本当はちがうんだ日記/穂村弘

本当はちがうんだ日記

穂村 弘/集英社

undefined



本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)

穂村 弘/集英社

undefined


初めての穂村弘氏の本。氏のプロフィールも何も知らず、女性ファッション雑誌の連載エッセイをまとめた本だろうと軽く読み進んでいくうちに、穂村氏独特の世界に引き込まれました。

通常の連載エッセイをまとめた本と違い、単行本全体に一貫した言葉のリズム感があって、それが通常のエッセイストと何か違う趣があり、プロフィールを確認したところ、歌人と知り、納得。他の作品ももっと読んでみたい。
_________

【BOOKデータベース】今はまだ人生のリハーサルだ。本番じゃない。そう思うことで、私は「今」のみじめさに耐えていた。これはほんの下書きなんだ。いつか本番が始まる。そうしたら物凄い鮮やかな色を塗ってやる。塗って塗って塗りまくる。でも、本番っていつ始まるんだ?43歳・歌人の真剣エッセイ。 集英社 (2005/06)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/6573560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-10-14 17:43 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite