日本とユダヤ 魂の隠された絆/中丸薫、ラビ・マーヴィン・トケイヤー

聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎 (Natura‐eye Mysteria)

ラビ・マーヴィン トケイヤー/徳間書店

undefined



迂闊にも読んでしまいました!(泣) 中丸本の場合、あちらこちらからツギハギだらけの知識引用がそれなりにまとまって、政治娯楽本としては上手く行っている場合もありますが、これは酷い。

『闇の権力』とあれ程煽っていたのに、ユダヤの叡智とは!

ツッコミどころがあまりにも多くて、逐一あげていくのが面倒なほど。中丸氏のあまりのシャーマンぶりにトケイヤー氏が立派に見えてきますが、そちらも宗教人として、普通に常識的態度が身に付いているだけ。

中丸氏のユダヤ人とは宗教なのか、それとも民族なのか、何なのかという質問に、最初、トケイヤーは「宗教ではない、私たちユダヤ人は、人々です。人々とは家族です、ユダヤ人とは巨大な家族なのです」と、流石!宗教屋!としか言い様のない回答をする。

この回答に中丸のシャーマン魂が、Long time ago,I think....とかモゴモゴ言おうとするが、トケイヤーに日本語で(笑)と制されると、私は日本語でしゃべれるんでしたね。とまるで「麻原か!」というボケで終る。

その後、ケストラーを引用し、スファラディユダヤと、アシュケナージという2種類のユダヤ人がいるという説は、どのように思われるか?という質問には、トケイヤーは憤慨し、アシュケナージと、スファラディが同じ血筋であることが、遺伝的観点からはっきり証明されたと、ユダヤ人ー大司祭アロンの子孫には、ほかに見られない顕著な特徴がY染色体の遺伝子にあると、今度は思いっきり「優生思想」を主張する。ハァ。。。

こういった優生思想というか、何千年も前から「純粋な血筋」で、日本人が成立っているいう「ファンタジー」を信じたいタイプの人と、中丸氏自身の「血筋へのファンタジー」が共鳴しているんですね。

因に、中丸氏はこの本の中で、ビクター・ロスチャイルドにインタビューした話をさらりと紹介しているのですが、それこそ「ユダヤの叡智」として出版してほしいところ。

コラムが本文にくい込み、しかも目次にコラム内容が記載されない読みにく〜い編集スタイルは、徳間書店のドル箱シリーズに共通していますが、まともに扱って欲しくないというメッセージなのでしょうか。(単なる粗製濫造?)

イエズス会など、キリスト教を偽装したユダヤ教というのがあるらしいのですが「キリストの幕屋」だけでなく、トケイヤーが、紹介しているキリスト教会関係者がそうなのかも(ホ−リネス教会)。

自らが高揚すること=日本の霊力と感じる、中丸氏には、日本の伝統保守は本当に注意すべきだと思います。日本の文化が日本独自であると考えるのは、本当の「日本の伝統」じゃないですからね(笑)

(p42)明治天皇から聞いた話として、「日本は神道である。しかし神道は本来ユダヤ教である」と明治天皇が述べた件について、もともと道教で、多神教である神道が、近代化を目的とし、天皇を神とする国家神道(一神教に近い)へと変化していった。

近代(明治)になってそれまでとは大きく異なる持ち上げられ方をした天皇ですが、江戸時代の天皇のことはほとんどわからない。明治天皇の周囲には、常に討幕の獅子たちがいた印象しかないうえに、この話を披露したのは、天皇の娘を母とする人物。皇室の「娘」には、クリスチャンが多くいたようですが、当時の多くの国民より、近代化(=キリスト教)が推進されていたのでしょう。

☆中丸薫の正体他「ヒロさん日記」
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1366554
__________

【内容紹介】日本人とユダヤ人は、共に神から選ばれた民族の裏と表。ユダヤの叡智と日本の霊力をつなぎ合わせて、高天原を祓い清めなくてはなりません! ユダヤ社会と日本人の共通点についてじっくりと対話した成果が収められた一冊。

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5556773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-06-07 18:23 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite