ボーン・コレクター/ジェフリー・ディーヴァー

ボーン・コレクター

ジェフリー ディーヴァー/文藝春秋




久しぶりの海外ミステリー。最近同じシリーズの「ウォッチメイカー」も傑作との噂が高いジェフリー ディーヴァーの鉄板を読んでみました。中盤まで、四肢麻痺である元科学捜査官が口頭で指示するのみにもかかわらず、あまりにも素早い場面展開に感情移入しにくく、ハリウッド臭が強過ぎて、途中で投げ出しそうになったものの、2/3ぐらいからは著者のサービス精神一杯の展開に楽しい読書が体験できました。

絶世の美女の警察官、四肢麻痺で類いまれな頭脳をもつ科学捜査官、FBI、個性的な元同僚、担当医、安楽死協会。。。アクション満載にして、どんでんがえしの連続もあり、お腹一杯のエンターテイメントには違いない。「ウォッチメイカー」も読もうかな。
_______________

【内容「BOOK」データベースより】骨の折れる音に耳を澄ますボーン・コレクター。すぐには殺さない。受けてたつは元刑事ライム、四肢麻痺—首から下は左手の薬指一本しかうごかない。だが、彼の研ぎ澄まされた洞察力がハヤブサのごとく、ニューヨークの街へはばたき、ボーン・コレクターを追いつめる。今世紀最高の“鳥肌本”ついに登場!ユニヴァーサル映画化!「リンカーン・ライム」シリーズ第一弾。 文藝春秋 (1999/09)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/7452476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2008-02-11 11:01 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite