カテゴリ:宗教・哲学・思想( 43 )

レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説 (叢書ラウルス)

マイケル ベイジェント,ヘンリー リンカーン,リチャード リー/柏書房




読書好きならば、読まずにはいられない刺激的な著。アマゾン評では読みづらいと言うレビューが多いようですが、この固さだから、より刺激的なのでは?

◎[参考サイト]悪魔には問題があるが、神についても疑問はある

___________

[BOOKデータベース]今世紀最後の「神」の謎解き!「神の謎」をめぐる一連のベストセラーの始祖、ファン待望の大著。南フランスの一寒村はなぜ有名な「ミステリースポット」となったのか。巨万の財宝、プッサンの絵の謎、メロヴィング王朝の正当血脈とは。

[MARCデータベース]
フランス南部の小村レンヌ・ル・シャトー。19世紀末この村にいた司祭が残した財宝物語の暗号文の謎とは? ヨーロッパ暗黒史でうごめく秘密結社もからめた、大ベストセラー待望の邦訳。


[PR]
by yomodalite | 2007-04-02 20:06 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

これだけは知っておきたい 世界の宗教 知識と謎80 (オトナの常識)

竹内 睦泰/ブックマン社




キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンズー教、ユダヤ教、神道、儒教、道教・・・・上記とゾロアスター教、シーク教、ジャイナ教を加えた世界8大宗教の成り立ちと教えに加え、

世界の新宗教(サイババ〜エホバの証人)、日本の新宗教(仏教系、神道系・・・)、世界の秘密結社と密議、最終章は、日本・ユダヤ同祖論、キリスト日本伝来、死海文書、竹内文書など、、、秘史や、闇の日本史まで。

最後のコラムにはイノキイズムを付け加える程の徹底網羅ぶり。タイトルには、これだけは知っておきたいオトナの常識とありますが、内容はかなりマニアックです。

入門、初伝、中伝、上伝、皆伝、総伝、奥伝、秘伝という章立ては、さすがは元予備校講師!アンチョコとしては、各々の宗教ごとの方が良かったんですが・・。
__________

[MARCデータベース]世界の多くの人々にとってのアイデンティティーは宗教にあり。宗教を知らずして「国際人」にはなり得ない! 8大宗教から、民族信仰、新宗教、秘密結社まで、世界の宗教の教えや成り立ち、秘史や謎までを徹底紹介。

[PR]
by yomodalite | 2007-03-23 21:45 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)
f0134963_1941091.jpg聖書は、日本人にとって非常にわかりにくく、また膨大なので、本著のようなポイントをしぼった解説は非常にわかりやすい。

日本で見るニュースではわからないアメリカの真相にふれている点も興味深い内容。

_____________________________

【MARCデータベース】
堂々たる政治・経済・軍事大国、アメリカ人の底抜けの明るさ、溢れんばかりのボランティア精神…。アメリカン・パワーの根幹となる「アメリカ魂」、そしてそれを生み出す聖書の論理を解説する。

【著者略歴】
鹿嶋 春平太/1941年生まれ。宗教社会学者。
[PR]
by yomodalite | 2007-03-22 19:38 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite