カテゴリ:マイケルジャクソン資料( 66 )

Long live the King of Pop

f0134963_182318.jpg
Joe Vogel がTwitter で紹介していた “Star Tribune” の記事です。(“Star Tribune”はミネソタとミネアポリスで発行されている米国の日刊紙らしい)記事中にヴォーゲル氏も登場し、ネルソン・ジョージの名前も発見してしまったので、つい、うっかり訳してしまいました。

いつもどおりヤバい英語力を駆使していますので、気になる点は、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2012-03-28 18:44 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(3)
f0134963_15502174.jpg



今日こそは、絶対に英語を読まない!って思ってたのに、MJ、プリンス、ウォホールという大好物が3人も揃っている文章を「うっかり」発見してしまって、またもや訳してしまうはめに(泣)…  ほんの出来心でテキトー訳なので、日本語部分は充分にご注意のうえ、間違っている部分や、ここはもう少し…などの箇所はどうか教えてくださいませ。


Susan Blond dishes about Michael Jackson, Prince and Andy Warhol
スーザン・ブロンド、マイケル・ジャクソン、プリンス、アンディ・ウォホールを語る


Susan Blond - who threw a baby out the window in Andy Warhol's movie "Bad" - is in her 25th year of repping artists such as Akon, Flo Rida and Sean Paul at her eponymous public relations firm. The first female vice-president of Epic Records, where she worked with Michael Jackson, she lives on the Upper West Side with her third husband, attorney Barry Bloom.

スーザン・ブロンドと言えば、赤ちゃんを窓から投げるという、アンディ・ウォホールの映画『Bad』。彼女が中心となってきた広告会社は、Akon、Flo Rida、Sean Paulといったアーティストたちの宣伝を手がけて25周年を迎え、かつては、エピック・レコードの初の女性副社長となって、マイケル・ジャクソンとも仕事をし、現在は、3番めの夫である弁護士バリー・ブルームとアッパー・ウエストサイドで暮らす。

☆MJの『Bad』より10年前のウォホールの『Bad』。
グロい「アートフィルム」なので要注意!主演の母親がスーザン・ブロンド。


◎[動画]ANDY WARHOL'S BAD (1977) Baby tossed out window!


f0134963_1555139.jpg


Q : What would you most like to see changed or accomplished in New York?

あなたが、このニューヨークの変化や成熟でもっとも好きな点は何ですか?


A : The city needs to take action to keep the character of our neighborhoods - both the businesses and the people - or we'll lose the whole city! Maybe we could landmark businesses like they do buildings. Or every neighborhood could have a lottery and pick the businesses and the 10 most interesting and talented people who will get subsidies for their landlords to let them stay.

都市というものは、様々な顔を持つ住人の個性を生かすことが重要で(ビジネスをするためにも、住人のためにもですが)そうでなければ、都市の魅力は失われてしまいます。おそらく、私たちはここに建つ有名なビル群たちと同様にそうしてきました。すべての住人にチャンスが与えられ、10人ほどの面白い才能をもった人々が、そのチャンスを生かすことで、彼らはまたここに住み続けるのです。


f0134963_15584223.jpg
ウォホールの「BAD」Tシャツを着たデボラ・ハリー


Q : What is the secret to getting publicity in New York?


ニューヨークで、広告を成功させる秘訣は何ですか?


A : People have to want to take your calls. So have to be an interesting person and be open to everything. I go to the opera, hip hop concerts, Cindy Sherman exhibits - everything. But if the artist isn't big enough, or the pitch isn't good, it won't matter. You have to have a good story and know what blogger or producer or reporter to call. I assign each of the young associates in my firm papers to read. We have to teach them to read the papers!

人に、呼び出しを受けたいと思われなくてはなりません。いつでも、常に面白い人でいなければなければね。オペラに行っても、ヒップホップのコンサートに行っても、シンディ・シャーマンの個展に行っても、常にね。ただし、そのアーティストがまだ未熟であったり、そこでの基盤ができていない場合は、それは重要ではないわ。あなたが「良い物語」をもっていることが、ブロガーにとっても、プロデューサーにとっても、記者にとっても重要よ。私は、会社の資料のために、若者を割り当てるだけでなく、彼らに資料を読むことも教えなくてはなりません。


f0134963_1604152.jpg
photo : Cindy Sherman “Untitled#15312”


Q : You're an Orthodox Jew. Has observing your religion ever interfered
with your job?

あなたは正統派ユダヤ教徒ですが、宗教が仕事の障害になったことはありますか?


A : There have been many instances and events on a Friday night I couldn't attend because of Shabbot. I didn't go to a Michael Jackson concert when I was working with him on Thriller. The rabbi said I could go to his after party if I didn't work, but I decided not to because, well, you always wind up working and Shabbot is a very, very special day.

安息日のために参加できなかった金曜の夜のイベントはたくさんあって、『スリラー』でマイケル・ジャクソンと仕事をしていた時も、彼のコンサートへは行けませんでした。ラビは、仕事をしないのであれば、アフター・パーティーに行ってもいいと言われましたが、私は行かないと決めていたのです。なぜなら、結局は仕事をすることになるし、安息日というのはとてもとても特別な日ですから。

I also couldn't attend a Prince show in the Village, but he wound up canceling the performance at the last minute. Prince could tell when I was taking notes on the phone and would tell me: "Listen! Don't write things down." This was during the period he didn't want anyone to look at his face. He just wanted me to be really, really present. I don't question artists; I respect them.

私は、ヴィレッジでのプリンスのショーにも行けなかった。でも、彼は直前になって、パフォーマンスをキャンセルしたのね。プリンスは、電話で私がメモを取っていることを察知してよく言いました。『メモは取らないで欲しいんだ』と。これは、彼が誰にも顔を見られたくないと思っていた時期のことです。彼は(用件を話したいのではなく)ただ、私がそこにいることを求めてた。私はアーティストに質問するようなことはしなかったわ。彼らを尊敬していたから。

Michael Jackson was a combination of a child and the most brilliant person you ever met. He would take my pocketbook and turn it upside down so everything spilled out and I'd scramble trying to put everything back. I didn't believe the child abuse charges, but I wasn't working with him when those came out.

マイケル・ジャクソンは、子供と、これまで会ったこともないような素晴らしい人物の両方を併せ持っていました。彼はよく私のお財布を逆さまにして、中身を出してしまって、私は元に戻すのに大変でした。児童虐待の件は信じていません。ただ、その頃、私は彼と仕事をしていませんでした。

☆pocketbook = 手帳、小さなバッグ、お財布… 迷ったけど「財布」にしました。メイク用品が入っているようなプチバッグを、何度も逆さにして出されて、怒らない女子はいないから。


f0134963_1672726.jpgf0134963_1674221.jpgf0134963_1658061.jpg










(Andy Warhol's movie)



Q : You worked a lot with The Factory and Paul Morrissey.
Tell us something about Andy Warhol we don't know.

あなたは、アンディ・ウォホールの「ファクトリー」で、Paul Morrissey とよく仕事をされました。私たちが知らない、ウォホールに関しての話を教えてください。


☆Paul Morrissey = ウォホールの映画として知られている作品群の脚本、映画監督として有名。

A : He went to church every Sunday - then he'd go to work and start painting. And he always took the tiniest office without a window when everyone else had nice spaces. Andy was very supportive.

彼は、毎週日曜日に教会に行き、それから、仕事や絵を描き始めました。誰もが素晴らしいスペースを使用しているときも、彼は常に窓のない小さなオフィスを使っていて、ウォホールはとても優しく接してくれました。

I was having trouble with a boyfriend and he told me not to worry : "Just work really hard, make a lot of money, become really famous, and you can choose any man you want. " He always said, "wear conservative clothes: Not wild clothes. "He didn't want me to dress wild and liked my hair dark and straight. He didn't like anything cutting edge, even though he invented cutting edge.

私はボーイフレンドとの間に問題を抱えていたんですが、ウォホールは「一生懸命に働いて、大金持ちになって、有名になれば、どんな男だって選べる」から心配することはないと言ってくれました。またよく「保守的な服。ワイルドな服じゃなくて」とも言ってました。私にワイルドな服を着て欲しくなく、黒っぽいストレートヘアが好きで、彼は最先端を走っていても、最先端なことは好きではなかったんです。


f0134963_16211459.jpg


Q : Single people often complain about the difficulty of meeting prospective mates in Manhattan. How did you meet your husband?

独身者は、マンハッタンで、将来を約束できるような人にめぐり会うのは難しいとよく言います。あなたは、あなたの夫とどのようにめぐり会ったんですか?


A : I met him on the first blind date I ever went on! And he's a Harvard lawyer! We met and that was it. We were both recently widowed, but I bounce back after terrible things better than most people.

最初に行ったブラインドデートで会ったのよ!彼はハーバード出身の弁護士!会って、ただ、それだけよ。私たちは、2人とも別れて1人になったところだったんだけど、ただ、私は人より恐れを知らないところがあって、立ち直りは早いのね。

I have a really positive outlook. Also, I really like being married. A lot of people don't. You're never going to find everything you want in one person. You don't need to: I have the most fabulous friends. New York has the most interesting people in the world.

私はものの見方がほんとにポジティブなの。結婚するのが好きじゃない人もたくさんいるけど。だいたい、1人の人に全てを求めるのは無理なのよ。そうする必要もないしね。私には素晴らしい友人がいて、ニューヨークには世界で最も面白い人々がいるのよ。

source : AM NEW YORK


f0134963_16331831.jpg



[PR]
by yomodalite | 2012-03-08 16:59 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(17)
f0134963_12111883.jpg


[1]に引き続き、Cute Michael Jackson Stories から、ちょっぴり紹介します。日本語部分は、ご注意のうえ、お気づきの点はどうか遠慮なくご指摘くださいませ。


Is It A Bird?, Is It A Plane? Nope … It’s MICHAEL JACKSON!
August 3, 2004


Panic and mayhem was the order of the day when utter confusion hit Texas on Tuesday wrecking havoc in a Houston shopping mall. Was this the work of a whirlwind I hear you ask?

火曜日のテキサスが突然の大混乱に見舞われた日に、渦中のヒューストン・ショッピング・モールに吹き荒れた旋風の中で働いていた方に話を伺います。

Nope! None other than Michael Jackson had just hit town for a surprise shopping trip.

いや、マイケル・ジャクソン以上に、驚きの「ショッピング体験」が、街を襲ったことなんてないよ。

Witnessing the scene at the Memorial City mall was Katy resident Lester Davidson, who had this to say about his excitingexperience :

その記憶に残るショッピングモールの現場を目撃したのは、ケーティの住民、レスター・デービッドソンでした。彼の驚きの体験を語ってもらいましょう。

“I could not I could not, I could not freak’n believe it there I was, in the mall, right down the way from me was, my God, Michael Jackson! I can’t believe it happened my God Michael Jackson did you hear me Michael Jackson!”

出来ない、ホントに出来ないよ.... あそこに自分がいたことを信じるなんて。僕はいつもどおりにして、モールにいたのに、僕の神様の、マイケル・ジャクソンが.... こんな偶然信じられないよ。僕の神様のマイケル・ジャクソン....ねぇ聞いてる?マイケル・ジャクソンだよ!

Davidson, who was fortunate enough to be in the right place at the right time, went on to say :

デービッドソン....適切な時間に、適切な場所にいたという幸運者... は、次にこう言いました。

“I was at the Foot Locker when Mr, I mean Michael walked by. I immediately ran. People were falling down, screaming, yelling and stampeding.

マイケルが歩いてきたとき、僕は靴売場にいて...急いで走ったよ。大勢の人が倒れたり、叫んだりして、雪崩のように走ってた。

One lady outside the Sharper Image even ripped her top, skirt and bra totally off and threw it at Mr Jackson.”

ひとりの女性が、シャーパー・イメージの店から出てきたとたん、ブラウスとスカート、ブラまで全部脱ぎ捨てて、ジャクソンさんに目がけて投げつけた。

I fought my way through the crowd, somehow got close enough to Michael, Mr Jackson, my heart pounding out of my chest, not knowing what to do I just, I just did what any sane human in my situation would have done ..

僕も自分の方法を探しながら、群衆を掻き分けて、なんとかマイケルの近くまで進んだんだ。ジャクソンさんのことで、心臓がドキドキして、何をするべきかわからなかったけど、結局、多くの普通の人がやるようなことと同じことをやることにした。

I got down on my knees and kissed Michael Jackson’s shoe.”

僕は身をかがめ、膝まづいて、マイケル・ジャクソンの靴にキスしたんだ。


f0134963_121749100.jpg
Houston Galleria Shopping Mall



2004年でも、男女ともに、これほどの熱狂をもたらしているとは....

デービッドソンさんの行動もスゴいけど、ブラを取るまでの決断力の早さに脱帽(笑)、そこまでやって、サインもらえたのかな。ていうか、どんな格好でもらったの(笑)


Swapping clothes with Blanket, 30th January 2006

While in Hamburg, a fan had his hat taken so that Michael could sign it. But it seems that Blanket, who was there, admired the hat so much that he was allowed to keep it! Michael then took Blanket’s t-shirt signed it and gave that to the fan instead!

ハンブルクにいる間、ファンはマイケルにサインをもらおうと帽子を持って行きました。ところが、そこにいたブランケットらしき人物がその帽子をすごく褒めたので、帽子はそのままにして、なんと、マイケルはブランケットのTシャツをとって、サインし、それをファンに与えました。

The shirt read “Blankets T-Shirt love Michael Jackson.”

そのTシャツには「ブランケットのシャツ “LOVE” マイケル・ジャクソン」と書いてありました。


f0134963_1220326.jpg


ブランケットは脱がされたの?! 
これは、父による「人の物を無闇に褒めるな」の教育なんでしょうか(笑)

でも、、ブランケット(3歳11ヶ月?)のものにしては、サイズがデカ過ぎるよね



☆下記は、2004年と、2005年の有名人によるMJへの言葉。


Amy Winehouse, February 27 2004

“You know how you either grow up in a Michael Jackson house or a Prince house?” says Winehouse, whose accent reveals her north London roots.

エイミー・ワインハウスは「あなたは、一緒に成長するなら、マイケル・ジャクソンの家か、プリンスの家か、どっちだと思った?」と、ロンドン北部を思わせるアクセントで言います。

“For me it was Michael Jackson. I could never decide whether I wanted to be Michael Jackson or marry him. I don’t care what people say about him now because he’s a ****ing genius.

私はマイケル・ジャクソンだった。私はマイケル・ジャクソンになりたいのか、彼と結婚したいのか、なかなか決められなかった。私は、人々が今、彼のことを何て言ってるかなんてどうでもいいわ。だって、彼はとんでもなくスゴい天才だもの。

That’s it – the end! He was robbed of his childhood, which is why he surrounds himself with children. When you’re around kids you can be a little kid yourself and pretend that life is magic and you don’t have to be one of those sweaty people going to work every day. I completely see what he’s doing.”

もう、こんなことは終わり!彼は子ども時代を奪われて、それで、自分の周囲に子供たちを置いているだけ。あなたは、あなたの周りに子どもがいても、あなた自身が子どもになって、人生はマジックだなんてこと必要なく、毎日汗を流して仕事が出来るかもしれないけど、、私には、彼がやっていることが完璧に理解できるわ。


f0134963_1231494.jpg
Amy Winehouse....R.I.P.




Pete Townshend, June 23, 2005

Townshend wrote in the diary section of his official petetownshend.co.uk website that he’s always known Jackson to be loving and supportive of children, especially those in need.

ピート・タウンゼンドは、彼の公式サイト( petetownshend.co.uk ← 現在は更新され新サイトになっている模様)の「日記」に書いた。マイケル・ジャクソンが子供たちを愛し、サポートしていたことはよく知られているが、子どもたちにとっても、彼は特別な存在だ。

Townshend said, “[Jackson] has unselfishly helped every cause, and individual child, I have sent his way. In one case he hired a circus for the Down’s Syndrome children of a special school of the daughter of a friend of mine, and showed up to happily, and – yes – in childlike enthusiasm – watch the show with them.

タウンゼントは言う。「(ジャクソン)は、利他的で、どんな子どもたちもすべて支援してきた。私が知っている彼の支援を紹介しよう。その一つは、私の友人の娘でダウン症の特殊学校に通っている子どもたちに、彼が「サーカス」を連れて現れたこと。ああ、僕も子供みたいに熱中して、彼らとサーカスを見た。

This little girl believed she was Michael’s future wife, and he so kindly allowed her to sit next to him, as his future bride. His feathers may be badly burned, and he may be damaged in other ways too, but he is something of an angel.”

その少女は、マイケルの奥さんになるって信じてた。彼も優しく彼女を自分の隣に座らせてた。その将来の花嫁をね。彼の羽根は激しく燃えているかもしれない。また、他にも傷つけられることもあるだろう。それでも、彼はひとりの「天使」だよ。


f0134963_1322380.jpg
Pete Townshend



ピート・タウンゼントも、ネットで児童ポルノサイトを閲覧したというだけで逮捕されるという、MJと同じような「バカげた容疑」の被害にあった方。

◎ピート・タウンゼント(ウィキペディア)

根本敬氏によって、すごく興味はもっているのだけど、まだ何もわかりません。「マイケルと70年代」から、そのあたりに没入したかったのだけど、Bee Gees のことも、まだ全然だし....でも、とにかく「素敵なひと」だと思っていた人と、MJとの繋がりを発見できてよかったかも。




[PR]
by yomodalite | 2012-03-01 12:47 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

Cute Michael Jackson Stories [1]

f0134963_9304070.jpg

Michael's humour のコメント欄で、Meeさんに教えてもらったページにあった「MJのほのぼの話」をちょっぴり... いつものように、ヤバい英語力を最大限駆使した訳なので、お気づきの点は、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。

今回、紹介するのは、

MJが、黒人ラッパーたちと幅広く親密な交際をしていたことをご存知の方も多いと思いますが、あの裁判のあと、王族たちと優雅なひとときを過ごしていると思っていた中東の旅でも、こんな会話があったんだ....みたいな内容。

会話の中の一人称「俺」は、G-Unit's のDJ、WHOO KID です。


f0134963_9324169.jpg

◎[動画]G-Unit's DJ WHOO KID loves Alizé!

では、

DJ Whoo Kid on meeting Michael, 23rd March 2006

G-Unit’s DJ Whoo Kid recently spent some time in the Persian Gulf nation Bahrain. He originally connected with Bahrain’s royal family after he was recommended to DJ their parties by mutual contacts, including the Prince of Monaco and Seif Khadafy, son of Libyan dictator Moammar (“They’re huge G-Unit fans,” the DJ said).

G-ユニットのDJ、Whoo Kid は、最近、ペルシャ湾国家バーレーンで時を過ごしました。彼は、バーレーンのロイヤルファミリーと接点を持ち、彼らのパーティーで、DJに推薦された後、モナコ王子や、リビアの独裁者でカダフィの息子(彼らは、G-ユニットのビッグファンだとDJは言っている)にも紹介された。

In Bahrain, he also met Michael Jackson. Whoo Kid recalls the beginning of his day with Bahrain’s royal family and their guests as follows:

また、バーレーンで、彼はマイケル・ジャクソンにも会いました。Whoo Kid は、バーレーンのロイヤルファミリーや、ゲストたちとの一日の始まりを思い出します。

I (saw) Michael Jackson sitting by the pool sippin’ lemonade. They didn’t tell me he was going to be there — I didn’t even expect Michael to be in the country. So I’m like ‘F—ing Michael Jackson is here, sippin’ lemonade!

俺は、マイケル・ジャクソンがプールサイドに腰掛けてレモネードを飲んでいるところを見たんだ。俺は彼がここにいるなんて聞いてなかったし、マイケルがこの国にいることすら予想もしていなかった。そう、あの、マイケル・ジャクソンが、ここに座ってレモネードを飲んでるなんてさ!!!

I said ‘What’s up?’ to him and acted like I wasn’t groupie-sized. I gave him respect for all the sh– he did, but in my head I was going crazy.

俺は「どうだい?」なんて、彼に、ちっちゃい奴に見えないように言ってさ、俺は、彼をとことんリスペクトして過ごしてたんだけど、俺の頭の方はどんどんクレージーになっちゃって。

He said, ‘I’m just chillin’ ‘ — he actually said ‘chillin’!’ F—ed my head up, so I walked away from him. Everybody gave him his respectful space.

彼は「すごく癒された」って、彼はマジでそう言った「癒された」ってね。俺は自分のク☆頭に気をつけて、彼からそっと離れた。誰もが彼には敬意を表して、そっとしておくだろう。

During his trip, Whoo Kid was also invited to dinner with the sheik and his guests. Apparently people were giving Michael Jackson too much space as there was an empty seat next to him, which other guests were evidently too intimidated to fill.

その旅の間、Whoo Kid も、首長やゲストたちと夕食に招待されましたが、見たところ、マイケル・ジャクソンには他の人々より多くのスペースが与えられていて、彼の隣は空席でしたが、他のゲストたちは恐れをなしているようでした。

Finally Michael, who’d laughed at some of Whoo Kid’s jokes earlier in the day, called the DJ over to sit with him:

すると、マイケルは、その日最初に笑った Whoo Kid の冗談が気に入ったので、DJを呼んで、彼を隣に座らせました。

Mike was like, ‘Whoo Kid, come sit over here’. I was like poinng! He was supposed to be there for like 45 minutes; he stayed for five hours.

マイケルは「Whoo Kid、こっちに座わらない?」って感じで、俺は“poinng!”(?)って感じさ。たぶん、彼は45分間ぐらいと考えてたと思うけど、、5時間は居たね。


f0134963_1033534.jpg



f0134963_1041999.jpg
この人も G-Unit のメンバーかな?



We was talking about Eminem. He was like, ‘Is Eminem really retired?’ I forgot that Eminem totally cremated him in one video (‘Lose It’), but (Michael) didn’t even bring it up. Then he started talking about 50.

俺たちはエミネムについて話したんだ。彼は「エミネムは本当に引退したの?」とか... 俺は、エミネムが彼を 「Lose It」のビデオで侮辱したことなんか忘れてたけど、マイケルも全然そんな感じじゃなかった。それから、彼は50Cent(50はラッパーの「50Cent」のことだと思う)について話しはじめた。


f0134963_950497.jpg

◎[動画]◎50 Cent - Keep It Movin New (Official Video)


I gave Michael some music. I’m trying to get him to do a song with 50. It will be like the Jackson Two or something.

俺はマイケルと50セントで組んで一曲やってもらおうと思ってたんだ。(ジャクソン5ならぬ)ジャクソン2(50セントの本名はCurtis James Jackson III)って感じでね。

During the dinner the two also talked about food and fashion

ディナーの最中には、その「ジャクソン2」のこととか、食べ物や、ファッションのことも話してさ。

They had a whole lamb they brought to the table and Mike was eating some weird vegetables. I told Mike, ‘You better get up on some of this lamb.’ I said, ‘Let me get some of this lamb ass.’ The Sheikh was dying (laughing) because I kept saying ‘lamb ass.’

テーブルにはまるごと子羊が乗ってて、マイケルはなんか変な野菜とか食べてたんだけど、俺はマイケルに「あなたも、この子羊を食べた方がいい。そして、俺にもこの子羊のケツを与えてくれ」って言ったんだ。バーレーンの首長は死んでたぜ(笑)俺が何度も「子羊のケツ」だなんて言うから。

You can’t talk to Mike all fluffy like everyone does. I got him to curse — he said ‘sh–.’

そんな風にマイケルに話せないだろう。マイケルには、誰もがみんなふんわりした感じで話すからさ。俺は彼に悪態をついたよ ー 彼も「ク☆っ」 とか言っちゃってー

I told him he needs to cut his a hair, get some million-dollar earrings, get a million-dollar watch and take all them spaceship clothes off.

俺は、彼に言ったんだ。お前は髪を切るべきだし、100万ドルのイヤリングをして、100万ドルの腕時計もして、あの宇宙服みたいなやつとか、全部脱いじゃえよ。って

He said, ‘I have to change my whole outlook.’ He said he was trying to work out.

マイケルは「ぼくは自分の外観を何もかも変えなきゃならないな」って、彼はヤル気だったね

(おしまい)

Source : Cute Michael Jackson Stories


そういえば、、、明らかに私服がカッコ良くなったのは、これ以降だったかも....wそれと、1年後の2007年には「100万ドルの腕時計」もしてた!(笑)


f0134963_10415973.jpg
この写真だけ、2007年の「VOGUE」撮影現場



f0134963_1072163.jpg
MJの右側の人は Tyson Beckford


f0134963_1095942.jpg
John Legend も招待されてたみたい。


f0134963_10113840.jpg
2006年のバーレーンのMJはキュートな表情が多いなぁ....



このバーレーンでのディナーについては、MTVの Tim Kash も語っています。


[PR]
by yomodalite | 2012-02-29 10:21 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(21)
f0134963_1118625.jpg


表紙の男の子は「マイケル」という名の少年。

本書は日本一のバリ研究家、鈴木重敏氏による「ピーターパン」本。バリが「マイ・ボーイズ」と呼び、戯曲『ピーター・パン』が出版されたとき「五人へ」という長い献辞を送った、ディヴィス家の5人の兄弟と、その両親との物語、また歴代のピーターパンを演じてきた(多くは女性)出演者や舞台の様子などが豊富な写真とともに紹介されています。


f0134963_1128175.jpg


写真集とありますが、読みどころが多く、冒頭では、1904年の『ピーター・パン』初演の日、数々の人気舞台を手がけてきたバリがこれまでにないほど緊張し、演出への悩み、興行成績への不安など、困難を乗り越え、大成功した舞台初日について語られています(バリは当初、この公演を『偉大な白い父』と名づけていた)。

(P19)現実は、大方の予想に反する大当たりだった。幕が上がってダーリング家の子供部屋に犬のナナが現れた瞬間から、観客はバリの魔術の虜になってしまった。ナナが幼い少年の入浴の準備を始めると、観客席はあまりの意外さに一瞬鎮まりかえり、次いで快い笑いに沸き返った。その後は最後の幕が降りるまで、観客はバリの意のままに笑い、恐れ、そして涙を流した。

ロンドンの一流の劇場では、初日に子供連れで来る客は少ない。この夜もデューク・オブ・ヨーク座の観客席を埋めていたのは、社交界のエリートと演劇や文芸の批評家が殆どだった。この、いわゆる知識人たちが、年齢を忘れ地位も職業も忘れ、子供時代に戻ってこのお伽劇を楽しんだのだった。(引用終了)



f0134963_11294585.jpg


1907年の暮れに始まった第4回公演の千秋楽では『ピーターパン』の数千回に及ぶ上演史上ただ1回だけの特別な場面が挿入されている。とか、あのチャップリンもこの舞台の出演者だった?....などの興味深い記述もたっぷり。

(また『小さな白い鳥』では、これがバリの最後の小説作品とありましたが、ここでは、さらに30年後に『ジュリー・ローガン嬢への挽歌』が出版されたとあります)



f0134963_11302823.jpg
フック船長を演じ、少年たちと遊ぶバリ



第二章から、ディヴィス家の5人の少年たちとの話。彼らが赤ちゃんだった頃から、成長した後の彼らが辿った運命....

http://beinecke.library.yale.edu/dl_crosscollex/SetsSearchExecXC.asp?srchtype=ITEM

上記のアーカイブは、バリが撮影した少年たちの写真を中心に、たった2冊のみ出版された『ブラックレイク島少年漂流記』(The Boy Castaways of Black Lake Island)。本書にも詳細な章題とともに紹介されています....(この本こそ『ピーターパン』の劇の底本?....ただし、ピーターパンは登場していない)。

yomodalite註:これをブライアン・マイケル・ストラー流に仕上げたのが『ネバーランディング・ストーリー』(原題:Miss Cast Away)たぶん...w



f0134963_11391721.jpg


第三章は、バリの生涯。スコットランドの生家や街並、少年時代から晩年までが、写真付きで紹介。

本書で使用されている写真は、すべて映画『ネバーランド』(Finding Neverland)の原作でもある『ロストボーイズ』の著者、アンドリュー バーキン氏所蔵のもの。

次は『ロストボーイズ』を読まなくちゃ!(『ロストボーイズ』には本書の内容と重複しているところもあるのかな...)

◎ピーター・パン写真集(アマゾン)

[参考サイト]
◎ピーターパン・バリ文庫(鈴木重敏氏の寄贈によるもの)

[本書の感想]
◎ピーターパン&ジェームズ・バリ
______________

[BOOKデータベース]J・M・バリがピーター・パンを撮影していた。デイヴィス家の五人兄弟に自作『ピーター・パン』を捧げたJ・M・バリ。世界中に愛される「永遠の少年」の誕生秘話。新書館 (1989/10)


[PR]
by yomodalite | 2012-02-09 11:48 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

チャップリンのスピーチ

f0134963_2381485.jpg


このスピーチは、映画『独裁者』の最後のシーンで行われたものです。以前、歴史的に有名な映画として、これを聞いた(見た)ときは、独裁者に操られて、戦争に行くのではなく、わたしたち自身のために、立ち上がろうというメッセージを訴えたものだと思ってました。

それが間違っていたとは思っていませんが、この数年、MJのことを考えない日はないぐらいの毎日を過ごしてきたせいか、今日あらためてスクリプトを読んで、自分なりに訳してみて、なんだか全然わかっていなかったという気持ちと、やっぱり、そうだったのかなぁという気持ちも半分あって、結局のところ、すごく泣いてしまいました。

私は、チャップリンを歴史的偉人として知っている世代なのですが、この映画のチャップリンを批判したのは、戦争執行者たちや、支持者たちだけではなく、彼のファンや、映画評論家からも、決して評判がいいものとはいえなかった。

そこに至るまでの、コメディ演技の素晴らしさに対して、ラストの演説シーンはなかった方が良かったという感想は、今でもよく見られます。

そういった感想を抱く人は、この映画が公開されたとき、多くのユダヤ人が実際に収容所に送られ、ドイツ国民もその政策を支持し、日本はドイツの同盟国として、戦争に参加していたということの想像ができないのでしょうか? 

ヒトラーは、実際にこの映画を観たそうで、チャップリンは是非その感想が聞きたいと言ったという。私は、これが、心優しく人々を楽しませてきたコメディアンが行った演説だということを絶対に忘れたくないと思います。

映画の日本語字幕も、熱いスピーチに見合った素敵なものだと思いましたが、

◎独裁者(ラストの演説・DVDをコマ送りしながら、書き起こしてみた)

チャップリンの最後の映画が、マーロン・ブランドが主役で、MJの最後のSF(実質的に)にも、ブランドが登場しているという繋がりを強く感じ始めてから、チャップリンとMJの類似は、それを感じるだけでなく、ときどき突き刺さって来るような感覚を感じて......

それで、英文スクリプトから自分でも訳してみました。




I'm sorry but I don't want to be an Emperor, that's not my business. I don't want to rule or conquer anyone. I should like to help everyone if possible, Jew, gentile, black man, white.

申し訳ないが、私は皇帝になどなりたくない。そんなことはごめんだ。私は誰も支配したくないし、征服したくもない。私は、できるなら、すべての人を助けたい。ユダヤ教徒も、キリスト教徒も、黒人も、白人も。


We all want to help one another, human beings are like that. We all want to live by each other's happiness, not by each other's misery. We don't want to hate and despise one another. In this world there is room for everyone and the earth is rich and can provide for everyone.

私たちはみんな、お互いに助け合いたいと思ってる。人間とはそういうものなんだ。私たちは、お互いの不幸でなく、お互いの幸せによって暮らしたいんだ。憎み合ったり、軽蔑し合ったりなどしたくない。この世界には、だれにでも暮らせる場所がある。この大地は豊かで、誰にでも恵みを与えてくれる。


The way of life can be free and beautiful. But we have lost the way. Greed has poisoned men's souls, has barricaded the world with hate;
has goose-stepped us into misery and bloodshed.

人生は、自由で美しいはずなのに、私たちは進むべき道を見失っている。強欲によって精神は毒され、世界には憎悪の壁が築かれる。私たちは歩調を合わせ、悲惨と流血への道を行進している。


We have developed speed but we have shut ourselves in :
machinery that gives abundance has left us in want.
Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.

私たちは、スピードを発達させたことで、逆に閉じこもりがちになり、機械化は、私たちを豊かさにすると同時にさらに欲張りにし、私たちが得た知識は、私たちを皮肉にし、賢さは、私たちを冷たく、不親切にしている。


We think too much and feel too little :
More than machinery we need humanity ;
More than cleverness we need kindness and gentleness.

私たちは、多くを考えて、感じることが少なくなっている。機械化よりも人間性が大事で、賢くなるよりも、親切や思いやりの方が必要なんだ。


Without these qualities, life will be violent and all will be lost.

こういった本質を失ってしまったら、人生は暴力的になり、なにもかも失ってしまう。



The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all.

飛行機やラジオは、私たちを近づける。こういった発明の本質は、人々の良心に呼びかけることだ。私たちみんなが普遍的な人類愛でひとつになろうと呼びかけるのだ。


Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and little children, victims of a system that makes men torture and imprison innocent people. To those who can hear me I say "Do not despair".

今、私の声は世界中の何百万という人たちに届いている。絶望の淵にある男性や、女性、そして、幼い子供たち、罪のない人々を拷問にかけ、拘束するシステムの犠牲者に届いている。彼らに私は伝えたい。「希望を失ってはならない」と。


The misery that is now upon us is but the passing of greed, the bitterness of men who fear the way of human progress : the hate of men will pass and dictators die and the power they took from the people, will return to the people and so long as men die [now] liberty will never perish. . .

私たちは、今、悲惨な現実を味わっている。でも、強欲も、人間の進歩を恐れる男性の辛さも、一過性のものだ。憎しみはいずれは去り、独裁者たちは死ぬ。そして、彼らが人々から奪った力は、人々に戻るだろう。人類が絶滅しない限り、自由が絶滅することはない。


Soldiers : don't give yourselves to brutes, men who despise you and enslave you, who regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.

兵士たちよ。あなたを軽蔑して、奴隷にするような人間に従うな。彼らは、君たちが、何をして、どう思い、何を感じるべきかまで指示し、君を、家畜のように扱って、砲弾の餌食として利用しようとしている。


Don't give yourselves to these unnatural men, machine men, with machine minds and machine hearts. You are not machines. You are not cattle. You are men. You have the love of humanity in your hearts. You don't hate, only the unloved hate. Only the unloved and the unnatural. Soldiers: don't fight for slavery, fight for liberty.

君たちは、機械でも、家畜でもない、心に愛と尊い人間性をもっている人間だ。だから憎んだりしない。愛のない者だけが憎むのだ。愛されず、不自然な者だけが。兵士たちよ!奴隷として戦うのを止めて、自由のために戦うのだ!


In the seventeenth chapter of Saint Luke it is written:
"The kingdom of God is within man"
Not one man, nor a group of men, but in all men; in you, the people.

ルカの福音書17章には「神の国は人々の中にある」と記してある。ひとりの男の中にではなく、特定の集団にでもなく、すべての人々の中に、そして、君自身の中に存在すると。

You the people have the power, the power to create machines, the power to create happiness. You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

あなた方人々は、力を持っている、その力は機械を創造し、幸福も創造する。あなた方人々は、この人生を素晴らしい冒険にし、自由で美しくする力もある。


Then in the name of democracy let's use that power, let us all unite. Let us fight for a new world, a decent world that will give men a chance to work, that will give you the future and old age and security.

民主主義の名のもとに、この力を使い、団結しよう。新しい世界のために、働く機会が平等に与えられる世界のために戦おう。それは、君たちに未来を、古い世代には安全を与えるだろう。


By the promise of these things, brutes have risen to power, but they lie. They do not fulfil their promise, they never will. Dictators free themselves but they enslave the people. Now let us fight to fulfil that promise.

これらを公約をすることで、彼らは政権をもった。でも、彼らは嘘つきだ。彼らは約束を果たさない、絶対に。独裁者たちは自分自身を自由にし、人々を奴隷化する。私たちは、本当に約束のために共に戦おう。


Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do away with greed, with hate and intolerance. Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men's happiness.

自由な世界のために、国境を無くし、強欲や憎しみや不寛容を追放するために、戦おう。科学や進歩がすべての人の幸せのためになる、そんな世界のために共に戦おう!


Soldiers! In the name of democracy, let us all unite!

戦士たちよ!民主主義の名のもとに、団結しよう!


(下記は恋人ハンナへのメッセージ)



Hannah, can you hear me? Wherever you are, look up, Hannah. The clouds are lifting. The sun is breaking through. We are coming out of the darkness into the light. We are coming into a new world. A kind new world where men will rise above their hate and brutality.

ハンナ、聴こえるかい? 君がどこにいたって、見てごらん!ハンナ、雲は上がり、太陽が現われる。暗闇の中に、明るい光が射し始め、新たな世界がやってくる。新たな世界は、人々が憎しみや暴力を克服して生まれるんだ。



The soul of man has been given wings, and at last he is beginning to fly. He is flying into the rainbow, into the light of hope, into the future, that glorious future that belongs to you, to me and to all of us. Look up, Hannah. Look up.

人の魂は翼を与えられている。そして、ようやく飛び立とうとし、虹の中に飛び立った。明るい希望をもつ未来の中に、輝かしい未来は、君にも私にも、私たちすべてにやって来る。上を向いて、ハンナ!


◎『独裁者』(ウィキペディア)


f0134963_2337943.jpg
写真は、晩年期のチャップリン


ヒストリー・ティーザーは、この『独裁者』の演説を発展させたものだと思います。

◎[関連記事]マイケル・ジャクソンの顔について(14) “HIStory”

チャップリンも、MJも「正義」のためには戦わない。

正義は、善と悪を分けようとし、善人と悪人を作り出す。だから、必ず「憎しみ」が生まれるし、その感情に囚われてしまう。そして、それを「独裁者」は支持する。独裁者がいても、殺人を実行する多くの人々がいなければ、戦争を起こすことはできないから。

罪のない人が拘束され、裁判は「無罪」を勝ち取らなくてはいけないという「システム」によって、善と悪が決定される。だから、MJは、いつも裁判のときにおどけていたのだ。

やっぱり、忘れてはいけないのは、あのときのMJの「スマイル」だと思う。






[PR]
by yomodalite | 2011-12-20 23:50 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(5)

Michael's Horror Story

f0134963_1249196.jpg


2002年の「Gold」誌インタヴューでも語っていたように、これから製作しようとしていた映画でも、MJは「ホラー」を考えていましたが、そんなMJの「ホラー好き」に関して、興味深い記事をメモしておきたいと思います。

下記は、2006年ごろにMJが書いた「ホラーストーリーのメモ」らしく、見つかっているのは一部分のようですが、不完全でありながらも興味深い点が多々合って、

これは、プリンスとパリスを主人公にした「お話」(子供たちに語るためか、または、演じさせるため?)なのですが、MJは、彼らもすごく怖がらせようとしていたり、また、彼らに語られるための「お話」にしては、とても視覚的で、ストーリーを書いていると言うよりは、想像した影像をメモしているように、私は感じました。

内容が飛んでいるせいもあって(言い訳?)、この「彼」が、どの「彼」なのかよくわからないというレベルで、あやうい箇所がいっぱいあり(汗)、

いつも以上にヤバい訳になっていると思いますので、色々とご指摘いただけると、すごく嬉しいです!

f0134963_12525083.jpg


私が一応訳してみたのは、下記の英文サイトのテキストから。両方とも同文だと思いますが、手書きメモと同じ(?)というよりは、内容をまとめた文章なんでしょうか?(credits : michaelious and mjjphotos この件に関してもご指摘をお待ちしています)

◎MJ'S HANDWRITTEN HORROR
◎A Horror Story Written By Michael

☆また、こちらのとてもとても素敵なブログでは、手書きのメモの方から、一部を訳してくださっているようで、大変参考になります!!!

f0134963_12532941.jpg
(引用開始)

Michael Jackson wrote this story titled "Kids on Swings". It was penned by Michael Jackson when he visited the UK in 2006.

「キッズ・オン・スウィング」というタイトルの物語は、マイケル・ジャクソンが、2006年に英国を訪れた時、書かれました。

It was written in black and blue pens on the back of letters and pictures of an Irish Georgian Castle...

それは、アイルランドのジョージ王朝時代の城が描かれた便箋の裏に、黒色と青色のペンで書かれました。

Written as play, it tells how Paris and Prince are playing on swings until the boy becomes disinterested and runs off.

それは、プリンスとパリスへのお話の脚本として、少年が元気に遊べるようになるまでを無関心ではいられないように書かれています。

(MJのメモはここから)

"A pack of wild dogs then chase the two as Paris screams for her Dad."

「野犬のパックが2人を追い、パリスは、パパを求めて叫びを挙げる」

The two kids spot a man working in a field with a sling blade."We see him working but we can't see his face."

2人の子供(プリンスとパリス?)は、そこで男が「スリング・ブレイド」(註1) を使うのを目撃します。「私たちは彼がナイフを使うのを見たわ。でも彼の顔を見ることは出来なかったの」

The character of Prince tells his sister "He murdered his wife and no one ever sees his kids cause he keeps them tied to the bed like his wife, before he murdered her. He starves them first then he murdered them, Paris."

プリンスの役は、妹のパリスに「彼は妻を殺した。それから誰も彼の子どもを見ていない、妻は殺される前にベッドに結び付けられていた。彼は、妻やこどもを、まず飢えさせてから殺したんだ」と伝えます。

His terrified sister admits to being scared before asking how he killed them. "He did it with a sling blade Paris."

パリスは、彼がどのように妻や子どもたちを殺したかを尋ねる前に脅えていました。「彼は、あの持っていたスリング・ブレイドでやったんだ。パリス」

In the next scene Prince and Paris are in bed - too frightened to sleep. A twisted passage then describes how the monster got a facial scar.

次のシーンでは、プリンスもパリスも、ベッドで眠ることができませんでした。紆余曲折をえて、その怪物(スリング・ブレイドで妻を殺害したと思われている男?)がどのように顔に傷を負ったのかが語られる。

"He starved a man for 2 weeks," it reads. "Just before killing him they had a fight. The guy he was trying to kill grabbed the knife to attack him. And he cut him over the eyes.

「彼は2週間人を飢えさせた」「殺す前に、彼らは殴り会った。彼(the monster?)を殺そうとしていた男は、彼を攻撃するためにナイフをつかみ、彼の目の上を切りつけた。

"He then got scared and ran into what they call the endless BLACK FOREST...he was never found again. Because they say there is no way out of the endless Black Forest."

「その後、彼(the monster?)は脅えながらも、人々が果てしない「黒い森」(註2)と呼ぶものに逃げ込み、2度と発見されることはなかった。果てのない「黒い森」には、出口がないと人は言う。

The two youngsters venture into the 'Black Forest' to visit the 'crazy man.'

2人(プリンスとパリス)は、その「狂気の男」(the monster?)を訪ねるために「黒い森」に乗り出します。

Shaking with fear, the children peer through the window of his cottage before a spine-tingling scene in which he creeps up behind them.

コテージの窓には、恐れ震えている子供たちの背後に、男が後ろから忍び込もうとするぞっとするような場面

He stabs them as they try to escape his clutches and Prince has an asthma attack and stops breathing.

彼は、彼の子供たちが逃げられないように強くつかんで、突き刺しました。ブリンスは(それを見て)喘息の発作を起こし、呼吸が出来なくなります。

The monster then hunts them down in the forest before Prince apparently dies with his sister's head on his 'lifeless chest.'

怪物は、森の中でプリンスとパリスを追いつめ、プリンスは死んだように見え、彼の「生命が途絶えた胸」の上には、パリスの頭があった。

In the final twist, the man carries Prince back to the cottage and holds hands with Paris. She is described as feeling 'safe and loved by him.'

最終場面、男は、パリスの手を握り、プリンスを抱えてコテージに運びます。パリスは、彼は安全で、大切にしてくれたと評する。

The man carries Prince to his bed and puts the cover over the sick boy before sitting in a chair and watching him.

男は、プリンスを彼のベッドに運び、具合の悪い少年に布団をかけ、椅子に座り見守る。

When her brother finally awakes from his coma, Paris calms the traumatized boy as she tells him the man "won't hurt you".

彼女の兄が昏睡から目覚めた時、衝撃を受けたプリンスに、パリスは「あの男はあなたを傷つけることはないわ」と鎮めます。

Closing lines read : "He pulls the Toys from his jacket. What was broken is now mended, Fixed Paris.

再終行、「彼は、上着からおもちゃを取出した。壊れていたものは今は修理されている。パリスが直した(パリスによる締めの言葉という意味?)。

He didn't steal our toys Prince he fixed them. KIDS are happy to see their fixed toys again.

彼は、僕たちのおもちゃを盗まないで、それらを直してくれたとプリンスは言う。子供たちは、元に戻ったおもちゃを見て幸せそうです。

"Man gets up, walks to the door right before he exits Prince says thank you they exchange smiles and we see him."

男がドアの方に歩いて出て行く前に、プリンスは彼と微笑みを交換し、彼に会えたことを感謝しますと言いました。
___________

註1「sling blade」は、カイザーナイフとも言われるナイフのことだと思われますが、このストーリーの全体を通して、MJの好きな映画『スリング・ブレイド』の影響が感じられる。

註2「BLACK FOREST」は、ヘルマン・ヘッセの生地として知られる、ドイツ語で「黒い森」を意味するシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)を指しているか、イメージしていると思う。

◎ヘルマン・ヘッセ格言集
___________

わたしは、

最初に見たスリングブレイドの男と、プリンスが妻を殺したと思った男、顔に傷がある“the monster”と、パリスが"won't hurt you"と言った男は同一人物で、上記の男を殺しに来た「男」(the monsterに顔に傷を負わせた)は別にいて、最初に殺人を冒したと思った「男」は、“the monster”ではなかった。

という構成になっているのかなぁと思ったのですが....みなさんは、どう思われましたか?


[PR]
by yomodalite | 2011-12-17 23:24 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(9)
f0134963_18134129.jpg
FLEETWOOD MAC



マイケルと70年代(70's Hit Album 1974 - 1976)のつづき

わたしは、70年代をシングルで振り返っていたときは、後期のディスコヒットぐらいしか知らないという印象でしたが、アルバムチャートでは、中期からロック系バンド隆盛の時代が到来し、その流行が80年代にも継続して受け継がれていっているせいか、アルバムチャートで、曲を振り返った方が知ってる曲が多いように感じた人も多いのではないでしょうか。

また「アルバムの時代」は、70年代中頃からの傾向で、若者をターゲットにしたマーケットではより反映されているようです。

70年代のヒットチャートを探る試みは、今回が最後。調べてみるまで、あんまり知らなかったにもかかわらず、ずうずうしく次回から、70年代がMJに与えた影響などを考えてみたいと思ってます。

下記は、1977年から1979年のアルバムチャート!
◎BILLBOARD 1970's ALBUM TOP50 (PART 2)


f0134963_1822961.jpg
FLEETWOOD MAC『RUMOURS』



◎1977 ALBUM TOP10

1:FLEETWOOD MAC『RUMOURS』
☆アルバムは31週間に渡って全米1位に輝き、1,700万枚といわれる史上空前のセールスを記録し、シングル「Dreams」も全米1位になる。
◎Dreams(Live) - Fleetwood Mac
◎Go Your Own Way- Fleetwood Mac

2:STEVIE WONDER『SONGS IN THE KEY OF LIFE』
☆このアルバムは、MJの2003年のインタヴューでも言及しているアルバム。下記の2曲はいずれも、シングルチャートで1位を獲得。
◎Sir Duke - STEVIE WONDER
◎I Wish(Live) - STEVIE WONDER

3:SOUNDTRACK『A STAR IS BORN』
☆1954年のジュディ・ガーランド主演作など、何度もリメイクされている映画『スター誕生』。こちらは、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン出演で、バーブラが作曲して歌った『スター誕生/愛のテーマ』が大ヒット
◎Evergreen(A star is born)- Barbra Streisand

4:EAGLES『HOTEL CALIFORNIA』
◎Hotel California - Eagles

5:BOSTON『BOSTON』
☆邦題『幻想飛行』。シングル「More Than A Feeling 宇宙の彼方へ」がヒット・チャートを駆け上がり、アルバムは全米3位を獲得。同年だけで100万枚を売り上げ、2003年までに通算1700万枚のセールスを記録、アメリカン・ロックの新しい時代を開く歴史的作品となった。1978年、ツアーの合間を縫って慌ただしく制作されたセカンド・アルバム『Don`t look back』も全米1位の大ヒットを記録した。
◎More than A Feeling - Boston
◎Don`t look back(live&studio full version)
◎ボストン(ウィキペディア)

6:ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA(ELO)『A NEW WORLD RECORD』
☆1974年の『Eldorado』が初の全米ゴールドディスクを獲得、1975年の『Face The Music』1976年の『オーロラの救世主(A New World Record)』でヒットチャートの常連へと成長。その後、二枚組大作『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977)、当時大流行したDisco BeatをELO流に解釈したPOP Rockの傑作『Discovery』(1979)を生み出し、作品の質もレコードの売上げも、ライブの動員規模でもキャリアのピークを迎え、1980年に映画『Xanadu』のサントラから3曲を全米Billboard TOP20に送り込んだ。

(ELO、たくさん曲を並べてしまいましたが、、あらためて聴いてみたら思ってたよりすごくビートルズぽかったことが新鮮だったので。。)

◎Telephone Line (アルバム「A NEW WORLD RECORD」1976) - ELO
◎Shine a Little Love(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎Don't Bring Me Down(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎Confusion(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎The Diary of Horace Wimp(アルバム「Discovery」1979) - ELO
◎Last Train to London(アルバム「Discovery」1979) - ELO

7:K.C.& THE SUNSHINE BAND『PART3』
◎Shake Your booty (Shake, Shake, Shake) - K.C.& THE SUNSHINE BAND

8:BOZ SCAGGS『SILK DEGREES』
☆1976年のアルバムチャートの年間17位からさらに躍進。
◎Lowdown - Boz Scaggs
◎We're All Alone - Boz Scaggs(日本語訳)

9:BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND『NIGHT MOVES』
◎Night moves - Bob Seger & The Silver Bullet Band

10:FLEETWOOD MAC『FLEETWOOD MAC』
☆1976年の年間2位だったアルバムが翌年もチャートイン!
◎Say You Love Me - FLEETWOOD MAC
◎Over My Head - FLEETWOOD MAC


f0134963_18315862.jpg
BOSTON『More Than A Feeling』



f0134963_183516.jpg
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA『A NEW WORLD RECORD』



☆注目アルバム

13:DARYL HALL & JOHN OATES『BIGGER THAN BOTH OF US』
☆ホール&オーツは1970年代中盤にブレイクし、1980年代にはさらに人気を博した。
『Rich Girl』はNo.1シングル!

◎Rich Girl(1977 Live) - DARYL HALL & JOHN OATES
◎ホール&オーツ(ウィキペディア)

15:BARRY MANILOW『THIS ONE'S FOR YOU』
☆下記の曲はいずれもNo.1シングル
◎Daybreak(Live) - BARRY MANILOW
◎Weekend in New England(Live) - BARRY MANILOW

16:LEO SAYER『ENDLESS FLIGHT』
☆下記の2曲はいずれもNo.1シングル!
◎You Make Me Feel Like Dancing - LEO SAYER
◎When I Need You- LEO SAYER

19:KISS『ROCK AND ROLL OVER』
21:JIMMY BUFFETT『CHANGES IN LATITUDES,CHANGES IN ATTITUDES』

24:BEE GEES『CHILDREN OF THE WORLD』
◎Love So Right - BEE GEES

25:FOREIGNER『FOREIGNER』
◎フォリナー(ウィキペディア)
◎Hot Blooded - Foreigner

26:GEORGE BENSON『BREEZIN'』
◎This Masquerade - GEORGE BENSON

27:GEORGE BENSON『IN FLIGHT』
◎Nature Boy - George Benson

28:THELMA HOUSTON『ANYWAY YOU LIKE IT』
◎Don't Leave Me This Way(1977 Live) - THELMA HOUSTON

32:ATLANTA RHYTHM SECTION(ARS)『A ROCK AND ROLL ALTERNATIVE』
◎アトランタ・リズムセクションについて書かれている「素敵なブログ」
◎So Into You - ARS

37:SOUNDTRACK『ROCKY』
45:MARVIN GAYE『MARVIN GAYE LIVE AT THE LONDON PALLADIUM』


f0134963_18405094.jpg
SOUNDTRACK『SATURDAY NIGHT FEVER』



◎1978 ALBUM TOP10

1:SOUNDTRACK『SATURDAY NIGHT FEVER』
2:SOUNDTRACK『GREASE』
3:FLEEDWOOD MAC『RUMOURS』
4:BILLY JOEL『THE STRANGER』

5:STEELY DAN『AJA』
◎Aja - Steely Dan

6:CHUCK MANGIONE『FEELS SO GOOD』
◎Feels So Good(Live) - Chuck Mangione

7:STYX『THE GRAND ILLUSION』
8:LINDA RONSTADT『SIMPLE DREAMS』
9:KANSAS『POINT OF KNOW RETURN』

10:ERIC CLAPTON『SLOWHAND』
◎Wonderful Tonight - ERIC CLAPTON


☆注目アルバム

13:MEAT LOAF『BAT OUT OF HELL』
◎ミートローフ(ウィキペディア)
◎Bat Out of Hell - MEAT LOAF
◎You Took the Words Right out of My Mouth(Bat Out Of Hell - Tour)

17:BOB WELCH『FRENCH KISS』
☆わたしが個人的にBOB WELCHが好きで、特にパリス名義の「Paris」と「Big Towne, 2061」が、大好きなので。。
◎ボブ・ウェルチ(ウィキペディア)

◎Ebony Eyes(アルバム「French Kiss」) - Bob Welch
◎Precious Love(アルバム「Three Hearts」) - Bob Welch

◎Black Book(アルバム「PARIS」)- Paris
◎Big Towne 2061(アルバム「Big Towne 2061」) - Paris
◎Heart Of Stone(アルバム「Big Towne 2061」)- Paris
◎New Orleans(アルバム「Big Towne 2061」)- Paris
◎Pale Horse,Pale Rider(アルバム「Big Towne 2061」)- Paris

28:JOURNEY『INFINITY』
29:QUEEN『NEWS OF THE WORLD』
33:VAN HALEN『VAN HALEN』
37:CHIC『CHIC』
38:GERRY RAFFERTY『CITY TO CITY』


f0134963_18501919.jpg
BILLY JOEL『52ND STREET』



◎1979 ALBUM TOP10

1:BILLY JOEL『52ND STREET』
☆このアルバムは1978年発売ですが、1982年に世界初の「商業用CD」として選ばれた。
◎Big Shot - BILLY JOEL
◎Honesty - BILLY JOEL
◎My Life(1982 Live) - BILLY JOEL
◎ビリー・ジョエル(ウィキペディア)

2:BEE GEES『SPIRITS HAVING FLOWN』
☆「Saturday Night Fever 」とのコラボによるアルバム。
◎Love You Inside Out
◎Spirits (Having Flown)

3:DOOBIE BROTHERS『MINUTE BY MINUTE』
☆玉置浩二にも大きな影響をあたえ、MJとも交流があったウェストコースト・ロックを代表するバンド。

☆すぐに消えてしまう「ミニット・バイ・ミニット」このコーラス、MJかなぁ?
◎Minute By Minute - Doobie Brothers

◎ドゥービー・ブラザーズ(ウィキペディア)
◎What a fool believes - Doobie Brothers
◎Here to Love You - Doobie Brothers(HQ audio)

☆MJが電話してるのはエリザベスで、インタヴューに答えているオヤジは『ネヴァーランディング・ストーリー』(Miss Cast Away)の監督、ブライアン・マイケル・ストラー
◎エリザベスに電話で「Minute By Minute」を歌うMJ

ミニット・バイ・ミニット(ウィキペディア)には、Here to Love You、What a Fool Believes、Minute by Minute に参加と書いてあるだけど、、


4:CARS『The CARS』
◎カーズ(ウィキペディア)
◎Just What I Needed (アルバム「The Cars」1978)
◎Let's Go - The Cars(アルバム「Candy-O」1979)
◎You might think(アルバム「Heartbeat City」1984)

5:SUPERTRAMP『BREAKFAST IN AMERICA』
☆バンド名はウィリアム・ヘンリー・デイヴィスの小説「素晴らしき放浪者の自叙伝 The Autobiography of a Super-Tramp」から。1974年発表の3枚目のアルバム『Crime Of The Century』がヒット。『Crisis What's Crisis?』(1975年)『Even In The Quietest Moments...』(1977年)など、立て続けにヒットを飛ばし、1979年発表のアルバム『Breakfast in America』が全米第1位を獲得。アメリカだけで400万枚(全世界で1800万枚)を売り上げた。
◎スーパートランプ(ウィキペディア)
◎Breakfast in America (Live 1983) - SUPERTRAMP
◎The Logical Song(Live)- SUPERTRAMP
◎Goodbye Stranger - SUPERTRAMP

6:DONNA SUMMER『LIVE AND MORE』
☆2枚組ライブアルバム
◎MacArthur Park(PV) - DONNA SUMMER

7:STYX『PIECES OF EIGHT』

8:DONNA SUMMER『BAD GIRLS』
☆1979年のドナ・サマーはシングル2曲だけでなく、アルバムも2枚チャートイン!

9:BLONDIE『PARALLEL LINES』
☆『Call Me』は翌年1980年、ジョルジォ・モロダーの音楽プロデュースによる映画『アメリカン・ジゴロ』(主演リチャード・ギア)のサントラに収録。「Heart of Glass」のPVは、当時MJも常連だったナイトクラブ「Studio 54」で撮影。この頃のブロンディはまだ「ニューヨーク・パンク」色の名残がある。
◎Heart of Glass(PV)- BLONDIE
◎Sunday Girl(1979 Live)- BLONDIE
◎One Way or Another(1979 Live)- BLONDIE
◎Picture This(PV)- BLONDIE

10:ROD STEWART『BLONDES HAVE MORE FUN』


f0134963_1904428.jpg
BLONDIE『PARALLEL LINES』



☆注目アルバム

11:KENNY ROGERS『THE GAMBLER』

13:CHEAP TRICK『CHEAP TRICK AT BUDUKAN』
☆1978年に行った日本公演の模様を収録したライヴ・アルバム。1978年10月に日本で先行発売され、翌年には本国アメリカでも発売され大ヒットした。
◎I Want You To Want Me(from Budokan)- CHEAP TRICK

16:KNACK『GET THE KNACK』

19:TOTO『TOTO』
☆「Human Nature」の作編曲者のSteve Porcaro、MJの『Off The Wall』や、BADツアーのメンバーでもあったGreg Phillinganesも在籍。
◎TOTO(ウィキペディア)
◎Hold the Line - TOTO
◎I'll Supply the Love - TOTO

21:POCO『LEGEND』
◎Crazy Love - POCO

23:DIRE STRAITS『DIRE STRAITS』
◎Sultans of Swing - DIRE STRAITS

29:BAD COMPANY『DESOLATION ANGELS』
◎Rock and Roll Fantasy

31:JACKSONS『DESTINY』

37:SISTER SLEDGE『WE ARE FAMILY』
◎WE ARE FAMILY - SISTER SLEDGE

49:TALKING HEADS『MORE SONGS ABOUT BUILDINGS AND FOOD』
◎Take Me to the River - TALKING HEADS



[PR]
by yomodalite | 2011-11-19 19:18 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)
f0134963_16214771.jpg
PETER FRAMPTON ふぅーーっ
一瞬迷ったけど...やっぱBarry Gibbでww!!



インサイダーか、アウトサイダーかといえば、MJは確実にインサイダー型の天才だと思うんです。ウォルター・アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ』の書評で、

出井伸之ソニー前会長は、スティーブ・ジョブズの死はマイケル・ジャクソンと似たところがある言い、情報機器を通じて新しいライフスタイルやメッセージを提案し、その思いが消費者の意識の中にとけ込んでいた点を共通点としてとらえていた。(日経新聞2011年11月13日)

という記述が紹介されていて、この文章からは「死」の理由は感じられませんし、わたしは、まだこの本読んでませんし、当分読めそうにもないんですが、ジョブズもインサイダー型の天才で、ジョブズとアップル、ソニーとMJというのは、興味深い比較で、90年代、混迷期のソニーを担った前会長にとっては、特にそう見えるんだと思います。

スティービー・ワンダーや、ポール・マッカートニーにとって、音楽を創ることは生きることと同じぐらい自然なことで、レコード会社を変わったり、バンドを解散することでも変わったようには見えないのですが、MJにとって「モータウン」と「ソニー」は、いずれもすごく大きな意味があって、

MJがおとぎ話が好きで、こどもの心を大切にし、最後までこどもたちのことを考えているような人だったことから、彼のことを「子どもっぽい」人だと思っていたり「純真だったから騙された」と思っている人も多く、わたしも当時は、そんな風に思っていた部分もあったんですが、今振り返ってみると、彼は世界企業のトップが悩んで、判断してきたことを、ほぼ完璧にわかっていたんじゃないかと思います。

「顔について」でも「ソニーウォーズ」について考え直したかったんですが、まだまだ自分でわかってない部分が多過ぎて、説明しきれなかったことを、少し別の視点から「リベンジ」したいという野望(笑)も抱きつつ、、


下記は「ベリー・ゴーディー!!!」を連呼した2001年「ロックの殿堂」スピーチ。


☆1度目のジャクソン5の時もゴーディーに多くの感謝を捧げているけど、2度目のソロでの殿堂入りで、これほどゴーディーに感謝している点は重要だと思う。MJ登場は4:35〜
◎MICHAEL JACKSON Rock & Roll Hall Of Fame 2001

Hmm, can you hear me? OK. Thank you very much. Thank you 'NSync, I am so proud to call you my friends, you're all so wonderful. Thank you.
聴こえるかな?だいじょうぶだね。どうもありがとう。ありがとう“インシンク”。友人である君たちが、ぼくの名前を読み上げてくれて、すごく誇りに思う。君たちは全員すばらしいよ。

This is such a tremendous honor and I am so happy to be here. As you can see [ pointing at his broken foot ], there is not going to be any moonwalking tonight, 'cause I broke my foot dancing. I fell down the stairs in California and I broke my foot in two places. So, but I have like six more weeks with this cast, so it's gonna come off soon.
本当にこれはとても名誉なことで、またここに来ることが出来て、とてもうれしいです。みなさん、今夜ここでムーンウォークが出来ないことがわかったと思います[つま先を骨折]わたしは、ダンスで足をケガをし、カリフォルニアの階段でもすべり落ちて、2カ所で足をケガをしてしまいました。そんなわけで、この松葉杖を6週間以上持っていますが、もうそろそろ解放されるでしょう。

I am honored to be inducted twice into the Rock and Roll Hall of Fame. It's a great blessing. For me, the gift of music has been a blessing from God from the time I was a child. So, I first of all would like to thank my parents who bequeathed me that gift.
2度のロックンロールの殿堂入りを果たすことができて光栄です。それはとても大きな祝福です。音楽はわたしが子どもの頃に、神から与えられた贈り物でした。そして、その贈り物をわたしに届けてくれたことに対して、もっとも感謝を捧げたいのは、私の両親です。

To my mother Katherine and to my father Joseph Jackson, I love you both. To my brothers and to my sisters: thank you, you are all wonderful. Rabbi Shmuley, I love you and thank you for helping me launch Heal The Kids.
わたしの母キャサリンと、父ジョセフ・ジャクソン2人とも愛してます。わたしの兄弟、姉妹にも感謝します。あなたたちは全員すばらしい。ラビ・シュムリーにも感謝します。Heal The Kids財団でのサポートをありがとう。

Berry Gordy, Berry Gordy, Berry Gordy, Berry Gordy! As it was in the beginning to so many of us, I just want to say thank you. He was so important in our lives. He is really my real inspiration and I owe him so much.
ベリー・ゴーディー!ベリー・ゴーディー!ベリー・ゴーディー!ベリー・ゴーディー!それはわたしたちにとって多くの始まりであり、彼には本当にありがとうと言いたい。彼はわたしの人生でとても重要で、本当に多くのインスピレーションを与えてもらい、わたしは彼にたくさんの「借り」があると思っています。

Quincy Jones, thank you. We talk about a thriller. Quincy, you are incredible. I love you, Quincy. He's the man.The glamorous and talented and beautiful Diana Ross, who is my second mother. Thank you. Tommy Mottola, Sony. I love you. Thank you fans. Thank you. Bye.
クインシー・ジョーンズにも感謝します。わたしたちは「スリラー」についてよく話し合った。クインシー、あなたは信じられないぐらい素晴らしい。男の中の男だ。魅惑的な才能に溢れ、美しいダイアナ・ロス、あなたは、わたしの第二の母親です。ありがとう!トミー・モトーラ、ソニーにも感謝します。ありがとうファン、ありがとう。


f0134963_16565873.jpg
映画『AMERICAN GRAFFITI』



下記は、1974年から1976年のアルバムチャート!
◎BILLBOARD 1970's ALBUM TOP50 (PART 1)
◎BILLBOARD 1970's ALBUM TOP50 (PART 2)

◎1974 ALBUM TOP10

1:ELTON JOHN『GOODBYE YELLOW BRICK ROAD』
2:JOHN DENVER『JOHN DENVER'S GREATEST HITS』
3:PAUL McCARTNEY & WINGS『BAND ON THE RUN』
4:STEVIE WONDER『INNERVISIONS』
5:JIM CROCE『YOU DON'T MESS AROUND WITH ME』

6:SOUNDTRACK『AMERICAN GRAFFITI』
◎映画『アメリカン・グラフティ』サントラ

7:GLADYS KNIGHT & THE PIPS『IMAGINATION』
☆グラディスは、MJがこどもの頃から何かとお世話になってるひと。
1973年のときと、MJの30周年コンサートのとき。

◎Midnight Train To Georgia(1973)- Gladys & The Pips
◎Gladys Knight - (Special 30th Anniversary Celebration)
◎グラディス・ナイト&ザ・ピップス(Liten Japan)

8:CHARLIE RICH『BEHIND CLOSED DOORS』
◎Behind Closed Doors - CHARLIE RICH

9:SOUNDTRACK『THE STING』
◎映画『スティング』テーマ曲

10:ZZ TOP『TRES HOMBRES』
◎Tres Hombres - ZZ Top

☆注目アルバム

11:PINK FLOYD『DARK SIDE OF THE MOON』

13:JONI MITCHELL『COURT AND SPARK』
☆このアルバムは持ってました!LPで!!!
彼女は画家としても有名で、このアルバムの絵も彼女が描いたもので、
LPサイズで部屋に飾るとすごく素敵だったんだよね。

◎Help Me - Joni Mitchell
◎ジョニ・ミッチェル(ウィキペディア)

15:MARIA MULDAUR『MARIA MULDAUR』
◎Maria Muldaur - Midnight At The Oasis (1974)

21:HERBIE HANCOCK『HEADHUNTERS』
◎Herbie Hancock & The Headhunters 1974 Butterfly

22:MIKE OLDFIELD『TUBULAR BELLS』
映画『エクソシスト』のテーマ

27:STEVIE WONDER『TALKING BOOK』
30:RINGO STARR『RINGO』
36:CARLY SIMON『HOTCAKES』

37:LOVE UNLIMITED『UNDER THE INFLUENCE OF LOVE UNLIMITED』
◎Under the influence of love-LIVE! - LOVE UNLIMITED

39:STEVE MILLER BAND『THE JOKER』
◎The Joker - Steve Miller Band

41:STEELY DAN『PRETZEL LOGIC』
◎Steely Dan - Pretzel Logic

42:BARRY WHITE『STONE GON'』
◎Barry White Love´s Theme「愛のテーマ」
◎バリー・ホワイト(ウィキペディア)

46:MARVIN GAYE『LET'S GET IT ON』


f0134963_17102214.jpg
EARTH, WIND & FIRE



◎1975 ALBUM TOP10

1:ELTON JOHN『ELTON JOHN-GREATEST HITS』
2:JOHN DENVER『JOHN DENVER'S GREATEST HITS』
3:EARTH,WIND & FIRE『THAT'S THE WAY OF THE WORLD』
4:JOHN DENVER:BACK HOME AGAIN
 
5:PHOEBE SNOW『PHOEBE SNOW』
☆1度聴いたら2度と忘れられないユニークボイス!!このライブは1989年
◎Poetry Man - Phoebe Snow
 
6:LINDA RONSTADT『HEART LIKE A WHEEL』
◎リンダ・ロンシュタット(ウィキペディア)
◎When Will I be Loved Live - Linda Ronstadt
 
7:ELTON JOHN『CAPTAIN FANTASTIC AND THE BROWN DIRT COWBOY』
8:JOHN DENVER『AN EVENUNG WITH JOHN DENVER』
 
9:AVERAGE WHITE BAND『AWB』
◎アヴェレージ・ホワイト・バンド(ウィキペディア)
◎Cut The Cake - Average White Band
 
10:EAGLES『ON THE BORDER』
◎Eagles - Best of My Love


f0134963_17132355.jpg
映画『TOMMY』ポスター



☆注目アルバム

11:MINNIE RIPERTON『PERFECT ANGEL』
☆神曲!!! しかもライブでこの声!!!!!
◎Loving you(LIVE)- Minnie Riperton

☆ミニーの死後発表されたMJとの共演曲。
◎I'M IN LOVE AGAIN - Minnie Riperton Feat. Michael Jackson
 
12:JANIS IAN『BETWEEN THE LINES』

14:MICHAEL MURPHY『BLUE SKY-NIGHT THUNDER』
"Carolina In The Pines" - MICHAEL MURPHEY

18:SOUNDTRACK『TOMMY』
☆これも70年代ムービーとして絶対観なきゃと思っているんだけど、まだ観てません。
◎Overture From Tommy - The Who
☆「Who」もすごく重要なバンドみたいなんだけど、わたしはまだよく知りません。
◎The Who - "Tommy"(Live)

24:BACHMAN-TURNER OVERDRIVE『NOT FRAGILE』
◎Not Fragile - B.T.O(BACHMAN-TURNER)
 
26:GROVER WASHINGTON JR.『MISTER MAGIC』
◎Mister Magic - Grover Washington, Jr.

32:AEROSMITH『TOYS IN THE ATTIC』
38:QUEEN『SHEER HEART ATTACK』
39:DOOBIE BROTHERS『WHAT WERE ONCE VICES ARE NOW HABITS』
45:BEACH BOYS『ENDLESS SUMMER』
48:BEACH BOYS『SPIRIT OF AMERICA』
 
49:ISLEY BROTHERS『THE HEAT IS ON』
☆あのR・ケリーが、MJの次に名前を挙げているスゴい人なので、複数紹介します。
"It's Your Thing"は1969年のヒット曲。黄色のジャケットの人がロナルド・アイズレー

◎It's Your Thing (LIVE) - Isley Brothers
◎Isley Brothers - Between The Sheets
◎Fight The Power Part 1 & 2(1975)- Isley Brothers
◎That Lady Part 1(1972)- The Isley Brothers

◎アイズレー・ブラザーズ(ウィキペディア)

☆[おまけ]1996年のR・ケリーとロン・アイズレーのエロい曲。
この親父たちのエロさは神がかってると思うww

◎Down Low (Nobody Has To Know)

☆[おまけ]MJが大好きな「Alfie」をバカラックの演奏とともに歌う
ロナルド・アイズレー(歌は3:20〜)神ーーー!!!

◎Ronald Isley and Burt Bacharach "Alfie"


f0134963_17233027.jpg
再び PETER FRAMPTON



◎1976 ALBUM TOP10

1:PETER FRAMPTON『FRAMPTON COMES ALIVE』
☆ハード・ロック界にライブアルバムのブームを起こし、このアルバムのメガヒットにより、アルバムのビッグセールス時代が始まったとも言われている。
1977年にも「アイム・イン・ユー」のヒットを放ち、ビー・ジーズらと映画「サージェント・ペパーズ」にも出演した(この映画も観なきゃ!)

◎Show Me The Way (1976) Live - Peter Frampton
◎Baby I Love Your Way Live - Peter Frampton
◎ピーター・フランプトン(ウィキペディア)

2:FLEETWOOD MAC『FLEETWOOD MAC』
◎Rhiannon (live) - FLEETWOOD MAC
◎フリートウッド・マック(ウィキペディア)

3:WINGS『WINGS AT THE SPEED OF SOUND』
4:EAGLES『GREATEST HITS 1971-1975』
5:CHICAGO『CHICAGOⅨ-CHICAGO'S GREATEST HITS』
 
6:GARY WRIGHT『THE DREAM WEAVER』
◎Gary Wright - Dreamweaver (Live)
 
7:BOB DYLAN『DESIRE』
 
8:QUEEN『A NIGHT AT THE OPERA』『オペラ座の夜』
◎Bohemian Rhapsody - QUEEN
☆アルバムタイトルの由来になったマルクスブラザースの『オペラは踊る』
◎Marx Brothers - A night at the opera - Trailer (1935)
 
9:AMERICA『HISTORY-AMERICA'S GREATEST HITS』
10:EARTH,WIND & FIRE『GRATITUDE』


f0134963_17284219.jpg
KISS『ALIVE』



☆注目アルバム

16:JEFFERSON STARSHIP『RED OCTOPUS』
◎ジェファーソン・エアプレイン(ウィキペディア)

17:BOZ SCAGGS『SILK DEGREES』

21:NATALIE COLE『INSEPARABLE』
◎Mr. Melody - NATALIE COLE
◎ナタリー・コール(ウィキペディア)

31:KISS『ALIVE』2枚組ライブアルバム
◎キッス(ウィキペディア)

49:HEART『DREAMBOAT ANNIE』
◎Magic Man(Live)- Heart


☆マイケルと70年代(70's Hit Album 1977 - 1979)につづく



[PR]
by yomodalite | 2011-11-16 17:33 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)
f0134963_19442775.jpg
映画『EASY RIDER』(1970)



マイケルと70年代(70's Hit Tune 1977 - 1979)のつづき

ミラクルズの「Love Machine」(1976)は前にも聴いたことがあったんですが、今回、動画を検索して、あのピンクの衣裳で歌っている影像を見たら、なんかすごくテンション上がって、2度目のロックの殿堂入りのときの、MJの「ベリー・ゴーディー!!!(×4)」の気分がわかったような気がしました。

それと、、長髪にヒゲと堂々とした胸毛、臆面もなく長い足を見せつけ、シャツはピッタリパンツにすっきりインで、ジャケットは必ず肩に掛けて歩く....

70年代風イケメンの最高峰は「Stayin' Alive」PV(1978)のバリー・ギブに「断定」で異論ないですよね?(異論コメントも歓迎ですがw....)

わたしは、1年ほど前に、ようやくビージーズの曲を3枚組ベストのようなアルバムで振り返って、意外とイイ!と思った程度なので、まだよくわからないのですが「MJが泣いた」とまでいうビージーズの魅力は、そんなバリーのカッコ良さだけではないと思うので、これから、ビージーズを60年代後半からオリジナルアルバムで聴いてみようと思ってます。
 

◎ブレット・ラトナー・インタヴュー(2003)
[動画]Michael Jackson Private Interview part 2 of 2 引用部分は1:00ぐらいから
[スクリプト]下記の日本語部分は参考程度でお願いします

MJ : When the Bee Gees came out in the '70s, that did it for me. I cried. I cried listening to their music. I knew every note, every instrument.

70年代にビー・ジーズが現われて、ぼくは泣いたよ、彼らの音楽に。ぼくは、彼らの音楽の譜面も楽器もすべて知ってる。

BR : ♪ “This broken heart . . .♫”
MJ : ♪ “How can you mend . . .♫”


MJ : I love that stuff. And when they did Saturday Night Fever, that did it for me. I said, “I gotta do this. I know I can do this.” And we hit with Thriller. And I just started writing songs. I wrote “Billie Jean.” I wrote “Beat It,” “Startin’ Somethin’.” Just writing, writing. It was fun.

彼らの曲が大好きで、その後、彼らが「サタデーナイトフィーバー」を発表したとき、ぼくは言ったんだ。こんな仕事がしたい、ぼくにも出来るってね。それがアルバム「スリラー」になったり、作曲を始めたきっかけで、ぼくは「ビリー・ジーン」を書き「ビート・イット」を書いたんだ。

下記は、1970〜1974年のヒットアルバム・ベストテン!

ベストテン以外に、注目アルバムとして記載したのは、これまでのシングルチャートには名前がなかったけど、70年代の有名アーティストと思われる方や、MJ関連人物、ジャクソン5のチャートポジションなど、とりあえず1回は記録しておこうという主旨です。


f0134963_2084910.jpg
BEATLES『ABBEY ROAD』



◎BILLBOARD 1970's ALBUM TOP50 (PART 1)

◎1970 ALBUM TOP10

1:SIMON & GARFUNKEL『BRIDGE OVER TROUBLED WATER』

2:LED ZEPPELIN『LED ZEPPELIN II』
◎Whole Lotta Love - LED ZEPPELIN

3:CHICAGO『CHICAGO』
◎25 or 6 to 4 - CHICAGO

4:BEATLES『ABBEY ROAD』

☆『インヴィンシブル』WHATEVER HAPPENSで共演したカルロス・サンタナのバンド
5:SANTANA『SANTANA』
◎Evil Ways - SANTANA

6:RARE EARTH『GET READY』

7:SOUNDTRACK『EASY RIDER』
◎Born To Be Wild - Easy Rider

8:SOUNDTRACK『Butch Cassidy and The Sundance Kid』『明日に向って撃て!』
◎Raindrops Keep Fallin' On My Head(『雨にぬれても』)- B. J. Thomas

9:JOE COCKER『JOE COCKER!』
◎High Time We Went - joe cocker

10:THREE DOG NIGHT『THREE DOG NIGHT was Captured Live at The Forum』

☆注目アルバム

21:SLY & THE FAMILY STONE『STAND!』
☆スライは、MJが何度も語っているアーティストなので、複数曲選びました!
◎Everyday People - Sly And The Family Stone
◎Stand - Sly And The Family Stone
◎Sing a Simple Song - Sly & the Family Stone
◎"Dance To The Music" on The Ed Sullivan Show

25:PAUL McCARTNEY『McCARTNEY』
31:BEATLES / SOUNDTRACK『LET IT BE』

34:JIMI HENDRIX, BUDDY MILES & BILLY COX『HENDRIX BAND OF GYPSYS』
◎Jimi Hendrix & Band of Gypsies - Who Knows (Live New Year's Day 1970)

40:JACKSON 5『I WANT YOU BACK』

45:NEIL YOUNG & CRAZY HORSE『EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE』
◎Neil Young - Everybody Knows This Is Nowhere"

48:ROLLING STONES『LET IT BLEED』
49:BEATLES『HEY JUDE』


f0134963_20154832.jpg
『JESUS CHRIST SUPERSTAR』サウンドトラック



◎1971 ALBUM TOP10

1:VARIOUS ARTISTS『JESUS CHRIST SUPERSTAR』
☆キリストの最後の7日間を描いたロックミュージカル。映画化されサントラも大ヒット
◎Superstar - JESUS CHRIST SUPERSTAR

2:CAROLE KING『TAPESTRY』
3:CARPENTERS『CLOSE TO YOU』
4:JANIS JOPLIN『PEARL』
5:SANTANA『ABRAXAS』

6:PARTRIDGE FAMILY『THE PARTRIDGE FAMILY ALBUM』
☆TVドラマ「パートリッジ・ファミリー」に登場するバンド名。
長男のキース・パートリッジを演じたデヴィッド・キャシディがアイドル的人気だった

◎I Think I love you - The Partridge Family

7:JAMES TAYLOR『SWEET BABY JAMES』
◎Fire and Rain, Live 1970 - James Taylor

8:CAT STEVENS『TEA FOR THE TILLERMAN』
◎キャット・スティーブンス(ウィキペディア)
◎Into White - CAT STEVENS

☆ロッド・スチュワートのカバー
◎Rod Stewart ~ First Cut Is The Deepest
☆バッドツアーにも参加していたシェリル・クロウのカバー
◎Sheryl Crow/ The First cut is the Deepest

9:SLY & THE FAMILY STONE『GREATEST HITS』
10:CHICAGO『CHICAGO III』

☆注目アルバム

22:PARTRIDGE FAMILY『UP TO DATE』
25:EMERSON, LAKE & PALMER『EMERSON, LAKE AND PALMER』
28:CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL『PENDULUM』
32:OSMONDS『OSMONDS』
38:PAUL & LINDA McCARTNEY『RAM』
39:CARPENTERS『THE CARPENTERS』
43:JACKSON 5『MAYBE TOMORROW』
44:NEIL DIAMOND『TAP ROOT MANUSCRIPT』
45:ALICE COOPER『LOVE IT TI DEATH』
46:ANDY WILLIAMS『LOVE STORY』
47:SOUNDTRACK『WOODSTOCK』
48:JEFFERSON AIRPLANE『THE WORST OF JEFFERSON AIRPLANE』
49:JACKSON 5『THIRD ALBUM』
50:CROSBY, STILLS, NASH & YOUNG『DEJA VU』


f0134963_20221190.jpg
アリスクーパー



◎1972 ALBUM TOP10

1:NEIL YOUNG『HARVEST』
2:CAROLE KING『TAPESTRY』
3:DON McLEAN『AMERICAN PIE』

4:CAT STEVENS『TEASER AND THE FIRECAT』
◎Moonshadow (live) - Cat Stevens
◎Teaser & Firecat animated + live Intro(1973)

5:ROLLING STONES『HOT ROCKS 1964-1971』

6:ALICE COOPER『KILLER』
☆スラッシュは自分がMJに気に入られたのは、アニメぽいキャラクターだったからと答えていましたが、その源流は、サーカス、アニメ、ホラーなどハードロックに様々な視覚的要素をもちこんだ「元祖ビジュアル系」ロックスターのアリス・クーパーだと思います。
◎アリス・クーパー(ウィキペディア)
◎Under My Wheels(アルバム「KILLER」より) - ALICE COOPER
◎School's Out(アルバム「School's Out」より)- ALICE COOPER
◎Elected -(アルバム「Billion Dollar Babies」より)- ALICE COOPER

7:ROBERTA FLACK『FIRST TAKE』

8:AMERICA『AMERICA』
☆こちらのコメント欄でラムさんが紹介してくれたMJの未発表曲の元曲、
「A Horse With No Name」が収録されているアルバム

◎A Horse With No Name - America

9:CAROLE KING『MUSIC』
10:ELTON JOHN『MADMAN ACROSS THE WATER』

☆注目アルバム

19:SOUNDTRACK『FIDDLER ON THE ROOF』「屋根の上のバイオリン弾き」
◎SUNRISE SUNSET- 『FIDDLER ON THE ROOF』

20:NILSSON『NILSSON SCHMILSSON』
◎ニルソン(ウィキペディア)

21:CHEECH & CHONG『CHEECH AND CHONG』
◎チーチ&チョン(ウィキペディア)

33:ORIGINAL CAST『GODSPELL』
◎Day By Day - 『Godspell』

38:ISSAC HAYES『BLACK MOSES』
☆ステージにはジェシー・ジャクソンの姿も《ブラックパワー》代表する曲のひとつ
◎Shaft - ISSAC HAYES(映画『黒いジャガー』のテーマ)
◎アイザック・ヘイズ(ウィキペディア)

39:SOUNDTRACK『THE GODFATHER』
41:VARIOUS ARTISTS『JESUS CHRIST SUPERSTAR』
45:SLY & THE FAMILY STONE『THERE'S A RIOT GOING ON』
46:JACKSON 5『JACKSON 5 GREATEST HITS』
47:STEVIE WONDER『MUSIC OF MY MIND』


f0134963_20484767.jpg

◎1973 ALBUM TOP10

1:WAR『THE WORLD IS A GHETTO』

2:SEALS & CROFTS『SUMMER BREEZE』
◎Summer Breeze(Live 1973)- SEALS & CROFTS

3:STEVIE WONDER『TALKING BOOK』

4:CARLY SIMON『NO SECRETS』
◎カーリー・サイモン(ウィキペディア)
◎You're So Vain - CARLY SIMON

5:DIANA ROSS『LADY SINGS THE BLUES』

6:EDGAR WINTER GROUP『THEY ONLY COME OUT AT NIGHT』
◎エドガー・ウィンター(ウィキペディア)
◎Frankenstein - EDGAR WINTER

7:HELEN REDDY『I AM WOMAN』
8:ELTON JOHN『DON'T SHOOT ME,I'M ONLY THE PIANO PLAYER』
9:AL GREEN『I'M STILL IN LOVE WITH YOU』

10:MOODY BLUES『SEVENTH SOJOURN』
◎ムーディー・ブルース(ウィキペディア)
◎Isn't Life Strange - MOODY BLUES


f0134963_20505593.jpg


11:PINK FLOYD『DARK SIDE OF THE MOON』
☆わたしの近未来予測(テキトー)では、ヒゲと胸毛は来ないにしても、ピンクフロイドはそろそろ来るんじゃないかと。チャートの仕組みもありカンタンには現れませんが。
このアルバムは1973年と1974年の両年とも11位。邦題「狂気」

ピンク・フロイド(ウィキペディア)
◎Money(Lyrics)- PINK FLOYD 

19:DEEP PURPLE『WHO DO WE THINK WE ARE!』
24:BEATLES『1967-1970』
26:DEEP PURPLE『MADE IN JAPAN』
27:DEEP PURPLE『MACHINE HEAD』

28:ELVIS PRESLEY『ALOHA FROM HAWAII VIA SATELLITE』
☆エルヴィスのハワイでのコンサートを収録したアルバム。
コンサートのTV番組は衛星生中継され、世界中で大ヒットした。
人類初の月面着陸の影像を視聴した世帯数より多かったと言われている。

◎Elvis Presley # '73 Aloha From Hawaii # part 1 of 7

32:BEATLES『1962-1966』

46:CURTIS MAYFIELD / SOUNDTRACK『SUPERFLY』
◎カーティス・メイフィールド(ウィキペディア)
◎ブラックスプロイテーション映画『SUPERFLY』のテーマ - CURTIS MAYFIELD

☆公民権運動を背景にヒットした曲(1965年)
◎People Get Ready - The Impressions(CURTIS MAYFIELDが在籍)

☆マイケルと70年代(70's Hit Album 1974 - 1976)につづく



[PR]
by yomodalite | 2011-11-14 21:06 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite