います。

私たちは、この内なる感覚で「マイケルの表現」にも感動しているわけですから、そこには共通点があることも確かだと思いますが、マイケルが感じている「God」は、内なる感覚だけでなく、私たちの「外」にも存在しています。

Godは「世界の創造者」ですからね。

西欧は、科学も、文化も、なにもかもが、この「God」の解釈や、解明から生み出されているといってもいいのですが、英米で、マイケルがより激しく非難されたことで、そういった宗教感よりも、日本の穏やかな「神」の方が、マイケルの「God」に近いと思われる方も多いでしょう。でも、私は、私たちにはない「欠落した部分」を意識していたいと思っています。わかったと思うよりも、わからない部分を意識している方が、学べると思うからです。

私は特定宗教の信者ではないので、Godを信仰することの素晴らしさを説くことが目的ではありません。

また、いかなる「スピリチュアル」も信望していませんが、どんな信仰をもっている方にも偏見はもっていないつもりです。ただ、よく不満に思うのは、そこにある善悪や、正誤の規定、世界のシステムについての説明が、すべて「Human made」にも関わらず、「God」からだと錯覚させられることです。Godの言葉が完璧にわかるのは、God以外にないはずなのに。

スピリチュアルを説明した文章から、人の愚かさを感じたり、父の愚かさを説く、母の言葉から、母の愚かさを知るとか、言葉って、本当にむずかしいですね。

えっーーと、何をグダグダと書いているかというと、今日も、「なんちゃらchild」っていうマイケルの詩を訳していて、「またか」と思ったからなんですけどねw


(上記の要約:私が「神」と「God」の違いについて、しつこく言っているのは、マイケルがあまりにも「child」について何度も言ってるからで、それは彼の「God」のせいであり、私の宗教感ではないこと。英語詩は日本語詩みたいな感じで訳すと、日本語的にはしっくりするかもしれないけど、マイケルに限らず、英語詩は、日本語詩とちがって「内なる感覚」ではないし、、マイケルの詩は(歌詞ではないもの)韻を踏むよりも、MJ思想の方が重要だと思うので、散文的にしないと。。って言い訳です。)






[PR]
by yomodalite | 2014-11-20 00:56 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(4)
f0134963_01194517.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「A child IS A SONG」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



A child IS A SONG

ひとりのこどもに、ひとつの詩がある


When children listen to music, they don’t just listen. They melt into the melody and flow with the rhythm. Something inside starts to unfold its wings – soon the child and the music are one. I feel that way, too, in the presence of music, and my best moments of creativity have often been spent with children. When I am around them, music comes to me as easily as breathing.


こどもが音楽を聴くとき、彼らはただ聴いているだけではない

メロディに溶け込み、リズムと一緒に飛び上がり

彼らの内から翼が広がっていって、こどもは音楽とひとつになる

僕の音楽のあり方もそれと同じで、

創作の最高の瞬間は、こどもたちと過ごしているときが多い

こどもたちと一緒にいると、

音楽はまるで、呼吸するのと同じぐらい自然に僕のもとにやってくる


Each song is a child I nourish and give my love to. But even if you have never written a song, your life is a song. How can it not be? In wave after wave, Nature caresses you – the rhythm of each dawn and each sunset is part of you, the falling rain touches your soul, and you see yourself in the clouds that are playing tag with the sun. To live is to be musical, starting with the blood dancing in your veins. Everything living has a rhythm. To feel each one, softly and attentively, brings out its music. Do you feel your music?


僕の歌は、どれも可愛がって育てたこどものようなもの

でも、もし君が作曲をしたことがなかったとしても、人生は詩なんだ

そうではない道理がある? 

寄せては返す波のように、人は自然に愛撫されている

日は昇り、日は落ちるというリズムは、君の一部

降る雨は魂に触れ、太陽と追いかけっこをする雲に包まれる

君の中に流れる血が踊りだして始まる、人生はミュージカルなんだ

生きているものはすべてリズムを持っている

それをひとつひとつ、注意深く感じて、音楽として引き出す

君は自分の音楽を感じない?


Children do, but once we grow up, life becomes a burden and a chore, and the music grows fainter. Sometimes the heart is so heavy that we turn away from it and forget that its throbbing is the wisest message of life, a wordless message that says, “Live, be, move, rejoice – you are alive!” Without the heart’s wise rhythm, we could not exist.


こどもたちは感じている

でも、僕たちは成長するうちに、人生が重荷となり

雑事は増え、その音楽はかすかなものになっていく

心が重たくなると、

そのビートが人生にとって一番賢いメッセージだということを忘れ

目を背けてしまいがちだけど、

その無言のメッセージが伝えているのは

「命の意味、なぜここに生まれ、どこに行き、何に恵まれて... 君が生きている!」

ということ

心に賢いリズムを携えていなくては、

僕たちは生きていけないんだ。


When I begin to feel a little tired or burdened, children revive me. I turn to them for new life, for new music. Two brown eyes look at me so deeply, so innocently, and inside I murmur, “This child is a song.” It is so true and direct an experience that instantly I realize again, “I am a song also.” I am back to myself once more.


僕が少し疲れたり、重荷を感じはじめると

こどもたちが元気にしてくれる

彼らによって、僕は新しい人生や、音楽に向き合う

ふたつの茶色い無垢な眼に深く見つめられると

僕は心の中でつぶやく

「この子は詩だ」と

それは僕の心にじかに訴えてくるまぎれもない真実で

そしてまた気づいたのは

「僕も詩なんだ」ということ

僕は再び自分に戻っていくんだ


(訳:yomodalite)


◎[Amazon]DANCING THE DREAM




[PR]
by yomodalite | 2014-11-15 09:10 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_11245192.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「THE fish THAT WAS THIRSTY」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



THE fish THAT WAS THIRSTY

喉が渇いた魚


One night a baby fish was sleeping under some coral when God appeared to him in a dream. "I want you to go forth with a message to all the fish in the sea," God said.

ある夜、小さな魚が珊瑚の下で眠っていると、神さまが夢の中に現れて、「この海にいるすべての魚たちに、私のメッセージを届けて欲しい」と言われた


"What should I tell them?" the little fish asked.

「なんと伝えればいいのですか?」と、小さな魚はたずねた。


"Just tell them you're thirsty," God replied. "And see what they do." Then without another word, He disappeared.

「喉が渇いた」とだけ言いなさい。「そしてみんながどうするかを見るように」神はそれだけ言うと、消えてしまった。


The next morning the little fish woke up and remembered his dream. "What a strange thing God wants me to do," he though to himself. But as soon as he saw a large tuna swimming by, the little fish piped up. "Excuse me, but I'm thirsty."

翌朝、小さな魚は目を覚ますと、昨晩の夢を思い出して、「神さまから命じられたことをやらなきゃ」とつぶやいた。すると、大きなマグロが泳いできたので、小さな魚はいきなり、「すみません、ぼく喉が渇いたんですけど」と大声で言った


"Then you must be a fool," the tuna said. And with a disdainful flick of his tail, he swam away.

「おまえは、どうかしてるんじゃないか」、マグロはそう言うと、尾びれで振り払うようにして行ってしまった。


The little fish did feel rather foolish, but he had his orders. The next fish he saw was a grinning shark. Keeping a safe distance, the little fish called out, "Excuse me, sir, but I'm thirsty."

小さな魚は自分が愚かに思えてきたものの、神さまの命令にそむくわけにはいかない。次に出会ったのは、にやりと顔を歪ませたサメ。小さな魚は、少し離れたところから、叫んだ。「すみません、ぼく喉が渇いているんです!」


"Then you must be crazy," the shark replied. Noticing a rather hungry look in the shark's eye, the little fish swam away quickly.

「おまえは、頭がおかしいよ」、と言うサメの眼が、自分のことを物欲しそうにしていることに気づき、小さな魚は急いで逃げだした。


All day he met cod and mackerels and swordfish and groupers, but every time he made his short speech, they turned their backs and would have nothing to do with him. Feeling hopelessly confused, the little fish sought out the wisest creature in the sea, who happened to be an old blue whale with three harpoon scars on his side.

その日のうちに、タラ、サバ、メカジキ、ハタにも出会ったけれど、喉が渇いたと言っただけで、彼らは知らんぷりで行ってしまう。小さな魚は絶望感でいっぱいになりながらも、この海の中でいちばん賢い生き物を探し続けていると、モリに傷つけられた3本の跡のある年老いたシロナガスクジラに出会った。


"Excuse me, but I'm thirsty!" the little fish shouted, wondering if the old whale could even see him, he was such a tiny speck. But the wise one stopped in his tracks. "You've seen God, haven't you?" he said.

「おじいさん、ぼく喉が渇いているんだ!」小さな魚は、年老いたクジラが、自分に気づくかどうか心配しながら、大声で叫んだ。それなのに、賢いクジラは動きを止めると、「君は、神さまに出会ったんだね?」と言った。


"How did you know?"

「どうしてわかったの?」


"Because I was thirsty once, too." The old whale laughed.

「昔、わしも喉が渇いていたからさ」年老いたクジラはそう言って笑った。


The little fish looked very surprised. "Please tell me what this message from God means," he implored.

小さな魚はとても驚いて、「教えてください。神さまからのこの伝言にはどんな意味があるんですか?」と懇願した。


"It means that we are looking for Him in the wrong places," the old whale explained. "We look high and low for God, but somehow He's not there. So we blame Him and tell ourselves that He must have forgotten us. Or else we decide that He left a long time ago, if He was ever around."

「それは、誰もが間違った場所で、神を探しているという意味なんじゃ」と年老いたクジラは答えた。「みんな高いところや、低いところで、神さまを探しているが、そこにはおられない。それで、みんな神さまを恨み、自分たちを見捨てたか、とうの昔にいなくなってしまったと思いこむようになったんじゃ」


"How strange," the little fish said, "to miss what is everywhere."

「おかしな話だ」と小さな魚は言った。「どこにでもあるものを見失うなんて」


"Very strange," the old whale agreed. "Doesn't it remind you of fish who say they're thirsty?"

「たしかにおかしな話だ」と年老いたクジラもうなずいた。

「まるで、喉が渇いたと言う魚みたいじゃろう?」


(訳:yomodalite)


◎[Amazon]DANCING THE DREAM




[PR]
by yomodalite | 2014-10-09 10:57 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_22070543.jpg

*「THE last TEAR」は、写真を入れ替えました。


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「ONCE we WERE THERE」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



ONCE we WERE THERE

ぼくらがいた場所


Before the beginning, before the violence

Before the anguish of the broken silence

A thousand longings, never uttered

Pangs of sorrow, brutally smothered


始まりのその前、荒れ狂う激しさの前

静寂が破られ、苦悩が始まるその前は、

未だ口にしたことのない、数えきれないほどの願望も

激しい哀しみも、強く抑えつけられていた


But I have chosen to break and be free

Cut those ties, so I can see

Those bonds that imprisoned me in memories of pain

Those judgments, interpretations that cluttered my brain


だが、僕はそれらを壊して、自由になることを選んだ

繋がれていた紐を切って、そう、僕には見えたんだ

痛みの記憶の中に閉じ込められていたことや

あらゆる判断や、解釈が、僕の脳を掻き乱していたことが


Those festering wounds that lingered have gone

In their place a new life has dawned

That lonely child, still clutching his toy

Has made his peace, discovered his joy


ずっと引きずっていた “傷” は消え去り

それがあったところから、新しい人生が見えてきた

孤独なその子供は、おもちゃを握りしめたまま

彼自身の平和や、喜びを見出した


Where time is not, immortality’s clear

Where love abounds, there is no fear

The child has grown to weave his magic

Left behind

His life of sorrow, once so tragic


時のないところには、たしかな永遠があり

愛にあふれたところでは、怖れることはない

そのこどもは、自分の魔法を創り上げて成長した

彼の人生の哀しみや、悲劇を隠して


He is now, ready to share

Ready to love, ready to care

Unfold his heart, with nothing to spare

Join him now, if you dare.


彼は今、共に分かち合おうとしている

愛することや、気にかけること

もし、君に勇気があるなら、

心を開いて、惜しむことなく、今すぐ彼と一緒に行こう


(訳:yomodalite)

◎[Amazon]DANCING THE DREAM




[PR]
by yomodalite | 2014-10-01 07:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_21563587.jpg

ひとつ前の「children OF THE WORLD」と似たタイトルですが、

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「On children OF THE WORLD」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



f0134963_21592669.jpg

ON Children OF THE WORLD

世界の子供たちのために


We have to heal our wounded world.

僕たちは、この傷ついた世界を治さなければならない


The chaos, despair, and senseless destruction we see today are a result of the alienation that people feel from each other and their environment.

現代の混沌や、絶望、そして無感覚に破壊されている様々なことも、人々が互いの周囲に感じている疎外感から生じている


Often this alienation has its roots in an emotionally deprived childhood. Children have had their childhood stolen from them.

多くの場合、この疎外感は、愛情に恵まれないこども時代に原因がある。こどもたちは、今の大人たちから、こども時代を奪われている


A child's mind need the nourishment of mystery, magic, wonder, and excitement. I want my work to help people rediscover the child that's hiding in them.

こどもの心には、神秘や、魔法、不思議、興奮といった栄養が必要で、僕は、自分の仕事で、大人の内にひそんでいる「こども」を再発見する手助けがしたいんだ。


(訳:yomodalite)



◎[Amazon]DANCING THE DREAM





[PR]
by yomodalite | 2014-09-19 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(4)
f0134963_23130325.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「children OF THE WORLD」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



children OF THE WORLD

世界の子供たち


Children of the world, we'll do it

We'll meet on endless shores

Making sandcastles and floating our boats

While people fight and defend their point of view

Forever putting on masks that are new

We'll swing the tide of time and do it.


世界の子供たち

僕たちは、果てしのない浜辺に集い

砂の城を創って、海に船を浮かべよう

人は、自分の観点から争っているけど

いつまでたっても、それは仮面を新しくしてるだけ

僕たちは時の流れをくぐり抜けて行くんだ


Children of the world, we'll do it

With song and dance and innocent bliss

And the soft caress of a loving kiss

We'll do it.


世界の子供たち

僕たちは、歌やダンスと無垢な喜びを感じて

やさしい抱擁や、愛に満ちたキスを。

それが、僕たちがしていくことだよ


While traders trade and haggle their price

And politicians try so hard to be nice

We'll meet on endless shores and floating our boats

We'll do it.


商人たちが値段の交渉をしているときや

政治家たちが愛想笑いをしているときも

僕たちは果てしない浜辺に集い、

僕たちの船を海に浮かべて、漕ぎ出すんだ


While lawyers argue and doctors treat

Stockbrokers quote the price on meat

While preachers preach and ring the bell

Carpetbaggers with something to sell

We'll sing and dance in innocent bliss

With the soft caress of a loving kiss

We'll do it

Meeting on endless shores

Making sandcastles and floating our boats

We'll do it.


弁護士が口論し、医者が治療し

株式仲買人が、肉の値段を見積もり

伝道者が鐘を鳴らして説教し

行商人が商品を売り歩いているときも

僕たちは、歌やダンスと無垢な喜びを感じて

やさしい抱擁や、愛に満ちたキスをしていよう

果てしない浜辺に集い、

砂の城をつくり、船を浮かべて漕ぎ出すんだ


We'll ride a rainbow, a cloud, a storm

Flying in the wind, we'll change our form

We'll touch the stars, embrace the moon

We'll break the barrier and be there soon


僕たちは、虹や、雲や、嵐に乗って、

風に舞いながら、姿を変えて行く

星に触れ、月を抱きしめて

壁を突き破ったら、そこまですぐさ


While architects plan their buildings high

And trade unions raise their hue and cry

While boardroom squabbles generate heat

And in secret places dealers meet

We'll sing and dance in innocent bliss

With the soft caress of a loving kiss

We'll do it.


建築家が高層ビルを設計し

労働組合が大声で叫んでいるときも

重役たちが会議室で熱くなり

商人たちが密談を交わしているときも

僕たちは、歌やダンスと無垢な喜びを感じて

やさしい抱擁や、愛に満ちたキスをしていよう


While philosophers grapple and continue to tackle

Endless dilemmas of body and mind

Physicists wander, continue to ponder

Perennial questions of space and time

Archaeologists survey, continue to dig

Bygone treasures small and big

Psychologists probe, analyze the tears

Of hysterical notions, phobias, fears


哲学者たちが、肉体と心の

終りのないジレンマに取り組み続けるときも

物理学者たちが、歩きながら

宇宙と時の永遠の謎を考え続けているときも

考古学者たちが過ぎ去りし昔の

大小さまざまの宝を掘り続けているときも

心理学者たちが、ヒステリーの概念や、不安や、

恐怖症の涙を深く分析しているときも


While priests take confession

In a serious session

And people struggle

In the hustle and bustle

In the noise and din

On the meaning of sin

We'll touch the stars, embrace the moon

Break the barrier, arrive there soon

Ride the rainbow, the cloud, the storm

Flying in the wind, changing our form


聖職者たちが、深刻な懺悔に耳を傾け

人々が、その罪について、あれこれといい争っている間にも

僕たちは、星に触れて、月を抱きしめよう

壁を突き破ったら、そこまですぐさ

虹や、雲や、嵐に乗り、風に舞い、

僕たちは姿を変えながら行くんだ


Children of the world, we'll do it

With song and dance and innocent bliss

The soft caress of a loving kiss

We'll do it.


世界の子供たち

僕たちは、歌やダンスと無垢な喜びを感じて

やさしい抱擁や、愛に満ちたキスを

それが、僕たちがしていくことだよ


(訳:yomodalite)


◎[Amazon]DANCING THE DREAM



ポストに投函される「素晴らしい教えが書かれた小冊子」のような絵や、“children” “world” といった言葉。。。この詩は、最初に『Dancing The Dream』を見たとき、あまり読む気がしなかったもののひとつです(最初に読む気がしなかっただけでなく、読んでみても、当時は感動しなかったのは、他のすべての詩に言えることですが)。


自分の日常を切り取ってくれて、代弁してくれたり、意味を感じさせてくれたり、そんなことを求めていた私には、こどものことを考える余裕なんてなかったからでしょう。全体的に、この本には読まなくても、何を言っているのかわかるような雰囲気が充満していて、それは、当時の私には「善良な正しさ」のように思えて、少し息がつまるような感覚でした。


でも、今これを読むと、この詩には、マイケルの狂気がよく表れているように思います。


それは、彼の子供への執着が性的にどうだとかいう話ではなく、狂気とは、天才が「真の天才」に成るために、自分を超えていく「力」としての意味ですが。。




[PR]
by yomodalite | 2014-09-17 12:29 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite