人はなぜ簡単に騙されるのか/ゆうきとも

あのマジックのトリックは、もしかしたら...というネタバレヒントもちょっぴり。最後の仕掛けにもすっかりはまってしまいました。

もし、自分は騙されない人がいたら....その人は騙されることが、よほどキライで、自分だけは絶対に騙されていないと信じている人でしょう。

マジシャンは「今から騙しますよ」と宣言して騙してくれるので、
騙されることの快感を安心して味わうことが出来るので癒されます

【目 次】
第1章 まずはあなたを騙してみせます
第2章 自分の世界観が崩壊する時
第3章 「信じる」ってなんだろう?
第4章 マジックにおいて「騙す」とは
第5章 人には「信じたい」という本能がある
第6章 プロ奇術家が看破する犯罪詐欺
最終章 最後の挨拶
______________

【内容「BOOK」データベースより】 振り込め詐欺から超能力といったオカルトまで、身の周りにはびこるトリックの数々。客観的に眺めると、どれも騙されるなんておかしいのではと思えるような単純な手法ばかりだが、人は条件さえ整えば、案外簡単に騙されてしまうもの。騙すという意味では同じ立場のプロマジシャンが、心理を操るメカニズムを明快に解き明かしてみせます—。そして最後に仕掛けられた究極のマジック、必ずやあなたも騙されるはず。 新潮社 (2006/12/14)





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/6988577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-12-04 14:51 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite