カテゴリ:日常と写真( 193 )

f0134963_22263726.jpg


今年の夏は北海道をマイカーで走る!! という、ダーリンのやんちゃな夢に付き合わされて、昨日から19時間もの間フェリーに乗せられて、苫小牧へ。
この日はキャンプ場でテントを張る予定だったのだけど、ちょっぴり雨だったので、テント寝をあっさりやめて、ロッジに変更。


f0134963_920769.jpg





f0134963_22312891.jpg


このキャンプ施設はレンタル品の品揃え、場内の雰囲気、施設内温泉も、すべていいですね。初心者キャンパーでも快適に過ごせます。



f0134963_9203329.jpg
ロッジの裏で見つけた野生のきのこ。謎のきのこが他にも数種類



到着時は少し雨だったけど、翌日は快晴。

皮ごと焼いただけのとうもろこしも、トマトも、どのキャンプ場で食べても美味しいのだけど、北海道産に、この青空が加わると、世界一美味しい朝食だと思う。

◎北海道旅行(2)につづく




[PR]
by yomodalite | 2011-08-18 18:09 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

ひとりごと(2011.8.9)

f0134963_1085489.jpg


Rockstarbot ロックスターbot
60年代には『30代以上の連中を信じるな」と言われたけど、今なら『30代以下の人間を信じるな』と言いたい(ボブ・ディラン)http://goo.gl/Evz72


確かに、30歳を過ぎてからの自分のことを考えると、20代の頃の自分なんて、何ひとつ信用できないけど、ボブ・ディランのことも未だによく知らないし、

年をとっても、わからないことがちっとも減らないってことだけは、40過ぎてからよくわかったかも。

昨日からの猛暑に、今日は朝から躊躇なくエアコンを入れたせいか、

今日こそは、LOTTEのマカデミアチョコ(左)と、明治のマカデミアチョコ(右)のどちらが美味しいのかについて、決着つけてやる!って思ったんだけど、、、



意外とわかんないね。。



LOTTEと明治のチョコの味の差ぐらいわかると思ってたのに、、、



暑さのせいでしょうか。


☆最近の「おめざ」。意外と中田ヤスタカものにヨワいのだ♡
◎きゃりーぱみゅぱみゅ - PONPONPON

☆HKB48の第1弾シングルも、中田ヤスタカ・プロデュースがいいな♡
◎日刊サイゾー「中村うさぎと美保純が...」


なんか、エアコンあんまり効かないなぁ。。


☆ちょっと前からお気に入りだったこの曲をプレイしているのは、夙川BOYS(しゅくがわボーイズ)ではなくて、N'夙川BOYS(ンしゅくがわボーイズ)!
◎N'夙川BOYS - プラネットマジック


今日、わたしがわかりそうなことなんて、もうそれだけだったりして。。。






[PR]
by yomodalite | 2011-08-09 10:33 | 日常と写真 | Trackback | Comments(3)

本日のTwiiter(2011.3.06)

f0134963_19434859.jpg
◎写真はすべてこちらから

2011年3月1日〜3月6日までのTwitterから気になったものを抜粋してメモしました。テーマ別に順番を入れ替えたものも多くありますが、大雑把に、上から(古→新)になっています。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2011-03-06 20:24 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

本日のTwiiter(2011.3.01)

f0134963_8425931.jpg
☆写真は、ロベルトヒロシ@hiroshiroberuto さんの写真から。
◎http://twitter.com/#!/hiroshiroberuto

あまりにステキな「ドヤ顔」だったので借用させていただきました♡
ウユニ塩湖など、他にも素敵な写真がたくさん紹介されてます!!!


2011年2月27日〜3月1日までのTwitterから抜粋してメモしました。上から(古→新)になっています。前回から引き続き「マッドマン」さんのツイートが中心です。(ただし、マッドマンさん以外は、順不動で27日以前のものもあり)

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2011-03-02 09:15 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

本日のTwiiter(2011.2.25)

f0134963_2215443.jpg
◎写真はすべてこちらから

2011年2月21日〜25日までのTwitterから抜粋してメモしました。上から(古→新)になっています。前回も紹介した「マッドマン」さんのツイートが中心です。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2011-02-25 23:11 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)
f0134963_1417383.jpg


昨日書いた『桜庭一樹読書日記 ー 少年になり、本を買うのだ』の章タイトルの中で、

バナナの皮で、世界が滅亡する。

これ、すごく気になっている人がいるんじゃないかと。。。
ふだん、何気に捨てている、あの皮で、凄惨なことが起こるなんて、、とか、

もしかしたら、何人かの人を不安にしてしまったんじゃないかと心配なので、

少し補足しておきたいと思う。

あの本の、バナナの皮で、世界が滅亡する。はどこから来ているかというと、

...ところがメールには続きがあった。「M澤君によると、この作品で失笑を買ったカーは、なにくそと十数年後に同じ趣向で新作を書きまして。これはアンフェアでなくミステリとしてそれにりによくできております.....」ふむふむ。「で、この話題の後、なぜかバナナの皮のことで盛上がりまして.....」おぉ。さすがカー。愛されている。「すると、翻訳ミステリ班のM原さんが(チャーリーという蛙を買っています)がすごいことを思い出しました。『バナナの皮がきっかけで地球が滅ぶ作品があった』というのです。

それは『地底のエリート』(K・H・シェール、松沢健二訳)という本で、『床に捨てられたバナナの皮に始まる悲喜劇的な偶然の連続が、人知の限りをつくした厳重な安全弁を次から次へと詰まらせ、東西両陣営間に飛びかう核ミサイルの大群のため、全世界は数時間のうちに凄惨な地獄と化した』というストーリーであります」(引用終了)


という「小説の話」だったんです。

昨日の読書メモに、この本を加えようかどうか迷ったのだけど、少し不安だったのだ。

格ミサイルの大群により全世界滅亡。そして“地底のエリート”とは果たして何なのか?未読なので、わたしにはまったくわからないし、科学的なことは弱いので、バナナの皮が核ミサイルに及ぼす可能性もよくわからない。

また、弱いのは科学だけじゃなくて、ここでも書いたけど、わたしは大好きな「お笑い」の世界に「恐怖」が忍び寄るみたいなのも、すっごく苦手なのだ。

でも、この小説は「バナナの皮ですべる」というおかしさと「滅亡」という対比により、面白さを生んでいるのかもしれないけど、

そもそも、そのギャグは何で有名なんだろう。

チャップリン? 

たしかに、彼なら「バナナの皮ですべる」ことに、緻密なシチュエーションを設定し、尚かつ、実際に「すべる」までに、幾通りもの柔軟な体の動きと、絶妙な表情で、笑いを誘ったうえに「涙」まで演出するかもしれない。

スリー・ストゥージズ?

カーリーなら、バナナですべる前に、何度かモーにボコられたうえに、落下したバケツを頭から被って、数回のターンをキメたうえに、階段からも落ちてるかもしれない。

マズい!!!!

うっかり、チャップリンとスリー・ストゥージズのことを考えてしまった!!!

バナナの皮ですべるギャグが、チャップリンやカーリーに関係があるなら「バナナの皮で、世界が滅亡する。」ことは、MJにも関係があるかもしれない(呆)

バナナのギャグの元祖を知っているひとがいたら、ぜひ、わたしのMJ研究のために教えてくださいませ(真剣)

MJのバナナギャグと言えば...(4:55〜)
倒れたMJの肩に注目。バナナにさらにもう一品というところがKING流!



そんなに自信をもって言えないけど、わたしと同年代から下の世代で、「バナナの皮ですべるというギャグ」を見たことのある人は少ないんじゃないかな。

わたしも見たことないし、、、

でも、実は、わたしは「バナナの皮ですべった人」は見たことがあるのだ。

それを見たことがある人も、きっと少ないと思うので、貴重な体験を、ここに書いておきたいと思う。

そして、不幸なことが起きる前に、よく考えてみてほしい。

⭐️ ⭐️ ⭐️

わたしは、電車の中で熱心に本を読んでいたので、その人がいつ隣に座ったのかは覚えていない。だから、それは、山手線の沿線だったとしか覚えていないのだけど、、、

そのひとは、30代になったばかりの私が「おばさん」と躊躇なく言いたくなるような年代だったと思う。

向かい側ではなく、隣席だったので、はっきり見たとは言えないのだけど、

そのおばさんは膝にのせた白いレジ袋から、ものスゴい勢いで「バナナを食べていた」

本に夢中になっていた私は、それを「殺気」とも言える雰囲気で感じたのだ。

バナナは、都会のスーパーやコンビニで売っているような量ではなくて、

大きなグローブ以上の、10本以上軽くありそうな立派な房状で、その袋に入っていたと思う。とにかく、彼女の膝いっぱいに「バナナ」はのっかっていたのだけど、


f0134963_14194593.jpg

わたしの隣に、彼女が座った瞬間から、そのバナナはあっという間に、グローブから、たくさんの皮に変化した。

本を読むために目線は真下だったにも関わらず、向かい側の客の表情まで感じられるぐらい、その「勢い」はスゴかったのだ。

わたしは、相当おもしろい小説を読んでいたのだけど、どうしても、おばさんのことが気になり出して、このまま隣に座っていて、だいじょうぶなのかなと心配になってきた頃、

彼女は、急に何かに気づいたようで、今までの「殺気」が、なにか別のものに変化した。

停車しているプラットホームに「新橋」という文字を発見したからだと思う。

彼女はものすごい勢いで立ち上がり、ホームに一直線に向かおうとしたんだと思う。

通勤時間帯ではなかったので、ドアまでは、スムーズに道が開いていた。

でも、その袋に詰まっているバナナの皮の量がハンパなかったのだ。

膝からすべり落ちた袋から、大量のバナナの皮が落ち、彼女は、勢いよくすべった!!!!

それは「凄惨」な光景だった。

ゴミと化した大量のバナナの皮で、体が真横になるぐらい、すべった熟年女性。。。

わたしは、息をのむという表現がぴったりな心境だったし、乗客のほとんどが、ちょうど座れるぐらいの車内では、そこにいた乗客すべてが、そんな心境だったと思う。

でも、勢いよく「すべった」おばさんは、そんなことには、まったくめげずに、びっくりするぐらいのスピードで、その大量のゴミと化したバナナの皮を、袋に詰め込み、驚くべきことに、降車に成功したのだ。

でも、プシューというような音でドアが閉まって、車内におばさんが居なくなった後も、
そこに「笑い」は起きなかった。

おばさんが、バナナを食べていたときには感じた「ざわめき」も消え、車内は「静か」になった。

わたしは、そこにいたから、よくわかる。

ひとは「バナナの皮ですべる」という現実では笑えない。

何年も経ってから、思い出しても、さっぱり「笑えない」

バナナの皮は、やっぱり、人を不安にさせるのかもしれない。

『床に捨てられたバナナの皮に始まり....全世界は数時間のうちに凄惨な地獄と化した』

悲惨な体験を語ることが「平和」に繋がるかもしれない。

そんな気持ちで、わたしの体験を語ってみました。(おしまい)

(写真は、こちらと、こちらからお借りしました)

◎関連記事・・・



[PR]
by yomodalite | 2011-02-22 14:50 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

本日のTwiiter(2011.2.19)

f0134963_2235399.jpg
◎写真はすべてこちらから

私は、90年代からのメディアの変節がずっと気になっていたのですが、、

元電通マンで、現在はロンドン在住のマッドマンさんの2月14日〜19日までのTwitterから抜粋してメモしました。上から(古→新)になっています。

◎http://twitter.com/#!/madmanjapman

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2011-02-19 23:07 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

本日のTwitter(2011.2.9)

f0134963_20122727.jpg
☆冒頭の写真は、ラトーヤのわんこと彼のおともだち

読んだ本もたまってきているけど、今日も色々と気になってしまったの。。。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2011-02-09 20:52 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_20305999.jpg
写真はすべてこちらから



今日の気になったニュースなど。。。


◎なんとなくアート系

@noirtaki 滝本誠
雑誌の柱をあらたに床に作っていたら、手書き原稿「デイヴィッドボウイと表現主義」がでてきた。「朝日ジャーナル」のコラム用に書いていて長すぎて別原稿にさしかえた記憶が。30年前の原稿か。意外に面白い。

@noirtaki 滝本誠
エドワードホッパー、ブグローの新画集到着を待ちながら、ブライアンフェリーの「オリンピア」を聴く。マネの「オランピア」に言及される1902年刊行のアリスウッズのモデル小説「エッジ」。すべてを繋ぐのが画家ロバートヘンライである。樽本さん、待ってね、原稿。

@dempow dempow
ファスビンダーの『エフィー・ブリースト』を見たのだけど、画面に目が釘付けで字幕を追うのを忘れてしまう。コントラストの効いた清厳な映像美はカール・ドライヤーを彷彿とさせるし、カメラを静かに移動させつつ更新していくレイアウトがとにかく凄い。

@dempow dempow
Nicolas Henri Jacobの解剖図がシュールすぎて凄い。
http://www.wikigallery.org/wiki/artist49592/Nicolas-Henri-Jacob/page-1

@nori06 nori06
世界中のありとあらゆるエキゾチックミュージックを採集したコレクターのサイト。ティトプエンテ、マチート、サブー、ラテンのジャズやマンボ巨匠からアフリカ、R&B、催眠術、鳥の声..宇宙。The Exotica Project http://bit.ly/hVtcTo

@Koompassia Koompassia
やたらと手の込んだ架空業界誌『月刊タニシ』慢性の厨二病なのでこういうの大好き。
miwakazuki.jp/getutani/

@hisamichi ヒサミチ
twitter.com/dempow/status/… これメッチャ燃えるわ 昂奮のあまり、「まさにカーニバル!」とコメント→「カニバリズム」と「カーニバル」の語源同根を示唆→知的尊敬Get、と思って、でもまぁ一応、調べた結果出てきたページ http://bit.ly/qsdWp


f0134963_19372817.jpg


◎がっつり政治系

@YoshitoHori 堀義人
ダボス、そしてサウジへの出張を終えて、今や意識は、G1サミットだ。明日の夕方から、G1直前スキー・スノーボードツアーが始まる。いよいよ日本版ダボス会議である、G1サミットが始まる。#G1Summit

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
こういう「ダボス・ライト」的なシンポジウムに「スイーツ(笑)」系の社会起業家や慈善活動家とかが刺身のツマとして参加するんだろうなあ。ポピュリズムから縁遠い、エリーティズムの組織。

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
G1サミット オフィシャルサイト 運営ポリシー : http://g1summit.com/about05.html G1は、完全招待制とさせていただいております。 G1サミットの趣旨を鑑み、アドバイザリー・ボード・メンバー全員の承認を経た方のみご招待させていただいております。

「大いなる悪をなす者はまず、自分が大いなる善をしていると、
自分自身を納得させる必要がある」 というガンジーの言葉を思い出すなぁ。。


@wikileaksjp Wikileaks JP
スウェーデンのインターネット監視の背後にいる米国: 公電
http://is.gd/oKNE2P #wikileaks #wikileaksjp #wl_jp

@yzyokozawa yo kozawa
自由報道協会による堀江貴文氏会見なう。こういう会見だと、妙にずれた質問が出てしまうのは残念。それが逆に自由な会見の魅力でもあるが・・・まあ、面白い実験であるにはちがいない。少なくとも記者クラブ主導の会見よりは百倍マシだ。

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
堀江貴文氏 共同インタビュー(主催:「自由報道協会(仮)」設立準備委員会) - ニコニコ生放送 : http://bit.ly/erM3Pi via @addthis 早めにあとで見る。

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
CNNはエジプト報道に関心がなくなったようで今週から通常体制に戻っております。日本の方も名古屋、相撲と話題が変わってしまった。「撃ち方やめ」がアメリカから来たのでしょう。反政府側に決め手がないのが弱点。9月までダラダラいく?エジプト軍の一部が226起こせばもっと悲惨だし。

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
北沢防衛相「米海兵隊は二度と帰ってこない確率高い」後から「米国人の考え方」と訂正 - MSN産経ニュース: http://bit.ly/hq2bYB via @addthis 北沢防衛大臣がぐらつき始めた。応援

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
グーグルのエジプト人の幹部が解放されたって話、陰謀論的に見れば、この人が煽っていたんじゃないんですかという話になるんだけど。グーグルってほら、CIAと関係深いでしょう。本人にその意志がなくても使われている可能性もあるし。

@YS_KARASU 園田義明 Y-SONODA
スレイマン副大統領とイスラエルの秘密のホットライン、スレイマンはイスラエルの長年のお気に入り - 米国とイスラエルの手のひらで踊るエジプト。 米国&イスラエル主導のエジプト民主化実験ということか。 : 園田義明めも。 http://bit.ly/h93crl

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
Wけんじ http://bit.ly/himP0j  RT @amneris84 漫才のコンビだったら民野民事検事とかするだろうににゃww RT @niwayamayuki “民野健治検事”。この名前は、しっかり覚えておこう。

,,,φ(・_・”)メモメモ

◎日本の政治改革 現役・悪徳検事 民野健治検事
◎一躍ネットの人気者「民野健治」とその行状


f0134963_20353247.jpg


@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
石川議員が録音した取調べの文字おこしテキストを公開 ── 陸山会事件初公判で再聴取の詳細が明らかに! (News Spiral): http://bit.ly/dQ0X3r via @addthis このPDFファイル迫力あるなあ。

@amneris84 Shoko Egawa
週刊朝日で小沢氏の主任弁護人を務める弘中焞一郎弁護士、検察側が水谷建設の1億円を背景事情として立証することを「本当にそれが事実ならば、なぜそちらで立件せず、政治資金規正法という形式的な罪で起訴したのか…非常にいかがわしい手法だと思いますね」と喝破。

@hanayuu はなゆー
〔石川知裕議員公判〕検察が「銀行員の調書」も偽造した疑いが浮上した
http://bit.ly/hIxXYJ(←必見)

@kazu1961omi 山口一臣
石川議員が小沢一郎氏から現金4億円入りの紙袋を渡されたという報道がありました。ネットでおかしいと指摘されると、台車に乗せて運んだに訂正されました。RT @arimasakano: クロネコの茶色い紙袋って。現金を扱ったことのない人の観念的妄想です。5000万円の現金は全部万札でも

@nobuogohara 郷原信郎
石川議員の初公判、検察は起訴してもいない水谷建設からの裏献金を立証の柱にしているようだ。しかも、渡したとされる紙袋の疑問等問題が続出。石川氏を再聴取した検事も裏献金の証拠はないと言っている⇒http://bit.ly/fVwt69  いい加減にしてほしい。「引き返す勇気を」!

@kappaman kappaman
中野剛志サンって、TPP問題における郷原信郎だな。

◎中野剛志:TPPはトロイの木馬──関税自主権を失った日本は内側から滅びる

@fidelcastro002 フィデル カストロ
田中康夫さんはいいことを言うね。日本のように生活必需品に消費税を掛けている国はない。日本の昔の物品税だ。日本の消費税の税収を英国の物品税に換算すると14%で、中福祉、中負担の日本がモデルにしている英国より、税率が高くなるそうだ。与謝野、菅はその事実を隠しているようだ。


f0134963_19571029.jpg
◎健康とか医療とか、、

@chan_dora チャンドラ
なんか説明書読んでも強制接種には無理がある RT @maruco2271: 「劇薬」って多大な副作用を覚悟して使うんだよ。健康な少女たちが、意味も知らされずに「劇薬」を打つんだってこと、親は解っているのかな。子宮頸がんワクチンの注意書きは「劇薬」です。

他にも、なんとかリボンとか、芸能人を使って「啓蒙」しようとしていることは、とりあえず、一回疑ってみた方が「安全」だよね

◎警告!子宮頸がんワクチンの接種は危険
f0134963_200959.jpg
◎『A3』『黄泉の犬』読書の資料補完

@joyu_fumihiro 上祐史浩
ひかりの輪とオウムの教義の違いの詳細は、公式文書なので硬い文章ですが、以下に掲示しております 
http://hikarinowa.net/public-info/selfsearching/counterargument200912/


f0134963_20142466.jpg
◎本日のホッとする記事

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』の
岩崎夏海氏によるGOOD記事!!!
◎浅田真央さんは「一発勝負」に臨み「大きな山を越えた」と言った

☆グロ注意!!!(*^_^*)
◎ゲッツ情報♡ 



[PR]
by yomodalite | 2011-02-08 20:24 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

銀座の中国人

銀座は、今、中国人観光客で賑わっているという話をよく聞く。銀座まで、結構近いところに住んでいるけど、確かに、そのとおりだと思う。

わたしが、銀座の、まあまあ近くに住んでいるのは、郊外の広々間取りに興味がなく、狭いところに住むことに苦痛を感じず、セレブ生活とも関係なく、ただ、街をママチャリで利用するというライフスタイルが好きなだけで、

銀座の前は、渋谷や、新宿、六本木もママチャリで利用し、子供のころ、名古屋に住んでいたときは、栄もママチャリで行っていた。買物はあまりしないのだけど、街のフィールドワーク(笑)が好きなんだと思う。

電車も苦手なので、近所ではなくなると、渋谷も新宿も全然行かないので、そっちの外国人のことは最近全然見ていない。

銀座の近所に住んでから、8年ぐらいになるけど、中国人が増えたなぁ〜という印象を、最初に抱いたのは、いつ頃だっただろう。銀座三越のお正月の垂幕に、中国語が登場したときは驚いた。あれから何年経ってるかなぁ。

また、中国人観光客のことばかり、話題になることが多いけど、とにかく、今、銀座には、外国人観光客が、すごく多くて、中国人以外は、どの国から、来ているのか、全然わからないけど、とにかく、西洋人という見た目の外国人観光客も、すごく増えている。

彼らは、銀座だけでなく、皇居の周辺でも、よく見かけるし、浅草、上野など、ときどき出かけるような地域にも多く、東京には、外国人観光客が、すごく増えているのだと感じる。

そういった西洋人としかわからない外国人観光客の印象は、人数は増えているけど20年前と比べて、全然変らない。彼らは皆一様に、日本ではまったく見かけない青々としたジーンズに、何の印象も残らないTシャツとかポロシャツなどを着ていて、20代ぐらいの若い世代を除くと、ほぼ全員、日本人より縦にも横にもすごく大きいので、日本のユニクロではサイズが合わなくて買物できないんじゃないかと思う。

上野や浅草には着物で行くことが多いので、彼らに一緒に写真を撮ってくれとよく言われるけど、比較的大きいカメラを首から下げているところも、20年前と変らない。

ただ、団体の西洋人観光客というのは、20年前はあまり見かけなかったと思う。添乗員が同行している団体ツアーというのは、日本だけかと思っていたけど、最近、西洋人の団体ツアー客というのも銀座では増えている。

彼らは街中では、よく見かけるのだけど、デパート内にはほとんどいない。でも見た目の印象は、団体でも、個人でもペアでも、西洋人観光客の印象は皆一様で、猛暑で厳しかった今年の夏、西洋人観光客は、かなりの割合でビーチサンダルを履いていた。

どんなに暑くても、銀座にビーチサンダルで来る中国人は見たことがない。

彼らは、私たちと見た目が似ているので、近くで見ないと中国人なのかどうかわからないけど、近くで見るとどこか少し違う。

彼らは、大抵ブランドバッグを持っているけど、日本では、普通のひとはあまり持っていないような新作のルイ・ヴィトンとか、もしくは、バッタもん?って感じのブランドロゴが、はっきりし過ぎているようなデザインのバッグを持っている。男女ともに、ブランドバッグが大好きなんだけど、着ているものは、ちょっとあか抜けない感じで、ヘアスタイルはもっとその印象が強い。

と言っても、それは(わたし以外の)銀座に来る日本人のオシャレ度が高いからで、平均的日本人と比べて、彼らがダサいってことはないし、西洋人の観光客に比べれば、ファッション的にも日本人の感覚に近い。

また彼らは、浅草や上野ではあまり見かけないように思う。銀座の交差点付近でも、とにかく写真を撮っているのは、西洋人の方が多く、中国人観光客の団体ツアーは減っているように思う。たぶん、今、大勢いる中国人客はリピーターが多いのだと思う。

彼らは、まさにショッピングで日本に来ていて、道を聞かれることも一緒に写真を求められることもなく、とにかく、声をかけられたことは一度もない。

デパートの中では、以前は、声の大きさに、少し閉口するところもあったけど、最近それはあまり気にならない。慣れたせいもあるかもしれないけど、やっぱり何度も来ていたり、リピーターの友人と一緒だったり、とにかく情報が行き渡っているからではないだろうか。

銀座に買物に来られるのは、中国人の中では、エリート階層のはずだし、化粧品やバッグなどの買物が、それほど好きな彼らなら、マナー問題での報道も知っていると思う。

どこに行くにも、着るものに気を遣わず旅をしている西洋人観光客と違って、銀座でショッピングを楽しむために、「今」の日本の情報に敏感なのではないかと思う。

最近では、日本の観光客のマナーの良さが、よく報道されているけど、イタリアやフランスの、ブランドショップで、日本の観光客の買物が、揶揄されているといった報道がよくあったのは、どれぐらい前のことだろう。。

今の銀座の中国人客の様子は、それぐらい前の日本人と変わらず、「農協ツアー」が非難されてた時代より遥かにマシだと思う。

写真を撮って欲しいとか、SONYビルはどこですか?とか、聞いてくる外国人はちょっぴり笑顔だけど、それが親しみかどうかはわからない。アジアに住むアジア系は、大体表情に乏しい。

ちょっと気を抜くと、すぐアジアになってしまう地域も、東京にはすごく多い。新宿は、常にそんな危険(?)を孕んできたけど、今後は、渋谷の方が、その勢いが加速するんじゃないかな。。

たぶん、銀座を含む、皇居を中心とした地域は、日本の都市の中では、もっとも、アジアっぽくない地域だと思うけど、外資のビルがたくさん並んでいて、何年も日本に住んでいても、まったく日本語をしゃべらない外国人も多い地域だと思う。

昨日、そんな地域の中では、外国人が少ない、帝国ホテルに久しぶりに行ったのだけど、相変わらず、地下のトイレに行列が出来ていたのには驚いた。一階にトイレがなくて、地下の女子トイレが、たったの3つ(5つ?ま、どっちにしてもだけど)のロビーで、アフターヌーンティーを提供するのは、どうなんだろう。

17階のインペリアルラウンジのアフターヌーンティーは、悪くないんだけど、このロビーでは、アフターヌーンティーは、もちろん、カフェを注文しただけでも、帝国ホテル、サービス悪!と思う可能性は、かなり高いと思う。

客席も多くて、サービスも悪いし、トイレは地下ですって言われて、行った地下のトイレが並んでいる。120周年企画のイベント前に、これを解決したいと思わないような経営者の老舗ホテルなら、もう、外資に買われた方がいいんじゃないかと思う。

「ホスピタリティ」は、今の日本が誇れるものだと思っていたけど、今、頻繁に訪れている、中国人の方が、その素晴らしさだって、学んでしまうんじゃないかな。トップは、それが「大事」で「武器」になるって、わかってるだけでいいんだから、とりあえず、従業員は、日本人が雇ってもらえるでしょう。

豊かな国では、ダメな人でも豊かに過ごせるけど、そういう国が、豊かじゃなくなるときは、悲惨だなぁと思う。

◎漁船衝突ビデオ流出。ますます悪化する日中関係で漁夫の利を得る米国





[PR]
by yomodalite | 2010-11-04 13:52 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite