カテゴリ:☆Dancing the Dream( 47 )

f0134963_13493799.jpg



マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「SO THE elephant MARCH」の和訳です。



SO THE elephant MARCH
象たちが行進するのは

A curious fact about elephants is this: In order to survive, they mustn't fall down. Every other animal can stumble and get back up again. But an elephant always stands up, even to sleep.

象には興味深い事実がある。彼らは生きていくうえで、絶対に腰を下ろさないという。 他の動物は、つまずいても、再び立ち上がることができる。でも象は眠っているときでさえ、常に立ったままなのだ。

If one of the herd slips and falls, it is helpless. It lies on its side, a prisoner of its own weight. Although the other elephants will press close around it in distress and try to lift it up again, there isn't usually much they can do. With slow heaving breaths, the fallen elephant dies. The others stand vigil, then slowly move on.

もし、群れの中の一頭が足を滑らせたり、転んだりした場合、もうなす術はない。象は横に倒れたまま、その重い体を自分で動かすことはできず、他の象たちは集まって、押したり、持ち上げようとするが、彼らにできることはほとんどない。倒れた象は苦しそうな呼吸を長く繰り返して亡くなり、立ったまま見守っていた他の象たちは、またゆっくりと歩み始める。

This is what I learned from nature books, but I wonder if they are right. Isn't there another reason why elephants can't fall down? Perhaps they have decided not to. Not to fall down is their mission.
As the wisest and most patient of the animals, they made a pact -- I imagine it was eons ago, when the ice ages were ending. Moving in great herds across the face of the earth, the elephants first spied tiny men prowling the tall grasses with their flint spears.

これは、自然に関する本で読んだ話だけど、僕はそれが本当なのか少し疑問に思っている。象が腰をおろすことができない理由は別にあるのでは? おそらく、彼らは自分たちでそう決めたのだ。腰を下ろさないのは彼らの使命であり、僕の想像では、動物の中でもっとも賢く、辛抱強い象は、その昔、氷河期の終わり頃、そういった誓いをした。彼らは大きな群れで大地を移動しているうちに、小さな人間たちが、背の高い草を、石槍で突いているのを目にしたのだ。

"What fear and anger this creature has," the elephants thought. "But he is going to inherit the earth. We are wise enough to see that. Let us set an example for him.”

「なんて、怖がりで怒りっぽいやつらなんだ」象たちは考えた。「しかし、彼らはこの大地の支配者になっていくだろう。我々も賢いからそれはわかる。それならひとつ、彼らにお手本を見せてやろうじゃないか」と。

Then the elephants put their grizzled heads together and pondered. What kind of example could they show to man? They could show him that their power was much greater that his, for that was certainly true. They could display their anger before him, which was terrible enough to uproot whole forests. Or they could lord it over man through fear, trampling his fields and crushing his huts.

それから、象たちは灰色の頭をつきあわせて考えた。いったい 人間たちにどんなお手本を示せばいいのか? 自分たちの力が、人間よりはるかに素晴らしいということを見せるのもいいだろう。それは間違いのない真実だ。象たちには、すべての森を根こそぎにするほど激しい怒りを見せつけることもできるし、人間たちの畑を踏みつけ、小屋を押しつぶし、恐怖で支配することもできる。

In moments of great frustration, wild elephants will do all of these things, but as a group, putting their heads together, they decided that man would learn best from a kinder message.

野生の象が、激しい欲求不満に陥ったとき、こういったことをしてしまうのは事実だが、その場に集まった象たちは、もっと心のこもったメッセージを人間たちに送ることを決めた。

"Let us show him our reverence for life," they said. And from that day on, elephants have been silent, patient, peaceful creatures. They let men ride them and harness them like slaves. They permit children to laugh at their tricks in the circus, exiled from the great African plains where they once lived as lords.

「我々の生命に対する畏敬の念を人間たちに示そうじゃないか」そして、その日から、象たちは静かで、辛抱強く、平和的な生き物となった。彼らは装具をつけた背に人間を乗せて、まるで奴隷のように仕え、サーカスの芸では、子供たちに笑われることも受け入れ、かつて王者として生きたアフリカの大地から離れた。

But the elephants' most important message is in their movement. For they know that to live is to move. Dawn after dawn, age after age, the herds march on, one great mass of life that never falls down, an unstoppable force of peace.

でも、象たちのもっとも重要なメッセージは、彼らの行動にあった。彼らは生きることは動くことだと知っている。陽は昇り、年は過ぎても、象たちは行進を続ける。決して腰をおろすことのない偉大な生命の群れは、止めることのできない平和の力になる。

Innocent animals, they do not suspect that after all this time, they will fall from a bullet by the thousands. They will lie in the dust, mutilated by our shameless greed. The great males fall first, so that their tusks can be made into trinkets. Then the females fall, so that men may have trophies.

無垢な動物たちは、そのあと何千発という銃弾によって倒される日が続くとは思ってもみなかった。埃にまみれて倒れ、人間たちの恥知らずな欲望によって、バラバラにされるということも。最初に大きな雄の象が倒された。その牙を装飾品にするために。次は雌の象が倒された。人間たちの戦利品とするために。

The babies run screaming from the smell of their own mothers' blood, but it does them no good to run from the guns. Silently, with no one to nurse them, they will die, too, and all their bones bleach in the sun.

母親の血の匂いを感じた子供の象は、泣きながら逃げ惑うが、銃から逃れることはできず、子供の象たちもまた、静かに、誰にも看取られることなく死んでいき、太陽にさらされ白骨となる。

In the midst of so much death, the elephants could just give up. All they have to do is drop to the ground. That is enough. They don't need a bullet: Nature has given them the dignity to lie down and find their rest. But they remember their ancient pact and their pledge to us, which is sacred.

数多くの死の中で、象たちに出来たことはあきらめることだけだった。彼らがせざるを得なかったことは、地面にしゃがみ込む、それだけだった。象たちに銃弾は必要ない。大自然は、彼らを横たわらせ、休息させることで、尊厳を与えた。だが、彼らは大昔にした、人間たちへの神聖な誓いを忘れてはいなかった。

So the elephants march on, and every tread beats out words in the dust: "Watch, learn, love. Watch, learn, love." Can you hear them? One day in shame, the ghosts of ten thousand lords of the plains will say, "We do not hate you. Don't you see at last? We were willing to fall, so that you, dear small ones, will never fall again.”

だから、象たちは行進する。踏みしめた足跡から舞い上がる土埃に、言葉を残しながら。君に聞こえるだろうか?「見ること、学ぶこと、愛すること、見て、学んで、愛するのだ」ということ。いつの日か知るだろう、数えきれないほどの象たちの霊が「我々は、おまえたちを憎んではいない。おまえはまだわからないのか?おまえたち、小さな者が決してつまづくことのないように、我々は、倒れようとして倒れたのだ」ということを。

(訳:yomodalite)

f0134963_14004280.jpg




[PR]
by yomodalite | 2015-07-31 14:22 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_18205372.jpeg



マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「WISE little GIRL」の和訳です。

気になる点や間違いは、

いつでも遠慮なくご指摘ください。



WISE little GIRL
賢い少女

I know a wise little girl who cannot walk. She is confined to a wheelchair, and she may spend the rest of her life there, since her doctors hold out almost no hope of ever making her paralyzed legs better.

僕は歩けないけど賢い少女を知っている。彼女は車椅子でも生活に縛られ、医者は彼女の麻痺した足が良くなる見込みはなく、車椅子で残りの人生を過ごすことになるだろうという。

When I first met this little girl, she flashed me a smile that burned me with its blazing happiness. How open she was! She wasn't hiding out from self-pity, or asking for approval or protecting herself from a sense of shame. She felt completely innocent about not being able to walk, like a puppy that has no idea if it is a mongrel or champion of the breed.

初めて会ったとき、彼女は輝くような笑顔で僕を見て、まばゆいほどの喜びでいっぱいだった。彼女はとても素直だったんだ!自己憐憫に陥ったり、引きこもったり、誰かに認められようとか、羞恥心から自分をかばおうとするようなことがなくて、彼女は歩けないことに関して、まったく無邪気に受けとめていた。まるで、子犬が自分が雑種なのか、コンテストのチャンピオン犬なのか知らないように。

She made no judgments about herself. That was her wisdom.

彼女は自分自身に成績をつけるようなことはしなかった。それは彼女の知恵だった。

I have seen the same wise look in other children, "poor" children as the society sees them, because they lack food, money, secure homes, or healthy bodies. By the time they reach a certain age, many of these children grasp just how bad their situation is. The way adults look at their lives robs them of that first innocent that is so precious and rare. They begin to believe that they should feel bad about themselves; that is "right”.

僕は彼女以外にも、同じ知恵をもった子供たちに会ったことがある。食べるものが不足し、お金や、安全な家もなく、健康な体にも恵まれていない、社会から「かわいそう」だと思われている子供たちだ。彼らの多くはある年齢に達すると、自分たちの状況について把握するようになる。大人たちが、彼らを見る目が、子供たちの希少な感覚や、無邪気さを奪ってしまい、子供たちは、自分を卑下することが「正しい」のだと思い始めるのだ。

But this wise little girl, being only four, floated above pity and shame like a carefree sparrow. She took my heart in her hands and made it as light as a cotton puff, so that it was impossible for me to even begin to think, "What a terrible thing." All I saw was light and love. In their innocence, very young children know themselves to be light and love. If we will allow them, they can teach us to see ourselves the same way.

でも、この賢い少女は、たった4歳で、のんきなスズメのように、哀れみや、恥ずかしさを乗り越えて、まるで綿毛をひと吹きするように、僕の心を軽くしてくれたので、僕は「なんて大変なことなんだ」などと思うことはなく、僕が見た彼女は、いつも明るくて、かわいらしかった。幼い子供たちは、自分で、明るくかわいらしくなれることを知っている。僕たちも子供たちを見習えば、彼らと同じような自分に出会うことができるんだ。

One spark from a little girl's gaze contains the same knowledge that Nature implants at the heart of every life-form. It is life's silent secret, not to be put into words. It just knows. It knows peace and how not to hurt. It knows that even the least breath is a gesture of gratitude to the Creator. It smiles to be alive, waiting patiently for ages of ignorance and sorrow to pass away like a mirage.

少女がじっと見つめる瞳の中には、すべての生態系の心に、自然に埋め込まれているのと同じ知恵がきらめいていた。それは言葉にあらわすことのできない、人生の無言の秘密、それはただ、平和を知り、傷つかない術や、ほんのわずかな息づかいにさえ、創造主への感謝を感じ、微笑みとともに生きて、無知と哀しみの時代が蜃気楼のように過ぎ去るのを、辛抱強く待つということ。

I see this knowledge showing itself in the eyes of children more and more, which makes me think that their innocence is growing stronger. They are going to disarm us adults, and that will be enough to disarm the world. They feel no reason to spoil the environment, and so the environment will be cleaned up without a quarrel. A wise little girl told me the future when she looked at me, so full of peace and contentment. I rejoice in trusting her above all the experts. As light and love drive away our guilt and shame, her prophecy come true.

僕は、この知識が、子供たちの瞳に表れているのを見ると、彼らの無垢な力がより成長しているのだと思う。子供たちは、僕たち大人から武器を捨てさせ、世界の武装をも解除させるようになる。子供たちは環境が損なわれることに理由を見出さず、それは、争われることもなく浄化されていくだろう。賢い少女は、僕に会ったとき、平和とそれが満たされた未来についての話をしてくれた。僕はどんな専門家よりも、彼女を信じられることがうれしい。光と愛が、僕たちの罪と恥を追い払うとき、彼女の予言は実現するだろう。

(訳:yomodalite)



[PR]
by yomodalite | 2015-07-22 12:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_12323699.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「children」の和訳です。

この詩は、マイケルが事あるごとに「子ども」について熱心に語っていたことの真髄ともいっていいような内容だと思います。


children
子供たち

Children show me in their playful smiles the divine in everyone. This simple goodness shines straight from their hearts. This has so much to teach. If a child wants chocolate ice cream, he just asks for it. Adults get tangled up in complications over whether to eat the ice cream or not. A child simply enjoys.

子供たちが遊んでいるときの笑顔は、誰もがもっている神聖さを僕に見せてくれる。その善良さは、子供たちの心からまっすぐに輝いていて、たくさんのことを教えてくれる。子供はチョコレートアイスが欲しいとき、ただそれが欲しいと言う。大人は、アイスクリームを食べるべきかどうかについて色々むずかしく考えるけど、 子供はただそれを楽しむのだ。

What we need to learn from children isn’t childish. Being with them connects us to the deep wisdom of life, which is everpresent and only asks to be lived. Now, when the world is so confused and its problems so complicated, I feel we need our children more than ever. Their natural wisdom points the way to solutions that lie, waiting to be recognized, within our own hearts.

僕たちが子供たちから教わる必要があるのは、子供っぽいことではない。子供たちと一緒にいると、いつの時代にもある人生の深い叡智にふれられ、ただ生きるようにと語りかけられる。世界が混乱し、問題が複雑になっている現在、僕たちは、もっと子供たちのことを感じる必要がある。子供たちが自然にもっている知恵は解決への道を示していて、僕たち自身がそれを心の中で認めることを待っているのだ。

(訳:yomodalite)


今回の和訳で34篇め、タイトルに「child」が含まれる詩はこれが最後になりました!(泣… てなんの涙なんだかw)あとは、boy とか girl とか、固有の少年の名前で(もう泣かないw)、それ以外に、おまえとか、あいつとか、動物とか、地球とかの詩があと12篇を残すのみ!(まだ12個も残ってる... ってここは喜ぶところねw)

『Dancing the Dream』を最初に見たときは、基本的にこれは写真集で、そこに詩が添えられているっていう印象だったんだけど、46篇もの詩が収録されてたんだよね。

こつこつやってるのになかなか終わらないなぁって思ってたんだけど、無理もなかったってことに、今頃になって気づく私(汗)







[PR]
by yomodalite | 2015-07-15 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_18384387.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「magic」の和訳です。


magic
魔法


"My idea of magic doesn't have much to do with stage tricks and illusions. The whole world abounds in magic. When a whale plunges out of the sea like a newborn mountain, you gasp in unexpected delight. What magic! But a toddler who sees his first tadpole flashing in a mud puddle feels the same thrill. Wonder fills his heart, because he has glimpsed for an instant the playfulness of life.

僕が考える魔法は、ステージ上のトリックやイリュージョンとはかなり違っていて、魔法とはこの世界に満ち溢れているものなんだ。クジラが海に飛び込んで、まるで新たな山が生まれるように現れたとき、人は思いがけない喜びに息を飲む。すごい魔法だ!でも、歩き始めた子供が泥の水たまりで光っているオタマジャクシを初めて見るときも、それと同じようなスリルを感じる。その子は、生命の楽しさを垣間見て驚きで胸がいっぱいになっている。

When I see the clouds whisked away from a snow-capped peak, I feel like shouting, "Bravo!" Nature, the best of all magicians, has delivered another thrill. She has exposed the real illusion, our inability to be amazed by her wonders. Every time the sun rises, Nature is repeating one command: "Behold!" Her magic is infinitely lavish, and in return all we have to do is appreciate it.

僕は雪を頂く山頂から流れていく雲を見ていると、「ブラボー!」と叫びたくなる。自然は世界一の魔法使いで、他にも様々なスリルを届けてくれる。彼女が見せてくれる本当のイリュージョンは驚くほど素晴らしく、僕たちの無力を露わにする。太陽が昇るたび、自然はいつも「見なさい!」と命じるけど、彼女の魔法はどこまでも惜しみなく、僕たちができることといえば感謝することぐらい。

What delight Nature must feel when she makes stars out of swirling gas and empty space. She flings them like spangles from a velvet cape, a billion reasons for us to awaken in pure joy. When we open our hearts and appreciate all she has given us, Nature finds her reward. The sound of applause rolls across the universe, and she bows."

自然が、空っぽの宇宙の渦巻く気体の中から星々を創り出したとき、彼女にどれほどの喜びがあったのだろう。彼女がヴェルベットのケープからスパンコールのようなものを放り投げたのは、僕たちを億千万もの純粋な喜びで目覚めさせるため。僕たちが心を開いて、自然が与えてくれたすべてのものに感謝することで彼女は報われ、その拍手の音が宇宙全体に広がったとき、彼女はお辞儀をするんだ。

(訳:yomodalite)



[PR]
by yomodalite | 2015-07-14 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_00571657.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「elusive SHADOW」の和訳です。


THE elusive SHADOW
獲らえられない影


Even tho I travelled far
The door to my soul stayed ajar
In the agony of mortal fear
Your music I did not hear
Thru twisting roads in memory lane
I bore my cross in pain

どれほど遠くへ旅に出ても
僕の魂の扉は少しだけ開けてある
もだえ苦しむほどの死の恐怖のなかでは
音楽が聴こえてこないから
僕は曲がりくねった過去を
苦しみの十字架を背負ってくぐり抜けてきた

It was a journey of madness
Of anguish born in sadness
I wandered high and low
Recoiled from every blow
Looking for that stolen nectar
In my heart that long-lost scepter
In all those haunted faces
I searched for my oasis

それは哀しみから生まれた
苦悩による狂気の旅だった
山や谷を彷徨い
あらゆる風に身をすくめ
奪われた神酒と
失われた心の王笏を求めて
僕はありとあらゆる取り憑かれた面々に
自分のオアシスを探し求めた

In a way it was in a drunken craze
A cruel hysteria, a blurry haze
Many a time I tried to break
This shadow following me I could not shake
Many a time in the noisy crowd
In the hustle and bustle of the din so loud
I peered behind to see its trace
I could not lose it in any place

ある意味、それは酔狂であり、
激しい熱狂でもあり、
朦朧とした霧の中のようで
僕は何度もそれを打ち壊そうとしたが
つきまとう影を振り払うことはできず
騒がしい雑踏の中にも
振り返って目を凝らすとその影があり
どんな場所でも見失うことがなかった

It was only when I broke all ties
After the stillness of the shrieking cries
In the depths of those heaving sighs
The imagined sorrow of a thousand lies
I suddenly stared in your fiery eyes
All at once I found my goal
The elusive shadow was my soul.

すべてから解き放たれたとき
悲鳴のあとに静寂が訪れるように
深いため息の底では
幾千もの悲しみが思い起こされた
僕は突然、君の燃えるような瞳を覗き込み
そのとき僕は自分の目的を発見した
獲らえられない影は、僕の魂だったことに

(訳:yomodalite)



[PR]
by yomodalite | 2015-07-10 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(2)
f0134963_23063018.jpg


何度か言っていることですが、『Dancing the Dream』という本には「素晴らしい教えが紹介されている小冊子w」のようなところがありますよね。

これまで30編の詩を訳してきて、最近、特にそう感じるんですが、これは、マイケルにとって、彼が信者時代に配っていた小冊子に代わるものだと思うんです。

私たち日本人は、エクスタシーというと快感の絶頂のような感覚をイメージしますが、Ecstasy は、キリスト教の重要な概念で、カトリック美術には、その状態を表わした絵画も多く、「WINGS without ME」で紹介したベルニーニ「聖テレジアの法悦」だけでなく、教科書でおなじみのフランシスコ・ザビエルの絵などもそうなんですが、魂が抜け出して、神と繋がるという表現なんですね。キリスト教の「禁欲」は、この「恍惚感」と一体になっているわけです。

でも、マイケルの「Ecstasy」は、そうしたキリスト教が用意したものではなく、むしろ、キリスト教が禁止した「快楽」に近いものでしょう。


f0134963_23421132.jpg

権力者によって教義が作られ、腐敗の温床となっていた当時のカトリック教団を批判したプロテスタント系の宗派は、宗教の本質は直観と感情だと言い、神様は心のなかにいると考えた。でも、神が心の中にいるという考えは、自分の主観的な心理作用と神を区別できなくなってしまうという問題があって、『MJ Tapes』で、シュムリーが、MJの「偶像崇拝」に対して厳しいのも、そういった理由なのですが、ただ、そうやって「偶像崇拝」に厳しい態度をとることで、神との繋がりが感じられなくなることも確かなんですね。

ここを正せば、別の場所が綻ぶというのは、宗教に限らず、改革の歴史すべてに言えることですが、自分が信じる「正・悪」を信じ過ぎている人は、常に自分よりも相手を疑い、攻撃することで「正しい社会」を作ろうとしてしまう。

私が神学論争に興味をもち始めたのは、マイケルが亡くなってからですが、それは、彼の一見シンプルで、褒め言葉として言われているわけではない、その「純粋さ」が、実は、現代の最先端の無神論を意識したものだったと感じるようになったからなんです。

マイケルは常に相反する考えや、批判をふまえたからこそ、音楽を視覚化できただけでなく、自分の肉体すべてで、エクスタシーを表現することができた。

前置きが長くなりましたが、「ecstasy」の和訳です。

日本語の気になる点は遠慮なくお知らせください。


ecstasy

written by Michael Jackson


I was born to never die

To live in bliss, to never cry

To speak the truth and never lie

To share my love without a sigh

To stretch my arms without a tie

This is my dance, this is my high

It's not a secret, can't you see

Why can't we all live in ecstasy


僕は不滅の人生のために生まれてきた

喜びに生きて、泣くこともなく

真実を語り 嘘をつくことはない

疲れることなく、愛を分け与え

縛られることなく、腕を伸ばして

僕のダンスは、僕の高揚

特別なことはなにもない、君にもわかるだろう?

みんな、エクスタシーのなかで生きることができるはず


Ecstasy ― Ecstasy

Why can't we all

Live in Ecstasy.


エクスタシー エクスタシー

さあ みんな

エクスタシーのなかで生きよう


Without a guilt, without regret

I am here to forget

Tainted memories of imagined sin

In every friend, kith and kin


罪の意識も、後悔することもなく

あらゆる友人や親族が想像しただけの罪や

汚れた記憶を忘れるために、

僕はここにいる


We have come to celebrate here

The getting rid of every fear

Of every notion, every seed

Of any separation, caste, or creed.


僕たちは祝福されてここにやってきた

あらゆる恐れ

あらゆる概念、あらゆる種

どんな分類も、階級も、信条も乗り越えて


This alienation, fragmentation, abomination

Of separation, exploitation, isolation

This cruelty, hysteria, absolute madness

This anger, anxiety, overflowing sadness

Disrupted ecology, wanton destruction

Diseased biology, nature's obstruction

Endangered species, environmental pollution

Holes in the ozone, defying solution

Is not knowing the spark that lights my interior

Is the same fire, glowing in every man, child, and mother superior


分裂して、憎悪し、疎外することや

分離させ、搾取し、隔離することも

虐待や、ヒステリー、純粋すぎる狂気によって

怒りや、不安や、悲しみは溢れる

理不尽な破壊によって、崩壊する生態環境

病んだ生物学は、自然の障害となり

環境汚染によって、絶滅の危機にある種のことも

対策が遅れたことによる、オゾン層の危機も

自分の心のなかで輝いている光に気がついていないからなんだ

それと同じ炎が、すべての人と子供、そして母親を照らしているのに


We have come to celebrate here

The getting rid of every fear

Of every notion, every seed

Of any separation, caste, or creed.


僕たちは祝福されてここにやってきた

あらゆる恐れや

あらゆる概念も、あらゆる種も

どんな分類も、階級も、信条も乗り越えて


Feeling free, let us flyInto the boundless, beyond the sky

For we were born to never die

To live in bliss, to never cry

To speak the truth and never lie

To share our love without a sigh

To stretch our arms without a tie


自由を感じて、

果てしない空の向こう側へと飛び立とう

僕たちは、不滅の人生のために生まれてきたんだから

喜びに生きて、泣くこともなく

真実を語り 嘘をつくことはない

疲れることなく、愛を分け与え

縛られることなく、腕を伸ばして


This is our dance, this is our high

It's not a secret, can't you see

Why can't we all live in ecstasy


僕のダンスは、僕の至福

特別なことはなにもない、君にもわかるだろう?

みんな、喜びのなかで生きることができるはず


Ecstasy ― Ecstasy

Why can't we all

Live in Ecstasy.


歓びも、悦びも

さあ みんなで

歓喜のなかに生きよう


(訳:yomodalite)


f0134963_23220823.jpg
◎[AmazonDANCING THE DREAM 




[PR]
by yomodalite | 2015-06-02 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(15)
f0134963_17402568.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から

CHILD OF innocence」の和訳です。



CHILD OF innocence

無垢な子供



Child of innocence, I miss your sunny days

We joyously frolicked in extended plays

Ever since you've left the scene

The streets are lonely, dark, and mean


無垢な子供、君との晴れやかな日々が恋しい

僕たちは大喜びして戯れ、遊び続けていたけど

君がここから消えてから

通りは暗く孤独なものになってしまった


Child of innocence, return to me now

With your simple smile show them how

This world once again can respond to your glance

And heartbeats flutter to the rhythm of your dance


無垢な子供、僕のもとに戻ってきて

君の微笑みで、みんなに教えてほしい

君の瞳にふたたび世界が応じて

君のダンスで鼓動がリズムを取り始めることを


Child of innocence, your elegance, your beauty

Beckons me now beyond the call of duty

Come fly with me far and above

Over the mountains in the land of love


無垢な子供、君の優雅さ、君の美しさは

仕事以上に、今の僕を誘う

一緒にどこまでも舞い上がり

いくつもの山を越え、愛の国へと


Child of innocence, messenger of joy

You've touched my heart without a ploy

My soul is ablaze with a flagrant fire

To change this world is my deepest desire.


無垢な子供、喜びの使者

君は、策略をもたず、僕の心に触れ

僕の魂は、目に見えて大きな炎のように燃え上がる

この世界を変えたいという欲望のために


(訳:yomodalite)



f0134963_17560428.jpg
◎[AmazonDANCING THE DREAM 




[PR]
by yomodalite | 2015-04-26 21:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)
f0134963_16170742.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から

enough FOR TODAY」の和訳です。



enough FOR TODAY

今日はここまで



Dance rehearsals can go on past midnight, but this time I stopped at ten. "I hope you don't mind," I said, looking up into space, "but that's enough for today."

A voice from the control room spoke. "You okay?”


ダンスの練習は深夜過ぎまでかかることがある。でも、このとき僕は10時で練習を止めた。「気にしないで欲しいんだけど」僕は上を見上げながら言った。「でも、今日はここまででいい」コントロールルームから「大丈夫か?」と声がかかる


"A little tired, I guess," I said. I slipped on a windbreaker and headed down the hall. Running footsteps came up behind me. I was pretty sure who they belonged to. "I know you too well," she said, catching up with me. "What's really wrong?”


僕は「少し疲れたんだと思う」と言い、ウインドブレーカーを羽織ってホールの下に向かう。後ろから走って追ってくる足音がするけど、僕にはその足音が誰かはわかってる。「私は、あなたのことよくわかるの」彼女は、僕に追いつくとそう言って、「何が間違っていたの?」と聞いた。


I hesitated. "Well, I don't know how this sounds, but I saw a picture today in the papers. A dolphin had drowned in a fishing net. From the way its body was tangled in the lines, you could read so much agony. Its eyes were vacant, yet there was still that smile, the one dolphins never lose, even when they die..." My voice trailed off.


僕は返事につまった。「いや、僕にもわからない。なんて言っていいのか。ただ、今朝の新聞で見た写真なんだけど、イルカが網の中で亡くなっていて、体が網にもつれている様は、その苦しみの激しさを物語っていた。その眼は虚ろだったけど、彼らは亡くなるときも、微笑みを失っていなかった。死の間際でも、彼らは負けなかったんだ。。」僕は声をつまらせた。


She put her hand lightly in mine. "I know, I know.”


「わかるわ、あなたの気持ちがよくわかる」彼女は僕の手をとって言う。


"No, you don't know all of it yet. It's not just that I felt sad, or had to face the fact that an innocent being had died. Dolphins love to dance ― of all the creatures in the sea, that's their mark. Asking nothing from us, they cavort in the waves while we marvel. They race ahead of ships, not to get there first but to tell us, 'It's all meant to be play. Keep to your course, but dance while you do it.’


「いや、君はわかってなんかいない。僕は、それが悲しいとか、何の罪もないものが亡くなった事実を直視しなければ。なんて思っているんじゃない。イルカはダンスを愛していた。。海に生きる生物の中でも、それは彼らの特徴だと言える。何も言わなくても、イルカたちは波の間を跳ね回って、僕らを驚嘆させる。船を追い越して競争するだけじゃなく、彼らはまず、すべてに遊びが重要だという。自分の道から逸れないようにしながら、でも、自由に踊ってごらんってね。


So there I was, in the middle of rehearsal, and I thought, 'They're killing a dance.' And then it seemed only right to stop. I can't keep the dance from being killed, but at least I can pause in memory, as one dancer to another. Does that make any sense?”


それで、僕は練習の途中で、考えたんだ。「これでは、ダンスを殺している」と。それで、止めることが一番いいと思った。ダンスを殺すことになるなら、僕にはそれを続けることは出来ない。でも、他のダンサーの思い出に浸るぐらいなら出来る。こんな感覚わかるかい?


Her eyes were tender. "Sure, in its way. Probably we'll wait years before everyone agrees on how to solve this thing. So many interests are involved. But it's too frustrating waiting for improvements tomorrow. Your heart wanted to have its say now.”


彼女の瞳は優しかった。「確かに。その方法を見つけるには、おそらく、何年も待たなくてはならないでしょうね。多くの利害があって、誰もが納得するためにはね。だから、明日解決しようとしてもイライラするだけよ。あなたは今すぐって言いたいのでしょうけど


"Yes," I said, pushing the door open for her. "I just had this feeling, and that's enough for today


「そうだね」。僕は、彼女のためにドアを開けてあげ、「ただちょっとそう感じただけ。今日はここまでにするよ」と言った。


(訳:yomodalite)



f0134963_16273065.jpg
◎[AmazonDANCING THE DREAM 




[PR]
by yomodalite | 2015-04-08 21:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(5)
f0134963_17182155.jpg



マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から

「BUT THE heart SAID NO」の和訳です。


気になる点や間違いは、

いつでも遠慮なくご指摘ください。



BUT THE heart SAID NO


They saw the poor living in cardboard shacks, so they knocked the shacks down and built projects. Huge blocks of cement and glass towered over asphalt parking lots. Somehow it wasn't much like home, even home in a shack. "What do you expect?" they asked impatiently. "You're too poor to live like us. Until you can do better for yourselves, you should be grateful, shouldn't you?”


貧しい人がダンボールでできた小屋に住んでいるのを見て、彼らはそれをを取り壊して、団地を建てた。コンクリートとガラスで出来た巨大な団地は、アスファルトの駐車場の向こうにそびえ立った。だけど、それは家とは似ても似つかなくて、段ボール小屋の方がまだ家らしいものだった。彼らは、「何を期待してたんだ?」苛立を抑えつつたずねた。「おまえは、我々のような生活をするには貧しすぎる。 自分でもっと稼げるようになるまで、これで感謝すべきだろう?」と


The head said yes, but the heart said no.

頭では肯定したけど、心は違っていた


They needed more electricity in the city, so they found a mountain stream to dam. As the waters rose, dead rabbits and deer floated by; baby birds too young to fly drowned in the next while mother birds cried helplessly. "It's not a pretty sight," they said, "but now a million people can run their air conditioners all summer. That's more important than one mountain stream, isn't it?”


街ではより多くの電気を必要としたので、彼らはダムを造るために、川をせき止める谷を見つけた。水があふれるとウサギやシカの死骸が浮かび上がり、飛ぶには若すぎるヒナ鳥は巣のなかで溺れ、母鳥はどうすることもできず嘆き哀しんだ。「素晴らしい眺めとは言えない」と彼らは言う。「それでも100万人もの人々が、夏の間エアコンを利用することができる。それは山河のままであるより重要だろう?」


The head said yes, but the heart said no.

頭では肯定したけど、心は違っていた


They saw oppression and terrorism in a far-off land, so they made war against it. Bombs reduced the country to rubble. Its population cowered in fear, and every day more villagers were buried in rough wooden coffins. "You have to be prepared to make sacrifices," they said. "If some innocent bystanders get hurt, isn't that just the price one must pay for peace?”


遠く離れた土地で圧政とテロを発見した。だから彼らは戦争をけしかけ、 爆弾は国を瓦礫の山にした。住民は恐怖に怯え、多くの村民が粗末な木の棺で葬られる。「おまえたちも犠牲をはらう覚悟をしなくてはならない」と彼らは言う。「罪のない人が傷ついたとしても、それは平和を守るための代償ではないか」と


The head said yes, but the heart said no.

頭では肯定したけど、心は違っていた


The years rolled by and they got old. Sitting in their comfortable houses, they took stock. "We've had a good life," they said, "and we did the right thing." Their children looked down and asked why poverty, pollution, and war were still unsolved. "You'll find out soon enough," they replied. "Human being are weak and selfish. Despite our best efforts, these problems will never really end.”


時が流れ、彼らは年老いた。そして、心地のいい家でくつろぎながら、自分の人生を振り返る。「いい人生をおくった。私たちは正しいことをしたのだ」と。子供たちは、彼らを見下ろし、貧困も、環境汚染も、戦争もどうしてなくならないのかとたずねる。「もうすぐわかるよ」と彼らは答える。「人は弱く、自分勝手だ。私たちが賢明に努力しても、ちっとも問題は解決しない」と


The head said yes, but the children looked into their hearts and whispered "No!”

頭では肯定した。でも、子供たちは彼らの内心を読み取り、「違う!」とつぶやいた


(訳:yomodalite)



◎[AmazonDANCING THE DREAM 




[PR]
by yomodalite | 2015-03-24 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(3)
f0134963_14324367.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から

「WHEN babies SMILE」の和訳です。


マイケルの歌詞にもよく登場する “baby” は、

実際の赤ちゃんのことでもあり、

現在や、未来の子供たちや

愛しい女の子のことでもあり、

自分の中の魂でもあり、

私たちの魂の原点でもある。と思うので、

この詩の “babies” は「ベイビィたち」にしました。


今起こっている戦争や、

これから起こる戦争でも、

絶対に滅ぼされないように

私たち1人1人が、最も守らなくてはならないのは

この詩にある “babies” だと思います。



WHEN babies SMILE

ベイビィたちが微笑むとき



When dreamers dream and kiss their lover

And rainbows weave and splash their color

Those are moments so gloriously alive

We take the plunge, take the dive

Into the abyss

We are suspended awhile

Those are moments when babies smile.


夢みるひとが夢をみて、愛するひとにキスをするとき

虹は七色に織り上がり、光が降り注がれる

そんな生命が煌めく瞬間

僕たちは、思い切って深い奥へと飛び込み

しばし漂う

ベイビィたちが微笑むのは、そんな瞬間


Those are moments when fate is unsealed

Nothing is impossible and we are healed

We can soar, we can fly

Walk on fire, navigate the sky

In the light of a glittering star

There's no distance, nothing is far

Those are moments of innocent guile

In the glow

We are suspended awhile

Those are moments when babies smile


運命の扉は開かれ

不可能なことなど何もなく、傷は癒され

僕らは、空高く舞い上がることができる

炎の上を歩き、空を駆け巡り

きらめく星の中では

隔たりはなくなり、何もかもが身近に感じられ

無垢な企みが生まれ

僕らはそこに漂う

ベイビィたちが微笑むのは、そんな瞬間


Those are moments when the heart is tender

When seascapes gleam in magnificent splendor

When the laughter of Heaven reverberates the Earth

And we are renewed in a new birth

In a timeless Eternity

In the angels' fraternity

We romp and roll

The playground of our soul

In the twilight

We are suspended awhile

Those are moments when babies smile


微かな光で海が煌めくとき

こころは優しく

天国の笑い声が地上に届くとき

新たな生命は生まれる

永遠の時のなかで

天使たちが集い

魂の遊び場で、戯れ、はしゃぎまわり

僕らは夕暮れの中で漂う

ベイビィたちが微笑むのは、そんな瞬間


Those are moments we're one with God

All is well, nothing is odd

In silent reflection

We feel our perfection

We are the source, we are the crucible

Nothing can hurt us, for we are invincible

There is no sin, there is no sinner

We can only win, we have felt the glimmer

In the bliss

We're floating awhile

Those are moments when babies smile.


そのとき、僕らは神とひとつになる

すべてはすばらしく調和し、

僕らは、その沈黙の中に

完全なものを見出す

僕らは、源でありながら、

さまざまなものが溶けあってもいて

誰にも傷つけられないほど強い

そこには、罪もなく、罪人もおらず、

ただ、勝利があるのみ

輝ける喜びの中で

僕らは漂う

ベイビィたちが微笑むのは、そんな瞬間


Kingdoms topple, lose their class

Civilizations crumble, ages pass

Turbulent tempests ravage the seas

Violent killings, despite our pleas

But dewdrops sparkle when children play

Tyrants cry, there's nothing to slay

Fairies dance and goblins sing

All are crowned, all are king

In the Garden

We frolic awhile

Those are moments when babies smile.


王国が倒れ、階級はなくなり

文明は崩れ落ち、時は過ぎ去る

荒れ狂う嵐は、海を襲い

祈りは虚しく、大量殺戮がおこる

それでも、子供が戯れば、しぶきは煌めき

暴君が叫んでも、滅ぼせるものは何もなく

妖精は踊り、妖怪は歌いだし

誰もが王冠を手にして、王となる

そんな庭園の中で

僕らは、しばし浮かれる

ベイビィたちが微笑むのは、そんな瞬間


(訳:yomodalite)



☆みっちさんからも素敵な訳詞を頂きました!(コメント欄参照)

そちらも、是非ご欄くださいませ。



f0134963_14510382.jpg


ネバーランド内にはこの詩が書かれたものが、
複数(ページごと?)あるようですね。


f0134963_14533785.png
◎[AmazonDANCING THE DREAM 



[PR]
by yomodalite | 2015-02-20 14:47 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite