『ニッポン社会』入門ー英国人記者の抱腹レポート/コリン・ジョイス

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)

コリン ジョイス/日本放送出版協会

undefined



「外国人から見た日本」という人気コンテンツ最良のアップデート本。


◎東京裏ガイドメモ

・隅田川ジョギング〜隅田川と小名木川が交わる万年橋がスタート地点として最適。(松尾芭蕉の銅像〜ここから目に入る家は筆者が東京で一番住みたい家)越中島へと下り、月島を回って、対岸をもどる(5キロ程度)。永代橋と晴海橋がライトアップされる頃がおススメ!

・足立区のお寺のような外観の銭湯『大黒湯』、日本堤のアールデコ風の廿世紀浴場
・両国にある小さい公園旧安田庭園(背後に両国国技館)から清澄庭園(途中の小さな和菓子屋、原価販売の陶磁器の工場)

・門前仲町にある相撲の神社「富岡八幡宮」(横綱力士碑)〜東郷神社

・浜松町駅のホームの小便小僧、月島もんじゃ通りの中程のキュートな交番。

・夜の越中島公園(月島一帯を見渡せ、屋形船が絶えず行き交っている)

・おススメ居酒屋/雰囲気/浅草「神谷バー」、ビールの質と種類/両国「ポパイ」、立地・環境/「九段会館」ビルの屋上5〜9月ビアガーデン、ひとりジョッキ「銀座「ライオン・ビアホール」

・ミニ博物館/目黒「寄生虫館」、両国「相撲博物館」、萬年橋芭蕉銅像近く「芭蕉記念館」、恵比寿「麦酒記念館」、渋谷「たばこと塩の博物館」

・上野公園近く「水月ホテル」ホテルの温泉が利用でき、ホテルの中庭に鴎外の旧居が保存されている。

・大田区「池上梅園」〜本門寺(奥まった位置にある松濤園)無料!

【目次】
基礎編—プールに日本社会を見た
日本語の難易度—日本語、恐るるに足らず
おもしろい日本語—イライラ、しくしく、ずんぐりむっくり
日本の第一印象—サムライ・サラリーマンなんていなかった
日本の日常—日本以外では「決して」見られない光景
行儀作法—英国紳士とジャパニーズ・ジェントルマン
独創性—日本人はすぐれた発明家だ
ビールとサッカー—日本の「失われなかった」十年
行動様式—日本人になりそうだ
ジョーク—イギリス人をからかおう
東京の魅力—わが町、東京を弁護する
東京案内—トーキョー「裏」観光ガイド
ふたつの「島国」—イギリスと日本は似ている!?
メイド・イン・ジャパン—イギリスに持ち帰るべきお土産
特派員の仕事—イギリス人が読みたがる日本のニュース
ガイジンとして—日本社会の「和」を乱せますか?
日英食文化—鰻の漬物、アリマス
おさらい—ぼくの架空の後任者への手紙
___________

【BOOKデータベース】日本社会について手っ取り早く学びたければ、近くのプールに行ってみることだ。規則と清潔さを愛し、我慢強く、大きな集団の悪事に寛容な国民性が理解できるはずだから。過剰なまでに礼儀正しく親切な人々、思ったより簡単で奥深い日本語、ガイドブックには載っていない名所の数々…。14年間日本に暮らす英紙記者が無類のユーモアを交えて綴る、意外な発見に満ちた日本案内。(2006/12)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5889032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-07-15 12:10 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite