カテゴリ:MJ系ひとりごと( 53 )

In The Cool !!!

f0134963_19010846.jpg


残暑お見舞い申し上げます!



f0134963_19021097.jpg




[PR]
by yomodalite | 2014-08-20 08:47 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(7)

MJマッシュアップ![マスク編Part 2]

f0134963_22012823.jpg

難しい本にも、英語にも疲れた私と、

そんな私に疲れたみんなに!

キャップ編。。と思ったけど、

やっぱりマスクのキャプテンが忘れられない。。


☆続きを見る!!!
[PR]
by yomodalite | 2014-07-04 05:43 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(1)

ひとりごと(2014.6.10)キャプテンEO...

f0134963_22233775.jpg

このブログでお世話になっているkumaさんと待合せして、
久しぶりにキャプテンに会いに行った。

この前観たのは、復活して間もない2010年7月だから4年ぶり。

最初にEOを観たのは、当時つきあっていた彼氏とのデートだった。ディズニー好きじゃないのに、うっかりデートの定番だからと決行してしまった2人にとっても、このアトラクションは楽しむことができて、連続して2回観た。

少しだけマイケルのことを好きになりかけた自分に驚きつつ、彼の前でマイケルカッコいいなんて言うことを慎重に避け、私たちはひたすらH.R.ギーガーの話をした(ふたりとも美術系だったからw)。


f0134963_22253934.jpg

女の子と一緒に観たのは、今回が初めてで、「カワイイっ」とか、「カッコいいっ」とか、何度見ても、それ以外の感想が浮かばないことが、すごく楽しくて、朝9時から閉園まで、何度も、何度も、同じ気持ちに浸って、やっぱりそれが不思議なことだと気づいた。


f0134963_22245752.jpg


どうして、キャプテンEOは、少しも古くなっていないんだろう?


f0134963_22251776.jpg

時代を象徴するようなスターは、その時代の雰囲気をその身に閉じ込めるようにまとってしまうもので、ヘアスタイルとか、ファッションとか、極わずかな部分からそれは滲み出て「過去」の匂いを発するものなのに。。

f0134963_22274677.jpg

キャプテンEOは、音楽とダンスで人々の魂を解放し、その指先から放たれる「光」で、敵を倒すのではなくて、人を悪の心から解放する。


f0134963_22290525.jpg

夢のような話だけど、そんなストーリーを何度見ても楽しめるのは、
3Dとか、CG技術のせいじゃない。


f0134963_22305763.jpg

ディズニーアニメは立体化があたりまえになって、3D映画もめずらしくなくなくなって、CG技術によって、映画の中のヒーローは、昔よりずっと超人的な動きができるようになったけど、

このときのマイケルよりも輝きを放てるヒーローも現れていない。


f0134963_22315352.jpg

キャプテンEOは、マイケルが映画の中で演じた人物ではなくて、彼自身を少しだけ映画的に見せただけで、MJはこのあとのステージでもずっと「キャプテン」だった。

もし、これが演技なら、彼は最後まで演じ続けたのだ。


f0134963_22331455.jpg

ステージだけでなく、舞台の裏でさえ、
そしてステージを見せなくなってからも、ずっと。。


f0134963_00293303.jpg


キャプテンEOが戻ってこない限り、
私には、ディズニーランドが夢の国だなんて思えないなぁ。



f0134963_00302715.jpg











[PR]
by yomodalite | 2014-06-15 22:50 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(7)

マイケル、君は国連で…(しっくりこない記事w)

f0134963_18465364.jpg

情報は、なかなか知識にはならない。
そして、相変わらず、英語が苦手だという話。。



☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2014-03-26 08:37 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)

大阪都構想、LEGS DIAMOND…

f0134963_21435415.jpg


自分が大阪に住むことになるとわかって驚いたのは、去年の今頃だったけど、あの頃もう見なくてすむと思っていた「マック」が、まさか、あの「スマイル」のまま、私を追って、大阪に来るなんて思ってもみなかったw

東京に住んでいたときは、大阪の市政も、府政も、問題が多いのかなぁと、漠然と思ってたけど、大阪に来てみたら、この街は、別にどこも変えなくていいと思うほど魅力的で、海老沢会長時代のNHKとか、相撲協会とか、小沢一郎が批判されていた理由とおんなじだったのかなぁという気がして、

大阪都構想というのが、東京っぽくなることだったら嫌だなぁと思う。

冒頭の写真は、こちらの「メモ」にあった「LEGS DIAMOND」のTシャツを着ていることから、もしかしたら、映画実現に向けて、具体的な計画をするチームがあって、そのチームでTシャツ創ったのかと思ったんだけど、

同名のハードロックバンドのロゴTみたい。






隣の美女は、ウルグアイ出身のメキシコの女優で、モデルのバルバラ・モリ(Barbara Mori)という人。インド映画 ‘Kites’ の撮影のときに、MJに会ったらしく、映画は2010年の作品なので、この写真のMJは、おそらく、メモを書いたのと同時期の2009年頃なんだと思う。

追記:下記の記事によれば、2008年12月のことみたい。

それと、2008年インタヴューの「コメント欄」で、言い忘れたけど、

マイケルにやたらと感動エピソードを求めることには、私も辟易してる。そーゆーMJも好きなんだけど、そのことでKINGをちっちゃくしているように感じてしまうことも多い(大勢の人が感動できるようなサイズにね)。

でも、そーゆーのばっかりじゃなくてという部分が「偽」だったらもっと嫌でしょう? だから、時間をかけて、こつこつ準備中なので、もう少し待っててね。

そんなわけで、、

今夜も、明日も、いつまでも、ロック・ウィズ・ユー!


Good Remixーーー!!!





[PR]
by yomodalite | 2014-03-23 22:08 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)

斜めメガネの源流を追って...



f0134963_13405662.jpg

「斜めメガネの謎についてしつこく追って行きたい。

なんのために?

「念のためです」

www



☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2014-02-04 08:56 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ひとりごと(2013.12.4)いいわけマッシュアップ Part 3!

f0134963_1804359.jpg

だからね、いくら男前でも、ヒゲは剃らなきゃいけないって
何回言えば、わかってくれるの?

☆More
[PR]
by yomodalite | 2013-12-04 16:40 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(5)

ひとりごと(2013.11.28)いいわけマッシュアップ Part 2!

f0134963_16265792.jpg

隊長の顔を眺めていると、ときどき思うよね。
いくら男前だからって、ヒゲはもうちょっとキレイに剃った方がいいんじゃないかとか、


f0134963_16273484.jpg


そこはピンポイント厚塗りで…とか、



f0134963_16283965.jpg


ファンデはもう少し自然な色の方が、、
あっ、そこは、こ、こだわりなんですよね、了解ですっ!



f0134963_16291981.jpg


でも、リップクリームは欠かさないでね。とか、



f0134963_16295438.jpg


っとに「あの人」ったら肝心なときに、いないんだからぁ(苦笑)とか、



f0134963_16301726.jpg


ていうか、いたからこうなったの?(苦笑)とか、



f0134963_16305157.jpg


もう、ご飯つぶついてるやん(嘘)とか、



f0134963_16311871.jpg


うちがいいへんと、何にもでけへんのしゃあないなぁ「はい、あーーーん」とか(爆)


と、とにかく、


結局のところ、フォトショ職人が下手すぎるんじゃ、ボケぇーーー!という結論に達し、

MJの顔の研究者として「禁則」にしていただけでなく、

「あと一球でも投げたら君の肩はもう二度と…」と医者から告げられ、マウンドを降りて以来、Photoshop使用にはドクターストップがかかっていて、どうしても止む終えない場合に限り、年に3回以内という貴重な1回をほんの少しだけ使ってしまったわ。

NOTICE:写真と文章は連動していません。


(ふぅーー)


でもって、なんか言い訳しようと思って、そんなどーでもいい作業をやってたんだけど、

なんかもう、大嫌いな英語で書かれたMJ本を読むのに疲れて、
忘れちゃったよ!(という言い訳でした。。笑)


というわけで、


本物の弟よりも「弟感」のある?ブルーノ・マーズのマッシュアップを!
Bruno Mars “Treasure” + Rock With You





[PR]
by yomodalite | 2013-11-29 09:50 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(2)

MJマッシュアップ![ヒョウ柄兄貴編]

f0134963_9262876.jpg


ブログ主は、大阪に行ってまもなく、突如として “ヒョウ柄愛” に目覚める・・・

はずだったのだが、、大阪の街では、思いのほか「ヒョウ柄」に出会うことはなかった。

あの「ヒョウ柄兄さん」のようなひとには、どこに行けば会えるのだろう。

途方に暮れ、暑さに萎れ、

そして、古典にも、英語にも、エマソンにも疲れた。。。

そんなわけでww

これといってなんの趣向もないんだけど(汗)、


と、とにかく、フレディー兄さんとの共演から行っちゃうよ。

Here We 郷ぅーーー!!!




Queen & MJ(I Want To Break Free + Black Or White)





もう1曲クイーンで!

Queen & MJ(2Bad + Another One Bites + Dirty Diana)





MJマッシュアップ界でたぶん一番人気の “Beat It” をガール達と!

Rihanna,J-Lo,Owl City,Carly Rae Jepsen & MJ(Beat It)





リアーナ単独で!

Rihanna & MJ(PLEASE DON'T STOP + BILLIE JEAN)





f0134963_1975815.jpg



Green Day & MJ(Boulevard Of Broken Dreams + Smooth Criminal )






Calvin Harris, Ellie Goulding & MJ(I Need Your Love + Remember the Time)






Toni Braxton & MJ(He wasn't man enough + You rock my World)





懐かし系!

Genesis & MJ(Land of Confusion + Beat It)





最後も大人系で!

ELO & Supremes & MJ




f0134963_2156202.jpg

♡おまけ♡

ブルーノ・マーズって、
なんかジャクソンファミリーぽいし、
作曲能力も、歌もハンパなくいいのに、
モノマネもウマ過ぎぃーー!

最初がグリーンディ、エアロスミス、そしてなぜか、ケイティ・ペリー、
ジャスティン・ビーバー、ルイ・アームストロング、そして最後に
渾身のマイケル・ジャクソンやりますっ!

(もしかして、彼もすべてのエンターティナーの上を行くとかっていう
マニフェスト書いてたりして。。。ww)

Bruno Mars SNL FULL Pandora Parody Sketch!





f0134963_2102424.jpg


ヒョウ柄兄さん!これ、ハンドルポストと、チェーンと、泥よけのところと、
タイヤも「ゴールド」だったら買ってもいい??


f0134963_22455334.jpg

ヒョウ柄兄さん「ゴォールドならね・・・」

[PR]
by yomodalite | 2013-07-28 11:17 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)

「イモータル」への感想を聞かれて...

f0134963_984017.jpg

これは、こちらに頂いたコメントで、「イモータル」への率直な感想を聞かれて書き出したものなんですが、うっかり長々と(いつものことですがw)書いてしまったので、独立させました。


chinoさん:こんばんは yomodaliteさん イモータルいかがでしたか?
残念なことに 今回の日本公演には 私は参加することが出来ませんでした。
是非yomodaliteさんに 率直な感想を伺いたいと思っています。

(私の長い返信はここから)

yomodalite:イモータルを観た後に、chinoさんのコメントを見て、現在の裁判のことをどう考えるか?という質問にどう答えようかと、とても長く考えていたせいか、イモータルについては観たという記憶しかなくなってしまいましたw。

で、そんな風に書いてだいじょうぶかな?と、1日寝かせはしたものの、
これは、かなり率直な感想です。

それと、めちゃめちゃ長く書いた返信のあと、
またすぐに質問されるとは思わなかった(汗)

というのも、率直な感想で、

>長々と おしゃべりしちゃいましたね…

いやいや、私が長々と答えさせられている(自分のせいですが)だけで...

というのも、率直な感想ですw。

chinoさんがそれを早いと感じず、私が「すぐに」と感じたのは、chinoさんが私のコメントを読んだ時間と、私がそれを書いた時間が圧倒的に違うからと、それ以外でも、chinoさんは私よりも「早く」、私が「のろま」だからでしょう。

もしかしたら、ブログのyomodaliteはそうは見えないかもしれませんが、私は思ったことを、言葉にするのに、ものすごく時間がかかるタイプなんです。

だから、裁判への質問について考えていなかったとしても、

イモータルへの率直な感想を。というリクエストには答えられそうになくて、、


f0134963_19491481.jpg


演劇でも映画でも小説でも、率直な感想ってよくわからないんです。何か心に受けたことをどう表現したらいいのかな。と思っているうちに、それは「率直な気持ち」からは遠ざかっていくことが多くて、残念に思うことがよくあります。

でも、おしゃべりを基本とする女子が何かを書こうとするとき、むしろ率直さを押さえた方がいいのでは?と思うところもあり、また、MJについて書くようになってから初めて意識するようになったのですが、

彼はあらゆるすべてのファンを大事にしていたのだから、自分が共感しないことを違和感として表現するのは、できるだけ避けるべきだと思ってきました。

彼が世界中で尊敬されていることに比べて、ファンの態度が愚かに見えるということとの方が多いように思え、自重を心懸けるべきではないかと思ったんです。

で、イモータルについてですが、、

通常、わたしは何でもひとりで観に行くことが多いのですが、今回もひとりで観ました。その理由のひとつは、直後の感情とか感覚を、誰かとその場で共感するような言葉にしたくないからなんですが、今回はイモータルを観た翌日、偶然にも知り合いのMJファンの人と話す機会があったんです。私は自分がMJ好きということを知人にはいっさい公言していませんし、このブログのことも一切秘密なので、彼女はこのブログを通じて知り合った非常に数少ないMJファンの人なんですが、

そのとき、すでにイモータルを1回観ていた彼女は、その翌々日のチケットももっていて、その公演前に私と会ってくれたのですが、


f0134963_19494982.jpg


数回観たなんて、全然めずらしくもないと思いますが、本物のMJのコンサートじゃないのに高いチケット代を払って何度も観ようという発想がなかった自分の意表をつかれて、彼女のMJに対する熱の入れ込みようと、彼女自身のキャラのギャップが可笑しくて、

その後も彼女は、私がたった5回しか観ていない「THIS IS IT(以下「TII」)」を19回も観て、全シーンを「語れるw」ようになり、実際に近所で「語り部w」をやっている!と言って、私を爆笑させ、私は「DVDを貸してあげろーー」とツッこんだものの、なんだかすごく悔しくなって、高額チケットだからといって1回しか観ないなんて、そんな「普通の選択」をしてしまった自分が情けなくなったわけです。(ファンとして情けないと言うんじゃなくて、わたしより「ウケる」行動にねw)

観客のほとんどは、2人以上で観ているので、公演後には様々な感想が飛び交ったと思いますが、たぶん、それらの会話の中で、1度は出たのが「マイケルの不在」という話題ではないでしょうか。

会場では、MJがスクリーンに映し出されるときが一番盛り上がり、それは、私たちの間でも同じで、それで「リアルなマイケル・ジャクソン」とは何だろう。というような会話を少ししました。

彼女はいわゆる死後ファンで、私も生前のMJライブに1度も行っていませんが、もし、2009年の6月25日が来なかったとしても、ロンドンにも、その後行なわれたかもしれない日本ツアーにも行かなかったと思うんです。

MJのライブをビデオで観ていて、私は「ラッキーガール」が自分だったら。とは1度も思ったことはなく、いつも倒れて運ばれていく観客に自分を重ねて見ていたので、会場に行くのは無理だと思っていましたし、こんな大きな会場では、スクリーンに映し出されている彼を観ることすら大変だろうと思っていたので。


f0134963_1950271.jpg


何度も「TII」を見たいと思ったのは、
それが、これまでで一番、近くで彼を観られたことが大きかったからだと思うんです。

ずっと同じ家に住んでいる家族に、自分のことがちっとも理解されていないという不満をもっている人は多いと思いますが、ファンにとって、彼との距離というのは物理的なものではなく、

多くの人のことを考え、様々な人物を演じることに真剣だったアーティストには「本当の自分」といったプライヴェートよりも「未来の自分」の方が大事だったのではないでしょうか?

裁判の件に少し戻りますが、

私は家族の行動については理解できますが、

身近にいたスタッフやファンの一部がアーティストとの間にいる会社を「MJサイド」と見なしていないのは、エンターテイメントへの無理解が根底にあるように思います。

真実のマイケル・ジャクソンとは、彼の生死とは関係がなく、これから何十年も先に出会うことになるかもしれませんし、

マイケル自身もそう願っていたからこそ、未来をみつめ、歴史に残ることの方を強く望んだのではないかと思います。


f0134963_19514536.jpg



上記は、シルク・ド・ソレイユの「イモータル」を観た後の「率直な感想」ではなく、
「immortal(不滅)」ということへの感想として書きました。

追記:どんなに考えても書くことも感想もむずかしいので、お時間があれば「コメント欄」もお読みくださいませ。


f0134963_19534784.jpg

◎[スライドショー]マイケル・ジャクソン ザ・イモータル・ワールドツアー



[PR]
by yomodalite | 2013-05-21 20:55 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(26)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite