カテゴリ:映画・マンガ・TV( 135 )

f0134963_14332050.jpg



十代のときに『エル・トポ』を見たときは、後々、ホドロフスキーのことがこんなに好きになるなんて思ってもみなかったのだけど、

全世界驚愕!ホドロフスキー88歳にして第2黄金期へ。ひょっとしたら50本ぐらい楽勝かも知れない自伝シリーズ第2作は「最も元気な前衛映画」! 

という、菊地成孔氏のコメントに完全に同意しますw

主要スタッフや、キャストを集め、絵コンテ迄制作されながら、制作が中止された映画『DUNE』の始まりから、後世の映画界への影響についての証言といった貴重なエピソードだけでなく、ホドロフスキーのしゃべりの上手さに引き込まれる傑作ドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』のあと、すっかりその魅力にまいってしまっていた私ですが、本作は、超絶面白い自伝をすばらしく映像化した『リアリティのダンス』の待ちに待った続編で、

前作で少年時代のホドロフスキーを演じた映画初出演の美少年は今回も登場し、父親と青年期以降のホドロフスキーをふたりの息子が演じ(ホドロフスキー役の息子が、父以外でもっとも影響を受けたのは「座頭市」と「子連れ狼」!)、そして、あのオペラが上手な母親は、今回、青年期のホドロフスキーの恋人の二役を演じ分け、制作費はクラウドファンディングで調達したという、低予算映画なのですが、

何百億円もかかっているハリウッド映画よりも、ずっと芳醇な世界に浸れました。

こちらは、劇場で買った「Present」という本。


f0134963_14480948.jpg


若者の力になり、誰かの役に立つように、とホドロフスキーがTwitterに投稿した、200の言葉がまとめられています。


f0134963_14485496.jpg


f0134963_14490405.jpg


他にも、

うちの猫が枯葉を追いかけている。
私は自分にある思い込みを想う。
波はひとつとして繰り返されることがない。
私だけが私を繰り返している。

とか、

いつでも自分自身であるように、
たくさん変わりなさい。

とか、もうどのページを開いても珠玉の言葉ばかり!


[PR]
by yomodalite | 2017-12-07 15:06 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_18561520.jpg


WOWOWで偶然見た、『キー・アンド・ピール』という冠番組をもつ黒人コメディアンコンビが主演の映画。

ロサンゼルス郊外に暮らす平凡な青年、レル(ジョーダン・ピール)は、恋人に振られ、引きこもり状態だったものの、仲良しのいとこで、妻と娘をこよなく愛する真面目な常識人クラレンス(キーガン=マイケル・キー)が訪ねてみると、レルはすでに失恋から立ち直っていて、たまたま拾った子猫に、ハワイ語で「涼風」の意味もつ「キアヌ」と名付け、そのキュートさに夢中になっていた。クラレンスの妻ハンナと娘が、友人のスペンサー一家と週末旅行に出掛けると、家族から解放されたクラレンスとレルは仲良く映画館へ。しかし、夜、レルの家へ戻ってみると、部屋は荒らされ、キアヌの姿はなかった。隣に住むドラッグの売人に、怪しい奴が来なかったかと問い詰めると、麻薬取引の縄張り争いでトラブったグループ「ブリップス」が犯人に浮上。愛するキアヌを取り戻すため、レルとクラレンスはブリップス一味のたまり場へと乗り込み、ギャング同士の抗争に巻き込まれていく・・・

といったストーリーで、子猫とブラックカルチャーが好きな人には、ちょっぴり楽しめそうな2016年の米国のコメディなんですが、

人種間の溝がいっそう深まったと言われた、ヒラリーとトランプによる熾烈な大統領選挙の最中に封切られたこの映画には、ある意味、白人至上主義に火をつけることになった、ギャングやドラッグといった都市文化をフューチャーした黒人分離主義的なラップミュージックによって蔓延した黒人のイメージを覆して、笑いにし、全体を通して、人々の間の緊張や分断を和らげるといった意図が感じられ、

ジョージ・マイケルを神と仰ぐクラレンスが、黒人がやっている音楽にしか興味のない若い世代の黒人に、ジョージの音楽を教えるなど、この映画では、ジョージの曲が重要な場面のネタになっているだけでなく、

映画のコンセプト自体が、白人アーティストとして史上初の最優秀R&B男性アーティストと、最優秀R&Bアルバムを受賞した(しかも、『BAD』のマイケルと『Don’t Be Cruel』のボビー・ブラウンという黒人のスーパースターを抑えて!)ジョージ・マイケル無しではありえなかったという内容なんですね。

マイケルが黒人音楽の垣根を壊したと言われていた時代、ジョージも白人の枠を超えて、黒人社会に愛されていたということを思い出させてくれるような映画が、2015年から制作され、2016年のジョージが亡くなる数ヶ月前に公開されていたなんて・・・

私には、子猫のキアヌの可愛さ以上に、ほんのりと心が温かくなった映画でした。





映画で使用された曲の中から、
クラレンスが怪しげな解説をしていた「Father Figure」をライブVerで。




[PR]
by yomodalite | 2017-12-04 19:32 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(3)
f0134963_00241288.jpg


あらすじーーー
スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。


f0134963_00304393.jpg




トム・フォードの監督2作目の作品。
グッチや、サンローランのデザイナー兼クリエイティブディレクターとして、ファッション業界の大スターだった、トム・フォードの映画は、第1作の『シングルマン』でも、おしゃれでスタイリッシュという評価が多かったのだけど、実は、ファッションよりも映画の方が・・と思うぐらい、素晴らしい映画監督で、

『シングルマン』では、同性愛の大学教授が、恋人を交通事故で失い、生きる価値を見失うというストーリーで、主人公のゲイへの目線には、同性愛者にしかわからない感覚に助けられていた部分もあったように感じたけど、『ノクターナル・アニマルズ』には、同性愛は登場せず、

主人公のスーザンは、アートギャラリーのオーナーで、現代アートやハイファッションが登場するシーンも多いものの、それとは真逆といえるホワイトトラッシュの世界も描かれていて、いわゆる「おしゃれ映画」ともまったく違う。

『シングルマン』のコリン・ファースもすごく魅力的だったけど、この映画でも、トム・フォードの俳優、特に男優を選ぶ目が冴えていて、全員がとても印象に残る演技をしている。

カズオ・イシグロがノーベル文学賞をとったとき、英文学を担う人がいてくれて良かった、とイギリス人に評価されたそうですが、トム・フォードには、ハリウッドからすっかり消え去ってしまったアメリカ文学の香りがする。

この作品でトム・フォードは、私が次回作にもっとも期待する映画監督になりました!



[PR]
by yomodalite | 2017-11-17 00:30 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_16215917.jpg



先週までをおさらいしてみるw
前日、家で『最終版』のDVDで復習した後、『ブレードランナー 2049』を見に近所の映画館へ。水曜日だったのに、私が座った席の列では、私以外はすべて男性という客層に驚いたんだけど、

人はなぜ生まれてきたのか?という問いは、男性の方がより持ちやすいのかも。

福岡伸一氏によれば、生命誕生から10億年、地上にはメスしか存在せず、「生命の基本仕様」はメスだった。しかし、地球環境の変化により、生物は多様な遺伝子を作り出そうとし、その結果、メスの遺伝子を掛け合わせる存在として「オス」が誕生したという。

聖書が男性中心なのも、新たに生まれた彼らには、マニュアルや、プロトコルが必要だったからで、その過程の中で発見された「アメリカ」は、新天地の開拓から歴史が始まっているので、他の国に比べて、より男性中心なのね・・・みたいなことをちょっぴり思いつつ、

2時間半以上の上映を堪能した3日後、日本初の「IMAX次世代レーザー」があるという大阪エキスポシティの巨大スクリーンでも、再度見た。

普段、上映前の情報はあまり必要とせず、むしろ避け気味の私なんだけど、今回の続編に関しては、公式ホームページの「予告/動画」にある、渡辺信一郎監督による、すっごくレベルの高い、前奏アニメ「ブレードランナー ブラックアウト 2022」「ブレードランナー ブラックアウト 2022」、「2036:ネクサス・ドーン」「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」の3本を見ておく方がより楽しめるかも。



で、その次の週に見たのが『ブルーム・オブ・イエスタディ』。
ナチスやヒトラーとまったく関係のないドイツ映画なんてあったかな?と思うくらい、ユダヤ人虐殺という罪に呪縛されてきたドイツ映画だけど、2015年の『帰ってきたヒトラー』など、ようやく、新しいタイプのナチス映画というか、

『MJ Tapes』でマイケルが語っていたように、被害者以外の人間が罪を問うことで、新たな世代のドイツ人にも責任を押し付けるのはやめようといった趣旨が感じられる、よくできたドラマだと思いました。



読書では、『リトルプリンスー星の王子さまと私』の余韻で、『星の王子さま』をヴァージョン違いで2回読んだ以外、新刊本ではこれは!と思う本には出会えてなくて、我らのキングの未出映像を見るのにも忙しかったりしつつ(みんな知ってると思うのでここには貼らないw)、他に映像関係では、CSで、『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』という新海誠作品を見て、映画館で見て以来だった『君の名は。』も、2度目の方がなぜか感動したり・・。



羽生君のケガが残念だったNHK杯では、ランビエールのコーチぷりが、なぜか現役時代に負けないぐらい魅力的で、彼がリンク外で見守ってるとことか、キスクラとか、なんか別の意味で、デニス・ヴァシリエフスに注目しちゃったりしてたんだけど、それにしてもNHK、日本選手を優先するのはわかるけど、優勝したボロノフや、2位のリッポンのエキシビジョンを放送しないって酷すぎない?


ロシアのスケーターって大好きなんだけど、
EXでの音楽の趣味については、いつも残念・・・





それに比べて米国選手の「曲」にはいつも注目しちゃって、コールドプレイの「O」も、リッポンが滑ってくれたおかげで知ったイイ曲だったんだけど・・・






今回のリッポンのEXはなんと「歌」!(驚)






ジェイソンが選ぶ曲はいつも楽しみなんだけど、今回SPは「ハミルトン」から、「The Room Where It Happens」だったけど、EXも「DEAR EVAN HANSEN」という、どちらも今話題のミュージカルの曲なのね。






そういえば、カーニバルオンアイスの高橋大輔が素敵だったので、


Carnival on Ice 2017
高橋大輔 「Gilty Crown - Krone」





「ギルティクラウン」っていうアニメも見なくちゃいけないんだったww




[PR]
by yomodalite | 2017-11-13 17:02 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_21094854.jpg



『ギミー・デンジャー』に続いて、ジム・ジャームッシュ監督の映画。
前作の『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』は、監督の趣味と美学に付いていくのが面倒くさくなった映画だったので、今作にもまったく注目していなかったのだけど、その日ダーリンは急に飲み会だと言うし、このところ妙に雨降りばかりだけど、その日も朝からずっーと降り続いていた日の夜、ふと、この映画のポスターが目に留まって・・・。



f0134963_21205672.jpg


パターソンは、アボット&コステロのルー・コステロが今でも街一番の有名人という、ニュージャージー州にある街。そこに住む、街と同じ名前のバス運転手のパターソンは、心に芽生える詩をノートに書きためていて、部屋もファッションもすべてを白と黒に染めあげようとする、キュートなアラブ系の妻ローラと暮らしている。



f0134963_21215290.jpg


登場人物が、詩やアートを愛する人物というのは、ジャームッシュの映画にはよくありがちなことだけど、パターソンとローラには、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の2人のヴァンパイアのような選ばれし民感や、スノビッシュなところが全然なく、すごく普通なところに好感がもてた。


f0134963_21370238.jpg


パターソンが、仕事場の近くで出会った少女が読んだ詩に、「雨」が登場して、ああ、やっぱり今日観に行くのにぴったりな映画だったんだ、と思ったり、

最後に登場する日本の詩人が、「どこに帰るの?東京?」と聞かれて、「大阪」だと答える場面で、ジャームッシュわかってるなぁって思ったり・・・。



[PR]
by yomodalite | 2017-10-24 00:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_10540629.jpg



その日私は、ちょっぴり張り切って準備していたことが、急にキャンセルになるということがあって、ちょっぴり落ち込んでいた。ホントに取るに足らないことで、ショックを受けるほどでもないんだけど、それでも、こういうことを受け止めるのは、大人になったから出来ることで、子供時代にはできなかったなぁ、なんてことを思い出す。

子供には、学校と家という2つの社会しかなくて、そこから逃れる方法もないから、ささいな辛さでも受け止めるのはすごく大変なことだったけど、大人には色んな手段が使えるし、痛みも苦しみも、そのうち終わるという慣れや経験も豊富だ。

私は子供の頃、自由を感じたことなんてなかったから、子供時代に戻りたいなんて思ったことがない。

ただ、そのドタキャンの理由は、私のミスではないものの、誰が一番責任があるのか、と言われれば、やっぱり「私」しかいないみたいな状況で、誰かから謝罪を求められることも、怒られることもなく、逆に謝られたりもしたんだけど、やっぱり、自分の中ではさまざまな反省点が何度も「もやもや」と立ち上がってきて・・・

そんな時間を過ごしているうちに、ふと、録画してあった『リトルプリンスー星の王子さまと私』のことを思い出した。この映画のことは、マイケルの誕生日を祝うためのMIXのために、ネヴァーランドで流れていたクラシックや、MJと関連の深い映画音楽を聞きまくっていたことから発見したので、音楽の素晴らしさは知っていたけど、映像の方はなかなか見ることができなかったのだ。


原作以外の「星の王子さま」については、スタンリー・ドーネン監督の映画のみ、マイケル関連で見ていて、ボブ・フォッシーや、王子役の子供の可愛らしさが印象的だったものの、ミュージカル曲が苦手な私には、あのダンスにもっといい音楽が付いていたらいいのに・・(マイケルがミュージカル映画を作りたいというモチベーションもそういう理由にちがいない)と思ってみたり、




(マイケルに影響を与えたと言われるボブ・フォッシーのシーン)


また、この映画の惹句のように「ファンタジー・アドベンチャー」と言うのも、原作のダークなストーリーとは別物のように感じられ、この作品を子供も大人も楽しめるように創るなんて、そもそも無理なことだし、最近のCGアニメの絵柄にも不安を抱いていたんですが、

結果からいうと、今日のもやもやを晴らしてくれるような、素敵な作品でした。


f0134963_10570406.jpg


ストーリーは、原作の後日譚のような内容になっていて、良い学校に入るために勉強漬けの毎日を送る9歳の女の子が、名門校の学区内に引っ越してくると、隣にはオンボロの飛行機に乗ろうとする風変わりなおじいさんが住んでいて、女の子は、そのおじいさんから「星の王子さま」の話を聞くうちに・・・という設定。


f0134963_10581586.jpeg


「星の王子さま」のストーリーに救われるのが「女の子」だったり、教育熱心なお母さんのことも、どこか優しい目線で描かれていて、アドベンシャーから女の子を除外しないところや、大人とこどもを敵対させない気配りとか、大人になった「王子」の描かれ方も、ドーネン作品のような無垢でかわいい子供というのより、私にはイイように感じられたし、

音楽が素晴らしいだけでなく、質感に変化のある映像も想像以上に良かった!

ただ一点だけ、これはこの映画に限らず、洋画を見ていていつも感じることなんだけど・・・

おじいさんが病院に運ばれるシーンで、女の子が救急車を追って走っているときに、自転車に乗った少年とぶつかってしまう場面があって、自転車に乗っていた少年は、ぶつかったことで、ケガをしたみたいなのに、それを見た女の子は謝りもせず、少年の自転車に乗って、救急車を追いかける。

とかく洋画の主人公は、車の持ち主にはなんの落ち度もないのに、衝突したり、窓を割ったりすることになんの抵抗もなく、さまざまな都合で、他人の迷惑を顧みず、自分の要求や行動を通そうとするよね。私は、少なくともこの場面では、ぶつかって自転車から落ちた男の子に、ひとこと「ごめんなさい」ぐらいは言って、自転車に乗って行ってもらいたかったんだけど・・・

欧米の、特に米国映画がこれほど同じようなシーンを繰り返すのは、世の中には、そんなことを無視してもやらなくてはいけないことがある、という「教育」なんだと思うけど、そういう国でセレブが銃規制について語ってもなぁ・・・(この作品はフランス映画です)。


f0134963_11253294.jpg

そして、「他人に迷惑をかけてはいけません」という教育を受けてきたのに、「戦うんだ」なんて言われても・・・



(私が観た字幕版では松任谷由実のテーマソングはかかってなかった)

[PR]
by yomodalite | 2017-10-17 12:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(4)
f0134963_14095623.jpg



ジム・ジャームッシュが監督した、イギー・ポップのドキュメント映画。

かなり昔のことだけど、私にはイギーが大好きだった時期がある。
デヴィッド・ボウイと仲がいいという記事を読んだのがきっかけだったと思うけど、一番の理由は、イギー・ポップという名前がステキだったのと、ヘアスタイルとか雰囲気がすごく好きで、美容室に写真を持って行って、「これと同じスタイルにして」って言いたかったし、こんな感じの人になりたいと思ってた。

でも、当時は、動いているイギーを見ることなんて出来なかったから、私のイギーのイメージは「パンクのゴッドファーザー」なんていうものとはかけ離れてた。

ちなみに、私が美容室に持っていきたかった写真はこれで、


f0134963_14110795.jpeg



私が唯一もっていたアルバムはこれ。


f0134963_14112927.jpg



イギーポップについて書かれたもので、このアルバムに触れている記事を見たことがないぐらい軽視されてるアルバムだけど、私がイギー・ポップに抱いたイメージどおりの「ポップ」なジャケットだったし、私の中のイギーは、白いシャツを一番上まできちんと留めて着るのがすっごく似合う人だったのだ(笑)。



f0134963_14115118.jpg



セックス・ピストルズや、ダムドや、ラモーンズや、ニルヴァーナといった、イギーに大きな影響を受けたアーティストたちの音楽も好きだったけど、私には、パンクやグランジが「イギー・ポップ」と関係があるとは思えなかったし、彼らの音楽さえあまり聴かなくなった頃には、私とイギー・ポップの関係は完全に終わっていて、『トレインスポッティング』(1996)で「ラスト・フォー・ライフ」がかかったときも、それがイギー・ポップの曲だとわからず、彼の一般的なイメージは「上半身裸」なんだということに、ようやく気づいたぐらいだった。


f0134963_14122905.jpg



世間では、その後もイギーの再評価は続いて、彼とすごく引き締まった肉体というイメージは、ようやく私の中でも擦り合ってきたけど、なにも知らずに「大好き」だった頃の感覚は戻ることなく、遠くから眺めているという状態が続いていた。

でも、この映画は、そんな私の心にふたたび火をつけてくれるほど、イギーの魅力が詰め込まれてた。

The Stooges というバンド名は、やっぱり「Three Stooges」から来ていて、「No Fun」のような歌詞も、当時人気のあったコメディアンの「25字以上はむつかしい」みたいなギャグから来ていて、





70歳になろうとしているこのドキュメントの撮影時でも、未だにその教えを守っているというか、人生を通じてその思想を深めてきたような語り口や、風情・・・

ストーンズの変わらなさには、いつも若い頃からの計算高さを感じてしまう私だけど、イギーの佇まいにはそれとは違う、野生の動物にしかない、本物の深い「痴性」があって、

不遇な時期のマネージャーに「ハリウッドに行って、ピーターパンを演じろ!」と言われた話には吹き出しそうになったものの、よく考えてみたら、イギーって、リアルにピーターパンのような気がする。

J.M.バリも、マイケル・ジャクソンも早く大人になった少年で、それゆえ、「ピーター・パン」に憧れを抱いたように思える。でも、イギーは、早くから大人の論理に見切りをつけ、こどもとして成長し続けてきたような無垢さがあって・・・

イギー・ポップのことが、またまた大好きになって、これからもっと彼から影響を受けたいと思ってしまった。


f0134963_14141171.jpg


この映画で初めて見た「ロックの殿堂」の映像
超カッコよかったなぁ。。
(イギー登場は5:04〜当時63歳だけど、やっぱり白いシャツが超似合ってるw)




追伸:それにしても、重症のヘロイン中毒者が生還して、長く元気でいるパターンはよくあるような気がするけど、ドラッグ嫌いで処方箋中毒になってしまった人には、治療方法がないような・・・

[PR]
by yomodalite | 2017-10-12 17:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_00035419.png



ヴェネツィア国際映画祭のワールドプレミアで上映された映画。
先入観なく映画を楽しみたいという理由で、いつもテキトーな情報で見に行ってしまう私は、エンディングまですっと、ソフィア・コッポラの映画を見ているつもりだったのですが、監督はフランスのソフィア・コッポラとの呼び声が高いレベッカ・ズロトヴスキでした。


f0134963_00011099.jpg


ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘リリー=ローズ・デップが演じている、ローラとケイトのバーロウ姉妹は、アメリカ人の霊能力者で降霊術のショーで稼いでいる。そんな二人に魅せられた映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約するのですが・・・


f0134963_00013902.jpg


バーロウ姉妹とコルベンは、実在したスピリチュアリストのフォックス三姉妹と、フランスの伝説的映画プロデューサー、ベルナール・ナタンという人物がモデルになっているらしいのだけど、37歳のズロトヴスキという名前のフランス出身の女流監督が、パリが最も華やかだった1930年代を舞台にしたかったのは、その時代の衣装や文化がただ好きだったから、と言いたくなるほど「おしゃれレベル」が高い映画。

では、それ以外になにがあるかといえば、何もないかもしれないけど、

「彼女たちは人種と性差の壁を突き抜けて・・・」なんていう《夢》を押し付けられるばかりのハリウッドと現代への、女流監督ならではの、ゆるふわではありながらも、確固たる反旗の意志は見え隠れしているかも。


f0134963_23565093.jpg

煙草を吸うシーンがやたらと多いおしゃれ映画が見たい、という人へ


[PR]
by yomodalite | 2017-10-05 00:08 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_21402924.jpg


カンヌでパルムドールの2度受賞をはじめ、ベルリン、ヴェネツィアの三大映画祭すべてを制覇した監督、エミール・クリストリッツァの作品。

私にはめずらしく、予告編や、公式サイトの絶賛コメントなどを見てから観に行ったのだけど、イメージしていたのとはだいぶ違ってて・・・

戦争地帯にありながら力強く生きる村人と動物たち。彼らの過酷な日常に、美女(モニカ・ベルッチ)が現れて、戦火とはまた別の波乱が起きる・・・そんな物語がちょっぴりユーモラスに、そしてのどかに描かれているんじゃないかと思っていたんだけど、全然そうではなくて、

何度も奇跡が起こる、ジェットコースター・ムービーでした。

でも、幾つもの奇跡を経たエンディングは、「ミルク運びの男と美しい花嫁の壮大な愛の逃避行」の果てにあるものだとは思ってもみないもので、

数日前WoWWoWで、阪本順治監督の『団地』を観て、肉体がある状態が普通ではなくて、心臓が動き続けている方が奇跡だというような、斎藤工のセリフに本当にそうだなぁと思っていたところだったんだけど、



この映画でも、つくづく生きている方が「奇跡」なんだ、と思わされてしまいました。
監督の息子であるストリボール・クストリッツァが音楽を担当しているんだけど、劇中で歌われた、♪ビッグブラザーのせいで、戦争が終わらなーい♫ みたいな曲、原語でもビッグブラザーだったのかな?

[PR]
by yomodalite | 2017-09-21 00:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_19483273.jpg


第90回アカデミー賞の最優秀外国語映画賞にノミネートされた『Sheikh Jackson』
エジプトのイスラム教の聖職者が、マイケルが死亡したというニュースを聞いて以来、すっかり人生が変わってしまったというストーリーみたい。



私もまさにそんな一人だし、世界中にそんな人々が大勢いることも知っているけど、アラブで唯一愛されたアメリカ人と言われたマイケルのことを、エジプトの監督が8年を経て映画にしてくれるなんて・・・





ぜひ受賞してもらって、日本で上映されるといいなぁ。

[PR]
by yomodalite | 2017-09-19 19:55 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite