腐っても「文学」!?ー作家が知事になり、タレントが作家になる時代のブンガク論/大月隆寛(監修)

腐っても「文学」!?―作家が知事になり、タレントが作家になる時代のブンガク論。 (別冊宝島Real (017))

大月 隆寛/宝島社



批判されている著者、文学界の内実には一部賛同しますが、大月氏が嘆く作家の人格やその社会的凋落というのはどうなんでしょう。

歴史的には、「文学」や「文学者」に権威と金が両方あった時代は割合短いのでは?

文学者に権威があった時代は中国、欧米ロシア文学など外来語の習得が背景にあったからで、日本カルチャー隆盛の時代の文学が「J-POPブンガク」であるのは、当然であると思いますし、むしろ「文学」に権威はいらないと思います。

[目次]
文学と政治ならぬ「ブンガクと政治」の季節がやって来た!?〜大月隆寛
現代小説に描かれた「東京はこんなにヤバい街だ!?」〜栗原裕一郎
マスメディアが“(田中)康夫ちゃん”を甘やかす理由〜小田嶋隆
若手人気作家が「タカ派」政治家の旗手に登りつめるまで〜大月隆寛
九〇年代小説に描かれてきた、「他人」という“新鮮な風”に当たりたがった日本人たち〜三田格
小説に描かれた“架空の独立国”から日本人の“変革願望”を探ってみたら……〜水越真紀「OS」(田口ランディ『コンセント』)の意味するもの〜栗原裕一郎
ランディ・ミステリー・“告白”不全〜円堂都司昭
私小説の末裔?近ごろ話題の“告白本”が、いまひとつ物足りない理由〜小谷野敦
タレントが「ブンガク」に目覚める時?〜吉田豪
いまどきの文学作品の背景には、どんな音楽が流れているのか?〜大谷能生
ロックにまつわる「言説」と「ブンガク」〜栗原裕一郎
TVドラマの脚本家たちはブンガクシャの夢を見るか?〜三田格
『ブギーポップは笑わない』にみる、子供にとっての“リアルな物語”〜栗原裕一郎
「ブックオフ時代」のブンガク〜永江朗
ルポライター幻想を支えてきたブンガク的“ワタシ”の顚末〜大月隆寛
タレント・作家・大学生〜そのまんま東 談
ただの“親バカ”小説家では(もはや)ない!〜水越真紀
“大塚英志”という病〜大月隆寛
東浩紀、あるいは〈批評としての現代思想〉の終焉〜夏至明
「いまどきの作家志願者」にとっての“ブンガク”〜柿内孝太郎
ヤング文芸誌、ガチンコ対決!?〜湯山玲子 対談
今(だからこそ)読み返してみたいオヤジ作家“三羽烏”の語り口〜大庭萱朗
「好きだから“ブンガク”をやる」とか、そんな呑気なことじゃないんですよ!〜中原昌也 談
“文芸誌”の目次から、いまどきのブンガク商法を邪推する!〜大月隆寛 対談
_____________

[MARCデータベース]「文学」が無用の長物と成り果てた一方で、「文学的なるモノ」の商品価値はいまだ右肩上がり。こんな奇妙な「ブンガク」化の現実から見えてくる膨大な問いを考える試み。権威なき時代のブンガク的イメージってナンだ? 宝島社 (2001/07)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/7400994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-03-21 17:21 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite