ぶるうらんど/横尾忠則

ぶるうらんど

横尾 忠則/文藝春秋


ぶるうらんど - 横尾忠則幻想小説集 (中公文庫)

横尾 忠則/中央公論新社



横尾忠則氏、初めての小説ということで読んでみました。横尾氏らしく「死後の世界」を扱っているのですが、その扱い方は少し意外というか、小説的技巧が錬られたもので、今までの横尾氏の芸術家としての仕事とはまた別種の味わいで、流石!と思わされる出来映えです。短編集好きの方に。

TBMの趣味三昧
http://tbm.blog.so-net.ne.jp/2008-06-24
__________________

【内容紹介】長年連れ添った夫婦の、午後の何げない会話から小説はスタート。会話が進むうち、どこか奇妙な雰囲気が……。「文學界」連載時より大きな反響があったこの小説にはさまざまな仕掛けがあり、一冊通して読むと驚異の全体像が初めて見えてきます。それは氏の画と同じようにみずみずしく、不思議で、どこか懐かしい世界です。
日本を代表するアーティストである横尾氏は、これまで自伝やエッセイはありましたが、本格的な小説を発表するのはこれが初めて。芸術家が絵筆をペンに持ち替えてお送りする、唯一無二の小説世界をお楽しみください。 文芸春秋 (2008/04)

【目次】
「ぶるうらんど」
「アリスの穴」
「CHANELの女」
「聖フランチェスコ」



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/9642629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2008-11-12 12:16 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite