よせやぃ。/吉本隆明

よせやぃ。

吉本 隆明/ウェイツ

undefined


吉本氏が、未だ元気であることがわかった以外に特に記憶にとどめたいような点はありません。

☆その後に読んだ本の感想....

【出版社/著者からの内容紹介】 吉本隆明との1年にわたる「雑談会」の記録。本書では、素朴な質問を愚直にし、それに対して吉本隆明は雑談のように、しかし明らかに"思想"を語っている。そこに、これまでの吉本隆明の著作とは違う意味での"わかりやすさ"とともに、逆に底知れない"深さ"があらわれている。

"深さ"のあらわれている発言の一部をここで紹介しよう。

「拉致問題の解決には公式に北朝鮮と日本が条約を結べばいい」「瀬戸内寂聴さんが死は怖くないと言ってるけど、それは嘘ですよ」
「西洋には模倣するに足りる社会思想も生活思想も文化思想もないということです」
「学校で教わったことなんて社会で発揮できないという要素のほうが多いから、親からいい先生といわれるような先生にならないほうがいい」
「ホスピスなんていうのは、悪口を言いますと、ナチスのガス室とどこが違うんだということになるんです。生きてる限りは生きるという方向に矢印を向けていかなきゃだめだ」

テーマは「1 教育について」「2 人間力について」「3 自意識について」「4 歴史を流れるようにするとは」「5 時代の自意識について」で、いまの時代や社会のことに少しでも関心のあるすべての人にとって、とても意味深く、かつ示唆に富んだ内容になっているのはもちろん、ではどのような精神的・思想的な心構えや方法論を持つべきかが明らかになっている。  ウェイツ (2007/09)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/6694823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-10-27 19:48 | 宗教・哲学・思想 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite