カテゴリ:現代文化・音楽・訳詞( 137 )

f0134963_844452.jpg


EminemとRihannaの「Love The Way You Lie」、Diddy「Coming Home」、Dr. DreとEminemの「I Need A Doctor」、「The Show Goes On」がヒットした、Lupe Fiasco「Words I Never Said」、T.IとChristina Aguilera「Castle Walls」....

ラップ系のアーティストがイイ曲歌ってるなぁって思うと、いつも彼女が関わってるという感じだった、Skylar Greyがソロデビューして、やっぱりすごく素敵だったので。。。

☆下記リンクはすべてYouTubeです



“Invisible”

I take these pills to make me thin
I dye my hair, and cut my skin

I tried everything, to make them see me

But all they see, is someone that's not me

スリムになるために、錠剤を飲んだり、
ヘアカラーしたり、皮膚を切ってみたり、
彼らに私を合わせるために、色々なことを試してみる。
でも、彼らが見ているのは、わたしじゃない他の誰か。。


Even when I'm walking on a wire

Even when I set myself on fire

Why do I always feel invisible, invisible

Everyday I try to look my best

Even though inside I'm such a mess

Why do I always feel invisible, invisible

わたしが、ワイヤーの上を歩いていて、
心が熱く燃えているようなときでさえ、
どうして、私はいつも気づかれないんだろう
毎日、自分のベストに挑戦して
わたしの内部は混乱さえしているのに
どうして、私を感じてもらえないんだろう


Here inside, my quiet heart

You cannot hear, my cries for help

I tried everything, to make them see me

But every one, sees what I can't be

わたしの内なる心も私の叫びも、あなたには聴こえない
彼らに合わせるために、試行錯誤を繰り返しているのに
みんな、私が出来ないことを確かめようとする


Sometimes when I'm alone

I pretend that I'm a queen

It's almost believable

ときどき1人でいて、女王のように装ったりしているときだけが、信じられるの


f0134963_853223.jpg


f0134963_862317.jpg



f0134963_873981.jpg



f0134963_883766.jpg

☆ライブ!グレイが作曲した曲をメドレーで歌ってます。
◎I need a Doctor Medley by Skylar Grey live at Lollapalooza 2011


f0134963_75988.jpg



f0134963_8143595.jpg

☆Holly Brookの名前で活動していた頃

◎Holly Brook - Curious
◎Holly Brook -Saturdays
◎Holly Brook - Giving It Up For You
◎Holly Brook - Like Blood Like Honey





“Haunted”

They woke me up again
It's gonna be another restless sleep tonight

The ghosts inside my head
 Are moving furniture and eating dynamite

They're moving furniture and eating dynamite

彼らが私を再び起こしたので、今夜は“落ち着かない夜“になるでしょう
私の頭の中のゴーストが家具をひっくり返したりして大騒ぎ。
彼らはそれを動かすどころか齧るぐらいの勢いなの

Take me up the rill
 To haunted hill 
Past the floating bridge

The orphanage
 Where the spirits fly

And never die 
Where the spirits fly
 And never die

わたしは小川を越えて幽霊が出る丘へ連れて行かれる
浮き橋を通りすぎたら、そこは孤児院
気分が良くなったからって、死なないでね
気持ちが軽くなったからって、逝ってはだめ

There, it's always cold 
Well I've got a fever and I'd like to make it snow

That's why I feel so old 
All these spectres need a better place to go

All these spectres need a better place to go

そこでは、いつも寒い
私は熱を持っているけど、それを雪にもしてみたい
だから、私は年を取ったように感じるのかな
これらの幽霊はみんな、より良い場所を必要としている
みんな、より良い場所を必要としているのよ

We could get a chill 
On haunted hill

Where the saddest parts 
Inside my heart

Can live in the past 
Leave me at last

Can live in the past 
Leave me at last

幽霊の出る丘で、ひんやりすることができたでしょう
最も哀しいのは、わたしのこころ
過去のことばかり考えて暮らして、わたしは取り残されるのか
過去のことを想って、私は最後を迎えるのか

Leave me with goodwill

On haunted hill

Past the floating bridge

The orphanage

Where the spirits fly

And never die

Where the spirits fly

And never die

幽霊の出る丘は、私に好意を抱いてる
浮き橋を通りすぎて、孤児になって....
気分が高揚して、それは終わることがない
精神が浮揚して行く彼方には、終りがない


☆インタビュー
◎Eminem fights for Skylar Grey



[PR]
by yomodalite | 2011-10-13 08:27 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback(1) | Comments(0)

杉本文楽「曾根崎心中」

f0134963_019256.jpg
リビアの暴動が「民主化」なのかどうなのかわからないし、カダフィは暴君かもしれないけど、アルカイダがNATOを利用しているのか、EUがリビア政府を打倒したいのかもわからないし、

北海道で和んでいる間に、イギリスの暴動は収まったみたいだけど、日本の反原発も、米国のティーパーティーも運動参加者が望んでいるような結果を招いているのかどうかもわからないけど、ここまで菅降ろしに必死になってた人は1ヵ月先のことも見えない人のような気がする。

金融崩壊が、戦争を引き起こすというのは、何度も歴史が経験していることだけど、メディアの偏向問題がすぐに嫌韓方向に向けられたり、発足の経緯自体が洗脳目的で、大新聞社をバックにしたTV局ではなく、子分国同士でツルもうとしている(?)TV局ばかりが責められているのもうんざりだし、昨日からのヤクザ屋さん絡みの話題に関しても、同じ理由で何も言いたくない。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2011-08-24 18:21 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)
f0134963_9401777.jpg

みなさま、夏をどうお過ごしでしょうか。(わたしは本を読むことにもあれこれ書くことにも疲れてしまって、ステキな音楽ばかりをただただ聴いていたいです。)

☆写真はすべてレイ・ハラカミ氏のアルバムですが、収録曲とは異なっています。


f0134963_9441994.jpg



f0134963_9455597.jpg



f0134963_9485967.jpg



f0134963_1001866.jpg



f0134963_1005523.jpg



f0134963_1021096.jpg



f0134963_1024389.jpg



f0134963_1045552.jpg




[PR]
by yomodalite | 2011-07-31 10:12 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(3)

Marvin Gaye “I Wan't You”

f0134963_044614.jpg

オリジナルアルバム収録外や、一番よく聴いている “I Wan't You” を中心に
コレクションしてみました。


Marvin Gaye - What's Going On ( acapella )





f0134963_061045.jpg


◎Marvin Gaye Come Get To This / Distant Lover Solo



f0134963_064783.jpg


◎Marvin Gaye "I Want You" (1976)



f0134963_071753.jpg


Marvin Gaye - Let's Get It On ( acapella )





f0134963_017685.jpg


Marvin Gaye - I Heard It Through The Grapevine ( acapella )








f0134963_0183089.jpg


◎Marvin Gaye - Wholy Holy" (1971)


f0134963_0201697.jpg


◎Marvin Gaye - Trouble Man


f0134963_0215469.jpg


◎Marvin Gaye - Mercy, Mercy Me(the ecology)


f0134963_0232583.jpg


◎Marvin Gaye - Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)


f0134963_024536.jpg

◎Marvin Gaye - After The Dance (Live In Ostend, 1981)


f0134963_02614.jpg


◎Marvin Gaye & Tammi Terrell - Ain't no Mountain High Enough(1967)



f0134963_0321057.jpg

◎Marvin Gaye - I want you(ダンサーステージ)


f0134963_0384996.jpg


Marvin Gaye sings American National Anthem

◎1968 World Series
◎1979 Las Vegas caesars palace


f0134963_0484374.jpg


[必聴]1983 NBA All Star Game
(史上最高のアメリカ国歌! 上の1968年、1979年と比較してみてください)







f0134963_052435.jpg


◎[娘によるトリビュート]Nba Allstar-Game 2004

◎Nike Basketball Commercial Ver


f0134963_0561553.jpg


◎Marvin Gaye - Flying High(In A Friendly Sky)
◎Marvin Gaye - Save The Children (1971)



f0134963_0584734.jpg
◎www.Kadirnelson.com

◎Painting is like the illustrated biography of Michael Jackson
http://www.usatoday.com/life/music/news/2010-12-14-michaelalbum14_ST_N.htm

In 2003, while recording the song One More Chance, Jackson spotted a tribute painting of Marvin Gaye's life in Gaye's studio. The King of Pop immediately dialed Nelson. "He said, 'I want one about me, but I want it to be bigger,' " Nelson says. "He was always like that," Jackie adds with a grin. "He wanted things big."(ホント負けず嫌いなんだからぁ...笑)

◎Kadir Nelson only spoke to Jackson once before the singer's death.
http://www.mtv.com/news/articles/1654180/michael-jackson-asked-albumcover-artist-paint-him-before-died.jhtml


◎Marvin Gaye - Soul Train “Let's Get It On” (1974)
◎Jackson 5 - Soul Train “Dancing Machine”(1973)
◎Michael Jackson - Soul Train “One Day In Your Life ”(1975) 


Marvin Gaye - "Motown 25 Anniversary Special"







Michael Jackson - "Motown 25 Anniversary Special"







f0134963_104278.jpg
◎Marvin Gaye - God Is Love(1969)
◎Marvin Gaye - Sexual Healing(1982)




[PR]
by yomodalite | 2011-07-30 01:02 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)
f0134963_822614.jpg


ヨーコのツイートは、日本人で最もフォロワー数が多い(1,220,634人。1位のレディ・ガガの7分の1ぐらい←2011.2.15)ので、紹介する必要はないのかもしれませんが、最近、彼女がフォロワー(519,398人)に語ったことから、

2月3日にサイトにアップされた文章を、苦手な英語力を駆使して訳してみました。
気になる箇所がありましたら、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。

☆http://imaginepeace.com/archives/13767(一応世界各国の言葉で読めます)

IMAGINE PEACE 2011
Yoko Ono Lennon
3 February 2011


Dear Friends,
In two weeks time, on February 18th, 2011, I will be 78.I know you are asking many questions on Twitter and elsewhere about what I am really like. It’s something I would love to know, too! One day it will suddenly dawn on us…maybe.

親愛なる友へ
2週間後の間、2011年2月18日に、私は78歳になるでしょう。わたしは、みんながツイッターその他で、わたしへ多くの質問をしてくれることに好感をもっています。なにかについて知りたいと思うこと!… たぶん、わたしたちは、ある日突然わかり始めるでしょう。


The world situation is too urgent for us now to discuss trivial things, like what I eat for breakfast. We are at a point in human history when we have to wake up and realize that the only people who can save the world are us. Every hour that goes by without us doing anything about it affects us, and affects the world that we love so much.

世界の情勢は現在、私たちが、朝食に何を食べるかというような、些細なことを話している時間がないくらい緊急です。

わたしたちは、世界を救うことができるのは、わたしたち自身であると理解して、行動しなくてはいけない、人類の歴史の「地点」にいます。

わたしたちが何もしないで、刻々と時間が過ぎていくことが、わたしたちに影響を与え、わたしたちが愛する世界に影響するのです。


In his State of the Union Speech, President Obama said we should do “big things.” Well, we are already doing the biggest thing anybody in the human history could ever hope for. Together, we are creating a world of Peace, Love and Freedom, all while the negative forces try their hardest to stop us.

オバマ大統領が語った一般教書演説で、彼は、わたしたちは「大きなこと」をするべきであると言いました。そう、わたしたちは、すでに「大きなこと」をしています。人類の歴史の中では、誰もが望めば叶うんです。

私たちは一緒に「平和」と「愛」と「自由」な世界を創っていきましょう。“否定する勢力”は、あらゆることを試みますが、わたしたちを止めることは出来ません。


With their power, they want to control the whole world. But we will not let them.That's big.

“否定する勢力”は、彼らの力によって全世界を支配したがっています。でも、私たちは彼らが巨大であっても、それに従うべきではありません。

The way we are doing it is by being conscious of the “Power of Togetherness.”The negative forces do not have that. They are an elitist minority, dipping their heads in arrogant madness. They always play the same game – using violence, changing laws for their convenience, and seducing us with words to get what they want.

私たちが行っている方法は「まとまりのパワー」を意識していることです。“否定する勢力”にはそれがないのです。彼らは横柄な狂気に支配されている、精鋭主義の少数派です。

彼らがやっているのはいつも同じゲームです。彼らは自らの便宜のために、暴力を使い、法を変え、欲しいもののために、私たちをそそのかそうとします。


They say if we do things their way, we will all be rich. Well, that’s not happening. It never will. Once there is great wealth, they will want to keep it for themselves. They also use fear tactics, saying the world will be in a great mess if we don't do it their way. Well, the world is already in a mess. Why? Because we followed them.

彼らは、私たちもそうすれば、わたしたち皆が金持ちになれると言います。でも、そうなっていませんし、決してそうはならないでしょう。彼らは、一旦すごい富を得ると、それを自分たちのためだけに保ちたくなるでしょう。

また、彼らは恐怖戦術としてそうしなければ世界が混乱するなどと言います。そう、世界はすでに混乱しています。どうしてですか?私たちが彼らについて行ったからでしょう。


It’s Time for Action. It’s Time for Change. We, the people of the world, are not dumb. We understand what the “Blue Meanies” are trying to do. We just don’t know how to stop it. And wonder if we can at all. But we can!

今が行動するときです。変化するときなんです。私たち(世界の人々)は馬鹿ではありません。 私たちは “Blue Meanies”が何をしようとしているかを理解しています。

(注:“Blue Meanies”は、ビートルズの「イエロー・サブマリン」や「アクロス・ザ・ユニバース」に出てくる音楽嫌いな怪物のことだと思う)

わたしたちは、それを止める方法はわかりませんが、そうすることができると完全に思えるなら、わたしたちに出来ないことはありません!


We are doing it. Take a look at this map. Each dot represents millions and millions of people who are all, right now, thinking of Peace: wishing it, voicing it, and hoping that their dream of peace will become a reality.

私たちはそうすることにしましょう。この地図を見てください。数百万のドットは数百万の人々の代理です。たった今「平和」を考えながら、そう願い、声に出し、平和に関するそれらの夢が「現実」になるように祈りました。


f0134963_8373339.jpg
Map of global locations of visitors to www.IMAGINEPEACE.com 2010-11 from Revolver Maps

The map expresses what my husband John Lennon and I envisioned. I know he is smiling, thinking of how little time it took for all of us to Come Together.

この地図は、夫のジョン・レノンとわたしが思い描いたことをあらわしています。どうすれば、少ない時間で、わたしたち皆が「集まる」ことが出来るのかを考えて、彼は微笑んでいました。

IMAGINE PEACE is a powerful, universal mantra that we should all meditate on. With it, we will achieve the impossible. Hopefully, without bloodshed. Look at all the courageous people who are now being hurt in marches and thrown in prisons for no other reason except for carrying “Peace, Love and Freedom” in their hearts and voicing it.

「IMAGINE PEACE」は私たちが皆が、思索するべき、強力で、普遍的なマントラです。
私たちは不可能を達成するつもりです。 うまくいけば流血なしで。

現在のすべての勇敢な人々を見てください。デモの参加者たちは、心から「平和」や「愛」や「自由」訴えていますが、まったく別の理由で、刑務所に入れられています。


I don't want you to get hurt. You shouldn't have to.
7 billion of us, people of the world, have the birthright to live with a healthy mind and body at all times. You should not even get one scratch on you, and you won’t, if you don’t allow it.

私は皆が怪我をして欲しいとは思いません。 そんな必要はないはずです。
世界の70億人の人々は、常に健康な心身で、生きる権利があります。
あなたはかすり傷さえ負う必要はありませんし、そうはしないでください。




So keep IMAGINE PEACE in your head. Have a clear picture of where we stand, what we are doing, and where we want to be. Know that we are connected in our hearts and minds. War Is Over, if you want it!

あなたは、あなたの頭の中で「IMAGINE PEACE」を描いてください。私たちが、今いる場所で、何が必要で、どうすればいいか、鮮明な映像を描いてください。
わたしたちは、わたしたちの心と心で、繋がっていることをわかってください。
戦争は終わります。もしあなたがそう望むなら!


I love you! i ii iii yoko
Yoko Ono Lennon
3 February 2011

あなたを愛しています! オノ・ヨーコ
2011年2月3日




Imagine all the people living life in peace - John Lennon
「すべての人々が平和な暮らしをしていると想像してください」

A dream you dream alone is only a dream.
A dream you dream together is reality - Yoko Ono Lennon

「あなたがひとりで見る夢は夢にすぎませんが、みんなで一緒に見る夢は現実です」

◎『今あなたに知ってもらいたいこと』オノ・ヨーコ(2009年末に出版された本)


f0134963_8463142.jpg

わたしも、今いる場所で、勇敢な人々の戦いを見守りつつ、
何が自分に出来るのか、もっと考えてみなくちゃ。。。



[PR]
by yomodalite | 2011-02-03 11:35 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(12)
f0134963_2021313.jpg


さて、今日、もっともよく聴いた音楽は、、、ナイショですが (^^;;) 、

昨日もっともよく聴いた音楽を「おすそ分け」します。

Roger Friedmanの情報源なんて、そんなに信用できないし、ほとんどのMJ情報は、信用できないんだけど、MJとHansonっていう“妄想”は、楽しいと思うの♡

ふたりの共通点を、年末進行で、かんたんに説明すると、キュートな少年が、大人になっても男前で、音楽的に、ずっと天才(レベルの差はあるけどね)なこと!

Hansonの次男(Taylor Hanson)は、たぶん、どんな年代の“少女”の疲れも吹き飛ばすパワーがあると思う。。。

では、、、(年代とか年齢は大体のめやすで見てください)

f0134963_205638.jpg
☆1996〜1997年
(Taylor 13〜14歳)


◎Hanson - MMMBop
(昨日と同じ)

◎Hanson - MMMBop Live
(少年時代の絶叫ライブ)

◎Hanson - Weird
◎Hanson - Where's The Love
◎Hanson - I Will Come To You


f0134963_2192871.jpg

☆2000年(Taylor 17歳)
◎Hanson - This Time Around
◎Hanson - If Only
◎Hanson - LONELY AGAIN



☆2003〜2004年
(Taylor 20〜21歳)


◎"Crazy Beautiful" Live 2003

◎Crazy Beautiful
(映像はThis Time Around)


◎Penny and Me
Official Acoustic(2004)



☆2009年(チープトリックのドラマーや、スマッシュパンプキンのギタリストと一緒に結成した“Tinted Windows”というユニット、Taylor 27歳)

f0134963_20331587.jpg


f0134963_2042038.jpg


◎Hanson - "Me, Myself & I" [2010 - Shout It Out]
◎Hanson - Thinking 'Bout Somethin' ☆ファーストシングル


↓映像と年代があってなかったり、キレイな動画じゃなかったりなんですけど、、、
イイ曲多いので、テキトーにぶち込んでおきます。


◎Hanson - Dream Girl(色々な年代の映像)

◎Hanson - GO(ボーカルが、たぶん三男のザック、この子もイイ!)

◎Crazy Beautiful  

◎Hanson "Lost Without Each Other" -Music Video

◎Hanson - If Only LIVE(2003)

◎Hanson - Let You Go

◎Hanson - "Carry You There" [2010- Shout It Out]



☆徹底的に白っぽい音楽の後ですが、昨日ニューアルバムが発売になった(国内版はまだだけど)“KING OF R&B”から、ファンへのLove Letter!(くまに注目♡)


f0134963_20522788.jpg

ランディも、テリーも、カレンも、ラトーヤも、イメージどうりだったけど、
ケルズ(R.Kelly )のイメージはTwitterで↑↑↑したかも♡


◎http://twitter.com/#!/KellZodiac




[PR]
by yomodalite | 2010-12-15 21:10 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(6)

モンガイカンの美術館 (朝日文庫)

南 伸坊/朝日新聞社



久しぶりに行った実家にあった本。「お父さん、こんな本読んでいたんだぁ」と、娘気分でパラパラとページをめくっていたんですが、ぐんぐん惹き込まれて、3センチ近くある分厚い文庫ですが、あっという間に読了してしました。

本書は1978〜1982年に雑誌「みづゑ」に連載。初版は1983年。エッセイストとしてもイラストレイターとしても著名な氏のキャリアの最初期のものですが、内容に古びたところは全然なく、ゲージュツ好きな人から、そうでもない人まで、今後の美術鑑賞に役立ちそう。ブックオフなどで見つけたら、購入されるとお得な一冊だと思います。(写真の下半分のモナリザは帯で、取ると白地に文字だけのカバーです)

図版が多いところも本書の魅力のひとつなんですが、その図版の多さがネックで、なかなか文庫化できなかったと、あとがきに書かれています。雑誌掲載のときは、宣伝になるので「快く」図版の貸与が行なわれるのに、単行本となると「話が違う」ということのようです。

図版の貸与の権利は、その作品を購入した美術館にあるんでしょうか。単行本、文庫と、その度に、その権利を主張する、ということのようですね。

アーティストには色々な人がいて、様々なアートがありますが、どんな「権利」でも、それを握っているのは、同じ人たちというか、本当に、うんざりする話です。

「私がこの本で、始終一つ覚えのように言ってたのは、オレはどこかのエライさんのいいなりに何かを見たり考えたりはヤダ、ヘタでもクソでも、自分で見たり考えたりしたい。ということでした」

美術展の入口近くにある、あいさつとか、解説を混雑して並んでみるより、自分で考えてみた方が、やっぱり楽しいと思います。
_______________

【BOOKデータベース】「自分にとって面白いモノとは?」という観点に立って、門外漢の立場から「ゲージュツ」の「ゲージュツ」たるゆえんを、「南伸坊コトバ」で説く異色の美術エッセイ。古今東西の名画・名作から、著者の手による名作まで図版多数収録。冗談かと思うと哲学、哲学かと思うと冗談の不思議な一冊。朝日新聞社 (1997/04)



[PR]
by yomodalite | 2009-10-27 13:20 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)

町山 智浩/文藝春秋




本書は『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』と同じく、『週間現代』の連載をまとめたもの。ベストセラーの続編ではなく、同時期のコラムの異なる編集のようです。(2ヶ月違いの発刊)

『アメリカ人〜』は、政治に関するコラム集で、こちらはそれ以外のカルチャー系のコラムなんですが、どうして『週間現代』連載で、2冊とも講談社じゃないの? なんで出版社が違うの?という疑問に関して、著者は本書のあとがきで、答えているんですが、どうやら、ブッシュ、小泉時代の大掛かりなマスコミ対策にひっかかったような。。。でも文芸春秋がOKいうのも(?)

Chapterは9編。

・Living in America
・American Nightmare
・Taking Care of Business
・Rock in The USA
・Culture Wars
・Boob Tube
・Celebrity Meltdown
・Nippon Daisuki!
・American Dreamers

「Boob Tube」の意味がわからなかったのですが、どうやらTV受像機とか、番組放送のことみたいですね。

時事ネタのコラム集ですが、今読むのはもちろん、数年後に読んでも貴重な資料になりそうな、口当たりは軽いけど濃くて深い内容は町山氏ならでは。『アメリカ人〜』を読んだ人も、読んでいない人にも!
__________

【内容紹介】★ブッシュの人生は『エデンの東』だった。★『サラ、いつわりの祈り』はいつわりだった。★プレスリーもスーパーマンもユダヤ系だった。★南北戦争で勝ったのは南軍だった?★セックスとドラッグに溺れるアーミッシュ。★ネオナチ美少女双子デュオ!★グーグル社員はブログするとクビ?『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』に続く、「本当のアメリカ」がわかる最前線コラム100本! 太田出版 (2008/12/18)

[PR]
by yomodalite | 2009-04-10 21:38 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (集英社文庫)

町山 智浩/集英社




アメリカ在住、町山智浩氏によるアメリカ本、本書はスポーツ編。

タイトルのステロイドとは、筋肉増強剤のそれ以外にも、学習のための覚醒剤、演奏の前に飲むアガらない薬、整形...遺伝子ドーピングの時代の到来、勝つためには手段を選ばず、障害をも「強さ」で乗り切ろうとするアメリカが、これでもかと紹介されます。

アメフト、バスケだけでなく、アメリカだけで異常に盛り上がっているスポーツが網羅されていますが、スポーツに興味がなくてもカルチャー本として充分読ませる内容。流石です。

まえがき もっとデカく!強く!速く!
筋肉こそがアメリカ。デカくなるために、強くなるために、速くなるために、アメリカはどこまでも突き進んでいく!

第1章 強さこそはすべて—All You Need Is To Be Strong
ステロイド使用の蔓延が引き起こす悲劇と、すべてを犠牲にして可能性の低いスポーツ業界での成功に賭けるモンスターペアレンツ。メジャーリーガー、プロレスラー、チアリーダー、ボクサー、サーファー。。。

第2章 悪魔に挑む男たち—Daredevils
85キロ以上の距離を走るウルトラマラソン、スケボー禁止から生まれたパルクール、スタントライダー、高さ360mの綱渡り、フリースタイルモトクロス。。。ハイリスク、ローリターンな競技に人生を賭ける者たち。

第3章 スポーツ犯科帳—Sports Crime File
『リアリティTV』が生んだ悲劇、精神障害でホームレスのサッカー選手の名探偵ぶり、詐欺ストリッパー、友人を殺害してしまったボクサー、NFLのスターが運営していた闘犬、NFLのスパイ事件、ハルク・ホーガン一家を崩壊させた息子の飲酒運転など、スポーツ選手の犯罪の数々。

第4章 私を観戦に連れてって—Take Me Out To The Ball Game
スポーツ観戦にまつわる話題。NFLの定番ソング、ロケット工学者のチアリーダー、大リーグで三千個のボールを集めた男、一万敗もしたチームのファン意識。野球カードの異常な高騰。

第5章 アメリカンスポーツの殿堂—Only In America
60歳にしてガチで勝利した女子プロレス最強の選手、ぶつかるのを避けるなんて男じゃないデモリッションダービー、地獄のマリアたちによるローラーダービー、ビンボー白人運動会レッドネックゲームス、10年間で18人の死者や度重なる脳障害や耳がちぎれてもアメフトは止められない。ダンクが変えたNBA。

第6章 多民族国家のバトルロイヤル—Racism In Sports
チームのマスコットはインディアンばかり、「障害を持つ人を映画に出さずにいられない」ファレリー兄弟、NFL唯一のアジア系スターはアフリカと韓国とのハーフ、レスリングも、大リーグも試合後に宗教ショーがある、未だに黒人監督やオーナーはいない。アリのラップ、NFLのスター選手スコット・フジタはブロンドでブルーの瞳。DJの差別発言。

第7章 敗れざる者たち—The Undefeateds
『ミリオンダラー・ベイビー』原作者の人生、車椅子ラグビーは「殺人ボール」、片足のスキーヤーの壮絶ガン人生、四肢欠損のアマレスチャンプ、人民寺院教祖の息子とバスケットボール、カリフォルニア工科大学のバスケチーム、一万敗したチームが世界一に、ミッキーロークが演じたプロレスラー。

_____________

【内容紹介】アメリカの10代のステロイド使用者数、30万人! プロスポーツ選手になれる人は、たった2400人しかいないのに。なぜアメリカ人は副作用を知りつつ、ステロイドで筋骨隆々の体になろうとするのか…。その他、娘をチアリーダーにしたくてライバルを殺そうとした母親。マラソン10回分(421.95km)を75時間で走るエリート・ビジネスマン。1枚の野球カードに3億円払う人々、などなど。
「アメリカンスポーツ=富と名誉、夢と希望、強くてカッコいい」の思い込みをぶっ壊すエピソードの数々。「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」の著者が暴くスポーツバカ大国・アメリカの真実。

80年代は筋肉の時代だった。大リーグでは、レスラー並の体をしたホセ・カンセコとマーク・マグワイアがバットを大振りしてバカバカとホームランを打っていた。スクリーンではシュワルツェネッガーが、シルベスタ・スタローンが筋肉をうならせてアメリカの敵を倒していた。筋肉こそアメリカだった。(中略)この本は「ビッガー、ストロンガー、ファスター」という言葉に象徴されるアメリカンスポーツの世界で日夜繰り広げられる、異常な事件、笑えるニュース、悲しい出来事、感動的な物語を、アメリカに暮らす異邦人の目から見たコラムを集めています。(まえがきより抜粋) 集英社 (2009/2/25)



[PR]
by yomodalite | 2009-03-24 13:45 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)
『底抜け合衆国ーアメリカが最もバカだった4年間』『USAカニバケツ』に続き、衰退まっしぐらのアメリカを描いた歴史的カルチャー本?!第三弾。今回はかなり売れているようですね。まだまだ笑えた前著と違い、この4年間でアメリカの負の部分を相当輸入してしまって、第3章など来年の日本の話とどこが違うんでしょう?という感じです。

日本人の中には、永年のアメリカによる洗脳が解けて、愛国者になったと思っている人が大勢いますけど、「属国」だったと気がついてからだって、アメリカ指令に背くことは全然できないのに、どういうわけだか中国への敵対心と嫉妬心のみ燃え上がっているのは「戦争へと仕向けられている」新たな洗脳だと思いませんか?

中国も韓国も自国の政権へ批判できないので「反日」に民衆の感情を向けるしかないって言っていたのに、何も今頃になって中韓のマネしなくても。。。

拉致事件も、田母神論文も、アメリカ(というかアメリカの中のひと)の「糸」が透けて見え、トヨタに代表される自動車産業や、キャノン、ソニーなど歴代経団連代表の会社が率先して、派遣者切りや内定取り消しを行って就職できない若者を増員中。

昨日の尖閣諸島での中国船の侵入など、こういったことはこれから何度もおこって、領土問題はどんどん大きな問題になっていくでしょう。黙っているとなめられる一方だ!なんていう声も大きくなって、、、、明らかにレールに乗せられている感じがするんですけど、なにもできませんね〜。第二次大戦前もいきなり始まったときは、インテリも含めて「えっ?!」ていう感じだったみたいです(哀)。

昨日の小泉元総理の久しぶりに必死な顔を拝見すると、ホントに面白くて笑えない本です。
★★★★

☆参考書評
◎琥珀色の戯言
_____________________

【目次】

序章 アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

第一章 暴走する宗教
・子どもにブッシュを拝ませる福音派洗脳キャンプ
・遺伝子や進化の研究は神の冒涜か?
・「私に少年愛を教えたのは神父さま」
・キリスト教ディズニーランドの廃墟で泣く
・ドライブスルー教会にプロレス伝道師
・クリスマスを異教徒から守れ!
・セックスは絶対ダメ!でも、やるなら生で!
・「911テロはホモなアメリカへの神罰!」
・「神様、兵隊さんを殺してくれてありがとう!」

第二章 デタラメな戦争
・ブッシュ政権に裏切られた美人スパイ
・アメリカに帰還したイラク戦争の狂気
・敵国キューバに残るアメリカの拷問所
・兵士不足が起こしたイラク人虐殺事件
・戦争を知らないタカが戦争を起こす
・アメリカは拷問まで海外にアウトソーシング
・ランボーの戦いは全部スカだった
・政府がコントロールできない戦争株式会社
・ソ連を倒してタリバンを育てた男
・オサマ・ビン・ラディンを知りませんか?

第三章 バブル経済と格差社会
・ウォルマート、激安の代償
・ポラロイド倒産で社員が得たものは?
・最低賃金で1ヶ月生きられるか?
・マリファナの売人はセレブな未亡人
・年収360万円の若造に2億円の住宅ローン?
・病人を見殺しにする医療保険はビョーキだ
・メイド・イン・チャイナの星条旗を禁止せよ
・アメリカのトウモロコシ畑は日本の総面積より広い
・ミッキー・マウスを十字架にかける牧師

第四章 腐った政治
・ブッシュとブッシュマンをつなぐ男
・実用化された電気自動車はなぜ消えた?
・ブッシュは史上最低の大統領に決定!
・『ブッシュ暗殺』は「奴ら」の思うツボ
・ブッシュ政権は本当に「保守」か?
・イラク空爆の導師も高級デートクラブの顧客
・隠れゲイの反ゲイ政治家とヤったゲイ募集!
・選挙に勝つなら何でもする「ブッシュの頭脳」
・ウォール街の保安官、売春でつまづく
・ブッシュの伝記映画の重大な事実誤認とは? 

第五章 ウソだらけのメディア
・イラク戦争を操ったメディアの帝王(※ルパート・マードック)
・ブッシュと記者団に恥をかかせた勇気あるコメディアン(※スティーブン・コルベア)
・魔女狩り連合軍と戦った三人の歌姫(※ディクシー・チックス)
・「オバマ候補はイスラムのスパイだ!」
・「女に選挙権を与えるな」という女性政治評論家
・アニメとオッパイで稼いでプロパガンダ

第六章 アメリカを救うのは誰か
・「奴隷制度の賠償してくれる人に投票するよ」
・「黒人が大統領候補になれるのは50年先だ!」
・不死鳥マケインは拷問より親父が怖い
・はぐれ牛マケイン、右も左も蹴っ飛ばせ
・老舗のお笑い番組がヒラリーを救った
・オバマ=セレブ=パリス・ヒルトン?

終章 アメリカの時代は終わるのか
____________

【内容紹介】デタラメな戦争、崩壊する経済、暴走する宗教、ウソだらけのメディア、腐敗する政治…ブッシュの8年間でアメリカはかくも酷くなった。文藝春秋 (2008/10/9)




[PR]
by yomodalite | 2008-12-10 15:01 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite