ジャパンクールと情報革命/奥野卓司

ジャパンクールと情報革命 (アスキー新書 81)

奥野卓司/アスキー・メディアワークス



『日本発イット革命』、『ジャパンクールと江戸文化』に続く奥野氏の『ジャパンクール』3作目。今回はようやく超ダサダサ装幀の岩波書店から離れて、新書で読めることがまずうれしい。上記2作を読んでいない人は、まずこちらをお求めになることをオススメします。

アマゾンで「ジャパン・クール」で検索すると(クールジャパンも含む)嶌 信彦、杉山知之など単行本でおよそ10作ほど出版されているようです。「ジャパンクール」に関しては、これまでの著書と同様(マンガ・アニメを中心とする日本発カルチャー)で新たなものはありませんが、それの捉え方が、鴻上尚史がNHK-BSでやっている番組とか、他の「ジャパンクール」本との異なり、安易な日本礼賛ではなく、むしろ日本人がまだ気づいていない 「モノづくり社会」への警鐘から、「モノ語りづくり社会」への転換という視点を提示しています。

農耕社会から工業社会、そして情報社会という流れは真実ではないということなど、「ウェブ2.0」が、肌にあわないと感じている人にもオススメ。

とくとみぶろぐ
http://tokutomimasaki.com/2008/10/cool_japan.html
_____________

【内容紹介】バブル崩壊以降の「失われた10年」は、製造業を中心とした日本の産業構造に原因があった。一方でアニメ、マンガなどの日本産コンテンツは、「ジャパンクール」として世界に受け入れられている。ここに隠された情報革命の本質とは何か? 工業社会から情報社会への転換がもたらす、生活・文化とビジネスの変容を見通す。

【出版社による紹介】コンピュータやケータイのうえで起こる新たなコンテンツの創造・発信、それによる産業構造の変化と私たちの生活・文化の変容こそ、情報革命の本質である。この「モノづくり」から「モノ語りづくり」への革命のなかで、日本のアニメ、ゲームなどは「ジャパンクール」として世界で大いに歓迎されている。「遊び」「学び」「癒し」を個人が楽しみ、それを提供する産業を育てることこそ、未来の日本型情報社会のあるべき姿である。アスキー・メディアワークス (2008/10/9)

【目 次】
第一章 日本は「モノづくり」大国か?
第二章 「涼宮ハルヒ」の教えたこと
第三章 工業社会の後に「情報社会」が来るという嘘
第四章 「モノづくり社会」から「モノ語りづくり社会」へ
第五章 東アジアの「モノ語りづくり」産業
第六章 農耕社会・日本が情報社会に生きる道
第七章 情報社会のユーザーの姿を探る方法



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/9526897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from とくとみぶろぐ at 2008-10-30 19:05
タイトル : コンテンツ重視のモノ語りづくり社会へ! 奥野卓司「ジャパ..
奥野卓司さんの「ジャパンクールと情報革命」を読みました。 本書では日本のこれまでのモノづくりという姿勢からモノ語りづくりというものにシフトした方がいいということが論じら...... more
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2008-10-30 10:03 | 評論・インタヴュー | Trackback(1) | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite