パラサイト日本人論 −ウィルスが作った日本のこころ/竹内久美子

パラサイト日本人論ウイルスがつくった日本のこころ (文春文庫)

竹内 久美子/文藝春秋

undefined



なぜ京都人は恐妻家で九州人は男尊女卑なのか。死後の世界を信じる日本人VS「死んだら終わり」と現世利益にいそしむ日本人。
容姿のいい男に群がる女は暑い国に多く、イヌイットでは短足夫でもそれなりに困らない。

それら深遠なる人類の謎を解くカギは寄生者(パラサイト)にあった!

ミトコンドリアが語る日本人のルーツ、縄文人だけがもっていたウイルスの秘密など最先端の研究を駆使して人間とパラサイトの不思議な関係を論じ、目からウロコが落ちる?!。

【目次】
第1章 二つのルーツを持つ日本人
日本人の祖先のたどった道―先達はニホンザル
頭の形と日本人―関西人はちょっと特別
ミトコンドリアは語る―縄文人はどこから来たか
第2章 男と女とパラサイト
外見にこだわるのはなぜ?―ツバメに見る恋愛の現実
暑い国から来た“男尊女卑”―そして人はカッコいい
寒い国から来た“平等主義”―私の見た京都人
第3章 日本人の死生観
私は象ゴリラ―類人猿の死生観
浄土真宗が最大勢力になったのは―日本人の死生観
あの世を想う気持ちを強めるものは―またも負けたか八連隊
第4章 ウイルスがつくった日本のこころ
“友”となった白血病―ウイルスから日本人を探る
ATLは残った―なぜ縄文人だけが持っていたのか
ウイルスがつくった日本のこころ―ATLと相互協力、あるいはおせっかい

【参考図書】
『ココ、お話 しよう』F・パターソン&E・リンデン(手話ができるゴリラの話)
『日本人の「あの世」観』 梅原猛(浄土真宗、日蓮宗。。。)

_____________

【内容】日本人の起源を、縄文人と弥生人、古モンゴロイドと新モンゴロイドの混合と位置付け、地域的な日本人の違いを説明からパラサイト(寄生者) にまで遡る。縄文人を縄文人らしくしているのは、ウィルスの所為とは!(1995年10月 文芸春秋、1999年6月 文春文庫化)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/6202705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-03-25 20:27 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite