映画『インランド・エンパイア』

f0134963_14451585.jpg


デヴィッド・リンチ5年ぶりの新作映画公開。

21日初日、15時開演に間に合うように13時半に行きましたが、すでに完売。19時開演はオーストラリア戦のため断念し、翌々日の23日15時ようやく観ることが叶いました。意外だったのは、平日昼間にもかかわらず男性客が目立っていたこと。7:3、8:2ぐらい?。20〜30代の比較的オシャレな男性客が多い。


f0134963_1446545.jpg


19時開演時には、女性客が増えてきたようですが。改めて見回すと、映画館に限らずどこの会場にも多い30代中盤以上の女性が非常に少ないですね。なんとなく客層を見て、最近「マルホランド・ドライブ」の人気が高い理由が分かったような気がしました。リアルタイムであれが初めてっていう客が多いんですね。


f0134963_14462397.jpg

観賞後の印象をひとことで言えば、これは「ジジイ映画」ですね。
「ジジイ映画」の定義を詳しく書く気はありませんが、巨匠が晩年にとるタイプの映画ということ。といっても、これは、完全自主制作ビデオ作品であり、実際は「映画」ではありません。現代美術は金融ユダヤ人が創ったものですが、リンチの遅すぎるシュールレアリスムが気に入らないのか、反グローバリズムが気に入らないのか。。

映画が作品として語られる時代など、とっくに過ぎ去った中で、唯一観たい監督であったリンチも映画を撮れなくなってしまった。この映画?を色々と必死で読み解いている人もいるけど、「最高傑作」だの考えられない持ち上げ方をしている人は、関係者か「おこちゃま」かどっちかじゃないかな。滝本翁だって辛そうに書いているのに。

リンチファンならこの映画を褒めるより、リンチにちゃんとした映画を創らせろ!ていう声を上げるべきじゃないかな。

「マルホ」も元々TVプログラムとして構想されていたのが上手くいかず、なんとか最終的に「映画」の形に仕上げたものだったけど、成功と思われた「マルホ」以降も、映画もTV製作にもまったくスポンサーがつかない状態になって、なんとか撮らせたい周囲(今回はローラ・ダーンが奮闘)が動いて、ようやくカメラを持たせたけど、リンチは、ダーンにはもう興味ないし。。

ノーアイデアで始めたので編集といっても・・みたいなことがあの長さで、最終的にダーンも思惑とは異なる出来にもうガックシ!今までリンチ映画を支えてきたメンバーも居なくなって・・・寂しいなぁという感想以外は今は受け付けられないかも。。

アートフィルムだったら「SHORT FILM of DAVID LYNCH」内の作品の方がレベル高いです。とにかく『インランド』をを持ち上げることは、これから見る若い観客がリンチを誤解してしまいそうなので絶対反対。

今ある映画はお金のかかった米プロパガンダ映画と後進国ビンボー映画と宮崎アニメのみで、リンチのジジイぶりを、実験映像とかCMアーティストとしてしか楽しめなくなるのかと思うと本当に寂しいのですが。

ちなみに滝本翁は、著書でリンチは若い女にはビンビンって言ってたけど、滝本翁と比較すればだよね。「インランド〜」は、若い女に対しても冷めてたよ(ビックリ!)。だからこその裕木奈江でしょ?

☆リンチのジジイっぷりを楽しもう!!
牛と一緒に「インランド・エンパイア」の自主宣伝するリンチ
◎Nate & Matt meet David Lynch (and a cow)
_________

☆私的リンチBEST!

1. イレイザーヘッド (97)
2. ツイン・ピークス [TV1-29話](90-91) ※パイロット版
3. ロスト・ハイウェイ  (97)
4. ツイン・ピークス [ローラ・パーマー最期の7日間](92)
5. ホテル・ルーム [TV1-3話] (92) ※3話の「Black Out」
6. ワイルド・アット・ハート (90)
8. マルホランド・ドライブ (01) 
7. ブルーベルベット (86)   
9. オン・ジ・エアー ” [TV1-7話]  (90-91)
10. エレファントマン (80)
11. デューン/砂の惑星 (84)
12. ストレイト・ストーリー (99)

☆インランド・エンパイアは、評価外。

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5978259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ホの字 at 2009-12-03 17:31 x
インランドのノリと初期の短編てやってることほぼ同じじゃね?ただ環境と道具立てがちがってたのと、元来のテキトーさがそのまま出たってだけで。
基本的に変質しても老いてもないと思いますけど。あいかわらず映画監督っつーよりゲージツ家な感じだし。
Commented by yomodalite at 2009-12-03 23:20
リンチの本質は変わってないのだけど、米映画界がこの才能を捨てても何ら惜しいと思っていないような状況が長く続いた中で、リンチ自身が「映画」への拘りがなくなっている感じがね。。。映画がアートであって不思議ではない時代が遠くなってしまったので、「インランド」のような映画を、マトモに批評出来ず、不当な高評価が多く見られたのは、若い人に悪影響を及ぼすなぁと思いました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-07-26 13:24 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite