渋く、薄汚れ。—ノワール・ジャンルの快楽/滝本誠

渋く、薄汚れ。―ノワール・ジャンルの快楽

滝本 誠/フィルムアート社

undefined



デヴィッド・リンチに関しては「マルホランドドライブ」に関して一章あるのみ(淋)。今までの著作に比べて、取り上げられている作品が古く馴染みがないのが淋しいけれど、リンチ同様、タキヤン中毒者には一息つける内容です。

◎参考記事「究極映像研究所」
◎『渋く、薄汚れ。』(アマゾンリンク)

まえがき
第I章/どんな末路が待とうが、犯罪の弾ける楽しさ、悲しさこそが
・ S・キューブリック、F・シナトラから映画化権強奪 —『現金に体を張れ』
・ ウィージー印死体効果 — 『パブリック・アイ』&『罠』
・ マイケル・ルーカーは「現場の顔」だ — 『ブラウンズ・レクイエム』
・ 白世界へのハリー・べラフォンテ、黒の挑戦 — 『拳銃の報酬』
・ 原作者を馬鹿にし、監督には無視され、シナリオ・ライターの歪んだ立ち位置
  — 『孤独な場所で』
・ 伝説のLAギャング、ミッキー・コーエンとジェイムズ・エルロイ同好の士
  — 『ハリウッド・ノクターン』を読む
・ 娼婦による変ヤ暴きのクール! — 『裸のキッス』
・ この女、危険につき — フィルム・ノワールの女たち

第II章 /ノスタルジーがすべてを、押しながしていく
・ エドワード・ホッパーを足がかりにノワールに踏み込む — ノワールとの相互影響
・ ある日、小さな町のダイナーに黒いスーツの男が姿を現わす
  — 『殺人者』、Out of the Past、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
・ スモール・タウンの悪夢 — 『疑惑の影』
・ WASPの「郊外」に毒蛇を放て — 『恐怖の岬』
・ 湖水を透かしての美しき死体! — 『狩人の夜』
・ 麗しきかな、ネクロフィリア — 『ローラ殺人事件』
・ どうしてもリメイクはオリジナルに勝てない — 『マダムと泥棒』『レディキラーズ』
・ 死の国にて(ファントム・エンパイア) — 『マルホランド・ドライブ』
・ チャールズ・ウィルフォード本の解説がプチ自伝になってしまった

第III章/地べたを這う目線こそが、ノワールの世界を準備した
・ 加賀まりこの上唇のめくれ、あるいはプチ自伝II —『乾いた花』ほか
・ キューバン・ノワール、アメリカ逆進攻 —『追放者』を読む
・ ネオ・ノワールアート派の凱歌 —『バーバー』
・ On・the・Q.T —クエンティン・タランティーノに関する
___________

[BOOKデータベース]アートの背後に蠢く闘争、スキャンダル、猟奇殺人まで…ワイルドサイドを歩け。

[MARCデータベース] 読みだしたら、止らない! アートの背後に蠢く闘争、スキャンダル、猟奇殺人まで…。映画、小説、絵画、事件、ゴシップなど「ノワール・ジャンル」をテーマに書かれた文庫解説、映画パンフレットを中心とした文章を収録。フィルムアート社 (2006/05)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5715623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-03-27 18:40 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite