濃厚民族/浅草キッド

濃厚民族

浅草 キッド/スコラマガジン

undefined


浅草キッドの対談の名手ぶりが遺憾なく発揮された書。ふたりが各々つっこむという逃れられないツッコミに、ゲストはどんどん乗せられてしまう。まさか、田原総一朗がそこまで脱いでいたとは!

◎[参考記事]評者・鈴木工(ライター)
___________

【対談ゲスト】 深作欣二、田原総一朗、山城新伍、テリー伊藤、力也、松井章圭、古舘伊知郎、百瀬博教、石倉三郎、佐々淳行、野村克也、甲本ヒロト、高橋がなり、萩本欽一、ビートたけし

[出版社/著者からの内容紹介]『お笑い男の星座2』(文藝春秋)も大好評の浅草キッドの待望の最新刊が登場! 今回は昭和の色濃い大物著名人たちをゲストに迎えての対談集! かねてから「インタビュアーは天職」と語る浅草キッドの2人だけに、お笑い、格闘技から社会、政治まで、ゲストとの熱いトークバトルが繰り広げられている。その対談の濃厚な劇空間を単行本に収録。「事実は小説よりも奇なり」をリアルに見せつける、男の中の男たちによる、最高のエピソード満載、読み応え十分の対談集!  スコラマガジン (2003/10/9)




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/6825225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-04-17 14:55 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite