カテゴリ:goofy grin( 14 )

MJ Glasses Collection (5)

◎MJ Glasses Collection (4)の続き

タイトルどおりの内容ではありませんが、MJ Glasses Collection (3)の一部と、(4)の内容が気になる方だけ、ご覧くださいませ。英文記事ばかりで、写真はありません。

テレビも、新聞も、ネットも、裁判も、とにかく、何もかも、信用できない世の中ですし
yomodaliteの英訳はもっと信用できません。どうか、あちこち疑ってお読みくださいね。

"What More Can I Give"
From Wikipedia, the free encyclopediaより


Schaffelに関して、書かれてある周辺のみ要約。和訳部分は、本当は反転しないと見えないようにしたかったんだけど、、

"What More Can I Give" was scheduled for release as a charity single, in the hope that $50 million would be raised to aid the survivors and the families of victims of the September 11 terrorist attacks. The plan, however, never came to fruition and the reasons why have varied between sources and the individuals involved.

"What More Can I Give"は、米国同時多発テロの犠牲者と生存者、家族を支援するためのチャリティーシングルとして、5000万ドルを集める目的で企画されましたが、プランは実を結びませんでした。その理由は、メディアと個人の間で異なります。

One newspaper stated that the release of the song was abandoned after it emerged that the executive producer had directed pornographic movies. The producer, Marc Schaffel, denied that he was to blame, and offered the opinion that the song was not released as part of a marketing ploy by Sony Music.

ある新聞は、製作責任者がポルノ映画を監督したことが発覚したので、歌のリリースが見送られたと述べました。プロデューサー(Schaffel)は、それを否定し、ビジネスの策略の一部として、S××× Musicによってリリースされなかったという意見を提供しました。

"What More Can I Give" was played on the radio for the first time in late 2002. The debut airing was made without permission by radio station WKTU-FM in New York. The following year, on October 27, 2003, "What More Can I Give" was made available to the public by way of digital download. Proceeds from the sale of the song went to children's charities.

"What More Can I Give"は、2002年後半に、初めてラジオでプレーされましたが、そのデビュー放送は、ニューヨークの放送局WKTU-FMによって許可なしで作られました。
翌年、2003年10月27日に、"What More Can I Give" は、デジタルダウンロードを通して、公衆に利用可能になり、歌の売り上げは、子供のチャリティーに行きました。



Planned release as a physical single

After the song failed to gain an official release, differing allegations arose as to who was to blame. The Los Angeles Times reported that the "What More Can I Give" project was abandoned after it emerged that the song's executive producer, Marc Schaffel, had directed and produced gay pornography.

曲が公式リリース出来なかった後に、だれが悪かったかに関して、異なった主張が起こりました。ロサンゼルスタイムズは、製作責任者(Schaffel)が、ゲイのポルノを監督・製作したのが発覚後に、"What More Can I Give" のプロジェクトが破棄されたと報道しました。

News of Schaffel's background supposedly became known to an entertainment television show, whose staff threatened to expose the producer's past in porn. Jackson's legal and management team subsequently sought to end the musician's business relationship with Schaffel, declaring their intentions in a letter sent to the producer's lawyers in November 2001.[24]

Schaffelのバックグラウンドに関するニュースは、エンターテインメントTV番組で、知られるようになりました。TV番組のスタッフは、プロデューサー(Schaffel)のポルノの過去を暴露すると脅かしました。マイケルの法的なスタッフと経営陣は、Schaffelとの契約を終わらせようとして、2001年11月、Schaffelの弁護士へ、文書で、その意志を宣言しました。

Schaffel disputed that he was the cause of "What More Can I Give" remaining unreleased, and insisted that he was not terminated from the project.

Schaffelは、"What More Can I Give" が未発表であり、プロジェクトを終えられないと主張しました。

The producer declared that it was not possible because his company owned the rights to "What More Can I Give".

Schaffelは、彼の会社が"What More Can I Give" への権利を所有しているので、それは可能でないと宣言しました。

(Jackson's camp rejected the claims that Schaffel owned the rights, but did admit that the producer was in possession of the master tapes as well as video footage of all of the "What More Can I Give" recording artists in the studio.)

マイケル陣営は、Schaffelの権利に関して、recording artists(マイケル他?)が、スタジオで録音された、すべてのビデオフィルムと、マスターテープの所持を認めたという意見を拒絶しました。

Schaffel further announced that the failed release of the song was the fault of Jackson's music label, Sony Music. He insisted that the company had delayed the release of the song so that it would not compete with the newly released Invincible album and that they had promoted the porn-based story in order to hide that fact.

Schaffelは、曲のリリースが失敗したのは、マイケルの音楽レーベル、×××ミュージックのせいであると、さらに発表しました。
彼は、会社(×××)が、新たにリリースされたアルバム「Invincible」と競争しないように、歌のリリースを遅らせて、その事実を隠すためにポルノベースの話を促進したと主張しました。


Schaffel further stated that he had never hid his past from Jackson or Sony.

Schaffelは、マイケルにも、×××にも、彼の過去を決して隠していませんでした。

Jackson also blamed Sony for the failed release of "What More Can I Give". In addition, the African American singer claimed that they had failed to promote his Invincible album and that the company's chief, Tommy Mottola, was racist and "very, very, very devilish". S××× representatives dismissed Jackson's claims as "unfounded and unwarranted".

また、マイケルも "What More Can I Give" のリリース失敗を、×××のせいにしました。 さらに、アフリカ系アメリカ人である、彼は、会社のトップ(Tommy Mottola)が彼のInvincibleアルバムを宣伝せず、人種差別主義で「超〜〜悪魔的」と主張しました。解雇された×××代表者は「無根拠で証明できない」と、それを退けました。

◎Airplay

One year after the all-star recording of "What More Can I Give", it was played for the first time on radio. WKTU-FM, a radio station based in New York, debuted the song without permission and played it in heavy rotation.

"What More Can I Give" は、オールスターによる録音から1年後に、初めてラジオでプレーされました。 WKTU-FM(ニューヨークに拠点を置く放送局)は、許可なく、それを、ヘビーローテーションで流しました。

WKTU-FM's Program Director Frankie Blue stated at the time, "This song is a gift to the world.

「この歌は世界への贈り物です」と、当時、WKTU-FMのディレクター、Frankie Blueは述べました。

Michael and everyone donated their time for it, and it deserves to be heard. The song is called "What More Can I Give", and I can give the world a song they can cling onto and hopefully make them think about what they can give."

マイケルと、みんなは、世界のために、彼らの時間を費やしました。それはとても価値のあることです。 "What More Can I Give" と聞かれて、わたしは、彼らの曲が、世界に希望をあたえ、また、それが、何であるかを、考えることができると思います。

It is unknown how the station acquired a copy of the song; both Jackson and Schaffel were uninvolved with it. Prior to the airing, at least 200 promo copies of the song were sent to the musicians who participated in the recording process, as well as to their representatives.

FM局が、どのように歌のコピーを入手したかは謎です。 マイケルとSchaffelは、両方とも、それには無関心でした。

Schaffel stated that he would hate to see the song not being used to raise money for charity, the intended purpose.

Schaffelは、曲が、本来の目的であるチャリティーのお金を工面するのに、使用されないことが、嫌いであると述べました。

WKTU-FM received numerous telephone calls and emails from listeners following their unauthorized playing of the song, thanking the station and asking where they could buy a copy of "What More Can I Give".

WKTU-FM局は、リスナーから、頻繁に電話や、メールで、感謝されたり、どこで、曲のコピーを手に入れたのかという質問を受けました。
  



☆☆☆追加更新☆☆☆

下記は、(3)でも(4)でも、引用していませんが、2009年6月26日の記事。
Schaffelが、あの日の翌日に、MJの依存症について語っています。最後に、裁判で勝ったという内容もあります。

☆ABC-News June 26, 2009
◎http://abcnews.go.com/Health/MichaelJackson/story?id=7938918

Friend Says Michael Jackson Battled Demerol Addiction
Doctors Speculate Jackson Died of Respiratory Failure, But Wonder Why 'Personal Doctor" Could Not Give Antidote


「マイケルは、Demerol依存症と戦っていたと、友人は語る」
医師は、マイケルは呼吸不全で亡くなったと推測するが、なぜ、パーソナルドクターは、解毒剤を与えなかったのか疑問に思う。

Reports of prescription drug abuse have dogged Michael Jackson for much of his career, and now a close associate has come forward to talk about the late singer's battle with addiction.

処方箋麻薬乱用の報告は、マイケル・ジャクソンのキャリアの多くに付きまといました。
親しい仲間は、彼の依存症との戦いに関して話すために進み出ました。


Jackson's former video producer said the pop star, who died Thursday at age 50 from cardiac arrest, had a "20-plus year" addiction to the painkiller Demerol, as well as to a cocktail of other drugs, such as Oxycontin.

元ビデオプロデューサー(Schaffel)は、マイケルが“20年以上”の間、鎮痛剤Demerolの依存症を持っていたと言いました。オキシコンチンなどの他剤と組合わせてもいました。

Jackson became so addicted that the video producer and other close associates tried to stage an intervention in 2003, but it derailed because of a world tour, said Marc Schaffel, who was named as an unindicted co-conspirator in Jackson's 2005 child molestation trial.

マイケルが、とても依存症になったので、ビデオプロデューサー(Schaffel)と、他の親しい仲間は、2003年に介入しようとしましたが、ワールドツアー(2003年にワールドツアー??TIIのこと??Schaffelに2005年以降もMJと接触があったってこと??)のため出来ませんでした。と、Schaffel(2005年の性的虐待裁判で、共謀者と告発された)は言いました。

Jackson even wrote and performed a song about the drug Demerol, called "Morphine," released in 1997. Both drugs are opioids.

マイケルは、1997年に、"Morphine"というドラッグに関しての曲もあります。MorphineもDemerolも、阿片など、アルカロイド系のもの。

"Everybody around him knew about it," Schaffel told ABCNews.com. "He didn't advertise it to the world, but anybody in his inner circle knew."

彼の周囲は、皆それを知っていました。世間には知られていませんでしたが、彼の側近は、皆知っていました。

Schaffel's accusations were backed by a senior law enforcement official who told ABC that Jackson was "heavily addicted" to Demerol and received "daily doses" of Oxycontin.

Schaffelが、ABCに語った、マイケルのDemerol依存症と、毎日のオキシコンチンの投与量は、マイケルが亡くなったときの法執行官によって支持されました。

"I was shocked, but I knew it was only a matter of time that something like this would happen," Schaffel said. "I have said before, that if he continued using drugs at this rate, he'd be dead by the time he was 50."

「私は、ショックを受けました。でも、私は、このようなことが起こるのが、時間の問題にすぎないことを知っていました。」と、Schaffelは言いました。

「以前、私は言ったことがあります。彼がこのまま、ドラッグを使用し続けていたら、50歳までに死んでいるでしょうと。」


Schaffel won a $3 million suit against Jackson, claiming the star failed to pay him $800,000 for his work on two television specials, and $2.3 million in payments and loans over a number of years.

Schaffelは、2つのテレビの特集番組に対する、彼の仕事の80万ドル、および、支払いとローンにおける230万ドルを、何年間もにわたって支払わなかったとする裁判において、マイケルに対して300万ドルの訴訟に勝ちました。

The Los Angeles police were told that Jackson received a Demerol injection one hour before his death, according to a senior law enforcement official. Paramedics at the Los Angeles hospital where Jackson died Thursday, according to the British tabloid the Sun, said the star's breathing got "slower and slower until it stopped."


☆☆☆さらに追加更新☆☆☆

MJ Glassies Collection (3)の、Schaffelの悪行について。のところで紹介した「TAPES SHOW TWO SIDES OF JACKO」の記事なんですが、実際は、Schaffelが、そんな酷いことを言ってるわけではなくて、Schaffel VS. MJを、メディアが面白おかしく対立させていて、またもや、変人MJと言った構図で報道しているのかなって内容で、

Schaffelが、持っているボイスメールが、裁判で証拠として、登場し、その内容が、ほんの少し紹介されているという記事です。

でも、なんとなく、わたしには、この記事は「味わい深い」というか、マイケル・ジャクソンの顔について(8)〜(13)までで、紹介した「エイブラム裁判」を思い出すんですね。あのときも、永年付き合いのある、プロモーターによる、ちょっと、MJにとって、分の悪そうな裁判でしたが、このときの彼の態度も、そんな感じだったんじゃないでしょうか?


TAPES SHOW TWO SIDES OF JACKO
BY MICHELLE CARUSO DAILY NEWS WEST COAST BUREAU CHIEF
Friday, June 30th 2006, 6:52AM



SANTA MONICA, Calif. - Two faces of Michael Jackson - hard-nosed businessman and childlike flake - came to light on recordings played yesterday in a $3.8 million breach of contract suit brought by the singer's former video producer.

サンタモニカ、カリフォルニア ー マイケル・ジャクソンの2つの顔(鼻っ柱の強いビジネスマンと無邪気な一面)が、昨日、元ビデオプロデューサーによって起こされた、380万ドルの不履行による契約訴訟で明るみに出ました。

The dueling Jackos - captured on voice mail and videotape - emerged as producer Marc Schaffel's lawyer made his opening statement in Santa Monica Superior Court.

プロデューサー(Schaffel)の弁護士が、サンタモニカ高等裁判所で、彼の冒頭陳述をしたとき、ボイスメールとビデオテープは現れました。

First came a phone message the pop star left for Schaffel. Schaffel lawyer Howard King said it proves the singer "is very well aware of what is going on" with his business affairs.

まず最初は、ジャクソンがSchaffelに残した電話メッセージ。 SchaffelのHoward King弁護士は、ジャクソンが彼のビジネスで起こっていることを非常によく意識していることを立証すると言いました。

"Marc, call [Florida businessman] Al Malnik. I do not want any ifs, ands or buts about releasing 'What More Can I Give' at this point," Jackson says in a falsetto voice laced with ice-cold authority.

「マーク、Al Malnik(フロリダのビジネスマン)を呼んでください。私は“What More Can I Give”をリリースすることに関して、どんな言い訳も欲しいと思いません」ジャクソンは、氷のように冷たい口調の裏声で言います。

"Do it now. Do it now, Okay? Tell Al I want a big deal made out of this. . . . Listen to me musically. This is my department," Jackson says, then hangs up without saying goodbye.

「今、それをしてください。 Okay? 今、そうしてください。 これは、大仕事だと、アルに言ってください . . . 音楽のことは、私の言うことを聞いてください。 これは私の専門なんです」さようならを言わずに、ジャクソンは電話を切ります。

But when Jackson was quizzed at a videotaped deposition on Sept. 23, 2005, his well-known childlike persona appeared.

しかし、ジャクソンが2005年9月23日に録画された証言で、質問されたとき、彼の周知の無邪気な人格は現れました。

"Did you ever pay him?" King asks the singer.
"I don't know. I don't know. I'm sure he got money," Jackson says in a tiny confused voice.

「あなたは、今までに、彼に支払いましたか?」 キング弁護士はジャクソンに尋ねます。「私は知りません。わかりません。私は、彼がお金を得たのを確信しています」と、ジャクソンは小さい混乱した声で言います。

"Why are you sure he got money?" King asked.
"Because he seemed to be always happy!" Jackson says with a goofy grin.

「なぜ、あなたは彼がお金を得たと確信しているんですか」 キング弁護士は尋ねました。

「だって、彼はいつも幸せそうに見えた!」 ジャクソンはにやにや笑いで言います。

In his opening statement, Jackson lawyer Thomas Mundell said the entertainer does not owe Schaffel the $3.8 million the producer claims.

彼の冒頭陳述では、ジャクソンの弁護士、トーマス・マンデルは、プロデューサー(Schaffel)から、380万ドルを借りていないと言いました。

He alleged Schaffel cooked the ledgers for Neverland Valley Entertainment, a company he formed for Jackson-related projects.

彼は、Schaffelが、Neverland Valley Entertainmentのための原簿や、ジャクソン関連のプロジェクトのために形成した会社を操作したと申し立てました。(記事引用終了)


「だって、彼はいつも幸せそうに見えた!」← ここ、何回見ても笑えるんですけど♡

◎MJ Glasses Collection (6)につづく



 

[PR]
by yomodalite | 2010-11-02 16:04 | goofy grin | Trackback | Comments(0)

MJ Glasses Collection (4)

f0134963_12453866.jpg

MJ Glasses Collection (3)の続き

冒頭の写真は、2005年3月14日、裁判時のもの。

タイトルと内容があっていませんが、考えている途中を公開しているだけなので、曖昧なタイトルにしておきたいんです。引き続き、ブログ主は、愛と根性だけで、英文記事を読んでいますので、内容に関して、あまり信用なさらず、是非、疑って、チェック入れてください。

なんていうのかなぁ〜
結局、鎮痛剤中毒とか、MJのドラッグ問題って?っていうのが、本来の疑問なんですけど。。

では、あの人の言い分が、まだ続きますが。。。


☆MMJ Glasses Collection (3)に掲載した動画と同じものです
◎MICHAEL JACKSON: UNSEEN INTERVIEW!

下記は、For MJ “I'ts all for love.L-O-V-E” より、2004年の関連記事と「ABC News」の抜粋。

January 31 : The police searches the houses of Marc Schaffel & his assistant Christian Robinson.
2004年1月31日、警察は、Schaffelと、彼のアシスタントのChristian Robinsonの家を捜査した。

February 7 : Michael hires Raymone Bain as new official Spokesperson.
2004年2月7日、マイケルは、公式の広報として、Raymone Bainを雇う。

February 20 : Raymone Bain denies reports claiming that Michael came to Aspen for a detox programme.
2004年2月20日、Raymone Bainは、マイケルが解毒プログラムのために、アスペンに来たことを否定する。

March : Michael's new official website MJJ SOURCE is launched.
2004年3月、マイケルのオフィシャル・ウェブサイト「MJJ SOUCE」がスタート。

April 24 : Randy organises a meeting at Michael's house in Orlando with his civil lawyer Brian Oxman and top criminal lawyer Thomas Mesereau Jr.
2004年4月24日、ランディは彼の民事の弁護士Brian Oxmanと最高刑事専門弁護士Thomas Mesereau Jrと共にオーランドのマイケルの家でミーティングをした。

April 25 : Michael announces that he has changed his legal team.
2004年4月25日: マイケルは、弁護団の変更を発表する。

September 13 : Debbie gives an interview to Entertainment Tonight.
2004年9月13日、デビーは、エンターテイメント・トゥナイトのインタヴューに応じる。

September 15 : Police search the house of Evvy Tavasci, Michael 's assistant since 1991!
2004年9月15日、警察は、マイケルのEvvy Tavasciの家と、1991年からのアシスタントを捜査した。

November 16 : Marc Schaffel files a civil complaint in Los Angeles seeking 3 $ millions for money loans.
2004年11月16日、Marc Schaffelは、300万ドルの資金融資に関して、ロサンゼルスで民事訴訟を起こす。

◎Michael Jackson Pleads for Money on Tapes
- Two Former Advisors File Complaints Against Jackson

http://abcnews.go.com/GMA/MichaelJackson/story?id=1336379

☆下記は、上の「ABC News」の要約

Marc Schaffelは、300万ドルでジャクソンを訴えている。彼の2つのテレビの特集番組に対する仕事の未払い分80万ドルと、何年間にもわたる資金融資が、230万ドルだったと主張している。

マイケルは、応訴している。彼のSchaffelへの電話の録音テープを「ABC News」が入手しました。

Schaffelへのメッセージ:「こんにちは、マーク。マイケルです。伝えたいことがあります。どうか私を失望させないでください。 私は本当にあなたが好きです。私はあなたを愛しています… マーク、私は、本当に、できるだけ早く、あなたから700万ドルを得る必要があります....700か、750だけど...」

Schaffelは、2年間以上、マイケルのアドバイザーとして、彼の親しい友人であったと言います。

Schaffelに対して、マイケルの銀行員は、Schaffelのような、中間の男を通して、様々なローンをアレンジしていました。

ABC Newsは、Dieter Wiesnerというジャクソンの別の元アドバイザーが、月曜日にロサンゼルスで、ジャクソンに対して6400万ドルの民事訴訟をおこしたことを学びました。

Schaffelは、マイケルがしばしば多量の現金を必要とし、そして時々、彼はコード(暗黙の了解という意味だと思う)でそれを要求しました。 マイケルのライフスタイルには、お金が欠かせなかったんです。

レストランに行くときは、1日レストランを貸切にしなければなりません。1日の総売上げを支払ってからでないと、落ち着いて食事を楽しめないんですよ。
Arby's fast foodでも、1回の配送で10万ドルです。

2003年に、マイケルは、若い癌に打ち勝った人(ギャビン・アルビーゾ)との不適切な関係があったという主張への反論を計画するために、Schaffelに委任権を変更しました。 その後、Schaffelは、非告発された共謀者として、マイケルから、カリフォルニアで、刑事訴追されました。

Schaffelは、マイケルとの、彼との関係の本質を示している、2001年から2003年までの、何百ものボイスメールメッセージがあると言います。そこには、マイケルの、ダークサイドも含まれています。

「マイケルは怒鳴りつけたり、罰せられたり、貸されなかったということのために、何かしようとしています」と、Schaffelは言いました。

Schaffelとの関係はマイケルの最新の刑事上の問題(2005年の裁判)のすぐ前に終わりました。 Schaffelは、マイケルが、無罪になった以降、バーレーンに移動していることを驚いていないと言いました。マイケルの新しい友人を探すパターンに合っているので。

「陪審が証拠を聞くとき、彼らは、マイケルに、Schaffelへの負債がないのを知るでしょう。」と、Mesereau弁護士は、ABC Newsに言いました。 Mesereauは、テープの内容をよく吟味するまでは、Weisner訴訟を批評できないと言いました。

☆☆☆追加更新☆☆☆

まだ、資料的に充分とは言えないかもしれませんが、とりあえず、ここまでを、まとめてみます。

これは、わたしの「結論」ではなくて、あくまでも、Konitzer&Wiesnerと、Schaffelの側に立って、彼らの主張をまとめると、ということで、ご理解くださいませ。

しつこいようですけど、一旦、Schaffel達を擁護してみるっていう「試み」ですからね。

まず、

Konitzer&Wiesnerは、金銭問題と名誉に関して、訴えてはいるけど、MJと付き合いも長く、家族ぐるみの交流もあり、訴えられた後も、MJに対して、親しみも尊敬も失っておらず、裁判の際の、Mesereauのやり方も、当時の状況を考えると仕方がないといった感じで発言しているような。。。←MJ Glassies Collection (3)「Konitzerインタヴュー」

また、Wiesnerのサイトで、彼の仕事(http://www.dieterwiesner.com/michaeljackson.html)を確認すると、2003年より前は、ライセンス販売とかで、2003年は、3つのTV番組なども、Schaffelのアシスタント的な感じで、“平時”の際のパートナーとして、親しい関係だったように思います。

2003年に委任権を得ていますが、すぐにSchaffelに変ったのも、2003年のTV番組などの企画など、映像関係は、Schaffelが得意とするところで、彼はアシスタントにならざるを得なかったのではないかと思います。でも、それゆえ、Konitzer&Wiesnerは、Schaffelと比べると、MJに対して、負担しているお金がない(少ない)のかもしれません。

一方、Schaffelは、MJの逆風時代の、そのまた、台風の目ぐらいの時期に、委任権を得て、MJのイメージアップ企画として、バシールへの反論番組、プライヴェートムービー、“What More Can I Give”と、資金が必要な企画を矢継ぎ早に、制作しています。(“What More Can I Give”での、Schaffelの失敗に関しては、後から追加予定)

これらの、資金回収は、まずは、メディアへの売上げだと思いますが、これは、まったくの想像ですけど、、、この頃の、MJへのメディアスクラムから、想像すると、視聴率や、その注目に見合わない、ダンピングをされたり、足下を見られるというか、契約金に関して、最終的に騙されたっていう部分もあるんじゃないかと思います。FOXテレビなどの、大メディアと、Schaffelが、そんなに上手く交渉出来ないんじゃないかと。。。

Schaffelが、もっていると言っているMJボイステープを聞いていないんですけど、要するに、彼は、MJは、そんなに無邪気でもなく、自分は騙してなんかいないということを、主張したいんじゃないでしょうか。で、そういった会話は、MJのメインイメージにはそぐわないので、「ABC News」は、ダークサイドと表現しているんじゃないかなぁ。。

この頃のMJは、確かに、彼のメインとする仕事はしていないし、自由になる、お金が少なかった可能性も高いのですが、Schaffelは、MJに認められたいのと、必ず、後から儲けになるはずという確信から“持出し”も多かった可能性も、あるんじゃないでしょうか。

わたしは、MJは頭脳明晰で、5年後、10年後の未来を見据えて、会社を引っ張って行くような、世界企業のCEOには、すごく相応しいと思うんですけど、細かいお金の計算とか、今までのインタヴューでも、算数はそんなに得意じゃないんじゃないかって思ったことは、まぁ、あるんですね。。。

一方、Schaffelの方は、中小企業の社長としては、結構イイんじゃないっていうか(笑)まあ、見た目の印象だけかもしれませんが(笑)。。。「仕事の未払い分80万ドルと、何年間にもわたる資金融資が、230万ドルだった」って、なんか、この金額とか、信憑性を感じなくもない(笑)

で、MJが言ってる、700万か、750万ドルっていう言い方も、KINGっぽい(笑)たぶん、MJとSchaffelが、企画について話し合ってるときは、そんな金額で、Schaffelも、そのつもりで、制作してたんだけど、終わってみたら、負債が残った。。。なんか、ありえる感じはします。

いずれにしても、彼らは、MJが、メインとしている、音楽も、ショーも行わない時代に、慈善事業などの、MJのBIG伝説と関わってきたんだけど、、ある日突然、刑事事件に巻き込まれ、あれよあれよと言う間に、刑事裁判専門のトップ弁護士が現われ、そういう芸能人的ライフが、裁判には不利と見た、切れ者の弁護士は、それを全部、周囲に押し付け、彼らを切り捨てた。

今まで、MJのために仕事をして来たと思っていた、彼らは、相当ショックを受けて、しかも、Schaffelは、借金も残った。。。ってことは、、、ないかなぁ。。

そんなわけで、

いろいろ、細かいところを追加で更新するとして、そろそろ、Mesereauの方に視点を移そうかな。

なんか、もう、いかにも頭が良さげで、背が高くて、メガネで、白髪って、実は、Mesereauって、もうめちゃめちゃ萌えるタイプなの。。。♡

☆☆☆11月2日更新☆☆☆

もう、早くMesereauさま♡に、行きたいし、、、中小企業の社長っていうよりは、やっぱり、裏ビデオ屋の店長かって感じのSchaffelに、なんで、そんなに食いついてるのか、自分でも不思議なんですけど、どういうわけだかノッてきちゃったんです(笑)

そういえば、最初にお金のことについて気になってきたきっかけになったのは、Raymone Bainが、4400万ドルの損害賠償を求めて、エステートを訴えたって記事を読んだときだったんだけど、ちょっといくらなんでも金額がデカ過ぎないって思ったのね。

だって、Bainは、広報だからまったく想像でしかないけど。。たぶん、Schaffelとは違って、年収ベースの契約だったんじゃない?いくら、MJが儲かっていなくて、借金生活とか言われてた時期とはいえ、Bainはクリントンやヒラリーのキャンペーンとか、2008年にはオバマのキャンペーンもやってるし、一流の人でしょ?広報だし、仕事成立したら契約金の何パーセントってだけじゃ契約できないと思うんだよね。たぶん。。

だから、絶対いっぱいもらってたと思ってたのに、あれって思ったんだけど、やっぱり、あっさり却下されてて、そうだよねって思ったり、でも、結果でるのすごく早かったし、MJがいないとエステートって強いなぁ。やっぱ、××××とがっぷり絡んでると違うわ。とか、Bainの請求額はエステートの売上げを見てから算出されてるんだろうな〜とか思ってみたりしたんだけど、、

最初、裁判時に告発された、Konitzer&WiesnerとSchaffelの、power of attorneyが、どの程度、威力があって、MJが牛耳られていたのかを知りたかったんだけど、元々MJに編成変えの意志があって、Konitzer&Wiesnerと契約したのに、例のBashirの問題が起きて、1年に満たない期間で首にして、直後に目的限定みたいな、Schaffelにpower of attorneyを与えているけど、こっちも想定外の問題(裁判)により、あっさり首にしてるよね。

全然、牛耳られてないうえに、選択も迅速だし冷静なんじゃないでしょうか?

ちなみに、このとき告発されたSchaffelは、結局、裁判で勝って、請求額と同額を勝ち取って、それで、例の映画も著作権が認められてるんだよね。

Schaffelの悪行として、なんとなく知られている“What More Can I Give”について、日本の会社との契約に関しては、まだわかんないんだけど、英語版の“What More Can I Give”のWikipediaの、Schaffelについて書かれてある部分だけ、MJ Glassies Collection (5)に、要約を載せておくことにします。

(3)と(4)で、まだ未掲載の要約記事とかも、そのうち、そっちに掲載する予定なので、チェックしてみてくださいませ。


KonitzerとかWiesnerとか、Schaffelって誰だよ!なうえに、すっごく長い文章を、
ここまで、読んでいただき、ありがとうございます。


◎MJ Glasses Collection (5)につづく

☆このエントリに関しての言い訳
更新情報(2010.10.31)





[PR]
by yomodalite | 2010-11-02 01:00 | goofy grin | Trackback | Comments(0)

更新情報

MJ Glasses Collection (3)の動画の和訳部分を差し替え、大幅に文章を追加しました。なんか、今頃って感じですけど、ずっと気になっていて、和訳も含めて、とりあえず人物整理から、始めてみようかと。。。

尚、この下の文章は、わかりにくいうえに、だらだらと長くて、写真もありません。
この動画に関係する、登場人物の1人は、例の映画のせいで、ちょっぴり有名ですが、私には、まだ、その人についても、よくわからないんです。

例の映画とか、その人物とか、このブログでは、つい最近、マイケルに興味をもった人にも、少しはわかってもらえるように、出来るだけ、省略表現などもしないように、普段は心がけているんですが、ちょっと、まだ、この話題で「検索」に引っ掛かかりたくないんで、こんな書き方をしています。

今更なタイミングなのは、ブログ主が、英語が苦手なためと、ビジネスのことは、ホント難しくてっていう理由および、MJの元妻の吸血鬼発言でしょうか、、そんなわけなので、更新エントリの方に、英語が得意な方や、アメリカの裁判事情や、ビジネスのことが、少しわかる方など、色々、ご指摘くださると、助かります。

また、わたしは、今までのところ、MJが間違っていたことは、1ミリもないと感じていますので、「ポリシー」でも書いたように、元妻2人や、他のガールフレンドもそうですが、ツアースタッフ、ミュージシャン、ダンサーなども、実力はもちろん、性格も含めて、素敵な人たちを選んでいると思っています。

また、エンターテイメント関係に限らず、永年の弁護士、Sangerが「LA WEEKLY」のインタヴューでも語っているように、MJは、幅広い知識があり、色々、人に合わせて、話が出来る人だったと思っているので、吸血鬼疑惑のある人々が、そんなに吸血鬼でない可能性もあると思っています。

MJは、後年まで、尊敬と感謝のことばを送っている、ベリー・ゴーディーとも、契約問題で別れていますし、少年時代から成功へと導いたマネージャーの父親も首にし、離婚後も憎からず以上に思っていた、リサとも別れていますし、黄金期と言われる時期のマネージャー、プロデューサーや、家族まで、MJは例外なく関係を断ち切るところがあります(彼の進化したいという絶え間ない欲望のためだと思います)

MJが、歴史的人物であるので、周囲のひとも、どうしても「歴史的評価」として、判断されてしまう部分もあると思うんですけど、何というか、“ユダ”と言えば、歴史的に「裏切り者」ですけれど、実際は、鳩山元首相のような人(?)だったかもしれませんし、いやいや、仙谷官房長官(?)ぐらいでしょうとか、もっと根本的に、そもそも、裏切り者は“ユダ”だったのか?という疑問すら、、、えっ〜〜っと、何の話でしたっけ、、、まっ、とにかく、わたしは、今のところ、よくわからないんです。。

MJのドラッグと、お金と「THIS IS IT」への経緯の問題の中で、これは、はっきりしているんじゃないかと思うのは、あのツアーの名前はMJ自身がつけたんだよねってことです。

だって、毎回、最後とか、地獄とか言って来たツアーですけど、ツアーだけでなく、2002年からパフォーマンス一切を止めていたMJが、もう今度こそ本当に最後だって言ったツアーに、「THIS IS IT」(おまちかね!とか、これだよ!みたいな)って名付けたんだったら、嫌々のわけないじゃんって思うんですけど。。。

ただ、

彼の顔を、目一杯眺めてきて、映画『This Is It』内のスムクリ映像の顔とか、“You Rock〜”のSFとか、まだまだ、わからない「顔」は、いっぱいありますが、それとは、なにか、異なる「顔」として、『This Is It』ツアー発表のときが、よくわからないんです。

わたしは、最初に見たときは、なんかMJに見えなかったし、当時の彼の顔を散々見た、今でも、やっぱり異質に見えます。高揚感とか、ポーズとか、声も、いつもと違うし、、この会見自体も、ファッションや、ヘアスタイル、スピーチ内容から、急遽決まったように見えるし、今までに見たことのない「ハイな状態」に見えました。

◎Michael Jackson press conference at the O2, London 2009

とはいえ、ドラッグに関しては、MJの場合、処方箋薬ですから、元々、彼自身には、何ら問題ないはずですけど、頭脳明晰で、超仕事が出来て、完璧主義者の彼に、判断力が劣っていたとか、騙されたとか、メディアの謝りたくない&アホ記事量産+様々な人の裁判闘争のために、つまんねーこと抜かすんだったら、「耳から手つっこんで奥歯ガタガタいわしたるぅ」的な気分なんですが、もし、こっちが、間違っていたら、素直に謝るっていう姿勢も、とても大事なことだと思っています。

で、とりあえず、登場人物のリストアップから、始めたいと思いました。これらのビジネスパートナーのことは、ショーも、アルバム発表もない時期に、MJがやっていたことを知ることにも、繋がると思います。

現在、ブログ主は「ヒストリー期」を、中心に考えていて、あの医師のこととか、現在進行中のことに絡むようなことは、まだ、あまり触れたくないんですけど、でも“HIStory”と言えば、“Money”は、外せないでしょう?

◎Michael Jackson- Money
◎Money 訳詞「マイケルの遺した言葉」

そんなわけで、こちらの、MJ Glasses Collection (3)に、気が向いたら、今後も、少しづつ、資料追加して行こうかな〜と思っていますので、何かご存知のことがあれば教えてください。また、この問題に関して、もっと良サイトを知っているという方も、是非教えてください。もう、止めたくてしたかないのでww





[PR]
by yomodalite | 2010-10-31 00:38 | goofy grin | Trackback | Comments(0)

MJ Glasses Collection (3) ※メガネ動画の和訳あり

f0134963_6554692.jpg

◎MJ Glasses Collection (2)の続き

2005年のおしゃれメガネ写真を紹介したついでに「老眼鏡」動画も。


2002年のバンビアワード
公の場で初めて老眼鏡をかけたときのもの
MJ登場は3:10〜ファースト老眼鏡は4:00〜




裁判後の2006年
中東滞在でリラックスするMJの
自然なメガネの取出し方がたまらない
(低画質)





2007年日本で開催されたVIPパーティー
熱狂的ファンを前にしても
サングラスを取ったのは老眼鏡をかけた極わずかな時間


VIPパーティー翌日のキャンプ座間訪問





以前「メガネ動画」でもアップした
SUN誌のインタヴュー
内容はイジワルですが
長時間メガネMJが見られます。





☆☆☆ここから下は、2010年10月31日に内容を更新しました☆☆☆

◎タイトルとは異なる内容になっている理由は、こちらをお読みください

上記のSUNのインタヴューは、頻繁に消されては、再アップされる動画です。また、この下にあるインタヴューの和訳は、コメント欄の経緯とは別のものに差し換えました。

動画については、詳しくはわかりませんがTV放送はされていない、SUN(雑誌)によるインタヴューだと思います。また、この映像の権利を、当時のマネージャーであるSchaffelが主張しているのは、解雇された元マネージャー、Wiesnerの訴えに対抗するために、Schaffel案によって撮られたからでしょうか。

鎮痛剤の影響により、Wiesnerとの契約を結んだ書類を覚えていないということを、MJは言っていると思います。で、それを映像として押さえ、指揮しているのは、Schaffelのようです。←下記の(注2)参照

インタヴューに登場する、Ronald Konitzerと、Dieter Wiesnerは、MJの元ビジネスパートナー。Dieter Wiesnerは、2003年にpower of attorneyと言われる、完全な委任権をもっていた人物で、Ronald Konitzerは、Wiesnerよりも、さらに前からスタッフだった人物のようです。

◎Ronald Konitzer インタヴュー
◎Dieter Wiesner's official website

上の、Konitzerのインタヴューは、2005年の裁判で、検察とMJの敏腕弁護士Mesereauの両方から告発された(ただし起訴はされていない)ことへの反論だと思われます。

Konitzer&Wiesnerと、Schaffelの3人は、いずれも2005年の裁判で、Mesereauに告発されています。裁判の勝利のために、当時のMJの周囲から彼ひとりを救うためのMesereauの「戦略」だと思いますが・・・私には、Konitzerの「MJもよく知っていた」というのは、嘘ではないように思えます。。

また、こちらのとてもとても素敵なサイトによれば、

2003年の1月にWiesnerとKonitzerは、正式にMJと契約を結び、以前のTrudy GreenとHoward Koffmanを首にして、「MJ Universe」と呼ばれる、カムバック計画に取り組もうとしていたけど、Bashirの"Living with Michael Jackson"の、驚異的な影響に襲われ、Schaffelは、元妻デビーに、MJのためのインタヴューを依頼し(GMTVの独占インタヴュー)、一方、WiesnerとKonitzerは、Janet Arvizoに会ったりしつつ、MJは、WIesner&Konitzerと、Schaffelに、Bashir反論番組の制作を依頼する。

Wiesner & Konitzer(と彼の家族も一緒に)は、ネバーランドに泊り込みで、反論番組の制作に取組み、Janet Arvizoをネバーランドから移動させたり、ウェブにも記載があるNisha Katariaのプロデュースも平行してやっている。2003年6月10日に、MJは、新しい事業顧問として、Charles Kopplemanとも、契約していますが、2003年12月の段階で、MJは、 Wiesner&Kontizerと、Schaffelの3人と、常に連絡を取り合っていたようです。

☆では、下記が、動画の和訳です。

Interviewer: Were you under the influence of drugs or alcohol that impaired your ability to understand what you were doing?
インタヴュアー:あなたは、薬や酒による影響で、判断力に障害がありましたか。

MJ:It could have been medication, yes.
MJ:あったかもしれません、ええ。

Interviewer:Ok what medications were you taking in about January of 2003
インタヴュアー:2003年の1月に、何の薬を飲んでいましたか。

MJ:It could have easily been pain medications because I had some serious injuries on tour.
MJ:鎮痛剤だったと思います。ツアーで深刻な怪我をしたので。

Interviewer:On what tour?
インタヴュアー:何のツアーですか。

MJ: I had a serious fall, it was - i'm not sure it was a tour, it was a show that we did. a benefit show. and I had an accident also at home, so I'm sure it was something to do with that.
MJ:かなり高い所から落下しました、ツアーと言えるかどうか、僕たちが行なった慈善関係のショーでした。それから、家でも怪我をして、それが関係していることは確かです。

Interviewer:And um, so is it your testimony today that you gave a power of attorney to Dieter Wiesner and Ronald Conitzer (sp?) when you were under the influence of prescription medication?
インタヴュアー:今日はあなたが処方箋薬の影響があったときに、Dieter Wiesner とRonald Konitzer(ビジネス・パートナー)に、委任権を与えたことを証明するんですね。

MJ:Could have been, probably.
MJ:そうですね。たぶん。

Interviewer:That's a probably?
インタヴュアー:たぶん?

MJ:Probably, yes, probably.
MJ:そうですね、たぶん、そうです。

Interviewer:Were you impaired by the taking of prescription medications or something else at the time you signed these 2 documents?
インタヴュアー:これらの2つの書類にサインしたとき、あなたは処方箋薬による判断力に障害か何かありましたか。

MJ:Could have been.
MJ:そうですね。

Interviewer:Is that your best recollection, is that you signed these while impaired, not knowing what they meant?
インタヴュアー:判断力の障害によって、それがどういうものか知らずに、あなたがサインしたということを、思い出せるのは、それが精一杯ですか。

MJ:Couldn't really say so, but I'm not...I don't know.... 
MJ:はっきりそうだとは言えないけど、僕は…僕はわからないんです。

Interviewer:How long during 2003 were you impaired because of the taking of prescription medication?
インタヴュアー:あなたがサインしたとき、処方箋薬による判断力の障害はなかったということですか。

MJ:Could have been...I don't know.
MJ:そうかもしれないけど…わかりません。

Interviewer:How long during 2003 were you impaired because of the taking of prescription medication?
インタヴュアー:2003年の間どれくらい処方箋薬による判断力の障害がありましたか。

MJ: I don't know.
MJ:わかりません。

Interviewer:Was it most of 2003?
インタヴュアー:2003年のほとんどですか。

MJ:I'm not sure.
MJ:はっきりわかりません。

Interviewer:Did Dr. F___ prescribe that medication for you?
インタヴュアー:Dr.F__(名前が聞き取れない)があなたに処方した薬ですか。

MJ:No it wasn't F___, I think it was a local.
MJ:いいえ、Dr.F__ではなく、それは地元でだったと思います。

Interviewer:March 31 2003, were you still impaired because of the taking of prescription medication?
インタヴュアー:2003年3月31日、あなたは、まだ処方箋薬による判断力に障害がありましたか。

MJ:Could have been.
MJ:そうかもしれません。

Interviewer:Now during the period of time you were impaired by the taking of prescription medication, was this an impairment that lasted like all your waking hours, or did it come and go?
インタヴュアー:では、処方箋薬による判断力に障害があった期間、あなたは動いている間中ずっと障害がありましたか、それともあったりなかったりでしたか。

MJ:Comes and goes...not all of your waking hours, of course not...yes.
MJ:あったりなかったり…動いている間中ではないです、もちろん違います…はい。

Interviewer:Now during the the period of time you were taking this medication where you weren't impaired, did you ever tell one of your advisors that you were concerned about your impairment and they better watch what you're signing during this period of time?
インタヴュアー:では、この薬を取っている間であなたに障害がなかったとき、あなたは誰かアドバイザーに、あなたが処方箋薬による判断障害を気にかけていること、そして、この時期に何にサインしているか、彼らが注意した方が良いと伝えましたか。

MJ:Not that I recall.
MJ:思い出す限りではしていません。

注1)ツアーというか、慈善関係のショーと言っているのは、たぶん、1999年のヒズ・フレンズ・コンサートのミュンヘンで起きた事故のことだと思われます。ただし、こういった怪我なども、契約とか保険とかに関わるので「表向き」の理由かもしれません。家での事故というのは、厳しい不眠状態のときに、よくあるんですけど、本当に突然、気を失って、頭から落下するように倒れるので、酷い怪我を負うことがあります。

◎http://legend-of-mwfc.la.coocan.jp/ → MJ&Friends '99 →
ミュンヘン(ドイツ)編
___________

MJは、ビジネス・パートナーとして、Kontizer、 Wiesner、Schaffelの3人と契約していましたが、KontizerとWiesnerは、2人一緒に行動していることが多いようです。

3人は、いずれも、Bashirドキュメンタリの後のトラブル・シューティングを任されるのですが、WiesnerとKontizerが、先に解任され、それが不満で、訴えたため、残った(追出した?)Schaffelが、それに対抗しているのでしょうか?

インタビュアーが言っている、委任権(power of attorney)は、本人よりも、権利をもつほどの、権利らしく、これに「無効」を主張するために、このインタヴューは行われているんだと思います。

注2)これが「使われた」時期や、目的に関しては、よくわからないので、Schaffelが、Wiesnerを、MJのために告発したいのではなく、Mesereauの告発後、自分のために「利用している」のかもしれません。(←こっちの方が正しいのかな??)

この動画の見方は、2つあると思います(MJの状態に限定)

1)MJは、大変な権利をもつ書類にも、判断力がなくなるほど、薬の影響があった。

2)鎮痛剤の影響を利用して、Wiesnerの委任権を「無効」にしようとしている。

このときのMJから、ドラッグの影響を感じる人もいるでしょう。ただ、私には、そうは見えないというか、裁判だから、その路線に乗らざるを得ないんだけど、鎮痛剤の影響があったなんて、言いたくないし、仕方なく、「probably」「Could have been」「I dont know」とか、ギリギリのところで、答えているように見えるというか、むしろ、非常に冷静に見えるんですけど、、、

みなさんは、どう思います??

ただ、上記のどちらにしても、MJ側に鎮痛剤中毒を利用せざるを得ない点があったということかなぁ。

当時、Kontizer、 Wiesner、Schaffelは、いずれも、Bashirの番組に対抗する反論番組にも、更に、その後の「プライベート・ムービー」にも、関わっています。Schaffelの例の映画も、この当時に撮られたものですね。

なので、 Wiesner&Kontizerは、自分たちも、これらに関わったのに、最終的にSchaffelに持って行かれ、Schaffelも、当時の状況としては、成功とは言えず、儲けになっていない段階で、解雇され、その後、エステートが美味しいところを持って行った。

って、いうことじゃないかと、思うんですけど、違うかなぁ?

デビーは、Schaffelから依頼されたときは、MJや子供にも会わせてやるとか、MJにすごく感謝されるだろうとか、彼の危機を救ってくれとか、言われたので、喜んでインタヴューを受けたのに、MJからは、何のリアクションもなく、単にSchaffelの金儲けに利用されたように、感じたんじゃないでしょうか。。

◎『マイケル・ジャクソン裁判』/アフロダイテ・ジョーンズ

第24章「“Beat It” デビー・ロウの証言」で、デビーは、自分が行ったインタヴュー映像から、Schaffel、Wiesner、Konitzerが、 お金儲けをしようとしていた。と証言しています。(P398〜400)

こちらのブログ(http://michaels-page.seesaa.net/article/146308686.html)に引用があります。ただし、著書の引用としては限度を超えているので、迷ったのですが、本書を所有している方でも、どの部分か、すぐに思い出して欲しいので、紹介します。

デビー・ロウは、ここで、マイケルの関係者を「日和見主義のハゲタカ」と評しているんですが、わたしは、デビーが、あまりにもナイーブ過ぎると思いました。こういった行為が、ハゲタカだとか、MJが利用されていたってことになるなら、例えば、日本の芸能事務所も含め、タレントのマネジメント事業は、成立たないと思うんですけど。。。

フランク・ディレオ以降のマネージャーが、わかりにくい、ひとつの理由は、MJが、アルバム発売や、ツアーも、ショーも行っていなかったからだと思います。様々な裁判や、逆風から、彼のやりたかったことが、出来なかったという見方も、もちろん出来るのですが、ファンなら、『インヴィンシブル』以降のアルバムは、よほどの完成度に至っていなければ、出すつもりがないことや、子育てに一生懸命だったり、パフォーマンスなども、する気がなかったことなどは、理解できるでしょう。

わたしは、どちらかと言うと、この時期、MJは自分でセーブしていたんじゃないかと思っています。と言っても、静かな生活をさせてはくれないメディアに対して「割れ鍋に綴じふた」的な、仕事は必要ですし、様々な慈善関係の仕事や、今までのショービズ的な仕事とは多少異なる需要のために、MJは彼らと契約していたのではないでしょうか。

仕事として「成立」したら、報酬が受取れるという契約で、余程の仕事でなければ、受けたくないMJと、ビジネスをしようと思っていた、この頃のパートナーが、デビーが言うように、「すべての決断を下し、マイケルに相談せずに、決断を下すことも多かった」というのは、仕方がないことでしょう。仕事が成立する前に、アイデアだけで、解任されたくないですからね。

彼らが、支払いに関する裁判を、悉く起こしているのは、相当な期間を、その仕事に費やしたのに、最終的に報酬が得られなかったからか、努力に見合うものでなかったからで、通常のことのように、思えますし、Raymone K. Bainが、2009年に、エステートを訴えたことも同様なんじゃないでしょうか?

☆Raymone Bain、4400万ドルの損害賠償を求め、MJエステートを訴える
http://newsbizarre.com/2009/05/raymone-bain-michael-jackson-publicist.html

☆Raymone Bainの請求が棄却される
http://yourockmyworld829.blog88.fc2.com/blog-entry-744.html

彼らが、成功しなかったのは、あの頃のMJへの逆風を考えると、致し方ないと思えるし、彼らが、裁判を起こす気持ちは、わからなくもないように思うんだけど、違うかなぁ。。

2人の妻の言っていること(メイクのカレンや、女子ファンへの態度なども、共通する部分があるので、MJは、女性には、そういう風に言いたかったんじゃないかと思います)は、ビジネスを理解してなさ過ぎると、思えてならないんですが、でも、それだからこそ、MJは、リサや、デビーを愛していたのだろうし、信用できたというか、そーゆー人も、周りに欲しかったんじゃないでしょうか。


まっ、とにかく、彼らを庇う理由は、全然ないので「Power of Attorney」に関して詳しい方や、これに関係ありそうな情報、Schaffelらの悪行についてとか、英語が間違ってるとか、色々なご指摘、情報、反論も、大歓迎なので、よろしくお願いします。

あと、「MJ Universe」と言われる企画の内容がわかる方も、是非教えてください。もしかしたら、これは、Schaffelの映画にもあった、ネバーランドに大勢のひとを招待したパーティーのことでしょうか?


☆[2013年追記]「MJ Universe」については、その後出版されたディーター・ウィズナーの著書『素顔のマイケル・ジャクソン』に詳細な記述がありました。

☆☆☆追加更新☆☆☆

Schaffelの悪行について。
Schaffelが、MJ擁護の仕事から一転したのがいつなのか、まだわからないのですが、解雇後に、MJに対して、訴えを起こしている内容から、そのように思われたのではないでしょうか。

例えば、このニュースとか。。。
◎TAPES SHOW TWO SIDES OF JACKO → こちらの要約は、MJ Glasses Collection (5)に掲載。

☆☆☆11月1日追加更新☆☆☆

え〜〜っと、何を書いてるのか、わからない方が、ほとんどでしょうか?ごめんなさい。ホント、まだ資料を読んでいるところで「ある考え」を主張しようとしているわけではないんです。

ここまで書いてきた段階で、あの裁判で、Mesereauが、Schaffelらを告発する理由に関して、まだ、Mesereauの発言を、全然読んでいません(汗)

当然、これは、あとで押さえないといけないんですが、とりあえず、Schaffelらがどんなことを言っているかを、先に読んでいます。

Schaffelらを告発する理由として、Bashirドキュメンタリの契約の際に、彼らが、最初から、Bashirの意図をわかったうえで、MJを嵌めようとしていて、Bashirとの間には、金銭の授受もあり、その後も、味方を装い「反論番組」でも稼ごうとした。

つまり、Bashirとの共謀ですね。これが、金銭の授受などで、はっきりしているんだったら「黒」ですよね。

でも、そこは、わたしは、まだわからなくて、もしかして、Schaffelらと契約したのも、Bashirに騙されたという意見も、Mesereauの戦法としては、MJが無邪気で、鎮痛剤中毒があったからっていう「イメージ」だけで、主張していないかという疑問があったので、もしかしたら、順序が逆なのかもしれませんけど、先に、Schaffel達の主張を見ている段階です。

なので、この後も、もう少しSchaffelらの言い分を更新していくと思いますが、どうかご理解くださいませ。

◎MJ Glasses Collection (4)に続く

☆2010年10月31日より以前の関連記事
◎MJトライアルファッションショー
◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.1.31 - 3.24
◎MJ Glasses Collection (1)


[PR]
by yomodalite | 2010-04-07 07:04 | goofy grin | Trackback | Comments(13)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite