大学講義◎野望としての教養/浅羽通明

大学講義 野望としての教養

浅羽 通明/時事通信社



厚さ3.6cmにもかかわらず、興味深い内容にぐんぐん読まされました。

下記は、文中のオススメ作品

須原一秀『超越錯覚』
石川英輔『大江戸泉光院旅日記』、『SF西遊記』(講談社文庫)※パロディSFの傑作
橋本治『問題発言2』孤高の小林少年(思想の科学社)
森鴎外『かのように』
福田恒存『人間・この劇的なるもの』『芸術とはなにか』
倉阪鬼一郎『活字狂想曲』(時事通信社)
安野モヨコ『ラブ・マスターX』
呉智英『伴狂賢人経綸問答』
伊藤整『近代日本における愛の虚偽』

関心空間
http://www.kanshin.com/keyword/764409

【目 次】
教養という野望
「相続」が衰退した時代の“教養復興”
啓蒙のジレンマ―個我の確立は強制し得るか
近代以前①ー「教養」はいかに消費されたか
近代以前②ー「趣味」から「拠りどころ」へ・朱子学自発主義の矛盾
近代以前③ー異物・妖怪としての学問と知識人
「トイレの花子さん」のために―空き部屋に宿る魔をめぐって
名前①ー準拠集団を標識するものとして
名前②ー人格統合の指標として
「個」は部屋がつくる①ー自我を宿らせる隠れ家
「個」は部屋がつくる②ー思想体系としての間取り
神と演技ー仏壇・告解・携帯電話
ひきこもる知のメカニズムー須原一秀『超越錯覚』を読む
塔上のマッドサイエンティストー世界鳥瞰者の肖像
大学のハルマゲドンー知のリストラクチャリングを超えて
野望の経過報告〜あとがきにかえて
_____________

【MARCデータベース】飾り物の「知」よ、さらば! 法政大学社会学部第二部において行われた1996年度の社会史の授業をもとに、一斉授業に異議を唱える著者による「本当に使える教養」講義全15講。時事通信社 (2000/06)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/7566310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2008-02-28 19:40 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite