映画の乳首 、絵画の腓/滝本誠

f0134963_19101319.jpg


滝本誠、記念すべき処女評論集!!!

『映画の乳首、絵画の腓』書評:荒俣宏

第1章 倒錯夢遊(白のビケット・フェンス、黒い染み―デイヴィッド・リンチ Blue Velvet )

第2章 ツィンズ、ファナティック!(ブラザーズ・クエイのパペット・ア二メ、ピーター・グリーナウェイ A Zed & Two Noughts、デイヴィッド・クローネンバーグ Deed Ringers )

第3章 ウィーン世紀末・愛の行方(ニコラス・ローグ Bad Timing、エゴン・シーレの少女 妹姦願望、オスカー・ココシュカのスキャンダル)

第4章 リリスの末裔(ナスターシャ・キンスキーと蛇、ケン・ラッセル Salome's Last Dance 、リドリー・スコット Legend、デイヴィッド・クローネンバーグ The Brood )

第5章 ロンドン世紀末とヴァンピリズム(D.G.ロセッティからB.フェリーへ、ミセス・パットからセダ・バラへ)

第6章 ハードボイルドの夜の夜(リドリー・スコット Someone to Watch Over Me、リドリー・スコット Blade Runner、アラン・ルドルフ Trouble in Mind、ラース・フォン・トリアー The Element of Crime、ジョン・ブアマン Point Blank )

第7章 アート・イントゥ・フィルムズ(ロバート・ロンゴ メン・イン・ザ・シティーズ、アラン・ルドルフ The Moderns、デイヴィッド・ホックニー Nude 17th June 1984、ニコラス・ローグ、ドナルド・キャメル Performance、アンドレイ・タルコフスキー Nostalghia ) 
_____________

【表紙より】映画と絵画、それに小説、音楽を相姦させて自分だけの快楽の園を創りだしたい。批評したいとは思わない。ただあられもない夢を見たいだけだ。

【内容】 エピキュリアン滝本誠が映画、書物、絵画、音楽を快楽しつくす待望の処女評論集。画期的「ブルー・ベルベット」論を筆頭に、スコット、ローグ、タルコフスキーからシーレ、ロンゴ、ホックニーへ、映画の乳首を優しく愛撫し、絵画の腓にそっと手を這わせる、愛の法悦、批評の極致。 (ダゲレオ出版/1990年初版)
[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5715849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-03-25 19:07 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite